「辛気臭い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 辛気臭いとは

2022-01-15

BANANA FISH

名作だって言われてるけど

綺麗な線だな

内容はなんか辛気臭い

と思った記憶しかない

ストーリー何も覚えてない

2021-12-04

おもしろはてなブックマーク

はてなブックマークコメントをしないように思ってる傾向の記事

・男女間

女性問題

政治

個人人格

ここいらの記事にはコメントしないようにしようとは思ってます。なんとなく、本能? 避けたほうがいいかなと思うので。

2021年はここいらの問題がいよいよどうしようもない暴走して手がつけられなかったなあと。

でも、例外があります上記記事コメントするときがあります。それは、

いいネタができたとき

です。

大喜利」というとぼんやりした枠の定まったものになりがちですが、おれにとっておもしろいとおもったネタを書きたいときには上記ときもなるべく書く。

おもしろいことが重要なのですよ。

面白くない人ってそもそも"コレ"の時点で面白くない」という意見共感の声多数「わかりみがすぎる」「俺じゃん」 - Togetter https://togetter.com/li/1807816

これのトップブコメ

他人に対して面白いとか面白くないとかい基準持ち出す奴が一番おもろくないと俺は思うよ。他人自分を楽しませるものって考えが透けてんだよな

このコメント2021年に1番ショッキングだったね。おもしろおもしろくないって他人評価してもらえないならはてブコメントを書く理由がねえじゃん?基準あるじゃん他人のみならず森羅万象すべては自分を楽しませるものだし、それからの「おもしろい」ってかなり重要だよな。

そしてこのコメントトップブコメになっているという事実おもしろくねえなあと思うのよね。おもしろくないのを是とするひとが多いことはおもしろくないね

星つけるやつバカじゃねえの?ってやっかみも含め。

おもしろい」を追求する気持ちが薄れている2021年というか令和から世界。「おもしろい」が薄いのは何度考えても「おもしろくない」んだよね。

はてブってののいいところは「おもしろい」にもあると思うのよね。かなりウエイトを占めていると思う。だからこそおれも書いていたし。だけど今年あたりはおもしろさの薄さの限界だよ。

もちろん、その追求すべき「おもしろ」さってのはそれぞれだし、おれにとっておもしろくないってことだけど、それぞれいうても結局、おもしろいを共有するためにはある程度の共通認識ってのは必要だと思うのよね。だからおもしろい」の基本を根底から「ケッ」って態度はヤバいなと。

最近はてブって妬み・嫉みコメントがひどすぎない? https://anond.hatelabo.jp/20210907165948

これにつけたおれのコメント

ギャグ昇華するセンスと才能と余裕がない人間ばかりになっているんだよな。最初からそういうの苦手なひとが水を得た魚のよう。というかテンプレ書いてりゃ一定数の星もらえるなら考える必要なくなるもんな。

うーん。おもしろくないコメントだ。

2022年はこんな辛気臭いあてこすりの嫌味コメントはできるだけ控えておもしろくありたいなと思ったのでした。もうおれには「つまらない」に割く時間はないのです。

おもしろくありたい。それで星をもらいたい。そういう1年にしたい。する。できるかな? まちょっと覚悟はしておけ。

から2021年も基本「おもしろい」しかコメントしてこなかったひとは高潔だしえらいなあと思うのです。

具足し的なIDを並べるといいのかもしれないですが、まあ、おれに名前を挙げられても迷惑かもしれんし。

2022年よろしくということで。

2021-10-03

anond:20211003190740

さんまはあれだけずっとテレビ出続けてるのにまだ若い世代ライバル視してるし売れなくなったらどうしようって恐怖心を持ってる

吉村は嵐の番組MCを貰ってこれで安泰だと思ったのに嵐は解散して番組も終わってしまった

ラヴィットは朝から辛気臭いニュース見るより安心するとは言われてるけど始まったばかりの番組で安定と呼ぶにはまだまだ

M-1キングオブコント優勝したのにあまりテレビで見かけない人もいる、かと思えば営業寄席の方で忙しくしてたりする人もいる

まらない答えだが○○すれば上がりなんてのはないだろう

2021-09-25

anond:20210925061319

そもそも本邦のフェミニズムは、禁欲的抑圧的なフェミニズムの声が大きすぎて、いわゆるセックスポジティブフェミニズム的な言説が弱いのではないか

フェミニストが、生身の女性にすら、保守的父権価値観から抑制的な装いを求めるのだからいわんやVtuberをや。

もっとリベラルの側から自由な格好して良いし、自分の体、自分性的判断自分のものとして楽しんで良いと発信すべきだし、そうでないか辛気臭い魅力ない感じになってるんだろうな……

日本的な左サイドの楽しくなさは色んなところで、閉塞感生んでると思うわ

2021-09-08

俺はもっと明るい話がしたいんだよ

政治とか結婚とか男女とか年収とか辛気臭い

増田くんといると息苦しいよ

近くの公園ねこちゃんを見かけたとか

駅の通路つばめが巣を作ってたとか

そういう話はないの

2021-08-29

今更ながら、ネトフリ版攻殻機動隊めっちゃ良いじゃん!

最初に見たのはずいぶん前で、その時は「何じゃこの手抜きみたいな質感のCGは?」と思ってたけど、何も見るものが思い浮かばない時に時々繰り返して見る癖がいつの間にかついた。

気がつくと、ハマってる自分に気が付いた。

何が良いって、少佐の「タチコマ!行けぇ!」「こっちだってこれが本業よ!」「斎藤、打てーっ!」のようなセリフがかっこよくて快感

ていうか、これだけ分かりやすくてアクションシーンの多い攻殻機動隊ってあったろうか?

辛気臭い哲学的セリフとかも全然ないし、この攻殻機動隊の冒頭にあるカラッと晴れた真っ青な空のイメージそっくりで、全体的にカラッとしてるのがいい。

そのカラッとさにCGの質感が絶妙に合ってるという気さえしてくるから不思議

残念なのはあの「オモシロ」が全然活躍せずに途中で消えてしまった事。再登場を激しく希望

最初安直キャラだなーと思ってた「プリン」も作品が気に入ってしまうと、これがまた良い味出してると思えてくる。しかし「江崎プリン」ってめっちゃ安直名前w

 

以前は、そのちょっと知的な少し考えないと分からない雰囲気攻殻機動隊の魅力だったりもしたけど、そればっかだと考えるのがめんどくさくなってくる。

でもネトフリオリジナルの攻殻機動隊あんまり考えずに気楽に楽しめるのがいい。

そう思わない?

2021-08-25

anond:20210825003943

死んだら死んだでその時っしょ

辛気臭いこと言わずにどーんといこうや

2021-07-01

小説作家殺し-ラノベスレイヤー- 序章

「皮蒸(かわむれ)先生本日はお忙しいところ……」

「本当に忙しいと思ってんなら、そういうのいいから。話ってなんだよ」

「はあ、それが……」

「……う、うう……」

俺の名は皮蒸(かわむれ)巨マラ。超超超人マンガ原作者だ。代表である学園カムショットストーリー「ブッカケグルイ」は累計100億部突破メガヒットで、アニメ化ドラマ化・映画化ゲーム化・パチスロ化・AV化・オナホ化のグランドスラムも達成した。もちろん、一山いくらのヘボい作画担当の功績などではなく、全ては俺自身の実力によるものだ。あまり言いたくないが、これはもはや“神”の御業と呼ぶしかあるまい。

そんな神作家である俺が、俺の新神作「チトースレイヤー」を連載開始したばかりの月刊誌「多爾袞嬰児ドルゴンエイジ)」を擁する出版社、KAMOGAWAの応接室で編集者と向かい合っている。普段ならメール電話で済ませるか編集者の方から俺の仕事場に足を運ぶところを、わざわざ呼びつけるとは。それだけ重要な話なのだろうが面倒なことに変わりはない。

「う、ううう……」

もう一つ気に入らないのは、編集の隣に「チトースレイヤー」の作画担当である漫画家事件愚痴(やまぐち)ヴァギが座っていることだ。事件愚痴は俺と目を合わせることを避けるように、視線をあちこちにさまよわせている。もともと、大きすぎる功名心に反して気の弱いやつだったが、ここまで落ち着きが無かっただろうか。

あいい。さっさと要件を済ませて、おっパブで濃厚接触でもして帰ろう。

「ほかでもありません、『チトースレイヤー』のことです。……第1話ネットでの反響、ご覧になりましたか?」

「ああ、見た見た。オタクが上を下への大騒ぎで大・成・功!って感じだな」

「は、はあ……」

「ううう……」

ライトノベル(くっさいオタク向け小説業界では現在、「チトー転生」というジャンルが異常なほど大流行している。ユーゴスラビア社会主義連邦共和国終身大統領、ヨシップ・ブロズ・チトー異世界で生まれ変わり大活躍する、というのが基本的構造だ。混迷する現代カリスマ的なリーダーを求める日本と旧ユーゴ圏のオタクから強い支持を受けている。目障りなことにコミカライズアニメ化も絶えず、原作同様にヒットを連発している。

しかし一方で、主にネトウヨ傾向の強いオタクからはこのチトー一強の状況に「チトー主人公多すぎね?」「なんでチトー?」「ここは日本だぞ?」といった反発の声も上がっている。「チトースレイヤー」は、そこに目を付けた作品だ。

まず、人気チトー転生9作品主人公であるトーモデルにした9人のチトーを、悪役として登場させる。まあ有り体にいえばパクリだな。殺人レイプ屍姦万引き盗撮オレオレ詐欺など、元ネタトーなら絶対にやらないような安っぽい悪行を重ねて異世界荒らし回るこのパクリトー達を、オリジナル現地チトー主人公がカッコよくブッ殺していくという、痛快チトー転生アンチテーゼストーリーだ。

この内容なら、アンチトー馬鹿オタクどもから手放しの大喝采を浴びるのはもちろん、チトーファン単細胞オタクどもが「このマンガがヒドい!」とかなんとか言って拡散してくれることも同時に期待できるという寸法だ。

「いやー、オタク様様だよな。炎上させてるつもりで勝手宣伝に協力してくれるんだからよ」

「は、はあ……」

「なんだよその辛気臭い顔は。もともと炎上マーケティング前提の企画だったろうが。バカオタクを煽るだけでカネを稼げる、こんな美味しい商売は無いってあんたも乗り気だったはずだよな?」

それでKAMOGAWAがオタクからの信頼を失い、他のオタク向け商品が売れなくなったところで、俺自身は痛くも痒くもない。

「いえ、私ではなく……あの、事件愚痴先生の方が……」

事件愚痴?そういえばお前さっきから何キョドってんだ?」

「う、うううううう……」

「……事件愚痴先生は、ネットでの批判に耐えられずもう限界なので、この仕事からは降りさせてもらいたいと……」

「ああ?」

「う、ううううううううう!」

なるほど、この落ち着きの無さはそういうことか。情けない。曲がりなりにも俺の神原作を任せられた漫画家が、虫ケラオタクが垂れ流すクソリプなんかでいちいち動揺しやがって。

事件愚痴ぃ……お前みてえな陰キャ三流絵描き雑魚を拾い上げて本物の“漫画家”にしてやった恩を忘れたのか?」

「……アキッ!?

俺の視線言葉を正面から受けて、事件愚痴は奇妙な悲鳴を上げた。続いて、ジョロロロという水音と共にたちまち床に溢れる金色の液体。そして部屋中に広がる甘ったるい匂い。圧倒的な恐怖のフラッシュバックで括約筋がゆるんだのだろう。

「皮蒸先生作画担当の扱いには気をつけてくださいとあれほど……!」

「うるっせえな、カワイガリだよカワイガリ

色めき立つ編集適当にいなして、改めて事件愚痴の様子を観察する。

「アキキキキキキキキキキキ……」

ダメだ、完全に壊れている。

漫画家としてはもはや使い物にならないだろう。俺の手足として言いなりになるよう念入りに仕込んだつもりだったが、強化し過ぎたか

「チッ!分かった分かった。じゃあそいつは切って別の絵描きで仕切り直しだな。適当候補をみつくろって――」

「いえ、それが……」

「なんだよ。まだ何かあんのか」

「……企画のものを、無かったことにさせていただきたいと……」

「あ゛あ゛?」

何を、何を言ってるんだこいつは?

「……それは、何のフォローもなく完全に打ち切り、ってことでいいのかな?俺の。神作品を。1話目で?」

「は、はい……」

「ふーん……」

まり暴挙を前にして、俺は逆に冷静になった。

多爾袞嬰児に限らずマンガ編集部は、よっぽどのことが無い限り俺のような超人作家に逆らうことなどできない。“神”の機嫌を損ねれば他誌への移籍などに留まらず、場合によっては雑誌出版社自体を潰すことにもなりかねないからだ。

それがこうしてぬけぬけと、う、う、う、打ち切りを宣告する。つまり――「よっぽどのこと」があったのだ。

「……誰の差し金だ?」

おおかた、パクリ商品の作者の誰かだろう。パクリ元にはKAMOGAWAから出版されている商品も多く含まれているが、それも含めて俺は事前の根回しなどを敢えて一切行わなかった。俺の神作品に少しでも余計な口出しをされるのが我慢ならなかったからだ。

作品が実際に掲載されて内容が明らかになったことで、元ネタ作者たちがガタガタ言いだすことは十分考えられた。だが、実のところそれなら何の問題ない。

こんなこともあろうかと俺は子分ラノベ作家、井頭(いがしら)ヒロブミにひそかにスパイさせることで、元ネタ作者たちの致命的なスキャンダルを既に握っていたのだ。これを使えば、奴ら三文ラノベ作家ときはいつでも黙らせることができる。

「なあ、言ってくれよ編集さん。一体どこのどなたが俺の大事な『チトースレイヤー』に因縁を付けて来たんだい?」

圧倒的な余裕に裏打ちされた笑みさえ浮かべ、いたわるような優しい口調で俺は編集者に尋ねた。

「……はら先生が」

「何て?」

「う、海腹ツブテ先生が……」

「!……海腹先生……」

俺としたことが、無意識のうちに敬称を付けていた。それほどの名前なのだ。海腹ツブテというのは。

海腹ツブテ。個人ホームページで連載していたSF小説SOAセガ・オブ・アメリカ)』が大人気となり、KAMOGAWAの惨劇文庫から書籍化されてデビューVR空間に降り立った黒衣のキリストが、右の頬と左の頬の二刀流で敵を次々に回心させていく無双ストーリーが、若年層の圧倒的な支持を得る。

アニメ化した際に小馬鹿にするつもりで原作を読んだのだが、仮想現実世界の多彩な戦闘シーンを表現するその圧倒的な描写力には、俺ほどの神作家が舌を巻いた。正直に言えば生まれて初めて、負けた、とすら思った。

作家としての振る舞いも私生活でも清廉潔白のもので、トラブルなどは一切無い。井頭ヒロブミのやつによるストーキングでも、唯一弱みを握ることができなかった相手だ。

SOA』の主人公はチトーではないのだが、だいたい似たような内容だからと雑に知名度優先で「チトースレイヤー」のパクり元に採用したことが仇になるとは。

「う、海腹先生が……『チトースレイヤー』がこのまま連載継続されるのであれば、全作品版権をKAMOGAWAから引き上げたいと、そう仰られていて、それで……」

「……」

ちなみに、『SOA』は累計1000億部突破の超絶歴史的ギガヒットだ。

……クソッ!クソッ!クソッ!何で陰キャ文字書きごときが俺の上を行きやがるんだ!

俺は必死努力して余裕ぶった笑顔を再び作ろうとしたが、それが失敗していることは自分でもよく分かった。

「……へ、へえぇえええええええええ……う、う、う、海腹センセイがねぇえええええええ……それなら、う、う、う、打ち切りっ!も、仕方ないですねぇえええええええええええええええええええええええッッッ!!!!」

「アキキキキキキキキキ!?

エイジジジジジジジジ!?

作家が真に怒りを覚えた時に発する“神気”をモロに浴びて、事件愚痴同様に編集者人格を一瞬で破壊された。二人の足元には、体液すべてが尿と化したかのような黄金色の池が大きく広がっていく。

俺は無言で立ち上がり、聞くに耐えない虚ろな二重唱を背に応接室を後にした。破れた肉袋に用はない。

腹いせに受付嬢腹パンしてからKAMOGAWAの社屋を出てすぐ、行きつけのおっパブへの道を歩きながら俺はスマホ電話をかけた。相手は小談書店マンガ編集者だ。

「あ、どうも〜皮蒸で〜す(笑)いつもお世話になっとります〜(笑)いまお時間よろしいっスか?はいはい……あのですね、ちょっとおもしろ企画が3つほどありまして〜」

自分で言うのもなんだが、俺は企画を通すのが異常に上手い。編集者に、この漫画バカ売れしそう!と思い込ませる口先にかけては、この世で誰にも負けない自信がある。いや、もちろん作品自体も実際にバカ面白いのだが。

ともかく、この企画だけは作家生命をかけて何があろうと絶対に通す。通してみせる。

「『クソ編集スレイヤー』と『クソ漫画家スレイヤー』、それから……『クソラノベ作家スレイヤー』っていうんですけどね。どれにします?」

2021-06-09

市立病院にすげえおっさんきた

おっさん「なんじゃこいつら辛気臭い顔しとるのー!こんなところにきてないで天国からお迎えにきてもらえや!」

おっさん「余命100日くらい伸びても意味ないやろ。います安楽死させたれやまじ」

こんなこと大きな声でぶつぶつ言ってる

2021-05-23

[]

ブラックサージナイトリリースされたが艦隊擬人化ゲーム

アークナイトっぽいガチャでなんか辛気臭い画面なのは大陸ゲーム必須事項なのか?

初週のセルランは2桁ぐらいは行くかな

2021-03-26

リベラルの人って結局デメリットしか話しないよね

新疆ウイグル自治区アシックスの件も

Black lives matterの話もLGBTとかSDGsでも何でもそうだけど

「俺らのこと無視すると不買するぞ、資金を引き上げるぞ、デメリット押し付けてお前を貧乏にするぞ」

って、極論カネの話しかしてないわけじゃない?

言ってることは正しいかもだけど、そういう奴らを信用できる?って話なのね。

右向いても左見ても、同じような脅し方ばっかでヤんなっちゃう。

もうちょっと言い方とかやり方があるんじゃないの?

アーシの言ってることワカルかしら?

やーね辛気臭い話しちゃって…ねぇ…ホントごめんねぇ

2021-03-09

ジブリアニメは話が面白くなくても絵面が面白からまあ観てられるが

エヴァって古臭いアゴトガリ漫画キャラがダラダラ棒立ちで辛気臭い会話してて「地上波でやってたからなんとなく観ちゃった」も無理だった。

あいうもんに何十年も心掴まれるってすげえな。聖書丸暗記してるやつとか、愛読書死霊失われた時を求めて戦争と平和ですってやつとおなじくくりですげえ

2021-03-07

anond:20210307051310

問題です。私がレイプ被害者に「辛気臭いツラしやがって、癇に障るんだよ!」といってボコボコにしたら、私の行為セカンドレイプでしょうか?暴行傷害でしょうか?

2021-02-24

増田幸福論を聞くたびに思うことがあるんだけど

今バズってるしょうもない辛気臭いエンジニアたちの話聞いてて思うんだけどさ

増田ってある種のよくあるバイアスかもしれないが、「不幸な目にあった人(というか自分?)はその分幸福になれなきゃおかしい」みたいな考えが根付いてる気がするよね

実際にはいくら不幸になろうが自分から考えて行動したり、がんばらないと幸福優遇もありはしないのだが、と

自分いじめ上司技術もないくせにコミュ力だけで大成しやがった~、とか性格ブスの顔がいいだけの〇〇が玉の輿なんて許せない~などと泣き言と恨み節を言うエンジニア増田たちとかフェミを見てても思うわこういうの

言ってて自分の主張ってよくよく考えたらおかしいぞ?って思わないのかね

anond:20210224232150

その経済技術産業成熟してるって誰がどう定義すんの?って話

例えば今バズってるITエンジニアのしょうもない辛気臭い話みたいに、「2000年代初頭の話ですか???」みたいなレベル技術停滞してるところばっかりな時点で

それ技術として成熟してんの?アフリカ狩猟民族と同じじゃね?

アメリカとか中国みたいに寝てても有能な人材がこぞって来るところならMMT理論でもいいんだろうが、日本はそうじゃないから困ってるんでしょ?

こんな理論本当に回せる国があるとすれば、そんなものMMTなんかに頼らなくなって経済がいい国だろう

2021-02-16

anond:20210215195735

本当はカードコンボとかでやるべきなんだが

あんま小難しいのはそもそもウケない

カードの順番処理をマンガアニメで描くと辛気臭い

・ 一発逆転カードにしたほうが売れる

かいろいろあるんだそうだよ

2021-02-14

幸せ人間は外出していて不幸ヅラした辛気臭い童貞の集まる休日昼の増田うさぎちゃんがやってきた!!!

🥕🐇キュイキュイプップ

2021-01-22

70近い父が聴いていた曲

村下孝蔵

子どものころはオッサン辛気臭い曲とおもってたが,オッサンになった今ではその良さがわかる。

https://www.youtube.com/watch?v=y2RSXqRwgjA

https://www.youtube.com/watch?v=Qm6Bs1dRNB0

2020-12-20

わたし生活上の必要に駆られ、唾棄すべき貧民がひしめくスーパーマーケットに足を踏み入れざるを得なかった。

ポテトサラダ……その名の通り馬鈴薯を中心に据えた、平民趣味凡庸サラダがある。この「超越市場」の唯一の美点は、それを比較的うまく食わせるというところにあった。

店内を延々と流れる下品音楽に耳を塞ぎたくなりながらも、わたしは広大かつ空虚現代砂漠を辛抱強く歩き、惣菜が売られる一角にたどり着いた。

母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」の声に驚いて振り向くと、豚のように肥え太った醜い高齢の男と、これまた醜い幼児を連れたひどく陰気な女。老人はわたし眼光に恐れをなしたのか、まさしく脱兎の如くその場を立ち去った。一方で、辛気臭い顔の女はポテトサラダを手にして俯いたままだ。

わたしはその貧民の手からサラダのパックを奪い取った。さらに8パックを追加し、悠々と店を出た。大丈夫ですよと念じながら。

2020-11-30

anond:20201130162238

確率の話と言うならば今まちなかにでかけたら何人と濃厚接触して

そのうち何人が感染である可能性があるかって確率と、

土日のあいだじゅう辛気臭い顔した父親と家の中に閉じ込められることへの子どもへの影響が

将来に及ぼす影響の確率とを計算して比較しないと行けないと思うんだけど

数字出してもらっていい?

2020-11-06

anond:20201106193607

ちちち違うって〜の!俺はあん辛気臭いタイプじゃないって〜の!タハハ(チラチラ)

2020-07-29

ビアンになって婦人健診が平気になった話

そういえば、自分レズビアン寄りのバイだと気づくまでは、むしろ自分のことをバキバキノンケだと思っていた。

なぜなら、女性健診の相手女医さんだとものすごく苦痛だったから。性器乳房女医一方的に触れられるのが屈辱的に感じていた。男性医師に対して、この感情を感じたことはない。その時は、自分が度を越えたノンケから女性性的な部分を触れられるのが嫌なのだと思っていた。

3年前に、とある趣味社会人サークルに入って知り合った6つ下の女の子と親しくなった。

わたしは、基本的理屈っぽくて尊大にふるまう癖にウジウジしていて辛気臭い人間という自己評価なのだが、年下から姉御肌と評され男女問わずよく親しくしてもらう。

そんな中で知り合った彼女は、わりにサバサバしていて、小柄で、童顔で、かわいらしい女の子だった。

サークルに顔を出した時の彼女は、部屋を見回してわたしを見つけた瞬間ぱあっと笑顔になって駆け寄ってきた。

飲み会ではよく「増田さーんここあいてますよー!」といって隣に誘ってくれた。

最初、「なついてくれてる」のではなく、単純に先輩後輩的な仲だから媚びたりおべっか並べたりおだてられたりしているだけだと思っていた。

しかし、ある時に飲み回の二次会で行ったバーボックス席に2人きりになったときに、メチャクチャ酔っぱらった彼女から恋愛感情で好きだということを告げられた。

ちょっとびっくりした後、「うれしい」と感じている自分さらにびっくりしたのを覚えている。そして、そんな気持ち泥酔して噴出するまで抱えこんでいた彼女がめちゃくちゃに意地らしく見え、愛しく感じて、断る気は起きなかった。

そうして交際関係となり、彼女サークル活動のない時にも会うようになったのだった。

そうは言っても、実はわたしは当時アラサーで、彼女大学生だった。

いくら女同士だとしてもどうにも犯罪くさい。

それに、わたし自身どこかで親戚の幼子のおままごとに付き合うような気持でいたことは否めない。

彼女男性経験がないということは付き合う前から聞いていた。女性を好きになったのはわたしが初めてだとも。

そういうわけで、彼女好意を疑うわけではないが、どの程度真に受けるべきか判断に迷っていたのだ。

大学生のうちだとまだ恋に恋していたり、憧れを恋愛とはき違えたりするものなんじゃないの?

そのうちやっぱり「男が好き」とか言い始めてもおかしくない。とはマジでずっと思っていた。

だいたい、元から友人関係だったのもあってか、交際関係となってからも2人の付き合い方はこれまでと変化なかった。また、何か変化を起こすべきは彼女のほうだと、大人げないが思っていた。この関係性は彼女好意ありきだった。彼女好意の形に応じて、わたしもしてやれることや差し出せるものがあれば、できる限り応えたいと思っているのみだった。

この時ほど、「男と女なら簡単なのに」と思ったことはない。

余談だが、当時私は8年ほど交際していた男性と別れて1~2年くらいだった。別れて数か月はいわゆる婚活恋活的なことに精を出していたのだが、やはりわたし性格そういうことに向いていないと自覚させられただけだった。このままいくと一生結婚できないかもしれないと思った。いや、それはそれで良いのだが、「わたしは一生誰ともパートナー関係になれないかもしれない」ということに関しては、やや悲観していた。猫でも飼おうかしら、と本気で思っていた。そんな時だったから、彼女との関係性がどう運ぶかに関しては、純粋好奇心をもって臨んでいた。

閑話休題

わたし理学部科学科を修めていた人間で、自分で言うのもなんだがステレオタイプそのままのあまり女らしくないタイプの女だ。学生時代の友人付合いと言えば、一人暮らしの奴のアパート麻雀しながらいいちこタバコなめるばかりだった。

彼女外国語学部英語学科わたしが見てる限り、いつも何が可愛いわからん流行りの服を着て、いつもメイクばっちり。イケている。そして、普段友人と何してすごしてるのかなぞ、知りたくもない。

いつも彼女からデートの誘いを受けていて申し訳ないなとは思っていたのだが、わたしはどこに誘っていいのかわからなかった。それに、わたし流行とかお洒落に全く興味がないタチなので、やはりどうしても若くてイケてる彼女の隣に立って休日モール街を歩くことには気後れを感じていた。

そんなある日、彼女から水族館に誘われた。これまでデートといいつつ友人ともやるような近場ウロつきしかしてなかった中、水族館とはめちゃくちゃデートっぽい。と少しテンションが上がった。そもそも水族館は好きだ。

そして当日。待ち合わせた駅に姿を現した彼女はいつもと違っていた。

普段だったら絶対着ないだろう薄紫地にエーデルワイス柄の女の子らしいワンピース。その上にレースっぽいカーディガン羽織って、足元は華奢なサンダルだった。

めちゃくちゃかわいかった。コッテコテデートコーデだということはさすがのわたしも気づいた。

「いつも増田さんわたしの服イジってくるから今日はわかりやすく可愛くしてきましたw」

そう言って笑う彼女を見て、世の男は彼女からこんな接待を受けているのか羨ましいなぁと見当違いなことを思った。

水族館へは新幹線で向かった。一緒に電車に乗るのも初めてで、隣の座席に座る彼女ワンピースからのぞく白い膝がとてもきれいで感動した。

彼女普段ほとんど足を出さないなということにその時気づいた。

水族館では目玉展示物の餌やりが行われていた。わたしはこれが大好きで、ここに来るたびに動画撮影していたのだが、この日ばかりは彼女写真を撮ってばかりだった。

「いつもそういう格好すればいいじゃない」と言ったら「本当はこういう格好は好きじゃない、デートから着ただけ」と言われて身勝手ながら非常に残念な気持ちになると同時に、即ちわたしのために好きでも無い格好をしてくれたと言っても過言ではないのだなと思い至った。

暗い館内でサンゴ礁を眺める彼女の細い方がレースカーディガンに透けていた。

揺れるワンピースの裾がこんなに魅力的なものだとこの時初めて知った。

水槽アクリルに這わせていた彼女の手を指先でつんつんすると、彼女不思議そうな目でわたしの手を見ていたので、手のひらを上にして差し出すと、彼女はいつもみたいにぱあっと笑顔になって握ってくれた。そこからは手をつないで見て回った。今まで、恋人と手をつなぐことをこんなに幸せに思ったことはなかった。

周りから見て、わたしたちは恋人同士に見えるだろうか。それとも、ただの仲良し女二人組にしか見えないだろうか。恋人に見えていたらいいなと思った。

そうだ、この可愛い生き物は、わたし恋人なんだ。と思った瞬間、頭に血が上ったみたいな感じを受けた。つまり、その細い肩を馴れ馴れしく抱く権利も、何ならスカートの裾の内側に手を伸ばす権利も、わたしはすでに持っているのだと、気づいたから。

この時からわたし彼女関係はおままごとではなくなった。

来月で交際し始めてから満3年となる。わたしは30になり、彼女就職2年目を迎え、そろそろ一緒に住もうかどうしようかという話をしている。

そんな中で気づいたのだが、わたしゴリゴリのボイタチだった。

そして、いくら可愛い彼女相手でも、リバられそうになると一気にテンションが下がってしまう。

この萎え方覚えがあるな~と思ったら、婦人健診で感じる不快感がこれと同系統なのだった。

まりわたしは「バキバキノンケから婦人健診で女医に診察されるとつらい」のではなく、「ゴリゴリのタチだから婦人健診で女医の前で俎上マグロを演じねばならぬのが不服」が正しいのだった。

不快の正体に気づいてからは、以前ほど婦人健診に対して恐怖心を抱かずに済んでいる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん