「パーソナルデータ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パーソナルデータとは

2019-04-05

anond:20190403192140

別にいいけど、パーソナルデータ公開されたら俺の増田にクソトラバやうんちを付けたり、パンティー改変したやつを探し出すよ?

ついでにゴミ増田パリコレ増田、再投稿は甘え増田、謎小説増田KKO増田も見つけ出して何を考えているのか『お話』をしたい

2019-03-12

つのまにかやらかしている

思い返せば、子供の頃からそうだった。

それまで公園とかで楽しく遊んでいて自分に対して好意的だった(はず)の人が急にそっけなくなったり、何となく仲間外れにされたりしがちだった。

自分がしゃべるとなんかちょっと変な空気になる。でもその原因がわからない。周りの人が何を考えているかがわからない。

中学校高校では、それぞれ在学中の半分くらい、いじめられた。仲が良かった人が突然冷たくなるのだ。理由を聞いても、「いや、別にそんなことはないけど…」と目をそらす。そうしてしばらくすると、また元に戻って、あのときはごめんね、と言ってくるのだ。(でも理由は教えてくれない)

高校では恋人のいる期間が二回あった。最初の人は自分から振ってしまったが、二番目の人は、なんかおかしいよ、と嫌われてしまって半年後にふられた。

気がつかないうちになんかやらかしているのだ。きっと。

それで、人と深く付き合うのはやめようと思った。狭く浅くにしようと誓った。

不思議なことに、周りの人のことなんかどうでもいいし、変に思われたっていいやと開き直ってからは人に好かれることが多くなった。自分発言で変な空気になるのは相変わらず何度かあったが、それでいじめられたりするようなことはなかった。

大学には色々な人がいる。そのため、自分のような人でも排斥されないのかもしれないと思った。

好きな人ができた。数年ぶりだった。

相手パーソナルデータほとんどわからない。知っていることは、どんな姿をしていてどんな服をきてどんな声でどんな喋り方をしてどんな文章を書くか、あとは少しのくせのようなものだけだ。月に数回会って事務的な話をする。初めはそういう感情なんてまったくなかったのに、数ヶ月後にいきなり好きだ!!!と強烈に自覚した。

そこからおかしくなった。

その人の怪訝そうな顔が気になって仕方なくなった。何かおかし発言をしていないか気になりすぎて会話を録音するようになった。業務メールも十数回推敲したうえでいったん自分に送り、このメール他人から受け取ったとしたらどう思うかとか、何か失礼がないかとかを病的なまでにチェックするようになってしまった。

その人は、勘違いかもしれないが、基本的には自分に対して人間として嫌いではないと思ってくれていると感じる。でも時々ひやりとした雰囲気になることがあって、きっとまたなにかやらかしているせいなのだ

それで気付いたのは、周りの人間がどうこうというよりも、相手になにかしらの形で執着するとやらかしが加速するんだろうということだった。つまり個人的問題なのだろう。

録音した音声を聞いてみても、きちんと丁寧な言葉を使えているし、失礼はない。ちょっとどもりがちではあるが、吃音症のレベルではない。

いったい何をやらかしているんだろう?

この世界自分の知らない暗黙のルールみたいなもので満ちていて、みんなそれを知っているのに自分だけ身に付けることができなくて、やばい奴だと思われているのではないかと怖くなる。昔みた「トゥルーマン・ショー」という映画を思い出す。話の筋は全然ちがうが、周りの人は知っていて自分だけ知らないという状況は似ている。どんな悲惨ものだとしても、自分もやはりトゥルーマンのように真実を知りたいと思う。

なんらかのやらかしをしていた経験のある人がいたら、どうやったら自覚的になれたか、そしてどうやって改善したのか教えていただけませんか。本当に困っています。これ以上嫌われたらたぶん死んでしまう。

2019-01-13

自分を隠すのは難しい

アカウント名前と端末と文体を変えて、匿名世界を移り変わり続けても

結局俺の中の持論、思想意識は全く変わらないのであって

いつかボロが出て「お前、[別のサイト]の[俺が昔使ってた名前 または そこで付けられたあだ名]」って言われる

芋づるの様に過去を掘り起こされる事もある

隠せないんだね、俺の自己顕示欲、俺の根本的な思想

いつか、何もかもが白日の下に晒されて、晴れてパーソナルデータフリー素材化するんだろうね

2018-05-17

anond:20180515145320

オフトピだけど

の子パーソナルデータとして「プリキュアとかの魔法少女が好き」ってあって

ニチアサが好きってのは見たが、「プリキュアとかの魔法少女が好き」というのは見たことがない(実際ゲームプレイしてみると、戦隊ヒーローに憧れてる描写がある)

なにかとごっちゃになっていないだろうか(あるいはニチアサと聞いて「スーパーヒーロータイム」のことではなく「プリキュア」と思い込んだのではないか

2018-05-15

anond:20180515144726

最近始まったシャニマスの最年少キャラ12歳のキャラがいるんだが、

の子パーソナルデータとして「プリキュアとかの魔法少女が好き」ってあって

正直んんん…? って思った。

橘ありすちゃんと同じ年齢やぞ…? ってのはともかく、

リアル女児で考えるにしても12歳でプリキュアは捻くれたとかダークサイドに堕ちたとかじゃなくて知的にアレってことじゃんと…

典型的ロリキャラアーキタイプとしてそういう設定を盛り込んだのかもしれないけれども、年齢設定を間違えてるから逆にヤバい感じになってて非常につらい。

モバマス横山千佳ちゃんも同じようなキャラ設定だけど、こっちは9歳。

ただ、おそらくこっちも本当は5-6歳くらいで設定したかったんだとは思うんだよな…

とかく、ファンタジーロリリアルロリの設定は諸々微妙な部分がずれがちである

2018-03-16

保険会社若い女性営業にきて自分自己紹介ペーパーみたいなのを置いていくんだけど、

マンガの購入特典のぺーぱーっぽいなあとふと思った

実名パーソナルデータからなんとなく集めたくなる

2017-05-22

#こちらの記事は取り下げをいたしました

このURL投稿していた匿名ダイアリーにつきましては、一定事実及び、投稿者主観的判断を含めて事実判断したものに対して、個人的見解や論評を記載したものです。

記事意図としては、インターネットサービスを利用する際に、ユーザの方々が自身個人情報* を提供する、リツイートなどの情報拡散を行うという場面において、今回言及したサービスに限らないことですが、自ら十分に調べることなく信頼してしまうことに対して、事業者ユーザーの双方に問題を提起し、警鐘を鳴らす考えで、記したものでありました。

そのため、当該サービス運営会社さまやその関係者さま、またユーザさまを含め、特定の、ないしは何人かの名誉を傷つけたりする意図は、一切ありません。

しかしながら、結果としてご不快に受け取られたとのご指摘をいただいたことに対しては、謹んでお詫びを申し上げる次第です。

運営会社さまから、直接、削除や訂正のご要望は頂いてはおりませんが、読まれる方によって、今回取り上げたサービスやその関係者さまを否定しているように受取られかねないとの見方がある記事を、残し続けることは、一切、本意ではなく、今回はまず、自ら記事を取り下げとさせて頂きました。

個人情報

個人情報保護法上に基づいた「氏名、生年月日その他の記述等により、特定個人識別できるもの」とされる狭義の個人情報だけではなく、個人プライバシー一種として保護されるべきものとして議論のある、行動、状態性格、考えなどの「パーソナルデータ」を含む、広義の個人情報言及対象としております

2016-12-25

http://anond.hatelabo.jp/20161225132445

人間というのは一人ひとりまるで違う生き物だと気が付いた時から

「数撃ちゃ当たる」論は正しいように思えるようになった。

やっぱりねぇ、外から人間の本性って分からいから、いろんな人間と深く知り合うことが大事なんよ。

そのためにやるべきは数撃つしかない。


将来、個人パーソナルデータがすべて電子化されて、誰がどんな性癖の持主か誰でも簡単に調べられるようになったら

この人しかいないというベストパートナーを一人見つけて口説くのが自然になるかもしれない。

けれど、それが実現するのはまだまだ遠い未来だと思う。

2016-10-20

「公=みなのものであり同時に誰のものでもないところ」は

個々の「私」の権利が大きくなると、利害調整しきれず、維持することが難しくなってくる

そして公は大きな力をもつ閉じた私に分割・分配される

どこでもだどってきた道

適切に分配できる者が権力を持ち、それがやがて新しい「公」になる

これから性別年齢趣味嗜好のパーソナルデータ登録するなどして自動ゾーニングを強化する流れになるだろうし、

ますますグーグルの天下になる気がする

http://anond.hatelabo.jp/20161020082527

2016-03-19

伊東ライフックスその後(音読した話)

実際に(行為中に)「がんばれ♥がんばれ♥」してみたこと
 http://anond.hatelabo.jp/20160317102919

つづき。

気づきの方はお気づきかもしれない、先日ホットエントリ入りした彼氏さんのほうのエントリー現在137B!なわけですが、「技術記事ですらこんなにブクマされたことない、しかも知人が食いついてたけど書いたのが自分だなんて言えない、辛い」だそうな。その後の記事はさっき読みました。感想はとくにない。興味があるひとは適当に探してみるとよいと思う。

先日以降、彼氏が完全な伊東ライフックスをしたいしたい言っていて、台詞だけ読んでみる?みたいな提案をしたわけです。
 思いついた理由はよく覚えていない。前回も書いたけど、わたしそこまで経験豊富じゃないんだよ。なんで最中にやれる自信はないけど、取りあえず声だけ出してみればよいのでは?と思ったんだった気がする。

そういうわけで。

何故に自分のほうが東方同人に詳しいのかあたりの話をすると、双方のパーソナルデータに突っ込んで解説せねばならなくなるので割愛させていただきたい。
 それはそうとして、どのお嬢さんの話がいいかなぁというのでざっくり彼氏に尋ねてみたんだけど、特に希望はない、というか誰が誰だかよくわからないとの返答。彼氏は常日頃からショタ同人ストライクだと主張しているあたりを踏まえて、東方projectで数少ない性別不詳キャラクターであるところのリグル・ナイトバグサジェストしてみたけれど、食いつきがあまり宜しくない。「伊東ライフリグル巨乳」だという点だけは把握しているので、若干あちらの趣味からズレる気もする。いやでもショタ声ならそっちがいいのか?

そんな感じでぱらぱら読んで、何となく(むしろ自分趣味で)「カノジョになったこ○しちゃん」をチョイス。
 古明地こ○しちゃん。わかる人にはわかると思うんで、わからない人は適宜調べると良い。

「○○君ってなってるとこどうする?××君でいってみる?」
 訊いてみる。名前を入れてね、的なアレだと思われる。
 彼氏からは、俺に新たな業を背負わせないでくれ、これ以上は耐え切れない、との返答。
 ここまでやっといて、業を背負うも何も。

時に伊東ライフ、話の種にサラっと読んだことしかなかったのだけれど、いまさらながら感銘を受けたので感想を書いておく。
 こいしちゃんのエッチな子でごめんねってすごい良いですね。こいしちゃんという子がよくわかっている。あと、この子俯瞰の構図で肩を出させるのもよくわかっていらっしゃるかわいいこいしちゃんかわいい。上目づかい可愛い自分可愛いってわかってるモーション可愛いこいしちゃんのトロ顔がめたくた可愛い。この作家さんのポテンシャルを把握しきれていなかったようだ。これは使える。どこに向かって謝ればいいのかよくわからないけど音読しながら土下座したい気持ちになったことは書いておきたい。これは良いものだ。
 あと、伊東ライフ同人作品を読む度に思うんだけど、どの子でも射精終盤で「まだまだ出せるだろ?」的フレーズを入れてくるの、あれは男性的に良い(性的な意味で)んスかね。辛そうだ……と思ってしまう。以前、あるひとが「彼女たちは精液を搾り取る厳しさ激しさと底なし包容力を併せ持つ地母神なのだ」みたいなことを書いてたのを読んだ記憶があるんだけど。や、言うのはちょっと楽しそうだなと思ってしまうんだけれどそこまで積極的にはなれねーなというのも無くはない。

同人誌への個人的感想はさておき、ところどころ地に戻りつつ(恥ずかしすぎて我慢できなかった)、
 喘いでるところは適当にスっ飛ばしながら数ページほど読む。
はい、こんなんでよいでしょうか」
 沈黙。へんじがない。しかばねのようだ。
しばらくしてから「素晴らしかった」的な返答が返ってくる。

続けて、なんか二言三言うまいことを言ってはったような記憶があるんだけど、それより気になったポイントとしては、
(この短時間で抜いたのかこいつ…)
 っていう。あの沈黙中に抜いてたんだろうか。実際どうなんだ。
 そのへん、男性生理ってよくわからないので地味に気になる。

いやーよかったよかった本当に良かった、と満足げな感想と大絶賛をfacebookメッセンジャー向こうに聞きつつ就寝した。
 これはこれでバカップルだと思う。心底馬鹿だと思う。
 つきあってて思うのは、こういうエロマンガみたいな話って実際にあるんだな、ということだ。二人ともいい歳だけれど、人生にこんな予定なかった。
 あちらさんも同様だろう、たぶん。

2015-02-02

友達猥談フィーバーする話

簀巻きにしたり、ストリップを見せられたり。他にもいろいろやらかしてきたYという男友達がいる。

「いろいろ」については今後も思い出した時に書いていこうとは思ってるんだけど、今日はそもそもの最初の話をしようと思う。

高校3年の時、隣の隣のそのまた隣のクラスタカハシ(大丈夫、ちゃんと偽名。まるっと偽名)と仲良くなった。放課後タカハシ(&彼の悪友たち)と駄弁るのが楽しくて、隣の隣のそのまた隣のクラスにほいほい遊びに行くようになってた。

ら、何か独特の雰囲気男の子に目が留まった。それがY。

普通ね、放課後はまっすぐ帰るか部活に励むかの二択で、教室に残るのはごく少数。しかも誰とも喋らず独りでってのは、かなり妙でしょ。

Yの第一印象は、何て言うのかな……無感動な無表情。

まらなさそうにするんでもなく、誰かを待ってるような焦りも見られない。ただ静かに時の流れに乗ってるような。

あと顔は割と整ってた。肌が透き通るほど白いなんてこともないけど、オス全開なガツガツした顔立ちでもなかった。中性的ってああいう感じかなぁ。

私が「あれ誰くん?」と尋ねると、「あいつなー。すげぇクールっつーか無関心っつーか、とっつきづらいんだよ」とタカハシの悪友が茶化す

Yはそのやり取りが聞こえてるんだろうに、何も言わない。少し離れた席に姿勢良く座ったまま、本を読んでいる。

タカハシが「でもな、」と私の首ねっこを引き寄せて、耳元で囁く。

あいつ、エロい話、イケる口だよ?」

ニィッと笑うタカハシの顔が既にゲスい。

馬鹿か。こいつ馬鹿か。

何が「イケる口だよ?」やねん。イケる口だから何だっつーんだよ。初対面のY君に猥談持ちかけろってか。アホか。

「ヤダーあたしも猥談イケちゃう口なんですーキャハッ♪」とかぶちかませるとでも思ってんのか。品を持て品を。

「あの、Y君は一日何オナニー?」

ごめん、ごめんなさい、わかってる、第一声でコレは無い。ありえない。

オナニー? じゃねぇよ。単位かよ。「ああ、俺は一日3オナニー」とか素敵に会話が成立しても嫌だ。サンオナニーって語感良いですね、今びっくりした。

当然、Y君からは「……何の話?」とこの上なく怪訝そうな返答を戴く。ですよね、ごめん! こんなデリケート話題もっと友情やら愛情やらを深めてから切り込むべきでした!

タカハシは私の背後で何の遠慮も無く爆笑してはる。圧倒的爆笑っぷり。清々しい。過呼吸になって苦しめ。

「せ、せんせー……お……俺ね、一日、4オナニぃ……ぶふぁっ」

別にそんな恥ずかしいこと言わなくていいんですよ、タカハシ君。君に訊いてないですよ、タカハシ君。シャラップ

ああもう羞恥が身体中を這いずり回ってる、今すぐ帰りたい。ここアウェイなの、もう辺境地と呼んでもいいと思うの。自分クラスルームが恋しゅうて恋しゅうてたまらん。

「週に2回くらいかな……」

あろうことかY君、真面目に答えてくれちゃった。1日4オナニーより週2オナニーの方がずっとリアルなのは何でだろう。つーか生々しい。

うわーこの人もやっぱりオナニーするんだ……とか、半ば魂抜けつつ考えちゃう。端整な御尊顔を正面から拝みつつ。

年代のオトコノコが自己処理をしてるところなんて、勿論目撃したことはないから曖昧想像するしかない。

って言うかまだY君のパーソナルデータを一切持ってないのに、よりによって最初に加えられた情報がコレ。数学が好きとか古文が苦手とか妹がいるとか身長172センチとか、そういうの全部すっ飛ばして、まっさらなページに燦然と書き加えられてしまった〈週2オナニー〉の項目。むなしい。

そこからタカハシとY君の友情深め合いが始まった。

回数は?

オカズは?

処理時間は?

サイズは?

特にこの大きさの話は盛り上がってた。

あのね、一応、私もここにいるの。キミら男水入らずの一対一で談義してるつもりかも知らんけど、俯瞰で見てごらん。綺麗な三角形が見えるでしょ。あれがデネブアルタイルベガ……Y君と、タカハシと、それから私ね。相槌打つことさえ躊躇われて、二人の猥談を有難い念仏かなって思いながら拝聴する地蔵ポジションに甘んじてる女子がいるの。「この赤ペンよりも長いか否か」で白熱してないで、気付いて。

って言うかY君、私を好奇の目でチラ見してくるの、止めなさいよ。こいつ趣味悪いなと直感した瞬間である(そしてその予感は的中していたと後の数年で思い知る)。

この日以降も「ヨッ、猥談しようぜ!」とタカハシが私を引きずり込むので(「マリカーしようぜ!」と同じテンションで言ってくるのがムカつく)、何だかんだでYとも仲良くなってしまった。

ちなみに。Yはイニシャルでも何でもなくて、淫猥のY(ワイ)から取りました。この上なく不名誉な命名で、満足してる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん