「くる電」を含む日記 RSS

はてなキーワード: くる電とは

2022-01-17

携帯電話を忘れて出掛ける幸せ

所用で5時間ほど外出する休日、車で出発してすぐに携帯電話を忘れたことに気が付いた。一瞬迷ったけど、車を折り返して家に戻る面倒臭さと、予定に遅れる心配もあってそのまま行ってしまうことにした。

思えばこの20余年、携帯電話を持たずに長い時間出掛けることなど一度も無かったような気がする。長患いの持病持ちの父親が生きていた頃は、いつ何があるか分からいからと寝る時も枕元に携帯電話を置いていた。実家から週に何度もかかってくる電話はほとんどが老々介護母親から呪いのような愚痴電話だったけど、まれ緊急事態もあるので常に着信を気にしながら生きていた。子どもが産まれたのも同じ時期だったので、なおさら緊急連絡が多く忙しかった。かかってくる電話はほとんどが悪いニュースから電話が嫌いだったけど、電話を持たずに出掛けるなんて不安で出来なかった。

から携帯電話を忘れて「まあいいか」と思えた自分に驚いた。今は両親も他界し、子ども達も目が離せる歳になり緊急連絡もトンと減った。ただ単に肩の荷が下りただけの話だ。でも携帯電話を忘れたことで、小さな幸せに気付くこともあるのだなと感慨深かった。

家に帰り携帯電話確認すると、「帰りにお酒買ってきて」と妻からメッセージが入ってた。そうだろうと思って、お酒買って帰って良かった。

2021-12-06

anond:20211206151313

電話取ったときマニュアルとかあった方がいいかな、と思うときはあるよ。

うちの会社場合は、だいたいの新入社員は1か月もしないうちに電話出るのに慣れるから作ってないけど。

個人的には電話なんて上下役職職種関係なく素早く出るのが当然だと思ってるんだけど、

古株社員ほど俺には関係ねぇって顔で電話出ないのが腹立つけどね。

固定電話にかかってくる電話なんてだいたい古株社員宛ての電話なんだけど。

2021-11-13

anond:20211112223010

たまーに出てくる電話とかURLを叩くと作り込まれ情報がでてくるような手の込んだ番組とかあるよな

2021-11-09

父親と会話することが苦痛だった。

子供のころから父親と会話することが苦痛だった。母親とか姉とか会話するときは楽しく会話していても、父親があの独特の雰囲気で会話に割り込んでくると途端に空気が変わって、楽しい時間が一気に気まずい嫌な空気に変わるのがすごく嫌だった。

父親北海道大学獣医師資格を得てきた一般的にはインテリに分類される人間だったろう。ただ、コミュニケーション最初から難があるとみなされたかどうかわからないが、親から突然牛飼いになれと借金を負わされて嫌な仕事をやることになったと、「母親を経由して」散々聞かされて育った。ここで母親を経由してというように、まともに父親と会話したこと殆どない。中学校2年生ぐらいのときに、宇宙に興味が出て、父親に聞いたところ、思いの外詳しかったので、2〜3日詳しく聞いたことがあったという、その例外を除けば、「うん」とか「はい」とかそういう形式的な生返事をしただけで、どういうことを考えていたとか、何が好きとか、趣味はなにかとか、およそ父親に関する情報を会話からたことはない。

いつも母親経由であれはなんたら、これはどうこう、とか言う情報を得ていた状態で、まともに話したことはなかったというか、話す話題もなかった。父親はしきりに俺と話を一時期したがっていた。でも、最初に戻るが、父親が会話の輪に入ってくる会話というのは苦痛のもので、

相手が嫌がることをすることで興味を得てほしいというような幼稚な会話スキルが透けてみえて、本当に嫌だった。

当時はここまで分析できなかったが、自分父親と同じようなコミュニケーション苦痛になるような人間にはなるまいと心に誓っていた。

そんな父親も今年の4月半ばに72歳で亡くなった。借金ばかりで残してくれたものほとんど無く、残務処理を11月にまだやっているような状況だ。

亡くなる前、自分精神病気入院していた、自分人生に悩みを抱えていた。こんなときドラマだったら、今まで疎遠だった父親に話しかけると思いの外感銘を受ける言葉をかけてくれて、展望が開けた、というような安っぽいストーリーを思い浮かべて、メールとか対面とかで初めて対話を試みてみた。だけど結局「おらわからん」という田舎もん丸出しの投げやりな返事だけだった。書きそびれたが「おらわからん」「おらはしらん」は父親の口癖で、しきりに話ししたがるときはあるくせに、肝心の話の中でなにか要件というかタスクが発生するとすごく嫌がるので「おらわからん」「おらしらん」といってタスク回避したがるのが常だった。だからからも信頼されない、誰も話しかけないというのがループになっていたように思う。結果話もしないから、会話スキルも、そもそも口の筋肉も衰えて、さらに会話ができないという悪循環に陥っていたんだろうと思う。

ここで、父親父親自分自分というふうに切り分けできれば嫌な父親だったねということで終わらせられたんだろう。問題は、自分父親に似てきたというところだ。

もともとネズミの脳で、他人との会話の中で出てきたワードを覚えられないというのは大学生ごろから気にしてきたのだが、社会人として仕事をする中でも仕事をうまく覚えられないというような形で(でも社会人1年目はそんなこと考えなかったと思う)顕在化してきた。仕事がうまく行かない+うつ病という組合せで一時期休職したりして出世コースから乖離していくなか、同期からは早々に連絡を取り合う関係ではなくなり、大学の友だちとはだんだん疎遠になり、仕事上の同僚とは大して話すことがない(他の人は毎日話しをしていたか特別静かな職場というわけではないので自分話題を振らなかったせいではある)という状態慢性的になった結果。

  • (良い話題が思いつかず話しながら考えるせいで)重い口調
  • (同じく頭の中で考えても考えてもいい言葉が出てこないことで結局無難単語を繰り返すことで出てくる)狭いボキャブラリー
  • (同じく頭の中で考えても考えてもストーリを紡げないということで出てくる)隠しきれない焦り(まわりも焦らされる)

という状況が日常的になった。いま人と会話することが非常に怖い。頭の中でストーリー全然組めなくなった。他人から言われた話も半分くらいしか理解できないようになってしまった。仕事上かかってくる電話はなるべく取るようにしているが、電話でも口が回らず、要件を伝えるのがやっとかっとで、細かいニュアンスとか、気づいたこととか伝えきれなくて、結構確率電話のあとうまく伝えられなかったなあ、という感想になることが多くなった。

まり

という状況に陥っている。会話する機会が無くて会話に関する脳の機能が低下しているということだと思っている。今思えば父親も同じ状況だったのだと思う。

父親と同じ最後は嫌だ。本当にどうすればいいか悩んでいる。

まず他人から言われたことを半分くらいしか記憶できないネズミの脳というのは精神をやんだ病院で「リーディングスパンテスト」というのを受けて定量化できることは知った。でもそれを改善する方法というのはネットで探したけれど見つからなかった。

ストーリー仕立てで話すことができないというのは、昔はできていたと思う。なぜできなくなったのかわからない。どういうトレーニングをすれば改善できるだろうか。

言いたいことを表現するボキャブラリーが出てこないというのは1番めに関連しているような気はする。記憶力を高めればなんか改善できそうな気はする。

父親は同じような悩みを抱えて、性格的に諦めてしまったのだと思う。他人と話す機会も多くなかったし、話すことを拒否する内にどんどん会話に関する筋肉が衰えていってしまってー>会話が困難ー>より会話に関する筋力が低下、という悪循環になってしまったのだと思う。自分は同じ轍を踏むわけにはいかない。なんとしてでも、この状況は改善できるものだと考えて脱出したい。

2021-10-14

頭にアルミホイル巻いてるひとって

から体を貫通してくる電波防げてないよね

頭悪いね

2021-09-18

義母Twitterを知っているので

私は義母Twitterアカウントを知っているので

私にどれだけニコニコ接してしてくれていても

彼女が内心では私のことを

我が息子と違い料理すら出来なくて

無駄に息子より年上で

息子よりしょぼい大学しか卒業してなくて

息子よりしょぼい会社に行っていて

ロクすっぽ稼がず息子にぶら下がってるくせに

自分実家の近所に家を買いたがる理解不能な嫁

思っていることを知っている

私としては

あなたの息子がゲームしてゲラゲラ笑ってる間

調理含む家事をさせていただいてるし

年上のブス嫁を選んだのはあなたの息子だし

あなたの息子より偏差値が15ほど上の大学を出たし

生活費必要経費は完全折半+

家の頭金の9割は私の独身時代貯金だし

義父母の近所だと数百km先の山奥の村になるので

今の仕事を私もあなたの息子も辞めることになり

経済的にも立ちいかなくなるなるしそもそも

金銭的な支援も1円も無いのに

その言い分に従うのもおかしいし、

実家の近所の家にしたら金銭的、人手的に

結構支援があってあなたの息子も喜んでるし

あなたネットでそんなことをばら撒かれる

筋合いはない、

あ、でも会社がしょぼいのはホント

心の中でリプを送っている

でも実はTwitter知ってるんです!なんて

口が裂けても言えないので

しょっちゅうかかってくる電話で

ニコニコと色んなお話をしてくれる義母

私もニコニコ対応している

次はどんなネタを書いてくれるのかな

2021-09-15

会社代表電話への着信が酷い

1日あたり、10件位の着信。

掛かってくる電話の9割が、SEOがー、電気料金がーとか、関係無い営業電話なんだけど、こんなもの

時間集中力を削がれるの勘弁してほしい。

もう留守電いいんじゃないの?って思うんだけど。。

小さい会社なので電話応対してくれる総務なんて無くてね。

最近は、既にやり取りしてる風を装って代表者を直接指名してくるのが多いなあ。

2021-09-11

anond:20110910131804

こういう傍目にはひどい状態の人でメンタルクリニックに予約取ったが1ヶ月後といわれたって言うの聞くと、

私なんか「明日来い」っていわれてなんでだろうと思ったんだが、

電話口で「入線してくる電車に頭から吸い込まれかけた」「記憶半日飛んだ」って言ったような気がするからだ。(「」内はすべて事実

希死憂慮ははずかしいことでもなんでもなくよくある症状なのであるならきちんと精神科の予約のときに伝えたほうが良いです。

それでも病院により予約がしばらく後とかはあるかもだけど、急患で診てくれるところもあります

とりあえず軽い睡眠薬だけくれて休むための診断書を書いてくれたりするので…。

2021-05-24

OCNテクニカルサポート窓口の音声ガイダンスが巧妙だった

OCNテクニカルサポートは基本電話しか窓口がない。

電話をするとお客さま番号を準備して待機してくださいとアナウンス流れる

そして音声ガイダンスに従って、番号をプッシュしていくとショートメールを送りますと言われる。

これもオペレータへつながる流れの一環なのだろうと思いながら携帯番号をプッシュするとヘルプページのURL記載されたショートメール送信され、電話が切れてしまう。

あれ、オペレータにつながると思ったのに…。

もう一度電話して音声ガイダンス最後まで聞くとオペレータへつなぐ場合は何番をプッシュと流れ、オペレータと話すことができたのだった。

テクニカルサポートにかかってくる電話の大半がヘルプページを見れば解決する事や、窓口の応答率を上げるためなどの理由からこのような合理的な音声ガイダンスなのは分かる。

ただ、送られてきたヘルプページの内容を見ながら全て行っていっても結局解決しないので、最終的にヘルプページではテクニカルサポート窓口へ電話をと促されてしまい、

窓口へ電話してもオペレータに繋がることすらできないのに、どうすればいいんだと思ってしまった。

音声ガイダンス最後まで聞かない自分が悪い。

ただ、音声ガイダンスで該当するものが流れたら最後まで聞かずに番号をプッシュしてしまうのが普通な気がする。

ただ、これで学んだ、音声ガイダンス関係ないと思っても最後まで聞くべきだと。

2021-05-17

サポートできないか

親父はauガラケー、当然LTEにも対応せず純粋な第三世代と呼ばれる機種を使っているが、来年3月サービス終了という。

しかし、携帯なのに持ち歩きもせず、かかってくる電話もある訳じゃないし、無駄金だし。サポートは確実に必要だけど人の話聞かなくてサポート難易度も高い。

なのに持ち歩かず、ほぼ使わずなら、もう要らねぇだろと思ってる。

使わないから金の無駄といってサービス切れる前に解約させるか…

今更プリペイドってのもないだろうし。


書き忘れ。

家族はみんな「普段から持ち歩きもしないんだから要らねぇだろ」と言ってるのに本人だけ乗り換えかとかいってる状態でごさいます

2021-05-14

anond:20210514131103

契約営業でとるわけだから

事務所にかかってくる電話は基本的に解約とかクレームとかなわけだ

そこで予めコミュニケーションとれないやつを配置しておけば

客が諦めるかも知れなくてお得ちゅうわけやな

2021-04-07

上司から

不動産営業電話は断れ」

って言われたので

「○○という会社のxxさんからなんですけど、これは、つないでもいい電話でしょうか?」

って聞いたら

「話聞いてなかったのか?」

だって

上司確認するのはNGらしいので、これからかかってくる電話には

不動産営業ですか?」

って聞けばいいのかな

2021-03-16

anond:20210316141857

「俺は電話出なくてもいい」と思ってる

しか会社にかかってくる電話の大半は、そう思ってる奴宛ての電話だったりする

ぶっちゃけ会社なり上司という立場でブン殴らないと気付かない

2021-02-17

たぶん一回死んだ話

今思うとかなりやばかったと思う。

数年経てば消える程度だったけど自傷もしていたし、夜が来ると自然と涙が溢れて止まらなくなって気がついたら明け方になっていたことも少なくない。

当然学校休みがちになり、それと共に成績も落ちた。家庭環境も良いとは言えなかった。

全部を終わらせたい毎日が続いていた。休めない時は這うように学校に行って1日を耐え忍び、夕日の差す駅のホームで時々何本か電車を見送っていた。

ちなみにこの時のちょっとした趣味電車に飛び込む自分想像することだった。

毎回ホームに入ってくる電車で飛び込みベストタイミングを図るというとてもとても不謹慎な遊びだった。

想像力が豊かすぎると笑われるのがわかっているか誰にも言えないでいることがある。吐き出させてほしい。

その日もいつもと変わらないはずだった。

電車がきますアナウンスで待合の椅子を立ち、黄色い線の内側に立った。しばらく後、電車ホームに入ってきて今だ!と思った瞬間だった。

自分残像みたいなもの線路に飛び込んだのを見た。

それはすぐに電車本体にかき消されたけど、変な感覚だった。向こうに引きずられるような感覚はあったし、危ない!とも思った。(身体は膝を軽く曲げて後ろに上半身を引いていた)

なんというか幽体離脱した側が電車にかき消された感じ。

すごく焦った。電車のドアが開いて自分がまだホームにいるとわかってホッとしたのを今も覚えている。それと同時に全部終わりにしたいとか消えたいとか思ってたくせにホッとしてる自分に呆れた。

ただその一件以来少しだけ心が軽くなって、状態が良くなっていった。一年も経つ頃には遅刻はすれど学校を休むこともなくなり、症状も軽くなっていた。

あの時自分の中の死にたい何かが電車に飛び込んで本当にどこかに消えてしまったんだと思っている。

自分でも妄想が過ぎると思ってるけど、妄想で片付けるにはあまりにもリアルだった(でも当初はだいぶおかしかったしとも思う)

頭が良くないので詳しいことはわからないけど、これは何か名前のついている現象なのかな。

コロナ前に鬱で退職した友達にどうやって鬱状態から脱却したかきかれて、思い当たったのがこれしかなかった。

話すにはファンタジーすぎて話せずにいる。

2021-01-28

迷惑電話を元から断ちたい

超絶零細企業固定電話の話なんだけど、

かかってくる電話の1~2割ぐらいって迷惑営業電話なんだよね。

どうやったらこれを排除できるんだろうか。

うまい断り文句じゃなくて、そもそも電話が鳴らないようにしたいよね。

弊社が使ってるのは30年前くらいから使ってそうな激古ビジネスフォンなのでナンバーが出たりすらしないやつです。

最新式のやつなら登録した番号は鳴らさずに拒否してくれるのかね。

大企業に勤めてるエリート増田民さんは外線電話なんて出ないんですかね。

2021-01-27

寝取られ系の音声作品を購入したんだけど、寝取られてる彼女からかかってくる電話の着信音がポ○モンでもう抜けなくなった

2020-11-29

anond:20201128144922

ジジババにとってはこれから掛かってくる電話や届くメールLINEが見れたらいいだけ

お前がヒステリックに騒ぐから母親は黙ってショップに行ったんだと思う

親がちょっと聞くと居丈高で不機嫌そうにキーキー言っているお前が目に浮かぶ

2020-10-02

anond:20201002005259

ITでは「ミント味のガムを製造することを認めてよいかどうか」を決めるのはエンジニアであり、そしてエンジニア実装言語仕様書を読んでいるだけで、更にその仕様書半導体ベンダが決定し、加えてその仕様書も主にカリフォルニア辺りの国立大学発明言語化しただけのものだ。

ベイエリアから流れてくる電波をキャッチするアンテナがあればよかった幸せ時代は終わってしまったということか・・・

2020-09-29

この電車に飛び込んだらもう営業しなくていいんだー

と思いながらホームに入ってくる電車を見つめるのは自殺願望なんだろうか

「あったかいお風呂に入りたいなー」って冬に思うのと同じ感覚だった郵便局に勤めてた頃

もう辞めたけど

2020-09-08

もし僕が誰にともなく「死ね」と言った時に

周りの人間が「傷付きました」「攻撃されました」と

嘆くなら

そんな世界は要らない

要らない

要らないんだ

はいつも被害者振って

僕を加害者にさせて

ない腕の傷を擦って

痛いと嘆くよ

だけどあの時僕は温かいシチューを二人分用意していて

君は一つも口にすることな

馬鹿みたいに猿芝居を始めたんだ

白ワインでも開けようかと

豪勢な食事を準備した

目の前で行われる裏切り

君の目はかなり悪いか

ついでに頭もかなり悪いか

そうやって噛み合わない事は当たり前になっていた

俺は一人浮かれたまま

被害者ノートに名を書き連ねられていることにも

気付かぬまま

下らない毎日を呪ってたんだよ

神様

あの男の一生に吐く程のシチュー

くれてやってください

腐った野菜たっぷりカビの生えたパン

うまいうまいと食べる事でしょう

神様

あの男の目に何も見えなくなる程の光を

駅のホーム行方向に向かってくる電車に

気付かずにミンチ

ミンチ

メンチカツ明日は作ろうか

2020-09-04

死にたいと、思ったことはありますか。

死にたいと、思ったことはありますか。

私がいま誰もに聞きたいのはこの質問です。

輝くような俳優最後自死でした。

それは彼を知る多くの人の心にすっかり穴を開けてしまったように思います

実際、私の心には輪郭のふやけた穴が見え隠れしています

彼の笑顔は今も私を笑顔にさせ、その穴を侵食させていきます

自ら死ぬということを想像するのは容易いでしょうか。

私にとっては非常に身近でした。

仮に試すことがなかったことを、今は幸いに思います

私は自死最後の救いではないかと考えます

まり自分の苦しみや憎しみのような念を昇華させる最後の手段なのです。

過去を振り返ると、私にはそういった念を昇華させる術がなかったように思います

家族は仲が良く温かな場所でした。

しかし同時に、深い部分を見せられる場所ではありませんでした。

学生の頃、私は美術生活の中心にしていました。

生活は華やかさとは正反対リズムで進んでいました。

数日寝ずに美術に向き合い、唯一の休日労働に消えました。

朝は満員電車に数時間揺られ、夜は暗闇のなか居眠りをする日々でした。

そのすべてが苦しく耐えられなかったわけではありません。

しかし、そう感じない程度に既に狂っていたようにも思います

湧き出る念を家族には相談できませんでした。

それはあなたが望んだことでしょう。

お決まり台詞でした。

悪気があるわけでは全くなく、それが心から意見だったのです。

悲しいことに、同級には同じ志を見つけることはできませんでした。

最も、私が志を共有する気がなかったとも言えます

私より才能があるのに授業に現れない周りをみて落胆し軽蔑しました。

そこに私の拠り所は見い出せなかったのです。

朝、向かってくる電車に呼ばれていると感じる日々が続きました。

それは比喩でもなく、本当にそう思うのです。

強い呼び掛けというよりは、ふとよぎる声でした。

幸い、私はお金にうるさく家族を苦しめることはできなかったため

呼び掛けに応えることはありませんでした。

もし家族への思いがなかったら、おそらく、飛び込むことがあったでしょう。

再度問いかますが、

死にたいと、思ったことはありますか。

私にとっては当たり前でしたが

どうもそうは思わない人が多いようです。

運良く、私の異変に気がつく人が出てきました。

ふと電車に呼ばれていると告げると、その人は涙を流しました。

なにも言いませんでしたが私の心を抱きしめるようでした。

それから段々私の念は、その人の理解の上に昇華されるようになりました。

はじめて理解者が現れました。

素晴らしい存在であるとはっきり思いました。

この世には理解するふりをして相手を騙すような人もたくさんいます

しかしそれでも、私たちには理解者が必要です。

少しでもわかりあえる相手

死にたいと思う人は、それは大変なことです。

少しでもそう思うのならば、休暇をとってください。

かに相談してください。私でも勿論構いません。

やりたいことだけをしてください。

死ぬことを選ばないでください。

それでも選択肢がないのであれば

私は止めることはできません。

しかし、自分想像を越えて

誰かの心に穴を開けていることを

どうか忘れないでください。

そして、死を選んだ人が

幸せになることを祈ります

2020-08-01

日常コロナについて現状までと政治的課題~目指せ完全テレワーク

 武漢から発したcovid-19の感染拡大によって日常生活が変わった訳だが、個人的には主にテレワーク中心の生活なりメリットが多かった。ワクチン開発が進み、新しい展開がテレワーク以前に戻りたくない私にとってどのような影響を及ぼすかを考えるため、文字に起こしてみようと思い書いている。

 (なお、だいぶ長くなったので、ワクチン開発の影響までいかず、まずは現状まで書いている。そちらもすぐ書く。)

 なお、私は独身であるので、子持ちだと状況はかなり違うかもしれない。ただ、そういった状況も出回ってないか情報発信してもらえればと思う。

 はてなは「保育園落ちた日本死ね」のように世論形成によって社会が変えることができる場所でもあるので、積極的に行ったほうがいいと私は思っている。


 さて、テレワーク4月から始まった。制度はあっても名ばかりであったテレワークを強いられたわけだが、内心非常にうれしかった。実際にメリットを具体的に挙げると、

仕事自体効率よく進むし、

仕事をする環境ストレスもかなり軽減できた 好きなだけお菓子を食べ、動きやす服装で勤務できた し、

オフィスに行くために朝早く起きる苦痛生産性のない時間から解放された

・(これはいまだに上手く出来ていないが)旅行先で働いたり実家にしばらく戻るといった自由場所で働けるようになった。

 もちろんデメリットもあって、すでに知られているように同僚とのコミュニケーションは減って、属人的になっているノウハウが共有されなかったり、ひらめきやアイデアは少し生じにくい環境となったように感じる。といってもしばしば否定的文脈で語られる喫煙所飲み会雑談物事が決まるというのが実は結構大事だったという程度のインパクトしかない。

 この少しばかりのデメリットしかなく、一方でかなりのメリットが私にもたらされた。そのデメリットにしても比較簡単な工夫によって解決可能であろう。

 

 時は進み、もう何月だったからか覚えていないが、完全テレワークから週数回出社に戻り、それが常態化している。出社するときは「はんこ出社」のような職場しかできない業務をしている。正直、出社時はほかの出社していない人にかかってくる電話も取られなくてはならず、また、人付き合いに気を払わなくてはならないし結果、生産性は落ちる。お菓子食べ放題はいかず、テレワークの快適さは大きく損なわれ、帰るとどっと疲れたと感じる。

 名ばかりであったテレワークの本格運用によって強いられたテレワーク対応システムアップデートも一巡し、その中で取り残された課題が明確になったが解決への動きもなく、放置され続けている。この中途半端対応によって、私の生産性QoLの向上は数か月STOPしてしまった。

 経営者はこの中途半端な状況を認知しつつも、個人的な状況なのか多数派なのか状況整理ができていないように思われるし、安倍政権の指針がコロナ前の環境に戻そうとするものになっているから、お上に逆行するかもしれない完全テレワークにも舵を切れず、現状に従えばいいといってお茶を濁しているように思えてならない。

 一労働者としては、完全テレワーク化すればどれだけ幸せになるだろうかと思い、今を過ごしている。

 なお、個人的には安倍政権経済を最大化したいと考えたときにすべき施策現在は十分ではないように思える。ひたすらに、ビフォーコロナ再現志向するのは、同時に将来の経済成長の伸びしろの芽を摘み取っていて国益を損ねていると思う。以前にも増して電子機器オフィスインフラ需要は出てきているし、今推進しているワーケーションインフラ整備も喫緊だと感じている。この両者は背反せず、むしろ、新たな成長戦略の一つであってもいいと私は思う。——とはいえ、詳しく知らないが自民党の従来の票田目的バラマキ先とは異なるかもしれず、なかなか難しいかもしれない——

 足元で地方ではネットが繋がらない、繋がっても遅かったりしたり、そうした不安払拭する情報は出回っていない。実際にワーケーション実践したが、通話ウェブ会議ができる静かな環境は探すのに苦労する。

 余談だが、職場PCネットが切れると再起動しなくてはならないシステムかつ再起動するとデータがすべて消える仕様なので、クラウド等に保存していないと時に突然ネットが切れるとそれまでの仕事成仏(笑)してしまう。このため、ワーケーションが在宅勤務に比べ制限が多く満足度が下がってしまものではなかなか気が進まずに普及を阻害することになっていないか、強く懸念している。

 なお、ウィズコロナとなっている現状は上記身の回りだけでも鉄道会社オフィス賃貸需要が減退しネガティブな影響を与えるだろう。また、ロビイスト政権に大きく食い込んでいるようにしか見えないGO TO TRAVELが強行されたのも、航空、宿泊観光業危機的な状況というのも想像に難くないし、票田確保に重要なのだろうなと思っている。

 票田確保はやってくれてもいいのだが、私にもそのメリット享受させてほしい。

 国会議員内閣の皆さんは、非常事態宣言の時のように各都道府県や各企業は協力を惜しまず従ってくれたことを思い返して、今後、納得感がある政策与野党関係なく打ち出してもらいたいと思う。私のような人もたくさんいるだろうから、その支持が欲しかったら、ワーケーションが浸透できるように働き方改革の推進をバージョンアップしてより強力に進めてもらいたい。

 具体的にはそういう目的設備投資補助金を出すべきというのが私の考えである。そんなこんなで完全テレワークが実現したら長期でワーケーションして、きっちりお金落として日本に貢献するお。

ーーー

 データを改めて取りそろえたわけでなく、個人的経験に頼ったところも多いので、意見としては一般化しきれないが、共感してくれる人も多いと思うので、誰かがより洗練させ強力な意見として希望が実現できれば幸いです。

 

2020-07-29

高齢になったお得意様

我が家は細々と農産物販売する兼業農家で、20年くらい前から通信販売もはじめた。始めた当初は母が諸々の事務担当し、8年ほど前に私にその仕事が私へ引き継がれた。

代金の回収は商品着後の後払い(郵便局コンビニ)で、ほとんどのお客様は滞りなくお支払いしていただいている。


そんな中、本当に初期の頃からご利用いただいている、Aというおじさんがいた。

Aさんはいつも電話で注文をしてくれる。特にうちのブルーベリーを気に入ってくれていて、一箱は奥さんと食べるために自宅へ、あとは兄弟や従兄弟に送りたいから、〇〇県のB、△△府のCに同じ商品を送ってね、というように注文をくれた。

Aさんのご兄弟我が家商品を気に入ってくれて、兄の紹介で、と注文をくれたこともあった。

Aさんとは直接お会いしたことは無かったが、電話の話だと過去営業をやっていたとのことで、声にはハリがあり、大変はきはきと喋る。熨斗確認などの際も、細かく指示をくれたので、15年の間にAさんに変化が訪れていたなど想像もしていなかった。15年。私はまだ学生だった頃だ、そのくらいの時間が流れたいたのに、気づかなかった。


ある年のこと、Aさんに商品請求書を送ってから3週間が経過した。我が家では着後2週間以内のお振込みをお願いしているが、まあ土日や祭日に商品が届くこともあるので、入金漏れのチェックはおよそ3週間を目途に行っている。Aさんは今まで着後すぐに入金をしてくれるタイプの人だったので、家族でもあれ?という話になった。商品の追跡を確認したが、発送の翌日にはお受け取りいただいている。Aさんからの発送依頼で商品を送ったご兄弟の方々も同じくお受け取りは完了していた。

入金の確認がとれないまま、4週目に突入した。請求書の発行履歴はある、これまでにあったパターンだと、請求書を紛失した?でも、Aさんなら請求書を紛失したと言ってくるだろうし、となると何かあったのだろうか?

私はAさんの自宅へ電話した。


Aさん「はい、Aです!」

私「××の私と申します」

Aさん「あ、××(会社名前)さん! どうしたの?」

私「すみません、実は商品発送後、Aさんの入金確認がとれておらず、お電話させていただきました。商品とご請求書は届きましたか?」

Aさん「ああ、商品は届いているよ~ ごめんね、冷蔵庫に空きがなくて仕舞えてないんだ。早いところ食べないとね、請求書は、ちょっと待ってね、見たような気はするけど……」

私「あ、はい、あのもし紛失されたようでしたら、再送致しますが……」

Aさん「あ、あった、ありました、あれ?おかしいなあ、忘れちゃってたのかな。ごめんなさいね今日は、え~っと、土曜日か! 週明けに至急振込みますので!」


そう言うなり電話は切られた。

冷蔵庫仕舞えてない」「土曜日」この二つの言葉に私はじわりと嫌な感じがした。

まず、この会話は商品を発送してから4週目に突入たころのやり取りなのだブルーベリークール便で送ったが、その後少なくとも常温で20日以上経過している。傷んでいるだろうし、下手をすると腐敗している可能性もある。だが、Aさんはそれを食べないとねと言っていた。

そして、Aさんは土曜日と言っていたが、その日は普通の平日だった。


5日ほど経過した。もちろん入金はなかった。

私は家族相談した上、経緯(食い違いがあるといった内容は書かず、何日に商品を送った、請求書の送付から何日が経過している等)を説明した手紙を同封し請求書を再送した。奥様がいると言っていたので、奥様に読んでいただければと思った。

再び5日ほど経過したが、何の連絡もなかった。


私は再度Aさんへ電話をかけた。

Aさん「はい、Aです!」

私「××の私と申します、先日お電話したブルーベリーの件で……」

Aさん「××(弊社の名前)さん! ブルーベリーね、昨日おいしく食べたよ」


嫌な予感が当たった衝撃。Aさんの嘘であって欲しい、本当はぐじゃぐじゃで食べられなかったけど、気を使ってくれただけだと。いや、でもAさんなら、もし食べてしまっていたら、今年のブルーベリーはおいしくないって正直に言ってくれるはず……Aさんの言った昨日がせめて、先日の電話の日であって欲しい……食べられる部分だけ食べたのだと……そんな日にちの感覚がずれているだけであって欲しい……。色々な考えが巡った。


私「請求書をお送りしたんですが……」

Aさん「んっ!? 請求書ね、ちょっと待ってね……妻が出て行ったから、持って行っちゃったのかなあ、申し訳ございませんね、今日は、え~っと、土曜日か! 週明けには至急振り込みますので!」


先日とほぼ同様のやり取りだ。


このままでは代金の回収ができないこともだが、Aさんの生活は成り立っているのだろうか、それが不安だった。奥様はお元気なんだろうか、家族のことに踏み込むのは失礼にあたるだろうが、Aさんが常温でずっと放置されたブルーベリーを食べるような生活を送っていることを知った上で、このまま見過ごしていいのだろうか。

もちろん、Aさんとは親戚でもなんでもなく、顔も知らないし年齢も分からない。遠い所に住んでいるお客様の一人だ。けれど見て見ぬふりをするのが正解、代金の回収も諦めてそのまま(大口の注文ではないので、できなくもないが)、と割り切ることもできなかった。

その後も、Aさんへの電話は続けた。逆に、Aさんから電話がかかってくることもあった。やり取りは同じようなことを繰り返すことになった。

Aさんの調子には波があるようで、ブルーベリーの注文をしたことすら忘れているときブルーベリーを食べたことを忘れているとき、注文はしたけど届いてないよと言われるときがあった。奥様とは相変わらず連絡が取れなかった。

かかってくる電話は、早朝に来ることもあれば、夜にくることもあった。


家族と再度相談し、今回はやむなし、ということで、私はAさんのご兄弟のBさんに連絡をさせていただいた。過去ご注文をいただいたご兄弟履歴が残っていたのだ。

経緯を説明すると、「お察しのことかと思いますが、兄は痴呆症なんです」「義姉(Aさんの奥さん)は既に他界しておりまして」「私も月に数度様子を見に行っておりますが」「日常生活身の回りのことは大体出来ているので、あとはホームヘルパー派遣したり、週に数度は兄の息子夫婦が訪ねたり」「息子さんは〇〇(大手企業)の役員をやっていて、その奥様が様子を見に行っているようですが、二人ともいい人なので、代わりに支払いを申し出て下さると思いますよ、私の方から経緯と事情説明しておきますね、そちらの会社名とご連絡先も伝えておきます

本来、私が心配しなくてはならないのは代金の回収だけのはずだし、私でも知っているような企業にお勤めの息子さんご夫婦が定期的に訪れているのだ、生活に困窮なんてしていないに違いない。どんな生活を送っているかなんてわからない。これ以上私などがAさんの心配をすることも、私にこれ以上できることもない。そうは分かってもなんだか、Aさんの老い時間の流れや……何ともしがたいけれどつらい気持ちになった。

後日、Aさんの義娘にあたる方からご連絡があった。請求書の送り先の住所は、都内マンションだった。3日もせず、入金があった。


私たち家族としてはとりあえず一件落着、と思っていたさらに数日後、なんと当のAさんから電話があった。

Aさん「ブルーベリーいただいたよね! 請求書を送ってくれるかな?」

Aさんへ請求書は4度ほど送った。送ったとだけ言うと、Aさんからまた電話がくるかもしれない。

悩んだが、入金は完了したことだけを言った。

Aさん「えっ? そんなことないよ、まだ支払ってないはずだって

困った。少し押し問答になり、悩んだ結果、私はこのような嘘をついた。

私「ご請求書の件ですが、何度かA様宛に郵送したのですが、郵便事故でA様の所へ届かなかったようです。申し訳ありませんが今回だけ息子さんご夫婦の所へ郵送させていただきました。お支払いも息子さんご夫婦代理で行って下さいましたよ」

Aさんはものすごく怒った。悪くなったブルーベリーの違いも分からなくなり、時間曜日感覚も失い、けれど息子に迷惑をかけたことを恥と感じ、こんなに辱められたのは初めての経験だ、客へ行う仕打ちではない、一体どんな会社教育なんだと御叱りを受けた。私は謝罪した、10分ほど謝罪を続け、Aさんは怒りを納めて、また来年ブルーベリーを注文させていただきますと言い、電話は終わった。

翌年、Aさんにはブルーベリー案内ハガキは出さなかった。Aさんからも問い合わせも注文も無かった。


Aさんの弟さん、息子さん夫婦、ここまでサポートされ、身の回りが出来ていると判断されていても、Aさんは腐敗した食べ物を食べている。でもそのことをBさんに伝えることはできなかった。そんなこと分かっていて、それでもAさんの性格や折り合いから付きっ切りなんてできないのかもしれないし、もしかしたら腐敗した食べ物を食べていることも知っているのかもしれない。

あるいは、Bさんに伝えたところで息子さん夫婦ヘルパーさんが叱られるだけで、でも手のつけようがないのかもしれない。

外野が出る幕でもなく、余計な心配だったのかもしれない。でもどうしたらよかったんだろうとブルーベリーの時期になるとぼんやり思い出す。

こうしたお客様は今後も出てくるかもしれないし、私もいずれAさんみたいになることもあるんだろうな、なんてぐじゃぐじゃした気持ちを、今も引きずっている。

2020-07-12

ウイルス臭いから窓を開けろと社長に言われて、あわてて窓を開けると、雨混じりの湿った空気事務所に入ってきた。窓の外は隣の雑居ビルの薄汚れた壁しか見えない。

いままで気づかなかったが、言われてみるとウイルスっぽい臭いがかすかに漂っているようだ。社長くらいのレベル感覚が研ぎ澄まされると、ごく微量のウイルスでも嗅ぎ分けて避けることができるから絶対感染しない。まだ私はそのレベルに達していない。

からいつもトルマリンペンダントを身につけて温めておけと言われている。温め続けることでペンダントから電磁波が出て身体作用し、細胞ウイルスを殺す力が増幅される。細胞活性化されることでウイルスへの感度も上がっていき、ウイルス特有臭いも嗅ぎ分けられるようになる。当然、感染リスクも下がるというわけだ。

基本に忠実にやることなんだよ、と社長は爪を切りながら言う。これは社長の口癖のようなものだ。トルマリンペンダント毎日使い続けるだけで、誰でもウイルス臭は嗅ぎ分けられるようになる。こんな安い投資はないと。

そのはずなのに、今のところ販売では苦戦している。先月はポスティングを使ってチラシを撒いた。かかってきたのはいたずら電話1件だった。某フリマアプリはいままでに55個売れたが、除菌グッズとして売っていたら先週アカウントを消された。

トルマリンペンダント販売戦略どうなってるの、このままだと今月は業績、未達じゃないの。隣の席から係長が圧をかけてくる。

係長が扱っている商材は、集団ストーカー防止パッチという器具で、スマートフォンノートPCに貼っておくと、集団ストーカーが使ってくる電波を遮断することができる。一時期は中国メーカーから送れなくなって欠品していたが、流通が再開してからは、オンライン店舗を中心に安定して売れている。係長はしっかりインセンティブも確保しているから、こちらにちょっかいを出す余裕があるというわけだ。

そろそろ出前頼もうや、と係長ソリティアをしながらいう。だいたい私が黒電話の脇に置いてあるメニューを見ながら注文することが期待されている。

会社では最近出前が流行っている。外へ食べに出ると混んでいるわ、へんなプール臭いミストを吹きかけられて、サラダキャベツみたいに消毒されるわで、嫌になっていたからだ。

なんとかイーツというのも使ってみたが、配達員の格好が社長は気に入らないらしい。なんだあの魚の行商みたいな大袈裟背負子は、普通に出前にしろや、出前、というわけだ。

社長社長。出前、何がいいすか。係長が呼びかけても、社長自分肩にせんねん灸をすえるのに忙しい。「もぐさ」のにおいが事務所に漂う。

社長

三度目の呼びかけでようやく「冷やし」と返事が返ってくる。

じゃあおれも冷やしで、と係長ソリティアの画面に向かったまま言う。私は黒電話の受話器を取り、ダイヤルを回す。

「すいません、出前で、冷やしオメガラーメン二つと、天津飯お願いします。あ、お宅の四軒隣のビルの、梶田興業です、はいよろしくお願いします」

これで今日も昼は来る。午後からは、トルマリンペンダントの売り方をなんとか考え出さねばならない。やや気が重い。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん