「サリエリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サリエリとは

2019-05-10

"サリエリはべりいまそがり"

1 件 (0.23 秒)

サリエリはべりいまそかり”

約 21 件 (0.24 秒)

2019-04-26

anond:20190426094916

けもフレって結局なんだったんだろうね

巷間言われてるように「吉崎観音サリエリ的な嫉妬たつきに反感を持ち、原作権を持ってたから追い出せてしまった(利益度外視クリエイターとしての感情)」って説明は一応筋が通るので納得してたんだけど、

それでいくと吉崎観音原作者としてちょっと意固地になっちゃってて、他の関係者は「困ったなあ、仲良くやってくれるのが一番利益でるのになあ」みたいな空気なのかと思ったら、

他の関係者も滅茶苦茶タツキに敵意や憎悪持ってるのが明らかになってきたりして何がなんだか

2019-04-01

カーマ詐欺にあって引退した話

先日FGOにて実装されたカーマパッケージ詐欺を食らって引退しようと思ったので備忘録的にまとめ

まず前提として殆どソシャゲ(アプリ含む)はキャラクターゲームであり、イラストや固有のセリフ(ボイス)、設定なんかが商材になっているということがある

FGO場合その商材はカードイラスト4枚、セリフ(ボイス)、マテリアル(設定テキスト)に分けられる(絆礼装はマテリアル属?)

カーマ場合イラストは1:3、セリフは1:2、マテリアル共通という形になると思われる

この比率は未プレイだと分からない話になるが別キャラクター同然に変化するという意味で分けたものになる

2臨と3臨以降を別と分ける人もいるかもしれないがひとまず同じとしておきたい

この別キャラクター同然に変化するというのが引退を決めたキモになる

カーマ実装される数日前のイベントステージにて今後の予定としてゲームイベント情報がお披露目された

PVの公開やちょっとした情報の他、これが実装されますという形でカーマの初期の姿が公開されたのである

前述の比率の通り、初期の姿は全体の1/3の要素であり最終段階がいわゆる完成形の状態である以上、本質的な部分ではない

にもかかわらずイベントステージで公開されたのはそのガワであり、再臨(進化)段階で演出と宝具名称が変わるという情報のみだった

そして実装当日の告知にも同様の形で情報掲載されガチャ実装された

私はイベントを触る前にガチャを回し、再臨させて上記事実を知りそのままフェードアウトしてしまったが、時限式シナリオとの記載があったので恐らくイベント上でも数日はこの再臨による変化は明かされないのだろう

キャラクターを売り物にする上で「初出のキャラクターで」「宣伝に出した見た目が」「実際には別物に化ける」というのは消費者馬鹿にしていると私は思う

過去の例で言えば同じくシナリオ上のギミックになる(と思われる)キアラの様に後から追加される、だとか

カーマと同様に別キャラクターのように外見が変化するサリエリの様に登場シナリオクリア後に追加される、だとかなら私は何も言わない

初登場の時点でガチャという商品に追加したなら「外見で気に入る」か「なんとなく」で回すくらいしかないのにその外見を裏切る行為をまともだとは思えない

FGOというタイトルシナリオを売りにしていることもあり、これが今回のイベント及び次の2部シナリオにおけるシナリオギミックであろうことは理解する

だがその上で提供者の「やりたい」の為に消費者犠牲を強いることが真っ当な行いだろうか

過去の例と同様に後からの追加で良かったではないか商業的にはマイナスでもメインシナリオを年内にやりたいからとクリスマスを前倒しにしたFGOなら出来たではないかと思うのだ

カーマ依代体年齢は不詳なのでキリよく10歳とするが、10から20歳20歳から30歳、30歳から40歳と成長するにあたり、一番が意見変化が大きいのは「子供から大人であるのは誰でも分かる

現実的にも成長期を介する時点で人によっては「これ誰?」くらいの変化があるのは経験しているだろう

子供から大人に変化するというのは壮年から老齢に変化するような大きな話なのだ

初見一目惚れしたキャラクターが再臨した瞬間、老人になったら素直に「やったぜ」と言えるだろうか

リアル人間の付き合いなら外見の変化は些細なことかもしれないが、付き合いすら発生していないキャラクタービジネスでやられても困る

正直今回の件について怒りを覚えているのはごく少数ではあると思う

大多数の人には「なにキレてんだコイツ」としか見えないだろうし理解もされないと思う

「初登場キャラクターの見た目を気に入って、無償石ではなく有償石を購入し、手に入れたものは外見が大きく別物になるものだった」などという体験は通常ほぼできないというのもある

FGOにおける再臨はごく一部のケースを除いて服装が変わる程度のもので告知にも宝具の演出名前が変わるとあった、という「常識的にこうなるだろう」という思い込みもあった

それでも私にとって今回の事案は詐欺しかなく、運営元の両社はこういった行いを平然とするものだと認識をしたのでこの備忘録を持って引退とする

願わくば二度と私のような思いをする人が出る施策が今後起きないことを祈っている

2019-02-26

[]2019年2月25日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00637441118.132
01418304202.535
02416453157.462
03173961233.0125
04121874156.254.5
05103330333.034
06212184104.048
0735289082.657
0881653180.636
0985632474.444
101491049470.439
112081457570.144
121681156668.829
13107688464.343
141401102478.738.5
15168902953.731
16208973746.831
171571025265.334
18124936875.534.5
1910310369100.745
20135884565.527
219911191113.034
2212212814105.039.5
23929838106.944
1日238619527881.836

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(190), 自分(147), 増田(87), 話(78), 今(77), 前(68), 日本(60), 好き(57), 普通(54), 人間(54), 男(53), 女(52), 仕事(50), 意味(48), ー(48), 感じ(47), 問題(47), 気(47), 沖縄(44), 必要(44), 子供(43), 最近(41), 他(40), ステマ(39), あと(39), 相手(37), 反対(35), 時間(35), 理由(35), しない(34), 嫌(34), バカ(32), 存在(31), 今日(31), 昔(30), 金(30), 理解(30), デブ(30), 会社(29), 気持ち(29), 社会(28), 女性(28), 正直(28), 結果(28), 一番(27), ゴミ(27), ダメ(26), 国(26), 頭(25), ネット(25), 親(25), 別(25), 無理(25), アメリカ(25), 言葉(25), 子(25), 生活(25), ワキガ(24), 全部(24), 興味(24), 手(24), 逆(24), しよう(24), 日本人(23), 結局(23), 目(23), 毎日(23), 関係(23), 基地(22), 中国(22), 投票(22), 男性(22), タイプ(22), じゃなくて(22), 誰か(22), 状態(22), 他人(22), 顔(21), 場所(21), 店(21), 病気(21), 状況(21), レベル(21), 世界(20), 一緒(20), 人生(20), 時代(20), 場合(20), 馬鹿(20), 東京(20), 名前(20), 勝手(20), ただ(20), 遺伝(20), 全て(19), 日記(19), 原因(19), 友達(19), 結婚(18), 基本(18), 普段(18), 心(18), 納得(18), twitter(18), 全く(18), 絶対(18)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(87), 日本(60), 沖縄(44), ステマ(39), アメリカ(25), じゃなくて(22), 中国(22), 東京(20), twitter(18), Twitter(17), 辺野古(16), わからん(16), ツイッター(16), マジで(16), まんこ(16), 可能性(15), 投票率(15), 元増田(14), KKO(14), 分からん(14), …。(14), 米軍(13), 女子高生(13), いない(13), AV(12), AM(12), 橋本病(12), ネトウヨ(12), OK(12), PM(12), なのか(11), 静岡(11), 1年(11), w(10), 1日(10), 安倍(10), 個人的(10), 基本的(10), 毎日(10), リアル(10), なんだろう(10), 1人(9), スタバ(9), 自衛隊(9), 海兵隊(9), ブコメ(8), スマホ(8), 平成(8), ポリコレ(8), 米軍基地(8), hatena(8), ワイ(8), キチガイ(8), ツイート(8), 知らんけど(8), SNS(7), 引きこもり(7), 沖縄県民(7), ブログ(7), 韓国(7), JK(7), 一般的(7), 数年(7), 沖縄県(7), デニー(7), アカデミー賞(6), いつまでも(6), 九州(6), サリエリ(6), 一緒に(6), 反対派(6), 精神科(6), 1時間(6), アジア(6), 5ch(6), 普通に(6), 笑(6), and(6), キモ(6), 池袋(6), 大阪(5), モーツァルト(5), グアム(5), 平和憲法(5), ガチ(5), なんの(5), ja(5), 遺伝性(5), あいつら(5), 好きな人(5), 2回(5), ステレオタイプ(5), pawoo(5), 娘(5), 昭和(5), 1週間(5), ヤバい(5), チヤホヤ(5), 自民(5), 多様性(5), イヤホン(5), 剃毛(5), 精神的(5), 2019年(5), 世界観(5), 一日(5), なっちゃった(5), ワロタ(5), はてブ(5), 普天間(5), cal(5), 自民党(5), s(5), 30分(5), 外国人(5)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

サリエリ(6), 焼きうどん(4), PMC(4), デニー(8), バセドウ(4), Daigo(3), デート・ア・ライブ(3), pawoo(5), グアム(5), バセドウ病(4), 1000k(4), ステマ(39), 太る(15), 基地(22), 米軍(13), 遺伝(20), AM(12), スタバ(9), 沖縄(44), PM(12), 痩せる(9), 痩せ(21), まんこ(16), 不細工(12), 投票(22), 栄養(10), カロリー(16), デブ(30), イキ(14), 体重(12), 黒人(12), 昼(12), 反対(35), 広い(9), 狂っ(10), 中心(13)

頻出トラックバック先(簡易)

■声に出して読みたい人名 /20190223203629(23), ■ネットでは女子高生がやたら持ち上げられてるけど /20190225113708(21), ■ダイエットできない人を科学的に調査してほしい /20190225093350(18), ■ネーミングセンス馬鹿にされる /20190225071310(15), ■黒人のように話せって言ったら滅茶苦茶怒られた /20190224233411(13), ■35歳過ぎても働けない系男子でーす☆ /20190225164120(11), ■パソコン通信とかインターネット黎明期テーマにしたおすすめ作品 /20190223234827(10), ■みんな自分が男であることをどう割り切ってるの? /20190225220817(10), ■メリケン粉朝鮮漬け /20190225121244(8), ■宇宙は広いな大きいな~♪ /20190225141357(8), ■スタバギャン泣きする子どもに遭遇した /20190224130707(8), ■もうさ、米軍沖縄から全部追い出そうぜ /20190225085728(6), ■40代おっさんの性欲 /20190222003757(6), ■"1年=365日"とか無理。 /20190225100013(6), ■優しい我が妻への当惑 /20190225142716(6), ■日本で一番優れた気候地域はどこか /20190224151657(6), ■ギャン泣きする子供 /20190225074246(6), ■結婚したら妻が毎日体調不良で困ってしまって /20190225175514(5), ■全ての人間自分を律していたら /20190225024529(5), ■困った時はお互い様 /20190225124032(5), ■anond20190225161139 /20190225161258(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6053470(1791)

2019-02-25

anond:20190225161722

E.サティ「犬のためのぶよぶよした前奏曲

E.サティ「犬のための本当にぶよぶよした前奏曲

サリエリ「見出されたエウローパ

さあどれがゴミだ?

anond:20190225161953

たからとりあえず挑発しておいたけど今度からサリエリって署名してほしいわ~そしてNGワード設定はよ>はてな

2019-01-09

anond:20190109113957

最近イベント参加のハードル高いけど、だいたいガチャ存在がバレてるキャラ(雷帝サリエリ、シトナイ、衛士長とか)が原因なんだよな…… わざわざハードル上げる意味あるのかなあ

2018-12-16

ボヘミアンラプソディ見てないけど感想書く

ボヘミアンラプソディは見ていない。

クィーンが好きじゃないからだ。

かといって嫌いでもない。興味がないのだ。

興味がない人間がわざわざクィーン映画を見てもしょうがないと思ってるから見ない。

なので映画自体は見てないのだが、ボヘミアンラプソディーを見て褒めてる人を見ると嫌な予感がするのだ。

どういう予感かというと、昔流行った音楽映画アマデウスを褒めていた人間に感じるのと同じ下品感性である

知らない人のために説明しとくと、アマデウスとはモーツァルトサリエリ映画である

音楽家として世俗成功は納めたが凡人のサリエリが、天才モーツァルトの才能に嫉妬し、

嫉妬の余りモーツァルトを毒殺するという映画である

まるでゴシップ週刊誌のような筋書きであるしかし昔これがヒットしてしまったのだ。

これは音楽映画としては不幸な成功というしかない。

だがしかし、大して音楽に興味もない客層に受けるためには、

こうしたゴシップ趣味のフックで引っ掛けていくしかないのが悲しい現実である

さて、ボヘミアンラプソディーだが、どうも感動したとか言ってる人の感想を見たり聞いたりしてみると、

アマデウスと同じ週刊誌ゴシップ感性が鼻につくのである

真面目にやってる音楽家の毎日はすっごく地味である

でもプロとはなんだってそういうもんだと思う。

ボヘミアンラプソディーはそうした現実から180度反対の、

事実に題材を取ったゴシップファンタジーとなっているのではないかというのが自分の予想であるが、

もしそれが当たっているとしたら、そんなものを喜んで感動している大衆は不幸であると思う。

2018-07-23

復刊ドットコム燃えてたけど

サリエリの復刊交渉してたのに会社名前を背負ってサリエリ名指しで購買層を小馬鹿にした意味が解らな過ぎて笑えた

復刊ドットコムでの復刊を決めた作者が気の毒

検索してみたら出るのは嬉しいから買うけど復刊ドットコムに金落としたくねぇムードが漂ってるし

かにブームが過ぎてたら悲惨から復刊ドットコムゆっくりペースでは間に合わんかもだけどわざわざ言う事か

流行りに乗って今電子書籍スピード復刊の方が絶対に稼げそう

2018-04-11

サリエリとかひいてないの?

話題になってるやん。

マンガ読むのも、ゲームするのも似たようなものだけどさー。

2015-12-14

増田が選ぶ音楽映画ベスト10とその紹介

音楽映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ!

お祭りをやってるらしいので増田も村の外でおどるぞい。

1. 『ライオンキング』(ロジャー・アレーズ、ロブ・ミンコフ監督1994年

2. 『ナッシュビル』(ロバート・アルトマン監督1975年

3. 『セッション』(ダミアン・チャゼル監督2014年

4. 『EDEN/エデン』(ミア・ハンセン=ラブ監督2014年

5.『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』(コーエン兄弟監督2013年

6.『アマデウス ディレクターズカット』(ミロス・フォアマン監督、1984-2002年)

7. 『はじまりのうた』(ジョン・カーニー監督2014年

8. 『アンヴィル! 夢をあきらめきれない男たち』(サーシャ・カヴァ監督2008年)

9.8 mile』(カーティス・ハンソン監督2002年)

10. 『あの日のように抱きしめて』(クリスティアン・ペッツォルト 監督、2014)


1. ディズニー枠にしてミュージカル映画の精髄。アラン・メンケン確立したディズニーミュージカル黄金律の完成形でもある。ポストメンケンではやはり『アナと雪の女王』が頭一つ抜けている印象。

2. ハリウッドに最も嫌われたアメリカ人監督ロバート・アルトマンアメリカ保守層体現する南部という土地カントリーミュージックという文化シニカル活写することでニクソン政権下の母国をするどく批評した、というと小難しい社会派映画みたいだが、実際の中身ゆるゆるでお気楽グダグダカントリー群像劇である歌声一つで嫌なことも苦しいことも大変なことも何もかもどうでもよくなる、という音楽の魔力を良くも悪くも見せてくれる映画

3. 菊池セイコウさんの dis はこのさい放っておこう。すくなくともこの作品は『音楽映画』としての役割と魅力を十二分に発揮しているのだから。要するにパワハラ上司に対するリベンジ映画なのだが、(主人公と観客両方に対する)抑圧と解放手際が実に﨟長けている。何よりリズム映画だ。

4. ふらふら楽しくガラージDJとして遊んで暮らしていたアンちゃんが30超えて「あれ? もしかしておれ、社会的あかんくね?」と狼狽えるフランス映画。年をとるにつれ銀行員対応がすげなくなっていくのが切ない。こんなダメダメな反社会人でも才能ある妹を持てば人生映画化してくれるんだから、持つべもの家族であるDJシーンの快楽選曲面でもビジュアル面でもクール

5. ふらふら楽しく60年代NYフォーク歌手としてネコと楽しく暮らしていたあんちゃんが恋人妊娠させてしまったことで「あれ? もしかしておれ、社会的あかんくね?」と狼狽メジャーデビューを目指すアメリカ映画楽曲の質の高さもさることながら、さまよえる主人公を捉える画面も洗練されている。どうでもいいが主人公オスカー・アイザックは次の『スターウォーズ』でけっこう重要な役をやるらしい。主人公の恋敵役を演じるジャスティン・ティンバーレイクが影のMVP

6. 説明不要の超ビッグタイトル。要するに悲恋BL天才ウォルフガング・アマデウスモーツァルトに恋した乙女サリエリちゃんが才能のことを考えると胸が切なくなって毒殺疑惑をかけられちゃうの。

7. ギリギリミュージカルではないのに、歌のやりとりだけで物語が進行するクレバー構成音楽映画。「音楽っていいもんですねえ」ということを骨の髄まで叩き込んでくれる。Maroon 5アダム・レヴィーンがいい仕事している。監督の前作の『ONCE/ダブリン街角で』も人生のすっぱさから目をそむけずにポジティブな救いを歌った佳品。

8. ドキュメンタリー枠。誰からもその才能を認められていたにもかかわらず、なぜか売れなかったメタルバンドアンヴィルしかし彼らは諦めなかった。副業のかたわらコツコツと三十年もアメリカの片田舎バンド活動継続しつづけていたのである。三十年周年を記念して世界ツアーを計画した彼らだったが、その道中をトラブル続き。しかし、そんな彼らがとある国を訪れたとき奇跡は起こるのだ。

9. ヒップホップ枠。今週末公開の『ストレート・アウタ・コンプトン』の出来次第では入れ替わるかもしれない。負け犬が這い上がる系映画

10. ジャズ枠。名曲「Speak low」の使い方がたまらない。

2015-12-09

12月になると見たくなる映画アマデウス」を思い出して、気がつく。

自分には悪意がないけど、まるでサリエリみたいじゃないか……?

映画のなかで、宮廷音楽サリエリは、モーツァルト天才的な

音楽の才能に気づき凡庸自分を呪って焼けつくような嫉妬から

神を恨み、神に愛された才能をもつモーツァルトを死に至らしめる。

破天荒な振る舞いで(モーツァルト発達障害だとも言われる)

社交界から孤立してしまい、極貧生活のなか病床のモーツァルト

サリエリは、大金をチラつかせ、不眠不休の無理なスケジュール

まるでモーツァルト自身のためのレクイエム(死者のためのミサ曲)を作らせる。

そして、結果として(サリエリの願いどおりに)、死に至らしめる。

いや、自分には、そんなサリエリみたいな悪意は本当に皆無なんだ。

感謝と恩義の気持ちこそあれ、決して妬んだり嫉んだりの感情はないし!)

ただただ、天才モーツァルトの紡ぎ出す音楽が・旋律が・文章が大好きで、

(その素晴らしさに、同時代に生きて触れられるだけで喜んでいるほどで)

でも、そうやって、自分が率直に・能天気モーツァルトを礼賛することで、

体調の悪いモーツァルトに、無理に作曲を続けさせて、

しろ死期を早めることに加担しているのではないか……。

ブログを拝見しながら考えていたのは、そういうことだった。

Hさんの最新の文章を読める嬉しさに舞い上がって我を失いながら、

同時に、頭の隅で冷静に自己分析をして強烈な罪悪感を抱いていた。

ブログ記事を拝見すればするほど、自分想像もしなかったような

壮絶な生活が「また」日常としてHさんを囲んでいることを知って、

ただただ、圧倒される気持ちで読み進めていた。

そして、Hさんの文章に触れられる喜びを感じながら、

Hさんの置かれている状況を知っても何もできない自分は、

そうやって、Hさんに文章を綴らせて、自分読書の楽しみのために

Hさんのいのちを・日々の生活を「消費」しているんじゃないのか……?

何度も、そんな可能性を自問自答した。

ブログを書くことで、Hさんが死への確信を深めていたとしたら。

やっぱり自分は、意図せずにサリエリと同じことを

天才モーツァルトにしようとしているんじゃないか。

Hさんが書いた文章が、今でもWeb上でいろんな人に思い出されたり、

語り継がれていたりするのを見つけると、

「そうなんだ、Hさんは本当にすごいんだよ」と嬉しくなる。

そんなHさんが、書き続けてくれることは、

いつか・誰かの目にとまって、自分のように感銘を受けて

大きく変わるキッカケを得る人が、出てくるかもしれないと眩しく思う。

それだけの、言葉文章の力をもっているかただから

でも、そうやって、いつか・どこかで目にする誰かのために

いま、Hさんが身を削って文章を紡ぎ続けてくれたらと願うことは、

やっぱり、とんでもなく我がままで傲慢な願いなんじゃないだろうか。

「ファンです」なんて軽々しい一言だけで

許されてはいけないことなんじゃないだろうか。

ブログ記事を読めて、すごく嬉しいのに、すごく苦しいし切ない。

いったい、自分はどうしたらいいんだろう。

2015-09-27

映画アマデウス」について

学生時代音楽の授業でそれらしき映画を見せられた。

ろくに覚えてないんだけど、柳沢慎吾みたいな顔の天才モーツァルトが「うんこうんこ」とか言いながらおならブーブーして

甲高い声で笑いながら奇行を繰り返して好き放題やってた映画だったと思ったんだけど

たまたま見た映画レビュー

モーツァルトの天賦の才能に嫉妬する姿をサリエリ視点で描いた名作」

とか描いてて、記憶の中のアマデウスと違ってて「あれ?」ってなったんだけど

じゃあ音楽の授業で見た映画なんだったんだろう?

2014-07-24

http://anond.hatelabo.jp/20140724021810

うまい・下手・美文・悪文・好き・嫌いがごっちゃになってないかな?

増田町田康を“うまい”と思ってるかどうか聞いてみたい。

いや、俺がちゃんと読めていないだけかもしれないが。

それはそうと、『アマデウス』はめちゃめちゃ面白いし、“うまい映画だと思うんだけど、サリエリモーツアルト比較して格付けして明確なイメージを広めてしまったのは、なんというか罪深いよね。俺がサリエリの孫だったら訴えたくなるレベル

文章うまいへた

 暇だからむちゃくちゃ書く

 いきなり浅田次郎の『お腹しませ』の跋から引用するんだけど「貴き母国語司祭たる小説家は、その記す言葉の一句一行に責任を負わなければならぬ」って、これなかなかカッコイイこと言ってるけれども、浅田次郎文章だってたいがいひどいときはある。語彙は豊富だけど脂っこすぎるから格調が損なわれちゃって、なんだか下品だなーって思っちゃう瞬間も多いよねってわりと共感してもらえると思うんだけどどう?

 で、こういう話をしてると必ず横から口を出してくる手合いがいて、言うことには「最近小説家文章レベルが低すぎる」。こういうやつには気をつけなきゃいけない、なにしろこいつはそんな侮蔑的なことを言いながらむかしの小説をあんまり読んでないからだ。たしか百田尚樹はおそろしいくらい下手な文章を書くし、現在まで残ってるむかしの小説家作品の多くはたしか文章が上手くて、そのうえたとえば川端とか百閒とかの異常な怪物がぐーんと平均値を上げちゃってるもんだから勘違いする。ひどい文章を書く作家作品は当然のように消費されただけで現在まで読み継がれてるものは本当に少ないってことくらい考えればわかるんじゃないの? 面白いことは否定しないけど、三十年後の子供が『永遠の0』とか『ビブリア古書堂の事件手帖』とか『容疑者Xの献身』とか読んでるわけないじゃん。だいたい残ってるひとでいってもひどい文章作家ってのは残念ながらちゃんと存在していて、ほら太宰治とか田山花袋とか小林秀雄とか超ひどいじゃん。あ、でも内容は面白いと思うよ、田山花袋以外の2人はね。

 まあ浅田次郎は「小説家なら上手な文章を書け!」とは言ってなくて、素直にちゃんと読むと「小説家文章日本語を使うひとにとってはお手本なんだから、せめて間違いのないように書かなきゃいけないなあ」って意味しかないんだよね。だから話はもうとっくに逸れてるんだけど、なんか言いたいこと思い付いたか文章うまいへたの話を続ける。

 そもそも無機的な文章小説文章うまいへたってぜんぜん別問題で、都市伝説レベルの話で好きなんだけどさ、三島由紀夫ってもともと官僚だったんだけどすぐ辞めたのね。ちゃんと東大出てたくせにぜんぜん仕事できなかったんだって。なんでかっていうと三島の書く文章がかっちりしすぎてて、官僚にとっての必須スキルである「余地を残す」文章を書くってことがまったくできなくて、まあ言ってみれば文章がうますぎて向いてなかったんだってさ。これはさすがに誰かが作った伝説というかいたずら話だと思うんだけど、三島文章って異常に人工的でみっちりしてるから何となる「あーわかるー」ってなっちゃう。改めてなかなか好きな作り話だ。

 たとえば誰だろう、最近でいうと朝吹真理子って年齢のわりに文章がうますぎてサラブレットってこういうことかあって感心するんだけど、このひとがふだんの小説エッセイで使ってる文章で書いた報告書ってたぶん読みにくいよね。いや、なんでそこでひらがなつかうんだよって苦笑いしてる上司の図ってめっちゃ想像できてかなり笑える。だいたい文章文学)ってのは芸術なんだから美しくなければ嘘でしょう? ってみんな大好き古井由吉先生松浦寿輝との往復書簡でさらって書いてたけれど、まあそこまで大上段からカッコイイことは言えないけれども、まあ言ってることはわかるじゃん?

 芸術なんだから判断は割れちゃうんだよ。日本人フェルメールが好きってよく言われるし、高校生はなぜか「はしか」のようにラッセンを好きになっちゃう時期を迎えるものだけど、美醜の基準なんてひとによって違って当たり前なのよ。モーツァルトサリエリの格付けは「アマデウス」がしちゃったけど、ヴェートーベンシューベルトのどっちが上って難しくない? って書くと「おまえさっき太宰が下手だって言ってたじゃん!」とかひどいのになると「山田悠介! 山田悠介!」なんて連呼されちゃうんだけど、山田悠介うまいへたじゃなくて「間違ってる」からダメだよ。とかいうと「保坂和志! 保坂和志!」って返ってきそうでキリがないのでいいわけをやめる。

 何が言いたいかって実はまったくの逆で、それでも文章うまいへたって、きっと存在してるんだよね。いや少なくとも自分のなかでは間違いなくあるんだよ。同じことを何回も言わないで済ませられるかとかね。何気ない言葉の選び方とか、リズムとか句読点の位置とか改行のタイミングとか語順とかセンテンスの長さとかほんといろーんな要素が絡み合いすぎてて、たとえばリーダビリティって文章のうまさに入るのって言われちゃうともう答えはまったく出ない。でも個人的には入らないと思ってるって結論だけはちゃんとあるんだ。

 そろそろみんな気付いてると思うけれども自分なりにうまい文章を書きたくて書きたくて、読み返して「わあ、おれって文章うめーじゃん!」って思いたくて自分なりに努力してきたんだけどまったくダメで、下手でどうしようもない文章なんだけど文章を書くのは好きで、だから深夜にこんな下らない長文を書いてストレスを発散しているんだけど、まーまず間違いなくこの文章は読み返さないよね。ひどいから

 文章書くのってなんていうか心地よい行為だと思うし、こんなところに文章書いてるくらいだからみんなもきっと文章を書くことが好きで、だからさー、なんていうのかな、小説家とか関係なくってこうやって日常的に文章を書いているおれたちなんかはさ、上手な文章を書きたいなっていう欲求を誰しも持っているんじゃないかって思うし、その欲求には忠実になってもいいと思うんだよね。

 あー、文章うまくなりてーなー。

2010-10-14

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1343

天才が羨ましすぎて死にそう。

みんなどうやって折り合いつけてるんだ?

俺には一生かかっても無理としか思えない。

最後最後歯ぎしりしながら「次こそは天才に生まれますように」と祈って死ぬと思う。

ていうかその前にどっかの段階で耐えきれずに自殺しちゃうんじゃないかという気もする。

サリエリのように狂って精神病院送りになる可能性も否めない。

ほんとみんなどうやって精神バランス保ってるんですか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん