「ヤキモキ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヤキモキとは

2020-02-21

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドにハマる

リングフィットアドベンチャーを買ったついでに、

ソフトチケット2枚セットで買ったがこっちの方がハマってしまった…

全てにおいて、全ての流れが心地良い誘導をするゲームデザインだ…

特に行きたい場所マーキングしてそこに向けて一直線に進むというのはものすごい事。

それにしても、ものすごい難しい。

理不尽な難しさではなく、納得してしまう難しさだからハマってしまう。

ゲームものすごい得意とは言わないが、初見で中盤くらいまではゲームオーバーを繰り返さない自負はあった。

気がつくとゲームオーバーを何回も繰り返してしまう。

最近の子供はこんな難しいゲームをするのか…。

時オカや、神トラで慣れると雑魚敵に何回ぶつかられても死ぬことはないと思ってたけど、

今作は雑魚攻撃一発で瀕死なんてよくある。

リンク弱いっと思ってしまった…。

あと、武器と盾の耐久値があるゲームなのに、ストレスが良い塩梅に調整されている。

自分自身武器や盾が途中で破壊されるゲーム結構ストレスだった。

せっかく育てたのに壊れてしまうとプレイヤーキャラレベルに追いつく武器を探すのが非常に面倒だから

ただ、今作(もといゼルダシリーズ)はレベル概念がない。

から武器の強さよりプレイヤーキャラの腕と知恵で戦う必要がある。

加えて無数の武器存在していて、物語上、それなりに強い武器は再入手可能

そう考えると、武器使い捨てでその時に強い武器を使って勝つのが正しいと思える。

図鑑コンプも金で解決できる。

世界を歩き回るのが楽しすぎて、1体倒した後に図鑑解放した自分ヤキモキしなくてよくなった。

あと、祠につけたマーカーが、クリア後消えるのは地味にストレスがない。

全てが計算尽くされてる。

ああ、楽しすぎて、衣食住が疎かになる。

性欲すら湧かない。

確定申告の準備しないといけないのに…

2020-01-24

アイマス新作の炎上について。

アイマス詳しくない人にはわからないだろうが、これは男が女アイドルと絡むのがアリかナシかというだけの問題ではない。

これは長年バンナムアイマス運営に対する不信感が溜まった末の爆発だ。

元々アイマス運営複数タイトルを抱えていながら、それらを並行して展開していく能力はない。

そのため各タイトルのPは。展開のなさにヤキモキしながら、よそのタイトル優遇されてるのになんでウチの事務所はこんなに冷遇されるんだという不満を抱え込む。

事務所ごとの人気格差や、バンナム内製タイトル外注かということが原因の扱いの差もある。

さらには、スタマスや合同プロミのようなタイトル越境問題悪化させる。

アイマスは各タイトル製作者も作風も客層も大きく違うので、アイマスの一つのタイトルは好きでも他のアイマスには興味がないという人が多い。

それをアイマス公式は無理矢理混ぜようとするから、当然各タイトル好きな人は反発する。ガンダムのどれかの作品好きな人に、「ガンダムが好きなら当然ガンダムシリーズすべての作品が好きだよね?」と押し付けるようなものだ。

越境というだけでも大きく反発されるものなのに、越境の扱いはさらデリケート問題だ。しかも、ガミPをはじめとするアイマス公式越境デリケートさを理解してないように見える。

その結果がSideMをスタマスからハブいたことと、その説明ができなかったことによる炎上だ。

この炎上SideMとスタマスだけの問題ではない。

アイマス運営はいくつも大きな欠点がある。

・各タイトルの違いを尊重する気がないのに「みんなまとめてアイドルマスター」をゴリ押しする全体主義

アイマスPは声優を出しとけば喜ぶから作るモノのクオリティ適当でいいという客を舐めた姿勢。(これはアイマス運営上層部問題で、各タイトル現場では熱意を持って作ってくれる人も多いと思われる)

新規を呼び込む大きな展開をしようとしないでとにかく内輪受けを優先すること。

とにかく、アイマス運営がこのままの調子ならもうアイマスは衰退する一途だろう。

最近知ったが、ホロライブというVtuberグループアイマスリスペクトして展開の参考にしているようだ。

こっちのほうがアイマス運営よりアイマスの良さをわかっているんじゃないだろうか。

こういうコンテンツアイマスは客を取られて衰退していくだろう。

アイマスDNA他所に受け継がれていくならそれもいいかもしれない。

2019-12-26

老人ホームに親を叩き込んだ娘

ご近所でそれなりの資産があると思われる婆さんが自己所有のビル最上階に一人で住んでた。

話はじめたきっかけなんて忘却の彼方だけど、口癖は「娘と一緒に住みたい」だった。

俳句が好きで、自作俳句とか読ませてもらったり、何か分からんけど仲は良かった。

娘は婆さん(実母)と一緒に住みたくないってことで東京に出て大陸系の男性結婚した。

1年に1回くらい婆さんが電話して元気かどうのか聞くくらいの関係とのこと。

ある日のこと、婆さんが「お母さんの手料理が食べたいから一緒に住みたいって娘が言うから東京に引っ越すことになったの」って満面の笑みで伝えてきた。

そこで今住んでいるビル駅前の借地している土地を売って、そのお金東京に一軒家を買って一緒に住むことになったらしい。

いやー、臭い、臭すぎるでしょ!!って思ったけど、婆さんの満面の笑みと仲はいいけど血縁ではない他人から応援した。

それから2年くらいたって、突然に音信不通の婆さんから手紙がきた。

涙で滲んだと思われるボールペンの震えた字でこんなことが書いてあった。

娘に財産を全て没収され、老人ホーム年金で賄う永年契約で入れられ、携帯も全て取り上げられた。

そんな老人ホームがあるんか知らんけど、死ぬまで出られん、出られても棺桶でとのこと。

東京の家に着いたら娘はすぐに私を老人ホームに入れ、それから一度も面会にも来ない。

老人ホームの私宛の手紙は全て娘が一端預かるようになってて、一度も渡されたことがない。

から手紙を出すのも職員さんから娘に依頼しないといけないのですが、返信は一通も返ってきていないので娘が捨ててしまっているのでしょう。

娘の旦那が娘に黙って月に一回くらい会いに来てくれて、そのことを話しました。

旦那は娘に内緒手紙を出してきて上げると言ってくれました。

それから旦那と娘は離婚したらしく、娘は一度も顔を見せないどころか連絡もありません。

今は娘の元旦那がとても親切にしてくれています

私を捨てた娘と大喧嘩をして離婚したそうです。

私の財産は全て娘が持っていってしまったので、あなたに何も上げるものがないと言ったら、お母さんを大切にするのは人の務めでしょう!と言われました。

血の通っていない、それも元娘の旦那なのに、どうしてどうしてと涙が止まりません。

何も希望もなく、外にも自由に出れません。

年金は全てホーム費用になるので、個人で使えるお金がありません。

どうしてこんなことになったのでしょう。

とまあ、そのまま引用したところもあるけど、こんなことが書いてあった。

老人ホームの住所とか書いてあったけど、血縁者じゃないから何かしたくても何とも出来ん。

婆さんに対して何も出来ないもどかしさよ。

公園散歩に行たり毎日ほのぼのと暮らしてた婆さんが何の因果があってこんなことになるんだろうか。

棺桶に入らないと外に出れないなんて地獄すぎるだろ。

何ともできないもどかしさがとにかくヤキモキする。

2019-11-08

異世界おじさん面白かった

よかったところ

・よく考えると難聴主人公なんだけど、コミュ障ということで理由けがされている

・回想と現在の2本立てってところ

・回想は回想だからヤキモキする展開があってもどうしうようもない(ツッコミ入れてもしょうがない)あたりの脱力感が良い

・おじさんが全てを悟ったら異世界に帰るんじゃないか?というあたり

 

あ、セガ要素は別に

2019-10-27

anond:20191027211022

ああレイプ魔の俺にもう一つ光が残ってること思い出した。

彼女できたことないって言ったの嘘だ。

できたことある半年で別れたセックスキスもしてない。

でも、楽しかった。手を繋いでるだけでホカホカ。俺が最初に求めたのは乳タッチとかではなく、膝枕。

本当に包まれている感じがあったよ。あの時はレイプなんてなかったし、犯したいなんて思わなかった。

結局半年経ってもセックスに達しなかったから俺がヤキモキしちゃって終わったんだけどね。

もしかしてラブラブセックスができれば汚れた願望が消えるのかと思ったよ。

まあ、別れた瞬間レイプレイプだったけどね。

から、こんな壊れた俺と面会してくれる人いないすかね? と下心も出してみる。ちなみにレイプしません!

2019-07-17

プルリクエストは何故難しいか

人間自分が考えてるものと眼の前の事象が異なると

ついついツッコミを入れてしまう生き物なんだよ

はてブ見てると分かるだろ?

 

プログラミングってのはまあ大体ちゃんと動いてるよねっていう状態でも色んな書き方ができる

書き方の良し悪しは簡単にはわからない

でもそれを人は指摘してしまうんだ

 

指摘されたら議論するか素直に従うかだが、低コストなのは素直に従う方だ

その修正コストは割と無視できない

 

プルリクエストあくま品質向上のためのもの

ダブルチェック、トリプルチェックに近い

しかプロジェクトの進捗とそういう品質トレードオフにあるから、そのバランスを見て指摘するかどうか・修正するかを話さなければならないが

進捗に対して興味がある人というのは想像以上に少ない

受託開発ならまだ締切に対する絶対性は強いんだが、事業会社になると何故か過剰品質に傾倒してしま

そしてそれでいいと皆が思うようで、ヤキモキするのはPM経営者

 

OSS場合はむしろその役割を考えると高品質で然るべきだから

プルリクエストは上手く動くんだが

それを急がなければならないシーンで使用すると重しになってくる

というわけでプルリクエストは難しいんだ、使う者のおかげでね

2019-07-04

おいおい、、、あの最強グロ絵師だった774が激ヌルになってるとか、、、

『いじらないで、長瀞さん』とかいう、ぬる~い、高木さんみたいな漫画を描いてやがった。

おいおい。違うだろあんた。

2000年代ネットがまだアングラ感があった時代で、最強のアングラだったじゃないか

氏賀Y太とかが群雄割拠してた時代に突如として表れて、最強の名前をほしいままにしてたじゃないか

一番おかしかったのが774だっただろ。

  

どーも、そのころのグロ絵師仲間もヤキモキしてくるのが伝わってくる。

朝凪とかも、シバシバ774に言及して、「違うだろ、、、」とでも言いたげな。

  

とにかく、びっくりした。

本当にぬるーい日常系描いてるんだもん。

欠損同人とか、イジメ上げるとか。そういうのじゃなかったのかあ?

何をサクッとカタギに混じってるんだよ。

違うだろお~。

2019-02-02

センチメンタルなオジさん

荒らしのような行動を取る方をみると、いつも気になってしまます

貴方はどんな方なのでしょうか。

普段はどんなことに悩んでいるのですか。

苦しいことはありませんか。

心穏やかな生活をされていれば、それでいいのです。

まだまだ寒い日が続きますが、お風邪はひかれていませんか。

私は貴方書き込みを見る度にどこか勝手ヤキモキした気持ちになってしまうのです。

私は貴方書き込みを見る度にーーその行動姿勢共感や同情を抱いたりはしませんが、それでもーー貴方生活がどんなものなのか、余計な苦悩を抱えていらっしゃらないか、少しだけ思いを馳せてしまうのです。

あるいは、私と同じような気持ちになる方はいらっしゃいませんでしょうか。

または、これは同情やマウンティングの亜種なのでしょうか。

最近、歳のせいか、めっきり感情的になっています

どうかどうか、皆さん、お一人お一人が心穏やかな生活を送れますように。

私も心穏やかな生活を送りたいです。

2019-02-01

anond:20190201174604

投資家だって毎日チャートチェックしたり世の中調べたり

株価の変動にヤキモキして辛そう。

あれはあれで十分仕事みたいなもんでしょ。毎日チャートの事考えてそう。

もっとれっきとした不労所得がいいのだ。

誰かヒモにしてくれないかな。

2019-01-29

幼稚園児の頃、男児からキスされまくっていたらしい

親はヤキモキしていたらしいけど、私は当時の記憶が無いから分からない。

幼稚園アルバムで3人から告白されているくらいだからモテモテだったのだろう。

記憶は一切ないけど。当時の性格も何したかも、どうやって対応していたのかも覚えてないけど。

で。男児キスしまくってたみたい。

男児がせまってきて、普通にチュッチュしていたらしい。

でも……私の両親は子どもの前でキスはしていないし

どこからそういう情報を得ていたんだろう?自分でも分からない。

2019-01-28

お薦め女装漫画

anond:20190126211910

TS愛好歴35年からセレクト年寄りなので古い作品多いけれど。基本年代順。

少女漫画(男でも読める・増田既読の傾向に近い主人公が元気系コメディ中心)

ぼくの初体験人妻身体に脳移植妊娠出産まで行く。古いドタコメなのでそこは注意

前略ミルクハウス田舎者少女と美しくて愉快な女装者の同居ラブコメ女装もの古典ひとつ

すーぱーあすぱらがす男の子の心と体の女性化を淡々とじっくり書いたところから一転、戦隊もの打ち切りだが最初は良作

ざ・ちぇんじ:平安文学とりかえばや物語」が原作。どっちかというと男装の姉が主人公だが定番なので

ほとんど以上絶対未満:親友女性化した少年の心の揺らぎ。桑田乃梨子なので基本明るい。おすすめ

ミントな僕ら双子の姉を追ってJCとして転校。主人公がかわいかっこいい。姉は惚れっぽすぎるが

僕と彼女の×××弱気でおとなしい男子と野獣女子の入れ替わり。女子が男の体堪能しすぎw。最終巻は読むな

思春期ビターチェンジ:8歳で入れ替わった男女の入れ替わったままでの思春期最近完結だが最終話だけはWeb版を読むべし

青年漫画(クセ強めの作品が多いので立ち読みから

Mrボーイ:女装潜入捜査官。お色気寄りシリアス。バディものだが相棒がいつもヤキモキ

う~まんぼ!:絵が川崎のぼるなので好き嫌いあるかも。本気で女性化目指してる主人公醜男との恋。入手難か?

クーデタークラブピカレスクもの色仕掛け監禁犯と渡り合うところまでは良作。以後はゴミ

ニコイチ:素直な義息子と実は男のお母さんの親子愛が好き。てか男で母親とか憧れる。女との恋愛邪魔なので最初だけ嫁

放浪息子アニメにもなった有名作だけど女装というよりGID寄りなのでやや人を選ぶか。

ブロッケンブラッド魔法少女国民JCアイドルにされてしまった男子高校生受難。かなりクセの強いギャグコメなのでまずは2巻まで

メゴト~十九歳の制服説明難しいから丸投げ→https://spice.eplus.jp/articles/119240

りばーしぶる!:わぁい!コミックだが全年齢。訳ありばかりの全寮制男子(?)校の青春。甘酸っぱい精神BL

ぼくらのへんたい:訳ありの女装少年女の子になりたい、男に恋した、姉の代わり)たちのシリアスドラマ

4コマ

パパ×ママりばーしぶる:ママとして働くパパと一人娘の日常コメディ。娘の片思い相手ママ(偽)に惚れてる。入手難?

Webマンガ

お兄ちゃんおしまい!:天才妹が引きこもりの兄をクスリで妹化して愛でる。最近女子として中学生になった

女装してめんどくさい事になってるネクラヤンキーの両片想い:お互い女装して女の子と付き合ってるつもり

R18

もう誰も愛せない:しのざき嶺女装沼へのハマり方の心情がリアル事件リアルじゃないが)。続編はただのグロエロ

PS 少年アリス→不思議/鏡の国の少年アリスかな?懐かしいものを見た。増田結構読み込んでそう。

2019-01-08

やらなきゃいけないのにグズグズしてできない自分イライラヤキモキする

で、飲む

やるべき作業はどれも些細な事務作業で集中する必要もないから、お酒飲んで気楽にやりたい、と

けどこの飲み方はアレだな

アル中っぽいよなやっぱ

2018-11-27

恋人がほしいッ

29歳女です。3年付き合った男と別れてもうすぐ半年。夏が来る前に別れ、数年ぶりに夏休みを同性友人とすごし、久しぶりにブランクの週末が続き、感じたことは淋しさより解放感だった。

もうあいつのことでヤキモキしなくて済むんだ。連絡の返信がまる一日たっても返ってこなくてイライラしたり、もしかしてあの言い方で傷つけちゃったのかな?と心配したり、わたしの好きちゃんと伝わってないのかな?って不安になったりしなくていい。

楽だ。あいつは癒しでもあったが心労の種でもあったのだと別れて気付いた。

1人で好きに過ごせる。ボディのケアも多少サボれる。お部屋の掃除ゴミ出しも週1回でいいや。ちょっとくらい食べ過ぎてもいいや。結構太った。

そうこうしてると半年なんてあっつうまだった。

友人らは、意外と気を落としてない私に対してびっくりしていたくらいだった。

最近仕事が終わると毎晩、以前よりだいぶだらしなくなった部屋でだらしない身体を横たえてポケットモンスターレッツゴーイーブイをやっている。

これはこれで楽しいけど。

やっぱり恋人がほしいッ

最近、今まで感じなかったイライラをやたらと感じる。

誰かのちょっとした言葉じりに。

会社ミーティングでの何の気ない同僚のことばに。

Twitterでのフォロワーとのなんてことないやりとりに。

なんかやったらめったら鼻について気になってイライラしてしまう。

どう考えてもそんな致命的な出来事ではないのに。

さなことにすごくイライラしてしまって気持ちを持て余してしまう。

いままではイライラをこんなにため込んだことはなかった。

違いは明白だ。恋人の有無。

そういえばいままではやるせないことがあるとすぐ恋人アポを取り恋人としゃべったりスキンシップしたりしてソウルジェム浄化していた。

今はソウルジェムがにごりっぱなしなのだ。

これじゃまずい。

やっぱり恋人がほしいッ

イーブイを画面越しにいくら撫でまわしても濁ったソウルジェム浄化されない。

お酒焼き鳥わたし癒してくれない。

もう恋に恋する歳じゃないけど数千年ぶりに恋人がほしいモードだ!

自分だけの異性のパートナーが欲しいッ

異性として愛でる対象がほしいッ

恋人がほしいッ

2018-10-24

2018年アニメ2話までほぼ全部観たか感想書く その1

 毎期アニメが終わるたび一生分のアニメを観たような気になるので、今期もまた新作アニメPVニュース憂鬱な目で見ていたはずなのだけれど、気づけば今期もまた新作アニメを浴びるほど観る毎日に身を投じていたので風呂敷を広げすぎないうちに感想を書く。それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

 ちなみにここに書く作品すべて2話まで観ているわけではなく、まだ1話しか観ていない作品もいくつかある。あと解説の中に殆どキャラクター名(固有名詞)が出てこないのは、単に全く記憶していないからだったりする。表題キャラ名(グリッドマンとか)や2期のキャラを除くと、真面目に「伝説山田たえ」くらいしかフルネームを覚えていないかも。

2018年秋アニメ2話までほぼ全部観たから感想書く その2

2018年秋アニメ2話までほぼ全部観たから感想書く その3

2018年秋アニメ2話までほぼ全部観たから感想書く その4

配信情報について

~独占…対象サービスしか配信してない

~のみ見放題…対象サービスでのみ全話見放題。その他のサービスでは有料配信

~のみ最新話無料対象サービスでのみ最新話見放題。その他のサービスでは有料配信

言及なし…複数サービスで全話見放題/最新話無料

 私はTVアニメを観ない(BS見れないし、TOKYOMXもAT-Xも受信できないし)ので、配信情報はこれ以外の手段について書いている。

感想(上の作品ほどモチベ高め)

やがて君になる

 良い最終回だった百合百合でもガチ百合。花の学生生活を描くアニメ

 今年観た百合アニメで非常に印象的だった「citrus」と比較すると、citrus主人公性愛の目覚めに至ってから物語が始まるのに対して、本作は自分気持ちにどんな意味があるのか?というところにフォーカスしていく物語みたい。「やがて」という言葉を冠しているところからも、同性愛に至るまでを描く内容なのだろうか。「わからない」っていうセリフが控えめに言って最高。あとcitrusにもあったけれど、最初に「男性から告白されて(恋愛対象とみなされて)、それを断った上での百合展開」というのがよりガチっぽくて好き。特に2話以降で言えば、同性愛の目覚めがけっしてみんな一緒のタイミングではなく、キャラによって気づきの早さが異なり、それゆえのすれ違いが描かれているところが最高に良い。

 本作の脚本を手がけるのはあの花田十輝。「宇宙よりも遠い場所」のいしづかあつこ監督がどこかのインタビューで「花田脚本は絵で語る表現がうまく、例えば誰かが喋っているとき、そのキャラの顔をアップにするのではなく別のキャラの顔をアップにするとか、そのキャラの手元を写すなど「行間を読ませるような演出」に優れた脚本」と評価していたけれど、本作もそういった意匠のある演出になっている。「響け!ユーフォニアム」「宇宙よりも遠い場所」などでも見られるモノローグなど、花田十輝の良さが出ている作品キスシーンめっちゃエモかった。

 大島ミチル音楽が非常に良い。校舎や制服が少し時代を感じさせる一方で、すごく特別で隔世感のある華やかな雰囲気に包まれていて、それを音楽が加速させている。また、パリッとしたわかりやすさを持たない、複雑な心情とよく合っていて痺れる。

 それにしても制服デザインがめちゃくちゃ好き。「ゆるゆり」「あまんちゅ!」の制服に似た優雅さがある。

色づく世界明日から

AmazonPrimeVideo独占

 制作P.A.Works、背景:スタジオ・イースター(監修・東潤一)、音楽出羽良彰脚本柿原優子ゴリゴリP.A.Works作品高校生青春を描く物語。割とやさしいせかい

 なんやかんやで色が見えなくなった女の子がふさぎ込んじゃって、魔法使いのおばあちゃん彼女のために云々・・・というシナリオ色覚異常テーマにした作品と聞いて「聲の形」が一瞬よぎったけれど、扱っているテーマが違う(あっちはいじめが大きなテーマになっている作品)。

 演出的には「主人公を見守るような視点」が多く描かれていて、全体的に優しさに包まれている。魔法日常に溶け込む世界感は「凪のあすから」くらい生活感のあるSFに仕上がっている。

 生活感といえば1話の「魔法ショップの店内の様子」みたいなシーンを見て「ふらいんぐうぃっち」を思い出す人もいたと思うけれど、それもそのはず、本作の劇伴出羽良彰ふらいんぐうぃっち劇伴担当していた人なので、圧倒的ふらいんぐうぃっち感のある、優しさに包まれ作品になっている。透明感のあるビブラフォン骨身に沁みる。劇伴買おうかな。

 それにしても、背景美術クオリティが異常。一旦OPEDを観てほしい。タイトル通り本作は「色」が大きなテーマになっていて、物語キーとなる背景が主役になるカットが多い。「(世界はこんなに美しいのに)主人公の目には世界灰色に見える」という、暗闇の中にある思春期心象風景説得力を持たせるためには相当美しい背景が必要なのは分かるのだけれど、それにしても書き込みや彩色がエグく、特に彩度については主人公の心象とリンクして白黒〜極彩色まで変化するくらい凄まじい仕上がりになっている。なので、1話ラスト抽象的な、印象派のような絵画っぽい心象風景によって世界が彩られる演出は痺れた。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

 湘南ご当地アニメ舞台湘南なのは原作者鴨志田一曰く「湘南青春の日々を過ごすことに憧れてたから」とのこと)。

 鴨志田一といえば「Just Because!」がアニメ放送されたのは2017年10月だけれど、本作も学生ヤキモキした感じが漂う青春群像劇(ボーイ・ミーツ・ガール)になっている。

 タイトルは章ごとに変わるらしい。ひたぎクラブまよいマイマイ→…的な。なお原作も各巻ごとにタイトルが異なる仕様だっため、先日発売された新装版は「タイトルを見ても巻数が分からない問題」が修正されている。ちなみに、2話で登場する少女CV.水瀬いのり)のエピソードは、来年劇場作品として公開が決まっている。

 バニーガール先輩も青春豚野郎も非常にクレバーキャラなので、ライトノベルっぽいタイトルバニーガールキービジュアルから想像し難いような会話劇だったりする。「サクラダリセット」に近い。ともに主人公を演じるのは石川界人。彼の淡々とした口調がすきだなあ。ってティラミス見ながら思った。

 本作は「思春期症候群」という都市伝説テーマ。例えば「根も葉もない噂」とか「誰も自分のことを知らない世界に行きたい」とか「なんとなくみんなに合わせないといけないような、ハブられないようにしないといけない、という空気」とか「いじめを受けたことによる、目には見えない心の傷」など、特に学生時代に抱えやすい、可視化の難しい問題を「思春期症候群」という舞台装置によって可視化しているのかな。ある意味残酷ではあるけれど、逆に救いのある物語だよね。

 会話の意味のなさが良い。「サクラダリセット」に出てくる相麻菫と浅井ケイの会話を思い出す。哲学に片足を突っ込んでるあたり特にツボ。1話なら「ありがとう」「ありがとう」という意味が無いとか、2話なら「キスしよっか」が「キスしよっか」という意味を持たないような。そんなバニーガール先輩を見ていると「打ち上げ花火」のナズナちゃんを思い出す。会話にほとんど意味がないために、彼らの感情をうまくキャラクターの表情で表現しているのが言葉の軽さと対照的になっている。エモい

 特に2話は、問題解決と同時に解消されるであろう二人の関係を思うと、どこか漂う諦め、虚無、寂寥感がある。

 音楽担当するFox capture planはシンセの曲が多めかつ特にEDのようなジャズっぽい

雰囲気があるので、「Just Beacause!」と比べて本作は精神年齢高めな作品に仕上がっている。

風が強く吹いている

 三浦しをん小説原作制作production I.G大学生10人がある日突然、箱根駅伝出場を目指してみた話。

 原作一般小説なので、大学生たちがアニメっぽいキャラクター性を持っていない。性格が地味な子が多い。しかキャラの表情やしぐさにコミカル表現(今期「うちのメイドがうざすぎる!」みたいな動き)をほとんど使用していない。なのに表情が非常に豊か。しか10人とも顔のデザインがかなり異なっているのに(双子を除く)どのキャラも表情含め丁寧に描き分けしている。

 アパート飲み会中後ろでガヤガヤしている人(アドリブ)とか、アニメならキャラ同士のイチャコラを中央に据えて順番に映して「ガヤガヤしてる感」を演出しそうなのに、全くのガヤになっていて「仲がいいキャラクター同士のあつまり、という空気感」として描かれている。2話では特に青竹荘の日常が描かれていて、朝食のシーンなんか「大学生の住んでる古いアパート日常風景」がそこにある。そういうリアル空気が「見える」作品

 カットの特徴で言えば「やや見下ろすような視点」が多い印象。その場の雰囲気を描くためなのかな。

 あと背景の情報量が多い。特に1話ラストランニングシーンとか見ると何枚街のカットがあるんだ。全体的に黒っぽいのも実写っぽさがある(普通アニメでは夜の暗さを青色表現する事が多い)。

 ランニングシーンで言えば、走りモーションの躍動感とチャリ立ち漕ぎしてる体の触れ具合が好き。

ゾンビランドサガ

 死んだ女の子アイドルとして歌って踊る佐賀日常異世界転生する話。大人が本気で悪ふざけしているアニメ大人の悪ふざけxアイドルアニメで今年放送された作品だと「魔法少女☆俺」が思い浮かぶけれど、本作はあっちよりもずっとアイドル寄りに仕上がっている。不和→衝突→団結を繰り返しながら一つになっていく物語の中にライブパートが含まれており、毎話ライブエモい特に2話は、ライブシーンのアニメーションもさることながら主人公を演じる本渡楓めっちゃすごかった。日本語ラップ抵抗のない人なら楽しめると思う。

 概ねギャグアニメになっていて、ゾンビというB級モチーフも相まって福田雄一っぽさを感じる。特に宮野真守が演じる巽幸太郎だんだん佐藤二朗に見えてくる不思議(「全部宮野さんにおまかせで!」っていうディレクションだったらしい)。

 ゾンビというモチーフを積極的に使った作品で私が観たことのあるアニメは「さんかれあ」くらいなのだけれど、どっちも「ゾンビ化」→「第2の人生」みたいな、特にこの作品では「異世界転生」みたいな機能を持っているみたい。つまり佐賀異世界

 ちなみに「さんかれあ」では、ゾンビについて「生きているのか、死んでいるのか」「魂はどこに?」「自由意志はあるのか、ただの反射なのか」「自己同一性」「どこまで肉体は不変なのか」「どれくらい肉体が朽ちると、彼女彼女でなくなるのか」みたいな視点に触れているややハードめな作品なのに対し、本作は(2話時点で)そういう視点がざっくりスルーされているので、安心して観られる。

 なぜだろう、ただ若干肌が土気色で目のくぼみが強調されているくらいなのに…なんだか…あれ?…かわいいぞ…?

SSSS.GRIDMAN

 すすすすっ。”SSSS.”は発音しない。グリッドマンアニメ特撮ヒーローアニメ(ーター)見本市から長編アニメ化(過去長編化したのは「龍の歯医者」だけ?)。監督美術音響効果など一部スタッフが続投している。アニメで観る特撮ヒーロー

 作品のコンセプト的に子供向けっぽいのかな、と思っていたけれど、OP見ると本来あるはずの白文字テロップ歌詞が無いので、なんか大人向けっぽい。

 作品雰囲気象徴している背景美術フェチズムがすごい。何あの電柱書き込み。他にも教室雰囲気や町並みなども懐かしさを感じる雰囲気

 強烈なのは日常と非日常交錯する日常パート。「なんかヤバそうなんだけど、別にみんななんともないし大丈夫なのかな」という正常性バイアス支配された日常っぽくてしびれる。特に1話日常パートには音楽がなく、緊張感がある。

 それはそれとして、モブ同士の会話がすごく良い。文字通り何気ない会話なんだけど、モブが活き活きしている。なお公式では毎週期間限定でボイスドラマを公開していて(脚本雨宮監督)、内容としては各話の幕間を描いている。1話4分位なので聴きやすい。

 そんな日常パートが終了するキッカケとなる怪獣の登場シーンがまた強烈。デザインとか暴れ方はまさに特撮ヒーローに出てくる怪獣のものって感じだけれど、直接怪獣を描くのではなく「混戦する無線通信」「燃える街」「ビルの向こう側でなんか大変なことが起きてるみたいだけど見えないのであんまり慌てていない電車乗客」等、雰囲気を描くことで怪獣の怖さを描いている。私はあんまり特撮ヒーローモノを観ないけれど、これを観てて「シン・ゴジラ」と同じ感動を覚えた。本作の音楽鷲巣詩郎であり、無音から劇伴勝利BGMという演出が見事に決まっている。

 グリッドマンアクションシーンもやはり特撮ヒーローライクな演出(というか再現)になっていて、重量感のある着地や舞い上がる瓦礫はまさにという感じ。特にアニメで見るライダーキックは迫力がある。アニメなのだからもっとデフォルメして空高く飛んだりしてもいいのに、中に人間が入っているような動きで繰り出すキックらしい迫力がある。これを観たかった。あとたまにフィギュアが動いているように見えるのは、監督含むトリガーの人たちがフィギュアオタクからなのかも(職場が足の踏み場もないくらフィギュアで溢れているらしい)。

うちのメイドがうざすぎる!

 心・技・体の揃った「未確認で進行形」の紅緒お姉さまロリ小姑を追い詰める。

 動画工房の持ち味であるヌルヌルコミカルアニメーションを観ることができる。特に本作はチーム太田監督太田雅彦、副監督大隈孝晴シリーズ構成音響監督あおしまたかし音響監督えびなやすのり音楽三澤康広代表作は「みつどもえ」「ゆるゆり」「琴浦さん」「さばげぶっ!」「干物娘!うまるちゃん」「ガヴリールドロップアウト」等)による新作であり、作品ベクトルあんな感じの日常コメディ。ついニコニコ動画で観ちゃう

 メイド身体がすごい。絵に描いたような筋肉もりもりマッチョマン変態。あれでコミカルな動きをするのはなんか新鮮。

2018-10-16

WORDの箇条書き

思い通りにならなくてヤキモキするうぅううう!!!

2018-09-30

anond:20180930211539

https://anond.hatelabo.jp/20180930210657

観戦していたものです。

このような厳しい環境増田で、あなた方の論戦は例外的に上手くいった方だと思われます過去議論の多くは大抵は数レス空中分解してしまいました。今回の稀な成果はギリギリの緊張のなかでもお互いへのリスペクトを保ち続けた甲斐があってのことでしょう。二人とも本当におつかれさまでした。

2018-08-29

anond:20180829090945

スーパー銭湯カプセルホテルに行って、サウナに入って汗ながしてマッサージして一晩寝たらスッキリする。

これじゃなくてもいいけど、普段しないことをするようにする。

自分コントロールできないことに支配されてるときはマジつらいよな。

どうせヤキモキしても進まないなら、新たな指示がくるまで放っといて別のことすればいいよ。

ブログ書くとかツイッターながめるとかでもいいんじゃね?

個人的気持ちが落ちそうなときは「ダイの大冒険」読むのがオススメ。ポップまじいいよ。

2018-06-29

anond:20180629104503

俺は一昨日(?)色々やりすぎた。反省してる。

何を言っても上手く伝えられないし、お互い平行線ヤキモキしてた。

まぁ、無視増田はどう考えていたのか知らないがな。

無視増田現在境遇しらねぇ。

どういう思いで「全ての無視は最低だ」と言っているのかも分からねぇ。

何故分からねぇかっていうと、お前が「どういう事情があってだめだ」と思い至ったか書いていないからだ。

俺は、無視せざる終えない状況になったことも書いた。

お互いに仲たがいというか、意見の違いで思い切りケンカしてお互いに無視した。

嘘をつきまくって、周囲の人を巻き込み迷惑かけまくっていた。孤立気味だった。

そいついじめられそうになっていたから、嘘をつくのをやめるように話したし、友人の一人として真面目に向き合った。

だがそいつは「直せないし直さない、お前は今後一切絡んでくるな、話しかけるな」と言われた。

まぁ結局、友達から、知り合いに戻っただけだ。俺としては別に良いが結局孤立していった。

当時は高校生で、今は何年経ったんだ?10年は経ったか

今なら、そいつとも上手く話せる気がする。

だが、あいつは未だに俺と関係を持とうとしないし、高校時代の奴とも連絡を取っていないようだ。

でもまぁ、それでいいじゃねーか。今、お互いに何も無く幸せなんだから

お互い対立していたほうがずーっと不幸だぞ。

長文すまん。

2018-04-23

息子の背が低い

中学入学時で141センチ、中2になって10センチ伸びて151になった。

1年で10センチ伸びたのは初めてなのでやっと本格的に身長が伸びる時期に入ったんだろうか。

でも次の1年で10センチ伸びてもまだ160センチ台前半なんだよね。

本人は背が伸びれば嬉しそうにはするけど、背が低いことをコンプレックスに感じている様子や、

どうにかしてもっと背を伸ばしたいというような意思は見えない。

から勝手心配してるだけなんだけど、170くらいはあった方が後々いいよな、成長期が過ぎてからもっと背が高くなりたかったって思い始めたら気の毒だな、

なんかできることないかなってヤキモキしている。本人はそんなこと思わないかも知れないのに。

よく食べるけどガリガリで、部活もやってないか運動は体育の授業くらい。

食事たんぱく質カルシウムには気を使っているつもり。

声変わりなどはまだ。下の毛の様子は知らんけど。

なんかしてやれることないだろうか。


追記:

・「中高生の頃は」モテなかったということはその後はモテたのかな。高学歴だったりコミュ力が高かったりかな。

・1年で25センチ伸びることもあるのね。

まあ本人にその気がなければ親にできることは限られてるし心配してもしゃーないよね。

わかってるんだけど気になっちゃってね。コメントありがとね

2018-04-06

anond:20180406230856

そこも楽しめるのは今のうちなので、どぎまぎヤキモキしてください

2018-03-08

anond:20180308180111

えっ凄い…なんでわかったんですか…ラボ畜ってワードでしょうか。

同じ子です!彼氏も変わらず、その時の男の子です!

覚えてもらっていて嬉しいやら恥ずかしいやら…。

私は問題を早急に解決したい派で、彼氏は何か揉めたら一旦落ち着こう・時間を置こう派なので…私はヤキモキしてしまうんです;;

ちなみにすっかり日が落ちましたが、未だ連絡は来ず。友人達から今日は何もするなと再三言われているので反省しがてらじっと待ちます…。

2018-03-05

[] #51-5「ノットシューゴ」

≪ 前

俺は呆れ果てて何も言えないでいたが、同じくクラスメートであるタイナイが、カジマの蛮行を嗜めた。

ちょっと待てよ、カジマ。そんなの撮っちゃダメだ」

タイナイは俺たちの中で最もネット社会に漬かっている人間だ。

そのタイナイが嗜めるのだから、カジマのやっていることは思っている以上にタブーのようだ。

抗議活動結構だけど、これはただの目立ちたがりの売名行為しかならない」

「こーいうのは目立ってなんぼでしょ!」

「悪目立ちで集まるのは、騒ぎに乗じたいだけの烏合の衆だ。それだと肝心の問題についても、大衆に正しく認知されない。主義主張が何であれ、正しい筋道で実行されなければ正しい支持も得られないんだ」

「あーあー、そうやって物知り顔で、抗議活動している人の出鼻を挫いていくんだよなあ。タイナイみたいな自称常識人は~」

タイナイの言うことは真っ当だが、カジマにはまるで通じない。

カジマに自身客観的に見れる冷静さがあるなら、始めからこんなことをやろうとはしないだろう。

こういうタイプには、むしろ別のアプローチが効く。

「カジマ、お前のやってることはむしろヘイトを広めるだけ。しかも、そのヘイトはお前自身に向かうぞ。一般大衆からアニメオタク過激常識もないバカだと思われ、アニメオタクから抗議活動邪魔をする輩だと非難される」

「え……そこまで深く考えてなかった……よし、この抗議活動はやめるっす!」

まりにも容易く撤回したカジマに、タイナイは溜め息を吐く

カジマは大義名分があるからやっているだけで、別に高尚な志があるからこんなことをやっているわけではない。

いっちょ噛みしたいだけでリスクまで背負いたくはないので、それをチラつかせるたほうが効果なのだ

「あーあ。現実喧騒から離れて、楽しい気持ちアニメを観ていたいはずなのに、どうしてこんな現実問題ヤキモキしなきゃならないんすかね……」

カジマは何だか純粋ぶったことをのたまっているが、俺たちは面倒くさくなってきたので無視した。


…………

ところかわって父のほうでは、フォンさんと共に重役たちの説得に回っていた。

「…………いま一度考え直しませんか」

「そうは言っても、アニメってのは総合芸術だろ? 監督とは言っても、その実アニメ製作は他のスタッフたちの働きによるところが大きい。彼が『ヴァリオリ』を作った代表者だと表現することは不可能ではないが、100歩譲っても彼だけの、彼のためにある作品ではないはずだ」

「もちろん『ヴァリオリ』はシューゴさんだけの作品ではありません。ですが……」

「我々だって何も全面的シューゴ氏を責めているわけではない。出来れば彼に監督でいて欲しかったし、実際これまではそうしてきた。だがモノにはコンプライアンスがあり、限度もある。そして我々が何度言っても彼は改めなかった」

「言っておくが、君たちにだって責任はあるんだぞ。君たちが彼の手綱ちゃんと握っていれば、こうはならなかったかもしれないのだから

しかし、いずれも色よい返事はこなかった。


…………

ーー『ハテアニ』スタジオ

世間ではかなり騒ぎになっていたが、スタジオ内は意外にも落ち着いていた。

この界隈でスタッフが途中で入れ替わるなんてのは珍しいことではなかったし、それは監督という立場でさえ例外ではない。

今回はそれが人気アニメ監督だったというだけで、世間よりも現場のほうが冷静な者は多かった。

それに監督が誰であろうと給料が変わるわけではないので、現場人間はただ目の前の仕事をこなすしかないのだ。

せいぜい、暇をしてるアニメーターが、WEBメディア取材でテキトーなことを並べるくらいである。

しかし、現状ではその程度で落ち着いていても、このままではいずれ瓦解するという危機感が、父とフォンさんにあった。

やはりシューゴさんを呼び戻すのがベターだが、成果は芳しくなく、父たちは頭を抱えていた。

シューゴさんの『ヴァリオリ』における功績を丁寧に説明しても尚、誰も首を縦に振ってくれませんね……」

「実際、彼らの言い分にも一理も二里もありますからね」

こうなった大きな要因は、シューゴさんに対するネガティブイメージが強く残り続けているのが大きな要因だった。

特にある一件では、彼の過激言動によってアニメ業界全体が激震し、謝罪会見にまで発展したこともある。

経営から見て、そんな人間制作トップに置き続けるのは、リスキーすぎると判断するのは当然だったのだ。

しかし、それでも打つ手が全くないというわけではなかった。

「フォンさん、“あれ”はどんな調子ですか」

大分、溜まってきましたかね」

「では、そろそろシューゴさんのほうにもアプローチをかけてみましょうか」

次 ≫

2018-03-02

[] #51-2「ノットシューゴ」

≪ 前

某日、『ハテアニ』の親会社にて。

『ヴァリオリ』の総監督であるシューゴさんが呼び出された。

「何故ここに呼ばれたかおわかりになりますでしょうか」

親会社の重役が、重々しくシューゴさんに尋ねた。

「え!」

シューゴさんは口ではそう言っているものの、その態度は白々しい。

から何かを言われるのは今に始まったことではなく、いちいち真面目に相手をすることが億劫だったからだ。

ちょっとシューゴさん!」

そして、そんな二人の間を取り持つフォンさん。

父にとっては定期的に見る構図であった。

もちろん、それを俯瞰して見ようとする父も、その“構図”の中にいるのだが。

「ほう、分かっていらっしゃらない? あなたが先週、ブログで書いた記事読み聞かせましょうか」

「そんな必要ないでしょ。自分で書いた内容くらい覚えてます

『ヴァリオリ』の総監督であるシューゴさんは非常に我の強い人物だった。

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと公言することを憚らない。

そのため、彼がブログなど様々なメディアで口を開く度、波紋が広がることは日常茶飯事であった。

シュー監督を雇っていたスタジオ親会社はその言動、ひいては存在にいつもヤキモキしていたのだ。

「だったら、我々がなぜ怒っているのかも分かるでしょう! あなたはもう少し、自分言動が周囲にどのような影響を与えるか考えるべきだ」

このご時世、何かを好きだったり嫌いであるだけで誰かに不自由な思いをさせる。

言葉権威付与されやす立場人間なら尚更だ。

しかし、シューゴさんはそういったことには無頓着だった。

「オレが気を揉む理由がない。間違ったことは書いていませんし。それを納得できない人間がいるのなら価値観の相違でしかなく、是非の問題ではないでしょう。もし理解することすら出来ないなら、そいつバカなだけです」

「そういうところです! あなた言動は、『ヴァリオリ』のファンを減らすことに繋がる。実際、あなたブログを見てマトモに見れなくなった人は少なくありません」

「オレの人格と、作品の良し悪しは別の話でしょ。仮に同じだとして、オレ一人でアニメ作ってるわけじゃないですから。そこを切り離せないなら、それは気持ち問題しかない」

いつもなら、このあたりで取締役が爆発して更にデッドヒートするのだが、今回はそうじゃなかった。

しろ落ち着いて、淡々言葉を発した。

「やはり改善余地はなさそうですね、フォンさん?」

「いえ、ま、待ってください! 確かにシューゴさんはこんな感じですが……」

それに対して、フォンさんはいつも以上に必死な様子だった。

このあたりで父も、今回はいつもとは別ベクトルでマズい状況だと薄々思い始めていた。

「“シュー監督”……あなたスタジオにおける……特に『ヴァリオリ』においての功績は、我々も十分に理解しているところだ」

「だが、それでも尚。あなたをこのまま監督として使い続けるリスクは重い、という結論になりました」

そして、嫌な予感が的中する。

シューゴさんに、事実上監督降板が言い渡されたのだ。

父やフォンさんはショックを隠せないのに対して、シューゴさんは意外にも狼狽えていなかった。

「ふーん、そうですか。じゃあ、これで話は終わりっぽいので帰りますね。お疲れ様でした」

しろ、あっけらっかんとそう言ってのけ、スタスタと部屋を出て行ってしまった。

父やフォンさんは慌ててシューゴさんの後を追う。

次 ≫

2018-02-22

anond:20180222185327

会社飲み会趣旨なんてクソどうでもいいんだよ。いちゃいちゃできる相手がいるならするだろ、そのほうが楽しいんだから他人感情コントロールできなくてヤキモキするなんて無駄

2018-02-18

何か考えなきゃいけないことがあった気がする

夢でずっと考えてて

起きて思い出せないけど、何か考えなきゃって気持ちだけはしっかり残ってて

でも思い出せず ヤキモキする

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん