「代官」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 代官とは

2019-08-25

anond:20190825150903

代官様の数少ない髪の毛を引き抜くなんて恐れ多くてできません><

2019-08-15

anond:20190814202231

  1. 風が吹く
  2. 火事が起こる
  3. 棺桶が売れる
  4. 桶屋が儲かる

代官木材問屋が暗躍する裏で、桶屋がボロ儲けするのであった。

2019-01-08

もうお代官様に袖の下って文化やめてほしいよなぁ。

小判敷き詰めたお菓子箱重たいもん。

どうしても渡したければ、越後屋でこっそりやってほしい。

anond:20190108120140

2018-09-21

anond:20180921224958

代官に仕える下っ端どもが、一揆の側に寝返ったんだろ

anond:20180921223520

自民党員は代官で、政治を知っている分悪い野郎が沢山いる。

当時の民主党員は、農民百姓一揆で城を落としたようなもので、いざ為政者にはなってみたけど庶民理想現実にするに至る経験コネ能力も不足、なかに集落や村レベルの見識で有頂天になった勘違い野郎スタンドプレイに走ったりもした。

江戸時代身分社会はまだ終わらない。

2018-09-02

anond:20180902010335

代官さま、そこはお慈悲をなにとぞ!

2018-07-02

【お代官さま(日本)、年貢がキツうございます

物価上昇に伴い所得が順調に伸びれば良いのだが賃金の上昇が少なく、スパルタンなお財布へ新たな税金刺客のように忍び寄っている‥

住民税」や「所得税」の定番2トップはもとより旅行へ行くと「出国税」。値段が上がった「タバコ税」、しれっと取られる「森林環境税」。

代官さま!これ以上、農民から年貢を取らないでけろ!

2018-06-17

感覚として国や県単位で好きになるわけない

愛郷心は旧代官支配地域だろう。一緒に一揆を起こした仲間たちだ。

2018-05-18

anond:20180517162500

室町時代の正長の土一揆や嘉吉の土一揆などの、成功した土一揆を見れば、

体制側に混乱がある状態で、戦慣れした人員を迎え入れつつ、数万人規模を動員できれば勝てる可能性があることが分かる。

ただ、そもそも一揆というものは、

一揆いっき)とは、日本において何らかの理由により心を共にした共同体が心と行動を一つにして目的を達成しようとすること

とあるように、かなり幅広い意味を含む言葉である

元増田が言うような、江戸時代の「百姓一揆」などは、確かに農民が中心だが、それにも様々な形態があり、

村長や村役人農民たちを指揮して領主圧政を訴えるものもあれば、

領主とつるんでいる村長や村役人農民たちが襲うものもあった。

また、その手段も、代官のところに押しかけて直訴するだけだったり、

逃散したり、酒屋や土倉を襲ったりと、バリエーションがあったわけで、

農民武器を持って武士と戦うだけが一揆ではないのである

2018-03-05

anond:20180305204754

代官さま、百姓と油は絞れば絞るほど出るといいますから

あっ一揆徳政令が来

2018-03-03

西ヨーロッパ(+南ヨーロッパ諸国歴史的英雄

anond:20180228164845

オーストリアプリンツ・オイゲン(1663-1736)オーストリアの名将。元はフランス貴族だが、軍人としてハプスブルク家に仕え、祖国フランスと戦い続けることになる。オスマン帝国との戦いでその西進を挫き、スペイン継承戦争においてはイングランドマールバラ公と共に大活躍をした。
スイスウィリアム・テル(?-?)スイス建国英雄として知られる。オーストリア代官に強いられて息子の頭に置かれた林檎を射抜き、後にその代官を射殺したことで、それがリュトリの誓いに始まるスイス独立運動へとつながったという。ほぼ確実に架空人物だが、スイス国民実在を信じているならそれでいいのだ。
スロバキアユライ・ヤーノシーク(1688-1713)伝説的な義賊山間商人聖職者などの金持ちから金品を奪い、それを土地の貧民や有力者たちに渡していた。有力者は見返りにヤーノシークを守っていたという。やがて捕らえられ処刑されたが、民族意識の高まりと共に支配者への抵抗の象徴と見なされるようになった。
チェコヴァーツラフ1世(907-935)ボヘミア公敬虔信徒として、チェコキリスト教化積極的推し進め、また神聖ローマ帝国に臣従して外圧を緩和した。キリスト教に反対する貴族たちによって暗殺されたが、その死の前後にさまざまな奇跡が起こったという。
ハンガリーマーチャーシュ一世オスマン英雄フニャディ・ヤーノシュの息子。ハンガリー王に選出されると、領土としては最大版図を、文化としてはルネサンスをもたらし、ハンガリーの最盛期を築き上げた。水戸黄門のような廻国漫遊譚があるらしい。
ポーランドヤン三世ソビエスキ(1629-1696)若いから各地で戦功を重ね、国民的人気を得たことで自由選挙によって王に選出された。オーストリア首都ウィーンを包囲していたオスマン帝国大軍を、かの有翼重装騎兵フサリア3000騎の中央突破によってさんざんに打ち破り、ヨーロッパ守護者として大きな名声を得た。
オランダウィレム一世(1533-1584)オラニエ公ハプスブルク家支配下にあったオランダ貴族だったが、カトリックへの強制改宗に反発して起きた独立戦争においてその反乱の中心となる。「海乞食」と呼ばれる船団を率いて港湾都市ゲリラ的に襲って勢力を拡大、事実上独立を果たしたものの、戦争が続くなかで暗殺された。
ベルギーアンビオリクス(?-?)ガリアに住むベルガエ人の一部族、エブロネス族の王。「アドゥアトゥカの戦い」において、カエサルの麾下にあったローマの一個軍団を、谷に誘い込んで殲滅した。カエサルにとってはガリア戦争における最大の痛手となり、その後の反撃でエブロネス族の土地占領したものの、とうとうアンビオリクスを捕らえることはできなかった。ウェルキンゲトリクスと似た扱いで、ガリア自由を求めた英雄とされる。
ルクセンブルクヨハン盲目王(1296-1346)ボヘミア王およびルクセンブルク伯。晩年には病を得て盲目になりながら、百年戦争の激戦「クレシーの戦い」に参戦して壮絶な討ち死にを遂げた。ルクセンブルクでは国を発展させた名君として評価が高いが、チェコでは戦争ばかりで領地に戻ってこなかった王として人気がないという。
ドイツビスマルク(1815-1898)プロイセン王国首相普墺戦争普仏戦争勝利してドイツ統一し、外交でもフランスを封じ込めて欧州の均衡を保った。その豪腕ぶりから「鉄血宰相」の異名を取る。他の候補オットー大帝バルバロッサフリードリヒ大王あたりか。
フランスナポレオン・ボナパルト(1769-1821)言わずと知れたフランス皇帝。他の候補カール大帝ジャンヌ・ダルクド・ゴールあたりか。ちなみにカール大帝ドイツでも人気だけど出生地ベルギーが最有力らしい。
スペインエル・シッド(1045-1099)本名ロドリゴディアス通称アラビア語の「アル・サイイド」に由来する。カスティーリャ王国アルフォンソ6世のもと数々の戦いで活躍し、王によって追放されたあともバレンシア征服するなど、レコンキスタ英雄として勇名を馳せた。後に叙事詩に歌われた。
ポルトガルアフォンソ1世(1109-1185)初代ポルトガル王伝説的な「オーリッケの戦い」でムラービト朝大軍寡兵撃破し名声を得た。主君であるカスティーリャ王国対立した後、和解して独立した。イベリア半島イスラム勢力と戦いながら領土を広げ、リスボンまで占領した。
イタリアジュゼッペ・ガリバルディ(1807-1882)南米ウルグアイの「大戦争」に参加し、そこでゲリラ戦術を身につけた。オーストリア支配のもと、統一の機運が高まるイタリアにおいて「赤シャツ隊」と呼ばれる義勇軍を結成、シチリア南イタリア占領すると、そのままサルデーニャ王国に献上。イタリア統一に大きく貢献した。その後も何度か軍を率いて決起しつつも、政治にはほとんど関わらないまま隠遁生活を送った。

2017-12-20

anond:20171220195315

あなたには実力がある。賢さも作業力も正確さもある。

片やそれがない人がいる。割りと早い段階で、賢さを捨て、か弱さを磨いていく。人から助けてもらうことに特化したスタイル

代官が全ての賄賂拒否すれば、あなたは勝つが、そういう人たちは世の中の隅に追いやられる。

すると闇は更に深くなり、越後屋もっと密室を作る。そしてあなたもいずれセクハラ強要される。

あなたには実力がある。越後屋には越後屋生き方があることも認めてあげて、ぜひ大きく生きてほしい。

真面目に生きてきた女性の一人としてセクハラ問題に思うこと

追記しました。

元増田です。追記とごめんなさい。

https://anond.hatelabo.jp/20171223191520

---

話題セクハラ問題でずっと感じているもモヤモヤを吐き出したくて書く。

表立っては言えないけど、私は「権力を持っている男性に便宜を図ってもらおうと近づいたらセクハラパワハラを受けた、私は被害者だ」と主張する女性全般にとても納得のいかない気持ちを抱いている。「セクハラパワハラ」部分をレイプに置き換えても同じだ。彼女らは女性性を利用し便宜を図ってもらうことで、正当な手段ガチで戦うつもりで勝負土俵に上がった他の女性(および男性から不当に権利を奪おうとした人間からだ。不正チートプレイヤーということだ。

私は就職仕事の場で女性性を武器に使ったことは無い。それは卑しく不正手段であり、自立した知的女性自分能力で正当に、正面から男性(および他の女性)と競争すべきだと信じている。たまに「ブスは女の武器を使えないか学歴や職歴を磨かないといけない」みたいな馬鹿げた言説を見るけど、モテるかどうかなんて関係ない。どんな女も自分能力で正当に勝負に勝てるように準備するべきだ。その先にしか男女平等社会なんてあり得ないと思っている。

そうやって正当に戦ってきた人間から見ると、自分能力の不足を権利者に便宜を測ることで解決しようとした人間は悪でしかない。そのポジションにつくための公正なレースで勝つ能力が無いのに、言わば贈賄ポジションを奪う人間だ。能力順で上位5人がポジションを得るレースなら、「女の武器」を使って序列に割り込んだ女性が1人いれば、5人目から6人目へ不当に落とされてしま人間がいる。彼女たちは正当な権利から不当にポジションをかすめ取っている。カンニング大学入試突破する人間と同じだ。たまに男性社会女性は不利だから「女の武器」は積極的に使うべき、というこれまた馬鹿意見を見るけど、男性に比べて女性大学入学者数が少なかったら女性カンニング正当化されるのか。そんな訳はなくて、カンニングする奴は全員滅ぶべきである彼女たちが椅子を得ることで代わりに椅子を失うのは男性場合女性場合もある。「女の武器を使って女性社会進出している」のではなく、正当な権利を有する人間が一人、権利剥奪されているだけだ。

からチートをした女性が「肉体関係を求められた」「肉体関係強制された」と主張することは、越後屋が「お代官様に贈賄しようと持ちかけたらその10倍の金をとられた!酷い悪代官だ!」と言っているように見える。勿論悪代官は悪いが、こっちは越後屋に公正な競争破壊されているのでどっちも悪に見える。ただ贈賄側の考えた賄賂の水準と、収賄側が期待した賄賂の水準がマッチしなかっただけじゃないのか。そう思っているところに、チートをした女性本人が「正当な努力をしていたら裏切られた」ように振舞ったり、周りの人間彼女ジャンヌダルクのように担ぎ上げているのを見ると拒否感が強い。

一点、彼女たちを純粋被害者と思える点があるとすれば、彼女たち以前に、あるいは同時期に、「肉体関係提供自分からオファーした」あるいは「肉体関係提供オファーを納得して受けた」チート女性による被害だと思う。体を使う覚悟もせずに云々というショッキングフレーズは、その覚悟を持った女性が他にいたから出てきたと思うのだ。過去にお代官様に1000両貢いだ商人がいたから、お代官様は越後屋に「なんでお前は10しか持たずに来たのか、なぜ1000両貢ぐ覚悟がないのか」と言ったということだ。この点で見ると、10両で商談成立になると思って赴いたら1000両強奪された越後屋ちょっと可哀想ではある。

特定業界で酷いセクハラ日常的になっているというのは、越後屋間で贈賄の過当競争をやっているのだと思う。なら全員いっせいのせで一切の贈賄をやめるべきだ。悪代官を産んだのも、増長させたのも越後屋だ。いくら悪代官排除したところで、贈賄オファーする越後屋がいればいくらでも新たな悪代官が生まれるに決まっている。悪代官を消すには越後屋が全滅して全員等しく公正なレースをするしかない。贈賄相場を低く抑えましょうっていう話なら勝手にやっていてくれ、巻き込むなと思う。自分性的提供しないと仕事ができないのは狂っているが、それは権利を持った人間強制するからじゃなくて、他のプレイヤーがそれを提供するから自分もやらないと競争力を持てない、自分提供すると他のプレイヤーもしないといけなくなる、そういう仕組みだろう。

いずれにせよ真面目に正面から競争してきた一人の女性として、チートしようとして被害を被った女性自分たち代表のように担ごうという気には全くなれない。というか基本的に滅びてほしい。そう言うと「女の敵は女」とか言われるのかもしれないけど、これってそういう問題じゃないと思うんだよな。じゃない?

真面目に競争してきても避けられずにバンバン遭遇するセクハラって、おっさんとかがコミュニケーションだと思って投げつけてくる下ネタだ。だから私としてはそっちを世界から滅亡させたい。でもそこに越後屋から「それはセクハラではないので」「今は問題にすべきでない」とか言われている。本当、そもそもそっちで勝手にやっててっていう話なのに、正当に戦ってきた私たちの受けている被害存在しないものと認めろという。控えめに言って最悪だと思う。

熱くなって攻撃的な文章を書いてしまった。不快にさせてしまった人にはごめんなさい。

(追記)

色々あるけど、1つだけ。私は直属の上司や、どうしても担当しなければいけない顧客に向こうからセクハラを仕掛けられ、断れなかった人のことは純粋被害者であると思います。決してチートとは思いません。私がチートだと言っているのは、直属の上司ではなく部署も違うが人事権を持っていそうな人、に取り入りって便宜を図ってもらおうと新人が自ら近づくといった種類の行動です。セクハラは撲滅されるべきです。暴力団と同じで反社勢力であり、潰すためには誰も応じてはいけないんです。暴力団に金を払う店があるから「ここで商売たかったら金を納めろ、みんな払ってるぞ、払わないとわかるな?」と脅される店が出てくるんです。私は同じ部署の力を持った人から色々と誘われたことがありますが、不利益を被ることを覚悟で全て断りました。もし私が応じていたら、私と競争するためには自分セクハラに応じないといけない他の女性を生んでいたことでしょう。相手から近づかれた人は、自分の力で断るか、無理なら他の人の力を頼って拒否する。間違っても自分から利益供与を求めて近づかない。それが大切だと思います

2017-11-22

https://anond.hatelabo.jp/20171122003439

役所様の一言商品が並ぶか並ばないかが決まる時代が来たか

忖度まつりのはじまりやな

時代劇をやってた時代だとお代官様が悪例としてあったけど

うそんなの解禁する時代にきたんやな

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170724124545

しろ加計誘導を言わせてるでしょーそれwww、って状況証拠だらけだよ。

権力持ってる人間が、自分の口から利益誘導を言うわけないのはお約束すぎるほどのお約束

悪代官も、自分から小判を要求するわけじゃない。だからと言って善代官なわけじゃなくて、むしろ極悪

2017-05-19

右筆(ゆうひつ)は、中世近世に置かれた武家秘書役を行う文官のこと。文章の代筆が本来職務であったが、時代が進むにつれて公文書や記録の作成などを行い、事務官僚としての役目を担うようになった。執筆(しゅひつ)とも呼ばれ、近世以後には祐筆という表記も用いられた。

目次 [非表示]

1 概説

2 鎌倉幕府室町幕府

3 織豊政権

4 江戸幕府

5 関連項目

6 関連作

概説[編集]

初期の武士においては、その全てが文章の正しい様式(書札礼)について知悉しているとは限らず、文盲の者も珍しくは無かった。そこで武士の中には僧侶や家臣の中で、文字を知っている人間書状文書を代筆させることが行われた。やがて武士地位が高まってくると、公私にわたって文書を出す機会が増大するようになった。そこで専門職としての右筆誕生し、右筆文書作成執筆を行わせ、武家はそれに署名花押のみを行うのが一般的となった。これは伝統的に書式のあり方が引き継がれてきたために、自筆文書一般的であった公家とは大きく違うところである武家が発給した文書場合文書作成のもの右筆によるものでも署名花押が発給者当人のものであれば、自筆文書と同じ法的効力を持った。これを右筆書(ゆうひつがき)と呼ぶ(もっとも、足利尊氏のように署名花押まで右筆に任せてしま特殊例外もあった)。

なお、事務煩雑化すると、右筆正式手続を経て決定された事項について自らの職権の一環として文書作成署名を行い、これに主君発給文書と同一の効力を持たせる例も登場する。こうした例は院宣綸旨などに早くから見られ、後に武家の奉書や御教書などにも採用された。

現在では天皇皇后文章の代筆をする宮内庁文書専門員(中島司有、佐伯司朗といった書家が務める)は「祐筆」と呼ばれることがある。

鎌倉幕府室町幕府[編集]

源頼朝鎌倉幕府の原点である鎌倉政権を打ち立てた時に、京都から下級官人が招かれて事務的業務を行ったが、初期において右筆を務めていたのが大江広元である。後に、広元が公文所政所において行政に専念するようになると、平盛時(政所家事)・藤原広綱・藤原邦通らが右筆を務めた。

その後、将軍執権のみならず、引付などの幕府の各機関にも右筆が置かれ、太田氏や三善氏などの官人末裔がその任に当たるようになった。基本的室町幕府もこの制度を引き継いだが、次第に右筆の中から奉行人に任じられて発言力を増大させて、右筆方(奉行衆)と呼ばれる集団構成するようになった。

なお、室町幕府では、行政実務を担当する計方右筆公文書作成担当する外右筆(とのゆうひつ)・作事造営を担当する作事右筆などと言った区別があった。

織豊政権[編集]

戦国時代に入ると、戦時必要文書を発給するための右筆が戦にも同行するようになった。戦国大名から統一政権を打ち立てた織田・豊臣の両政権では右筆衆(ゆうひつしゅう)の制が定められ、右筆衆が行政文書作成するだけではなく、奉行・蔵入地代官などを兼務してその政策決定過程から関与する場合もあった。豊臣政権五奉行であった石田三成長束正家増田長盛は元々豊臣秀吉右筆出身であった。他に右筆衆として著名なもの織田政権の明院良政・武井夕庵・楠長諳・松井友閑・太田牛一、豊臣政権の和久宗是・山中長俊・木下吉隆・安威了佐などがいる。

なお、後述のように豊臣政権の没落後、右筆衆の中には徳川政権によって右筆に登用されたものもおり、右筆衆という言葉江戸幕府でも採用されている。

江戸幕府[編集]

戦国大名としての徳川氏にも右筆存在したと考えられるが、徳川家康三河時代右筆家康勢力拡大と天下掌握の過程奉行代官などの行政職や譜代大名などに採用されたために、江戸幕府成立時に採用されていた右筆は多くは旧室町幕府奉行の子弟(曾我尚祐)や関ヶ原の戦い東軍を支持した豊臣政権右筆衆(大橋重保)、関東地方平定時に家康に仕えた旧後北条氏右筆久保正俊)などであったと考えられている。

徳川将軍家のみならず、諸大名においても同じように家臣の中から右筆祐筆)を登用するのが一般的であったが、館林藩から将軍就任した徳川綱吉は、館林藩から自分右筆江戸城に入れて右筆業務を行わせた。このため一般行政文書作成管理を行う既存の表右筆将軍の側近として将軍文書作成管理を行う奥右筆に分離することとなった。当初は双方の右筆対立関係にあったが、後に表右筆から奥右筆を選定する人事が一般化すると両者の棲み分けが進んだ。奥右筆将軍以外の他者私的関係を結ぶことを禁じられていたが、将軍への文書の取次ぎは側用人奥右筆のみが出来る職務であった。奥右筆承認を得ないと、文書老中などの執政に廻されないこともあった。また奥右筆のために独立した御用部屋が設置され、老中若年寄などから上げられた政策上の問題将軍の指示によって調査・報告を行った。このために、大藩の大名江戸城を陰で仕切る大奥の首脳でも奥右筆との対立を招くことは自己地位を危うくする危険性を孕んでいた。このため、奥右筆の周辺には金品に絡む問題も生じたと言われている。一方、表右筆待遇奥右筆よりも一段下がり、機密には関わらず、判物・朱印状などの一般行政文書作成や諸大名の分限帳や旗本御家人などの名簿を管理した。

2017-05-09

時代劇水戸黄門」が健全民主主義を阻害する

日本では時代劇高齢者を中心に人気を博している。

特に、40年以上放映され、今なお毎日再放送されている「水戸黄門」は、その代表である

今回はそのストーリーいかに非民主主義的、非現代であるかを検証する。

水戸黄門主人公である水戸光圀の一行は、「越後ちりめん問屋」と身分詐称諸国を漫遊しているが、その先々では必ず商人の不当な物価の値上げや、代官の課す重税に庶民が苦しめられている。それを聞いた一行が、屋根裏に潜入し、また色気を使って捜査証拠をとる。そうして悪事を暴いた「越後ちりめん問屋」は、悪事を起こした者の怒りを買い、刀を交えることになる。最大の見どころであるチャンバラシーンのあと、権威象徴である「印籠」を見せつけることで、「先の副将軍である自身の正体を明かす。それを見た者はみな平伏し、悪事を働いた者は自分の過失を認め、登場した藩の者がその身柄を拘束する。最後は一件落着と一笑しまた旅を続ける、というのがストーリーの梗概である

この作品には

権力者の悪はさらに上の権力者しか裁けない」

庶民は無力で虐げられる存在である

権力者はどんな手段を用いても許される」

という世界観が透けて見える。これについて持論を述べる。

まず、「権力者の悪は更に上の権力者しか裁けない」という点について述べる。

本作の世界では、いつ来るかわからないような、国家から派遣された、さらに上の権力者しか悪を懲らしめられないことになっている。水戸光圀はその土地の者でなく、また問題解決した後は旅を続けてしまうため、対処療法的な解決しか行えない。地方にも自浄能力がなく、一回水戸光圀問題解決したあと、また同じような悪事不正が起き続ける。地方はそれを解決する術を持たないため、水戸光圀が来るのを待っているだけである住民当事者意識民主主義原理が欠落した「他人任せ」の政治は、今日日本の政治通底するものがある。

また、ある放送では、朝廷中納言悪事を裁いた際、「私は徳川の家来ではないので従わない」と反発したが、更に上の役職である左大臣が登場し裁いたという回もあり、「権力者の悪は更に上の権力者しか裁けない」という世界観をより強固なものにしている。

次に、「庶民は無力で虐げられる存在である」という点について述べる。

水戸光圀が「越後ちりめん問屋」と詐称しているにもかかわらず、庶民からは色々な苦情が持ちかけられる。旅する隠居にまで相談しなければならないほど、それほどまでに事態悪化してしまっていることがわかる。作中ではこのように圧政不正に苦しめられる庶民の姿がよく描写されるが、反対に実力行使に出ようとする庶民水戸光圀が宥める場面は皆無である。先述した住民他人任せの意識がここでも顕在化している。

欧州市民革命においては、圧政に苦しんだ市民の流血によって民主主義が獲得されたが、日本においては明治以降主権者の変更は市民革命ではなく、支配者同士の権力争いの結果に過ぎない。このように市民自らが流血し民主主義を獲得した経験がないことが、権力者任せの日本人気質形成しているのではないか

そして、「権力者はどんな手段を用いても許される」という点について述べる。

苦情を持ち掛けられた水戸光圀の一行は、全員が証拠裏付けのために捜査を行うことになる。しかし、その捜査方法卑劣である。「越後ちりめん問屋」と身分詐称した捜査は、当然警察権を保持する藩の奉行所許可を得ていない。令状なしに現場や物的証拠を取り押さえるという、現在の「法の支配原理からはかけ離れたものであるが、作中では身分詐称私人の警察権行使について議論されることは一切ない。奉行所水戸光圀の一行のおかげで吐かされた自白を聞いた後に、身柄を連行するだけという、警察組織の体をなしていないものであるが、水戸光圀がこれを一喝するシーンもない。

なお、作中で水戸光圀は「先の副将軍」と自称しているが、居候の身であるはずの前任者が悪を裁くことについての是非も議論されていない。これは現在においても、我が国では一線を退いた者が強大な発言力を持ち続ける事例が、政財界ともに存在している。

法の支配原理」「地方自治原理」「民主主義原理」すべてが欠落したこのストーリーを、多くの高齢者再放送毎日視聴し続けている。これでは、日本の政治に対する認識を歪めるものであり、健全民主主義国家としての市民意識が育たないことは当然である

2016-11-16

なぜ内田樹はこれほど認識を誤り続けるのか?

http://blog.tatsuru.com/2016/11/15_1128.php

「なぜ内田樹はこれほど認識を誤り続けるのか?」

その理由はとりあえず周知されていない。誰でも知っている理由なら、こんな特集は組まれない。

ふつうリベラル批評家発言力を持ち続け得るのは(事象に即した言説のクリーンヒット時の「ご祝儀」を除くと)批評のまなざす先の恩沢に現にリベラル市民が浴しているかである

だが、内田樹はそうではない。

特別顧問で参画した大阪市改革頓挫した。旗を振るったSEALDsは見るべき成果を上げていない。野党連合の結託をいくら煽っても鳥越醜態や民進のグズっぷりばかり悪目立ちしてしま自民党打倒の糸口が見えない。安保法案への言及ではシーレーン国防自衛隊員の命の軽視と反知性主義の態度が露呈した。五輪計画福島原発豊洲移転問題では共産党走狗となり知性の欠如があきらかになっている。どれも老いたリベサヨの末期の徴候である。にもかかわらず内田は高い読者数を保持している。その根拠は何なのか?

一番簡単なのは、「リベサヨ市民現状認識の適否を判断できないほど愚鈍になった」という解釈である

しかに話は簡単になるが、先がない。

リベサヨの過半が愚鈍であるなら、こんなあげつらいも何の意味も持たないからだ。だとしたら、問いの次数を一つ上げるしかない。「リベサヨ内田を支持することでどのようなメリットを得ているのか?」である

保守速報などネトウヨまとめサイト観測によれば、内田支持理由トップは「他に適任者がいないから」である

だが、現実には「他にどのような言論人が適切か?」という問いは誰も立てていない。いずれ支持層急逝して「ポストリベサヨ」がリベラル市民話題になればリベラル市民は「人気投票」を行うだろうけれど、今は話題になっていない。

私の解釈はこうだ。国益が損なわれ、国民が日々損害を被りそうな諸言説を垂れ流すにもかかわらず、「内田を黙らせろ」という声が上がらないのは、リベサヨ代表格の適格性を最終的に判断しているのは「リベラル市民たちではない」とリベサヨが思っているかである

残念ながら、リベサヨ界隈において、内田言説の適格性を判断しているのは理性ではない。

リベサヨ自分たちの歪んだ情念から現実を歪ませて認識することはできる。でも、現実に即した言説に身を委ねるはできない。

リベサヨ指導者を最終的に決めるのは中共である

リベラル市民たちが誰を選んでも、中共が「不適格」と判断すれば、リベサヨメディアでのオピニオンリーダーの座には就けないし、就けても短命に終わる。そのことをリベサヨは知っている。知っているけれど、知らないふりをしている。それを認めてしまうと、リベサヨ権力圧政に反して日本社会市民生活をより良くしようという正義善意集団ではなく中共の野望の片棒を担ぐ工作機関であるという事実直視しなければならなくなるからである

2008年頃からネトウヨ嫌韓豚の吹き溜まりである保守速報などのまとめサイトで「朝日新聞中共工作機関である」との言説が広まった。反日朝日の誌上におけるオピニオンリーダーの任免権は事実上中共が保持している、と。

日本リベサヨ言論はこの発言をまともに取り合わなかった。違うと思うなら反論すればいい。だが、「反日朝日中共工作機関ではない」と述べたリベサヨ言論は一つもなかった。

サントメプリンシペの政治学者ガバーヌ・マンコニックは〜中略〜同じことを指摘した。だが、リベサヨはそのような意見ネトウヨ社会では当然のように行き来している事実のもの組織的黙殺している。

内田樹は「宗主国中華人民共和国属国報道官である実質的権威づけは中共が握っている。もちろん、外患誘致に問われるから権威付けの作業は「アウトソーシング」されている。中共情報誘導朝日新聞日刊ゲンダイへの記事コラムを通じて醸造され、外国人特派員クラブワシントンポストニューヨークタイムズなど外信へ逆輸出することでマッチポンプ効果で言説の信憑性がより強化される。そういう仕組みでリベラル言説が制御されていることをリベラル市民はもう知っている。知っているけれど、知らないふりをしている。

「他に適任者がいない」というのは朝日新聞など反日工作メディア判断である

内田樹日本国益よりも中共国益を優先的に配慮してくれる「理想言論人」である。だから反日メディアがそう評価するのは当たり前である。そして、リベサヨの多くは朝日新聞判断の方がリベサヨ当人自身生活の延長線上にある主観的現実評価よりも夢想的でありかつ幻想であると信じている。

いちご白書〜の時代からそのマインドは少しも変わっていない。

「追記」

ただ、アメリカ大統領ドナルド・トランプに交替したことで、「宗主国代官」にどのようなタイプオピニオンリーダーを選好するかについての判断基準がこの後変わる可能性はある。

これまで、「属国代官」の適不適を事実上判断していたのは辛淑玉たち「差別の当たり屋」であった。

リベサヨのグズっぷりに「市井の人々」は巨大な「マイノリティ利権」をひさしく貪っていた「差別の当たり屋」たちから取り上げようとするだろう。

差別の当たり屋」たちのお気に入りであった日本リベサヨ言論人たちはこれから新たに「オーディション」を受けなければならない。

明日11月17日に安倍首相トランプ西側首脳として最も早く表敬訪問をするが、これは「日本総理大臣である以上当然のことであり、これは安倍首相にとっては「新しいカウンターパート」に対する「牽制」に相当する。

中共が「虫が好かない」という判断を下す可能性はある。

日米の関係がより進歩的に発展するという「(中共にとって残念な)結果」になった場合反日メディアではオピニオンリーダーリテラマガジン9も「アベシネホントシネゲリグズ野郎」と(はじめはおずおずと、そのうち猛々しく)言い始めるだろう。

そして、そうなることを(自分の手を汚したくはないが)切に望んでいるのである

2016-02-18

心療内科にいってきた日記

周りの就活生の意識の高さと、人事様企業様お代官様って感じの宗教じみたセミナーに何回か参加して「こんなところにいたら俺はおかしくなる!!!!!!!!」と思って勢いだけで行ってきた。


で予約したんだけど数日したらなんかどーでもよくなったのでなんで予約したんだろと軽く後悔。

そもそももうあん宗教じみたとこは行かずに自分なりの方法就活してダメで心折れたら内科行けばよかったわ。

まあでも予約しちゃったので行ってきた。

結果は軽い胃薬もらって返されたよ!!!まあー当然だわ。飯も食えるし普通に寝るし。

でも正直心療内科の人と話すだけでこの先気が軽くなるんじゃと過度な期待をしてたけど、ぜんぜんそんなことはなかった。

普通のおじさんだったよ。イケメンだったけど。

俺がはぐらかしながら話してたのも悪かったんだけど、軽くなるどころか気持ち抉られたよ…。

「こうしなきゃ」って言うのは自分でもわかってて、でもできないから悩んでた事を話したけど、「でもやるしかないよ」と言われ「ですよねー」という感じだった。

まあただの甘えってことなんだろうな。ほんとなんで行ったんだろう…

こっちが金払ってるから優しくしてくれるんだろうなって感じで、まぁでもそりゃそうだよなー。

お仕事疲れ様です。

2015-07-17

アニメGATE』が見てて辛い

原作あるらしいがアニメだけ見て書く。

アホアホ皇帝

なんであの皇帝は突如開いた扉のむこうの

世界(相手側から見た異世界なので我々の世界のこと。以下同じ)に

いきなり全兵力の6割をぶっ込んだのかさっぱりわからない。


別に軍事的常識がどうこうとか難しい話ではない。

1「変な異世界への扉が開きました」

      ↓

2「領土拡大のチャンスと見て攻め込みました」

ノータイム過ぎるだろ。

普通まず斥侯を出して、

その異世界のことをよくよく探って、

侵攻プラン練って成算出てから作戦作って兵隊動員するだろ。

それを何もかもわからないまま「全兵力6割イン!」って

あの帝国政治家軍人小学生がやってるのか。


世界のどこを押さえるかの作戦目標も怪しいまま

銀座で暴れて民間人殺傷ってのがまたもうどうしょもない。

あのまま国会まで攻め上ってきて仮に占領できたとしたって

それで日本征服出来たわけでもないし。

アホアホ異民族

2話ではそのアホアホ皇帝が「ずるがしこい智者」みたいな黒い笑みを浮かべて

帝国配下都市異民族から軍隊召集

「チョロい相手だから突撃してー」つって自衛隊にぶつけて全滅させて

帝国の優位をキープしてやったわいフッフッフ」とか言ってるの。

もうね。


帝国軍兵力の6割が門の向こうに消えて未帰還

…なんていう大事件が支配下都市異民族漏れないわけないじゃん?

そんな状況で召集しても日和見されて集まらないか、

下手すりゃ帝国に向かってくるんじゃないの?


あとそんだけの大規模動員は

文字で書くのは簡単だけど

実際には時間も掛かるし、

集結・駐屯するだけでもとんでもない仕事でそれどこに入れるんだよ?とか

この場合帝国の国土に入れるしかなさそうだけどそんなの入れて大丈夫か?とか

ちょっと現実的に考えれば起こり得る諸々の支障やそれへの手当ては一切無視よね。


アホアホ作者

バカが書いてるお話ってのはいつもこんな感じで

「悪賢い智者が周囲をハメる」エピソードが異様に多い。

けど所詮バカが書くレベルの智者なので、

そんな奴にハメられる役回りキャラ達はもう

絶望的なバカ&不自然な行動を取り捲るやられ役だ。


要はまたしてもアレでしょ

技術的に遅れたコテコテファンタジー世界近代科学兵器持ち込んで「俺TUEEE!」っていう

昨今の安いネット小説ファンタジー的なアレの新作なんでしょ。

遅まきながら2話で気付いた。


あの手のものは大概作者の頭脳精神性も中学生レベルだ。

技術的に遅れてるってのはバカってことではない筈なのに

主人公啓蒙されるファンタジー世界サイドの人達が都合のいいバカばっかりなのよな。

人物描写薄っぺらくて反吐が出る。

こんなシコシココンテンツは成人が書いたり読んだりするようなものではない。


しかもこれはてなではサヨの奴等が「日本社会ネトウヨ化」みたいなこと言い出して

また別方向に頓珍漢な噴き上がりを見せるのまで確定してるし。


はー、うんざり

追記

http://togetter.com/li/851078

俺より後からやってきて俺よりはるかにボンヤリした印象論でdisってるとげったー。

ネトウヨネトウヨ連呼してるからはてサヨ系かな。

クソコンテンツウヨサヨ対立のネタにすることで二度楽しめるっていうあれだけど

楽しめてる奴等含めてゴミ虫だよね。

まさにお前らのレベルの為のコンテンツだよ、っていう。

http://anond.hatelabo.jp/20150723161942


更に追記

nekora プリキュアの自宅を知ってるのに深夜に爆弾を落とさない何とか魔帝国軍団はアフォ

リンク2015/07/23 Add Star

プリキュアヤオ

REV 「インベーダーってさあ、左右に動かないで真っ直ぐ攻めてくればすぐ勝てるんじゃね?」 https://youtu.be/p--dHQIeagE 37 clicks

リンク2015/07/23

あれはインベーダーと地球軍の間に移動困難な一種の渡河地点が設定されてる。

防衛線なんだから多少はね?

インベーダーさんサイドに言いたいのはむしろもっと弾たくさん撃て」。

daisya デスノ1巻読んで、テーマパーク行きのバススーツ姿で一人で乗り込んで容疑者尾行するFBIってアホすぎない?2巻で打ち切りだな、って思ったのに、大ヒットになってエェエエェエエエってなった。

リンク2015/07/23

あれは月が自爆行動繰り返すことで勝負が伯仲する漫画だしな。

知能が同等かやや劣る程度だったらデスノートもってる側が負けるわけねえ。

enderuku 水戸黄門とか見せたら憤死しそうやな

リンク2015/07/23

悪代官達はアホアホ皇帝よりはよっぽど合理的に行動してんぞ。

地方で官を抱き込んで牛耳って民と癒着して甘い汁を吸ってたら

中央から来た監査にやられるっていう話だ。

身の破滅を悟って破れかぶれに襲い掛かってくるのもわからなくはない。

ただ配下の侍は切腹決定の代官破滅的な命令なんか聞くより副将軍様に平伏するよな。

confi はてブはなぜなろう小説をあれこれ理由をつけて認めないのか。異世界特有のNAISEIなんて今や平野耕太ですら採用している。

リンク2015/07/23

ドリフってハンニバルだけ格違いすぎて違和感あるよね。

あんなの居たら他の武士ヒーロー無法者小者に見えちゃう

giszk ここ数日銀英伝をまた最初から見てるけど、改めて登場人物にアホしかいないと思うけど面白さには変わりないんだよな。まぁGATEに関してはダメな人がいるのは良く分かるけど、俺はそれなりに楽しく見てるよ。

リンク2015/07/24

銀英伝は読んだことねえや。

ちらっと見たアニメ版漫画版のガラの悪い歩兵隊だけは覚えてる。

宇宙戦争なのにスペーススーツ着て斧持った突撃歩兵が居るという設定は子供心に痺れたわ。

エイリアン2に勝ってるよな。

追記3

liatris5 う~ん。政治的な部分に引きずられ過ぎる人が多すぎる気もするなぁ。美味しんぼGATEはだしのゲンも読むし、銀英伝面白く読む俺からすると実のところこの人たちの心情は理解するのが難しいのかもしれんなぁ

リンク2015/07/24 Add Star

俺がいつ政治的な話をしたんだ?

クソコンテンツでいちいち政治的我田引水してシコシコし始めるやつは

等しくシコシココンテンツ消費者レベルだって言ってんだろうが。

俺の批判のどこに政治的な要素が有った?

書いてあることぐらい正しく読んでから批判しろこの開き〇〇ラが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん