「である」を含む日記 RSS

はてなキーワード: であるとは

2017-11-25

LGBTは裸の王様

あいつら全員基地外だろ?どのみち性欲が強い獣であることには変わりがないわけで、通常の性癖では満足できないからよりハードな刺激を求めてアブノーマルに走ってるだけ。

正常細胞の分裂に失敗すると癌細胞になる。正常な生物の複製に失敗するとLGBT生まれる。LGBTは子孫を残せないから淘汰される。(バイは子孫を残せるかw)

ポリコレ棒で殴られるから関わらないけど、ブラックリスト登録する手間が省けるから良い目印としては使える。

角界は色々体質が古いと言われるけどさ・・・

何といっても一般社会と比べて一番異質だと思えることは、荒くれている男たちの居場所であることなんだよね。

角界以外にもそういう居場所はあるけど、最近は各業界改革によって荒くれ男たちの肩身は狭くなりつつある。

稀勢の里だって横綱と言う「格」があるからこそ、日本人から一目置かれているけど、一般社会あんなのがいたら煙たがられるよ。

荒くれ男たちにとっては、相撲界は最後の砦と言えるのではないか

その意味では、貴乃花親方存在は異質だ。相撲界ではトップの争うほどのイケメンだし、現役時代技量品格とも申し分ない。

貴乃花親方改革がもし成功したら、角界はどう変わってしまうのか、目が離せない。

腐女子が隠れたがりとか嘘すぎでしょ

頑なに18禁化を拒否し続けてきたのが何よりの証拠ゾーニング否定的な人なんかいませんとか、住み分けには絶対賛成とか都合のいいことを言い続けてきたのに、この実態はどういうこと?

みんな賛成してるならなんで堂々と18禁化して住み分けないの?ちゃんとゾーニングしてますとか言ってるけど、それは同人誌の話である意味当然だし商業にはそんな意識はない。

実際には18禁雑誌はここ数年で都条例指定されるようになったから嫌々1、2誌作っただけ。で、この数少ない18禁雑誌単行本化するときには全年齢にして売るんだよ。これで男のエロがどうとか口出ししてくるんだから呆れる。

いざ都からお叱りを食らったり話題になったときだけ、私たち世間の目につかないように隠れてますとか嘘をつく。で、BLは誰も傷つけないのに規制なんてひどいとか、同性なら売春になりませんとか男のエロと違って精神性ガーとか騒ぎ出して、18禁化は一向に進めようとしない。

要するに腐女子の隠れたがりってのは攻撃受けそうなところから逃げて被害者ぶってきただけで、他人迷惑をかけないようにとか子供への配慮とかそういう意識は皆無。

はっきり言って男の比じゃないくらい酷い世界だよ。男向けでも18禁じゃなきゃあり得ないようなエゲツない内容でもゾーニング拒否して一律に並べて、小学生相手だろうが売ってるんだから

これで私たちはちゃんと節度をわきまえてますとかどの口が言ってるんだか。

anond:20171124115401

自分が読む本を見つけるメソッド

・好きな作家が好きな作家

好きな作家が、好きな作家はだいたい好き説。好きな作家が、インタビューとかで子供の頃に見てた作品とか、影響を受けた作品最近気になる作品を言ってたら読むリストに入れる。

・別々の情報源から同一の作品への言及

同じ作品を、別のメディアで見た時は、自分が好きな本である確率が高くなる説。

経験論だけど、わりかし当たる。

・とりあえず買う

本をいろいろ買ってると、"いま"読みたい本だけではなくて、"みらい"で読みたくなる本が無意識にわかときがある。とりあえず買って、何年間か寝かして、自分も本も熟成された頃に読むとめっちゃよい読書体験ができるときがある。...ことを言い訳積ん読を気にせずとりあえず買って合わなかったら積む。

リベラル現代にあらわれた「王党派」だよ

リベラル王党派みたいなものだよ。

子持ちの女性少数民族LGBTみたいなマイノリティを「国王」だと考えている。

  

  

↑ リベラルの主張は。おおよそこんな感じだ。

宗教的神聖さを失った「国王」の代わりに、ところよいマイノリティをまつりあげている。  

まあ、一種カルト思想ですわ。

そこを理解しておくと、いちいち腹も立たなくなるぞ。

  

https://anond.hatelabo.jp/20171125010441

自分語り」はまだいい

ネットであれ、テレビであれ、嫌なものはまず、読まない、観ないこと、が大事

座間事件報道不愉快だ、と書いてる人のほとんどがバカだな、と思うのは、テレビを消さないこと。

まず、テレビを消せ。

ゲーテは、新聞を読まなくなって精神的に健康になった、政治について語る奴は暇人だ、暇人はほっといて自分仕事をしよう、と言ってる。

不愉快ならテレビを消せ。

しかし、うっかり見てしまう、読んでしまうことはある。

そのとき、「自分語り」はまだいい。

自分語り所詮他人語り」だ。

シン・ゴジラがつまらない」は「他人にとって」であり、他人がどう思おうが俺には関係ないのである

しかし、

流石に不愉快に思うのは、「他人のおまえもこうするべき」と押し付けてくる物言いが一番不愉快だ。

20代でしておくべき10のこと」

知るか、クソが

そもそも、キリのいい10とか、たった1つとか、なるわけねーだろw

人生は無数の無駄なもんも含めて構成されてるんだよ。

無駄も含めて人生だ。

お前がどう思おうが、知ったことか。

自分語り」はまだいい。

他人はどうでもいい。

目の前でお前が死にそうになっても、俺は助ける義務さえない。

そのまま死ね

ただ、不愉快なのはな、

世界の有名企業だろうが、大学教授だろうが、文化人だろうが、芸能人だろうが、CTOだろうが、

他人生き方まで入り込むな。

お前らは成功者に甘い。

成功者意見を取り入れれば、自分人生成功できると思ってるだろ。

バカだな

そんなことより、「お前の人生を生きろ」よ。

そして、俺の人生はクソだった、世界はクソだった、と「自分語り」して死んでいけ。

俺はお前の「自分語り」を読まないし、お前を助けないし、お前も俺の「自分語り」を読まないし、他人は俺を助けない。

歳末助け合いなんてクソだ。

人生ってのは、いつも交わらず並行で、ストレートフォワードだ。

地獄まっしぐら

それでいい、それがいいんだろ

店員に横柄な親がキツイ

家族食事に行く、となった時、私のテンション奈落の底に落ちる。

元々家族、というか両親が好きでないのだが、彼らのことが好きでないことを最も実感させられる場が外食の席だ。

理由を端的に話せば、タイトルの通り、彼らは店員に横柄であるからだ。

まず注文の仕方。なんで君等そんなえらそうなん?なんなん?滲み出る威張りオーラは私の君等への嫌悪バイアスを取り払っても一向に晴れる気配がありませんよ?え?「ご注文お伺いします」の「おう」の地点で割り込むなよ。よくまあ人をイラつかせる絶妙タイミングと声のトーンで割り込めるよな。なんだこいつ。私が店員だったら前歯の間に伝票ねじ込んでやるからな?かつて「カキフライ定食」のひとことでここまで他人をげんなりさせる人間がいただろうか?少なくとも私は知らない。

あと店員にやたらキレるなおまえらな。雰囲気悪いよ。料理でてくんのがちょっと遅かっただけでそんなにキレるか?てかそれならそもそも混んでる店行くなよ。バカか。あと細かいことでイチイチごちょごちゃ言うなよ。器小さすぎかよ。そのおちょこより小さいんじゃないの?やたらぶーすか言ってる奴らと同じ席で飯食いたくねえよ。店員萎縮してんじゃん。仮にその店員最初からあんまり手際の良い人じゃなかったとしてもさぁ、そのできねえ奴のパフォーマンスを下げたところで何も良い方向へ向かわないからな?

ていうかおめえらと一緒に飯行くと三回に一回は店員がなんかしらミスるよな?おかしいよな?なんか変だと思ったことありませんか?ないでしょうね。おめえらがおかしいなんて1度も考えたことはないんでしょうね。幸せ者だな。私は幸せ夫婦の間に生まれてきたんだな。ほんとクソ。言っとくけど絶対おめえらの側にも原因はあるからな?おめえらの店員に対する態度自体がおめえらの店員運(いい店員を引く確率)を下げてるからな?

あーごちゃごちゃ書いてたら少しすっきりした。結構論理がめちゃくちゃで主観的すぎることも書いてしまった。元々私が店員にあまりあれこれ言わない、というか言えない方であるので、彼らとの価値観の違いも私をいらだたせる原因なのかもしれない。

これを彼らに言うことは一生ないだろう。というか言わない。夜も遅いし寝よ。

ベロンベロン

めずらしく金曜早く仕事上がって結局今の今まで酒を飲んでるわけである

0時過ぎたLINEには反応しないある意味マトモーな友人しかいないので増田に書くわけである

今の今まで独り身が酒を飲めるところなんで、世にいうマトモーなところでは無いわけである

さすがに自宅帰ってるけど、おビール片手なわけである

絶対明日頭痛くなるわけである

ワイン好きだけど、ワイン飲むとベロンベロンになる人いますか?

美味しいよねワイン

別にいま飲んでないけど。

いまのベロベロ状態だと記憶なくすとこまではいかないけど、

あとで自分が書いたベロベロ状態を見るのが好きというか

あとで後悔することを記録に残しておくのが好きなので増田書いちゃう

増田みんなすごいよね。

みんな文章うまいよ。

引き込まれるよ。

なんかうまいへたとかどうでもよくて長文書く人多いからかな。

熱を感じる。

ツイッターじゃ味わえいないよね。

承前とか書くやつうわ必死とか思うけど、別に増田じゃそんなこと思わないからね。

なんか書いてて酔ってるフリしてる気がしてきたから酔ってるフリしてかいたって体でもいいや。

別に嘘ばっかでもいいけどなくなってほしくないな増田

今日飲みいったところに千ベロってかいてあってベロンベロンってタイトルつけたくなった。

別になくなるわけじゃないけどなくなってほしくないなっておもった 。

みんな増田すき?

うんこ漏れそうなんでうんこしてきます増田よちえばうんこ

容姿問題が解消されれば、資本主義社会は終わる可能性もある

最近、思うことだが金持ち自分の金を貧者に分け与えないのは容姿が絡んでいるのではないかと感じる。

イケメン金持ち自分資産を維持していたいだけの話として単純化できる。

問題は、顔の良くない金持ちの話である

これが非常に厄介なのは、貧者に金をあたえるということが結果として容姿の良い人間との資産的な差異を無くしてしまうということだ。

そうなると、容姿というヒエラルキー第一になる。

すると容姿が悪い金持ちだった人間はなんとも言えない屈辱を感じることになるだろう。

自分資産イケメンに渡るのだから

そして、目の前で顔のいい女と男つがいになる。

こんなの耐えられるわけがない。

このような恐怖があるから再分配が進まないのではないかと感じる。

資産などの再分配が別のヒエラルキーを強化してしま可能性があるということだ。

容姿などのヒエラルキーが解消された時に、資本主義社会は案外内部崩壊をするのではないか

猫のことを思い出して泣いてる

我が家愛猫だった1匹を思い出した。

うちの猫名前はそうだな、ほくろってことにしておくか。ほくろみたいな茶色いところがあったし。

ほくろは死んでいないだろうが、もう永遠に会えないだろう。

がっしりとした男の子の猫だった。まあアホでまぬけでうるさい子!

うちに今まだ居るのは母猫だけどそんなに似ていない。細くてかわいい子だし。

何故会えないかと言うと、私の家は多額の借金があり、そのカタに私が幼いときからずっと住んでいた家を無くしたからだ。

猫は土地に着く。

ほくろは男の子だったので、母猫と違って家と外の行き来を自由にしていた。

だんだんと家に帰るまでのペースは開く。なかなか帰らなくなる。

そして私も家族最後に見た日を覚えている。

普段私が地元に居ないので、たまたま私が実家帰省した日にほくろも帰ったのだ。

一ヶ月ぶりの帰還であった。

熱を出していて、たらふく飯を食ってあいつは寝た。1日寝たら元気になって、またたらふく飯を食いこんであいつは出ていった。

それ以降、あいつを見ぬまま私の実家は私の家では無くなってしまった。

今私は親の住む新しいマンションに来ていて、親が録画していた猫の番組を見た。

雄猫の習性としてエリアを移動して繁殖をすると。暫くしてたまに地元に帰ってくると。

それを見た時にほくろを思い出した。

全く同じ周期であるテレビうつる猫もとてもほくろに似ていた。

ほくろを思い出して今一人号泣している。

もうあの家に私は帰れないし、例えほくろがまた熱を出して帰ったとしても家族は誰も居ない。

ほくろにまた会いたい。あの顔の大きさと少しぶさいくな顔。骨格のいい脚。

猫カフェじゃ絶対出会えないような子!

またうるさく私に頭突きしてくれ。うるさくていいから。たくさんご飯も食べていいから。

引っ越す前に戻ってきてくれたらまた一緒に過ごせたのになあ。

https://anond.hatelabo.jp/20171124215918

直径1m程のチタンの様な光沢のあるドス黒い球だこの球には様々な武器や道具が収められていて

これらを使用する人間は神にも悪魔にもなれるだろう…と言われていたのはもう昔の話。

この球体には三つの穴の開いた布がかぶさっている。

 いつのからかこの布は"パンツ゛と呼ばれている

 

人間は必ず死ぬ。俺がそうなった様にまず死ぬことがこの黒い球に選ばれるための最初の条件になる

 

選ばれると言うのは正しい表現ではないが便宣上使用しているこの件については後述する

 

次にこの白い布"パンツ"の存在目的について説明するそれは実に単純明快なことである

 

死者に新しい命を与えて地球上に潜む宇宙人を退治させるという事だ

 

宇宙人、それは一見荒碵無稽の様におもえるのだがヤツらは確実に、しかも相当数でこの地上に存在していてその姿や形、生態も様々だ。

 

ヤツらはなぜ退治されなければならないのか?

そんな理由は全く分からないし、知りたいともおもわないが少なくともやらなければやられるのだ……

恋愛の大原則

俺は幼稚園の頃から、そうじゃないかと薄々感付いてた。

小学校に入ってから、これは間違い無いと確信して友達に言ってみた。

友達もみんな賛成した。

 

その大原則とは...

それは、「人を好きになると、相手も必ず自分の事が好きである」という原則である

まり、この世に実らない恋など存在しない。

あるいは、人は実らない恋などしないものだ。

という感じですね。

 

この事に気付いて、俺たちは人生が本当に楽に成りました。

子供時代なんて金や仕事の事なんて考えなくていいんだから、悩みのほぼ100%は恋愛でしたもんね。

 

via http://aoyagi246.blog55.fc2.com/blog-entry-727.html

もこもこの足カバーを買った

膝上まであるやつ

ぬくい

これぞ小さな幸せ

よくよく考えると腑に落ちない世の中の反応

たとえば、40近い男が20代の女と付き合ったり、結婚したりすることに対する冷ややかな反応。

不倫とか脅迫とか、法律的道徳的問題があるのでない限り、当人同士が納得・満足していれば他人が口を差し挟む余地などないはず。

にもかかわらず向けられる批判的な目は、色恋沙汰が多くの人にとっての関心事であるはいえ、単なる嫉妬(=見苦しい所業)にしか思えない。

2017-11-24

発狂=抑圧からの解放

だろ?人は自分自分基地外だと気付いた瞬間から進化が始まる。自分基地外であることに気付けない奴は永遠に成長がない。

基地外は分かれ道になっている。一方は地獄の門で、もう一方は幸福の入口につながっている。日頃の行いが悪い奴は岐路を見逃す。

自分の本性を知るには殻を破ることが必要。卵の中にいる者は自分を抑圧している段階に留まっている。

無知の知」(ソクラテス

職場からセクハラを撲滅する、たった1つの方法

職場構成員を全員同じ性別にすれば良い。

男だけでも女だけでもどちらでもよい。

顧客担当も同じ性別にしてもらい、下請け取引先も全員同じ性別に揃える。

男女混合の職場である限りセクハラは無くせない。

○○ノキ

ネムノキ、ハンノキ、タブノキとかあるけど、

であることは一目瞭然じゃん。なんなの。

日本人はなぜ基地外なのか?

日本人精神が分裂している。

自分自分が嫌いな人がいっぱい。

過去自分の姿である子どもも大嫌い。

周りに嫌いな人しかいない者は、見える風景が全て地獄

日本人理想幸福自殺すること。気が狂ってる。Q.E.D.

既存の右でも左でもない「新しい」急進的な思想日本に現れるなら一定絶対数以下に減るまで高齢者ぶっ殺しまくるよ!って宣言する連中であるべきだよな、と思う

は?なんでここで姥捨て山?きみ日本の年齢別人口知らないの?小学校公民時間寝てた?

スマホ決済が盛り上がってる中国でも、やっぱり現金が最強だった

中国上海を2泊3日で旅行してきた。

いままで台湾香港には何回も行ったことがあったけど、どうしても中国本土に対する悪いイメージが拭えずに(人の多さとか、サービス精神の欠如とか、大気汚染とか)、今までどうしても行く気になれなかった。

ところが最近、気が変わった。

思っているほど酷い場所ではないのかもしれない、と。

しろスマホやIT技術活用など、日本より進んでいる面もあるのではないか、と。


ほら、最近ニュースメディアでも中国独自スマホサービスを取り上げてるじゃないですか。

スマホアプリのQRコードコンビニでも屋台でも支払いができるので、中国人現金を持ち歩かなくなっている」とか

「街中にはシェアサイクルがあふれていて、スマホでQRコードスキャンするだけで簡単に使えて、移動がすごく便利になった」とか。

現金嫌い&便利でラクなの大好きな私としては、もう気になると実際に試してみたくてしょうがない。

というわけで、嫌がる友達を説き伏せて、野郎二人で上海へ旅立った。


が、しかし、やはり中国という国は独自路線を歩む国だ。

だってクレジットカードVISAやMasterが基本的に使えない(外国人向けホテルとか空港OK)んだよ、あの国

その代わり、中国で使えるクレジットカード中国独自の「ユニオンペイ銀聯カード)」。その隙間をスマホ決済が埋めている感じ。

そのQRコードを使ったスマホ決済にしても、基本的には中国国内銀行口座を持っていることが必要、、、って旅行客には無理じゃね?

しかし、この現代社会でいまさら現金だなんて面倒くせえ!デジタル決済最強!

なんとか抜け道はないのか、といろいろ調べて頑張った結果、以下の「ツール」を手に入れた。

スマホ決済サービス】→「微信支付WeChat Pay)」

中国国内銀行口座がなくても口座を開設OKチャージ香港の代行業者経由でやった。(気にる人はググって)

※もう一つのスマホ決済サービスである支付宝(Alipey)」は、中国銀行口座がないとダメでした。

クレジットカード】→「完全プリペイドタイプ銀聯カード

日本クレジットカード会社クレディセゾン)が発行する旅行者向けのプリペイドクレジットカード


こうした有力な武器を携え、勇者(?)2人は上海へと旅立った。



===1日目===

空港に到着。

友は、空港内の両替所で1万円を人民元両替人民元をゲット。

俺は、空港内のATMでクレジットカード人民元を引き出そうとするが、何度やっても、また別のカードを試しても、エラーダメ一人旅だったら焦るとこだけど、とりあえず人民元を友だちから借りる。現金最強。

空港からリニアモーターカー地下鉄上海中心部へと向かうべく、リニアの窓口で交通ICカードを買う。

銀聯カード」のステッカーが貼ってあるので使おうとしたら「ごめんね、現金だけ!」だってさ、、、またしても友達から人民元を借りる。

銀聯カードが使えるのはリニア乗車券だけで、ICカードの購入はキャッシュオンリーっぽい。

ホテル最寄りの地下鉄駅で降りると、駅構内ATMを発見

早速クレジットカードキャッシングを試すと、今度は無事に引き出せた。人民元ゲット!

ホテルチェックイン

外資系ホテルだけあって、Visa / Master カードOKでした。JCBダメだったけど。

観光地屋台で焼き小龍包を食べる。

QRコードをかざしてる人がいたので「お、WeChat Pay使える!?」と思ったが、Alipayだけだった。

おとなしく現金で払う。

ガイドブックに乗っている上海料理店で夕食を食べる。

Alipayステッカーしか貼ってなかったので念のため確認したけど、やはりWeChat Payは対応していないとのこと。

その代わり、銀聯カードはOKだというので、カードで払ってみる。ようやくキャッシュレスで支払!

カード暗証番号入力した上に、伝票にサインまでするという、安心だけど面倒くさい手順だった。不正利用防止?


===2日目===

観光地・豫園(よえん)の庭園見学する。

お支払は現金で!

まぁこういう殿様商売キャッシュオンリーだわな。

クチコミサイトで見つけた中華料理屋で昼食を取る。

こちらもAlipayのみ対応Wechat Payは不可。お支払は現金で!

業界番手Wechat Payは対応してない店が多いみたい。(特に老舗は)

喉が渇いたので、商業ビル内のフードコートフルーツジュースを飲む。

店員に指差しで「Wechat Payで!」と伝えてからレジ横のQRコードアプリで読み込み、自分金額入力して支払い完了

やっとQRコードで支払えた、、、

上海市内の地下鉄フェリーに乗る。交通ICカードでピピッとお支払。

自動改札だけど、自動扉じゃなくて回転棒(?)を一人ずつ回して通過するタイプ

あと、地下鉄改札口には必ずセキュリティーチェックがあって、大きな荷物スーツケース)はすべてX線チェックされる。

日本安全すぎるのか、中国が疑い深すぎるのか、よくわからなくなる。

喉が渇いたので、コンビニミネラルウォーターを買う。

スマホ画面に表示させたWechat Payのバーコードコンビニ店員がレジバーコードリーダーで読み込むだけで支払い完了

これはラク。日本コンビニで「Suicaで!」と言って支払うのと同じ感覚

大手チェーン店対応が進んでいるのは、日本中国も同じなのね。

観光客向けのバイキングレストランで夕食。

なんと、スマホ決済はもよとり、銀聯カードダメ現金のみ!

さすが観光客向けの殿様商売レジお姉ちゃんもやる気なさそうだったし。


===3日目===

中心部散歩

歩いてみた範囲だと、地元民向けの屋台WeChat PayのQRコードを貼っている店が多かった気がする。

みんながみんなQRコードキャッシュレス、というわけでもなさそう。

空港で昼食。

さすがに国際空港なのでVisa / Master もOK。

だけど悔しい(?)のでWeChat Payで払ってみる。POSレジスマホ画面のバーコードを読み込んで支払い完了

アプリ内に店名や金額など支払いの記録がいちいち残るので、証拠や記録を残すには便利かも。

===結論===

もう面倒くさいか現金でいいじゃん!

いろいろ準備したのに「ツール」の出番が少なくて残念でした。

地元民向けのお店ならもっとWeChat Payの出番があったかもしれないけど、こっちは観光客で、地元民じゃないからねぇ〜

俺もちょっと期待しすぎた部分があるし、実際に現地に行ってみて「こんなもんか」とわかったのも良い経験だったかなと。

(あと、現地人と外国人観光客じゃ越えられない壁もあるし)

今度中国に行く機会があったら、現金をメインにしつつ、それでもやっぱりWeChat Payを試してみます

が、果たしてWeChat Payのチャージ残高約1万円を使い切るのはいつになるやら、、、

心の矢印:鷲崎健安藤忠雄

大学教授の授業はつまらない。彼らは別に学生にわかってもらおうとなんて思ってないだろう。

極一部だけ、自然と聞ける授業をする先生もいる。何がその他大勢と違うか。

それは別に話が上手だったりするわけではない。

学生の方に姿勢を向けているというか、対話しようとする意思が伝わってくるのだ。だから聞き手も聞きやすい。

俺はこれを「心の矢印が外向きである」と呼んでいる。

+++++++

中学生相手集団授業をするバイトをしている。真面目なので、毎回しっかり準備して挑む。

しかし、事前で考えてきた説明をそのまま吐き出しても、なんか微妙な感じで終わることが少なくない。

思うにわかやすさとは「演出である

その場に適切な?声の大きさとかトーンとか、話のリズムがあって、それに乗せて言葉を吐かなくとうまくいく。気がする。

家で「ここはこういうトーンで話そう」とか考えてきても結局また微妙な感じになる。

最初から上手にやろうとしても無意味だと最近気づいた。

そもそも「上手にやろう」と考えた時点でもう心の矢印が内向きなのだ

そのスタンスで吐く言葉相手には届かない。

最近少しだけ矢印を外向きにできるようになってきた。

+++++++

鷲崎健ラジオを5年くらい聞き続けている。

アニラジだけじゃなく、地上波ラジオもちょこちょこ聞くが、やはり一番ラジオが上手だと思う。

もちろん正解はひとつじゃないのだろうが。

何といってもゲストを掘り下げるのが上手である気持ちいくらいの深さまで掘ってくれる。

ゲストに対してだけではない。リスナーに対しても矢印を向けている。

ラジオは人としゃべることである」と本人も言っているが、

その対話を外で聞いているリスナーもちゃんと意識しているのが鷲崎健である

ゲストに対するリアクションが大きいのは、リスナーに「ここは笑っていいところですよ」と伝えるためだと思う。

からリスナーは”安心して”笑うことができる。番組雰囲気の一部にいるような気持ちになる。

+++++++

安藤忠雄展。メインの建築の話はまあ正直3%くらいしか理解できなかった。

コンクリート抽象的なTHE・Tadao Andoの建物だが、その実、立地環境を最も生かすように構成されている。

表参道ヒルズのことも、あのゆるやかな坂の傾斜を「建物内部に取り込もうとした」と言っていた。よくわからんけどすごい。

音声ガイドを聞いていても、住居にすむ人のことをよく考えていたり、一緒に仕事をした人の名前をよく挙げていたのが印象的であった。

独学で頂点に立った天才建築家である以上、自分のこだわりは曲げないみたいな、気難しい気性を想像していたが。

自分意見が受け入れてもらえなかったり、企画挫折連続だったとかの過去も、ちゃんと自分の中で消化しているのだなと感じたり。

あの光の教会も、めちゃくちゃ厳しい依頼の中での仕事だったらしい。

それでも条件を全部満たしたうえで自分作品を建てた。うーん、見習いたい。

あくまでも心の矢印を外に向けたまま、自分理想も実現するということか。

+++

国立新美術館の2Fでは新海誠展もやっている。

始めはインターネットアングラオタク向け作品自分がやりたいことをやるところから始まったが、

星を追う子ども》を経て、「観客の求めること」に作品を合わせに行けるようになったという。

矢印が外に向いていき大衆を指したとき、《君の名は。》が集大成として結実したのだ。

+++++++

以上、心の矢印を外に向けたいの話。

これまで勉強水泳オタクしかやってこなかった俺の矢印は内側を向いて錆びついている。

少しずつ還元していく。

男女平等絶対不可能である」に一度立ち返るべきじゃね?

『不当な差別への反対』が本筋でしょ?

ズレてきてない?

ゴジラ怪獣惑星は尺に無理があった(ネタバレあり)

本当にネタバレするからね。

まだ観てない人は読んじゃダメだよ。


今日見てきたんだが、設定を詰め込み過ぎ & 展開を端折り過ぎ。

総じて、尺の短さに無理があった。

ネタバレしながら愚痴るが、

これ宇宙船内のシーンで物語を始めて、地球に引き返してゴジラと一戦交えるまでの話なんだが、

物語内で言及されてる設定が、前日譚だけで↓こんなにある。

・ある日突然沢山の怪獣が地中や海中から出現。

最後ゴジラが出現して核攻撃までしても全然通じない。

宇宙人が2種類(宗教的な奴と戦闘的な奴)が突然人類に加勢したけど、やっぱり歯が立たず3人類まとめてボロ負けし、宇宙船地球から逃亡。

20彷徨ったけど住める星が見つからず、船内は物質的・精神的にかなり限界

はっきり言って尺に対して設定を詰め込みすぎだが、問題は凝った設定にあるのではない。

凝ってるというのなら、スター・ウォーズの方が設定は凝ってるが、あっちは物語描写に注力してて余計な説明をしないので、「それは何か背景がある」って感じで細かい言及をしないで済んでるのだが、

ゴジラの方はそれが出来ずに細かい設定に言及しまくっているのである

なぜそんな無茶をしたのかは明白で、主人公あくまで「現代日本人」という地に足の着いた存在にしたかたからだ。

未来地球未来兵器使ってゴジラ相手に戦いたいけど、主人公現代普通若者にしたい、という無茶苦茶要求を詰め込んだ結果、

宇宙船兵器宇宙人技術があるからOK主人公普通若者なのは宇宙船の状況が割と切迫してるからって事でOK地球が変わり果ててるのに主人公現代なのは恒星間飛行で時間が何とかかんとかって事でOK

と無理に理屈こじつけてるので、その部分を説明しないわけに行かなかったのだ。

こういうのを自縄自縛と呼ぶのだろう。

しかも、お膳立てにこんだけ手間取った上に「変わり果てた地球」を描写したいもんだから、そこでまた植生の変化なんかを説明するのに時間が取られ、

更に2種類の宇宙人(1種類じゃないのは、多分何か伏線的な意味があるんだろうけど)の異星人っぷりを描写するのに時間を取られ、

トドメに「なぜ人類は核まで使ってもゴジラに勝てなかったか。そしてなぜ今回は勝算があるのか」という理屈説明するのに時間を取られ、

当たり前のように無敵怪獣ゴジラ攻略時間を取られた結果何が起こったかというと、

人物描写の不在である

主人公ヒロインもいるにはいるのだが、前述のように設定開陳ゴジラ戦で時間取られまくってるせいで、

主人公たちにドラマを演じる時間は残されていなかった。

主人公はなんとか人物像や見せ場を作れたが、「フォースを信じるのだ」的な人間的な葛藤や成長を描く余裕はまったくなかったせいで、

最初から最後まで性格も主張も一切変わらず成長もしないという、ほぼ狂言回し存在と化しており、

ヒロインに至っては出番の回数もセリフも、扱いが脇役並である。(俺は名前も憶えてない)


そこまで削りまくらなければ尺に収まらない影響は全編に出ており、本来なら一番盛り上がるはずの「日常が壊れるシーン」つまり怪獣が出現する場面の描写は一切なし。

主人公は両親をゴジラに殺されてブチ切れてる設定なのだが、両親といるシーンも全くなし(というか両親は顔も声も出てこない)。

2種類いる異星人も、片方が理屈っぽくてセリフが長い種族なせいで、もう片方の種族描写がほぼなし。

ゴジラは一体だけで大して速度も速くないので、倒せないにしても宇宙に逃げなきゃならんほど追い詰められるには相当な時間と経緯があったはずだが、その辺も一切描写説明なし。

(っつーか、後半でビルならぬ山を崩してゴジラ埋めて動きを一時的にであれ封じるシーンがあったが、あれが通じるなら人類負けてない気がするんだよねー。)


まあその結果、映画本編は、前日譚の設定開陳がてら地球に戻る経緯を描写する序盤。

地球の変化を描写する中盤。

ゴジラ攻略する終盤。

の3段階のみとなり、一観客としては「もーちょい何とかならなかったのか・・・」という気分でエンドロールを見ていたのであった。


っつーか、途中で「こんなヤバい惑星住めないから、月に基地作って物資だけ地球に取りに来れば良い」的な意見を言ったやつがいたが、

アテのない恒星間飛行に出る前にそっちのプランをまず検討するべきじゃなかったのかね。

人口4000人って、それもう知識技術継承とか出来る人数じゃないし、最早勝とうが負けようが、原始生活に立ち戻る以外の選択肢が残されてない気もするしね・・・

MRJ死刑宣告「米中相互認証協定

中国アメリカ航空機型式認証について相互認証し合うことで合意した。

https://thepage.jp/detail/20171114-00000009-wordleaf

これから航空機ビジネスを大幅に変えると同時にMRJ死刑宣告に等しいニュースであるにも関わらず

国内では反応が薄いのでここに吐き出す。

MRJは周知の通りであるアメリカ(FAA)の形式認定の高いハードルを超えることが出来ずに設計変更を繰り返し

未だに耐空性能評価の獲得すら至っていない状況である

そんな状況の中でこの協定により中国に先を越されてしまった。

この協定の中身は航空製品の耐空性能評価で、中国民用航空局(CAAC)がFAAと「相互認証」するもの

つまリ中国基準クリアさえすればアメリカでもクリアしたとみなされる。

まだ部品だけなのでアメリカで実際に飛行するなら実機でのFAAの試験必要だが

部品試験パスされたというだけでMRJよりも先の段階に進んでしまう』ことになる。

ARJは今までは中国国内しか使えない国内専用機から競合しないと言われてきた。

これによって一気に情勢が変わってしまうのだ。

ARJは輸出のハードルがぐんと下がった。

性能は一段差あっても圧倒的な導入コストやすさはMRJには太刀打ちできない。

そして燃費信頼性サプライチェーンの充実度を考えるとエンブラエルE2と大差ない。(燃費自体原油価格の低下で顧客からそれほど重視されなくなった)

MRJ実質的にこれを持って生きる屍と化した。指揮者懸念していたとおりYS-11の二の舞いという悲惨な結果を座して待つのみだ。

何をどう生まれ育ったら、あん性格になるんだろう

からいから対面で説明して、とお願いせず

認識に相違ないかメールで頓珍漢な文面を寄越し

回答しろ文書での返事が難しいなら口頭で説明してもらっても構わない、だと

まるで理解できてないのに居丈高姿勢を崩さな

こいつとはもう関わりたくねーなと

本来担当者である彼に今後は確認してくれ、

自分は彼の指示で動いているだけだと

丁重お断りした

何をどうしたらあそこまで歪むんだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん