「DNA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: DNAとは

2021-06-19

ワクチン陰謀

親戚から電話がかかってきた。

ワクチンは打った?」

「打ちましたよ」

「あぁ…。あなた知ってる?あのワクチンは人のDNAを改変するものなのよ」

と色々コロナワクチンに関する陰謀論を話してくれた。

初めてちゃん陰謀論を聞いた感想としては、「そんなに人類頭良くないだろ」と思った。

SF小説世界観で生きているんだなと思った。

追記

この世にはゴム人間が沢山いるそうです…。

2021-05-31

anond:20210530091718

大澤さんの自由についての講義結構好きだよ

前略

―実は人間は、この世界自分存在しているという事に関して、責任がない。自分存在自分で選んではいいからです、だから当然、自分が生まれたがゆえに、自分がこの世界存在しているがゆえにやってしまった事、やらざるを得なかった事に関して責任がないわけです。一番もともとのところの責任がないわけですから、それに因果的に規定された残りの部分に対しても責任がなくなります子供はもともと自分が好きで生まれてきたわけではないので、この世界に耐えられなくて嫌になって文句を言っても、その事に関して子供を叱る事はできない。人間はこの世界の中に生まれてくる。しかも、多くの点に関して、何者かとして生まれてくる。つまり多くの性質を与えられて生まれてくる。例えば男か女かどちらかの性であるものとして生まれてくる。人種的な特徴を持ったものとして生まれてくる。あるいはある特定共同体の中に、例えば日本人共同体の中に生まれてくる。そのほかいろいろな性質を持って生まれてくる。そういう事すべてに人は責任がない。そうであるとすれば、人間そもそも責任がない。それがイノセントであるという事です。

子供から大人への移行

┗ここで問題になるのはこういう事です。責任がないという事は自分が選んでないという事です。逆に人間自由主体になるという事は、自分選択していると言える事ですから、今度はイノセントではありえない、つまり責任があるわけです。自由責任は表裏一体です。これは学校先生なんかは好きな言葉ですね。イノセントであるという事は、自由主体にまだなっていない段階です。自分のやった事に関して自分責任があるとは言えないという事です。そうすると、人間が成長するという事は、イノセント状態を何らかのやり方で克服・消去する事です。これが『イノセンスの壊れる時』という芹沢さんの言葉意味です。つまり本来イノセンスなんです。これを書き換えなければいけない。責任がありませんよ、というところを消して、自分責任があるんだと書き換える。そういう事をするのが大人になる事なんだというのが芹沢さんの言っている事です。イノセンスのこの書き換えをどうやって人間はやるのか、この書き換えのメカニズムを考えてみよう――それが芹沢さんの短い文章基本的趣旨です。

ここですごく重要な事を言っています常識的に考えると、次のようになる。子供自分イノセントだという事を主張します。「ぽく、悪くないもん」という事を行動や態度によって表明するわけです。そういう事を言ったときに、凡庸な親だと「いや、お前が悪い」という事を一生懸命教えようとする。しつけをするというのはそういう事だと思われているわけです。そういう事をすると、はじめは自分は悪くないよと言っていた子供が、やっぱり自分が悪いんだと思うようになる――というのが普通の親の考えている事ですが、芹沢さんが言っている事は全く逆です。子供が何らかの意味で「俺は悪くないよ」という表現をしてきたとき、そういう意思表示と解しうる行為をとった時に、逆に「そうだ、おまえには責任がないんだ」という事を認めてやれというわけです。子供イノセントだという事を自己表出したときに、まさにイノセントだという事を承認してやりなさい、と。そうすると、不思議な事に、まさに承認した内容とは逆の結果が出る。つまり子供イノセンスを認めてやると、逆にこれが否定されて、子供自分自身責任がある、自分存在に対して自身責任があるという自覚に到達するというわけです。責任自覚するという事は、自分存在自分に与えられた性質運命を自ら引き受けてやろうと考えるようになる、という事です。例えば子供が「生んでくれと頼んだ覚えはない」という意味の主張をしたときに、その事を全部肯定し、認めてやる事で、かえって人は責任ある主体に変わっていく。そういう事を芹沢さんは言っているわけです。

人間自由主体になるという事

客観的に見れば、子供イノセントであるというのは正しい主張です。だから自由主体になるという事は、先ほど言ったように、あえて、正しくない虚偽を(真として)認識しているかのように振る舞うという事なんです。本来人間イノセントです。でも、このままだったら人間自由主体ではない。自由主体になるというのは、本来こちらが正しいにも関わらず、本来イノセントであるにも関わらず、まるで自分イノセントでないかのように振る舞うという事です。だから大人になるという事は、真理に目覚めるという事ではない。逆です。真理は、むしろイノセンスの方にある。その本来の真理を隠蔽する事が、ここでいう書き換えです。この真理の隠蔽、この欺瞞は、有効意味のある隠蔽であり、欺轍です。具体的に言えば、皆さんは今こうやって生きていて、いろんな性質を持っている。その99.9%に関してあなた方は責任がないんです、本当は。例えば自分は足が遅い。考えてみると、これは親のDNAのせいなんだ。俺の足が遅いのは自分のせいではない。けれども、人間自由主体になるという事は、客観的に見れば自分のせいじゃないけれど、まるでその事に関して自分責任があるかのように自覚して、生きるという事です。簡単に言えば、足が遅い俺も、それもよし、足が遅い俺の運命自分で引き受けよう、そういう人生自分のものとして生さていこうという気分になる。まるで足が遅い人生自分で選んで、自分で引き受けてやってるような、そういう自覚に達したときに、人間自由主体になるわけです。

から、本当の事を教わる事で本当の事を悟って人間自由主体になるのではなくて、むしろ、本当でない事を生きるようになるのが自由主体になるという事なんだ、という事がまず頭になければいけません。

芹沢さんが圭張しているのは全くパラドキシカル方法で、子供イノセンスを表出してきたときに、そのイノセンス全面的肯定してやる。すると不思議な事に逆に子供イノセンス解体し、子供自分自身運命自分で引き受けようという気分になっていって、それがあって自由責任を担う主体になっていくんだという事です。なぜ。こういう逆転が生じるのか。なぜイノセンスを認めてやれば、その事によって子供はかえって自由主体になる事ができるんだろうか。その事が、そもそも自由っていかにして可能になるかという問題につながってくるのです。

親はどのように子供イノセンスを認めたらいいのか

┗もう少し芹沢さんの言っている事に耳を傾けましょう。いくつか面白い事例を出していますイノセンスを認めてやるのは普通大人特に親です。ですから、親がどうやってイノセンスを認めてやって、その事で子供自由主体責任のある主体に変わっていったのかという事を見るのがいいのですが、そのとき芹沢さんはわざとこういう例を使います普通の親子関係だとかえっで見えにくいので、養子縁組の場面で考えてみようというわけです。なぜ見えにくいかというと、普通の親子関係というのは血縁関係がありますから、はじめから親も子供自分たちが親子関係であるという事を当たり前の事であると考えてしまます。お互いに自分運命自然の事だと考える事で、親が子供イノセント存在肯定してやるという劇的な場面は半分終わってしまう。だけど、血縁関係のない親子関係では、親子関係をこれから作らなければいけない。だから、親が子供存在自分のものとして認める、あるいは子供が親を親として認める、そういう事を実際に意識的にやらなければならない。そこでわざと養子縁組の例で考えてみようというのが彼が提起する例です。

養子縁組というのは、何らかの理由によって両親がいない孤児がいて、そしてその孤児を自ら引き受けて育てていきたいという親がいるときに成立します。養父母は、孤児を集めている施設のようなところからひとり連れてきて、自分の子として育てるわけです。そのときポイントになるのは「真実告知」という場面です。つまり、実はあなた孤児だったんだ、それを養子として迎えて子供になった、そういう事実を告げ知らせなければいけない瞬間がやがて来るわけです。この「真実告知」の瞬間というものに、芹沢さんは注目しています子供養子として引き受けようとする人たちのために、どうやったら「真実告知」は成功するかというパンフレットがあるそうです。僕は現物を見た事はありませんが、芹沢さんの本に引用されていて、家庭擁護促進協会大阪事務所というところから出ている「真実告知例解集」という本です。それによると「真実告知」には三つのステップがあるという事が書いてあるそうです。一番目は『私たちは、血のつながりはないけれども、親子なのだ』という事をまず事実として言わなければいけない。ここで重要なのはいかにも否定的な言い方をしてはいけないという事です。「実は私たちは本当の親ではないんだよ……」という否定的な言い方ではなくて、むしろ「親子なんだ」ということを言うところにポイントがある。二番目として「私たちは、あなたを選んだんだ」「あなたが気に入ったから選んだ」という事を言うわけですが、このときに気に入った理由言ってはいけない。一番かわいかたから選んだとか、一番利発そうだったから選んだとか、ー番元気だったから選んだとか、そういう条件・選択において気に入った理由言ってはいけない。そして三番目は「いま私たちは完全に満足している」という事を言う。この3つのステップを追う事によって「真実告知」のセレモニーが完結し、うまくいんだと。

子供存在100%肯定する

┗このパンフレット解説が教えている事は、真実告知は、親が子供存在を、子供がここにいるという事を100%トータルに肯定する、100%承認している、その事を示す事がポイントだという事です。子供にとっては、自分存在は与えられたものです。自分がこういうものとして存在する、自分はこういう髪の毛を持って、こういう顔をしている、こういう性格を持っている、こういう性的趣味を持っている、そういう事も含めてすべてが与えられたものです。ひとつ自分のせいではない。その事がこの真実告知の三つのステップの中で目指されている事です。

否定的な言い方をしてはいけないというのは「本当の親子ではないんだけど…」みたいな事を言うと、まるで血縁の親子のほうが本当はよくて、今の関係はそこから見ると少し格下だという事を言った事になってしまう。そういう事を言うと、子供がいま置かれている存在肯定された事にはならなくなってしまう。

特に興味深いのは、第二段階です。選んだ理由言ってはいけないというところがすごく面白いと思います。親が選択したのだけれども、その選択理由がないという事は、それが、空虚選択、実質のない選択だという事になります。例えば皆さんが洋服を選ぶときに、いろいろ理由があって選びます。一番安かったとか、一番デザインがよかったとか、そういうときには選択に実質があるように見えます選択するという事は、他でもありえたという留保が付いているという事です。理由がついているという事は、どういう場合に、他でありえたか、という事が明示的になるので、選択に実質があるように見えるわけです。それに対して、何の理由もなしに選んだと。「なぜその服を着てる?」「いや理由はない、とにかく選んだ」というのは、選択はしているかもしれないけれども、実質のない空虚ものに見えてくるわけです。しかし、ここでは、単に選んだから選んだ、気に入ったから選んだとしか言いようがない空虚選択であった、という事を子供に言わなくてはならない、と述べているわけです。もし逆に条件づきで選んだとしたらどういう事になるか、と考えてみましょう。例えば「あなたが一番賢そうに見えたから選んだのよ」と言うと、これはもちろんポジティブな言い方です。ポジティブな言い方だけれども、実は子供存在全面的ポジティブ承認した事にはならないんです。賢かったから選ばれたという事は、もし十分に賢くなければ選ばれなかったかもしれないという事を意味している。だから、条件づきで選ぶという事は、子供存在100%肯定した事にはならなくて、部分的しか肯定した事にならない。あなたが一番よい子だから選んだという事は、よい子でなかったら自分は選ばれなかったかもしれないという事を意味するわけです。賢かったり、よい子であるその限りでの自分が親に肯定されているだけだからです。今度は子供視点から物を考えてみたらどうなるか。親に言わせれば、選んだから選んだという言い方しかないわけです。子供立場からすると、この選ばれ方とは、その親の選択自分全然関係していないという事を意味しています。もしある養子が賢いから選ばれたとします。そうすると、親が最終的には選んだかもしれないけれども、自分が賢かったという性質が親の選択を方向づけた事になります自分が賢くなるように努力したとか、あるいはそんなふうに頑張っていたわけではないにしても、自分がそういう性質を持っていたという事が原因になって、親が選択した。親が理由ありの選択をするという事は、子供の側から見れば、その選択自分が少しは参加している、関係している、という事です。よい子だから選んだという事は、自分がよい子であろうとしてきた、あるいは現によい子であった、その理由によって選んでいるわけだから子供のほうもその選択に少しは参加しているという事になります。逆に、理由なしの選択場合はそうはいきません。ここでは子供のほうには何の原因もない。親のほうが全面的に選んでいる。だからこの場合は、子供は彼が選ばれる行為に、全然参加していないという事になるわけです。そうすると、一見したところでは、理由なしの選択であった場合よりも、理由ありで選択した場合の方が、良いような印象をもってしまます。つまり子供自由主体にする、選択主体責任ある主体にしていくという事が目標であれば、親が理由ありの選択をしたほうが有利なような印象を与えます。なぜかといえば、例えば「あなたが賢いから選んだんだよ」と言えば、それは、賢くあろうとする子供能動的な努力を誘発する事になるからです。でも、そもそも理由なしに選ばれたら、子供としては親に気こ入られるために頑張りようがない。つまり、このときに、子供能動性を引き出せないようにみえる。ですからちょっとあさはかに考えると、理由ありの選択をしたほうが、子供というのは自分自身で頑張り、自分で何かをやろうとし、責任のある主体になりやすい――そう考えたくなる。しかし、実際には逆であって、理由なしの選択のほうが成功すると、パンフレットは言っているし、また芹沢氏も言っている。

このあたり

んで自由からリバタリアニズムに繋がって、(話題としては)でマイケル・サンデルかに繋がってくんだけど、そこは各々、自分がしっくりくる主義をみつけて、違う主義もつひとと折り合いをつけながらやっていきましょーねが資本主義だと思ってるけど。

とりあえず自分主義を探ってみるところからはじめては?自分の考えを言語化できるようになると、仲間もみつけやすいし、仲間と話せば、あなたなりの答えがみつかるかもしれん。

有名ドコロだと東野真夏の方程式とか、「子供無罪」に振り切ってておお~と思った

2021-04-21

童貞大好き女」が男に受けてる時点で男女の非対称性に気が付かんかな

反転したら「処女大好き男」なのよ

童貞くんを食べるのが趣味なんだよね」ってギャルと「処女ちゃんを食べるのが趣味なんだよね」ってギャル

前者は人気ジャンルだけど後者は見かけたことさえないわよ

増田意識高い人が多いから男女のジェンダー差異意図的無視して考えてみる思考の癖がついてる人が多いと思う

それは社会問題などについて思考する際には実用的なバイアスだけど、そのバイアスが高じて男女のセックス差異すらも無視してしまう人がいるのよね

男女のセックス無視して男女のコミュニケーションについて語ろうとするのは無理があるわ

男女の選好の差異セックス差異による先天的ものも多いでしょう

女はKKOに容姿を褒められるのを嫌がる人が多いのに男は割とそんなことないっていう現象ぶっちゃけジェンダーではなくセックス差異でしょ

女は選好した男以外の男はなんとなく嫌いで、男は選好した女以外の女もなんとなく好きっていう例え話があるけど、それはジェンダー規範ではなくDNAに組み込まれ情報なのよ

2021-02-17

anond:20210216220112

悪い男ヤンチャ系)に惹かれる女が多い。で、軽々しく結婚し、その女が孕んで、捨てられてシングルマザーになる。シングルマザーとなり困窮するのは問題だ、となるが、その支援あんまり手厚くすると、結局捨てられても女側に反省や後悔が生じなくなる。すると、悪い男子どもができても離婚すればよい、となり、悪い男反省せず、どんどん女を孕ませてはどんどん捨てる。結果、悪い男DNAが世の中に氾濫することとなり、勤勉という国民性が損なわれる恐れがある。だからシングルマザーには困窮させ、軽はずみな行動への自省を促し、女性全般悪い男に騙されるなというメッセージ国家ぐるみで発信している…。つまりは、警戒感を女性に身に着けさせることが目的なのかもしれない。死別理由にしたシングルマザーが困窮するのは気の毒だが。

2021-01-29

anond:20210129164008

不可能

 

先天性と後天性の区別はそうでなくても難しい。

走り方やセックスの仕方ですら、手本になる親がいなかったとか環境が変だったいう理由でできない動物もいるというのに。何が生まれつきで何が教育成果なのかをどうやってきめる?

そもそも遺伝という作用は、DNAだけ持っていても環境の影響がないと発現しなくて無意味場合も多いし。

2021-01-21

anond:20210121132031

20回することで男性器が活発になり着床しやすいたくましいDNAが育つんだよ

2021-01-07

の子宮頸がん、子に移行 羊水に混入、肺がん

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010700322&g=soc

この例は2組あり、いずれも肺がん発症したのは男児母子のがん細胞遺伝子を解析したところ、DNA配列に同じ変異があったほか、子のがん細胞には男性Y染色体がなかったため、移行したと確認された。1組目の男児免疫療法薬「オプジーボ」(一般ニボルマブ)で治療でき、2組目の男児は手術で肺がんを切除した。母親2人は出産後や出産時に子宮頸がんと診断され、その後死亡した。

母親は2人とも死亡。父親乳児を残され、片親育児をしていくことになったのかな。

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス母親感染させたのは誰なのかな。

母親結婚前に付き合っていた彼氏貞操観念皆無のウイルス持ちの薄汚い男だったのかな。

それとも子供父親結婚前にヤリマン元カノがいたり風俗に狂っていて不特定多数との性交渉によりウイルスをもらい、妻に感染させて妻を死なせ、子供肺がんにしたのかな。

2021-01-04

anond:20210104174037

戦争アメリカ土下座した日本人末裔日本国民だろ

君は日本人じゃないか関係ないのかもしれないが、日本人だったら強いものに逆らえないDNAが流れているはず

2020-08-26

anond:20200826143539

テロラーぜがとか、先生はむずかしいことをいうけど、

ようするに

DNAってのは、確率論的に、量子テレポートするんだよ。

あのな、DNAは量子テレポートするんだよ、ヨシヒコ。

2020-07-29

anond:20200729134234

警察にかけこんでおまたかDNA出る精子採取してたらそのくらいになるんじゃね

2020-05-05

「実るほど頭を垂れる稲穂」を生物デザイン観点で実現するには

どういったアプローチが考えられるだろうか。

まり「他よりも優れた能力を獲得すればするほど、利己的な行動に走らず、傲慢にならず、謙虚な振る舞いをするようになる。」という性質遺伝子DNAレベルで備わっている生物存在

SF的に「新世界より」の「攻撃抑制と愧死機構」と類似した感じの生体メカニズムで実現しているようなもので考えてみてほしい。

2020-03-22

anond:20200322184316

ちゅーせいはDNA鑑定団が居ないから元々誰の子分からん

夜這い文化も何であったかといえば結婚相手の子かどうかなんてけっきょく不明から

こそこそされるよりはだった

2020-03-18

anond:20200318224944

じゃあそういうコメント最初からつけろよ

どっちに加担したくて張ってるのかさえ主張なくポイポイ張って「ほらぁわかったぁ?」みたいな輸入業者は俺はだいっきらい

欠席裁判にも加担したくない上に今回はひどすぎワロタ

タマ悪い

DNAが9個とかも頭悪すぎ

ほんと増田は吹き溜まりだな

2020-01-29

anond:20200129221624

既にころにゃんの変異完了していて、

中国当局が発表したコロナDNA配列では当てはまらないってことさ。

2019-12-28

anond:20191228001509

問題意識低く、DNA鑑定軽視 遺骨取り違えで報告書 厚労省調査チーム

横田めぐみさんの遺骨は本当に偽物か?火葬された遺骨からDNA鑑定はほぼ不可能

遺骨からDNAを検出できなかったのはなぜか? 吉井講師は、ネステッドPCR法によって鑑定を進めた。ネステッドPCR法は、DNAを増幅するPCR(ポリメラー連鎖反応)法の1種だ。DNAを十分に増幅できない場合は、検出感度を上げるために反応を2回行う。

 その結果、感度がより高まるが、コンタミネーション試料汚染)が起きやすく、検出時間がかかり、分析精度が低減する欠点がある。しかも、吉井講師は、火葬骨の鑑定経験がまったくなかった。また、遺骨は鑑定時に使い果たし、再鑑定は不可能になった。

DNA鑑定の最高権威として知られる米国国立標準技術研究所のジョン・バトラー博士によると、1200℃で焼却された遺骨をDNA鑑定するのはほぼ不可能という。世界的なDNA鑑定専門家の多くは、北朝鮮提供した遺骨のDNA鑑定の結果は疑わしいと見ている。

 朝鮮半島火葬の習慣はないため、北朝鮮提供した火葬骨の捏造への疑念を主張する論調もある。

 拉致事件時系列に追うほど、内外の情報を集めるほど、ますます真相から遠のき、視界が悪くなる。なぜか?

 『ネイチャー』(2005年3月号)は、論説『政治真実の対決』を掲載、「日本の政治家たちは、どんなに不愉快でも科学的に信頼できないことを正視しなければならない。日本政府は、科学整合性犠牲にすべきではない」と強く反論

さらには、「別人判定を下した帝京大講師がその後、科学捜査研究所の法医科長となり、インタビュー事実上不可能になった。この転職拉致事件調査妨害する」と日本政府批判している。

 拉致されて38年となった昨年

http://healthpress.jp/2016/02/dna-18_2.html

2019-12-14

おっぱぶ嬢の働くモチベーションってなんなの。

なんで俺みたいな不細工にも寄り添ってくれるんだ。

笑顔で隣についてくれて。

おっぱぷもキャバクラヘルスソープもそうだ。

キモ客、おっさん生理的に無理な人たくさんいるだろう。

男の俺ならBBAが出た瞬間お断りだよ。お金の為とは言え、マン臭事変案件だったら絶対プレイ中にオエってなる自信あるもん。

そういう意味で、お水の人達はすげー尊敬してる。男には絶対出来ない。

これって女性から出来るのか。 DNAレベルでの違いなのか。

もし金の為というのなら、生活に困ってるなら、困ってる女の子多すぎじゃないのか?

2019-12-05

芦田愛菜みたいに聞き分けの良い子を産もう!

想像力0のお前と、そんなお前を選んだ糞男DNAの間に、どうやって芦田愛菜DNAを入れ込もうと思った? 君は、マッドサイエンティスト

2019-10-24

anond:20191024192710

その通り。「明らかにからまれた人であるDNAも人そのもの」な存在であっても、法律定義によって「人では無い」という扱いをされるその好例。

2019-05-08

生の痕跡か軌跡か

アリストテレスについて岸見一郎は書いている。

ギリシア哲学者アリストテレスは、キーネーシス(動)とエネルゲイア現実活動態)について、次のように対比して論じている(アリストテレス形而上学』)。普通運動キーネーシス)においては、始点と終点がある。その運動は速やかに効果的に達成されるのが望ましい。例えば、通勤や通学時には、一刻も早く勤務先、学校に到着したい。その際、自宅から目的地までの動きそのもの(は最終の目的)ではない。目的地に着くまでの動きは、まだ目的に達していないという意味で、未完成で、不完全である。『なしつつ』あることではなく、どれだけのことをどれだけの期間に『なしてしまった』かが重要である。(改行)これに対して、エネルゲイアにおいては、『なしつつある』ことがそのまま『なしてしまった』ことであるエネルゲイアとしての動きは、常に完全で、『どこからどこまで』という条件とも『どれだけの間』ということも関係ない。例えば、ダンスがこの例になるだろう。ダンスにおいては、踊ることそれ自体意味があるのであって、誰もダンスすることで、どこかに到着しようとは思わないだろう。」(岸見一郎『よく生きるということ』唯学書2012年12月10日p212-p213)

 なるほどそのとおりだ。では人生(生)はどっちだろうか。もちろん、エネルゲイアだろう。「人生は何かを達成してから始まるのではなく、今もう始まっているのである。今、ここで生きなければ、一体いつ生きるというのか。(中略)どこに到達しなくても、それを待たずに、刻々の『今』『生きてしまっている』からである。『もしも~であったら』と人生の先に起こるであろうことを待つことはない。それが実現するまでの生は不完全ではなく、今、人生は完成しているのである。」(岸見一郎前掲書p215)

 ところで、アリストテレスエネルゲイアという語をどう日本語翻訳するかということが気になる。現実活動態では全く何のことかわからない。だからタイトルにあるように、生の痕跡、軌跡と訳すのがいいのではないかと思う。今から4万年ほど前に絶滅した、現生人類の近縁の旧人ネアンデルタール人は、40万年~50万年前に現生人類と分かれた。しかし、その痕跡頭蓋骨などの骨として現在まで残り、DNA塩基配列分析によって詳しい生態が報告されている。彼らの生態はDNAから真実に近い想像によって蘇っている。生の痕跡を残しながら、彼らの人生の軌跡が見えてくる。彼らの人生痕跡・軌跡として完成された姿で甦る。

2019-05-06

anond:20190506055021

その適切な養育者見極めは、裁判所がやる、署名も一応は参考にされる、でも増田に何回同じことを書いてもなんにも参考にはされません。って何回いったらいいのかね

おまえら母親不適切という署名でもあつめて提出したらいいんじゃない

 

 

ちなみに離婚出産ときDNAにかかわらず女性にかかわりあった男性父親推定されるのも、

裁判所立場が一貫して「子供必要な養育者(観察者である養育者にお金を出す二次的養育者)の確保を優先した」から

もし裁判所が最高の保育ロボでももってて、ホイホイと親が犯罪した子供犯罪遺児)に宛がってやれる(財源もある)のなら

そんな法律はすぐにもなくなってしまうだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん