「お彼岸」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お彼岸とは

2019-08-20

今日ものすごい涼しい

24度か…。

あと数日くらいで暑さも終わると思うけど、

お彼岸までこれくらい続いてくれたら最高だな…

2019-08-16

anond:20190816231401

十三参りは知らないけど母方の女紋なら男の俺でも知ってるよ

菩提寺は毎年二回のお彼岸でお世話になってるしこれからさき墓守り継ぐことになるだろうから知ってないとヤバいやつ

氏子はどうだろうな~?でも最低限お宮参りがどこだったかぐらいは親に聞いて知ってるよね?

2019-03-15

anond:20190315213657

おしゃれで品のいいおばあさまですね。もうすぐお彼岸だ。おはぎ食べてお線香あげましょう。

2018-09-26

お彼岸

現実トレースするような夢なんて見たことがなかった。

年齢も性別も何もかも、自分じゃない「視点」で世界が展開する。

あり得ない美しさ。

たこともないそこへ。

映画より絵画より奇想天外な夢。

たいがいは、目覚めたとき現実がっかりはしないけれど

夢の世界のほうがずっと美しく自由だと感じていた。

現実逃避としての夥しい読書映画の賜物)


父が亡くなってもう5年にもなるのに

それから夢に、時々父が来る。

まり「どこの誰でもない私」ではなく

現実の私を夢でも視るようになった。

パースおかしいやたら広い、アニメのような教室

昼下がりなのか、夕方なのか、もう夜なのか判らない。

女子校育ちなのに、教室には2-3人の男子がいる。

(この人たちは知らない。かれらも私を知らないかもしれない)

帰り支度をしている。

その寂しそうにしているその人物に、

一緒に帰ろうか?と声をかけた

すると俯いて佇んでいた人が泣きそうな、何とも言えない表情をして

嬉しいような、感動したかのような、目を潤ませてこちらを見た。

一緒に帰ろうか。

あ、なんで声をかけたのかわかった。この人はお父さんだ。

働き盛りの頃の記憶の中の父だ。

凄く嬉しそうだった。

そして申し訳なさそうだった。



一緒に帰ろう、お願いだから

そういって東京

私の独り暮らしを、

強制的に終わらせて、連れ帰ったのも父だった。

私は帰りたくなかった。

東京暮らしから、帰った時

一番うれしそうで、嬉しいと言って踊ったりする父。

東京にいたとき

母が寂しがっているから、母が寂しいと言っていると

毎日電話かかってきたけど、

私を強引に連れ帰って、帰ろうと言ったのは父だった。

一番喜んでいたのも、父だった

お彼岸なので私の夢の中に、帰ってきたのかな。

台風が来るようだけれど

お供え物を買いに行ってこようかと思う。

落ちも何もない。


お帰りなさい。

2018-09-24

anond:20180924190046

💃マジ??いいな。

しかし残念ながら今ってお盆じゃなくてお彼岸真っ盛りなんです

2018 彼岸 (日本).

開始:9月20日木曜日

終了:9月26日水曜日

2018-08-14

anond:20180814140443

跡取以外の、郷里を離れた兄弟姉妹を定期的に呼び戻すための行事みたいになってます

お盆お彼岸

うちも、お墓参りにお掃除にしに行きたいけどこの炎天下、きつい~。

2018-03-19

お彼岸にはご先祖様は帰ってこないか

先祖様が帰ってくるのはお盆から

2017-11-04

anond:20171104172408

お彼岸からずっと、10月末ごろまで。絶不調でした。

霊感とか特にないと思うけど、ちょっと疑ってる霊現象

あるものを借りてて、それ返却して数日で激痛から徐々に回復してきたのです。

生活に支障あるほどでした。あまり画像診断とかしたくなくて(これまでに他の診断でCT撮ってるから

立って歩くのは出来たので歩くのはしてたけど、本当にもう今月になってまだ痛みが引かなければ、受診予定でした。

しゃがむ掃除がやっと出来るように。

2017-10-31

行事

クリスマス大晦日年越しそば)→正月おせちお雑煮)→節分恵方巻)→バレンタインチョコレート

というコンボ鉄板として、そこから先が続かない。

3月行事といえば、ひな祭りちらし寿司ホワイトデーマシュマロ、というくらいか

4月なら、たとえば花見の季節には桜飯だとか、そういう工夫が今後は求められてくるだろう。

フランスではエイプリルフールに魚の形をしたパイを食べるらしい。

花祭りきっかけがあれば定着するかもしれない。要チェックだ。

5月に入ればこどもの日(ちまき・柏餅)があるけど、母の日にも何か行事食が欲しいよな。

6月には、最近だと夏越ごはんというのがある。もっと推してほしいね

7月七夕そうめん、そして土用の丑うなぎ

近年ではうなぎに対する反発が強いから、次なる行事食が求められるところ。

そして最大の空白期間となる8月9月である

お盆お彼岸があるわけだが、あまり食事とは結びつかない。

いちおう十五夜のお月見があるだけ9月がマシか。

今後はこの期間をどれだけ盛り上げるかが勝負となるだろう。

10月はこれまでお月見くらいしか無かったが、

近年はハロウィンが定着しつつあり穴が埋まった感がある。

行事食としてはかぼちゃ系が多いようだ。

11月も厳しい。七五三くらいだろうか。

千歳飴もそんなに食べないし、七五三食事といえばこれ、といったものが欲しいところだ。

2017-09-18

寺の融通の利かなさ

うちのお墓を置いているお寺に毎年管理料を払わなければならないのだが、これが面倒臭い

支払い可能期間が毎年一週間のみ。それも直接寺まで出向いて納付しなければならない。

しか微妙お盆お彼岸の時期を外している。

うちはちょっと離れたところにあるので、この時期にわざわざ出向くのがちょっとしんどい

うっかり払いに行くのを忘れてしまうと、来年の所定の期日にまとめて払えと督促が来る。

それをリマインダーに入れときゃ良かったんだけど、なんとなく忘れてまた今年も「来年まとめて払え」と手紙が来た。

「振込か、現金書留で送ることはできませんか」と問い合わせると、逆に仏のことをないがしろにするなと説教された。

確かに仏さんは大事だしリマインダーに入れなかったのも悪いけど、もう少し融通を利かせてくれてもいいのでは?

それでいて寺改築費を回収する時には「カードで分割も可」等と言い出す。

もやもやする。

そんなこと言っているか檀家減るのでは?

なんてことを言うのは罰当たりなんだろうか…

2016-11-26

小学校の頃、クラス特に何の抵抗もなく日常的に使われ、

呼ばれる側も普通に返事をしていたアダ名が今思えば結構ひどい。

こんぼう:男子 (由来謎)

カメムシ男子 (由来謎)

ゲーハー男子 (坊主頭)

うどん粉:男子 (近藤くん)

てんめい:男子 (加納くん)

お彼岸男子 (東野くん)

マーガリン男子 (由来謎)

サイババ女子 (天然パーマ)

おにぎり女子 (小田切さん)

我ながら結構覚えてる。本名は忘れたか知らんと言うのに。

あと4音が多かった。

◯っ◯ん型も多かった。

2016-11-06

http://anond.hatelabo.jp/anond:20161105212156

大変ですね。これから目いっぱい大事にしてあげて、いい思い出をたくさん作ってください。

僕も喪失感が3年くらいあって、フワフワ浮いている感じでした。

もう親には2度と会えないんです。

3年過ぎたあたりから喪失感なくなりました。

もう二度と1秒たりとも会えません。

坊さんがお彼岸お盆に会える、なんていうのはウソです。

セールストークです。

キリスト心肺停止24時間後に生き返るわけないです。

ただ「時」があなたに親御さんを返してくれます

頑張ってください。

2015-10-11

40前に考えたいことがある

20代就職のため地元を離れ10年以上になる。

仕事は惰性でやれるレベルであるが、住環境はとてもいい。

問題は、本家であることと俺が未婚の一人っ子であることか。

両親はもう10年は確実に元気に生きるだろう。しかし、両親が亡くなった時、実家に戻るため自分は今の仕事を辞めなければならないのだろうか。

資格等全くないので地元に帰ったら食える仕事は望めない。

仕事を続けることを選べば両親の葬式はもちろんであるが、本家の主であることから彼らの周忌回忌法要

お盆お彼岸実家で行うのは無理だから仏壇自分ちに引き取って仏事になったら地元に帰って寺やホテル宿泊部屋でやる方式がいいのかなと思う。

両親が亡くなった時は親戚を実家に住まわせ法事になったら戻ってくるのもありかなとも。

後、自分は車の運転が無理と自認するペーパードライバーなので車が無いと生活できない実家には戻りたくはない。

先祖様は大事だが、やっぱり仕事大事と元気な両親を尻目に考えているところである

2015-09-19

年収1000万円超の未婚40女ですが、子供が欲しいです

タイトル釣り……というか、広くご意見を頂きたいので、こういうのにしました。

1000万円超なのも40女なのも本当です。

結婚できるものならしたかったですが、おそらく容姿にも性格にも問題があったのでしょう。

自分積極的結婚相手を探そうともしなかったのも問題でしょう。

ただ、この歳になって、やはり子供は欲しかったな、と思ってしまっています

シングルマザーとしてでも、子供を産んで育てるだけの財力はありますし、大企業勤めで産休も育休も取れますが、相手がいないので、どうにもなりません。年齢のこともあります

ですが最近、周囲の自分より年上の人が初産で子供を授かっているのを見たりすると、ますます諦めきれません。

はいえ、無理矢理好きでもない人と結婚してまで、子供が欲しいとは思えません。

贅沢なことかもしれませんが、やはり好きな人の子供が欲しいです。

出来れば、今までの彼氏の誰かから精子をもらって出産したいのですが、そんなことって今の時代でも無理ゲーでしょうか。

なんとか実現できる方法ってありませんかね?

彼氏本人に正面切って頼むのも微妙だし、誰か代理人っぽい人を介しても微妙ですよね……。生命倫理とかの問題もあるでしょうし。

精子をもらえて体外受精できても、自分で産めるかわからないしなー。

お金出せば代理母とか頼めるのかな。

最近の、結婚とか子供コスパ議論を眺めていて、そんなことを考えています

お金じゃ解決できないことってありますよね。

子供欲しいなー……。


【追記】

こういう話につきものの、卵子凍結についてですが、40歳以上は基本的に凍結の対象外なのです。

なので、こういうことで悩んでる人で、私より若くて、経済的になんとかなる人は、卵子凍結も考えた方がいいと思います

なお、私自身については、卵子の残り数が朧気ながらわかるAMH検査によると35歳以下程度と思われるので、詳細を検査し、それなりの卵子が採れそうなら、なんとか卵子凍結したいと思って動いています

さらに追記】

自分好きな人の子供が欲しいんです。

その理由ですが、

・ご先祖様に申し訳ない的な、時代錯誤価値観も併せ持ってます

(田舎地主家系一人っ子です)

自分が好きになった人との子供なら、障害がある子でも、おバカな子でも、愛せると思うのです。自分が好きになった人なんだから、基本、責任自分にあるわけです。誰の遺伝子かわからない子供を産む場合、何かあったらもう片方の遺伝子のせいにしちゃいそうで恐い。

私のような立場では本当は語れないとは思うのですが、一般的子供を産む女性は、そういう自己責任論が心の中にあるのではないでしょうか。

養子については、個人の心情としては、それが犬でも本質的には変わらないと思うのと、他人の子供を愛せる自身がありませんし、未婚の女性養子を取るハードルにもめげます

【度々ごめんなさい】

一応、facebookなどで判明しているところでは、元彼氏のうち数人は結婚してないですし、子供もいないはずです。そこらへんをちゃんと調べるところから始めないといけないのでしょうが、そこは普通探偵でもすぐ調べてくれそうな気がしてます


【おわりに】

もう読んでる人はいないかもしれませんが……。

お彼岸だったので、帰省していました。

お墓を眺めながら、もうこのお墓を継ぐ人はいないんだなあ、

などと考えつつ、何にも考えていなさそうな実家の犬を思う存分撫でてきました。

積極的な選択をして、今の生活があるのではなく、選択をしないできたら、今みたいな生活になりました。

こういうことを書くと怒られるのでしょうが、今の年収については運の世界で、たまたまいい上司と同僚に恵まれたからだと思います

これだけ運がいいのだから、他に何か望むのは高望みなんでしょうけど、この歳まで優先順位がわからなかったのが悔やまれます

といっても、運のパラメーター配分は自分では決められないのでしょうけれども。

さらですが、自分で出来ることはして、元彼氏たちへのアプローチ方法も考えます

好きな人を新たに作る努力もしてみたいとも思いますが、元彼氏たちのことを考えつつ、同時平行出来るか……。そんな器用だったら、今の状況はなかったかなあ、とも。

若い人たちがもしこのエントリを見ていたら、頭の片隅にこんな生き方はどうだろう、って、少し考えてもらえたらいいのかな、と思います

2015-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20150322185405

死後硬直と、ご遺体が焼けている時の反り返りとかが絡んでいるか、せいぜい反射行動だけで、もう魂は抜けているんだと思いますがね。

心停止直後に火をつけるんならともかく、まあ、ないでしょと私は思いますが。

そんなことよりお彼岸ですね。お墓参りはいきましたか

2014-09-06

祖母と母と三人で祖父の墓参りに行った。

お彼岸まではまだ遠いし、命日が近いわけでもなかったが、祖父母と実家の家が遠いので

行けるときにお参りをするのが習慣になっている。

実家と私の家は同じ関東圏といえど、父とは折り合いが悪かったことがあって

何のかんのと理由をつけて仕事理由に家を出た後戻ることはなかった。

あるとき家に立ち寄った学生服の妹が、実家にある私の部屋は今お父さんのパソコン専用になってるよと

教えてくれた。多分、サーバールームかなにかなのだろう。そこまでするのかと当時はただただびっくりするばかりだった。

そんな次第で、母と会うのは久々だった。

記憶ではもっとふっくらした方だったのが、その面影はあとかたもなく、様相は一変していた。

20kg痩せたらしい。

以前が転がるビア樽だとすれば、今は歩くまな板である

ナイトメアビフォアクリスマスにまじっていても気付かないと思う。

祖母は変わらない。祖父が亡くなったことを機に髪染めを止めた頭は、

薄茶と白のまだらな髪だったはずだが、真っ白になっていたことくらい。

いつも穏やかに微笑んでいる姿はそのままだった。

お墓に向かう途中で、同じお寺の檀家さんの方に挨拶される。

会話が面白かった。

「私の孫です。」

娘をおいて挨拶するあたり、昔からなぜか自分に大甘の祖母らしかったが、その紹介がまさかの誤解に。

母とセットで兄弟に間違われたまま会話が進んで、

檀家さんが孫だと思っていた人が娘と知って目を丸くしていた。

東京オリンピックって何年だっけ。母の歳の計算を脳裏で思わずしてしまう。

恰幅がいいとは、親父のような男性に対する上品な言いかえだと知ったのは社会人に入ってのこと。

部署編成で久々に顔を合わした同期に先日も言われたが、仕事帰りにお酒で潰すほど呑ませた。

「まぁ、そんなに大きなお子さんがいるの」と対面のご近所さんに何度も言われて、

おかしいと思っていたら姑さんと奥さんと造作がよく似た二人に交互に言われていたのよと

祖母に自慢する母の姿は、確かに若かった。

2014-03-23

サザエさん

さっきまでサザエさんを見ていた。

言うまでもなく、サザエフネ専業主婦だった。

配偶者控除の廃止を受けて、サザエさんも働きに出るのかなぁなんて思って見てた。

あと、お彼岸ということもあって、サザエさんではフネさん、サザエさんワカメタイコさんで

ぼたもちづくりをしていた。いわゆる女手が総出でぼたもちを作っていた。

波平マスオカツオ、そして先祖波平風の幽霊までもがぼたもちの完成を待つだけで食べるだけだった。

なんかすんごい違和感を感じた。男たちは手伝いもしないの?!?!と憤りそうだった。

はてブをよく見るようになってまだ2週間だけど、考え方って変わるんだなぁって思った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん