「ギシギシ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギシギシとは

2019-10-18

フェミさんは扇風機故障してギシギシ鳴り出したらメーカーに抗議するんでしょ?

ギシギシセックスを想起させる!!!

2019-08-28

anond:20190827191513

去年、うっかり泡でカラーリングしてしまって、シャンプー前に濡らすとめっちゃギシギシに。

困っていろいろ試したけど、やはりカラーしてる人はカラー用がイイのかなって試したらよかったので

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01IOH2O6I/

これ使ってます香りは乾かすと特には残らないので男子も行けると思う。きしむ人はコンディショナーだけでも試すと良いと思います

2019-08-22

人に質問されることが怖くて仕方がない、親の愛情(笑)あふれるしつけのおかげで

何かをしているときに「なんでxxなの?」と聞かれることがある。これがとにかく怖い。質問されるだけで心臓バクバク言い出す。

とにかく怖い、もういっそのこと首にしてくれと思うくらいに怖い。

理由はわかっている。

子供の頃、親が自分の言ったこと、やったことに対して「何で?」とか「どういう事?」って聞く時の意味

「今からお前のことを徹底的に人格攻撃して潰すから準備しろよ」

からだった。

準備?全装備解除してそこでサンドバッグになる準備に決まってんじゃん。

本当にそういう意味で本人が言ったかは知らんが、この言葉の次に来るのは凄まじいまでの人格批判。多分この時アイツラは俺のこと殺そうとしてた。実際「親は子供を殺す権利がある」「親が子を殺す罪は逆と比べたら軽い、この意味はわかるな」「100年前ならもうお前は真っ二つだ、時代に救われたな」「人権ていうのは大人のためにあるんだ、子供にはない」なんていうのは何度も言われた。「お前の人生無意味だったな」と言われたこともある。

きっかけ?実際の会話からはぼかすが、宿題をしていて、「この図形はなんだ?」と聞かれて「四角形」と答える。そこから「そういえば学校で多角形は全部三角形を集めた形にできるってならった!」というと「どういう事?」となる位にアイツラはどこかおかしかった。雑談をするとどこかで一旦「どういう事?」が数回挟まる。

本当に殺せば捕まるが、虐待精神的に殺す分にはなんの罪にも問われない。アイツラは頭が良かった。頭の悪い暴力親なら周囲にあざとか見せればわかってもらえた可能性は高かったかもしれないが、言葉が傷つけた心は見せようもないし説明しようもない。

いくら頑張っても「親がすごく厳しくて嫌だ」としか言いようがない。具体的に何を言ったかを訴えても「あなたのことを思ってのことだからわかってあげなさい」としか言われない。ようは誰もどういうレベル理解しないで返事している。アイツラは周囲の信用を勝ち取るすべに長けている。

結果として質問されたらひどく萎縮する人間誕生した。いくらみんなが「単に気になっただけだから聞いただけ」とか「批判するつもりはない、より理解したいから」とか言っていて、理屈ではわかっているが心と体は自動的に萎縮を開始する。

みんなが質問されて答えることに費やすエネルギーがどれほどのものかはしらないが、俺は質問に3つも答えたら一日動けなくなるくらい疲れる。

質問?「今日の昼飯なんにする?」からもうすごいエネルギーを使う。心がギシギシ言いながら回答しているのがわかる。

こんなの誰にも相談できない。この益田匿名で吐き出せるようになるまで何十年もかかっている。吐き出すためにもこの文章も何回も書き直している。もう嫌だ。

アイツラは死んだ。生前俺に「お前の自由個性尊重しているよな?」と聞いてきたことがある。どこが?は?と思うが、そう返せばまた徹底的な人格攻撃が始まる。どこにいようとも関係ない、完全に正義だと思っている、子供のためにいい事していると思っている、精神的にしばらく立ち直れなくなるくらいに叩き潰すことが教育だと思っている。

その教育とやらでアイツラが何十年かかけて育てたのは一人の人間じゃなくて自分たちの言うことにはyesしか言わないデク人形だ。いつでも気分次第で精神的にぶっ壊せるおもちゃだ。

書いていてひどく混乱してきた。まともな日本語がかけない。

2019-06-07

アラサー女がこっぴどく振られて立ち直れるまで

彼氏と別れた。私の年齢は俗に言うアラサー

気持ちの整理も兼ねて書いてる。

彼氏が何年も居らず焦って始めたマッチングアプリ元彼出会って、最初に付き合おうと言われた時は、「年下だし暫く楽しんだら別れればいっか〜」と我ながらクズ価値観から付き合い始めた。

告白される前のデートなんて、適当理由でお昼で切り上げ、夜は別のアプリ出会った男性と飲み歩くなんてこともしていた。

ところがそんな惰性で付き合い始めた元彼だが、一度付き合い始めたら年下なんて気にならないぐらい好きになった。

私は大いに浮かれた。

長く付き合った遥か昔の私の過去を受け入れて成長させてくれた元元彼を忘れられるくらいに好きになってしまった。

得意じゃ無い料理までしたし、元彼の家にいけば苦手な家事紛いの事までした。

浮気なんて有り得ないと思ったし、疑わしい行為なんて一切してしなかった。

でも別れた。

理由元彼仕事だった。

1月くらいか彼氏仕事が忙しくなり、外に出ずに彼氏の家で彼氏仕事しながら一緒に過ごすというデートが増えた。

月日を重ねていくうちに「半年先くらいまではどこにもいけない。」と言われた。

もちろん私は毎週会いたいと言っていたわけじゃ無い。

私自身も一人の時間は苦なく過ごせるし、数ヶ月くらい会えなくてもお互いが元気なら別に平気だった。

それを言っても結局毎週金曜になれば土曜は何時に彼氏の自宅の最寄り駅に行くか、なんて約束をどちらかでもなくしてズルズルと家デートを重ねて行った。

もちろんsexも減った。一か月以上しないなんてザラだった。

勇気出して誘って断られた時は、自分が酷く偏執的な人間のように感じてとても惨めに感じた。

普通にしかった。距離が近すぎる分、いつもどこか遠いように感じて、気にしないフリをして口には一切出さないでいたけど自分の中では限界だったようだった。

元彼はよく私に、元彼LINEに昔送ってきた女友達画像を見せたり、会社女の子のことを可愛い可愛いと言っていた。

平時なら気にしないし、自分も痛む心を抑えてその子達の事を普通に可愛いね!と言えていたが、寂しさ限界MAXだった自分はある結論に達した。

部屋デートを重ねるのは、他に外デートをする女がいるからだ、と。

元彼SNSをみて、変に辻褄があう子を見て、その子元彼浮気相手だ!と決めつけ、ある日元彼突撃した。

元彼の家の近くの公園お花見をした後の元彼の家で問い詰めた。

(ちなみにこの花見元彼時間がない、ということだったので1時間程で終了した。)

答えはno。今となっては真偽はどうでもいい事だが、その時は納得の行く答えを貰えた。

答えというのが、

本当に仕事が忙しいしそんな暇は無い。

端的に言って仕舞えばこんな感じだった。

そこから元彼仕事の話になり、今本当に忙しくて、付き合っている場合じゃない。だから別れるべきか…という話になった。

私は焦った。なぜならば浮気していないならまだ好きでいられる、という安堵感からの別れ話だ。

私は食い下がった。

「なら距離を置こう」

距離を置いてその間にいい人に出会って付き合ったらどうする?」

「私はそんなことしないよ!(私の心配してるんだな…!好き!)」

って当時の自分をぶん殴りたいお花畑思考なやりとりをした。

いい人に出会う、というのを彼氏が、という可能性を考えていなかった自分は本当に救いようのない恋愛脳になっていた。

そこから、忙しいなら本当に会うの控えようという事にして結局別れないまま5月になった。

そこから私は必ず今週は家行っても大丈夫か?無理なら言ってね!と必ず土日になる前に元彼に聞いていた。

私は会いたいも言わなかったし、寂しいを理由に決して浮気もしなかったし家デートを責めなかった。

一緒にいれなくても、お互いの存在を信じて大事にし合えている。という事実だけで幸せだった。

長期休み旅行に行きたいとお互いで話して温泉に行った。

行き先も宿も新幹線元彼が忙しいだろうと私が調べて予約した。

しかった。季節外れの満開の桜があの元彼浮気を疑っていた時に見た桜の思い出を塗り替えたようで嬉しくもあった。

旅行の帰る日、元彼の家にまた泊まった。

誘ったのは彼氏である。私は家での仕事は忙しくないのかと再三聞いた。

その夜、sexしようかという雰囲気になったが、ダメだった。

元彼萎えて途中で辞めてしまった。

挿入前に、「手か口がいい」という言葉を聞かないフリをしてそのまましてもらった。

けどダメだった。

今思えばもう私に気持ちが無い元彼に、どこか気付いていてムキになってたな、私、という感情しかない。

次の週も普通にデートをした。これも誘われたものである

その次の週、元彼スーツを選びに旅行以外で久しぶりの外デートということになった。

ちなみに私は洋服関係仕事をしており、人の洋服を選ぶのが好きだったりする。

そんな私だから彼氏もよく買う服の感想や、選ぶ時は一緒に選んだりしていた。

私は久しぶりの外デートにめちゃ張り切って新しい靴と服を下ろした。

元彼のお眼鏡に叶うスーツが無く、都内某所のスーツ屋を徒歩でひたすら探しながら回り、新しい靴だからか足がギシギシ痛んだが、それすら楽しかった。

時間も歩いてやっとお目当てのものがみつかり、彼氏の家に行こうか、という話になった。

至って普通に過ごした楽しい一日だった。

そのやっと足を休められる彼氏の家に着いたら別れ話をされた。

これまた仕事理由

「君に会わなきゃとそればかり罪悪感が強くなり、会うのが辛くなった。あと何年かは仕事や一人の時間を楽しみたい。だから君にも悪いし別れた方がいいのかなー……って」

今回ばかりは元彼の決意は固かった。

今思ったけどはっきりと別れたいと言葉にしないこの元彼言葉って本当ずるいよな…

思えばこいついつも私に自分で言いにくいこと言わせてたな…

話は戻して

最初は私も抵抗した。

私「別れるのでは無く、この間言ったように距離をおけばいいのでは?」

元彼「そうしようとして結局毎週会ってるじゃん」

は?である

長い話し合いの末、追いすがりたい気持ちを押さえ込み、元彼によし、別れようと言った時

元彼「え?どういう気持ちの整理したの?」

は?である

別れようと決断し、強がって泣きながら冗談や軽口叩く私に

元彼「俺も泣いてないで軽口叩けるようにしなきゃな」

は?である

とかくして別れた。

最後幸せになってね、楽しかったよ、気が向いたらまた連絡してねと未練たらしく、軽くキスハグをし、握手して、駅まで送っていく?と言う言葉を断り元彼自宅の玄関でお別れとなった。

帰り道、一滴も涙を流さず清々しい感情自分不思議だったが、

破局連絡をした結婚間近の友達から秒で電話がかかってきた時は号泣した。女って不思議

それで関係は終わり。

しかったし、幸せ時間もいっぱい過ごせたし、彼なりに私を大事にして貰えてた実感はある。

大好きなところばかりで会えない日も幸せだった。

嫌いなとこといえば

1.タバコの煙を私に吹きかけてくるとこ

2.タバコで歯が茶色いとこ

3.口が臭くやや不潔なとこ

4.自分の買い物ばかり付き合わせるとこ

5.会いたくなければ会わなければいいのに勝手結論だすとこ

6.ご飯作るスーパーの買い物で割り勘する時、自宅で一人の時に使う調味料なども入れてくること

7.仕事落ち着いたら水族館カフェに行こうと言っても渋っていたこ

8.朝起きてすぐご飯を作ってと言うこと

9.年増扱いしてくるとこ

10.私が好きなことの話をしても「全く興味ねーわ」とぶったぎるとこ

11.別に私が興味ないお笑い動画を延々と見せてくること

12.気遣い上手なくせに人の不幸を笑うとこ

13.やたら女の子写真を見せてモテ自慢か分からない痛い言動をするとこ

14.作って食べたお皿を下げずに先にタバコを吸うところ

15.他多数

向こうもこんな女とよく付き合ったなって思うけど、今でこそまじなんで付き合ってたってレベル。でもそんな嫌なとこも含め大好きだった。

そんな月並み言葉しか言えないかデモデモダッテ女は厄介だ。

最近では今でこそ別れて良かったと思える余裕が出てきた。

それこそ、友達から彼氏SNSスクショが送られてきて、それが予約してしか行けないような、男一人では到底行けないような、女子大人気の可愛いおしゃれカフェクレープ画像があったとして、

「やっぱ女かぁ〜」

って思って、念のために性病検査予約をいれたぐらいには元気だ。

楽しい時間ありがとう幸せになって下さい。

あと普通に好きな女が出来たのなら、仕事理由にせずに言って欲しかたかな!

人の物を欲しがる女とそれに入れ上げる男に付き合う理由もないから、そしたら私は普通に喚かず引き下がったのに。

それか、私が行きたいと言っていた君が渋ったカフェに一緒に行きたいぐらい大事な人が、私と別れた後に出来たのならいいけど、一応仕事に集中したいから会うのが苦痛ってのが理由だったよね???ん??

はっきり私に興味が無くなったと言えば良かったのになぁ……

結局君は自分悪者になって傷つきたくないから私のためと自分と私に嘘をついて、仕事理由にしたんだな。がっかりよ。

それでも一度は好きになった人だから幸せになってほしい。

あと言ったことないけど結構歯汚いかちゃんと磨いてブレスケアしてちゃん風呂入って寝て、次こそ彼女大事しろ!!!

あといくら好みが年上でも付き合うのはやめておけ!!!

といった具合にデモデモダッテの末にそう思えるようになっただけ今は元気だ。

次は年が近くて一緒にカフェとか水族館とか行ける人と出会えたらいいな。

結婚はしなくてもいい。割り勘主義だし年収なんていくらでもいいし、ハゲでもデブでもいい。

お互いが同じ温度で愛し合える、そんな人と出会いたい。

2019-05-06

妻と別れたいと思うようになった

たまたまテレビ地方絶景をめぐる旅番組がやっていた。いいなぁ私もこういうところを巡ってゆっくり過ごしたいなぁと思う一方で、妻はそういったことにほとんど関心がなく、そんな妻と一生を添い遂げなければいけない自分は、もう一生こういうところへは行けないんだなと思うと、悲しくなった。うっすらと、妻と別れたいと思ってしまった。

おそらく前兆はあった。

自分より周りが大事という考え方の私と、周りより自分大事という考え方の妻。

意外と付き合いたてのころはそれがうまく噛み合っていたようで、特段ケンカらしいケンカをすることもなかった。

ただ、その違いにぶつかるたびに、妻は譲らず、私が折れる、ということが多かった。

30代という歳のこともあり、私たちは急ぐように結婚をした。半年ほど前のことだ。

結婚を経て、考え方の違いはギシギシと音を立てるようになった。

生活費の支払いのこと、食事の準備、後片付け、料理の味付け、などなどの細かい部分で考えがぶつかり、そのたびに妻は譲らず、私が折れた。

私は疲れている。

おそらく妻も。

最近は小さいケンカをするようになっている。

でも結果は変わらない。妻は譲らず、私が折れる。

付き合いたてのころは会うたびに身体を重ねていたが、今は数ヶ月前からまったくない。

性的欲求の強い私は、若いからその欲求の強さがコンプレックスだった。

でもどこかで、そのことを理解してもらいたいと思いながら、いま、妻にはそれが伝わっていなかったんだなと実感している。

どこか別のところで思いきり発散したい気持ちも強いが、どんな形にせよ妻を裏切ることになりそうで、夜中のトイレで一人寂しく慰めている。

妻のことはもちろん好きで、愛している。

それは間違いない。

恐らく、妻も私を愛してくれている、と思う。

からこそ、いま私の抱えている気持ちを、どうすればいいかかわからない。

身内に相談できる相手もいないので、ここに書き殴ってみた。

どうすればいいか、誰か教えてほしい。

2019-01-29

2019年アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 こないだ「宇宙よりも遠い場所」いしづかあつこ監督のインタビュー記事内で「ファンにできることはありませんか」という質問に「「このアニメが好き」って、一言発信していただくだけで、すごくうれしくなりますね。」と答えていたのを読んでふと「案外こういう怪文書でも巡り巡って彼らの活動支援になったりするのかなぁ」なんてことを思ったので感想を書くことにした。ちゃんと見てから感想書きたい気もするけれど、以前よりもいの完走レビュー書いたときは1ヶ月費やしたので時間の制約上1〜3話程度の感想になっている。

 それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

2019年冬アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2019年冬アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

2019年冬アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その4

配信情報について

 ~独占…対象サービスしか配信してない

 ~のみ見放題…対象サービスでのみ全話見放題。その他のサービスでは有料配信

 ~のみ最新話無料対象サービスでのみ最新話見放題。その他のサービスでは有料配信

 言及なし…複数サービスで全話見放題/最新話無料

 

 私はTVアニメを観ない(BS見れないし、TOKYOMXもAT-Xも受信できないし)ので、配信情報はこれ以外の手段について書いている。

感想(上の作品ほどモチベ高め)

かぐや様は告らせたい

 恋のデスノート。やっぱりA-1 Picturesラブコメ面白いラブコメの中では圧倒的にセリフ量の多い会話劇。

 テーマとして恋愛頭脳戦を掲げているので、メインの二人が「表情に出さないけど思考フルスロットルさせ、頭の中がカオスになっている」っていう様子を面白おかしく絵にする難しさがあるんだけど、あの手この手で彼らのジェットコースターみたいな心情変化を演出している。

 BGMアレンジといい「恋愛頭脳戦とかいう新しいことをやってるみたいでその実、思春期真っ只中な高校生男女なんやで」っていうベタな部分を昭和チックなラブストーリー調に演出するとこが非常に良くて、あくまで二人が大マジで恋愛を繰り広げているからこその面白さ(大マジだからこそ面白いっていうのは「月間少女野崎くん」もそうだよね)にちゃんフォーカスしている。不意にときめいた瞬間を「ラブ・ストーリーが突然に始まりそうな曲」で笑わせてくるところとか最高だった。どういうオーダーしたらあの曲になるんだろう。

 そして青山穣によるイケボ解説が最高。最近良かったナレーションだと「ティラミス」の大塚明夫陰毛役)、「プラネットウィズ」の小山力也おっぱいのくだり)、「ダグ&キリル」の上田燿司(本作のノリはコレに近い)とか。淡々としているようで、ちょくちょく感情を見せてくる生きたナレーションが全体的なテンポ感を規定している感じがあるので、冒頭のあれは毎話必須な気がする。

 「かぐや」はともかく「御行」「藤原」っていう独特なネーミングは竹取物語登場人物元ネタなのね。そのメイン3人のキャラデザについて。原作者インタビュー記事に「まつげを『女性漫画家の書くまつげ』っぽくしてほしいってお願いした」みたいなこと書いてたけど、確かにかぐやと御行の目元が非常に艶っぽくて、ラブコメしからぬ奥ゆかしさを印象づけてる。個人的畠山監督作品の「静かに視線を伏せる男性キャラ」が好きなんだけど(「昭和元禄落語心中」の菊比古師匠ことなんだけどね)、本作の御行も単に目つきが悪いっていうだけではなく、見栄っ張りでありながら動揺しやす性格ちゃんと表情に現れててすごく好き。一方のかぐや様も御行ほどではないにしろ目つきが悪い(やや吊目ぎみ)のに表情が豊かで、しかベクトルが「侮蔑」「焦燥」「優越」「失望」「失意」とか、そっち!?な方向。それでいて、ときめいた瞬間のかぐや様めちゃくちゃ可愛いっていう。

 作者天才かよって思うのが「頭脳戦ゆえ落とし所が難しい話の流れをジョーカーこと藤原千花のサーキットブレーカーというかインターセプトが鮮やかにキマって、ちゃんと短い尺の中でオチがつく」という構成藤原キャラクターとしての自由度が高いのもあって毎回不意打ちを食らっちゃう。また藤原はメイン二人と比べて柔らかい線で構成されたキャラデザなので、メイン二人のきつい目が交互に映る緊張感からの、柔らかい線で描かれた千花の目が映ることで緊張→緩和の流れが出来てるので、どうあっても笑ってしまう。そういえば御行の急な行動→かぐや様がときめくっていう流れのときも、かぐや様は全体的に柔らかい線になるよね。かわいい。そういう部分も含めて緊張と緩和の流れが完璧なので、何度でも観て笑える。1話もう20回位観たかも。早く3話観たいな。

 話題OP水野良樹作曲。すっかり「いきものがかりの人」からアニソンの人」になりつつある。

 

ブギーポップは笑わない

 「濃いアニメを作るスタジオ」ことマッドハウスの新作(監督含む主要なスタッフ的にはワンパンマンとかACCA13区の布陣)。20年くらい前に書かれたライトノベル原作現代舞台にしたSF(少し不思議サスペンス会話劇。

 クオリティが高いというのもあるけれど、作りが完全に映画のそれ。各シーンをぶつ切りしていく演出とか、その中で登校シーンみたいなリフレインを入れて時間経過を表現してたり、ブギーポップとの会話で変化する主人公感情日常生活の行動を切り取る形で淡々表現してたり、凄く尖った演出になってる。写実的な背景(背景:アトリエ・ムサ)も気合いが入ってて、屋上のシーンで敢えて遠景のカットが多い。リアリティの強い世界観を持った作品

 あと劇伴が印象的。本作の劇伴は「聲の形」「DEVILMAN」でおなじみ牛尾憲輔。穏やかなのに心がざわざわする美しくて豊かな音楽聲の形っぽさを感じるんだけど、不穏な空気シンセの重低音で表現してたり、カットの切り替わりで音楽をぶつ切りして、直後の無音で緊張感を演出する等、映画劇伴で使う手法地上波アニメでやってる感じがある。あの音ってスマホで出せるのかな。サントラ欲しい。

 その会話も、ブギーポップという非日常存在に、学校という日常空間(会話する場所は必ず校舎の屋上)の中で会うっていう、ブギーポップ実存性(不確実なはずなのに、確かそこに存在しているっていう感じ)が凄く不思議。そういえばそんな話を二人もしてたっけ(多重人格についてのくだり)。あと同級生との、少し距離感を感じさせる会話なんかすごく小説っぽい。

 会話劇として「あの作品っぽいなぁ」みたいな作品をいくつも思い出すけど、(このライトノベル刊行された時期的に)私がこれまで触れてきた多くのライトノベル作品が「ブギーポップは笑わない」の下流存在しているわけで、非常に感慨深い。

 それにしても、ブギーポップを演じる悠木碧すっげー。中性的な声を持つ声優さんって貴重だけど、その中でも特に、声に含みがありすぎる感じ(本人もよく「私の演技は情報を詰めすぎてしまう傾向がある」と言ってる)がたまらない。あと宮下藤花も悠木碧が演じてるってことに最初気づかなかった。

 EDは「やがて君になる」のOP曲でおなじみ安月名莉子xボンジュール鈴木。すき。

 

荒野のコトブキ飛行隊

 水島努x横手美智子の新作。空飛ぶ用心棒日常アニメ。またバンダイナムコからスマホゲーム配信予定。

 水島努監督作品ガールズ&パンツァー」が「清く正しく美しい戦車の可愛さを描く、女の子が中心の世界」なのに対し、本作は「ならず者のはびこる男社会の空を、プロペラ機で逞しく生きる女の子の話」なので、決してやさしいせかいではない。戦闘シーンが両方共ガチなのは共通

 アニメーション制作をGEMBA(CG)、ワオワールド作画)が行っており、主要キャラ(コトブキ飛行隊、飛行機)が基本的3DCG。対してモブ作画キャラなので、3DCGキャラ作画キャラが同じ絵の中にいる不思議アニメに。3DCGキャラの利点として、細かい作業を行うときマジでかい作業)の手元がちゃんとしているところと、飛行中の機体を引きで見たときの良さが際立ってる(実際、作画モブキャラは飛行中、引きの絵が無い)。あとトゥーンレンダリング調のキャラに対して飛行機写実的。なんか3Dゲームに出てくる飛行機みたい。年季の入った感じとか、個性のあるペイントとか。

 相変わらずミリタリー関係演出ヤバイ。まず怒涛の専門用語による会話から始まる戦闘。何言ってるか全然わかんない。艦橋で交わされる、ウィットに飛んだテンポの良い会話はさすが横手美智子って感じ。そしてほぼ完全再現?される出撃前儀式。いやその計器を指差し確認されてもわからんし。燃料とか油圧とか確認してるんだろうけど。機体は既存飛行機が今後も登場する模様。1話は隼、紫電零戦。その後敵機とドッグファイト突入するけど、ガルパンでもあった「回転する砲塔視点」みたいな視点結構使われてて、機銃視点で天地がくるくる回り、敵機と追いかけっこしながら銃弾が飛び交うシーンが続く。攻撃側の狙う場所が(アニメ的には飛行機の胴体を攻撃するのが絵的にわかやすいんだろうけど)羽根の付け根部分を射撃→燃料タンクに着弾→燃料が漏れる→引火→爆発っていう描き方がガチ過ぎて笑った。着弾した場所ちゃんと弾痕あるし。他にも、相手の後ろに取り付いて攻撃するっていうパターンが徹底されている上に「後ろに取り付いてきた敵機に対して、急制動による捻り込みで背後を奪う」からの「エース機と思しき敵機に捻り込みを使って背後を取ろうとするも、裏をかかれて被弾」とか。主人公を追い詰めた敵機がとどめを刺そうとしたタイミングタイムリミットになり引き返すシーンも、一瞬だけ燃料メーターを映して「燃料が帰還分しか残ってないよ」って演出したり。機体をフラフラさせて煽るシーンは笑った。どんだけ描写を練ってるんだ。同じ空戦でも「ガーリー・エアフォース」とかなりベクトルの違う魅せ方なのが素敵。

 で、音がブッチギリヤバイ空間的な変化を丁寧に反映した音響はさすがとしか言えない。大音量ヘッドフォンか、部屋が震えるくらい大音量スピーカーで視聴推奨。出撃前後で言うと、出撃前はエンジンのドコドコ音が響いていて、滑走路を走行エンジン音が徐々に変化してるのに加えてタイヤのガタガタ音が重なり、空中に出た瞬間、空間的な広がりを感じるエンジン音と風切り音に。風切り音も通常飛行と雲の中を進むときとで音違うし。縦に旋回する時、機体がギシギシ軋む音は感動した。機銃の音も、発砲する機体が映ってるとき発砲音は乾いた音(パパパン)が聞こえるが、撃たれる側が映ってるとき、遠くで鳴ってるような残響(ボボボン)になってるとことか。命中した音も、近くだとキキンッっていう軽い音と弾丸の風切り音が混ざってるが、引きだとガガンッっていう重い音に変わってたり。

 音楽ガルパンに引き続き浜口史郎戦闘シーンの音楽めっちゃかっこいい。ミリタリーストリングスの相性って抜群だよね。

 ちなみに戦闘シーンはガルパン以上に説明的な会話が無いので、ニコニコ動画ミリタリーに詳しい人たちと一緒に観たほうが良いかも。私も全然わかんない人なのでニコニコ動画コメント付きで観ようかな(音のクオリティ的に、ニコニコ動画品質妥協しづらい…)。「解説つけなくても視聴者は付いてきてくれるはず」という水島努監督の強いメッセージを感じた。ちなみに毎週更新公式webラジオレシプロ機の詳しい解説を見ることができたり、できなかったりする。

 

盾の勇者の成り上がり

 「メイドインアビス」のキネマシトラスによる不条理文学。2クールかけて主人公が成長する姿を描く。原作はなろう系小説1話は1時間スペシャル

 最近よくアニメになってる異世界転生(転移?)モノだけど、オバロとか転スラのようなヒロイズムと大きな距離がある。こういう作品共通した性質としてゲームライクな世界観というものがあって(本作のゲームライクな演出は「デスマーチから始まる異世界狂想曲」に近く、絵としてのGUI結構練られている)、主人公がただの村人Aではないこと(異端というか特別)の記号になってるんだけど、本作の主人公俗物的で、上記のようなヒロイズムに対するポストヒロイズムみたいな感じ。勇者D(X人目)。転生によってアドバンテージを得た勇者が転生先で成功するお話に対し、本作は転生によってディスアドバンテージを得た主人公が、転生先でそれに抗う、あるいは異世界人のように逞しく生きながらえるお話

 王前で主人公慟哭するシーンは、異世界生モノの持つ「現実世界において「自分社会から不当に虐げられている」という漠然とした不満のようなものを持っている人たち」というメッセージを強く表現してる。なんとなく「風と共に去りぬ」を思い出した。風と共に去りぬ南北戦争を描いた小説で、差別不条理と戦う女性お話、だっけ。本作における「剥がしたり消したりすることのできない盾」は彼が例の勇者であり、同時に排斥対象であることを知らしめるレッテルになっていて、彼が戦っているあらゆる不条理がこの「盾」に集約されている。そういう意味では、最初に仲間になったのが奴隷っていうのも大きな意味があるよね。

 面白いのは「1ヶ月後にやってくる敵の襲来」というイベント。彼が勇者である以上逃れる術はないので実質的に盾と同じ不条理象徴ではある(特に2話は、「襲来を乗り切って生き残るんだ」というセリフが何度も登場する)んだけど、同時に彼がただの大罪人ではなく世界一利用価値がある人間であることの担保になっていて、ワンチャンあらゆる不条理を打ち負かす可能性を秘めていること(世界に借りを作ることができる)。タイトルはそういう意味なのかな。

2018-11-23

https://anond.hatelabo.jp/20131018205614

増築して2階建てにするとき玄関階段は嫌って言ったせいで

30年後にギシギシうるさいことに。

構造単純化標準化したほうが耐久性は高いよなぁと思う。

そりゃ玄関階段が多いのは理由があるよね。

2018-10-15

シャンプーたか忘れる

疲れたタマで流れ作業的にシャワー浴びてると

あれ、シャンプーしたっけ・・?

ってなることがある。

洗ってなかったらイヤだから結局洗うんだけど

すっげー髪がギシギシになって

やっぱり洗ってたんだってなる。

2018-08-13

大学生相当になったので、親に頼み込んで奨学金を貰って一人暮らしをする許可を貰ったのが2年前の年度末だった気がする。

1年半ほど一人暮らししたのでその記録というか反省なんかをば。

一人しかいない部屋で好きな音楽ラジオを流しながら本を読んだりプログラミングしたりするのはなかなかに良い心地だった。

学校に通いつつリモートワークでアルバイト研究したり機械学習勉強をした。友達と飲みに行ってみたり、女の子誘って飯行ったり。

一人の部屋に帰ってくると寂しかったけど、プログラミングしたり勉強したりして不思議と寂しくなんて無かった。でも彼女欲しい...。

エッチコンテンツ常識的範囲自由に楽しめる。上の階は足音ギシギシ音がうるさかったけどまあ住めば都ってなもんです。

その一方で、一人暮らししてみたらただ単に暮らしていくことがこんなにも大変なことかと痛感した。

食費、光熱費家賃生活必需品、出費出費と金は出ていくばかりで管理が追いつかない。

奨学金は月8万円、苦しいながらバイト給料と合わせてギリギリ暮らせた。貯金知らない子ですね...。

自分のことくらい自分で出来て当たり前、当たり前だけど結構難しいってこういうことかーとか、親ってこんなことやってたのかーって22歳にもなってようやく現実として認識した。

父さん、母さんありがとう

自分ご飯作らないと腹が減るし、洗濯しないと汗臭いオタクが数日もしないうちに完成する。オタクは服を洗濯してちゃん風呂に入って身体をきれいしろ自戒)。

当たり前だけど、今まで自分が出来ていなかったことだ。この機会にちゃん認識して実践出来たのはい経験だったしこれから必要になるスキルだ。

とりあえず就職が決まって、親を安心させることが出来た。内定式の案内とか来て「あぁ、俺就職出来るんだぁ〜」とほわほわ考えてる。

一人暮らしをやめることになった。

理由就職に際して引っ越す必要がでてきたので、その貯金的な意味合いが強い。

本当は一人暮らし孤独さに耐えられなくなったから。さっき寂しくないって言ったのにね。だって実家の猫に会いたい...。

実家に帰ってもまあやることは変わらないだろう。

勉強して研究してバイトして、生活する。でも視点は少し変わった(気がする)。

とりあえず卒業して学位が貰えるように研究がんばります

待っててな猫、あと数日で帰るよ。僕のこと覚えてるといいな。

2018-05-29

どんなベッドを買えばいいのかわからん

実家でベッドを使っていたのだが、一人暮らしを始める時に布団へ移行した。

しかしやはり布団よりベッドの方が好きだということに気付いたので、引っ越しを機にベッドを買うことにした。

調べてびっくり。

種類が多すぎる。

すのこベッドパイプベッドはまあわかるよ。

畳ベッドってなんだそれは。

面白いけどどうなんだそれは。

予算3万くらいだとフレーム1万マットレス2万くらいなのか?

すのことパイプならどっちがいいんだ?

脚付きマットレスみたいなのは論外っぽいけどあってるのか?

収納とか必要ないしコンセントも要らん。

ロフトも要らん。

普通のセミダブルのベッドが欲しいんだ。

寝心地が良いに越したことはない。

ギシギシうるさすぎるのはやめてくれ。

なんなら実家のベッドで良いんだが、実家のベッドはとうの昔に捨てられていた。

どこで買ったのかもわからん

引っ越しまであと数日。

ベッド探しの旅はまだまだ終わらない。

2018-05-13

アパートの隣の部屋の喘ぎ声がうるさい

寝ようとしてるのにうるさくて、もう30分くらい目が覚めてる。

ギシギシ音もするし、嫌な気分MAX

あーーー早く終わってくれーーーー

2018-04-03

anond:20180402134159

コンディショナーやリンスだけだとダメじゃないかな?

俺も何度かやっちまったことが有るけど、

結果シャンプーからやり直した方が、ギシギシした感じが少なくて良かったと思う。

禿げじゃないが、密度は少し薄い方、髪の毛の太さは若干細め。

2018-03-01

anond:20180301083429

典型的ジェンダーに基づいた偏見

実際は男も女も関係なく、一定以上閉塞した組織空間人間複数いるだけで、ある程度ドロドロはしてくる。

サラリーメンをじーっと見てるとしみじみする。こいつら女子中学生のような(ジェンダー的に不適切表現)ところがすごくあるなと。

出世ルートに乗りたいというミッションを、大人らしい勝負駆け引きのように思い込んでいるから気付かないが、

やってることは子供たちの、スクールカーストで快適な地位に落ち着きたいというメンタリティと同じ。

まれものを手に持って生まれてきた人間と、蹴落としたいものや、余禄にあずかろうとするものや反発するものなどが、

あーだこーだ、仕事の割り振りから、昼飯をだれと食べに行くか、誰を飲みに誘うかなどをテーマに日々ギシギシと軋んでいる。学校と全く変わらない。

2018-01-28

お金を使うこと楽をすること

いろいろ重なって去年の年収ちょっと大台に乗った。そんなにもらってたのかと思った。

給料が増えてた自覚がなかった。なぜなら使っていなかったから。生活にかかるお金給料が増えようと増えまいと変わっていなかったから、その認識がなかった。

一応家計簿はつけていたけど、支出ばかり見ていたなあ。必要お金を引いて今月はいくら残るって部分は見てなかった。通帳もちゃんと記帳しているけどただぼんやり数字が増えたな、使い道がないな、としか思ってなかった。

そう、使い道がない。

趣味読書。あと昼寝。長風呂も好きだが、肌が弱いか温泉あんまり。いくつかゲームもしている。課金はほぼしない。これまでの合算を平均しても月300円はいってないと思う。

ファッションとかインテリアとかアクセサリーとかは全然…じゃないけどほぼ全然と言っていいくらい興味がない。清潔感があってTPOに合っていて着ていて自分相手不快じゃないなら何でもいい。

とりあえず寒波に備えて防寒インナーを買い足しに行った。持ってるけど。まだ着られるけど。でもまあ最近寒いし増やしてもいいかなってようやく思えたから。そう思うのにも時間がかかった。

ユニクロシャツを選びながら服って高いなと思いながら何でこんな風に思うのかを考えて、幼少時代経験根深さのせいかもと思った。

ゆで卵の作り方とか玉止めの仕方とか初等教育で教わったことって力強く自分の身に根付くけど、同じように幼少時代経験自分の根幹に残って将来にわたって思考人間性に大きく影響する。当然のことかもだけど、その環境を離れてもずっと残って自分の基本になってると思うと恐ろしい。正直ちょっとおぞましい。

たぶん特段貧乏な家じゃなかったと思うけど、親はお金を使わない人だった。費用対効果とかメリハリとか将来に向けた貯蓄とかだったのかもしれないけど、子供はそんなこと知らん。

道具は壊れるまで使うもので、衣類は破れるまで着るもの(小4くらいまでは靴下は穴が開いても繕って履いてた)。機能性や効率存在しない。

生活我慢、楽は我が儘、外食はすべて贅沢、楽しいも贅沢、苦労と工夫が美徳

生活はすべて苦労の上に成り立っていて、その他は塵芥レベルしか存在せず、そしてそれを(それすら)楽しむのは罪悪である。ましてや自由などは塵芥レベル以下でも存在しない。

主観から偏ってるかもしれないけど、自分認識としてはそういう家庭だった。

兄弟がどう思っていたかは分からない。兄弟自分より良い扱いを受けていたからたぶんまた違う印象だと思う。

ともかく、自分にとっては靴下でも下着でも新品を買ってもらえるのは本当に特別なことで、普通普段着誕生日プレゼントになり得ていた。だから何でもないタイミングで新しい自分だけの服を買ってもらえたときは、嬉しくて嬉しくて、毎日でもそれを着たいと思ったくらい。

…こうやって書き出してみると、どこのフィクション世界孤児院刑務所かって感じだな。自分にとっての現実でした。

そんな中でも本だけは十分に買い与えられていたから、いまでも本だけはどれだけ高価でも買ってもいいものになっている。だから趣味読書もためらいなく続けられている。…いや、これは必然の結果かも。でも普通に読書好きだし楽しいからいいや。最近はデュマの椿姫がよかった。

もちろん教育として良い面もあった。物を大事に使うとか食事は残さないとか、そういうのはいいことだと思う。

でもたかだか1000円程度のインナー1枚買い足すのに、持ってるのに勿体ないかもって少しでも考えちゃうのはどうなの。

外出先ですごく疲れているのに、お茶の1杯を飲みにお店に入るのを迷ってやめるとかどうなの。

お金を使うことに後ろめたさがある。ケチとか節約かいレベルじゃない。最近ようやく、もしかしてこれはちょっと異常なのでは?と気づいた。

実際がどうだったか、今現在がどうかは別として、自分にとってお金は常にないものだ。

から給料が上がってもお金があるという認識は生まれないし、お金がないのだから使い道も生まれない。

本当はたぶん、使い道はいっぱいある。

くたくたになってるカーディガンとか、袖がべろべろに伸びてるパーカーとか、筋が入ってくたびれてきた革靴とか、バッテリーが持たなくなってきたスティック掃除機とか、生地の真ん中が大きく割けてる布団とか、ヒビが入って異様にギシギシ鳴るベッドとか。

新しいものを求める気持ち以前に、今使っているもので買い替えが必要ものがたくさんある。大きいものから小さいものまでリストアップすれば本当にたくさんになると思う。

でもそれさえためらってしまう。マメに充電すれば使えるしとか、中の綿が見えてても眠るのに問題ないしとか思って、本当にどうしようもないレベルになるまで先延ばしにしてしまう。効率悪い。分かってる。

過分はもちろんよろしくないけど、もう少し自分お金をかけてもいいはずだと思う。自分の快適さや楽さを買っていいと思う。全然悪いことじゃない。

自分で稼いだお金自分生活を整え豊かにするのに使って何が悪い

生活我慢じゃないし、楽は我が儘じゃない。苦労だけが美徳でもない。幼少期の呪縛からそろそろ解き放たれたい。

2018年は今よりもう少し自分お金を使えるようになりたい。

年末までに新しい掃除機と布団と、新たに電動歯ブラシを導入できますように。

2018-01-15

anond:20180115020946

まあシネコン以前はそうかも

作品は男向けの内容ばかり、ボロい建物、薄暗い館内、ベタベタするコンクリートの床、ギシギシする椅子

2017-04-22

安物の事務イスがギシギシいって非常に耳障り

ネジを締めてもおさまらないし

油をさせばなおるだろうか

2016-07-28

パンパンパンパンパンパン……

昨日、ソープランドに行ったんだよ。

んで、プレイに入る前にトイレに行ったんだけどさ。行く途中に、他のお客さんが入っている部屋の扉の前を通るつくりになってたわけ。

そしたら、その部屋からパンパンパンパンパン……」って、調子よく餅をついているような音がしてきてさ。

それに合わせて、激しくスプリングが軋む音と、扉の木枠がカタカタぶつかるような音もすんのよ。

「え、うそ?ナニコレ?」って一瞬思ったくらいだったんだけど、ようするにヤッてるわけよね。激しく。

俺さー、体力に自信ないもんだからピストン運動あんまり速くないの。

速く動いても女の子は痛いだけみたいな話も聞くし、フィニッシュ寸前だけちょっとがんばればいいかなって感じなわけ。

それで文句言われたこともないし、イッたっぽい反応を引き出したこともあるから、これまで自分セックスの仕方が正しいかどうか、疑ったこともなった。

でもその、パンパンパンパンギシギシギシギシ音を立てている部屋から

「ああっ!!すごい、すごい、すっごい!!こんなのダメ、こんなのダメ、こんなのすごい、あんあんっあああ゛っ!!!」

みたいな、現実でもAVでも聞いたことないような喘ぎ声が聞こえてきてさ。

なんかね、ちょっとね。考えちゃったよね。

そんだけ。

2016-07-08

上司Aの声で「優しくコングラッチェ エンジンラバラ」ってはっきり聞こえたか

わず振り返ったら、上司Bがイスをギシギシいわせていた。 上司Aはいなかった。

椅子の軋みが上司Aの声に聞こえたってことか……?こええよ

2016-06-10

髪の毛がギシギシのゴワゴワ

1年くらい前からだろうか。

水が悪いのか、シャンプーが悪いのか。

整髪料はたまにワックス使うけど普段は使わない。

シャンプーを変えたのがまずかったのか。

ハゲたら終わりだからな、髪には気を遣うよ。

2016-05-20

隣人のSEXを笑うな

当方各部屋にテレビアンテナさえない底辺シェアハウス住み。

壁薄いから、隣室の生活音丸聞こえ。

住人(大半はベトナム人中国人)がうるさい。

大音量音楽かけたり、ラジオ流したい、歌ったり、怒鳴るように声張り上げて会話したり。

日本人とは騒音に対する感覚がまるで違う。

宴会でもやってるのかと思って覗いてみると、ただ夕飯食ってるだけだったりする。

壁薄いか自重するなんていう配慮もない。

深夜早朝でもお構いなし。

私の隣室に住むベトナム人夫婦もうるさい。

でも、数日にいっぺんくらいの頻度で『ラジオけが大きな音で流れている』ことがある。

いつもはラジオ聞きながらベチャクチャ大声で騒ぐのに、この時だけ会話一切なし。

時々ベッドの軋む音がするだけで、つまり""そういうこと""なんだね。

辛い。

こちとら右手恋人じゃ。

まぁ私も大人なので、小児じみた意趣返しなんかするつもりはサラサラないけど、やはり夜は静かに過ごしたいわけで、ラジオボリューム落としてよと頼みに行くわけ。

ちょうど盛り上がってきたところで、

 私「静かにしてくれるかな?(ゲス顔)」

と、隣室までお願いに行く。

ドアをノックすると、毎度イキった表情の旦那が出てきて、片言の日本語で「ゴメンネ、シズカニスルヨ」とか言う(口先だけで静かにはしない)。

このベトナム人夫婦のたくましいところは、私が伺ったあとも続きをする点。

ラジオボリュームを落として(あんまり落ちてない)、何食わぬ顔で再びギシギシ音を立て始める。

アンアンは言わないけど、アンアン言わなければギシギシはOKという感覚らしい。

ギシギシ→静かにしてよ→シズカニスルヨ→ギシギシルーティンを毎度懲りずに繰り返す。

神経が図太いというか、米帝戦争で負かしただけのことはあるなぁ。

最近はもう飽きてきたので、いい加減静かにして欲しい。

2016-02-25

100 名前ギシギシ

なんか涙でてきたわ…

109 名前ギシギシ

頼む…

123 名前ギシギシ

泣きそうだ…

139 名前ギシギシ

カラ松…

君の笑顔今日で終わりか…

152 名前ギシギシ

カラ松・・・ かわいいよ

会えなくなるなんて・・・ 考えられない…

162 名前ギシギシ

ああ…

もう 終わるのか・・・

188 名前ギシギシ

ああ…

死ぬ 死のう

214 名前ギシギシ

ああ

いいんだもう

俺はもう いい

くそ

323 名前ギシギシ

もういいんだ

何もかも終わった…

328 名前ギシギシ

ちょwwwwwwwwwwwwww

坂本ですがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

これは期待wwwwwwwwwwww

2015-09-10

世界いちばん遠回りな世界一周

http://anond.hatelabo.jp/20150910215231

からの続き

自分の本当の想いに気づいたなら、あとは現実的な算段をつけていくだけだ。

僕が主に学びたいのは経済学である。だから経済学部のある大学を目指す。それは確定として、どの大学を目指すべきだろうか。みんなどうやって志望大学を決めてるんだろう。調べても情報が多すぎて混乱してくる。旧帝とかMARCHとかってなんぞ。ゼミとか研究室とか修士とか博士とかもよくわからない。そもそも大学の仕組みがよくわからない。最初のうちは学ぶ側で、そのうち教える側だったり、最先端研究をする側にまわる、というのはなんとなく知ってる。以前は「4年勉強して卒業」としか思ってなかったので、これでも大学に対する理解はだいぶ進んだほうだけど、やっぱり前提知識がいろいろ足りてない気がする。

いや待て、そういった知識的な問題よりも何よりも、その前にまず僕には大学受験資格がない。僕は中卒なのである。正確には高校中退だけど、数ヶ月しか通っていないので取得した単位なんてないも同然だ。どこを志望するとか、大学に通う資金はどうするとか、それ以前の問題だ。受験資格を手に入れなければ、スタートラインに立つことさえできない。まずはその問題から片づけよう。あとのことはあとで考えよう。

そういうわけで大検について調べてみる。どうもいまは名前が変わっているようで、高等学校卒業程度認定試験、略して高認という名称になっているらしい。試験は年2回、8月と11月に行われる。科目は、国語英語世界史A/B、日本史A/B 、地理A/B 、現代社会政治・経済倫理、科学と人間生活化学基礎、物理基礎、生物基礎、地学基礎、数学I。これらの中から8〜10科目を受ける。合格ラインは40点前後らしい。半分正解できればいいのだ。しか高校で習う教科ってこんなに多いのか。けっこう大変そうだ。文科省サイト過去問が公開されているようなのでひとつずつ見ていく。

まずは国語。大問が4つで、現代文が2問、古文漢文が1問ずつ。現代文のほうは普段から本を読む習慣のある人なら普通に解けそうな感じだ。僕もいちおうコンスタントに本は読んでいるし、現代文に関しては問題なさそうだった。古文漢文に関しても文章の意味は7割以上わかるし、試しに問題を解いてみたら全問正解だった。あれ? 古文漢文って中学でやるんだっけ? 独学でやった覚えはないから中学でやったんだと思うけど、20年たっても意外と覚えてるものだと思った。文法とかはさっぱりわからんけど。

英語に関しても問題なさそうだった。英語は二十代のころに必死こいて勉強した時期がある。1回だけ受けたTOEICは680点だった。そのあと半年海外放浪して日常会話くらいなら問題なく喋れるようになったし、これで合格点を取れないってことはまずあるまい。

次は世界史。これに関しても最近やったばかりだし問題なさそうだった。AとかBとかどう違うんだろ、と思ったけど、Bのほうが範囲が広く、より深い内容になっているらしい。高認の試験ではかぶっている問題が多いし、そんなに違いは感じなかったけど。ちなみにA/Bどちらを受けるかは当日に試験問題を見てから決めていいらしい。

日本史、もしくは地理。これは願書提出時に事前選択するようだ。日本史はかなり難しい。半分正解できるか、ちょっとあやしい地理のほうが点数を取れそうだったので、こちらを選択することにした。半分は正解できそうだけど、これに関してはちょっと勉強しておいたほうがいいか。

公民は、現代社会、もしくは政治・経済倫理から選択する。科目数は少ないほうがいいので、現社でいくことにした。毎日ちゃんとニュースを見ている社会人なら誰でも普通に合格できそうな内容だ。これは勉強する必要はないかな。

理科系科目は、化学基礎、物理基礎、生物基礎、地学基礎のうちから3科目を選択するか、もしくは科学と人間生活+どれか1科目。これも科目数が少ない後者でいこう。

科学と人間生活って聞き慣れない教科名だと思ったけど、理科総合のことのようだ。学習指導要領改定されて、つい最近こうなったらしい。試験は基礎4科目からそれぞれ易しめの問題が出される感じ。でも半分いけるかちょっと微妙ラインだ。これは勉強必須だなあ。

あとの1科目は地学基礎にした。これも以前は地学Iとかだっけ。地学I→地学基礎、地学II→地学、みたいな感じで変わってるようだ。これも半分いけるか微妙。勉強必須

まあでも理科系科目がちょっと不安なくらいで、全体的にはけっこう余裕かな。なあんだ、身構えて損したよ。ハハ。ああ、そういや最後に数学が残ってたっけ。まあこれも余裕かな。ハハハ。じゃあちょっと過去問を見てみようかな。

え? これあれでしょ? 東大入試問題でしょ? ちょっと文科省さんしっかりしてくださいよアップするファイル間違えてますよやだなあもホントかんべんしてくださいよマジでマジで……。なんぞこれ……。1ミリわからん……。死にたい……。

マジやばい。本当に本気で1問もわからない。最初のほうのサービス問題っぽいのすらわからない。解き方がわからないとかじゃなくて問題文の意味すらわからない。なにこれマジやばい。というかいまさらだけど自分は文系だったのだとこのとき初めて気づいた。プログラミングで飯を食ってたりするんだからてっきり自分理系なのだとばかり……。マジかよ……。

嘆いていてもしかたない。これをどうにかしないことには大学には行けないのだ。ならどうにかするしかない。

まずは本屋で数Iの参考書立ち読みしてみる。なるほど、わからん。よし、次だ。中学数学参考書。なるほど、わからん。よし、次だ。算数の本。なるほど、わかります。でも、最大公約数とか最小公倍数とか通分とか約分とか、けっこう難しい。小学生ってこんなのやってるのか。すげえな。

参考書ドリルを何冊か買って帰り、勉強を始めた。地獄のような日々の始まりだった。

算数ドリルをやってみると、四則演算はさすがにできるけど、九九がところどころ記憶から抜け落ちてることに気づいた。やばい。そして分数の計算がまったくできない。分数の割り算ってなんだよ。割り算で割るってどういうことよ。意味わからん。と思いつつも、算数についてはなんとかなった。問題は中学数学からである

算数から数学になると急激に難易度が上がる。なんでマイナスマイナス掛けたらプラスになるの。分数の割り算が今度は逆数の掛け算になるとかどういうことよ。ちょっともう本当に意味がわからない。そうしているうちに1週間、2週間が過ぎる。やばい。それでもぜんぜんわからない。中学数学最初の段階でこれだけ時間かかってたら数Iを終えるまでに何年かかるんだ。本当にこんなので大学へ行けるのか。さすがに焦りが出てくる。心が折れそうになる。何より、やっていてまったくおもしろくない。つまらない。こんなの社会に出てから何の役に立つんだ。これを必修にするとか文科省陰謀だろ。あ、人が陰謀論に走るのは精神的にまいってるときなのか。ひとつ勉強になった。

そんな感じでウンウン唸りながらも参考書を読み進めていると、「-xは係数に1が隠れている」という一文が目に止まった。あ、そうか、-xは、-1x、-1掛けるxってことか。なるほど。でもこれって、マイナスだけじゃなくてプラスでも同じじゃないか? つまり、xは、1掛けるxなのだ。あ、これって文字じゃなくても同じか。つまり、5は、1掛ける5だ。あれ? もしかして、どんな数にも、係数として1が掛かっている……? ああなんだか考えすぎて頭がパンクしそうだ。脳みそギシギシと軋む音が聞こえる。でももうちょっと考えてみよう。

つまり、つまり分数も同じなのだ。1/2は、1掛ける1/2だ。算数的にいえば、ケーキ1個を半分にしたものがケーキ1/2個だ。うん、それでいい。でもよく考えたら、ケーキを半分にしたあとで他の誰かがやってきたら、その人は最初の大きさを知らないのだから、半分のサイズケーキを1個とカウントするはずである。1/2個とカウントするには、「半分にした」という事実認識必要なのだ。いや待て、そもそも、1/2という数字それ自体が「半分にする」という意味なのだ。これは、「半分」という名詞ではなく、「半分にする」という動詞なのだ。1/2というのは何か実体のあるものではなく、「いまからお前を半分にしてやる」という意思、考え方、概念なのだ

そのときバタン!」と音を立てて扉が開いた。それは数学の扉だった。

そうだ、数(すう)とは概念なのだ。いち、にぃ、さん、とものをかぞえるときに使う数(かず)とは違うのだ。そして前者を扱うのが数学であり、後者を扱うのが算数なのだ。僕はいままで数学をやっているようで、その実、算数をやっていたのだ。ぜんぜん違う教科をやっていたのだから、わからなくてあたりまえ、つまらなくてあたりまえだった。

数とは概念である。その前提を踏まえてみると、これまでとはまったく違う世界が見えてきた。数を感覚的に扱えるようになってきた。数式の手ざわりがわかるようになってきた。なにこれやばい。超おもしろい。いままで「数学おもしろい」っていう人のことがまったく理解できなかったけど、そうか、こういうことか。数の正体を知っている人と知らない人では、同じ数式を見ても、まったく違うものを見ているのだ。

それからはこれまでの苦悩が嘘のようにサクサクと勉強が進んだ。中学数学も予想より早く終わった。よし、ここからが本番だ。と気合いを入れて数Iに突入したけど、参考書パラパラとめくってすぐに拍子抜けした。なにこれ中学数学ちょっと発展させただけじゃん……。気合い入れて損した……。

よし、最大の懸念だった数学はなんとかなりそうだ。次は理科系科目にいってみよう。

まずはまた本屋参考書を何冊か購入し、読んでみる。数学ときほどまったくわからないということはないけど、なんだかいまいち頭に入ってこない。原子がどうの、位置エネルギーがどうのといわれても、なんだかいまいち実感がわかない。これはまた数学ときと同じく、勉強の仕方を間違えているのではないかと思った。こういうのを学校で習うときは、実験を行いながら、実感をともなって理解していくもののように思う。本を読むだけではその実感は得られないのは当然だ。でも個人で実験器具を揃えるなんて現実的じゃないし、わざわざこのためだけに予備校に行くのも大げさだ。そうだ、どこかの動画サイト実験映像がアップされてるんじゃないだろうか。それを見れば多少は実感もわくだろう。

いろいろとネット上を探していると、NHKの高校講座を発見した。どうやらNHKでは放送済みの高校講座をすべてネット配信しているようだ。理系科目はもちろん、文系科目もある。こんなんあったのか。もっと早く教えてくれよ。とかぼやきつつ、さっそく科学と人間生活の講座を見てみたら、バラエティ番組っぽい雰囲気ちょっと面食らった。NHKの高校講座ってこんなんだっけ。講師が延々と解説してるだけの、いかにも教育番組って感じの、おかたい雰囲気じゃなかったっけ。いまはタレントがメインで出ていて、講師あくまで補佐的な役割のようだ。そのぶん雰囲気はゆるくなっているけど、見ていて飽きない作りになっている。化学物理実験映像で見られるのもそうだけど、習った内容が社会の中で実際にどう活かされているのか、町工場や、最先端研究現場リポートもあったりして、興味をかきたてられる内容になっている。これを無料配信するとか、NHKすげえな。しかしやはりこういう講義形式はわかりやすい。本で独学だと、自分の理解が合ってるのかどうか、不安になることが多々あるし。

よし、どんどんいこう。化学基礎。いまはpHを「ペーハー」じゃなくて「ピーエイチ」って読むらしい。マジか。物理基礎。ダムの水が持つ位置エネルギーは何から与えられたエネルギーか。え、わからん。正解は太陽エネルギー。マジか。太陽パネェな。生物基礎。呼吸と燃焼の反応式は同じ。温度と反応速度が違うだけ。え? マジで? 生まれときから呼吸してるのに知らんかった……。ショック……。地学基礎。グリーンランド沖で沈み込んだ海水は、太平洋の表層に達するまでの5万kmを、1000年とか2000年とかかけて流れる。壮大すぎだろ。地球パネェな。地理。お、このケッペンの気候区分ってのは世界一周アプリに使えそうだ。GIS(地理情報システム)を本気で開発するなら、地理に関してはもっと突っ込んだところまで勉強しないといけないかもしれないな。

さら日本史世界史数学I……NHK高校講座おもしろすぎわろた、とかやってるうちに、試験本番の日がやってきた。


試験会場に集まっていたのは、ほとんどが二十歳前後若者だった。控え室には、参考書と格闘している人もいれば、友人同士で最終的な確認をしあう人たちもいる。そういえばこの人たちはベルリンの壁崩壊後に生まれてるんだよな。それはもはや教科書で習う「歴史なのだ。そして逆に、僕より上の世代にとっての東西冷戦は、自分たちが生きた時代のものだ。「あのままずっと世界は真っ二つに分かれたままだと思ってた」というような話はよく聞く。いまとなってはわからない感覚だけど、当時は誰もがそう思っていたようだ。僕はそのどちらでもない。十分に咀嚼された「歴史」でもなく、自分が生きた時代でもない。だからそれについて、誰よりも知らない。しかしだからこそ、誰よりも知りたくなったのかもしれない。そしてそのために、僕はいま、ここにいる。

高認の試験は2日間に分けて行われる。初日の1科目目は現代社会だった。まったく対策らしい対策をしなかったから、ここで初めて気づいたけど、グラフの読み取り問題がやたらと多い。間違い探しのように精査しなければならず、1問にかかる時間が長い。問題よりも時間配分の仕方がわからない。時間が足りない。もっとちゃんと過去問で練習しとくんだった……。

次は国語。問題文にちょっとおもしろい箇所があって、静まり返った試験会場で「デュフフwww」とかキモい笑いを漏らしてしまった。死にたいしかしおかげで緊張はほぐれた。

英語TOEICに比べたら楽勝だった。9割はいけたんじゃないだろうか。

そして数学。これがいちばん不安だったけど、落ち着いてやれば余裕だった。これも9割いけたんじゃないだろうか。あらためて問題を見てみると、捻った問題というか応用問題すらないので、基本的なことがわかっていれば確実に解けるようになっている。東大入試問題とかいってたやつ誰よ。

科学と人間生活。範囲が広いのであまり詳しく勉強してない箇所の問題もあったけど、半分はいけたはず。

1日目、無事終了。

2日目。地理海外放浪ときにまわった国の問題が多く出ていて、なんだか常識問題のようだった。ちょっとチートっぽいけど、こうやって実地で得た知識もれっきとした学力だ。うん。

世界史。これも範囲は広いけど、さほど突っ込んだ問題はない。9割いけたはず。

地学基礎。フズリナと同時期に繁栄した生物は、1.トリゴニア、2.カヘイ石(ヌンムリテス)、3.ロボク、4.デスモスチルス、そこまで詳しくしらんがな。クイズか。そんな感じの問題もあったけど、なんとか半分はクリアできた。

2日目も無事終了。

試験が終わると一気に力が抜けて、何もやる気が起こらなかった。しばらくは勉強もせずダラダラと過ごした。

1ヶ月後、試験結果が届いた。

全科目合格だった。

それが先週の話。

そしていま、こうして増田に投稿する文章を書いている。

からこのお話はここで終わりだ。正確にいうなら、ここから先の展開はまだわからない。


あらためて思う。世界は巨大で、そして複雑だ。

数学の扉を開いたとき、数式が以前とはまったく違って見えたように、新しい視座を得れば、世界がまったく別物に見えてくる。世界が変わる。そしてまた、以前は気づかなかった、新しい視座の存在に気づく。

あとどれくらい、そんなことを繰り返せばいいんだろうか。

方程式定理法則電気磁気エネルギー素粒子、宇宙、銀河太陽地球生命遺伝子、進化、化石燃料、製錬、農耕、富、労働、権力支配、隷従、社会自由イデオロギー宗教民族言語貨幣、法、国家議会政党福祉、教育、研究、産業、組合、企業、グローバリゼーション条約為替貿易経済

時間軸と空間軸を埋め尽くす、無数の点と線。それらが織りなすのは、世界という長大な書物。

そのことを考えると、なぜか胸が苦しくなってくる。無性に泣きたくなってくる。

人生のすべてを費やしても、その書物を読み解くことは決してできないと、どうしようもないほどに思い知らされるからかもしれない。

だけど、それでも僕は、次のページをめくらずにはいられない。

それはきっと、生まれながらに組み込まれた、僕の中の最もプリミティブなプログラム

未知の領域へ。さらその先へ

どんな権限をもってしても、そのプロセスを殺すことはできない。

から僕は、今日も本のページをめくり、旅をする。

たとえそれが、世界いちばん遠回りな世界一周の旅だとしても。

2015-07-08

100 名前ギシギシ

なんか涙でてきたわ…

109 名前ギシギシ

頼む…

123 名前ギシギシ

泣きそうだ…

139 名前ギシギシ

れいな

君の笑顔今日で終わりか…

152 名前ギシギシ

れいな・・・ かわいいよ

会えなくなるなんて・・・ 考えられない…

162 名前ギシギシ

ああ…

もう 終わるのか・・・

188 名前ギシギシ

ああ…

死ぬ 死のう

214 名前ギシギシ

ああ

いいんだもう

俺はもう いい

くそ

323 名前ギシギシ

もういいんだ

何もかも終わった…

328 名前ギシギシ

ちょwwwwwwwwwwwwww

のんのんびよりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

これは期待wwwwwwwwwwww

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん