「train」を含む日記 RSS

はてなキーワード: trainとは

2021-07-18

ブルーハーツTRAIN-TRAINを口ずさむと

「見えない自由がほしくて 長官銃で撃ちまくる」

「素敵な来世がほしくて 財産すべて寄進する 本当のことはわかってないけど」

と歌いたくなるけどグッとガマン

2021-07-12

ひろゆきTwitterフランス語文を添削するよ

ひろゆきのフランス語レベルとサッカー選手の差別動画

って記事があって、書かれていることはだいたい同意できるんだけど、追記部分も含めてフランス語の誤りを書いていくよ。

書いている人はフランス語歴ちょうど20年でフランスに5年ちょっと住んで向こうの大学出て(licenceだけど☆爆)いまは日本フランス語教えてるよ。

増田に書くのははじめてだから、上手く使いこなせてなくてごめんね。あと長くなっちゃうけど許してね。

ひろゆきさんの質問ツイート全文

Les japonaises sont là pour changer la langue de PES. Est-ce que c'est possible que "la langue" indique un paramètre du jeu, pas de la parole japonaise.

Comme un débutant en français, je voudrais savoir pourquoi vous l’affirmez.

Je vous remercie de votre temps.

https://twitter.com/hirox246/status/1412384278990688256



スタンダードフランス語から見るとちょっと変かなってところを添削していくよ。

Les japonaises sont là

→ Les employés japonais étaient là

従業員男性だったように見えるので元増田追記で書いているように男性形にしたほうがいいよね。

でも、これは Japonais大文字にしてはダメだよ! 文頭大文字にして複数形+定冠詞 les は「日本人すべて」という総称意味になるからフランス語では特別ニュアンスがない限り国籍は小文字で書くよ。英語混同して初心者が間違いやすいところだよね。

pour changer la langue de PES.

→ pour changer de langue

changer も初心者が引っかかりやすい罠があるよね。deがないと「言語のものを変容させる」という意味なっちゃうから「別のものに取り替える」って意味で使うときは de を使うんだ。冠詞はいらなくなるよ。よく「電車を乗り換える」って言うときに 「changer la ligne」なんて言っちゃうけど、ただしくは changer de ligne や changer de train になるよ。

comme un débutant en français

→ Comme je suis encore débutant または En tant que débutant

commeを「〜なので」って理由として使う場合名詞グループのみではなくSVがいるよ。「〜として」っていう資格を言うなら冠詞抜きで Comme débutant, ってなるけど、資格だったら en tant que かな。でもここでは「フランス語がまだ上手くないので」ってやるなら Comme je suis encore débutantの方がいいかな。ちゃん自分初心者ってわかってて謙虚なんだね!

Est-ce que c'est possible que "la langue" indique un paramètre du jeu, pas de la parole japonaise.

この文も微妙だな〜。フランス語をある程度長くやっていたらこんな書き方しないよね。

Dans cette expression " Putain, la langue", est-ce possible de penser qu'il s'agit de la langue du système PES, non pas de la langue japonaise ?

って感じで書くとわかりやすいかもね。 あれ、はてな匿名ダイアリーフランス語カギカッコ (パロンテーズ)って表記できないの? Putain !

ちなみに、この la langueをPES言語設定って読み取っちゃうのは前後文脈を読めていないよね。フランス語力以前の問題としてさ。フランス語物事俯瞰して見る力や一方的でなく多面的物事分析して考える言語からひろゆきさんもちゃん勉強したらもっとわかるようになると思うよ!あ、フランス語だけじゃないよね、外国語勉強すると普通視野が広くなるからね!

あとさ、ces sales gueules の saleはたぶん「不愉快」って意味で使ってるから「シケたツラ」って感じで、従業員が困った顔してなかなか上手く行かないのに対するきっついジョークとして言ってるんだよね。でも、そのあと Putain la langue って言っちゃってるし、お前ら進んでんのか進んでないのかどっちなの?的なこと言ってるから人種差別って言われても仕方ないかもな。動画だと従業員の顔はよくわかんないから、「マジでブスだな」って意味可能性も否定できないよね。この件のコメントだとフローラン・ダバディさんの意見が一番しっくり来るよね。お里が知れるってやつ。でもうちら日本人がダバディさんのように出自に触れたコメント出しちゃうとまた「差別だ」ってことになっちゃうから悩ましいよな〜。

この従業員たち英語あんまり得意じゃなくて、デンベレたちに何が問題なのか全然説明していなかったんじゃないかな。欧米の人たちって、そういう説明をしないで内輪でごちゃごちゃやってるの嫌がるから皮肉っぽく 「あの言葉www 全然わかんねぇwww」的に Putain la langue は使ってると思うよ。どっちにしても、アジア言葉って彼らからするとやっぱ醜く聞こえちゃうから差別気持ちはあったかもね。でも小学生かよ!

je voudrais savoir pourquoi vous l’affirmez.

→ Je voudrais savoir la raison pour laquelle vous avez pensé que leurs propos étaient coupables. (彼らの発言がアウトだとあなたが考えた理由が知りたいです)

フランス人さんのツイートの方がひろゆきさんのツイートより前になるから過去形にしたほうがいいよね。中性代名詞 l'も何を指しているのかわかりにくいから、ちゃんと文にしたほうがいいよね。初心者はそういうところをきちんと言語化できる力が備わっていないから、動詞名詞化を勉強すると力がつくようになるよ!ひろゆきさんの得意な「言い換え力」にも磨きがかかると思うぜ!

Je vous remercie de votre temps.

→ Je vous remercie d'avance du temps que vous m'avez consacré. (あなたが私に費やしてくれた時間に予め感謝します)

あなた時間感謝します」だと意味不明になっちゃうからちゃんと文にしたほうがいいよね。この文を書いてる時点ではまだ「費やした」と過去にはなってないんだけど、結果費やすことになるから気にすんな。d'avance は par avance でもどっちでもいいよ。この文だと par の方が 前置詞 de が連続するのを回避できるから美しいかも。でもめんどうだから書き直さないよ。

総括

ひろゆきさんはあのレベルでも堂々とフランス語質問を書いて送っているから、その行動力はすごいなって思う。なんだかんだ「成功」する人はとりあえず1%努力して成功しているんだね!でも、初歩的なミスって「フランスでは」って話す人はあんまりしないほうがいいよね。あと、フランス人は稚拙文章でもミスが少ないほうを評価する傾向があるから、まずは基礎をしっかり固めるといいと思うよ!

増田もなにかミスをしているかもしれないから、達人の諸兄姉に直してもらえるとありがたいよ!長年やっている人はわかると思うけど、どんなに長く勉強していてもミスちゃうものからね。

増田フランス語が大好きだからフランス語を知らない人にフランス語がどんなにめんどくさくすてきな言葉かってことを伝えたいって思って書いたよ。フランス人がアジア差別をしているかってこととはまた別の話だよ。未だにアジア人を『タンタンシリーズで書かれているように見ている人もまだまだいるのは事実だよ。

ここまで読んでくれてありがとな!

追記

こんな記事言及してくれる人がいると思わなかったから読んでないと思うけど返事しておくよ!


こういう人がいるから、日本人は英会話ができなくなっていくのか


そうかもしれないね。こんな風にミスを指摘されたことに対して「あげつらってる!こわい!」って萎縮しちゃう気持ちもわかるけど、人のせいにしてると外国語は一生ものにできないよ。ひろゆきさんみたいに大胆に使ったもの勝ちだよ。日本人が英語を話せないのは英語を話さないからだよ。練習が圧倒的に足りないんだよ。みんな間違えながら覚えていくんだよ。でも全部自分で調べるの時間かかるから、わかる人に指摘してもらった方が早いじゃん!

あともし増田日本に住んでるフランス人だよって言ってたらこコメントしたのかな?ってちょっと思ったよ!まあいいけど、読んでくれてありがとね!

2021-07-11

ひろゆきTwitterフランス語文を添削するよ

ひろゆきのフランス語レベルとサッカー選手の差別動画

って記事があって、書かれていることはだいたい同意できるんだけど、追記部分も含めてフランス語の誤りを書いていくよ。

書いている人はフランス語歴ちょうど20年でフランスに5年ちょっと住んで向こうの大学出て(licenceだけど☆爆)いまは日本フランス語教えてるよ。

増田に書くのははじめてだから、上手く使いこなせてなくてごめんね。あと長くなっちゃうけど許してね。

ひろゆきさんの質問ツイート全文

Les japonaises sont là pour changer la langue de PES. Est-ce que c'est possible que "la langue" indique un paramètre du jeu, pas de la parole japonaise.

Comme un débutant en français, je voudrais savoir pourquoi vous l’affirmez.

Je vous remercie de votre temps.

https://twitter.com/hirox246/status/1412384278990688256



スタンダードフランス語から見るとちょっと変かなってところを添削していくよ。

Les japonaises sont là

→ Les employés japonais étaient là

従業員男性だったように見えるので元増田追記で書いているように男性形にしたほうがいいよね。

でも、これは Japonais大文字にしてはダメだよ! 文頭大文字にして複数形+定冠詞 les は「日本人すべて」という総称意味になるからフランス語では特別ニュアンスがない限り国籍は小文字で書くよ。英語混同して初心者が間違いやすいところだよね。

pour changer la langue de PES.

→ pour changer de langue

changer も初心者が引っかかりやすい罠があるよね。deがないと「言語のものを変容させる」という意味なっちゃうから「別のものに取り替える」って意味で使うときは de を使うんだ。冠詞はいらなくなるよ。よく「電車を乗り換える」って言うときに 「changer la ligne」なんて言っちゃうけど、ただしくは changer de ligne や changer de train になるよ。

comme un débutant en français

→ Comme je suis encore débutant または En tant que débutant

commeを「〜なので」って理由として使う場合名詞グループのみではなくSVがいるよ。「〜として」っていう資格を言うなら冠詞抜きで Comme débutant, ってなるけど、資格だったら en tant que かな。でもここでは「フランス語がまだ上手くないので」ってやるなら Comme je suis encore débutantの方がいいかな。ちゃん自分初心者ってわかってて謙虚なんだね!

Est-ce que c'est possible que "la langue" indique un paramètre du jeu, pas de la parole japonaise.

この文も微妙だな〜。フランス語をある程度長くやっていたらこんな書き方しないよね。

Dans cette expression " Putain, la langue", est-ce possible de penser qu'il s'agit de la langue du système PES, non pas de la langue japonaise ?

って感じで書くとわかりやすいかもね。 あれ、はてな匿名ダイアリーフランス語カギカッコ (パロンテーズ)って表記できないの? Putain !

ちなみに、この la langueをPES言語設定って読み取っちゃうのは前後文脈を読めていないよね。フランス語力以前の問題としてさ。フランス語物事俯瞰して見る力や一方的でなく多面的物事分析して考える言語からひろゆきさんもちゃん勉強したらもっとわかるようになると思うよ!あ、フランス語だけじゃないよね、外国語勉強すると普通視野が広くなるからね!

あとさ、ces sales gueules の saleはたぶん「不愉快」って意味で使ってるから「シケたツラ」って感じで、従業員が困った顔してなかなか上手く行かないのに対するきっついジョークとして言ってるんだよね。でも、そのあと Putain la langue って言っちゃってるし、お前ら進んでんのか進んでないのかどっちなの?的なこと言ってるから人種差別って言われても仕方ないかもな。動画だと従業員の顔はよくわかんないから、「マジでブスだな」って意味可能性も否定できないよね。この件のコメントだとフローラン・ダバディさんの意見が一番しっくり来るよね。お里が知れるってやつ。でもうちら日本人がダバディさんのように出自に触れたコメント出しちゃうとまた「差別だ」ってことになっちゃうから悩ましいよな〜。

この従業員たち英語あんまり得意じゃなくて、デンベレたちに何が問題なのか全然説明していなかったんじゃないかな。欧米の人たちって、そういう説明をしないで内輪でごちゃごちゃやってるの嫌がるから皮肉っぽく 「あの言葉www 全然わかんねぇwww」的に Putain la langue は使ってると思うよ。どっちにしても、アジア言葉って彼らからするとやっぱ醜く聞こえちゃうから差別気持ちはあったかもね。でも小学生かよ!

je voudrais savoir pourquoi vous l’affirmez.

→ Je voudrais savoir la raison pour laquelle vous avez pensé que leurs propos étaient coupables. (彼らの発言がアウトだとあなたが考えた理由が知りたいです)

フランス人さんのツイートの方がひろゆきさんのツイートより前になるから過去形にしたほうがいいよね。中性代名詞 l'も何を指しているのかわかりにくいから、ちゃんと文にしたほうがいいよね。初心者はそういうところをきちんと言語化できる力が備わっていないから、動詞名詞化を勉強すると力がつくようになるよ!ひろゆきさんの得意な「言い換え力」にも磨きがかかると思うぜ!

Je vous remercie de votre temps.

→ Je vous remercie d'avance du temps que vous m'avez consacré. (あなたが私に費やしてくれた時間に予め感謝します)

あなた時間感謝します」だと意味不明になっちゃうからちゃんと文にしたほうがいいよね。この文を書いてる時点ではまだ「費やした」と過去にはなってないんだけど、結果費やすことになるから気にすんな。d'avance は par avance でもどっちでもいいよ。この文だと par の方が 前置詞 de が連続するのを回避できるから美しいかも。でもめんどうだから書き直さないよ。

総括

ひろゆきさんはあのレベルでも堂々とフランス語質問を書いて送っているから、その行動力はすごいなって思う。なんだかんだ「成功」する人はとりあえず1%努力して成功しているんだね!でも、初歩的なミスって「フランスでは」って話す人はあんまりしないほうがいいよね。あと、フランス人は稚拙文章でもミスが少ないほうを評価する傾向があるから、まずは基礎をしっかり固めるといいと思うよ!

増田もなにかミスをしているかもしれないから、達人の諸兄姉に直してもらえるとありがたいよ!長年やっている人はわかると思うけど、どんなに長く勉強していてもミスちゃうものからね。

増田フランス語が大好きだからフランス語を知らない人にフランス語がどんなにめんどくさくすてきな言葉かってことを伝えたいって思って書いたよ。フランス人がアジア差別をしているかってこととはまた別の話だよ。未だにアジア人を『タンタンシリーズで書かれているように見ている人もまだまだいるのは事実だよ。

ここまで読んでくれてありがとな!

2021-06-01

anond:20210601124926

last stop」とか「this train is for Hiyoshi.」って表現は聞くけど。


Last Christmas」は

X 最後クリスマス

O 去年のクリスマス



なっ!

2021-05-31

anond:20210531180126

ブコメ

グリーン車の前でこれ横浜行く?とか。行くけど、グリーン券持ってないとここのドアからは乗れねえぞが説明できない


Yes, this is the right train. But, you need a special ticket for THIS car.

2021-05-26

本日フランス人との会話

....仕事の話とかよもやま話をした後、また日本は清潔でルールを守るお国柄という話になった

仏「増田よ、日本レストランに入って椅子に座って、最初にすることは何だ?」

増「?水飲む?」

仏「水飲む前に!あるだろ、プラスティックに包まれた清潔なティスューが!あれで手ぇ拭くだろ!」

増「全部のレストランがそうなわけじゃn

仏「ほとんど全てといって過言ではない。フランスではまずそんなものはない。日本は清潔だしマスク抵抗ないし、よく規則を守る。

からcovidが抑え込まれているんだ。19日水曜のフランスの素敵な有様を俺はお前に既にお伝えしていたっけか?」

増「いんや」

仏「見ろ。https://www.youtube.com/watch?v=sekiCpYASd0

増「(...絶句)」

仏「増田よ、これがフランスだ。ロックダウンが解除になったことをこのように祝うのが我らフランス人流儀だ。清潔じゃないしマスクはしないし、規則は守らない。異論はあるか?」

増「...euh..」

仏「フランス人なら顎にマスクを付けててもコロナに罹らないという科学的な統計はあったっけな?だがしかし世の中は皮肉だな。フランスはこんな有様にもかかわらず感染者は減少の一途をたどっている」

増「良かったじゃん!やっぱワクチン大事なんだね!」

仏「今までが多すぎたんだっつーの。それに秋になって見なけりゃわからん。去年だって5月になったら急激に感染者数は減ったんだ。そして去年の秋には激増した。今年の秋に激増しなかったとならなければワクチンのおかげとは言えん。単純に天候に左右されるのかもしれん。まあ政府はこれみよがしに「ワクチンすげえ!ワクチン最高!」とかのぼせてるけどな。ただまあ、正直にいってフランス人も少しは清潔になったのは間違いないだろう。その証拠に毎年冬になれば胃腸炎患者がアホみたいな数にのぼっていたが、去年のノエルは劇的に減った。」

増「すげえじゃん!」

仏「それだけフランス人は今まで不潔だったし公衆衛生観念が遅れてたってことさ。日本に少しだけ追いついたってところだな」

増「でも日本ガンガン増えてるけどね」

仏「変異株とか人種の違いなどがあるのかも知らんが確かなことは何もわからない。そう、何も確かじゃないから、俺はワクチンは打たない。アストラゼネカなんざ悪魔に食わせとけばいい」

増「ただそれでも日本オリンピックに執着しすぎだよ。海外から来た人で隔離期間守らなかった人は罰として公表するとか言い出したし」

仏「むしろ今まで日本政府はよくそれを抑制したと言いたい。今フランスワクチンパスポートなどで個人自由制限に絶賛邁進中だ。まあルールが厳しくなってもフランス人は誰もまともにルールを守らないので今のところ美しい調和が保たれているがな。むしろ日本は、政府公表を伏せてもネットリンチが酷すぎるだろう。ルールを守るのは結構だが、そのフラストレーションネットリンチに向かってるように思えてならんな」

増「日本だって問題は山積みだよ」

仏「それはどの国でも同じことだ。清潔な政府なんてのは存在しないんだよ」

増「それな」


今日覚えた単語

quarantaine:40。又は隔離。40だけど隔離期間は14日とか。

s'apprêter:en train deと同じ

en provenance de:~from。地理的なdepuis。反対はà destination de。fromとtoなのに長し。

passoire:ザル。フランス海外渡航者のquarantaineのこと。

indiquer:指し示すとおぼえていたが、報告するっぽいニュアンスかも。

2021-05-05

anond:20210429170010

I step off the train

I'm walking down your street again

And past your door

I guess you don't live there anymore...

2021-03-15

anond:20210315145407

A列車で行こう」なんだからどう考えても固有名詞でしょう。

You must take the "A" train

To go to Sugar Hill way up in Harlem

If you miss the "A" train

You'll find you missed the quickest way to Harlem

Hurry, get on, now it's coming

Listen to those rails

anond:20210315144711

長年悩んでたみたいで言うのが躊躇われるけどそのA trainは単にジャズナンバーtake the A trainリファーしてるのでは?

A列車ニューヨーク地下鉄ハーレムとかを通る路線。だったはず。

『うっせぇわ』の「エイデイ」についての調査ログ

【海外の反応】強面な外国人ニキがAdoの「うっせぇわ」聴いたリアクション!!【USSEEWA reaction】【The First Take】【ザファーストテイク】【ボカロ 】【ボーカロイド】

を見ていたら「エイデイ」にものすごい驚いて「日本スラングは事前に勉強してたんだけど…エイデイときたか!」みたいな反応をしている。

twitter 検索をする感じでは日本口語圏では

1. 謎

2. everyday の略

3. HIPHOP で使われているスラング errday = everyday

みたいな理解のようである

しかし 2 に関しては "everyday abbr" とか "everyday abbr urban dictionary" とかで検索しても何も出てこない。

3 の errday に関しては表記法が変わるだけで発音は everyday と変わらないらしい link

あともし字面どおり読んだとしても「エァーデイ」に近い発音になる(definitions.net)。

syudou 氏のtwitter検索してみたが特にエイデイには言及していなかった。 

 

 

この2段落無意味だった。

それで eiday eidei あたりを手当たりしだいに検索していると "A-Day" というワード出会う。

これは空軍の導入日だったり、歴史的文脈ではビキニ環礁での核実験を透過した日のことらしい(1946/7/1)

 

ところでエリントンの曲やジミヘンの曲に出てくる A train は「ア・トレイン」ではなく「エイトレイン」と発音されている。

この A は一体何なんだろうなと昔から思っていた。冠詞ではない。ネイティブオーライングリッシュが変化していていっていて、

冠詞の a を「エイ」と発音するようになっていたのだとしても歌詞全体として「ある列車」では意味が通らないのだ。

エリントンの方は歌詞を覚えていないがジミヘンの方は「here my A train is coming.」だし(覚え間違いで「here my train A comin'」だった)。

大文字のAを「エイ」と読むことによって「例の」という意味とする感覚があるのではないかと思う。

「X-day」だと日本でも割と人口膾炙していると思う。

 

 

再び『うっせぇわ』に戻る。

「あてもなくただ混乱する」という事態が起きているのが複数の日(何らかの形で everyday に帰着する説)なのか「例の日」なのかでどっちか変わる。

しか前後歌詞を見るに「その日」を特定する情報はなく、この歌詞の語り手にとって普遍的なことのように思われる。

 

 

ここまで調べたがもうわからないので考えるのをやめることにした。

-----

日本ラッパーで eyday の用例を確認

ACE COOL - EYDAY

twitter で「eyday lang:en」を試したがツイートの内容がチャット英語という感じでよくわからない。

----

トラバにある通り urban dictionary範囲で "everyday の省略としての a day"がある模様(トップしか見てなかった)。

2020-12-19

[] 「立ち往生」は不適切

クリスマスシーズン」を「ホリデイシーズン」と言い換えるように、宗教的ニュートラル表現が求められる昨今、

「立ち往生」も不適切ではあるまいか

英語だとなんて言うんだろ?

Weblio和英辞書 - 「立ち往生」の英語英語例文・英語表現

https://ejje.weblio.jp/content/%E7%AB%8B%E3%81%A1%E5%BE%80%E7%94%9F

get stuck”とか“stalled”、スタックとかストールだと外来語的には車両単体の状態っぽいイメージ

列車大雪のために立ち往生した。」

“The train was snowed up.”

“snowed up”ってまんまな表現があるのね。

「雪った」「雪られた」みたいな?

2020-07-25

anond:20200724201858

2-3作品しか覚えてねー

5年か6年生の時読んだ、夢破れた青年が夕暮れの中駅のホームに立ち故郷に帰る、

パットメセニーLast Train Homeみたいな短編がそのわずかな記憶の一つ

2020-06-28

波よせて Waves

Natural phenomenon like the waves at shore, the fall and the wind, or transportations like a train and an airplane, or musical instruments, or an animal these things attracts us with those sounds.

I hardly moved by a tiny brook in a cities at all because flows without strong sound like a river. Also even though staying beach at midnight makes me calm beside fear for darkness. It caused sound of endless wave.

While across, I saw a scenery there is nothing to obstruct to the sky, driving on alley, into the tunnel. I heard the sound. Clean white splash is coming and going. Realized there is no wave looks like same before. Think over the offshore far away, one day I melt into the sand of shore.

2020-05-27

SNS誹謗中傷なんて昔から人を傷つけてきた

弱い者達が夕暮れ さらに弱いものをたたく

その音が響きわたれば ブルースは加速していく

THE BLUE HEARTS TRAIN-TRAINより引用

2020-04-01

A reporter from your company has arrived home by train.

 

2020-03-30

nts fiercely opposed their relationship; her father announced to her one evening that she would continue her education in England and that he had bought her a train ticket, the journey to take place the following day.[26] Bardot reacted by putting her head into an oven with open fire; her parents stopped her and ultimately accepted the relationship, on condition that she marry Vadim at the age of 18.[27]

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ru-tu/community/posts/360060280192--Место-под-солнцем-32-серия-31-03-2020-смотреть-онлайн-в-хорошем-качестве-

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ru-tu/community/posts/360060185931-31-03-2020-Корни-19-серия-смотреть-качество-HD-

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ru-tu/community/posts/360060186431--Колл-центр-5-серия-31-03-2020-хорошее-качество-смотреть-от-31-марта-

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ru-tu/community/posts/360060185991-31-03-2020-Тайная-любовь-3-серия-хорошее-качество-смотреть-от-31-марта

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ua-tu/community/posts/360060185931-31-03-2020-Корни-19-серия-смотреть-качество-HD-

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/en-us/community/posts/360060186571-31-03-2020-Тайная-любовь-4-серия-смотреть-качество-HD-от-31-марта

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ru-tu/community/posts/360060186691-31-03-2020-Три-капитана-4-серия-качество-HD-

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ua-tu/community/posts/360060186791-31-03-2020-Заступники-6-серия-в-хорошем-качестве-

https://apprisspmpclearinghouse.zendesk.com/hc/ru-tu/community/posts/360060186831--Колл-центр-9-серия-31-03-2020-смотреть-онлайн-в-хорошем-качестве-

2020-03-23

anond:20191220073648

I am currently working at a factory in a department where I work day shift and night shift. My workplace is in the countryside, where the nearest station is a station where only regular trains stop, and I live in a cheap apartment near a station where only regular trains stop. If I work the night shift, I have to wait for the train for 30 minutes no matter when it ends.

I once hated these 30 minutes.

Factory work is boring. It just repeats the same process. The only way I can cope with boredom is to think while working, or to take advantage of the noisy environment and sing at a decent volume. I didn't want to spend 30 minutes of idle time after such boredom was over, I wanted to go home early, eat, drink and go to bed, and I had no other feelings.

About this time last year, I started writing down things I'd been thinking about in my workday when I was bored, as a 30-minute reprieve from boredom. I am not a smart man, as many factory workers probably are. The longest I've ever written is perhaps a two-page, one-line book report.I struggled to come up with the best way to express myself while I was on shift, and I wrote it down while smoking a cigarette in the smoking area near the station. I can write about 1,000 or 2,000 words, more than three times the length of two pages and one line, without any difficulty.

Thus, I started to use these 30 minutes only for writing. Since then, I've spent my days finding something to write about for those 30 minutes, figuring out how to write it during my shift, and actually writing it while waiting the train.

I got a glimpse of the joy of writing freely, writing words that no one else will ever know.

And now, for the first time, I'm writing with the intention of getting others to read it.

On the first day of December, it was decided that I would be reassigned to a department that did not have a night shift, starting in April. It's a full-time day job that I've been waiting for for the last year, but after April I might be away from writing. When I thought about this, I felt the urge to have someone else read my writing.

I started this writing on December 2, 9 night shifts = 4.5 hours, so far about 800 words. Oddly enough, it's close to two pages and one line. The moment I want someone to read my writing, I find it very difficult to write. However, I'm proud to say that this text makes a lot more sense than the two pages and one line I once wrote, and above all, I was never bored while writing it.

I wonder if I will still be writing since April. We won't know that until the time is right. However, I will say this.

I now love to wait 30 minutes for the train after my night shift.

anond:20191220073648

I am currently working at a factory in a department where I work day shift and night shift. My workplace is in the countryside, where the nearest station is a station where only regular trains stop, and I live in a cheap apartment near a station where only regular trains stop. If I work the night shift, I have to wait for the train for 30 minutes no matter when it ends.

I once hated these 30 minutes.

Factory work is boring. It just repeats the same process. The only way I can cope with boredom is to think while working, or to take advantage of the noisy environment and sing at a decent volume. I didn't want to spend 30 minutes of idle time after such boredom was over, I wanted to go home early, eat, drink and go to bed, and I had no other feelings.

About this time last year, I started writing down things I'd been thinking about in my workday when I was bored, as a 30-minute reprieve from boredom. I am not a smart man, as many factory workers probably are. The longest I've ever written is perhaps a two-page, one-line book report.I struggled to come up with the best way to express myself while I was on shift, and I wrote it down while smoking a cigarette in the smoking area near the station. I can write about 1,000 or 2,000 words, more than three times the length of two pages and one line, without any difficulty.

Thus, I started to use these 30 minutes only for writing. Since then, I've spent my days finding something to write about for those 30 minutes, figuring out how to write it during my shift, and actually writing it while waiting the train.

I got a glimpse of the joy of writing freely, writing words that no one else will ever know.

And now, for the first time, I'm writing with the intention of getting others to read it.

On the first day of December, it was decided that I would be reassigned to a department that did not have a night shift, starting in April. It's a full-time day job that I've been waiting for for the last year, but after April I might be away from writing. When I thought about this, I felt the urge to have someone else read my writing.

I started this writing on December 2, 9 night shifts = 4.5 hours, so far about 800 words. Oddly enough, it's close to two pages and one line. The moment I want someone to read my writing, I find it very difficult to write. However, I'm proud to say that this text makes a lot more sense than the two pages and one line I once wrote, and above all, I was never bored while writing it.

I wonder if I will still be writing since April. We won't know that until the time is right. However, I will say this.

I now love to wait 30 minutes for the train after my night shift.

( ・3・) クラシック好きの上司ディランを聴きたいと言いだして 2

https://anond.hatelabo.jp/20200322025040

第二スタン


They walked along by the old canal

A little confused, I remember well

And stopped into a strange hotel

With a neon burnin’ bright

He felt the heat of the night

Hit him like a freight train

Moving with a simple twist of fate [2]


――では、第二スタンザに進みます。どうぞ。

( ・3・) ふたりは古い運河に沿って歩いた。少しまごついていたのをわたしはよく覚えている。そしてふたりネオンの輝く奇妙なホテルに入った。

――「奇妙なホテル」とは?

( ・3・) ホールフランク・ザッパ蝋人形でも飾ってあったんじゃないか? ああ、この strange というのは unfamiliar ということだな。――ネオンの輝く見知らぬホテルに入った。彼は夜の熱気に打たれるのを感じた。まるで運命のひとひねりと共に走る貨物列車がぶつかってきたようだった。

――はいどうでしょう

( ・3・) 夕暮れの公園にいたふたりが歩きだす。ネオンが光っているから、あたりはもうすっかり暗くなったんだろうな。「わたし」の記憶によると、少しまごついていたようだが……。

――「わたし」が出てきましたね。

( ・3・) ふたりの背後に忍びよる謎の人物……。落ち着かない心の内までお見通しとは、たいした観察力だ。

――……。

( ・3・) いや、分かってるよ。賢明なる読者諸氏ならば、「わたし」の正体は説明せずともお分かりになるはずだ、ってことだろ? 分からないとおかしい。ナボコフの『   』を読んで、「   」と「   」とが同一人物だと気づかないようなものだ。

――『   』は読んでいないのですが……。

( ・3・) だから少しは本を読めって。ただしまともな本だぞ。『死にたくなければラ・モンテ・ヤングを聴きなさい』みたいなのは読書カウントされないからな。

――話を元に戻しましょう。

( ・3・) 三人称物語だったはずなのに、一人称の「わたし」がぱっと現れて、さっと消える。聴き手は混乱するんだけど、何事もなかったかのように、彼と彼女との物語が続いていく。

――はい。人称の問題は後で見直すとして、脚韻についてはどうでしょう

( ・3・) 1行目と2行目、canal と well母音が合っていないんじゃないか

――子音しか合っていません。脚韻は、強勢の置かれた母音以降の音が一致しないといけないので、この箇所は韻を外していることになります。そのうえ、1行目と2行目とでは旋律も違います

( ・3・) 違ったっけ。

――違うんです。第一タンザでは、1行目・2行目・3行目はきれいに韻を踏んで、旋律も同じかたちでした。ところが、第二スタンザでは、1行目・2行目で母音が揃わず、canal は上昇する旋律、well は下降する旋律です。というか、"I remember well" のところは、はっきりした音程がありません。そこだけ語りのようになっています

( ・3・) 例の「わたし」が出てくるところだな。ひょっとしたら、わざと韻を外して、旋律も外して、「わたし」に対する違和感を際立たせようとしているんじゃないか

――わざとかどうかは分かりませんが、定型から逸脱することで、聴き手の注意を喚起する効果はあると思います

( ・3・) となると、韻を踏まないことにも意味がありうるわけだ――あれ、6行目と7行目、trainfate も韻を踏んでいないぞ。

――6行目は train ではなく freight train の freight が脚韻にあたります

( ・3・) まず列車概念があって、それからより具体的には貨物列車、という思考の流れではないんだな。まずフェイトという音の響きがあって、その響きが無意識言葉の渦からフレイトをひっぱり出してくる。それから列車概念フレイトにくっついてやってくる。意味が音を追いかけているみたいで面白いな。

第三スタン


A saxophone someplace far off played

As she was walkin’ by the arcade

As the light bust through a beat-up shade

Where he was wakin’ up

She dropped a coin into the cup

Of a blind man at the gate

And forgot about a simple twist of fate


( ・3・) どこか遠くでサックスを吹いている人がいた。――これは順番をひっくり返さないとうまくいかないな。――彼女がアーケイドを歩いていると、どこか遠くからサックスが聞こえてきた。くたびれた日よけから光が差し込み、彼は目を覚ました。

――まだ覚ましてはいません。

( ・3・) ――彼は目を覚ましつつあった。彼女は門のところで盲人のカップコインを入れた。そして運命のひとひねりのことは忘れてしまった。

――はいどうでしょう

( ・3・) 夜から朝になった。どこか遠くでサックスを吹いている人がいる。時を同じくして、彼女はどこかへ歩いていく。そしてまた時を同じくして、夢うつつで横になった彼の部屋に光が差す。一行ごとに場面が切り替わって、映画みたいだ。

――as が場面転換の役割果たしてます

( ・3・) どこかへ歩いていく彼女は、そのまま消えてしまう。盲人のカップコインを入れる、というのが何か象徴的な行為なんだな、きっと。運命、盲人、テイレシアス、と連想が働くせいでそう感じるのかもしれないが。

――何を象徴しているんですか?

( ・3・) 何かをだよ。メルヴィル白鯨は何を象徴しているんだ?

――何かをですね。

( ・3・) そう。ある行為対象が何を意味するのか一義的に定まらないとき、その行為対象象徴性を帯びるんだ。ひとつ賢くなったな。

――とはいえ、門のところの盲人は運命を告げるわけではなく――

( ・3・) それどころか、彼女運命のひとひねりなんて気にしてないんだな、ちっとも。

――強い。

( ・3・) 強い。運命抗う者は悲劇的な最期を遂げるが、運命に関わらない者はいつまでも幸せに暮らすんだ。――じゃあ、ありがたい教訓も得られたことだし、次に進もうか。

――その前にひとつだけ。わたし面白いと思うのは、彼女が去っていくのを誰も見ていない点なんです。まず、どこか遠くのサックス奏者は物語に関与しない。

( ・3・) 音だけの出演。

――部屋では彼はまだ寝ている。そして門のところの盲人には――

( ・3・) 彼女は見えない。なるほど、興味深い指摘だ。きみ、名前は?

――……。

( ・3・) 名前は?

――アルトゥーロ・ベネデッティミケランジェリです。

( ・3・) アルトゥーロ、ありがとう。そんなところにも彼女の強さというか、優位性が表れているのかもしれないな。

第四スタン


He woke up, the room was bare

He didn’t see her anywhere

He told himself he didn’t care

Pushed the window open wide

Felt an emptiness inside

To which he just could not relate

Brought on by a simple twist of fate


――ハーモニカの間奏を挟んで、ここからは後半です。彼と彼女とがいっしょにいる、あるいは少なくとも近くにいるのが前半でしたが、ディラン先生ハーモニカを聴いている間に、彼女のいた世界彼女のいなくなった世界に変わってしまいました。――では、どうぞ。

( ・3・) 彼が目を覚ますと、部屋は熊だった。

――クマ

( ・3・) 「かすみの間」「うぐいすの間」みたいに、「グリズリーの間」だったんだよ。泊まった部屋の名前が。

――真面目にやりましょう。

( ・3・) 彼が目を覚ますと、部屋は空っぽだった。彼女はどこにもいなかった。どうってことはないと自分に言い聞かせ、彼は窓を大きく押し開いた。心の内に虚しさを――

――虚しさを?

( ・3・) 虚しさを感じた。で、その虚しさというのは、彼がどうしてもリレイトできない――

――He just could not relate to an emptiness inside ということです。

( ・3・) どうしても関わることのできない虚しさ?

――辞書を引きますか?

( ・3・) おまえが引きたいというのなら。

――ランダムハウスにちょうどいい例文が載っています。I can’t relate to the new music of Miles Davis. マイルス・デイヴィスの新しい音楽わたしにはしっくりこない。――1972年に『オン・ザ・コーナー』を聴いた人はそう感じたかもしれません。そもそも1967年の『ソーサラーからして、もう調性は不

( ・3・) 自分自身の虚しさとうまくつきあっていけない、と考えればいいのか。――どうしてもなじむことのできない虚しさを感じた。運命のひとひねりによってもたらされた虚しさを。

――はいどうでしょう

( ・3・) さっき "he was wakin' up" のところで「まだ目を覚ましてはいない」って添削が入ったのは、このスタンザの "He woke up" が念頭にあったからなんだな。

――そうです。ここではっきりと目を覚ます

( ・3・) 彼女はいなくなっている。大丈夫だと自分に言い聞かせるってことは、大丈夫ではないわけだ。窓を開けたら心の内に虚しさを感じた、のくだりはなんだか分かる気がするな、感情の流れが。ぐっときたぜ。

――まず部屋が空っぽだという状況が語られる。でも本当に言わんとしているのは、彼の内面空っぽになったことです。開いた窓のところに立って外と内とを画定することで、内面という言葉自然に導かれています

( ・3・) きみ、名前は?

第五スタン


He hears the ticking of the clocks

And walks along with a parrot that talks

Hunts her down by the waterfront docks

Where the sailors all come in

Maybe shell pick him out again

How long must he wait

Once more for a simple twist of fate


( ・3・) 時計がチクタクいうのが聞こえる。言葉を話すオウムを連れて歩く。水夫たちがやってくる港で彼女を捜す。また彼女が彼を見つけてくれるかもしれない。どれだけ待たなければならないのか。もう一度、運命のひとひねりが生じるのを。

――はいどうでしょう

( ・3・) 時計の音が聞こえてくるのにあわせて、時制が現在形になった。ここからは彼にとってまだ過去出来事ではないんだな。

――彼女のいない現実が、一秒ごとに動かしがたいものになっていく。コンクリートが固まるみたいに。

( ・3・) 「言葉を話すオウムを連れて歩く」は何を意味するんだ? アメリカ文学で鳥がしゃべるといったら、ポウの「ザ・レイヴン」だな。死に別れた恋人天国で再会できるだろうかと訊くと、鳥は「二度とない」と予言するんだ。

――このオウム実在するんでしょうか? どこからともなく現れましたが。

( ・3・) そこを疑うの? 「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました」「エヴィデンスは?」みたいなものじゃないか

――いえ、そうではなく、おそらく肩の上、耳元でオウムが話しているわけですよね、彼女を捜して歩いている間ずっと。それは暗喩ではないかと思うのですが。

( ・3・) おじいさんは暗喩としての山へ暗喩としての柴刈りに行きました。

――「周囲の人たちの話が、オウム言葉のように空疎に聞こえてしまう」を暗喩的に言い換えると「言葉を話すオウムを連れて歩く」になりませんか?

( ・3・) 心ここにあらずだから、「よう、調子はどうだい?」と声をかけられても、「ヨウ、チョウシハドウダイ」と聞こえるわけか。まあ、そうかもしれないな。

――次は最後のスタンザです。

第六スタン


People tell me it’s a sin

To know and feel too much within

I still believe she was my twin

But I lost the ring

She was born in spring

But I was born too late

Blame it on a simple twist of fate


( ・3・) 内面を知りすぎてはいけない、感じすぎてはいけないと人は言う。わたしは今でも信じている。彼女わたし双子だったと。しかしわたしは指輪をなくしてしまった。彼女は春に生まれたが、わたしは生まれるのが遅すぎた。運命のひとひねりのせいで。

――はいどうでしょう

( ・3・) 「わたし」が出てきたな。二番目のスタンザでは存在をちらっと匂わせる程度だったが、ようやく正体を現した。

――もう自分が誰であるかを隠すことはない。

( ・3・) そう。三人称過去のかたちで物語が始まり彼女がいなくなって時計の秒針が意識に上ったときから三人称現在になる。そして今、一人称現在で「わたし」=「彼」が胸の内を明かしている。

――すべて過去形で書くこともできたし、すべて三人称、あるいは一人称で書くこともできたと思うんですが、どうしてそうしなかったんでしょう?

( ・3・) なんだか「学習の手引き」みたいになってきたな。時制が変わるのは、彼女の不在が彼にとって現在出来事でありつづけているから。人称が変わるのは――そうだな、最後のスタンザの心情は、客観的に、距離をおいて語れないんじゃないか。まだ傷が生々しくて。

――第四スタンザの「部屋は空っぽだった」から「窓を大きく押し開いた」のあたりはハードボイルド流儀で、あまり感傷的にはなるまいという抑制が働いているんですが、最後のスタンザになると――

( ・3・) 抑制が外れて、ついでに三人称仮面も外れる。他人物語であるかのように体裁を保っていたのが、保てなくなる。こういう効果を生むためには、人称の変化が必要だったんだな。

小休止

( ・3・) はっさく匂いは猫たちには不評だな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん