「非上場企業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非上場企業とは

2018-11-03

退職しました

近年、転職した時に退職しましたブログを書くのが流行りのようなので書いてみる。

転職しようか悩んでいるシステムエンジニアの人がいたら参考になれば。

ということで当方システムエンジニア歴約20年のおっさんだ。

ずっと小さいベンチャー企業渡り歩いているせいで、インフラからバックエンドからフロントエンドからなんでもフルスタックでやってきた(人がいなさすぎてやらざるを得なかった)。

近年は自分も開発しながらマネジメントもするプレイングマネージャだった。

社名を出す勇気はないので出さないが、まあまあ有名なWebサービスをやっている非上場企業から、ある業界で手広くいろいろやっている一部上場企業転職した。

2社の業界は全く違う。

社員数、年商10倍くらいになった。

年収現状維持で変わらずに転職したのだが、これは自分にとってかなり上出来。

というのも前の会社が小さいベンチャー企業で、CTO的な立場役員に気に入られていたこともあって、相場よりも大分高い給与をもらっていた。

なので、中規模以上の企業基準ではこの年収では無理ではないかと考えていた。

というか実際それが理由で最終選考で断られた別の中規模企業もあった。

「当社基準で考えると希望年収が高すぎる」と。

元が小さい企業というのも、大中規模企業への転職には足かせになった。

小さい企業のため、チームがせいぜい10名程度になるため、「PM経験あります!」とアピールしても、「10名程度じゃね〜」と軽く見られて響かないのだ。

エージェントを使って転職活動したのだが、そういうことはやる前から予測していたので、ダメ元で大中規模の有名企業を受けてみて、ダメなら有望なベンチャー企業を受けてみる、くらいに考えていた。

そしたら運良く経験スキルセットがぴったりハマる企業タイミング良くみつかり、1次面接でほぼ内定な感じでさらりと決まった。

で、なぜ大中規模の有名企業を志望したかというと、小さいベンチャー企業疲れたのとそろそろある程度安定した環境で働きたくなったからだ。

小さいベンチャー企業は本当に波が大きい。

上手くいっているときは高級ホテルで盛大なパーティー開いちゃったりするくらい羽振りが良いが、ちょっとつまずくとすぐ単月で赤字決算になる。

大体主力業務1本でやってるから、その一つコケると会社全体が存続の危機になってしまう。

そうして経営危機を迎えると、「ここままではダメだ!会社に変革を!新しいことに挑戦しよう!」と会社空気がなるのだが、「そうはいってもこれ以上悪くしたくない」という役員保守的気持ちも働いて、結局「失敗しないように挑戦しろ」というそれってつまり挑戦じゃないよねこれまで通りってことだよねっていうがっかりな指令がでて、やる気のある社員モチベーションを下げる。

そうなるとスキルとやる気のある社員から抜けていくのは自明の理だ。

私もその一人だ。

前の会社上層部営業チームが占めているせいで、売上至上主義会社だった。

そのため、ユーザビリティシステム堅牢性などは全く関心がなく、10年前のシステムが現役で動いているような有様だ。

少し前まではそれでもなんとかなっていたが、近年になりついにユーザGoogleに見放されてしまった。

システム革新して良いサービス提供する競合他社に取られ始めたのだ。ユーザSEOも。

役員SEOコンサルを使ってシステム的に小細工すればSEOは取り返せると信じているようだが、それは10年前のSEO対策だ。

下手なことをするとスパムと見なされてもっと悪くなるよとは伝えはしたが、適当にいい加減なことを言うSEOコンサルを盲信していて、聞く耳は持ってもらえなかった。

そんな会社だが、ある程度自由やらせてくれる風土もあったので、俺が担当しているところはどんどん勝手に新技術を取り入れていった。

事前に確認取るとOKでるのに時間かかったり、NGになったりするので、本当に勝手に作って、事後報告してた。

AWS上でReact+RoRWebアプリを立ち上げ、ElastiCache、ElasticSearchなどなるべくAWSサービスを使ってクラウドネイティブで動くようにした。

APIAPI GatewayLambdaサーバレスで動くようにした。

AWSに関して教えてくれる人は社内にはもちろんいないので、全て独学で習得した。

この行動が良かった。

この経験のおかげで、今回の転職ができたのは間違いない。

もし前の会社会社に言われた仕事だけしていたら、今頃どこにも転職できないしょうもないおっさんエンジニアになっていただろう。

からベンチャー企業への転職を考えているエンジニアは、いつまでもそこにいれるとは思わないでほしい。

そしていつでも転職できるように武器を持ってほしい。

会社エンジニアとして成長できる機会がないのであれば、自分から作っていかないといけない。

そして、会社方針自分の考え方が一致していることはとても大事だ。

それが違うと、経営危機の時に頑張ろうって気になれない。

転職するとき面接は、受けるこちらも会社査定する場なので、その辺も良くみてほしい。

転職する気がない人もたまに転職活動してみるのを薦める。

業界全体において今自分がどの位置にいてどのくらいの価値のある人間なのかわかるからだ。

まず職務経歴書を書いてみてほしい。

「俺の職務経歴書、魅力薄っ!」って自身で感じたら、会社生き方を変えるべきだ。

2018-10-20

SIにおける粉飾方法について(フィクション

某社は受託開発(以下、SI事業パッケージ(以下、PKG)事業を営む中堅SIである。もともとある特定分野の下請けSI事業で成長し、その過程で得られたノウハウを元にその分野のPKG事業に参入したという経緯がある。

 

さて、某社の財務諸表を見てみよう。

 

ご存知の通り、「利益」は「売上」から「原価」と「販売管理費販管費)」を引いて導き出す。某社の場合、「原価」の大半は人件費、つまりプログラマシステムエンジニア給料であるSI事業人件費は当該年度で発生した人件費はそのまま全額を当該年度に計上するが、PKG事業人件費は「研究開発費」に該当するため、複数年度で減価償却を行う。つまり計上するのは実際の金額の一部である

 

 

某社はここに目を付けて、人件費の付け替えを行った。

 

本来であれば、SI事業に計上しなければいけない人件費や、厳密には原価に該当しない研修事務作業に掛かった人件費を、すべて「研究開発費」に付け替えたのである(原価管理をしている人なら工数×単金で人件費が出るのは分かっていると思う)。これによって下記のように黒字化することができる(数字適当)。

 

 

付け替え前)

売上 100

原価 50

 SI  40

 PKG 10(50の人件費を5年償却

-------------

粗利益 50

販管費 60

-------------

営業利益 -10

 

 

付け替え後)SIからPKGに30の人件費を付け替え

売上 100

原価 36

 SI  20

 PKG 16(50+30の人件費を5年償却

-------------

粗利益 64

販管費 60

-------------

営業利益 4

 

 

某社は非上場企業のため、決算が影響するのは税理士銀行ぐらいである。ただ、税理士銀行員もソフトウェア業界の実務についてはそこまで詳しくないため、今まで一度も発覚したことは無い。月によってPKG事業に関わる人数が不自然に増減しているが、リリース直前でテスト要員が増えた、もともとPKG事業アサインしていたがSIの受注が増えたので急遽応援に出した、等の適当理由で納得してしまっている。

 

このスキームは、某社が連続赤字を出し、銀行から融資が打ち切られそうになったことに対して考えられたものである決算を良く見せて融資を受けるのは、「てるみくらぶ」や「はれのひ」を見てもわかる通り、詐欺罰に該当する犯罪行為である

 

 

というプロットケーススタディを一本書こうかなぁ、と思った。重ねて記すがこの話はフィクションである

2018-02-26

企業に対する罰則

労働環境がひどいのは企業に対する罰則ものすごく甘いからだろう。

そこで新しい罰則を考えてみた。企業利益追及第一なのは株主から圧力があるからで、企業に対する罰則は同時に株主に対する罰則にもなる方がよい。

そこで株価を半分にする

というのを考えて見たが、株価は介入によって半分に出来るようなものではない。仕方がないので、上場企業上場廃止にしよう。しかし、いきなり上場廃止では混乱が起こるので、一ヶ月くらいの予告期間をおいて、その間は自由に株の売買ができるようにし、その後上場廃止にするのがよいだろう。うん、これがいい。

非上場企業は売り上げの10%の罰金とかでもいい。

2018-02-14

女性社会進出とかまっぴらだ

大企業とまではいかないが、そこそこ大きな非上場企業管理職です。

ここ最近の流れで、女性役員やそこそこ御歳のいった女性社員も増えるんですが、正直困ってます

能力的な面では無く、主に精神的な部分。

既婚・未婚は問わず40代後半から一気に酷くなる。更年期や閉経とかあるのかもしれないけど、正直社内の空気を悪くするだけの存在

こんな事言っちゃ駄目だろうけど、その辺の自制の出来ない女性は、パートアルバイト等の責任の無い仕事をして欲しい。

会社に来て、訳知り顔で会社批判して、大した仕事もしないで帰る人に払う金は正直無い。働き方改革より先に、こっちを改革してほしい。

2016-07-20

起業してわかった(しなくても経営者視点ちょっと考えればわかる)こと

上場してない限り、会社利益を出さなくてもいいと言うこと。

個人事業では利益自分収入(食い扶持)だけど、

法人利益自分給料を払った後に残ったお金である

自分(と従業員)が食えればいいのであれば、利益を残す必要がない。残すとどうなるかというと、法人税で持って行かれるだけ。税金というやつは払っても、何のメリットも見返りもない。本当にドブに捨ててるのと同じ。

から非上場企業商品の値段に利益分を上乗せするのは、極論すればボッタクリである利益なんてゼロで良いのだ。そこに気付いて価格を下げてから経営が安定して、食うだけなら困らなくなった。金持ちにはなれないけど、どうせ死ぬんだからこれでいい。「企業利益を求めるもの」ということはないのだ。

2016-05-02

http://anond.hatelabo.jp/20160502230117

>そういうそもそもレベル判断基準もっとけってさ、そういうことだよ。

非上場中小企業が高レベルとか言ってるかのように勘違いされてそうだが

元増田が低レベルレベル判定基準分からんというから

わかりやす基準として人数・売上・上場基準を示したわけであって

従業員数十人の売り上げ数億の非上場企業が高レベルであるということを主張してるわけじゃないから

http://anond.hatelabo.jp/20160502181403

非上場企業を狙えというトラバがあるが、よほど確かな情報源があればその方法もあるとして、

信頼できる情報源がない、そして中小しか受けられない、という抜き差しならない状況なら、真逆になるが、せめて「株式を公開している会社」を条件からさない事。

株式を公開していない会社は、基本的に外部から経営審査を受けてない。

から、いろんな事、特に労働条件メチャクチャでも(少なくとも、発言経営者が気にかけるほどの存在の)誰もなにも言わない。

残業代無くても、有給取れなくても、赤字経営でもほぼフリーダム


株式を公開しようとすると、その途上で公開のための審査が入って、労働条件から福利厚生から経理からなにから洗われるので、結果的経営者もあせって少しは腰を入れてまともな会社にしようとする。

から未公開の会社はかなり情報源を掴んだ男の中・上級難度の選択、もしくはバクチ。

公開してる会社はマトモ率が少しは高い。


あと、他のトラバに異を唱えるみたいで、なんかそんなストロングスタイルでもないからアレなんだが・・・

年商10億以下は、かなり玉石混合、つーか、石が相当多くないか?

まだ「でっかい個人商店」が「企業」の仲間入りできるかどうかのボーダーラインってとこだろう・・・

せめて言っても「特定業界地方ではちょっと名を知ってる人も居る」ってレベルだろ。

これでその上非上場だったら、どんな爆弾かくれてるか分からんぞ?

企業研究

企業研究

なぜ当社なんですか?という質問

何を研究するのか?項目を考えておく

限定して研究・・しなくてもよかった会社か?どうなのか?

あんまりムダな動きはしない方がいい

ピンポイントで選ばずある程度考える

自分に向いている会社を知ろう

幸せに生きたいのならばその行動が取れているか

会社=人の幸せに貢献する為の所

自分の中の幸せ休日は土日? 平日か?

サービス業・・土日は休めない。

自分安心できる環境に。

負けた人⇒大手に入れなかったではなく、社会に出て精神的に潰れた人

規模の大小は関係なく自分プライベートで考えよう。

仕事はつらくなるもの。その代わりプライベートを充実させる。

会社を名だけになるな。自分が笑っているからこそ、世の中の人を笑わせられる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記の内容は相手に伝えることではない。常識は考えておこう。

A.やりたい仕事

B.やれる仕事

C.やりたいです/やれることがありますという仕事←ここを増やす

言葉の捉え方がポイント

事実感情論

ビジネスでは事実なのか感情なのか知っておけ

<近い・・遠い・・感情>

抽象表現区分する

疑え。 自分の捉え方を疑え!

抽象表現質問する! 論理的・・

カレーは好きですか?

何のこと? 何のカレーかわからない

謙虚質問しろ。上手く話せないから私はダメだと思うな。

コミュニケーション定義は何かわからない

コミュニケーション力≠プレゼン

捉え方を疑おう。 別物である

研究

ツールバーチャル(ネット)とリアル(インターン・OBOG、イベント)

基本的リアリティに触れた方が間違いない。

現場にいて、見ないと勝手な潜入感で考えてしま

ショールーム・・ふらっと行くだけでちょっと勉強できる

考える時に一番やりやす方法を考える

こういう所に行ったという足跡。展示会もある。

工場見学に行って情報を仕入れました⇒ホームページを見たというよりは全然良い

自分がその会社仕事ができるなという証明を見つけてくるべき

自分との共通点を探す

グループで協力するか⇒一人でやったことの方が多いので

企業メッセージから自己分析

自己分析するために企業へ行くんだぐらいの気持ちで。

ビジネスモデル

客のコミュニケーションは?

お客さんに合わせたコミュニケーション

相手にしているお客さんは誰なのか?

有価証券も見ておこう。

有価証券・・トヨタ リスクも。

第二章 業績等の概要

非上場企業には上場企業の第二章の項目を聞く、質問する

有価証券報告書・・上場企業のみ

横浜学生発言しな

2015-09-26

http://toianna.hatenablog.com/entry/2015/09/25/180000

ちょっと立場的に書きづらいところもあるので増田で。

この人のかわいそうなところは、最上級を見たことがないところですね・・・・・たぶん年収千万とかその程度しか見たことがないのでしょう・・・・・

平成の今でこれが可能なのかは僕もよく知らないですが、女性を数十人囲ってマンションをそれぞれ買い与えて子供も作り・・・・って人はちょっと前までいました。実は、結構有名な人で本にもなってるくらいなので割と有名な話だと思います

平成だとしても収入報酬以外からどうにかするという方法非上場企業であれば結構あるのです。数十年前とか「知人の企業が大変だから、個人資産から10億だして助けた」とか普通にあったんですよ。いまでもきっとあるんじゃないですかね。

もちろん、こういう人はかなりレアだし、そのなかでヤリチンのまま生涯を終える人というのはもっと少ないのでしょう。ただ、40台だからって悟る人がしょうもないというのは了見が狭いですよね・・・・・

2015-08-26

ハイスコアガール和解騒動について

http://dengekionline.com/elem/000/001/111/1111659/

ハイスコアガール問題でSNKプレイモアとスクウェアエニックス和解したとの報道があったけど一読者としては

連載再開みたいなうれしい反面、中国系企業が間に入るのって闇を感じる。

そもそも、企業間のやりとりの間に外国会社日本法人なし)が急にしゃしゃり出て問題解決に乗り込むのが相当きなくさい

1.スクウェアエニックスからなにかしらの打診があった

2.SNKプレイモアが何かしらの取引をしていた

打診の可能性は強いだろう。許可を得ないで掲載していたのだから明らかに分が悪い。スクエアエニックス上場企業であれば

これ以上株価に響くような問題は早めに解決したい。となればスクエア側がいくばくの報酬を与えることによって中国系企業が動

き買収活動に至ったという考え・・・

これもなかなか難しい問題がある

スクエニ株式を抑えるならまだしもSNKプレイモアは非上場企業であるから受け入れ先をいきなり持ち掛けるのもの難しい

あえていえばこの版権管理会社赤字であり親会社引受先を探していたという一点だろう。

しかプレイモアはパチンコパチスロメーカー。公にスクエアが手を差差し伸べられない・・・そこで元々取引のあった会社・・

いやこれも無理だ、訴訟の相手に救済措置を与えるわけにもいかない

なんだろうこの納得のいかない後ろめたさというかきな臭い解決策

とりあえず中国系企業の手は上場非上場に限らず手広く網が張られていることがわかった

2014-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20140430123631

入居審査で落ちるやつはクソ経営会社だと思ってたけど案外身近なんで支援

上場企業に勤めていた時

入居審査なんてなかった。良い条件はあとから提案されたことが多かった。募集してない裏の情報やこれから空く非公開の情報ももらえた。

物件の申込は担当者印鑑。つまり自分の判子でよく、契約時には契約用の印鑑で事足りた。連帯保証などつけられるわけもなくつけてくれとも言われなかった。確かに敷金は多かったが礼金更新料も取られない。全都道府県どこかしら系列ビルがあるので支社の立上げにも物件見に行かずとも契約できる。


非上場企業転職

同じような事務所引っ越し担当を行ったが、全く異なった世界だった。元増田と同じように審査には通らない。裏の情報どころか物件の値段も露骨にあげられる。会社代表者連帯保証につくのは当然で、足りなければ知り合いや家族で同じように保証人をたてられないかと頼まれる。無理やり頼み込んだ親族は今も元気なのだろうか?申込には会社実印を求められ、決算の公開を当然のように指示、敷金はもちろん10ヶ月程度だが礼金やら更新料、紹介手数料などが加算される。とくに言われるのが信用調査情報設立数年の企業は信用度が低いらしく一等地のビルは借りられない。

2013-06-06

優良企業に多いのが「非上場」と「資本金〇億」の中小零細という話

上場=優良か?

後者はともかく非上場企業株式公開をしていない株式会社で有名なのがサントリー竹中工務店などの大手が挙げられるので

とりわけ非上場に優良企業が多いという話は間違いじゃないかもしれない。

株式公開をして外部から指図されて会社運営をするより独自の方法でずっと変わらない経営をして黒字ならという話だけれど。

実際の所、非上場からといって優良だと断定できる根拠がない。

よくNAVERまとめ等に挙げられてる非上場企業は優良だとする見解が見られるが、一方でブラック企業もちらほら見える。

その代表例が佐川急便だろう。

佐川場合、激務高給の典型的会社で働けば働く程儲ける事が出来る代わりに死ぬほど忙しい会社ということで社風が超体育会系なのでブラックだという認識が強い。

ところで、ブラック企業定義は、(引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD)

入社を勧められない労働搾取企業を指す。

すなわち、労働法やその他の法令抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いたり、関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働サービス残業)を従業員に強いたりする、もしくはパワーハラスメントという暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業法人学校法人社会福祉法人官公庁公営企業医療機関なども含む)のことを指す。

という事だから佐川ブラックである可能性が高いというのは確かだろう。事実労働問題でたびたびこの会社が挙げられているし、今やブラック企業の神となったワタミ会長渡邊美樹も佐川出身なのだから、疑いようもない。また、金丸信関連の佐川献金事件や暴力団関係しているといった黒い噂もあるので、ここではブラック企業といえそうだ。尤も、佐川では昨今福利厚生面の充実を図る試みがなされており、大企業であるという強みもあってそれほどブラックではないという見方も一応あるようだ。

結論から言うと、佐川急便は非上場であってもブラック企業なので、『優良企業=非上場』という図式は成立しない事が分かった。

資本金〇億の中小零細が優良企業か?

これも必ずしもそうであるとは言えないものの、一つの指標になるとは思う。

資本金が多ければ多いほど会社の信用度が高まるというのが世間一般での常識だが、あえて資本金を9000万程度に抑え1億円を越えないようにする企業もあり、一概にイコール会社の信用度で決まってるように思えない。とはいえ、ブラック企業ランキングランクインしている企業の多くが資本金1億未満であったりするわけで、あくまで信じられるラインなのかもしれない。

よく比較されるのが資本金の額と社長の車だろうか。例えば資本金1000万なのに社長の乗る車が2000万だった場合資本金よりも自分が大切、つまりワンマン経営経営無頓着だという事でブラックの典型例に挙げられとか。資本金が信用の程度を表すのだとすれば、社長が着飾ってるのに会社が上手く行っていない場合資本金の額面の通りの会社だというのは間違いないだろう。

これが大会社なら経常利益から経費で捻出するといった丼勘定もありうるだろうが、中小零細の場合売上から捻出される経費は全て工場だとか機械だとかの維持費や人件費に回されるので、その前提からいけば社長が贅沢三昧してる中小零細はブラックだろう。

から資本金が少ない中小零細がブラックだという可能性は少なくない。

しかし、資本金が少なく、また社長ないし役員が贅沢三昧してる中小零細でも優良とまではいかないが一般レベル企業もある。それは大手メーカーの子会社だとか、そういった名の知れた会社資本提携していたり共同開発する間柄であったり分社独立であったりと様々な事情があるだろう。

すなわち資本金が高いから・低いからでその会社が優良だブラックだとは必ずしも言えないけれど、一定の判断材料になるのは間違いない。

2013-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20130424191627

東証一部上場企業の有名処に入りたいわけじゃないなら、まだ焦らなくても大丈夫だと思う。

銀行を受けようと思えるだけの学歴スペックがあるなら、景気の良い非上場企業とか受けるとサクッと受かるかもしれない。

事務方だったら派遣経験詰んで、そういうところに転職するって方法もあるし。

少し落ち着いた方がいいよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん