「下位者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 下位者とは

2021-06-06

同時通訳女性って女性にも妬まれ強者だと思うけど

同時通訳で働いてるなら専業主婦じゃなくフリーランスだろ

アカデミアの国際会議でしたか専門用語だらけですが、事前に資料渡しておいたら、それはそれは見事な同時通訳がなされました。

通訳者はすべて女性だったのですが、これが皆さん、専業主婦だったのです。東大ICU卒業した専業主婦です。

しかしあの高学歴語学力キャリア志向のない妻を迎えることは想像もできなかった。つまり僕は絶対に勝てない。

元のツイートの人は、「ジェンダー格差以上に地方格差がありますよ」って言いたいんだと思うけど、

同時通訳者を専業主婦って言ってたり、同時通訳報酬って結構高いけど「キャリア志向ない」扱いしていたり、

彼女たちを妻に迎えるかどうかをジャッジする目線が入ってて、まあアレなことになってしまっているね…

ジェンダー格差以上に地方格差がありますよ」は事実

アレな部分を除けば、「ジェンダー格差以上に地方格差がありますよ」は事実だと思うんだよ。

というか都市部の、親の金融資産が潤沢な家庭に生まれた、親も割と文化資本があって女子教育積極的だった、

っていうのは、女性の上位1%って感じだと思う。三塁に生まれたってやつね。

彼女たちは「男性の上位1%と比べて、女性の上位1%は不遇な部分が多い」ことを理由に、自分たち被差別者であると言う。

でも彼女たちは女性の中でのトップ層だし、トップ女性貧乏男性よりは環境に恵まれているというのが事実なんだよね。

白人黒人」といえば黒人被差別属性だけど、バラク・オバマホワイトトラッシュ層を比べたらオバマのほうが強い。

属性の話ばかりして、個体ごとの強者性を無視するのはおかしいだろ、という主張には同意できる。

親パワーへの妬みと性的資本への妬みが混ざるとネッチョリする

都市部文化資本金融資本に恵まれ女性に対する、地方貧困層の妬みは、女性論者によって書かれることもあった。

女性の上位1%は、男性の上位1%と比べると不遇」系のフェミニズムに、地方の私は乗れない、という書かれ方が多かった。

これって論点がすっきりしやすい。同じ性別からこそ、生まれ地方、親のスペック、その影響の大きさというところに論点が集約されやすい。

これがヘテロセクシャル下から目線男性が、都市部文化資本金融資本に恵まれ女性に対してあれこれ言うと、

論点拡散して何の話だかわけわからなくなりやすい。

ツイートの人がそうだと言っているわけではないけど、男性より女性のほうが性的資本価値を容易に認められるという、

女性全般に対する雑な妬みのようなものを抱えている男性は多い。

(雑な妬みと言ったのは、妬む男性は「中の下」以上のルックスのそこそこ若い女しか視界に入れずに、すべての女性を妬んでいるからです)

性的資本を持つうえに、社会的地位の高い親にも恵まれていて、非常に優秀に育った女性個体」に対して、

マゾヒズムサディズムが混じったようなネッチョリ執着している男性もいる。

執着している限りずっと不幸なので、適当に諦めて自分の道に戻った方が絶対幸福ですよと思うんだけど、

執着ってしたくてするものではなく病気みたいなものなので、ある種の病人なのだと思う。認知が歪んでいる。

ネッチョリ層は認知の歪みが酷いので、「上位1%女性フェミニズム」への批判地方貧困層女性から向けられるもののほうが論理的

もちろん、元ツイートの人がそうだと言っているわけではない。

まれた人の苦労は恵まれた人同士でしか共有できない

イベント同時通訳って、脳を限界みたいに消耗して交代制でやっていている人たちじゃないですか。

普通にハード仕事だと思うんですよ。セレブバイトっていう言葉の気楽なニュアンス…これは反発されてもしょうがないよね。

でも恵まれている人って、相対的に恵まれていない人からはそういう風にしか見えないのだと思う。

妬みドリブンで攻撃してくる人に対しては、反論・反発・正論で袋叩きするよりも、そういう攻撃してくる下位者存在

ミュートしてあげるのがノブレス・オブリージュってものなのでは、という気がしなくもない。

だって下位者には、上位者なりの苦労に対して共感するゆとりなんて、一生もてないでしょう。妬みで精いっぱいなんだから

2021-04-24

司法試験合格して3ヶ月が経った

現在は修習という企業における研修期間。

毎月13万5000円と家賃補助の3万円を貰って修習を受けさせて頂いています税金を払ってるみんなありがとう

司法試験合格したら人生バラ色!とは思ってなかったけど、それなりにやれば人並み以上の暮らしは出来るのかなと思っていた。

だが現実は甘くない。

いま就職活動なのだが、法律事務所基本的給料は非公開なのだ

実際に法律事務所に話を聞きに行って個別面談を受けて初めて給料が分かるというシステムだ。

更に弁護士は毎月弁護士会にお金を払わなければならない(5万〜7万くらいが多いのかな?)。

毎月5万円でも×12で1年間で60万円。ワオ。

それに当然税金もかかってくる。

地方だと年収相場は450~600万がくらいなのでそこから諸々引いたら、下手したら300万円台しか手元に残らない。

これが日本最高レベル試験合格した人間が得られる給料なのか…。

(なお、超高難易度の予備試験ルートの人は大手事務所からオファーがあり一年から年収1000万円越えだ。いいなぁ…。)

法曹人口10年前の2倍くらいになった結果、人員不足という法律事務所ほとんどない。

なので、いい人が居れば採用するけど居ないなら別に構わないということは往々にしてよくある。

そんな訳で学歴は良くなく司法試験で良い成績を出せ無かった結果、お祈りされまくっているのが現状だ。

司法試験合格した人間しかいない法曹界だと成績下位者には人権はない。

更に法律事務所ボス(経営者)との相性もある。

ボスが稼いだお金を下っ端が給料として受け取る。

そのためボスから割とパワハラを受けるらしい。

そりゃ金出してるんだから相応に働けと言いたくなるよなぁ。

なお弁護士への相談は土日に行われることもあるので、土曜日に出勤というのはよくある。

仕事が終わらなければ深夜まで働くのもザラだ。

飲み会の後に事務所に戻って仕事するという人も珍しくない。

弁護士業界というのはワークライフバランスというのと無縁の世界だ。

なお広告で見るアディーレやベリーベスト弁護士から嫌われているが、給料(しか結構高い!)や年間休日保険OJTなどを公開しており、修習生からの評判はかなり良い。

司法試験合格したらもっと楽できると思ってたのに、人生ハードモード

辛い。

そういえばよく弁護士ってモテるんでしょ?って聞かれるけど、少なくとも今の自分には異性からの連絡は1件も無いよ。

辛い。

2020-10-03

先回りするかしないか

人によって語彙力や理解力などが異なるため、説明が上手でわかりやすい人もいれば、文字数ばかり多くて結局何が言いたいのかわからない説明下手な人もいる。

職場でそういう人がいると、個人的葛藤を覚える。

特に相手が部下・下位者であった場合、事を円滑に進めるために「それは○○ということだね?」とこちから解釈をしたほうがよいのか、相手説明力を修練する機会として相手がなんとか説明しようとするのをひたすら傾聴するのがよいのか、葛藤を覚える。

私が先回りすることを続けていると、部下はわかるように説明しようとはしなくなる(人は概して楽なほうに流れるから説明力を修練する機会にならない。

しかしあまりに長時間意図の伝わらない説明を聞き続けるというのも効率的とはいえない。

そんな葛藤を覚えるわけだが、相手上司場合だと簡単である

「それは○○ということですか?」と先回りしてしまうのは目上の方に対しては極めて失礼であり、著しくプライドを棄損することにもなりかねないわけだから、わからない場合はわからないと素直に「質問」をする。

忖度」を好むのは三流上司らしいし。

2020-09-03

anond:20200903101336

なんで男ってすぐ腹が出るんだろうね

腹が出ている女も存在はするけど、腹が出ている女の割合と比べて腹が出ている男の割合は高すぎ

しかも腹が出ている女はそのことに問題を感じているしデブ自覚があるけど

腹が出ている男は自分デブという自覚がないし、デブ容姿弱者のくせに他の男を「チビ男」「陰キャ」等とイジっていじめたり

女を「オバサン」「貧乳」などとイジる「下位のくせになぜか自信満々で上から目線で人をいじめる」やつが大量にいる

腹が出ているクソデブ男は自分存在を恥じてほしいし他人に対して上から目線になる資格がない下位者である自覚ちゃんと持ってほしい

2020-08-29

「媚びてる」とか「気取ってる」とかい意味がはっきりしない悪口

意味が広すぎてただの悪口なのに「わかる~!」みたいに共通認識としてあって、伝わっていってしまうやつほんっっっとタチ悪いから大嫌いなんだけど、だんだんその正体が見えてきたから書こうと思う。

自分語りから始まるが、私は客商売の自営の家に生まれた。店舗の上が住居のタイプ地元密着系だったので、小さいときから「◯◯さんところの娘さん」というような感じで近所の人に認識されていた。

そして親は「多少勉強ができなくても女の子なら愛想よく感じよくしなさい。人に迷惑をかけるな。挨拶は欠かすな。礼も欠かすな。」系の昭和っぽい女子教育モットーに私を育てていたように思う。

から急いでいようが天候が雨だろうが真夏だろうが真冬だろうが、近所の人が「あ、◯◯ちゃんやないの!」と声をかけられれば雑談に付き合った。

子供的にはうざくてしかたない「前みたとき乳母車にのってグズってた子がこんな大きなって~~!」という気恥ずかしいようなちょっとムッとして「知らんがな…」と言いたくなるような話もクソほどされたがすべて「ありがとうございます」と流した。

うちのお客さんには老若男女いて、まぁ近所はもちろん大体の人には親切に接してきたと思う。誰がうちの客で、また客になってくれるかわらないので、丁重に扱う以外選択肢がないとも言える。

うちの実家の店の利用メイン層はいわゆる「おっちゃん・おばちゃんである

前述したように大体の大人丁重に扱う(ようにあしらってもいる)事に小学校4・5年にでもなれば否が応でも慣れ始める。

受付係モードみたいなものを幼くして会得できてしまうのだ。これは客商売の家に生まれ子供さんならなんとなく理解してくれるんじゃないかと思う。

中学校に上がって、スクールカースト上位女子グループに「男に媚びてる」と陰口を叩かれるようになった。

正直ビックリした。私はそういう恋愛どうこうというような成長が人より遅かったので「男に媚びる」という事の意味さえまだわかっていなかったからだ。

なんでそういわれるのか全く検討もつかなかったので大変悩んだ。

今ならわかる。私がいわゆる「男に媚びてる」ように見える訳が。

普通この頃になると異性に対してなんらかの壁を感じているのが「正常」と考えられているのだろう。だから私がクラスメート男子やら男の先生に人懐こい感じで接するのは変に映ったのだろう。ただ私がいつも通り受付係モードで接しているのが「気持ち悪い」と。

私にしてみれば生家やその近所と追随する商工コミュニティである種の自己防衛一種で身につけた対人スキルが、次は教室のようなセオリー通りに空気読んで自分立ち位置をつぶさに確立していかなければならない場所では悪手となる。

初手で悪手を打ってしまったのもあって中学校スクールカースト上位者には卒業するまで塩対応され続けた。

一度、私の事が一等嫌いなNさんが塾友達だという部活が同じのYちゃんに探りをいれてもらったことがある。

私が嫌いな最大の理由は「男へのアプローチが顔に合ってない」であった。

いや~たまげたね。確かに私はどう見積もってもブスカテゴリーの顔だ。

からこそ親も愛想よく感じよく育てていただろう。

要するに「嫌われもんのブスは嫌われもんのブスらしく小さくなって黙ってな!」ということだ。

今となっては物凄い暴論だが、そういうとんでもない暴論が許されて放置されて継承されていく地獄空間中学校からさもありなん。(でもめっちゃ傷付いた)

昨今「ステレオタイプに当てはめないで!一人一人事情がある!」ってのも人権解放ムーブメントだと捉えているが、いまだにこのステレオタイプという概念は一部のコミュニティの中で「キャラ」という言葉で現役で生きている。

◯◯ちゃんキャラじゃない、とかそういうの。

結局多くの人が理解やすい人ステレオタイプ的な人の方がいろいろやりやすいし、特にカースト構造ができやすコミュニティの中では上位者下位者を分かりやすく蔑みたいので下位者がこの想像通りじゃなかった場合上位者残酷さったらない。

気持ちよく見下すつもりがなんなのあいつ!とでも言うのだろうか、無能で冴えないやつがコミュ障じゃなくてもイラつかれるし、マイノリティのくせにめちゃくちゃオシャレにこだわりあったりしてもキモがられたりするのおかしくないか?今はこの人権解放ムーブで減っていると嬉しいのだが、ニュースバラエティーを見ていると私が中学生だったほぼ20年前と変わらないように思う。

やっと主題に戻るが、結局「媚びてる」というのは見下してる側(もしくは元々タイプの違う合わない人間への)の言いがかりしかないのではないか?と私は思う。

実際媚びていたとしても違う方法を取ってる人間へのただの個人的違和感に過ぎない。

「気取ってる」というのも構造は同じだ。

結局はコミュニティ内でキャラじゃないと勝手に感じられて勝手違和感をもたれているだけなのではないか

若者言葉ネットスラングを使わないとかくだらないことでコミュニティ内で気取ってると異物扱いされたことがあるが、そんな事でコミュニティバランスが崩れるんならどっちにしろそのコミュニティは長続きしない。

「気取ってる・媚びてる」ワードユーザーよ、帰属意識から勝手崩壊恐怖でしょうもない言いがかりつけてんじゃないのか。

そのくせTwitterなんかで人権解放ツイートリツイートしたりしてる人は、あなたの回りの媚びてるやつを見下して勝手イラついてないか考えてみてほしい。

人権解放かにまるで興味なくいつも誰かを意識的いじめていたいってひとはそれはそれでヤバイけどまだ理解はできる。割とそういうド悪人は「媚びてる・気取ってる」とかフワッとしたワードを愛用してる感じはしない。これも私のステレオタイプからくる偏見だといわれるとまぁそうなのだが。

このフワッとワード愛用者は大体常識人っぽいのがまた厄介なのだコミュニティの中で自分の思い通りになってる人や、目上の人には優しいことが多いように思う。だからこそその帰属意識から過剰に反応するとも言えるし、嫌われた時の衝撃もでかい

媚びてる気取ってるやつがウザい、コミュニティの異物と感じてしまあなた、それはあなた感性問題であって、媚びてる気取ってるやつの性格なり人との関わり方の問題なのか?ほんとうに?見下したい相手が思い通りじゃなかったかイラついてるんじゃないの?そういうのってすごい失礼じゃないすか?

媚びてる気取ってると言われてそんなことないのにと傷付いてるあなた、多分あなたはそのコミュニティにおいて異物なのであろう。しかしそれはコミュニティや当該人物の未熟さから来ていることが多い。愛想がいいこと、言葉や振る舞いが丁寧なことは基本的にいいことだ。

上から目線他人指導とかしてない限りあなたに非はない。残念だがそのコミュニティを出るまであなたのよさを隠すしかない。

コミュニティに合わなかっただけだから自尊心を失わないでほしい。

媚びてると言われ、つまんない中学時代を送り、で、内気ぶってると「ノリ悪いね」と言われあるコミュニティでどの世代にもわかるように丁寧に喋っていると「気取ってる」と言われた経験から、書かせてもらった。

残念ながらこの媚びてるとかい悪口は30越えてもあるが、ここ最近ある程度仕組みがわかったのでやっと傷付かなくなってきた。

個人個人いろいろあるんだから勝手に型にはめてキャラじゃないだの、下に見てたのに思い通りに見下せないからって言いがかりつけるのは大体不快に感じてる側のセンサー問題から私はどうしょうもないで、という開き直りの境地とも言える。

偉そうに人の立ち居振舞いに文句つけてる暇あったら帰って掃除でもしようぜ!スッキリするよ!

2020-08-27

anond:20200827060008

ほめるという行為のもの大人同士でやることじゃないよ

ほめると自動的上下関係を見せつけることになる。できなくて当たり前という暗黙のメッセージを送ることになる。

そもそも上位者下位者をほめるわけで、その逆はないだろ?

2020-08-03

anond:20200803092923

おっさん漏れなく、社内の権力下位者に対して、恋愛関係する一切のアクションムーブ禁止する。

おっさん恋愛たかったら、社外でやれってことだろうな。

おっさん定義は、人と対象者の年齢差によるんだろうな。

2020-07-28

anond:20200727074950

実は頭がいいなら学校勉強もできるわな。

成績上位者は一日中勉強してると思い込んでる下位者妄想

2020-03-19

anond:20200319225651

ゲームしない成績下位者はその分スマホの利用時間が増えるんじゃね

上位になるとそもそも遊んでる暇なさそう

2019-08-24

クラスカースト上位者人生

楽しそうでいいなぁ

子供の親の付き合いとかでも、カースト上位同士で繋がるから子供自然上位者人生経験させてもらえる。

自分みたいな下位者はどんなに高収入でも彼が彼女らの仲間に入れてもらえないし、上位者のような満たされた人生は送れないよ。

2019-07-10

anond:20190710205422

母数が多い。

時間強度の労働で余裕が無い。

肉体労働であり、肉体労働は脳の中で暴力と結びつきやすい。

飲食業界はピラミッド型の社会になっていることが多く、上位者から下位者への暴力も見られる。

上位の親という立場で脳の指令を止める気力もなく、暴力をふるってしまう。

2019-01-01

anond:20190101112350

人生狂うってどういう風に?

進学校で「成績下位者は人にあらず」みたいな価値観のもと、病んでいった友人ならいるが、そいつ人生は狂ってないとでも?

事実として、公立人生狂う奴が圧倒的に多くても(多いと断言するなら統計ぐらい示してほしいが)、お受験組でお受験が原因で人生狂う奴がいるのもまた事実だろ。

2018-12-01

[]くるみ割り人形秘密王国

くるみ割り人形秘密王国』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向けであります

総評

すごいぞなんと150点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。なんで、なんかもっとお金出したい感じはあるんだけど、この映画場合グッズとかサントラとかそっち方向にはいかない、いけない、やばい

この映画公共向けにレビューするとジャスト95点くらいなのははっきりしていて(いや辛く採点すれば80くらいか?)残りの+50くらいは何かといえば完全に性癖の話なのですよ。いつもそうだけど、今回はそれにもまして(主に後半)全く当てにならないレビューであることを告白しなければならないです。何がやばい特殊性癖なのかについて最初に語ると話が混乱するので、後ほど詳細を述べます

遺産継承の話(前編)

物語ストームボール一家クリスマスの準備をしているところからまります。でも主人公でありミドルティーンの次女であるクララ(演マッケンジー・フォイ)は浮かない顔。他の一家もなんだかギクシャクしている。それも無理のない話で、どうやらストームボール一家母親は、このクリスマスの直前に死んでしまったようなのですね。

家族を失った喪失の中でもストームボール一家伝統であるところのクリスマスをしようとしている。ヴィクトリア朝の話だから親族の大規模なパーティーに出ようとかあるのだけれど、母親を失った悲しみからそれらを拒否して引きこもりたい主人公クララと、このような状況だからこそ普段通りに日常に過ごさなきゃならないと考える父親の間には、感情的な亀裂があるというところから物語は始まるわけです。

そういう意味で言えば、これは大事家族を失った喪失から回復する話です。同じテーマを扱った今年の映画でいえば『若おかみは小学生!』なんかがあります普遍的ものなので他にもいくつもあるでしょう。

そういう普遍的テーマだったんで、料理作法にも定番セオリー)みたいなものはあるわけですが、まずそのセオリーのものはきちんとこなしていた。そういう意味脚本及第点

また、同じテーマをこなしながらも独自性のある切り口も感じられました。この項目はその独自性についての感想です。

この種の「喪失再生」の作品において、「去ってしまった人から過去において贈られた自分に対する愛情を再認識する」というエピソードは非常に重要セオリーポイントになります

それは例えば前述の『若おかみは小学生!』においても「私たちは娘であるあなたを愛していたよ」「その愛は永遠だよ」というようなメッセージ存在していて、それが主人公に受け取られることで回復の契機になりました。

いってしまえばこの「親から愛情」ってのは遺産なわけですよね。だからこのテーマ遺産継承に関するテーマだと考えることもできます

でもこのテーマには隠された問題点もあって、それは「親子間の関係遺産を残すもの/受け取るもの、というような一方通行の、上位者秘密下位者が気づくだけという、そういう物語として描いていいの?」というものです。この問題告発って自分は今まで意識したことがなくて、『くるみ割り人形秘密王国』で始めて気が付きました。

例えば先程から比較している『若おかみは小学生!』においてこの問題提起はないんですね。それはなぜかといえば、『若おかみは小学生!』の主人公おっこはタイトル通り小学生で、これから自分世界確立していく存在からです。重要なのは遺産が(つまりは死んだ両親から愛情が)「あった」事であって、それにさえ気づけばおっこのここから先のミッション回復だけなわけです。

しかし『くるみ割り人形秘密王国』の主人公クララはミドルティーンであり、もうすでに自分なりの自意識世界観も作り上げつつある存在です。

次女のクララには、上には憧れつつも素直に従うことができない長女がいて、下には一緒に遊んで面倒を見てやる長男小学生低学年くらい?)がいます。弟の面倒を見ながらも、女性的な完成度と貫禄では長女に勝てない次女。おしゃれは苦手でちょっと理系工学系)な変わり者な主人公

彼女はそういう意味で「母親を失って狂乱するほど悲しむ幼子」ではない。悲しいし落ち込んでいるし、日常を取り繕おうとする父親に反発をするけれど、だからといってそれを破壊しようというほどのパニックにはならない。自分自身の力でこの悲しみを乗り越えようとしている、まだ若いけど自立を目指す女性なわけです。

そんな彼女は、通り一遍意味では「死んだ母親から愛情があった」ことはわかっています世間一般でそういう慰めの言葉はよく聞くし、自分が母に愛されていなかったという疑いはない。

でも、じゃあ、その「愛情」って具体的にはなんなんだろう? もちろん日常でのさりげないやり取りや、スキンシップや、無言での加護やら、ありとあらゆるものがその候補なわけですが、それらは要するに伝われば伝わるし伝わらないわけです。過去のシーンとしては無数にあるそれを、クララはまだ自分の中で結晶化できていない。そこにクララの戦いはあるわけです。

この物語ではその愛情を暗示するキーワードとして母親の残した「大事ものは全て中にある」という言葉があります

クララは亡き母からプレゼントエッグの中に残されたこ言葉を追いかけて冒険の旅に出るわけですが、この言葉意味は最終的には「私(母)がいなくなった世界においてあなた主人公クララ)が前を向いて生きていくための大事ものはすべてあなたの中に残してきた」です。

大事ものは、様々な教えであり、生きていく知恵でもあり、もちろんつながりや愛情人格のものでもあり、大げさに言うならば「母親家族)と過ごした時間のすべて」なわけです。

そしてこのキーワードが示すのは、それだけにとどまらないんですよね。

この言葉は「nを残してきた」「nが私(母)の愛情である」という指定ではないわけです。だからこそ逆に「何が残されていたと認識するかは、娘であるクララが選んで受け取りなさい」という信頼であるわけです。

愛情遺産なわけですが、それは決して贈る/受け取るという一方的関係ではない。この物語における「気づき」はそういうステージテーマとして描写されている。それはやはり一味変わった、深い踏み込みだったと思います

一方、作中において「遺産」はもうひとつ意味でもあらわれますクララの母は幼いころ「秘密王国」を発見してその民に慕われた女王でもあったのです。わお。ですから遺産女王位。クララは本作のメインの冒険である秘密王国への迷い込みそこで戦うこと」をとおして、この「女王位の継承」という問題へ巻き込まれゆきます

でもこの問題も前述の「母の愛情いかに受け取るか」とワンセット、同じ物語の両面なのです。

クララは「女王が去ってしまって荒廃が始まった秘密の国」で大歓迎を受けると同時に、その危機においては「お前なんかは女王代替品にすぎない」ともいわれてしまます。「女王の位」をうけとった娘クララは、ただ単にそれを受け取った段階では「無力な模造品」にすぎないという弾劾です。

クララの母でもあり前女王でもあるマリーが幼いころ発見して作り上げた秘密王国とそこに住む住民たちは、マリーに生み出されて育てられたという意味では、クララと同じく「マリの子供」でもあるわけです。表面上は老人に見えても年上に見えても異形に見えたとしても、その意味では全てクララ兄弟姉妹に等しい。その彼らが、母マリーがなくなって、道を失い、うろたえ、クララに剣を向けさえする。

その混乱はマリーの残した女王位をただ受け取るという、つまり遺産を残す上位者、受け取る下位者というだけの状態では、収拾されないわけです。

まり、これもまた、「継承というのは一方的な贈与関係ではない」というテーマ接続されているわけです。

作中で、母との回想シーンの中で、クララは母からあなたは姉に憧れているけれど、あなたにはあなた独自世界があって物事あなただけの見方で見ることができる。そこがあなたの魅力なのよ」と励まされます

クララクララなりに世界を見ることができる。それは父母や周辺環境コピーとして自意識確立していくしかない幼子ではなく、ミドルティーンとしてすでに自分世界があるこの物語クララしか描けなかった切り口です。

から無限の贈り物を残されたけれど、その中のどれを受け取るか――母の残した教えや愛情のうちどれを「クララという自分自身のコアとして据えるか」というのは、クララの側の自由であり、その選択によって自らの存在を定めるわけです。

その自由の幅が良かった。

この物語の中で、クララは「秘密王国」での旅と冒険を通して、そういった自分自身の内面出会い、悲しみを癒やすわけですけれど、でも実はこの度ってなくても良かったんですよね。作中でも途中でリタイヤして現実世界に帰る選択肢が示されるシーンが有ることからも分かる通り、それはありなわけです。途中で帰るどころか、実は、出かけなくても良い。

クララはもうすでに自分自身を確立しつつあるミドルティーンで、この作品冒険なんかを経なくても、時間さえかければ悲しみから立ち直っていたと思います父親との間にギクシャクした感情は少し残ったかもしれないけれど、それすらも時間の流れでおそらく解消できた。

そこがとても良かった。

幻想郷への旅が必要不可欠であり、この冒険行がなければクララ破滅していたのだとすれば、クララは神が(母が)操る遺産相続操り人形なわけですが、そうではなくクララは旅をやめる自由がある中でそれを続行し、自分で選んだわけです。

から与えられたすべての教えや愛情の中から、姉と同じように「おしゃれで社交的な自分」ではなく、「機械いじりが好きでとびっきりの発明家である自分」を選んで継承した。同じように「秘密王国歓待されるだけの女王」ではなく「みんなのために調和を取り戻そうと戦う女王」も選んだ。選ぶという行為によって、ただ与えられる下位の存在ではなく、継承というテーマにおいて贈り主である上位存在と対等の関係であることを示したのです。

この辺はもはや登録商標とも言って良い「ディズニープリンセス」というワードの「プリンセス」にたいして、一定の回答を出そうと本作が挑んだ結果でもあると思います

まりプリンセスというのは継承である」という主張です。

王位とか王権(そして愛情を)先代から送られ継承した存在が、プリンセスである

でもそれは逆説的に、「プリンセスとは手渡されはしたものの、その手渡されたものをまだ十全には使いこなせないし、自覚もはっきりとはできていない、運命自分自身と戦いの最中にある存在だ」という主張でもあると思うのです。

そういう踏み込みのある本作は、テーマから見ても脚本構造から見てもかなりの出来でした。

――まあ、もっとも、ここまで脚本を褒めては来たんですけれど、その表現としての台詞回しがどうにも垢抜けない感じで、紋切り型なところも多くて正直言えばそこは今ひとつです。取ってつけた感じがある。

てなわけで、構造面ではキラリと光る部分はあるけれど、80〜95点くらいですかね、これは。という感想になるのでした。

文字数オーバーしたので後編 https://anond.hatelabo.jp/20181201181722 に続きます

2018-11-07

韓国とは永遠に和解できない。

近年のゴールポスト動きます関係韓国日本感覚が違うと感じている人が多いと思う。

よく韓国人がいう、日本は全く謝罪をしないじゃないか日本人は反省してない、という言葉

単に国民日本謝罪していることを知らされてないのかと思ってたが、どうも違うようだ。

韓国では甲乙関係表現される人間関係がある。甲は乙より上位で乙は下位である上位者下位者に何をしても許される。例えば年長者は甲である。親は絶対だというような感覚がここからきてるし、会社の先輩や上司への服従はここからきてるようだ。

この甲乙関係加害者被害者にも適応される。被害者は甲であり、乙である加害者に何をしても許されるという前提となる。一度乙になってしまえば、永遠に対等にはなれない。

韓国人がいう対等な未来関係を目指すというのは、韓国人が望む通りに日本が謝り賠償文字通り韓国より『下位になれ』ということだ。経済面でも、国家の格としてもだ。だからまれれば常に最新技術提供し、謝罪を繰り返し、お金を払うことを繰り返す必要がある。

問題なのは、これで終わらないということだ。いつか許してもらえるなんて思ってはいけない。

甲乙関係永遠に変わらない。つまり永遠に戦犯国』であることを背負い韓国に頭を下げつつ生きていくことを望まれている。甲乙関係永遠に変わらない関係からだ。

千年の恨みとはよく言ったものだと思ったが、

実際には千年では終わらない。永遠に続く関係なのだから

から、「韓国とは永遠に和解ができない」のだ。

2018-10-18

anond:20181018205833

先輩が後輩に偉ぶる

上位者下位者にどこまでも冷酷にふるまう

義務教育で教えていることだろう

何で会社社長がやった時だけ社会問題だと言い出すのか分からん

2018-07-31

ジャップランドってやたらと近世的だよね

ジャップランド中世とよく揶揄されるけど、

既得権益イノベーションを妨げていて経済パイが大きくならないか雇用流動性が低くてブラックな勤め先でも我慢するしかないとか、

身分秩序が強くて庶民権力者に反抗する手段を徹底的に奪われていて上位者への下位者の不満はさらなる下層民を作って叩かせることで逸らしているとか、

外国をよく知らないくせにでっち上げ伝統オリジナリティ自国が一番と思い込んで排外主義を拗らせているとか、

これらは中世というよりも近世、というか江戸時代の後期の特徴ではないだろうか? 

ジャップランド中世と主張するなら、

群馬栃木の小競り合いで県境が頻繁に変わるとか、

経団連派遣社員を集めた自前の軍隊を持っているとか、

又吉イエスに「地獄の炎に投げ込む」と名指しされると有力政治家でもパンひとつ買えなくなって世界経済共同体党本部が入っている雑居ビルの前で土下座するとか、

もっと中世らしい点を挙げてもらえないだろうか?

なろうの異世界転生って

https://anond.hatelabo.jp/20180709032343

2018-03-22

中尾敏之五段

将棋プロの基本は順位戦にあります

一番下のクラス(C2)で降級点(成績下位者に付くX)が3個になるとフリークラスに降級します。

但し10年以内に、

  1. 一年間(4月から翌年3月まで)に「参加棋戦数+8」勝以上、かつ勝率6割以上
  2. 良いところ取りで、連続30局以上の勝率が6割5分以上
  3. (他条件割愛

を達成すれば順位戦に復帰することができます

中尾五段は今フリークラス10年め、最後の年です。

2月28日31竜王戦6組ランキング戦で421手(21世紀最多)で引分指し直しで敗れた棋士です。

今年度で復帰できなければ強制引退になります

そして今日、第44期棋王戦予選3回戦・日浦市郎八段に勝ちました。

NHK杯予選の勝敗テレビ中継の関係不明ですが、次期対戦が3月27日に組まれました。

まりNHK杯は負け、1710敗ではないかと考えられます

年度内に組まれたということは将棋連盟配慮してくれたのでしょう。

次の対局で引退か復帰か決まります

第44期棋王戦予選4回戦は新進気鋭の青嶋未来五段との対局です。

決して楽な相手ではありません。

米長邦雄永世棋聖は「自分にとっては消化試合だが相手にとって重要な対局であれば、相手を全力で負かす」という言葉を残しました。

青嶋五段も全力で向かってくるでしょう。

羽生永世七冠や藤井六段の話題ばかりの将棋界ですが、3/27は中尾五段を少しだけ気にかけてくだされば幸いです。

2018-01-15

丁寧語とは 【初級関西弁講座】

丁寧語とは、眼前の相手への敬意を表す言葉であって、単なる「敬語」という意味ではない。言ってみれば、部下が上司にする言葉遣いである。一方「しゃーない」はどちらかと言えば上位者から下位者になげかけられる男性語における関西弁俗流表現であり、軽い侮蔑語としての「アホか」に近いニュアンスすらある。「シャーナイヤン(1)」「シャーナイヤロ(2)」とか「シャーナイヤンケ(3)」「シャーナイチュートンノジャ(4)」など、「シャーナイ」のヴァリエーション(※1)を考えれば、ほとんど罵倒語ですらあるので、これを丁寧語にするというのがまず発想として奇妙である

また、コレを無理に「仕方ない」の意の丁寧表現と取るとしても、一般関西弁ネイティブ世界で、たとえば部下が上司に向かって”仕方ない”という自分感想を直接的に述べるシーンというのがまず想定しにくい。関西弁は非常に日本のものであるような文化体系に基づく言語なので、「仕方ない」出来事に遭遇したときには、出来事の「状態」を描写するよりも、古語のようにその状況に遭遇した「相手の心情」を慮って言葉が発せられ、これによって相手へのより強い敬意や遺憾の念を表現するのが普通からである。従って、「しゃーありません」などという妙な言い方は、ネイティブからは出てこない。これは、表面だけ関西弁だがハート関西弁ではない人間想像で喋るエセ関西弁である朝ドラなどで非常に頻繁に見られるが、イントネーションを似せれば似せるほど不気味の谷に近づいて違和感があるのでこういうのは本当に止めた方がいいと思う。(※2)

さて、ではネイティブはこういう場合なんと言うのか?

たとえば「上司契約を取るため条件を下げるよう上にかけあってきたが、社の方針ダメだと言われる状況に遭遇したときの部下の一言」を想定するならば、「コレ、ホン↓トニナン↓トモナラナ↑イン↓デスカネー…」が正解だ。やや棒読み最後を低く呟くように発音するのがコツである。「何ともならない」ことを分かった上で、敢えて相手の心の内を代理的に言語化する。一番「何ともならない」ことを分かっているのは上司だ、との了解の下で(棒読み口調によってこれは察せられる)敢えて一段自分を低め、道化となって「分からないフリ」をすることで、上司自身に「マアナラヘンナ/無理↑ヤ(=仕方ない)」と言わせるための一言である。これはかなり気を遣った「仕方ない」の関西弁による丁寧表現である。「仕方ない」とこちから言うのではなく、相手に「仕方ない」と分からせるために相手の心情を思い諮り、同時に敬意を表現する。こういう柔らかな「寄り添う言語としての日本語」の特長を、日本の伝統大事にされる方々には関東においてもぜひ日常的に取り入れてもらいたいと思うばかりである

また、もう少しカジュアルに(カジュアルという概念自体関西文化にはうまくそぐわないのだが)表現すると? たとえばちょっと丁寧に同格の同僚と喋るようなケースで「今後こういう傾向になっていくのはやっぱり『仕方ないですね』」という内容を言う場合どうなるか。その場合は、自立語ではなく付属語補助動詞表現することになるだろう。つまり、「ない」自体敬語化されるのではなく、「仕方ナイ↑デスネー」みたいな感じだ。女性表現としては、「仕方アリマセンネー」が考えられ、これは増田の想定に一番近いのだが、女性語の場合丁寧な社交の場では言葉関東弁に近づくケースがあるので(これについては谷崎潤一郎小説細雪」の中でも少し触れられている(※3))このようになる。

以上、増田の初級関西弁講座であるネタであることは言うまでもないので話半分に聞いておくように。ホナマタ

https://anond.hatelabo.jp/20180113124118

※1 厳密に言えば、「シャーナイ」とほぼ同義で使いうるのは「アホクサ/アホカイナ」である。前者は事態を、後者相手を軽くあしらい流すときに用いられる。ただ、このような間投詞的な「アホ」(詠嘆の「アホ」という)の用法は、シチュエーションにより様々な意味を含有するので、非ネイティブ使用するのに苦労する部分である。「アホ」は本来道化クラウン)を意味する言葉だが、同質性の高い世界において道化役は時に非常に重要役割を果たすものであり、それが関西文化圏では共通了解とされているため「あいつアホやな」という言葉批判ではなく、時に非常な敬意や褒め言葉になりうるし、また若年女子が用いる「アホっ」は、おおむねソフトな「I like you.」の意味了解されるのである

 なお、「ヤン(1)」~「チュートンノジャ(4)」に至る変化は、一見微妙に見えるがそれぞれ

「(1)仕方ないじゃないですか?(=だからあきらめて貰えませんか?(依願))」

「(2)仕方ないじゃないか?(=だからどうしようもないと考えなさい。(命令))」

「(3)仕方ないと私は言っているでしょう?(=ひょっとして言いがかりを付けて喧嘩したいのですか? 何ならお相手しますよ?(威嚇))」

「(4)仕方ないとこの私が言っているのだ。(殺すぞ(予告))」

…という意味となっており、特に(2)から(3)に変化したときは明らかに相手モードが変化しているので注意が必要である。親切なネイティブならば、語尾に「ヨォ」という威嚇語を追加し「シャーナイヤンケヨォ!」とメンチ(接近して目を合わせる威嚇のポーズ)とともに発音してくれるので、こちらは非ネイティブにも分かりやす表現となるが、できれば(3)を聞く前に第三者を介入させるか和解を申し出るのが望ましい。

※2 たとえば朝ドラなどで、番頭はんがお嬢さんに「仕方ナイデッシャロ」などという奇妙な関西弁を用いる「けったいな」シーンは容易に想像できる。このように関東人がエセ関西弁を振り回して「関東人の思う関西人」を演じているのは、実際典型的な「文化の盗用」であり、今後厳しく批判されていくことだろう。

※3 谷崎潤一郎細雪(上)」より。(舞台戦前なので、約80年前の話である。)

彼女は相良夫人のような型の、気風から、態度から、物云いから、体のこなしから、何から何までパリパリ東京流の奥さんが、どうにも苦手なのであった。彼女阪神間の奥さん達の間では、いっぱし東京弁が使える組なのであるが、こう云う夫人の前へ出ると、何となく気が引けて、――と云うよりは、何か東京弁と云うものが浅ましいように感じられて来て、故意に使うのを差控えたくなり、却って土地言葉を出すようにした。それに又、そう云えば丹生夫人までが、いつも幸子とは大阪弁で話す癖に、今日はお附合いのつもりか完全な東京弁を使うので、まるで別の人のようで、打ち解ける気になれないのであった。成る程丹生夫人は、大阪っ児ではあるけれども、女学校東京であった関係上、東京人との交際が多いので、東京弁が上手なことに不思議はないものの、それでもこんなにまで堂に入っているとは、長い附合いの幸子にしても今日まで知らなかったことで、今日夫人はいものおっとりとしたところがまるでなく、眼の使いよう、唇の曲げよう、煙草を吸う時の人差指と中指の持って行きよう、――東京弁はまず表情やしぐさからああしなければ板に着かないのかも知れないが、何だか人柄がにわかに悪くなったように思えた。」

2017-10-31

anond:20171030181400

スクカー上位の男女が似たような事を好きな相手にやっても特別なんも言われないが、スクカー下位者がやるとキモいだのストーカーだのと言われて白眼視されたりイジメに遭ったりというのはよくあると思う。

同性愛者の場合もっと悲惨で、ちょっと絡み多いだけで攻撃されたりする。

2017-10-26

anond:20171026130603

避けたり押しのけたりしたらハラスメントになってしまうんじゃ。

から上への行為であれば、ハラスメントにはならないし、

下位者のそういった行為理由解雇や閑職に回されるなら、上職のハラスメントに該当する、というだけのこと。

若者を踏みつけているのではなく、「そういう構造」した悪者は、本当にイキイキママなのか、ということを、ちゃんと考えた方がいいと思う。

なんか、的外れな上に藁人形化しつつある

2016-02-09

日本は「格差社会である前に「階級社会」だ』に寄せて

http://b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/103434

私は履歴書に書くのも恥ずかしい北海道の三流大学出身である

いわゆる駅弁大学などと揶揄されるやつだ。

都市部において両親が高学歴富裕層教育熱心な家庭に生まれ中高一貫の名門私立学校出身者にとっては最底辺の進学先であろう。

それでも私にとってそこに入学できたのは強運と努力と才能の結実した成果であった。

私は中学校では50人中だいたい2番だった。

高校地元相対的はいちばんいい進学校にいき、成績は控えめに言っても360人中だいたい5番以内だった。

その進学校地域全体で約2000人のうち上位360人が集まるので、合わせると5番/2000人で上位0.25%ということになる。

地方出身者は、首都圏関西金持ちなら鼻で笑うようなFランク大学に上位0.25%しか入れないのだ。

100人に1人のさらに4分の1だ。

日本大学入試制度一見すると平等試験選抜であるが、それに特化した訓練を受けられるかどうかという点で大きな不平等があることを、エリート達は知らない。

塾で真ん中より上なら開成とか灘に合格できて、高校で真ん中より上なら東大法学部なんか楽勝だった奴らが国を仕切っている。

私も上述のように田舎出身ではあるが、それでも普通科の選択枝が複数ある時点でだいぶ恵まれていたし、両親もいちおう大卒教育意欲は高かった。

ちなみに中学までの同級生のうちで両親が大卒なのは私だけだった。

ちなみに私が通った大学では、入学後の成績順位試験のたびに開示されるが、成績上位者はのきなみ地元ローカルトップ出身で、

成績下位者は一流進学校出身者が占める、みごとなまでの「高校偏差値との逆相関」が見られる。

極限までお受験マシーンとしての能力ブーストされた者と、田舎競争相手にも欠くような者たちが、

大学入試結果的に同じ成績を残したのであるから、伸びしろ言わずもがなというわけだ。

これから若年人口が減り、国を支える優秀な人材も減る。

しか田舎貧乏人に進学のチャンスを与えることは、ポテンシャルの高い人材を上に引きあげるある種の効率改善することに繋がり、その余地はまだ残されている。

日本学校教育では「不平等に見えること」が何よりも嫌われ、成績の開示や成績優秀者の表彰などを大々的にすることはないし(運動会運動音痴公開処刑はするくせに)、

公立校では進学校ですら進学実績を売りにして生徒を募集することがタブーである雰囲気すらある。

しかしそうした消極的姿勢によって、塾や私立学校などの有料コンテンツブーストした層が大学受験を勝ち抜きやすくなり、

格差階級の固定という、より好ましくない事態が生まれている。

よりチャンスの公平な社会効率的人材育成のために、初等教育から徹底した到達度別のクラス分けや飛び級留年採用するなど、学力と家庭環境の相関度を下げる改革が望まれる。

詳細は他にゆずるが、階級流動性の高い社会では教育予算が多く、人口に対する教師割合が多く、公立校でも能力に応じた授業が提供されるなど柔軟性が高い。

(出典がすぐ出せない、たしかシノドスか何かで読んだ、あと森巣博の本とか)

ちなみに私の出身大学失楽園の著者と同じで、出身高校極楽とんぼの太ってない方と同じだ。

あと学歴社会の是非は問わないでください。高学歴を是として、高学歴高収入を得られるのを前提にしないと話がややこしくなるんで。

2015-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20150625114034

そのレベルのことで代案原理主義者好きとか嫌いとか言ってるの? 頭のおかし共産主義者か?

企業において賛成とか反対で物事が決まるのは経営会議株主総会でしょ?

プロジェクトアイデアAかBかっていうレベル物事を決定するにあたって判断するのはそのプロジェクト責任者であって、その責任者経営者経営陣)によって選任されてるはずだ。

プロジェクトチームの平参加者が「俺は反対だ! 反対派のほうが多い! これは失敗する!」とか顔真っ赤にして叫ぶほうが頭がおかしいんだよ。

責任者がAでいくっていえばAだし、代案も出さないでAに反対する参加者はただのサボタージュ存在しかない。そりゃ「対案出せないなら反対するなよ」っていうよ。その本質は「お前には意見を言う資格がないからサボタージュしたり派閥活動するなら昇進しろよ」だ。

仮に(下位者から見て素晴らしい)対案Bをだして責任者がAを選んだ場合でも、それは責任者もしくは経営から見たばあいAの方が利点があったんだ。もっといえば責任者無能でA選ばれたとしても、その責任は文字通責任者がとるわけであって、下位者がとるわけにはいかない。決断はその担当者義務なんだよ。だから労働法があって、経営陣(会社)の指示で業務を行ってその業務が失敗した場合でも、被雇用者責任を追及してはいけないことになっている。

以上が原則であって「現場ではそうなってない」とか「参加者だって責任を追及される」ってのはまた別の問題だ。そういうクソ会社だったら告発すればいい。

しかしそれは「すべての被雇用者が代案なく反対できる多数決経営や業務をおこなうべきだ」ということにはならない。それはキチガイ妄想だ。

2014-11-23

小学四年生の頃考えてたこと

成績下位者が肉便器になる設定の薄い本におけるモブチンポが頭良さげに見えないこと。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん