「放送コード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 放送コードとは

2018-10-11

anond:20181011114758

SUITSをあっさり台無しにした日本放送コードじゃアニメだろうがドラマだろうが無理なのでは?

麻薬ばさ~~が最初の見せ場なのにあのざまだし

2018-10-08

やっと分かった

キズナアイというかずっとこの手の萌え絵話題があがる度に、なぜここまで噛み合わないのか疑問だったんだけど、単純に基準軸が違うんだな。


例えば母親風呂上がりにすっぽんぽんリビングをうろついているからといって、「うちの母親エロすぎやべぇ」なんていう男はいないと思う。そんなことに欲情していたら本当にやばい

逆にAVなんかでもよくあるような着衣のお姉さんがエッチしたくてしたくて我慢できなくて誘ってくるような、パンツの上からちんこさすってくるような時は、女に肌の露出が一切なくてもエロい。とてもエロい。

前者と後者で言えば、どっちがちんこ勃つかと聞かれたら間違いなく後者なんだけど、放送コードなどで引っかかるのは前者。

フェミ後者と地続きだからということで萌え絵いちゃもんつけるが、オタは前者とくらべて服を着てるしなにが問題なのかという立場

思春期を過ぎた大人の男ってのは、露出の多い服装水着の女をみても、自分好意を寄せてない、この女とこのあとワンちゃんいけるんじゃね?って感じがしない女にはちんこ勃たないし、性欲スイッチも入らないけど、オタ側のブコメを見る限り彼らはそうではなさそうだ。じゃなきゃブルカなんて単語は出てこないし。まぁレイプ魔よりの人間だったらちんこ勃つかもしれないけどな。

前者に関しては実際に規制があるけど、自主規制必要なのは後者


まぁ知らんけど。

2018-09-26

anond:20180923075924

ゾーニングをやろうと思ったら放送コード的な機械的処理しかいまのところ無理なんだけど、

そこをリベラルさんは人治主義で軽々と飛び越えようとするあたりすげぇなと思う。

2018-09-20

anond:20180920144119

まず、性の商品化は、性交渉を望まない人が巻き込まれ被害を被る恐れがあるから規制されないといけないという話から

悪人のせいで善人が規制される」話になり、そこで、車だの包丁かに話を逸らしたのはそちらでは?

そうだ。車だの包丁だのも同様の理由規制されうるが、実際には違う。

それぞれ「お気持ち」でもない合理的理由があるわけだが。

しかも車も包丁全面禁止はされてない。「性の商品化」だけお気持ち主義者の手による規制を受けるいわれはない。

ていうか、性表現においても、たとえば、風俗店学校の近くでは営業できないとかい条例とか法律での規制もあれば、

全年齢向けメディアには性的広告は出さないとか、いわゆる放送コードとか、そういうい業界企業自主規制もすでにある。

書籍の表紙の内容やそれを平積みにするかどうかという判断についても、出版社書店現場では、ある程度の自主規制が働いてたと思うよ。                                                        

それは「性表現」と法や条例定義されてる内容の話。

ラノベ表紙はそれらの自主規制を踏まえたうえで回避した基準しかも売り場は独立している。

その自主規制に踏み込んで来たのがお気持ち主義者



そんな上で、昨今のラノベ表紙は子ども向けであるにもかかわらず、いわば野放し、エスカレートしているという話だと思うので、規制の良し悪し、規制あるかないかって話からはすでに最初からそれてるよね。

1.ラノベは「子ども向け」ではない

2.ラノベ乳首性器露出をしないなどの自主規制範囲内で書かれており、エスカレートしていない。

3.にもかかわらず「エスカレート」と言っているのはあなた感想ですよね?

2018-09-07

エロを「よくないもの」と思うから不快感を覚える奴がいる。

もっとおおっぴらにすればいい。

放送コードモザイクもいらない。むしろなぜ「わいせつ」という主観的基準事実上検閲が行われてたのか本当に謎。

2018-09-02

anond:20180902131400

話がちょっと逸れるのだが、昭和時代海外海外というかアメリカヨーロッパ白人社会)への憧れは確かに強烈にあった。しかしそれは作られたものだったと今になって思う。多分戦後処理の一環で、白人社会キリスト教文化などに反感を持たないよう(憧れを抱くよう)操作された結果だったように思う。昭和ワイドショーなんてそれはそれは酷いものだった。白人を持ち上げて日本卑下する、そういう放送コード存在したんじゃないかと思うほど。

2018-04-27

アマプラNetflixオリジナルって『良作』止まりなんだよな

アマプラNetflixオリジナル作品には例外なく『名作』が存在しない。

凡作や良作の山だって、暇を潰せないわけではない。

でも『名作』が生まれるのはいだって大手週間連載誌や、テレビや、スクリーン上の映画の中だ。

業界のお偉いさんは言う「Netflix放送コード大衆に左右されない"尖った"作品を作ることができる。」

"尖ってない"作品はなんだかんだ優れてるってことだよなぁ。

2017-11-14

anond:20171114122731

見てないので話聞いただけだけど。HIKAKIN氏は地上波テレビ以上の放送コード自分に課して、極度に乱暴な事とか悪い言葉とかを殆ど使わないので、地上波テレビ見せるより安心だと、親から聞いた事がある。

2017-08-30

土人」はNGで「野蛮人」はOKとかwww

日本語わかりますか?」が暴言なのか。

まあ確かに酷い発言だな。

そして土人って発言も酷いってのは分かるは。

id:kimitama74氏のブコメ

土人発言他山の石と出来なかった無能さ。日本を守ろうという意識がないのか。

http://b.hatena.ne.jp/entry/344136560/comment/kimitama74

なるほどな、って思うのだが、

眼を疑ったのがid:shiro460312の↓の発言

読むに堪えない※がならんでいるが、こういう奴らの意識って、「人類事件から、変わっていないんだな、と感じさせる。世界から100年遅れの野蛮人、丸出し。

http://b.hatena.ne.jp/entry/344136560/comment/shiro460312


工工エエェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェエエエ工工

や、野蛮人

今野蛮人っつったお前?

マジで本気で言ってるの?

ありなの?それってありなの?

日本語わかりますかって発言暴言とみなす感性を持つ人間が、

そのクチで「野蛮人」とか言っちゃうわけ?

それにスターを付けてる

b:id:unakowa

b:id:bocbqcmn

b:id:flagburner

b:id:hayakuzaka

b:id:haruhiwai18

b:id:irbs

b:id:asterpleo

b:id:uunfo

b:id:osudakeknowledge

b:id:mame_3

b:id:camellow

b:id:kimzo

b:id:hidex7777

b:id:SISAO-F

b:id:sasaki_juzo

b:id:syakomin

b:id:taimatu

お前らマジデ頭大丈夫

俺は差別と黒人が大嫌いだってネタを素でやってるよ?

反差別界隈って放送コードを選ってるだけで根っこのところは完全に差別主義者の心性と何ら変わりがないんだあ

2016-09-06

チンドン屋ちんどん屋放送禁止用語差別用語なのか?

チンドン屋」と聞くと、

「あーほ、ばーか、ちんどんや!」

っていう言葉を思い出しますよね。

これって使っちゃいけない言葉なんでしょうか?

となると、実際にチンドン屋さんを見かけた時になんと呼べばいいのでしょう?

また、放送禁止用語だという話も聞きます

よくわからなかったので、ちょっと調べてみました。

要約

1)民放連側のに職業差別条項があるのみで、NHKでは問題ない。

そのなかでも、

2)「チンドン屋さん」「ちんどん屋さん」ならば問題ない。

3)自らの職業を紹介する際に「チンドン屋」というのは問題ない。(ex.百姓)

4)「誰々はチンドン屋だ」「何々はちんどん屋みたいだ」のような表現は、職業差別的発現と捉えられるので要注意。

5)「あなた職業ちんどん屋です。」「村杉進(職業チンドン屋)」のような表現は、民放連解釈だと、職業差別に当たるとし使わないように推奨されている。

6)「チンドン」「ちんどん」は楽器現象を指すものであり、この問題とは関係がない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1)そもそも放送禁止用語とは?

じつは法律はないのでそのもの犯罪ではありません。あるのは各放送局放送団体自主規制のために作った番組制作ガイドライン(通称放送コード)だけです。なので、日本にはNHKのものと、民放連のものと2つ存在します。これを元に放送制作している人たちが、「不適切だ」と判断した言葉が積み重なったものが、いま一般的にいわれている「放送禁止用語」のようです。そのため、この言葉ダメというのは明文化されておらず、過去経験上「不適切」と処理されることの多い言葉「ピー」事務的に消しているというのが実情のようです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%80%81%E7%A6%81%E6%AD%A2%E7%94%A8%E8%AA%9E

2)「チンドン屋さん」「ちんどん屋さん」ならば問題ない。

チンドン屋」という表現が「不適切」と判断される場合は、それが「職業差別」的な意図がある、もしくは、そう解釈もできる場合です。

なので、手っ取り早い回避策としては、「チンドン屋さん」という表現を使うことです。これは、「チンドン屋さん」は「愛称」なので言葉のものに悪意は含まれていません。よっぽど悪意に満ちた使い方をしないかぎり(笑)

3)自らの職業を紹介する際に「チンドン屋」というのは問題ない。(ex.百姓)

また、「チンドン屋」は職業業態を指す言葉なので、使い方によっては「不適切」になります。たとえば、自分自身職業を紹介するために「私はチンドン屋です」という表現は何の問題もありません、差別にはならないので。

(私は百姓です。という言葉放送上でも、よく使用されているようです。)

4)「誰々はチンドン屋だ」「何々はちんどん屋みたいだ」のような表現は、職業差別的発現と捉えられるので要注意。

ただ、「〜〜〜は、チンドン屋だ」「〜〜〜は、ちんどん屋のようだ」のような表現には気をつけましょう。そこに悪意があれば「チンドン屋=悪いものの例」として使っていることになり、「チンドン屋に対する職業差別」が発生しますので「不適切」です。

5)「あなた職業ちんどん屋です。」「村杉進(職業チンドン屋)」のような表現は、民放連解釈だと、職業差別に当たるとし使わないように推奨されている。

問題は、「あなた職業ちんどん屋です。」「村杉進(職業チンドン屋)」などの場合です。おそらくそ表現をしている方には悪意はないのでしょうが、「チンドン屋」「八百屋」など「〜〜屋」という職業呼称歴史上、悪意を持って使っている時代があり、その悪意を受け取る側が感じる場合があるので、難しいところです。なので、その場合は「チンドン屋さん」「八百屋さん」と言葉を置き換えることによって回避しましょう。

6)「チンドン」「ちんどん」は楽器現象を指すものであり、この問題とは関係がない。

一般的には、楽器音楽現象を指す言葉や擬音として使用されるものなので、問題はありません。ただし、「チンドン屋」「ちんどん屋」の略語として使用される場合もあります。その際には「チンドン屋」「ちんどん屋」と同じ扱いを受けるので、注意が必要です。

以上、ご参考になりましたでしょうか?

とりあえず言えることは、「さん」をつければ万事OKということです。

街で見かけたら、「チンドン屋さ〜ん!」と声をかけてみるといいかもしれません、きっといい笑顔で応えてくれると思います

☆参考リンク

懐かしくて面白い2016年チンドン屋さんまとめ - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2145402704212314401

東京近郊チンドン屋さん出没情報

https://twitter.com/chindon_info

2015-12-27

http://anond.hatelabo.jp/20151227003309

カジノ」ってのは低所得者には無縁の金持ちの娯楽だから

朝っぱらから開店前のパチンコ屋に並んでるようなのがラスベガスきらびやかカジノをうろついてる状況を想像してみ

あと西欧文化として未成年者の賭博にはめちゃくちゃ厳しい

海外ドラマなんかでも、子供ドラッグに手を出すシーンはあっても、子供ギャンブルで小銭を稼ぐシーンは殆どないだろ

あれは向こうの放送コード児童ポルノ並みに規制されてるからだよ

2010-04-06

猪瀬さんの発言のどこがおかしいのかわからない2

続き。文字数制限なんかあったのね

(司会が「出版そのものへの圧力」と解する藤本氏と「自主規制というのは出版に対する圧力ではなく『棚分けしなさいよ』という自主規制を求めている」と解する猪瀬氏との間の認識の違いを指摘する。それを受けて猪瀬氏「基本的にはそういうことです」。 藤本氏「猪瀬さんの仰ることは不健全図書の話だと思います。不健全図書指定の話は確かに『棚分けしろ』という話です」ここで猪瀬氏が「?」という顔。そして・・・) 「いやいや、違うよ。今度の条例の、違いますよ、今度の条例に、そのことを言っているんであって、いや基本的にっていうかおんなじです。(「わかってくれ顔」で)出版を、要するに販売の問題だけですから、販売規制の問題であって、出版とか、表現の自由については一切、あのー、関わってませんこの話はね。」(それに対して藤本氏「描いてもいいけど販売してはいけないっていうのは表現規制と同じですよ」「いや、だからそれは言っているように「18歳以上の所に置きなさい」って言ってるだけであって、しかもそれも、あのー、「あんまり酷い場合は」って話なんだよね。(それに対して藤本氏が「うーん…」と納得できないというように唸る)「強姦だの近親相姦だの、あのー、ページめくればそういう話ばっかり出てくるような、ものについて、って言い方をちゃんとしてあるわけでしょ。貴方も見せてるでしょそれ(フリップ)。(藤本氏「それが不健全図書の話」)違う違う、それは… (わかってくれよ…的な顔で)。」(渡辺氏が続ける。「規制の対象をもっとピンポイントに。わかりやすく明確にすべき。マンガってのはなんでもあり。だから指定図書の部分の以外でも溢れてきた。そういったものを(子供が)見続けると刷り込まれる。もしくは自分自身を性的対象物として捉えてしまう。だからこそ性行動が、例えば性的に奔放になってしまったりとか、そういう影響がある。その辺が懸念される。ここで司会が改めて「これは条例規制すべきものなのか」を渡辺氏に問う。渡辺氏「これまでの自主規制でやってきた結果がこの現状というわけでありますから、やはりこれは条例できちっと、やんなくちゃいけないと思っています」と簡潔にまとめる。藤本氏が「結果がこの現状って…」と言おうとしたが、猪瀬の発言がかぶさる。) 「あのね、あのー、不健全図書指定っていうのはさっきのこの、これ(件の中身を見せられない本)、こういった(放送コード的な意味で開けないようなものが、不健全図書指定になったんだよね。で、この、12歳の小学生が、ナニをしているシーンがあるものが(藤本氏「いやそれナニをしてない、ですよ」)、いやこんなのファンタジーだって言ったってその絵が描いてあるんだからさ、それは言葉で「ファンタジーだ」って言ったってこれは、今までの不健全図書指定の、水準はここまでで、自主規制の水準はここまでで、えー、「これはじゃあどうするの」と、いう話で、じゃこれ(『奥サマ』)も、今度は、一応ガイドラインとして、まあ条例ってそういうことだから、これを「だめですよ」って、「成人コーナーですよ」っていうふうにしたんです。だからそこは、これ(『奥サマ』)とこれ(見せられない本)の差なんだよね。でこれは今までの、そのー、条例で、条例ってまあ不健全図書指定で、さきほどこのー、青少年健全育成審議会にどういう人がいるか見ていって欲しいんだけども、えー、まあ出版界や、映画倫理コンビニエンスそれでね、これはだから、そこで、あのー、指定されたの。だけど、そこではこれ(『奥サマ』)は指定されない、ものだったわけで、で、「じゃあこれどうしますか」という話だね。これはだから、今回は、強姦とか、著しく社会規範に反する行為を、描いているとか、そういうものを入れたわけね。」

売り場だけの問題といっても、実際連載作品とかどうするんだろ。チャンピオンいちごで連載していた作品が、この条例を受けた場合

雑誌ごと18禁レーベル出版社ということになる?あるいは次の号から作家だけ出版社移動する?

インフラ部分整えずにサービスの部分だけってのはクラウドインフラ無しでASPくるみたいなものでは?


(里中氏、改正案の「網の大きさ」に疑義を呈する。「真意を問いたい」と述べる。)猪瀬氏「これから、もっと議論していけばいいでしょう。ただ、そのー、つまり、今日、だからね、実物持ってこないと抽象的な議論になるから実物持ってきたわけで(『奥サマ』)、実物を見て議論してる人は、あのー、まあ一定のオタク系の人たちとかってあるけれども普通の人たちはまず見てませんよこれは。つまり逆に言うと、親が見てないわけ。こういうの。だから親が知らないんだよ。だから、こういうものをガイドラインとして条例で示さないと、一つ一つをいたちごっこのように追っかけてったってしょうがないから、「この辺に線引きしましょうね」と。そういうふうに言っているわけで、はっきり言って、今までの、いわゆる、「青少年性的感情を刺激するもの」ってだけだったから、のがさっきの、その不健全図書指定になるわけだよ。これは、だから、あのー(司会「これだけだと並んでるだけじゃ違いがわかんないですよね」)、これはやっぱり()あのー、もうちょっとこう、その、具体的に、未成年というよりも、実際には小学生中学生刑法で13歳未満っていうのはとにかく、絶対犯罪なっちゃうわけですから、そういうレベルのは{っちゅう真意の話}(←不明瞭)ですよ、まあ18歳未満の場合ってなってますけど。)児童ポルノ法もそうだから。「今後議論をしましょうとおっしゃってましたが今後業界の方々も交えてじゃあ…」)それはもっとやればいいと思うけれども、業界の人は知ってて、普通の大人が知らないって事が、問題なんだよ」

言質その3.廃案にはならないけれど、十分な議論無しにこっそり議論とおそうとしたら、猪瀬副都知事が揺るさんぞう、ということですね。

藤本氏「ていうかそれ普通の、手に入りますけど、でもそんなに、子供のコーナーに置いてあるとか、すごく読んでるとか、私、死ぬほど、毎日マンガ読んでますけど、それ殆ど見てませんもの。猪瀬「貴方は興味が無いもんこれ。普通、僕だってマンガ読むけどこりゃ読まないけど(『奥サマ』)、どうしてもやっぱりそれは、あのー、小学生が手に、簡単に入っちゃうってのが(藤本氏「簡単には手に入らないと思いますよ?」だが司会「普通本屋で買ってきたんですよねうちのスタッフが。それは、事実」)…ここでCM。…普通本屋で買ったか否かは問うな。無駄だ。




日本国憲法第21条第1項より「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」そしてこれ。アルフレッドハッシー中佐の覚書より「言論及びプレスの自由は、これを保障する この自由には、公務員、公の機関もしくは公の行為を批判する権利が含まれる」これらを踏まえて猪瀬が論じる。)「言うための、権利なの。要するにそれが言論・表現の自由なの、要はね。」(ここで藤本氏がか細く「それは違うでしょ…」と搾り出す)「僕ね、表現の自由(の議論)だから今日来てるって事もあるんだよね。で、ちょっと、一つだけ言います。これね、日本国憲法の21条なんだけど、そもそもその時の、ハッシー中佐って人が書いた覚書なんだけど、ね。これ要するに、簡単に言うと、あの、納税者が、「国が隠しているものを出せ」と「で、あのー、マンガとか文学とか、いくら過激でもいいの。どんな過激な表現だっていいわけ。それと質のレベルの低いねえ、性描写を繰り返してるだけってのは過激な表現でも何でもないんだよ。もうそういう、文学マンガはどんどんあっていい全然それは問題ない。ある規範の問題に過ぎないわけだから。そういうことなんで、タブーに挑戦するような作品はどんどんどんどん現れたほうがいいに決まってるですよそれは」

真剣政府規制すべき対象かどうかを論じる場に上がりたければ

お前らの中からダヴィンチコードみたいな作品を出してみろゴミが、という感じか。


「まあそういうマンガもあるってことがわかるだけで今回の意味はあった」という内容一言が添えられて〆。



殆ど読むべきところがなかった。でもやっぱりそんなにへんなこといってないと思う。言質を大切にしよう。

猪瀬さんの発言のどこがおかしいのかわからない

「実績的に見て出版社とか売り場の自主規制能力に信頼が置けないから

 出版社や売り場の基準に都がガイドラインを用意しよう。

 線の引き方については今後じっくり議論したら良い」くらいの話に思えましたが俺何か間違ってる?

まさか「新銀行東京」「誰得オリンピック招致」の石原とか「道路公団民営化」の猪瀬に

過去の実績で駄目だしされるとは思っていなかったけれど、

彼らが自分過去に対して痴呆であることをのぞいては、それほどおかしいことは言ってないような。



というわけで、わざわざ全文読んでみた。

http://togetter.com/li/12533

「これなあ、役人言葉ってあのー、つまんないよね。ただ、だから要するにマンガキャラって書きゃいいんだよそれはアニメ絵とかね、アニメ絵とかマンガキャラが、それはもう抽象的になるから僕持ってきたんだけどね

(ここで『奥サマは小学生』を取り出す)

だからこういう、たとえばこれ、あの、(作品名を)隠してあるからね。…で、要するにこれ例えば例えばあのー、旦那さんが24歳で、あのー、奥さんが12歳だと、いうね、そういうマンガで、設定で、もうめくるとね、これ黄色いの(付箋)貼るしかないんだけど、あのー、とても放送では見せられないようなね、ものがどんどんこう、そのー、出てくるわけですこれね、で、こういうものは、ちょっとやっぱり棚を替えましょうと。そのー、書店のね、普通子供マンガの所に入ってますから、これをちょっと、あのー、別のコーナーに移して、18歳以上という所に移して、いきましょうって話なんで、そうすると(フリップを)読むとまいいや、18歳未満として表現されてるってのは例えばこれは、この人は、このマンガは、奥さんが12歳だからね、だからこういうふうに(フリップに)出てくるんだよね。ま、そういうところの、わりと極端な話が、前提ですよ、要はね。だからもう、普通に考えてね、あのー、こういう小学生の、まあセックスシーンやそれか、セックス類似シーンですね。そういうものを、12歳の、そのー、主人公がいて、それがその、ここに、まあ隠したからいいけどね、あえて「ハアハア」とかね、その擬音が入って、ピチュピチュとかね、何だかその、ようわかんないやああんまり、言うのも嫌な、あれだけど、擬音がいっぱい出てくるわけですよ。これを、だから、あの、要するに、これ、ちょっと例出すとね

(もう一冊、何かのマンガを取り出す猪瀬)

これも、これやっぱりこういうふうなものなんですが、これもう付箋貼るしかないんだよ、放送コードではもう、これ以上ダメなんだけどね、これで、こういうものですよ、これは、あの、例えば、中学生のようなんですよね。というのは、うん、高校を受験するみたいなの描いてあるから、そうかと。これは、12歳と言ってるなと、これ(もうひとつマンガ)は高校を受験する辺りの中学生、まあ、あのー、そのへんのところですね、まあ18歳未満は児童ポルノ法にあわせて18歳未満を選んでるってよりも…ちょっと、そういう人たちの、主人公になっていて、そして、そのー、書店普通に他のコミックと一緒にならんでいてだから、何だろうねえ、18歳未満・・・ビニ本とか、テーピングしてあるやつってのは18歳以上だけど、まあそれは18歳か17歳かわかんなくても、まあその辺はハードルがあるよね何となく。


でー、やっぱり、こういう、まあ、>我々若いときにこういうの覗きたくなるとこあるわけね。そういうときって、堂々と普通に店員の前で買えるってんじゃなくて、なんかもうちょっとこうハードル越えてから買いに来いよなっていう感じがあるんだよねうん、そのー、あっ、そうだそのー、まあそれはいいや、要はね、もうちょっと、その辺に普通に買うんじゃなくてもうちょっと無理して買えよなって感じなんだよね。だから小学生中学生普通にね、あのー、買えるような状況になっているって、これ描くのは自由ですけどあのー、だから成人コーナーというか、うん、売り場を替えれば)いいわけですよ、そうすると、買うのに多少苦労して買うようになるからね、それくらいのハードル人生に無きゃダメですよ。」

エロ本購入にロマンを見出す猪瀬△!!

(線引きがすごく難しいんだ、と藤本氏が語ったところでようやく猪瀬登場)「その今の言い方ってのは確信犯ですよ、それは。そうやって、エスケープする、言い訳をできるようにしておけばやっていいんだというふうな、考え方でやっているんで、何度も言うけどこういう場面(『奥サマ』引用。付箋デケー)いろんな場面があるけれども、これ、あなた(藤本)は18歳以上だから、別にね、こんなものなんともないけど、やっぱりこれを、小学校の、6年生の、読むと、そのねあのー、いや、18歳未満という意味で言ってるんですが、要するにね、これ普通に普通の本として買えるわけであって(ここで藤本氏が「いや普通の本というわけでは…」と異論を唱えようとするが猪瀬続ける)いやこれ普通の本なんですよ、普通の、だから「場所を替えなさい」って言ってるんであって、描くことはいいんですよ、で、読むこともある程度の年齢だったらいいんですよ、だけれどね、こ~れ~は~さあそういうことを狙って書いてるって事がわかるからー、ね、(ここで藤本氏「んー、それは多分判断が違ったりすると思うんですけど…」)あのー、要するに例えば食品のコーナーで、子供用のものを買ったときに、ものすごい激辛のものが入ってたら、それは親の責任になるんだけどね買うときに、(藤本氏いくつか頷く)子供がそれ知らないで買っちゃったら、物凄い辛いのが入ってて、「子供お菓子のところだからいいよ」といって買う、わけだから、そういうことが問題だって僕はちょっと言っているわけであって。あのー、あくまでも、18歳、販売規制じゃなくて何ていうの、18歳以上にとっては何でもないことであって、要は一定の部分だけ「ちょっとこのコーナーに置いて下さいね」っていうか、あのー、ある年齢の人たちにとってはね。そういうことを言ってるだけで何でもいいけど表現の自由の問題じゃなくて、作ることは全く自由なわけで、最初に言ったけどこれ、表現の自由だって誤解されてるから、表現の自由を、そのー、「表現の自由を否定している」って言うの、表現の自由は全く否定してない「あのー…、要するに、マンガ(等)を描くこと出版すること、それから18歳以上に販売するようなそういうことは全く規制されていない。規制されてない、ということですこれは。いやいや、あのー、全くそれは規制されてない

お、要するに置き場で隔離される可能性はあるけど、逮捕されたり第二の松文館は出ない!?

ただ刑法の、レベルまで行けば、それは別ですし。

ちょww条例意味なさすぎww何のための線引きwww。

行政が指導するかわりに、指導の範囲内であれば、売り場で隔離することさえすれば、

いきなり逮捕とかにならない、とかなら指導に従って自主規制を行うインセンティブもあると思うが、

行政責任取らないけれど、行政がちょっと口出ししてみたいから言うことに従いなさいというのなら

自主規制インセンティブは変わらず刑法であって、行政指導関係なくね?


行政のもうけるボーダーライン無意味であることが判明したので

おかげでその後の文章もしばらく全く無意味

参考までに猪瀬の考える線引きを確認してみようと思ったら、相変わらず極端な例を挙げている。

国会審議見てても思ったけど、政治家仕事は、素人でもわかる極端な部分を話し合うことじゃなくて

ギリギリのラインをエイヤ!で引くことじゃないの?12歳がエイヤ!ラインなら、18歳以下って線引きの基準は何なの?

いやだってここは売り場をちょっと替えてくださいねとそれはだから青少年の、性当時行為につき、強姦等著しく反社会的な行為を不当に賛美し誇張したもの、要するにね、今、里中さんの話は文学の話なんだけどで、文学の話で、それは全然問題ないわけで、さっき言った直接ただ、そのー、これ見せるためのだけに、やってるような、そのー、むしろ物語性がどこにあるのかわからない、というふうなものが今、対象になっていて、でもう一つだけね、自主規制っていうときに、これはもう、中ひらけないんですが、もうひどくて、でー、これが、この本でえばこの、これだけつけといたんですけど、弟妹、えー、姉弟、母子、父娘、要はもう、殆ど全ページ黄色く貼らなきゃいけないような、ところなんですが、これは、要するに自主規制があるんだけどこれがででてあるわけですよね。それで、要するにそのー、「いやこれはちょっとまずいね」というのをそのー、審議会があって、あのー、月に一回くらい開かれる審議会で、3・4冊あんまりひどいのは、ちょっとやめましょあのー、成人コーナーに置きましょうね)っていうふうになる不健全指定する。で、そういうものなんで、で一応「ガイドライン作らないと」というのが今回の話ですから、あのー、里中さんが仰ったけど文学の話でそういうものじゃなくてもう全ページその場面(まあエロ場面という意味だろう)ばっかりが続いていくような、話で、それが一つと、もう一つは児童ポルノ法ってのが別にあるわけですよね、これは、写真とか、そのー、なんだ、写真映像動画、あのー、でも、それはやっぱり、そのー、法律的に厳しいわけですかなりね。で、そういったときにマンガだけちょっと別に、入ってないわけですから、それは今回、やっぱ同じような類のものがあればということがちょっと出てきているわけですね

(「性的感情を著しく刺激するもの」について八木アナが猪瀬に振る。それを受けて猪瀬)

「例えばね、あのー、小学生がね、大人との性行為を喜んで受け入れるというふうな例えば描写があれば、本来は、13歳未満の、そのー、例えばそういう少女セックスしたら強姦罪になるんですよね。だからそういうふうなもの、例えばそういうものが、かなり、そのー、対象になるということであって、普通のまあ、その辺にあるようなものは対した事無いですよだからさっき言ったようにそのー、えー、強姦だとか、いろんなそういう、まあ、近親相姦だとか、それを小学生が主人公になったり中学生が主人公になってるのが、いかがなものでしょうか、ということですよ、要は。ただそれは、先程言いましたように、ほかのコーナーに置けば、それは自由に見ることが出来ると。ま、刑法レベルじゃ無ければね。そういうことですよね。


だからさ、それは業界自主規制といって、次から次へと出てくると、「何のために自主規制やってるの」と、いう話になるわけですよね。それともう一つはやっぱりあのー、児童ポルノ法というのは別の話ですけれども、やっぱりあの、10歳の女の子の、裸のある写真を、親がね、それを撮って売ったりしてるようなものがいっぱいあって、そんなことをやってていいのということで児童ポルノ法が、だいたいこれ、ヨーロッパ、みんなあるわけですよ。でそういうなかで、あのー、まあ、いわゆる児童ポルノ法で「持ってるだけで罰せられない」というのは日本ロシア、G8の国々で、先進国の中で、日本ロシアだけが、10歳の少女の裸の、更にもっと拡張させたようなものを、そういう写真を持っていても罰せられないのは日本ロシアだけで、ヨーロッパ先進国では「それはとんでもない話だ」ということになっているので、そこのところが前提にあって、で、じゃあマンガキャラクターは、「同じようなものがあっていいの」と。実際に児童ポルノ写真場合写真取られた女の子被害者ですから、そういう、ただ、マンガキャラクター場合は直接的な被害者が、架空の人物ですからいないわけですけど、「でもそれはそのままでいいの」と。同じようなレベルのものが、あっていいのかという問題があるから、少なくともそれは、あのー、違うコーナーに置きましょう、というのが今回の、規制ですから。

状況に関わらず体罰は是か非かという問題があるから、体罰した先生はあっち行きましょうね、的な香り。

それ、体罰は非って最初から決めてるじゃない。 あと最後に規制って言った!

(それに藤本異論。それを受けて)児童ポルノ法についてどう思うかっていうことを先に言ってくれないと。法律もだけどなかなか作られなかったんだよね児童ポルノ法もそれはね、あのね、違う。国で決まらないから地方自治体が後で決めるというのは、国が決めて地方自治体がやるというのはそれこそあのー、地方分権地域主権の考えに反するんであって、国が、北海道から沖縄まである、国が、物事を決めるのは遅いんですよ。これはね。このテーマのことじゃなくてもひとつ普通はねだから別に、国が決めてないからというのは論点にならないんですよ、それはね。これは、国の法律の範囲内の話ですから、条例というのはそもそもが、ね、で、ひとつ、何度も言うけれど児童ポルノ法があってこれは大変な、やっぱりそのー、今起きている現実に対しての、法律なわけですよそれはね。そういう今、ヨーロッパを含めてそれをやっと作られているということがあって、そしてもうひとつね、これアメリカのね、あのー、2006年判決ですけども日本アニメーションを、ダウンロードしたアメリカの人が、アメリカの人がですよアメリカ法律ですけども、禁固20年の、刑、判決がでたんですね。そのー、アニメーションの、ま、多分こういうレベルのものですよそれはね、酷いものだったと思いますよ。それを、ダウンロードしてそれで、それでもう要するに禁固20年なんですよその言論表現の国のアメリカではね。

だから、問題は、言論表現の話じゃないんですよこれはね、要するに、規範の問題なんですよ。規範の問題ね。つまり、押し付けるんじゃなくて、例えばね、キリスト教とか、そういう世界では、ある種の常識というものがまだ残ってるわけで、ね。あの、これを子供に…例えばまあ、日本だっていろんなものあるけども、まあある程度「このぐらいになったらいいだろうな」っていう水準があるんですよそれ規範なんですよ、それは。それはね、例えばそれは、パリだったらちょっとした良い、あの、フランス料理に、の所に若い女の子なんかいませんよ。要は、高いフランス料理レストランの所に女の子がいたりとか、いろんなその、それなりの順番があるわけですよそれは。で、そういう意味での、その規範っていうものが、その、ある程度キリスト教的なところでは何となくあるんですよね。で、そこは、日本場合は、そういう部分は、少なくとも、生産者がある、出版社が「これは成人コーナーですよ」っていうふうにある程度、あのー、消費者に対して示してあげないと。それができてなかったから、あのー、「こういうある程度のガイドラインを示さないといけないね」ということになったわけだから。

規範の遵守」とか「適切な情報提示」にケチがついたらしいです。実に曖昧ですね。

曖昧だから線引きをしようというのはわからんでもないです。

ただ、今より厳しくする基準にはならないですね。特に前者は。

「だからね、例えばさ、マンガっていうね、そのー、いつも最先端の分野行くんですよ。それは、やっぱり、体制の中心じゃない、端っこのほうからいろんな形で出てくる、文化を作り上げているんですよ。ぼくはもう、それはものすごくその通りだと思ってますからね。ただその場合にやっぱりそれは、「じゃこれは、成人コーナーに置かれちゃったら?」というね、だって「こういうの」って殆どそのシーンばっかなんだからやっぱり、あのー、同性愛でも(何でも)、いろんなシーンが出てきてもそれはあの、面白、文学になってれば、物語になってればさっき(里中氏が)言ったように感動があればいいけどもー。全然そうじゃない「何これ」っていうふうなものがいっぱいあるわけですよホントに。ただもう「そのシーン」ばっかりが続くような、そんなの、あのー、やっぱり反体制(ここは「カウンターカルチャー」と読み替えたほうが意味が通りやすそう)でも何でもないよねっていうね…」「いや、だからこれ何度も言うけど言論・表現規制じゃないんだよ。販売の。例えばさ、僕もね例えば親として、親の代表として、色々考える場合行政ってのはその、そういうものをやるのが仕事でしょ?そうすると「それはそこに置いちゃいけないよな」ってのを、やるのが仕事なわけだからそれは当たり前のことですよ。「行政指導ってのが条例なの、要するに」(「条例の内容を行政で対応する」。これを「行政指導」と呼ぶのであれば、田中先生お話にも猪瀬氏の発言にも合点がいきます)

え、親の仕事行政がするのが当たり前なの?

親自身がやってはいけませんか?PTAではいけませんか?消費者団体ではいけませんか?

「(頷きつつ)ざっくり言えばそういうことですよ。うん。だから、特に18歳未満のキャラクターというのが、マンガキャラクターで、実際には18歳というよりも、小学生中学生ぐらいの(ここに司会が「12歳の娘さんが出てくるのは良くないと。で買うのは18歳以上の人たちが普通に買うのは、成人指定されてる所で買うのはそれはもう勝手であると」そりゃもう買うのは「12歳のお嫁さんが出てくるようなマンガであろうがそれは出版するのは自由であると。それを規制するものではないと,そういうことです。僕の立場っていうか都の立場。『奥サマ』でもね、単なる裸のシーンや青少年のベッドシーンは、あってもいいんです。要は。だから、普通じゃない、その近親相姦だの、そのー、レイプだの、そういったものについて、いやそれを、だからゾーニング、棚を替えて下さいね、っていうことで、これが只の普通のベッドシーンがあったっていいんです。要は。(司会「子供向けでも」)ええ、そうです。全く構わないそれは。

言質その1。18歳以上の私達には売り場の変更以外何の影響も出ない(少なくとも条例によって作家が書いたりすることにも影響はない)と。

無関心な、そのー、つまり、そのー、そういう状態があるにもかかわらず、例えばこの、テレビの、それを(議論を、という意味だろう)やらなかったりとかしてきたわけですよね。これ今やってるんだけどね。だから、僕もこんなに、ところまでいってるから、ちょっと色々見てて、やっぱりこれはどこかで、だれかが、ちゃんとガイドライン示さないとまずいねと。でー、繰り返し言うけどマンガっていうのは)いろんな発端性的(ここちょっとわかりにくい)なものとかサブカルチャー的なものっていうのがどんどんどんどんその、新しいものが現れる分野なんだけれども、それじゃないんだよね。ちょっと違うんだよ、やっぱりそれは、あのー、写真だったら、18歳以上になっちゃうけど、)これ(マンガ)だったら「置けるな」とかって思って描いてるところあるから、それはちょっと違うんじゃないかなあ、っていうことなんだよね



(若いときのエロいものの入手法について議論)「でもそれ、正しくて、『そうやって手に入れろよ』と。我々だって、そうやって苦労して、あのー、ちょっと不良っぽいお兄さんから借りたりとかしたわけでしょ。はじめからすぐそういって、何にもノーチェックですぐ、買えるようなのであったらそんなのダメですよ。」「ただな、僕のー(ここで『奥』を手に取る)、(…そのー、(ここで里中氏が制しようとするも猪瀬続ける)思春期に、小学生の、あの、セックスは、無かったです。これは。」

言質その2。少なくとも、二次元児童ポルノについては単純所持規制などはなさそうな感じですね。

「何が怖いの?それわかんないんだよその『怖さ』っていう言い方が」「いや審議会メンバーここに書いてあるよ(一枚の紙を取り出し司会に渡す)公表してるからね。(どうやら別の紙を渡したらしく)あ、それはあれだよ、青少年、あのー、青少年問題協議会ね。でー、青少年問題協議会(…で、僕、これ読んでみたけど(司会「確かにこう、作る側の人たちがね」、これ基本的にはさ、携帯フィルタリングの話がメインなんですよ。そのあとこの、話が入ってるんですよ。だから、そのー、携帯の、この今回(このへん聞き取れない)はあっちの業界自主規制するかどうかがっていう問題がひどい、その、情報が、携帯の中にあるわけですから、それをフィルタリングかけるっていうことで、その話で、えー、この答申が、それとこの話ふたつ、なんですよね。」それを受けて司会が審議会メンバーの偏りについて問うたところにかぶり気味に猪瀬。「それからこれは、タイトルが(「メディア社会が広がる中での(…聞きづらい)青少年健全育成について」というところの、協議会があって、それがまあ答申を受けて、まあ条例の元になるものを提案しているということですよね。それで、もう一つは、東京都青少年健全育成審議会っていう、ものがあって、これがさっき、えーこの本だな(序盤に登場した、中を見せられないマンガ)。これはもう、開けないぐらいの本だけど、これを、去年の、夏ぐらい、6月ぐらいかなこれ、こういうのを毎月、3冊か4冊くらい、やるんです。「これはね、これは出版倫理協議会映画倫理協会、と、まあコンビニとかね、そういう(ものが)入ってますね。この、おー、出版倫理協議会鈴木富夫さんという方は、知ってますけど、あのー、ある会社の、幹部にまでなった人(この辺り不明瞭)編集長に。まあそういう、(いろんな人が入ってますから、そういうのでやっているということですよね。」藤本氏「不健全図書のほうはそうですね、はい」司会「先程言われた、こちらのメンバーについては偏ってるということは」それを受けての猪瀬「これ、出版界の人は、入っていない、けれども、この、おー、これ読み上げてもらえれば、こういう人たちが、公募の人もいるというね。後は大学教授と…」ここにまぁ、これ青少年問題協議会は、あのー、いろんな人入れればいいと思いますよ。だからこれは都議会議員もいっぱい入ってるんだから。

協議会の人選について。特に面白いところ無し。


文字数制限の為「2」に続く。

http://anond.hatelabo.jp/20100406183327

2009-10-28

twitterエロい女に群がっている奴らが気持ち悪い

最近、自称エロ女を語っている女性が増えてきた気がする。

わざわざ画像放送コードギリギリくらいの画像にして、男を煽っている。

ま、それは別に問題ではなく放置しておけばいいのだが…

 

そのエロ女を調子に乗らせる群がる男どもが気持ち悪い。

 

エロ会話でノリノリになるのもわかるが、(自分も好きなほうだけど)

エロチャットのをオープンでやっているのはどうかと思う。

恥ずかしくないのかな?いくら匿名性が高いって言っても…

その男性をフォローしている人は、どう思うんだろうね。

はっきり言ってウザイ/キモイって思っている人が大半なのでは?

 

エロの会話は止まらないから、どーでもいいエロチャットが延々と続いていて、

TLを埋められるのは、なんかやるせない感じ。

キャバじゃねーんだから…

 

ま、どこのコミュニティサイトでも同じ現象はおこるけどねw

2008-01-02

小島とニーチェ

諸君、私は小島よしおが嫌いである。

放送コードギリギリの挙動不審さで蠢く彼を見ていると、その無駄についてる筋肉を本物の熱湯で湯通しして、丁寧にむしり取ってどこぞの犬にでもあげたい衝動にかられる。

しかしながら、そんな私の思いとは別に、テレビで彼を見ない日はなく、「そんなの関係ねぇ」はついに流行語大賞を受賞してしまった。

世を構成する様々な「関係=リレーションシップ」を一刀両断で全否定するこの言葉は、一見切れ味が鋭く心地よい錯覚を覚えるものであるが、

その反面「神は死んだ」と高らかにニヒリズムを宣言することで19世紀という繁栄と安定の時代の終焉の到来を告げたニーチェの混乱を、

この21世紀に繰返す恐れのあるものである。

私は、この言葉の蔓延がもたらす未曾有のカタルシスに恐怖を覚え、小島本人への接触を試みた。

私「どうも。」

小島「ういー。」

私「彼方は、物事と物事の間の関係をことごとく否定して回っています。」

小「そんなの関係ねぇ。」

私「よろしい。例えば彼方が履いているその海パンですが、その海パンメーカーとあなたに関係があるのは流石に認めるところでしょう。」

小「そんなの関係ねぇ。」

私「その海パンメーカーには沢山の人が働いていて、糸一本紡ぐのに石油の精製から海パンへの縫製まで、数多の人が関わり、

  そして誰かが店舗に運んで、誰かが店舗に陳列したものを彼方が手にとって履いてる訳です。」

小「そんなの関係ねぇ

私「私は、寧ろこの世の全ての物事には何らかの関係があるのではないか、とすら思っています。」

小「そんなの関係ねぇ。」

私「そして、其れが関係のないものと思えるのなら、そう思うほうが無知なのだととも。」

小「はい、おっぱっぴー。」

私「その『おっぱっぴー』ですら、私は彼方と何らかの関係がある言葉だと思っているのです。

  例えば、何故『おっぱっぺー』ではなかったのか、『おっぱっぷー』ではいけないのか。

  もっとも、彼方は此れを「オーシャン・パシフィックピース」の略だ、としています。

小「はい、おっぱっぴー。(白目を剥きながら)」

私「此れが英語として完全に間違いだということは今更指摘をすることもないと思うのですが、

  彼方は意味のない言葉として此れを使用しています。」

小「はい、おっぱっぴー。」

私「私は残念でならない。何故、其処で『おっぱい』だと云わないのか、と。

  急場しのぎの意味不明英語で取り繕うのかと。

  森羅万象を『そんなの関係ねぇ』と言い切るのであれば、何故其れを無意味混沌である現実に耐えつつ、

  自らが現実の新しい意味であろうとする真に自由にして批判的な精神へと昇華していかないのかと。」

小「うぇーい」

私「うぇーい」

と云うことで、小島本人との接触を試みたが全く接点を持たないまま物別れに終わってしまった。

結局、関係という糸で繋いだ服は、裸の王様には見えないのであろう。

私は「イ」の字になって踊り狂う小島を残し、静かに冬の街を後にした。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん