「食糧危機」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食糧危機とは

2019-10-07

anond:20191007203816

70~80年代物語とか食糧危機日本が滅ぶ、みたいなネタ結構あったよな

余計な心配もいいところだったね

2019-09-21

千葉県ウサギを配ろう

そこで注目したいのが、南米ベネズエラ食糧危機です。大規模な食糧危機が起きたので、国民の75%が平均約9キロ体重が落ちたそうで、多くの餓死者も出たといいます

そこで、ベネズエラニコラス・マドゥロ大統領は、貧困地域に食料としてウサギを配布しました。

https://ironna.jp/article/10139?p=2

チバに本当に必要ものウサギだった

2019-09-11

anond:20190911155241

純粋な鯛ではないが、上皇タイ国王に「イズミダイ」という鯛に似た淡水魚を贈り、それがタイでは高級魚としてよく食べられているらしいぞ。

タイ

1960年代タイ王国の食糧事情が難しいと知った魚類学者でもある皇太子明仁親王上皇)は、タイ国王ティラピアを50尾贈り、「ティラピア養殖」を提案タイ政府はそれを受け、現在タイでは広くティラピアが食されている。このエピソードにちなみ、タイでは華僑により「仁魚」という漢字名がつけられ、タイ語でもプラー・ニン(ปลานิล)と呼ばれている。1973年バングラデシュでの食糧危機に際しては、タイバングラデシュ自国養殖したティラピアの親魚50万尾を贈呈した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%A2

あと、「キンメダイ」がタイ語では「キーン・マイ・ダイ(食べられない)」と聞こえる、というのは在日タイ話者には鉄板ネタらしいぞ。

2019-08-02

anond:20190802142945

いざって食糧危機の時に

皮下脂肪で生き残れるとは思うけど、

2019-01-21

anond:20190121123332

から人口維持が必要だという根拠がないって言ってんだろ

30年前は人口爆発で食糧危機って言ってたじゃん

2018-11-11

昔読んだ小説

何かの事情食糧危機

農家には幾ばくかの食料はある、都会の人は困ってる

警察とか官僚も出てくる

高級公務員は食料調達に裏ルートを持っていて、末端公務員もそのおこぼれにあずかることもある


こんな小説父親が読んでいて、自分も読んだ。30年以上前小説

だれか書名わかりませんか?堺屋太一ではないような。

2018-10-21

偏見ヴィーガンを叩く人たちへ

マイノリティへの差別に敏感だと思われる場所で、ヴィーガンに対しては「◯◯人は頭が悪い」「◯◯は犯罪者予備軍」と同じようなレッテル貼りが平気で行われ、そのようなコメントが多くのスターを集めている光景を何度か見て悲しくなったので、この記事をあげます

偏見の解消に役立つのか、より悪い印象を与えてしまうのかはわかりませんが、「倫理的観点からヴィーガニズム」について書きます

まず、宗教上の理由からヴィーガンになる人はいても、ヴィーガニズムのもの宗教ではありません。宗教神話信仰に基づいていますが、ヴィーガニズム現実的認識科学的根拠に基づく生き方です。論理的考察によって動物搾取倫理的正当化できないと判断し、犠牲を減らすための次善策を実践することは合理的ではないでしょうか。一部の悪徳動物愛護団体などがカルト的主張・振る舞いをしているからと言って、ヴィーガニズムカルトとする理由にはなりません。また、ヴィーガニズム自然崇拝と相性が悪いです。

ヴィーガニズムへの反応では、事実に基づかない思い込み論理を飛躍させ、レッテルを貼って貶める人たちが多く見られますヴィーガニズムはよく宗教的だと言われますが、知識を得て考えようとせず、主観的な決めつけを盲信することこそ宗教的態度ではないでしょうか。実際のところ、「感謝していただくのが大事」「残さず食べれば供養になる」「人間特別理性的存在)だから、(肉食動物と同じように)動物を殺していい」「昔から続いている」「(畜産業は)自然食物連鎖の流れのひとつだ」「動物を食べないなら植物も」などの反論には筋が通っていませんし、宗教的考え方に近いです。

ヴィーガニズムは、「苦痛搾取を減らすこと」に重きを置いています。このことからなぜ牛乳や卵がダメなのかも理解できると思います

なので「命は平等なのに植物の命はいいのか?(植物も同じように尊重しろ)」というよくある反論はズレていますが、これには「それほど植物を大切に思っているなら、肉食をやめれば結果的に多くの植物の命を救うことができる」と答えます植物を持ち出す人は大抵、真面目に植物のことを考えているわけではないと思います。ただ肉食をやめたくないのだと思います。それなら「たとえ動物搾取し、環境破壊し、飢える人を増やすことになっても肉食をやめたくない」と言うほうが、自分エゴと素直に向き合っているだけまだましだと考えます

動物搾取に反対することと、ハンバーガーピザケーキアイスを食べることは両立可能です。葉っぱ生活を強いられるわけではありません。

ヴィーガニズムをよく知らない人々の反論は、同じパターンの繰り返しになっています論理的ものを考えることができれば、ヴィーガニズムについて筋の通った反論をするのは非常に難しいと気がつくと思います。なのでヴィーガニズムを斥けようとする人のほとんどは、理解を拒み、感情文化思い込みなどを盾にした詭弁に逃げたり、馬鹿にして取り合わないことで溜飲を下げたり、単なる罵倒に終始しているように見えます

搾取を低減するために自らの理念を広めて新しい生き方選択肢提示することよりも、自分快楽のために動物たちに苦痛と死を与えることのほうが「押し付け」がましくはないでしょうか。現実的認識に基づいて倫理と向き合い、動物搾取だけでなく食糧危機地球環境問題をも解決できる道を選んだヴィーガンより、それらの問題に関心を持ったことがあるのにもかかわらず、彼らを鼻で笑う人のほうが「偽善者」ではないでしょうか。

世界問題解決するためには、まずより多くの人にヴィーガニズムについて知ってもらう必要があります。それさえ気に障る人はいるでしょうが…。肉屋の襲撃などはヴィーガニズムを広める手段として認めることはできないです。迷惑まりないですね。

ヴィーガンになることを強要しません。しかし、せめて都合の悪いことに目を背け続けるのはやめませんか、と私は言いたいです。自分の暗い欲望に蓋をしてヴィーガン揶揄し、「精神異常者」「宗教的な過激派組織」「人間より動物大事な奴ら」などのようなヴィーガン像を広め、貶める態度ついて今一度振り返っていただきたいです。

最後に、肉食をすることは、畜産業における虐殺まがいの行いを支援することになります地球環境を守りたいなら、節水するよりも電気自動車に乗るよりも、肉食をやめるほうが効果的です。貧困に喘ぐ子どもたちを救いたいなら、募金するよりもヴィーガンフードを買うほうが貢献できます。かつて奴隷制が当たり前だったように、今は動物搾取が当たり前だとされています世界で多くの弊害をもたらしているにもかかわらずです。初めから完璧を目指さなくとも、少しのことから始める勇気があれば、前進できます。これらのことを心の隅にとどめておいてくれる人が僅かでもいるなら、私は嬉しいです。

2018-09-01

一昔前は「人口爆発地球があぶない!!!」とか言ってたのに

今は 人口が減ってる!産め!増やせ! と大騒ぎしている

人口が増えたら自然が壊されて食糧危機になって戦争になって大変なんじゃなかったのか

  

追記

から日本が率先して人口を減らしてるから「これで日本自然回復する!えらい!世界日本を見習おう!」ってなるかと思ったら

このままじゃ日本が滅んでしまう~ってなってるのがウケるってワケ

世界人口減らしたほうがいいけど日本だけは例外日本人口だけは増やしたい!ってこと?

  

追記2

世界各国に比べて日本人口は「ちょうどいい」状態だったから、減りすぎてまずいってことか?

それなら納得だが

2018-08-12

人類は常に滅亡の危機にある

日本火山破局噴火が起きたら日本人は絶滅する。

アメリカイエローストーン国立公園破局噴火したら世界ヤバイです。

新型インフルエンザ流行もある。

隕石危険もある。

大規模の太陽風が来たら文明ヤバイ

干ばつ、害虫の発生、洪水火事などによる食糧危機

人類は常に滅亡と隣り合わせ。

ヤバイヤバイよ。

2018-01-30

anond:20180129193121

ひのえうまとか是非ともこてんぱんに相対化されて撲滅されて欲しい。

昨今は恵方巻みたいな根拠薄弱な「伝統」が広まったり若い人のほうが迷信にくわしかったりする。それを保守回帰とか言って喜んでたら、ひのえうまみたいなくだらん話を本気で信じるバカが増えてますます少子化が進む。

あ、むしろ世界食糧危機から多子化は悪とかもっともらしいニセ言説広めようか。

2018-01-18

anond:20180118214525

俺も農研機構の現状は憂いてる。

研究費はそれなりにあるのに、時代遅れの成果しか出てこない。

企業大学からは昨今革新的技術が生まれ続けている一方で、それを作物に応用しようという機運がまだまだ乏しい。

増田の言うとおりなら、上の人たちの考えが古くて、研究者がそれに振り回されているということなのかな。

日本農業研究が潰えれば、アジアの衰退、ひいては世界的な食糧危機に見舞われることになる。

2018-01-16

今日朝ごはん

ポッ⚫︎サッポ⚫︎の濃厚チーズリゾット190円くらい。

ポ⚫︎カとサ⚫︎ポロっていつくっついたんや?とふと思った。

コメでもないパンでもない餅でもないよくわからんものを食わされているような気持ちになるからすき。

食糧危機世界で今食えるのはこの人工リゾットだけ…暖かい飯が食えるだけでも幸せだと思わなければ…みたいな厨2くさい妄想が捗って大変良い。

味は美味しい。

今日仕事頑張ります

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170819100252

地球全体では増えてるのでは?

近い将来食糧危機が始まると予想されてて本格的に減るのはその時

2016-03-18

機械も小型化しているんだから人間も小さくなる時期ではないのか

大きい必要がない。

人口も増えているのだから、どんどん小さくしていこう。

身長50cmくらいに。

食べる量も減るだろう。食糧危機もしばらく遠のく。

大丈夫マンモスはもういない。いたとしても、銃器で倒せる。

唯一の懸念は脳の容量が縮小すること。

アホになっては困る。

このあたりはジャパンお家芸である国際貢献のよい機会だ。

機能を保ちつつ、いかに小型化できるか。

最終的にポケットサイズ人間誕生するかもしれない。

そして、そのポケットサイズ人間さらポケットサイズ人間を作り、

これを繰り返していくと限りなく0に近いサイズ人間が出来上がる。

これで食料危機も解決。

2015-08-01

すごいことに気が付いてしまった

世の中には、Aを入力するとBを出力するという形式現象が数多く存在する。このような現象を A→B と記述することにしよう。

これらの装置は、いずれもA→Bであるのと同時にB→Aであることが知られている。

ところで、人体の生理的現象を大雑把に捉えてみると、明らかに人間とは「食物→うんこ」という装置であろう。これに上記の知見を適用すると、大胆な仮説に行き当たることになる。すなわち、人間は「食物→うんこであるのと同時に「うんこ→食物」であって然るべきなのだ。普段の人間は食物を摂取することによってうんこ排出しているが、これと同時に、うんこ摂取することによって食物を生成する可能性が示唆されるということだ。この仮説が正しければ、食糧危機の解決に大いに資するに違いない。

画期的発見の予感で興奮が冷めやらない。

2015-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20150220165343

増田食糧危機に喘ぐ国家拉致監禁され

ただひたすらから揚げ生産し続ける存在になっていた

ある日隣の牢に連れてこられた白人の男に異様な雰囲気を感じる

彼は左手から無限に炊き立てご飯を出せる能力者だった

から揚げ定食を手に入れた貧困国家国民肥満となり

最終的に右手からレモンを出せる能力者が現れて国家崩壊するのだが

疲れたので省略

2014-05-27

http://anond.hatelabo.jp/20140428223045

いくつか補足や

2014-03-28

http://anond.hatelabo.jp/20140328122925

これ以上人口増やしても富裕層割合は減っていくだけで、

均等的に全員が貧乏になっていくだけ。

食糧危機や、宅地の問題もある。

本当に頭悪いんだな。

2014-01-17

原発なんかよりももっとヤバい問題

原発なんか廃止すればいいだけのことで、きわめて容易な問題だ。廃止しても生きていけるのだから、廃止すればいいだけのことだ。こんなことで騒いで争っていることがくだらない。同じように、タバコにしてもパチンコにしてもさ、廃止すればいいだけのことだ。多くの地域では、ここ数年にわたって爆発原発から流れてきている放射能よりも、例えば副流煙のほうが健康被害の点でヤバい。ずっとヤバい

安全が確認されていない」、もっと言えば「安全ではない」というものは世の中にたくさんある。

本当にヤバいのは、例えば「遺伝子組換」だとかトランス脂肪酸だとか人工甘味料だとかだ。

結論から言えば、本当にヤバいのは、食糧危機に対してどう取り組むかという問題だ。いま世界的に深刻な食糧危機にあって、さらにひどくなるのは目に見えている状況で、どうやってこの膨大な世界人口を支える食糧を確保するのか。

遺伝子組換」というのはその解決案でもある。だが、ご承知の通り「安全が確認されていない」し、また生物を作り替えるというキモいことをしていて、生物虐待でもあるし、また新生物をつくりだすことで環境破壊につながる(生態系を壊す)。それでも我々自身の食糧がないとなると、おそらくほとんどの人は、遺伝子組換でもなんでも、悪魔に魂を売ってでも、生きようとするだろうね。

廉価に大量に生産したりロス率を下げたり(歩留まりを上げたり)するには、「遺伝子組換」でも、農薬肥料でも、トランス脂肪酸人工甘味料保存料などでも、使っているわけだ。

多くの人は、「安全が確認されていない」という理由で、例えば食えなくて、自分死ぬということになるのならば、危険を冒すだろう。だが、自分一人や自分たちや人類が生きようとして危険を冒した結果として、かえって人類絶滅したり、世界生物が滅んだりする危険性がある。本当に難しい問題はそこにある。それに比べれば、原発ときは廃止すればいいし、我々が省エネを徹底したらいいだけだ。実にくだらない。

2013-11-18

肉食についての話

に、なると、とたんに0か100かになってしまう人が多いのはなぜだろう。

他の話題では割りとフラットな感じの人も、肉食についての話になると、とたんに極論しか語らなくなる。

(あ、ちなみに僕は菜食主義者とか動物愛護の人ではないです)

僕が言いたいのは、こう、

「肉食を減らそう!菜食主義サイコー!肉を食うのは悪!」とかいうことではなくて、

『肉食を減らす』という一つの選択肢について語ることや考えることに対して、過剰なアレルギー反応を起こす人が多くないですか?

ということです。

殺人ゼロにはならない。

から殺人を減らす努力を一切放棄する、とか普通はならないじゃないですか

でも、肉食について語ると、

肉を食べて何が悪い

植物なら命を奪って悪いのか。

人は生物を殺生せずに生きていくことはできない。

俺たちにできることは、奪った命を無駄にせず、

から隅まで感謝して食べることだ!

とにかく、俺は肉を好きなだけ食う!

要は

人は他の生物を殺生せずに生きていくことは不可能。だから俺は好きなだけ肉を食う!

みたいになるじゃないですか。

わかりますよ。

言いたいことはなんとなくわかりますよ。

それに、お肉からしか得られない必須栄養素とかがあるのもわかりますよ。

でもそれって、豚・鶏・牛・羊・魚などなど全種類網羅して毎日、食べないと摂取できないんでしょうかね。

なんだかんだ言いつつも、美味い!っつー快楽のためだけにいろいろ殺して食べてるわけで(それが悪いというのじゃないです)。

その快楽を少し我慢したら、なんかいろいろ少し良くなったりしないんでしょうか?(環境とか食糧危機とか)

という可能性について語ることすらNGな感じ、あるじゃないですか。

なんつーか、個人的な意見ではあるけど、捨て猫とか捨て犬とかの殺処分ってやっぱり悲しいじゃないですか。

ひどいなぁって思うじゃないですか。

その一方で、食うために育てられて殺される動物がワンサカいるわけで。

犬猫の殺処分減らすのが良いことなら、

人間快楽のためだけに殺されちゃう家畜が減るのも、やっぱり少しは良いことなんじゃない?とも思ったりするんですよ。

例えばですけど、食べる動物は鶏だけじゃだめなんでしょうか。

鶏なら禁止してる宗教も少ないですし。

鶏じゃなくてもいいけど、少し肉食減らそうか、みたいな話ってなかなか出ないですよね。

食物としての効率から考えても、

穀物とか牧草とか栄養剤とか何ヶ月も与えて牛を育て上げてから食べるのって、

やっぱり無駄が多かったりするんじゃないかなー、とか。

なんて、最近考えたりします。

2013-11-09

http://anond.hatelabo.jp/20131109112533

少子化言ってますけど、世界人口は増え続けて食糧危機すら叫ばれてます

社会の構成要素は日本だけじゃない。


インドで人が増えて困っている、日本じゃ人が少なくて困っている。だから日本じゃ人を増やそう。

というのは世界にとって本当に必要なのか?

2013-11-04

昆虫食

流行りだしたのって最近なのだろうか。

ちかごろよく見るような気がするのだけど。

そういうものを紹介したブログなんかを見ると、たいていに効率のよい蛋白源とか食糧危機みたいなことを書いてある。

ただ何となく虫を食べるというのでは記事にするとき掴みどころがないのかもしれないけど、私にはそれが大きい理由だとは思われない。

たとえば生まれてから飢えたことはないし、他にも食べるものはたくさんある。

回転すしのネタなんかだとその栄枯盛衰はわりと短い期間で見ているけれど、それでもやはり食べる側としては選択肢は多い。

食べ物に困ってる人を見たことがない。

それに生産効率って本当にいいのだろうか。バッタなんかだと鶏よりはるか効率よく草など飼料をたんぱく質にできるらしい。

でもどういう風に生産するんだろう。

私には野山を飛び回る幾万幾千万バッタが収穫の手から逃げ惑うホラーみたいなイメージしかわいてこない。

生産の仕方が思いつかないのは私の考えが浅はかなのだろうけど、それでも目に見えない食糧危機生産効率なんかで食を選ぶ消費者はいない。

安価生産できるよい食料だからと国なんかがそれを推すというのならありうるかもしれないけど、それもないだろう。

じっさいにカミキリムシコガネムシミルワームなど食べてみたことがある。

虫や昆虫系のペットショー会場に露店が出ていて面白がって食べてみたのだけど、私としてはやはりそういう食べ物なのだろうと思う。

ただそれでもやっぱり昆虫食はここ数年たえずどこかから聞こえてくるような気がしていて、いったいどういう現象なのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん