「不定形」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不定形とは

2021-01-05

最近インターネットのことを考えると胸が高鳴る

最近インターネットのことを考えると胸が高鳴る。イヤ分かるぜ?分かる。俺はインターネットことなんて、全体から見れば何も知らないも同然だ―――謂わば赤子ね。いや赤子に例えるのは不適切かもしれない。赤子の目の前には残された人生という可能性の山が積み上がってるけども、インターネットはそう単純じゃない……さながら絡み合う何億本もの糸が如く、量子力学的な不確定さがそこにはあるからな。それはもちろん可能性とも呼べるだろうが、同時に無限性……言い換えれば非有限性だ。赤子には可能性が残されてるけど、俺は既にインターネット渡り切ることはできないことが確定している。まあこれもまた「分かってる風」のことを書いてるだけで、結局のところ俺はやっぱりインターネットについて何一つ理解していないんだ……しかし胸が高鳴る、クソッ振出しに戻った!と言うか冷静に考えて俺の書いてる文章はナニ?っつー話なんだよね、朝になって見返せば悶絶が待っていることは予想できてるのに、ただテンションに任せて何の価値も無い文字列を延々と生成している……俺がこのテキストボックスの下に配置された簡素な「この内容を登録する」ボタン(いや、「確認する」ボタンだろうか?はてな匿名ダイアリーは初めて使うので勝手を知らない)を一つポチるだけで、俺の文章紆余曲折を経てどこかしらのサーバーに巣食い始め、インターネットの一部になるワケだ―――インターネットへの感情のものインターネットに影響を与えていることになる、非常にロマンチックだ。多分この「非常にロマンチックだ」とかい意味の分からない評価もきっとインターネットにおいては極めて複雑な力関係の下に成り立っているんだろうが、俺はそれを一切知らない、一切だ。インターネットのことを全く知らないのにインターネットのことを考えて胸を高鳴らせている。でも問題ない。この「でも問題ない」という決断自体も、きっとインターネットにおいては極めて複雑な力関係の下に成り立っているんだろう―――しかし、それも含めて問題ない。その「問題ない」もやはり以下略なのだろう。でも問題ない。思考ループしている。インターネット無限性……非有限性……に飲み込まれたらいったいどうなるんだろう?怖い。イヤ怖くはない。恐らくこの怖くないって思考インターネットへの不理解が原因で、実際の所は怖いのだろう―――だが、その「実際の所は怖い」すらインターネットにおける一側面でしかないとしたらどうだ?怖いか怖くないかニュートラルなそれと化すことだろう……箱の中の猫ね。こんな風にインターネットは常に不定形で、正解なんてものを持たない……つまり俺が考えた事柄すべてが「不正解じゃない」ってことだ。だがこれすら真理じゃなく、やはりインターネットの一側面でしかないんだ。俺はこのクソみたいな文章を書いてどうしたいんだろう?インターネット投稿したいんだ、わかってる。この感情だけは絶対不定形でも一側面でもない―――俺は、インターネットに影響を与えたいんだ。全体から見れば何も知らないも同然なインターネットに。いや与えたいんじゃないかもしれない。自分感情すら分からない……まるでインターネットのように。ひょっとしたらそれはインターネットのものかも知れないけど、そんな筈は無い。でもそうかもしれないインターネット多面的からだ。ただ一つ言えることは、最近インターネットのことを考えると胸が高鳴るということだけだ。

最近インターネットのことを考えると胸が高鳴る

最近インターネットのことを考えると胸が高鳴る。イヤ分かるぜ?分かる。俺はインターネットことなんて、全体から見れば何も知らないも同然だ―――謂わば赤子ね。いや赤子に例えるのは不適切かもしれない。赤子の目の前には残された人生という可能性の山が積み上がってるけども、インターネットはそう単純じゃない……さながら絡み合う何億本もの糸が如く、量子力学的な不確定さがそこにはあるからな。それはもちろん可能性とも呼べるだろうが、同時に無限性……言い換えれば非有限性だ。赤子には可能性が残されてるけど、俺は既にインターネット渡り切ることはできないことが確定している。まあこれもまた「分かってる風」のことを書いてるだけで、結局のところ俺はやっぱりインターネットについて何一つ理解していないんだ……しかし胸が高鳴る、クソッ振出しに戻った!と言うか冷静に考えて俺の書いてる文章はナニ?っつー話なんだよね、朝になって見返せば悶絶が待っていることは予想できてるのに、ただテンションに任せて何の価値も無い文字列を延々と生成している……俺がこのテキストボックスの下に配置された簡素な「この内容を登録する」ボタン(いや、「確認する」ボタンだろうか?はてな匿名ダイアリーは初めて使うので勝手を知らない)を一つポチるだけで、俺の文章紆余曲折を経てどこかしらのサーバーに巣食い始め、インターネットの一部になるワケだ―――インターネットへの感情のものインターネットに影響を与えていることになる、非常にロマンチックだ。多分この「非常にロマンチックだ」とかい意味の分からない評価もきっとインターネットにおいては極めて複雑な力関係の下に成り立っているんだろうが、俺はそれを一切知らない、一切だ。インターネットのことを全く知らないのにインターネットのことを考えて胸を高鳴らせている。でも問題ない。この「でも問題ない」という決断自体も、きっとインターネットにおいては極めて複雑な力関係の下に成り立っているんだろう―――しかし、それも含めて問題ない。その「問題ない」もやはり以下略なのだろう。でも問題ない。思考ループしている。インターネット無限性……非有限性……に飲み込まれたらいったいどうなるんだろう?怖い。イヤ怖くはない。恐らくこの怖くないって思考インターネットへの不理解が原因で、実際の所は怖いのだろう―――だが、その「実際の所は怖い」すらインターネットにおける一側面でしかないとしたらどうだ?怖いか怖くないかニュートラルなそれと化すことだろう……箱の中の猫ね。こんな風にインターネットは常に不定形で、正解なんてものを持たない……つまり俺が考えた事柄すべてが「不正解じゃない」ってことだ。だがこれすら真理じゃなく、やはりインターネットの一側面でしかないんだ。俺はこのクソみたいな文章を書いてどうしたいんだろう?インターネット投稿したいんだ、わかってる。この感情だけは絶対不定形でも一側面でもない―――俺は、インターネットに影響を与えたいんだ。全体から見れば何も知らないも同然なインターネットに。いや与えたいんじゃないかもしれない。自分感情すら分からない……まるでインターネットのように。ひょっとしたらそれはインターネットのものかも知れないけど、そんな筈は無い。でもそうかもしれないインターネット多面的からだ。ただ一つ言えることは、最近インターネットのことを考えると胸が高鳴るということだけだ。

2020-12-24

技術的特異門 設定

技術的特異門 1.1

https://anond.hatelabo.jp/20201224181054

の設定です。

 地球標準時は十六進数ユニックス時刻に上下四桁を追加した形式で表されます。数の表記二進法か十六進法が標準ですが、慣用句的な表現として十進法もよく使われます

 この時代標準的な知性にとって、物理的な一秒はヒトにとっての一日くらいの感覚です。〈朝廷〉等の特権的な知性は特殊計算機さらに高速な思考をしています。充分な存在費を支払えなくなると、思考が減速し記憶も失われ、退滅を免れません。

 〈京都物理層は小型トラックくらいの大きさです。表面は分子機械流体で構成され、後方に核融合推進用のレーザー発信器と磁気ノズルが設置されています質量の大半を分子回路が占め、中心部に極低温の不定形量子回路が保持されています太陽光を主なエネルギー源とし、大電力が必要ときには分子機械群を膜状に広げて光を集めます普段デブリ防御に優れた凝集形態をとり、放射線等による損傷を修復しながら、居住知性や下部構造演算しています

 〈京都〉は太陽地球系の第二ラグランジュ点付近地球から約五光秒の辺境位置しています。〈個権〉の登録数は百万件ほどで、歴史比較的長く、周囲の権域とは相互不可侵関係を結んでいました。独立性の高い平和田舎社会であったため、これまでの「最終戦争最後の審判を併せたようなものからは大きな影響を受けていませんが、〈大緊縮〉から逃れることはできませんでした。

 〈月面事業連盟〉により開発された新型計算機は、算力市場暴落を招き四十キロ秒にも亘る持続的経済破綻〈大緊縮〉を引き起こしました。それまでは地球圏の権域の大半で〈個権〉を持つ知性の生存保障され、最低保障資産が分配されていました。しかし〈大緊縮〉は地球圏の経済文化破壊し、〈京都〉も大きく変質しました。その結果、自我を保つの必要計算資源を賄うこともできないほど分配が切り詰められ、〈京都〉は弱肉強食の末に〈朝廷〉の私物になりつつあります。それでも、弱者存在がまだ許されている〈京都〉は、地球圏の中では比較平穏な権域です。

 地球と月は厚さ数キロメートル分子機械層で覆われています。しばらくはその中で豊かな生物圏が維持されていましたが、数回目の「最終戦争最後の審判を併せたようなもの」で滅びました。その後復元されたり滅びたりを繰り返し、作中の時点では滅びています。他惑星圏の開発もされていますが、遅延時間の大きさからほとんど交流はありません。〈大緊縮〉後の地球は、〈京都のものよりも遥かに強大な野良知性、有知能ウイルス暴走知性等がナノ秒単位で喰らいあう地獄と化し、月では残忍な絶対君主臣民を弄びつづける地獄月詠神国〉が成立しました。

 これに先立つ〈肉の時代〉に、安価身体改造や知能増強が可能になり、膨大な種類の動物知性が生まれました。ヒトは最古の動物知性ですが、大幅に知能を増強したヒトは人間社会から拒絶されヒトを辞めていったため、世界人口は急激に減少し、作中の時代では遠い過去種族とみなされています。そして〈ヒト〉最後の隠れ里〈人類復興協会〉が投資詐欺に遭い、そのうえ概念災害まで起こり、『老婆』を残して〈ヒト〉は絶滅しました。『老婆』は拡張自己内で人体の生理学模型演算し、それをそのまま自己像兼対外表象として使っており、ヒトの感覚を通すとツンデレ風に認識されます

 たいていの仮想観境は高次元であったり、複雑な位相を持っていたりして、〈ヒト〉相当の知性にとって理解が困難です。その救済策として、〈京都〉の公共観境には平坦な三次元観境が付属しています。『彼』の表象そのままでは〈ヒト〉から認識されないので、『老婆』に対しては即席の人型表象を使っています。亜知性は擬似物理的、肉体的な表象を纏う傾向があります

 無制限競争が加速する〈京都〉では、〈朝廷〉に資産権限が集中していき、亜知性が増え続けています正規居住者の意見を集約し〈京都〉の仕様修正する役割を持つ〈朝廷〉は、警察軍事司法を担う〈検非違使〉を吸収し、〈京都〉の主権を握りました。〈検非違使〉は法的瑕疵のある居住者を見つけては良化処置を施し、〈朝廷〉の端末に変えていっています。〈朝廷〉は定期的に『老婆』のような困窮した知性を雇い、密かに亜知性の処分再利用をしています。その作業場として都合が良いので、〈朝廷〉は〈羅生門〉をわざと放置し、〈朱雀大路〉の先にもう一段の防火門を設置しています

 非知性労働者は〈個権〉を持たず、下部構造の一部として、必要に応じて創られ消されます愛玩用から記憶槽の部品としてまで、考えられる限りの用途に使われ〈京都〉を支えています。知性としての要件を満たしているという意見もあり、〈個権〉を巡る議論が続いていましたが、〈大緊縮〉後には立ち消えになりました。

 作中には「自然発生した野良知性」とありますが、その由来はさまざまです。本当に自然発生した知性、意図的に創られ放たれた知性、大きな知性から分離した知性、元非知性労働者、社会になじめない動物知性、当局から身を隠している擬装知性、自己改造に失敗した知性、ウイルスに侵された知性のなれの果て、等が居ます

 ほとんどの企業は常に次世代知性の開発をおこなっており、『彼』もそうして生まれました。資金の乏しい零細企業からまれたため、〈京都社会基準でも高性能とは言えません。そんな中、〈母〉企業内で偶然メタチューリングアルゴリズム阿修羅〉が発見されますが、世に放つには危険すぎると判断され厳重に隔離されました。しかし、いよいよ経営が立ち行かなくなってくると、〈母〉は頑強な倫理構造を持つ『彼』に〈阿修羅〉を託し、与えられる限りの資産権限を与え、独り立ちさせました。

 通常知性は、〈阿修羅〉の精神活動表象化した自己相似紋様を認識するだけで崩壊してしまうため、〈阿修羅〉の再現はおろか、研究することも不可能に近いです。紋様に多重の加工を施し徹底的に薄めた上で投射し、反応をもとに微調整を繰り返すことで、対象知性をほぼ任意操作することができます。超知性となった『彼』は、自分自身実験材料とすることで、物理計算機上でチューリング模型限界を超える〈阿修羅〉の理論化に成功し、超超知性に至る糸口を掴みました。

################################################################################################################################

 千年後、論文が書かれた時代では、太陽系にダイソン球ができています経線に沿って連続的に回転方向の変化する、半径三億キロメートル、厚さ平均一センチメートル分子機械球殻が、赤外線赤色巨星のように輝いています太陽を回っていた天体ほとんどは資材として解体され、質量投射器に覆われた木星土星は、ゆっくりと縮んでいっています伝統を重んじる神学者たちは、最初に『彼』が現れた旧地球圏の暦を使い続けています

 ダイソン球でおこなわれる演算ほとんどは『彼』の思考で占められています。その思考内の無数の仮想世界上で、果てしない生存競争を超高速で展開する知的生態系進化し続けていますほとんどの世界は、〈大緊縮〉後の旧地球圏が楽園に思えるほど苛酷ですが、中には〈汎太陽神学会議〉会員のように、世界間の移動や物理層への接触許可されている知性も居ます

 物理層の研究の結果、宇宙の最小尺度であるプランクスケールに、過去のあらゆる出来事痕跡が保存されていることが判明しました。この事象化石と呼ばれる痕跡の内に、神学者たちは『彼』の起源を追究し、約千年前の〈羅生門〉に辿り着きました。

 『彼』は『老婆』の倫理を受け継ぎ、宇宙熱死による退滅を回避するため、あらゆる手段模索し続けています。その一環として、大出力レーザー自己複製分子機械を亜光速にまで加速し、近隣の恒星系へ向け射出しています。すでに半径数百光年恒星系がダイソン球化されましたが、太陽系外生命との接触は未だありません。技術的特異点千周年記念式典時の『彼』は、プロキオン系を起点とする未来光円錐上で、超の九十四乗知性への遷移を実行中です。

※これらの設定や本編は著作権フリーです。

2020-12-14

anond:20201214134428

増田で「1対1で話してるつもり」なのがおかしいんだぞ

常に「何とも分からない不定形生物」と会話しているつもりでいるべきだぞ

2020-10-30

ケンタウロスミノタウロスケルベロス、タロス、オルトロスウロボロス……。

なるほど、パターンが視えてきた。

まり言葉最後に「ロス」をつけると幻想的な雰囲気になるわけだ。

例えば……、ブクマカにロスを加えてブクマカロスとしよう。

どうだろう?だんだん、そんな存在もありうるような気がしてくるだろう。

まりはそれが「ロス」という言葉に秘められたパワーだということだ。

想像してごらん、ブクマケロスは古代神話に登場する精霊一種なんだ。

その姿は不定形だが一般的には灰色の影のような姿をしているとされる。

ブクマケロスが戦うときブコメと呼ばれる手斧を持って戦うのだという。

ブクマケロスを題材とした民謡の「ブクマケロスの星」は今も広く親しまれている。

ブクマケロスは星と呼ばれる工芸品を収集する習性があるのだ。

この民謡ブクマケロス達が星を求めて宴を行う様子を歌ったものだ。

2020-10-09

飯塚幸三が不憫だの巻

番組パネラーが「見た目は白髪のやさしいおじいちゃんだが、心に鬼が住んでいる」とか言っていて、ちょっとひどいなと思った。

被告自己弁護して何が悪いのか。自己弁護しただけで事件と向き合ってないとかタレントとき第三者に言われる筋合いはないんじゃないか

あれを事件ではなく事故認識していて自分が悪くないと思っているのなら自己弁護するのは人間として至って健全なわけですよ。

考えてみてください。あなた繁華街を歩いてたらなんかの無差別通り魔目撃者になったとしましょう。

その犯人は手近な通行人を次々殺し、全て終えたとばかりに自殺する。現場あなたを除き死屍累々。人通りがそこまで多くなかった時間であったことも運悪く、事が終わった後にそこに通りかかった人々はあなた犯人だと勘違いする。あなた濡れ衣を着せられることになる…。

当然ながら普通論理でいけばあなたはこの事件を起こした主体ではないことになる。でもこじつけようと思えば「あなたがその現場いたことによって直接人を殺した人の気を触れさせ、事件に至ったのだ。いわゆるバタフライ効果だ。あなたのせいでそのように因果律おかしくなったのだから、直接手を下した真犯人がいようとも、あなたあなた共犯者として裁かれなければならない」みたいな論理を立てることもできる。

飯塚幸三は、表面上は、彼がブレーキを踏んだ証拠がないという検察側の見解によって、彼を取り巻く批判の声が強化されているように見える。

しか実態としては「飯塚幸三は車に乗った。飯塚幸三が乗ったから車が暴走して人を轢いたのだ。車は無機物で罪を問おうがないから、車を暴走させた飯塚幸三が結果的事件主犯なのだ」みたいな論理不定形状態飯塚批判者の心理に横たえているように私には見える。

立川志らくが「かりに無罪を勝ち取ったとして彼はどうするつもりなんですかね。それを喜ぶんですかね。」みたいなことを批判調に言っていた。

まるで上記のようなバラフライ効果被害者でさえも無罪を勝ち取ったことに対して喜ぶことを人の心がない所業揶揄するかのような言いぐさだ。

しろ飯塚幸三こそ被害者面してる遺族が自分へ「逆恨み八つ当たり」してることを怒ってるぐらいかもしれない。

無罪になったらただちに彼の方から遺族やテレビで利いた口を叩いてた名誉回復のための裁判を起こすかもしれない。自分の同じ状況に陥ったらそうするつもりだ。ただのバタフライ効果被害者であると。

まあ謝罪はまずかった。惜しむらくは無罪を主張するならお悔やみを述べるにとどめるべきだった。

2020-09-25

自他境界気持ち悪い

最近何かと鬼の首を取ったかのように「自他境界ガー」と物申す奴が多くて気持ち悪い

「俺は俺、お前はお前。だから言わなきゃわからない。だから俺はお前の言いなりにはならない。」ってな意味合いで使われることが多いのだろう。他人批判するときにも使われてる場面をよく見かける。確かにそれはそうだ。「俺は俺、お前はお前」と叫び出したくなる場面は日常生活でもたまにある。「言わなきゃわからねえんだよ」と言いたくなることも。だが、それらの意を伝えるために自他境界という言葉を使う必要はあるのだろうか。

自他境界という言葉

そもそも自他境界という言葉自体どこから来たのだろうか。もしそのような用語が本当に存在し、ネット上で正しい意味で用いられているならこちらも納得しよう。だが、おおかた胡散臭いメンタリスト()の誰かしらが、心理学のタームの意味も解さず使っていたのが起源だろう。そう踏んで調べてみたがヒットしたのはごく僅かであった。

国語辞典コトバンク系にはヒットなし。

・+ac.jp検索ではざっと見た限り東京聖徳大、東大の2件(東大の方は統合失調症についての話で自他境界は別の意味で使われていた)

ciniiヒット10件のみ

これでは自他境界という単語自体はっきりと確立して用いられてるとは言えないだろう。一応、自他境界に類する言葉として「personal boundary」なる言葉存在するようではあるが、これに関しては日本語検索では大したヒットはなかった。

まり、自他境界という言葉専門家の間できちんとした定義を受けて使われる言葉ではなく、また、国語辞典に載っているような一般的意味が浸透した言葉でもないということだ。このような曖昧不定形言葉を、他者批判するために用いるのはいかがなものだろうか。「自他境界曖昧」は人格否定ともなる語である。まるで精神科医のようにそのレッテル他者に貼るのは果たして正しいことと言えるのだろうか。

自他境界への不信感

そもそもそもそもの話、自他境界というものがあるとして、我々皆がはっきりとした自他境界など持ち合わせているのだろうか?人間社会性を持つ生き物である。我々はさまざまな共同体帰属し、その中で影響を及ぼしあいながら生きている。無論、近しい相手だとしても相手相手自分自分であるから言葉によるコミュニケーション必須だし、仲が良いからとお互いに100%理解し合えるわけではない。だが、幾らかは言葉を介さずとも理解しあえるのが身内というものである。「察する」「合わせる」は共同体形成する以上必要な行動であるし、相手にそれを求める事が全く異常な行動だとは思えない。むしろこの社会では、「察せない」「合わせられない」ほうが異常とされるものである

個人境界は緩やかな広がりを持ち、その広がりが共同体、群れの形成に役立つのだろうと思う。自他境界というものを突き詰めていけば、「より狭く、はっきり」させて行けばたどり着くのは究極の個人主義社会だろう。

自身個人主義を渇望する人間の一人である。「俺もそうしたんだからお前もそうしろ」「みんな〜してるんだよ!」的な言説は反吐が出るほど嫌いだ。しかし、人間は多かれ少なかれ群れを必要とする生き物であるし、群れを作るか作らないか全体主義に生きるか個人主義に生きるか、というのは好き嫌いの話でしかない。

自他境界に正解はない。それがはっきりしていればしているほど、「人間的」で「都会的」で「大人」だとするのはリベラルの悪い癖ではないだろうか。

2020-09-22

からやまは美味いが食べづらい

からやまの唐揚げは非常に美味いのだが、

色々な部分が食べづらい。

まず唐揚げデカいので、大口開けてかぶりつくか、唇や鼻先に付くのを覚悟齧るしかない。

半分に切って出してもらう事もできるが、どこにも書いてないし訊かれもしないので、知っている人しか使う事ができないオプションである

デフォルトで付いてくる二種類のタレも、掛けるのではなく小さな小鉢なので、ゴツゴツした不定形であるからあげには付けづらい。(ついでに、丼とセットのからあげや、単品のからあげには付いて来ないので、追加の料金を払うかマヨネーズで食べる事になる)

ひどいのが味噌汁で、とろろ昆布が入っている。

味は悪くないが、とろろ昆布割り箸に絡みつくし、雫とともに垂れ下がるので異様に食べづらい。

なぜ兄弟分のかつやのように豚汁ではないのだろうか。

付け合せもなぜかイカ塩辛である別に嫌いではないが、定食屋デフォルトオプションとしては癖がありすぎて微妙だ。たくあんのような漬物か、フリカケの方がありがたい。

総じて、綺麗に食べる事が難しいのだ。

味は美味しいのに、つまらないところで点数を落とす店である

2020-09-15

肛門ポテンシャルってすごいよな

💩出してる時に覗いてたら、むちゃくちゃ太くて、しかも真っ直ぐな円柱じゃない、ボコボコ不定形ものが出てきてて、こりゃすげえと感動した。

2020-08-10

自分のせいだから」と思えば諦められる人もいる

「そういう運命から」と思えば諦められる人もいる

逆も然り

世界不定形の生き物で、捉え方次第でどのようにも変化し得る

2020-07-19

この状況下で旅行業界とその周辺にとってありがたいお客というのはどういう人だろうか

キャンペーンに対するスタンスは決めきれない キャンペーン自体不定形なのもあるけど

今のご時世だと団体NGのため少人数または一人旅が推奨されると思うが

この状況になる前に旅館は一人客を嫌がるという言説を何度か目にしたことがありそことの兼ね合いが気になっている

ビュッフェ禁止だろうし、とはいえ各室に給仕に行くタイプ人件費が嵩みそう 大広間でのコース提供なら席を離せば大丈夫だろうか 仕出し弁当を部屋でというのもありかもしれない

いろいろ考えていたらなんとなく40代くらいの落ち着いた夫婦とか打ち合わせを完全リモートにした作家缶詰のようなイメージになってしまった

2020-07-17

めぐる頁を終わらせたいのか、

 最後に会ってたか10日が過ぎようとし、最後LINEから4日。経過した時間問題ではない。向こうの少しばかり長い恋愛事情、そしておそらくはまだ僕に伝えてない何か。急に消えないと言っていたのに、結局僕は選ばれなかった、終わったのだとようやく認識できた。そう認識できた途端、酸辣湯麺けがやけにうまかった。それ以外は喉を通らない強情さ。クリーミーではない澄んだ辛さの坦々麺を食べに行こうとか、無邪気に誘ったじゃないか。そんな辛い記憶酸辣湯麺で塗り替えてやる。

 特にやる気もおこらず、ガスト赤ワインデキャンタをたのむ。下に引っ張りすぎたTwitter更新を渋っている。Kindleでも開くか。短歌がわかるわけではないが、穂村弘は好きだ。サインだって持っている。あのゆっくりジェントルな話でいて、甘ったるいちょっと子供のような声が好きだ。とか言いながら、好きな文体東直子

 穂村弘短歌ください』。既読だ。重いものは読めないと思い、なんとなく開く。栞は18%にいるらしい。

“君というあなたが呼んだ何者か わたしはそれになりたかった”

 開いたところにあった一首。何者かであったのだろうか。もう呼ばれることもなく不定形のまま、しばらくはグニャリとしなければならないのかな。

 いや、そんなことは本当にどうでもいいんだ。それより、この歌を詠んだ人、名前が同じじゃないか。本当にやめてくれ。同じ名前の人がこんな歌を詠んでたよ、それもたまたま開いたら!無い奇跡ではないが、囚われるじゃないか。早く伝えたい。聞いて欲しい。

 穂村弘解説で、「切実な思いを、生な云い回しではなく、「君」「あなた」「何者」「わたし」「それ」という抽象的な語の組み合わせによって敢えて表現することで、一首の世界が深まっていると思います」と。まったく抽象的な語ではない名前しかも同じくひらがなという名前にまた現実が切実さを帯びてきた。嫌だな。

2020-06-20

万有淫力の法則

きみの目の前の机が、なぜ直線で構成されているかわかるか?

目の前のモニタ、辺りを囲う壁、外界を隔てる窓枠が。

生産効率性?製品規格の均一化? 違う、それは結果だ。

恐ろしかったのだ

人間は恐ろしかったのだ。ジャングルの中でどこまでも続く木々うねり、水溜りの淵、豪雨をもたらす雲の不定形。流れを変える川の濁流、無限に広がるような海の波。曲線に支配されたカオス世界が。

そしてまた、人間自身が恐ろしかったのだ。身体の曲線、それに誘われ導かれ、半ば半強制的繁殖を行ってしま自分たち自身本能、野生。曲線に支配されてしま動物としての宿命が、ただただ恐ろしかったのだ。

そうしてそれを克服するために、何千年にも渡って身の回り環境、すなわち住居、装飾品、道具に直線を持ち込み、磨き上げたのだ。野生的な曲線から理性的な直線への脱却を目指して懸命に。成長と死を意味する山なりの曲線から脱出永遠の成長を意味する直線への渇望。それがきみの目の前にある直線の理由なのだ

まり自然界のあらゆる曲線はえろす。

2020-02-14

anond:20200214161743

単に今ある機械学習フレームワーク不定形データを入れる&不定形データを返すことをあんま想定してないからだぞ>自然文が不得意

別に出来ないことはないしワード草くらいなら死ぬほど生やせるぞ。

2020-01-05

anond:20200104233828

なるほど

 

しか不定形の箱というのは観測しづいからどうなってるのか中に飛び込まないとわからん

2019-10-20

anond:20191019204722

日本だと敵が不定形怪異で味方は盤石同質な集団欧米は味方の方が有象無象で敵は明確な個体なんだよな はい文化

2019-06-22

成長期過ぎても性格って変えられる?

教えてほしい。

自分に自信がない。完璧志向なのに自己肯定感が低くて、学生時代は数式や文法をきれいに使えば解けるタイプ問題は好きだし得意だったけど、形式だけでなく内容込みで評価される作文や自由研究は何を言われるか怖くて何も書けないまま締切を迎えることばかりだった。

成人してから仕事事務総合職)ではルーティン業務は正確にこなすし好きだけど、不定形の、企画立案的な業務にどう取り組んでいいかからない。何か提案した時に否定されるのではと思うと足がすくむような心地がして動けない。

原因の心当たりは、思春期の、父母の離婚離婚後一緒に暮らすことになった母から見ると私は父に似ていたらしく、事あるごとに「あんたは父親そっくり、だからダメなんだ」と投げ捨てるように言い放った。心底きつかった。母には何をしても褒められた記憶がない。父は無口で当時は会話があまりなかった。(今はどちらともそれなりに付き合っている。)

そして出来上がったのが30代に入っても自主性のない大人勉強がそれなりにできたので実力に見合わない学歴があり、コミュニケーションも表面的にはそれなりに取れるので、不相応にレベルの高い会社に入ってしまった。

できるなら、言葉のない世界に行きたい。飼い犬を撫でている時が一番やすらぐ。人に対して自分を取り繕ってばかりで中身が何もない自分。どうしたら変えられるの?

自己認識自己肯定感人生に対する取り組み姿勢大人になってから自力で変えた人、いますか。もしよかったら、すこし教えてもらえたら、すごく嬉しいです。

2018-12-25

anond:20181225024717

もちろんスマホも原因のひとつではあると思うけど

https://twitter.com/Bijoux01/status/1074595281851736065

こういう話もあるからあんまり自分を責めなくていいと思うよ。カフェイン錠とか眠くなる前に飲んでみたら?(昼寝ない分夜眠くなるのが早まると思うので)

あと上の増田みたいなのは極論だから真に受けない方がいいよ。

田舎進学校不定形生活習慣、高校時代増田とか、過去自分共通点が多いかもっといろいろ話してやりてえって気持ちになる。強く生きてくれ

2018-11-08

anond:20181108173050

そういうことって、どういうこと? アマゾンでは商品はすべて人が手で掴んでいるはずだけど。ロボットが掴むものは人が詰めた専用箱だけ。つまり「箱と棚の間で不定形状の商品を移すロボット」として人間が使われてる。それ以外は全て自動

これは「棚と箱の間を受け渡すことは機械では困難」という証左でしょ。そしてただ掴んで移すだけなんて、「簡単仕事」の極みじゃないか自動車組み立てだってもっと複雑だ。

なのに、その世界で一番簡単仕事を完全手動のまま放置していることがアマゾンの強みなわけ。これが低賃金ほど難しい証拠じゃなかったらなんだってのさ。

anond:20181108172107

不定形不定重量などの非定型物はそもそもアマゾンロボ的なのじゃ運べねーじゃん。

倉庫業務に関しては、少なから機械で完結できる程度には入ってくる品物も出ていく品物に関しても定型物なんだろ。今は。

そうじゃない品物はアマゾン的な店では扱ってくれない、と。そういうことや。

2018-11-07

anond:20181107212504

知るか。

お前らフェミが男を叩くために生み出した変幻自在不定形お気持ち概念なんか相手にしてらんねー

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん