「リカット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リカットとは

2019-09-12

anond:20190912212808

>>フェイクを交えます

なんでフェイクをいれるの?身バレ危険性のあるセクションはバッサリカットすれば、いいじゃん。

2018-04-22

から紅の恋歌

金ローで見ての通りおっぱい映画で実況でもおっぱいおっぱい言ってたわけだが

公開当時は「平次萌えの腐ま~ん向けなんだろw誰が見るか!」って避けてる奴けっこういたんだよな

おっぱいやばい女が出てるから見ろって言っても聴く耳持たず


ゼロ執行人は灰原の仕草や表情がかなり可愛く描かれてるんだが

その灰原可愛いシーンのほとんどが博士クイズコーナーだからおそらく金ローではバッサリカットされて

金ロー組は「こんなに可愛い灰原が見られるなら劇場で見ればよかった」って思うことすらできないんだろう

(そう言えばから紅のクイズコーナーの妙に色気のある灰原の腰も全カットだった)


もしかしてこれも計算のうちなんだろうか?

金ローは灰原カットされるから見とけって口コミで広める奴を期待してわざとやってるんだろうか

とにかく劇場の方で見てほしい

2018-02-09

ゼアルは女をバカにしたアニメ

ゼアルの女キャラを持ち上げて他の作品の女キャラを下げる人が多かったので書いた。(ゼアルは色んな問題が山積みなのでヒロインにまで言及されないので)

小鳥

この作品メインヒロインである

放送中の三年皆勤してるものカードゲーム番組なのにカードゲームしてるシーンが一回しかなく(それも洗脳されて)、掘り下げ回が無いためどういう人間なのか全く分からなかった。その上ストーリーにも無関係だった。小鳥の出番をバッサリカットしても問題ない程度には無関係だった。

やってることといえば、恋愛脳を発揮し主人公の遊馬を好き好き言って主人公ハーレムの一員になること、恋敵のキャットちゃんと喧嘩すること、戦わないのに付いてきて人質になること、スカートをヒラヒラさせてパンツが見えそうで見えないシーンのような性的消費シーンを連発することなである

まり小鳥は見た目が可愛いくてちょっとエロいだけの恋愛のことしか考えない自分の身も自分で守れない無能である

(小鳥恋愛脳のわりには遊馬のことをずっと好きなので処女信仰も含まれてそう)

女は弱いので男が守ってあげるという家父長制気味でもある

なお、最後で遊馬の足手まとい状態だったにもかかわらず、いつのまにか遊馬に惚れられており、自分では何の努力もなしに恋敵たちを抑えている。ある意味女の夢なのかもしれない。

監督お気に入りキャラ

アンナ

主人公遊馬を好き好き言ってるだけの恋愛脳で窃盗癖で社会ルールも守れない無能である

IIでこいつが出てきた回は近所のお姉さんの妊娠が発覚して遊馬とちょっといい感じになって終わるというどうしようもない回だった。(そもそもこういう家族が増える的な話は時間をかけて家族の絆を書かなくてはいけないのにぽっと出のキャラでやってもただのパクリっぽい話になる気がする)

アンナ小鳥より出番は少ないが小鳥匹敵するひどさであるしかロリ巨乳というキャラデザの時点ですでに性的消費力が高いキャラである人間的な魅力が全くなく見た目の可愛さだけが取り柄なのでロリ巨乳なのがますます強調されていく悪循環である

監督お気に入りキャラ

キャットちゃん

主人公遊馬のハーレム要因。小鳥の遊馬を取り合って喧嘩する。カードゲームするからそんなにひどくない。

シャーク

メアリースーの擬人化ようなキャラなので上記3人とは問題点が別物。カイトの弟は全く出てこないのにシャークの妹は出てくるあたり女だからだろうか。

ゼアルが描く女性

ここからゼアルは女キャラ作品世界観の中で生きてる人間というより、主人公(男)を持ち上げて画面を華やかにちょっとエロくするだけのお飾りだということがよくわかる。

女の子は見た目可愛くて恋愛して早く子ども産んでほしい」みたいな感じである

何かコンプレックスがあって女性無能恋愛のことしか考えないと思い込みたいのかもしれない。

何十年前なんだいったい。

小鳥アンナは中1なので夕方アニメ女子中学生性的消費シーンを連発することにもかなり問題がある。(深夜3時くらいにやってるロリコン向けアニメならご自由にやってください)

ちなみに私は放送時間考慮してもゼアル以上に女をバカにしてるアニメは見たことない。

このアニメは一応子ども向けアニメなので一緒に親が見る可能性が大変高く、女キャラスカートがヒラヒラしてるシーンが毎回流れるアニメおもちゃを親が快く買ってくれるのかという問題もある。しかし、このアニメは肝心の子どもにはちっとも人気なかったのでその心配はいらなかった。

(恋愛とか女子とか一番気恥ずかしい年頃の子向けなのに女キャラ萌えシーンをゴリ押しする時点で子どもを舐めてるので人気なかったのも頷ける)

2016-12-27

歯ブラシの最終形態

ここ数十年の間にいろんな形態歯ブラシが発売されてきた。

毛先が球状になっていたり、毛先が山ギリカットされていたり、

毛先を極細にテーパー加工されていたり、

歯ブラシ面の内側と外側で毛の素材が異なる2段植毛になっていたりとメーカー毎に工夫を凝らした歯ブラシ販売されてきた。

しかし、どれも一長一短のようで決して主流派になることもなく、流行り廃りを経て絶えず売れ筋が変化してゆく。

一方の歯科医患者に与える歯ブラシは、何の特殊加工もされていない普通歯ブラシで、

まるで、歯ブラシメーカーの涙ぐましい努力はすべて無駄で、洗浄能力においては普通歯ブラシが一番良いと

暗に主張しているかのような状態が続いている。

しかし、最近とある歯医者に、「ワンタフトブラシ」という歯ブラシを勧められて試したところ、その洗浄能力に驚いてしまった。

「ワンタフトブラシ」はググると分かるけど、先端が非常に小さいエリアに毛を密集して植毛している独特な歯ブラシである

一度に磨ける面積が小さいので、非常に磨きにくい。

けれど、小さなエリアに毛先と力が集中するので汚れを落としやすい。

「ワンタフトブラシ」で磨くと歯の周辺の粘つきがほとんどなくなる気がする。

私の中では、「ワンタフトブラシ」こそが、歯ブラシの最終形態なのではと思っている。

2016-11-17

この世界の片隅に』を鑑賞するにあたってひとつ留意してほしいこと

各界著名人をはじめとして数多くの人が気持ちいくらい絶賛しており「なんぼのもんじゃい」とばかりdisる気まんまんでみにいこうとしている人もそこそこいらっしゃると思いますが鑑賞にあたりひとつだけ留意してほしいことがあります

原作こうの史代作品すべてで通底していることでこれまでの映像化作品はそれをないがしろにしているために失敗しているというプロでも忘れてしまうほどの大事なことです。アニメこの世界の片隅に』はそれを謹んで継承し丁寧に描いたので名作になったのです。そこを見逃すとあなたには凡庸作品しか映らない大事なことです。映画代を損するところでした。

それは、日常生活)がすべてにおいて勝る」ということです。

映画マンガの「ドラマ」を描くにあたり、往々にして日常はないがしろにされがちですが、こうの史代作品においてこの法則絶対です。

映画内で、終戦後とっておきのための白米を食べようとタンから義母が出しますがほんの少しだけ出します。「このあとも生活がつづくからね」と。

明日もあさっても生きていくためにゴハンを食べることを考えるというリアリティ。この場合リアリティ物語使役しているそれじゃなくて「日常」を送るための必要なモノです。順番が逆なんですね。日常ドラマです。

からこの法則が頻繁に映画の「ドラマ」を阻害します。防空壕キスするシーンは後ろから義母と義父に見られます。畑で海にみえ軍艦を描いて憲兵にみつかって叱られてるシーンで家族みんなが深刻そうな顔をしてるのはこんなドジっ子嫁がスパイ扱いされたことがおかしくてしょうがないのを必死でまぎらわせようとしたからです。

マンガではドラマドラマしたところは小さなコマで処理されてるから余計にドラマの感じが弱まるところがあります。こうやって「ドラマ」を徹底的にすかしてないがしろにしていく映画なのです。

それは圧倒的にリアリティなんですね。現実葬式などみんな笑ってるでしょ? 大事な人が死ぬことはドラマだけどみんなドラマだけじゃ生きていけないしお腹も減るしお金もなくなるので笑ったり働いたりする。これは圧倒的なリアリティです。

戦中の広島の町を再現した。大和などの軍艦を精密に描いた。それもありますが、本作のリアリティキモはここなのですよ。

日常生活)がすべてにおいて勝る」

それをどうみるかがポイントです。

同郷の水島が家に訪れたとき主人公に対して「普通」を連発していたように、主人公は懸命に普通に生きようとする。NHK朝ドラのように反戦に目覚めることもなくまわりと同調しつつも普通に日常のレールに乗って日々過ごそうとする。

その絶対的なチカラを持っていた法則をもねじ曲げようとあらゆる手段で襲いかかってくる戦争。そこと日常との戦い。絶対的に強いと思ってた日常があわや崩壊しそうになる。

それに戦争悲惨さや凄惨さを思わざるをえない。そういう作りになっているのです。

映画ではバッサリカットされていた原作での大好きなシーン。

終戦後、台風がくる。焼夷弾屋根に穴が開いたりしてたので家族そろって大わらわで明け方に「こんなに遅うにくるなんてのんきな神風さんじゃ」と大笑いする。

そう、でも日常は強い。虫や草花は戦争なんか素知らぬ顔して生きてるし、実は大多数の人間もそうだと。

こういう「ドラマ」が弱い物語を嫌う層は存在します。この作品大勢の目にふれらるとそういう層もみてしまうのです。そして「しょーもない」とか明後日の方向で文句をいわれるのがしんどいのでこの文章を書きました。こういうことですよねって。

ここを留意して映画を読み、そして原作を読んでください。映画では語られることのなかった「ふたつの鈴」の音色を味わうとより日常の深みが増すと思われます

2013-06-20

http://anond.hatelabo.jp/20130620003349

ドラクエⅦでは、せっかくの遊び要素がリメイクで配慮という名の自己規制でバッサリカットされてたな。

2011-08-16

http://anond.hatelabo.jp/20110816142821

ライブドアが買おうとした日本放送テレビでなくラジオ)の資産が大きかったから買収する意味があったわけで放送事業の収益が大きいことを示すもんじゃないだろ

ほりえもんは放送事業やるつもりはありましたよ?

収益を高めるためにまず内部のダニの餌はバッサリカットしただろうけどね。

からダニ大慌てだったわけでー

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん