「お空」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お空とは

2022-07-20

anond:20220720160755

🎸🖌️「お空のぉ~、色は、どんな色っ?」

テレレッ,テー,テーテテー♪

2022-07-01

エロマンガを描いて生きている 1/3 


pixivに初めて投稿したのは約八年前になる。

それから長い時間が経って、今は野良プロとして漫画を描いている。特定組織には所属していない。ごく稀にR18雑誌寄稿したりもするが、基本はずっと一人だ。

今回、こうしてエッセイみたいなのを増田投稿しようと思ったのは、感謝の念が芽生えたからだ。

ずっと、社会に恨みを抱いて生きてきた。子どもの頃からストレスが多い環境にいたせいだろう。最近、ようやく周りに感謝ができるようになった。以前は、作品を認めてくれるファンの人だったり、SNS意見コメントをくれる人だったり、本気で叱ってくれる人にしか感謝できなかった。

最近になって、子どもの頃から散々な目に遭わされた家族とか、昔々の、辛い状況でも諦めなかった自分感謝ができるようになりつつある。ちょっと長くなるけど、自分語りをさせてほしい。



見た目があまりよくない。いじめに遭うことが多かった。

虫取り網を叩き折られたり、廊下を歩いていると後ろから蹴られたり、みんなで遊んでいる時も置いてけぼりにされたり、自分の家で遊んでいる時は貯金箱からお金を盗まれたりした。

イジメから助けてくれる先生はいたが、見て見ぬ振りをする先生も多かった。中学に上がってからは、暴力ますます激しくなって、週に1,2回くらいしか学校に行かなくなった。保健室通いというやつだ。

学校だけじゃない。家族もそうだった。自営業工場主兼農場主)をしている父はただ黙々と働いているだけだったが、母(介護福祉士)がとにかく理不尽だった。小四くらいで整体マッサージを覚えさせられ、母が夜ドラマを観ている最中、足や背中をひたすら揉まされた。

数学テスト20点を取ったり、ワイシャツ洗濯に出さなくて洗濯機で汚れが落ちなかったりすると、決まって布団叩きで頭をぶん殴る。その後は決まって反省文の提出と朗読がセットで付いてくる。

一番ムカついたのは妹(現在イラストレーター女性誌挿絵とかリクルート雑誌4コマ作ってる)だ。3つ下だったが、自分中学一年生の秋に不登校になり始めてからは、ひたすらバカにしてきた。

母と一緒になって、「役立たず」「頭が悪い」「人間性問題がある」「兄ちゃんのせいで学校で嫌な思いをする」「早く家から出て行って」など言いたい放題だった。

中学卒業して偏差値52の公立高校に通った。イジメに遭いそうにない環境生き方必死で探したおかげか、陰キャラとして3年間を過ごすことで平穏無事に高卒肩書を得た。

人間としては全然ダメだった。今でもそうだ。青春期に、部活とかボランティアとか、人と関わる活動をしてこなかったせいか社会性に問題がある。クリエイターを目指す専門学校に入っても変わらなかった。マックアルバイトを始めたけど、根本的なところはいっしょだった。

自信がなかったのだと思う。自分自身の生き方に対する信仰、というか。それが社会性のなさに繋がって、いつまで経っても結果が出せなくて、それで自信を失っての悪循環だった。

普通20代前半くらいの人間だったら、「お前はすごい」と言われたことがあるはずだ。自分にはそれがない。もどかしい気分になったけど、当時は鬱蒼鬱屈(教えてくれた人サンキューです笑)とした気分で街を歩くしか手段がなかった。

ちょっと前に、マクドナルド面接に出かけて、遅刻して店長に怒られて逆切れをした人のはてなブログがバズったことがあったはずだ。まさにそんな気分だった。あれは自分だった。もう一人の自分。今思えば愛おしい。



専門学校入学してすぐだったか。あるまとめサイトを見たのは。

絵師の上達みたいなタイトル2ちゃんねるスレッドだった。いろんな神絵師の上達していく過程が何枚かの絵を抜き出すことで説明されていた。ところで、自分シナリオ学科だった。イラストとは縁がない。けど感動したのは覚えている。

ある神絵師最初イラストは、東方チルノだった。最初小学生が描いたみたいなシンプル鉛筆書きみたいなノリだったのだが、年を経る毎にどんどんうまくなっていって、最後イラスト神輿と一緒に映っているチルノはまさに圧巻だった。

この時になって思い出した。小学生の頃は、授業中のノートに絵を描くのが好きだった。当然、大したことはない。まさに子ども落書きだ。中学生になる頃には一切書かなくなっていた。

自分イラストをやってみたいと思った。確かな感情だった。自分が好きなアニメイラストを描いてみたい。あの時、確かにそう感じた。

まずは自由に描いてみた。

一番最初に描いたのは実家で飼っていた猫だった。灰色のやつで、自分と妹が小学生の時に拾ってきた。自分達が近付くと、「ヌアァン」と鳴いて田んぼ稲穂の中に入って行った。

出てくるまでに20分はかかったろうか。「いつまでも一緒に待つんだぞ」と妹に提案して、出てきた猫を妹が抱えて家に持って帰ったんだっけ。父には反対されたけど、母を味方に付けることに成功した。

そんなこんなで初めて描いた猫は、猫ではなかった。よくわからない物体だった。耳がへなっと折れていて、ほわほわとした毛並みを表したはずの鉛筆でのなぞり書きは、角が折れたトーストの上に浮かんだような暗黒物質を生み出していた。小倉トーストだった。

二番目に描いたのは、好きなアニメキャラだった。アイカツ!星宮いちごを描いてみた。二次元だったら何とかなるかと思ったが、ぜんぜんそんなことはなかった。一応人間にはなっていたが、こっちの方がまだ猫に似ていた。

三番目は、風景に挑戦した。上で田んぼと書いたが、当時は関東圏でもそれなりの田舎に住んでいた。実家の近くに小高い山があるのだが、そこに昇って、自分が住んでいる町を見下ろしてスケッチをしてみた――結果は燦々ではなく、散々とした出来だった。透き通った空気の中に浮かぶ田畑が並んだ一帯を描くはずが、自室の襖に飛び散ったとある黄ばんだ一角のような、痴態のようなものしか描くことができなかった。

独学で学んでいるかダメなんだと思い、ネットで上達方法を学んでみた。といってもツイッター検索だが。「とにかく量をこなせ」というメッセージが心を掴んだ。

次は書店で本を買い、何周も読み返して基礎的な人体の描き方を頭に叩き込んだ。新しい何かが開けた気がした。

そんなこんなで、何を描いたのか判然としないようなモノを1週間につき1枚のペースで仕上げていった。努力しただけあって「ヘタクソ」の領域に到達することができた。

これでいい。あとはpixiv投稿しさえすれば、絵描きへの第一歩を踏み出せる。ここまでに約二ヶ月かかっている。今までのpixivの使い方はといえば、好きな漫画アニメイラストを見たり、さあ寝るかと思った時に、より深く就寝に至るための聖なる行為(SeaCallと呼んでいた)をするためだった。

それが今、人生で初めて本気で描いたアイカツ!キャラ絵を投稿しようとしている。色々と入力していって、最後に「投稿する」ボタンを押すと、ブラウザ画面がぐるぐると回って投稿が終わった。

最初ブクマ数は、3時間で「5」だった。閲覧数は70くらい。コメントも付いた。テンプレだったけど。

しかった。自分イラストを気に入ってくれる人がいたのが嬉しかった。この時が絵描きとして人生で一番最高の瞬間だった。この時以上に嬉しかたことはない。

ところで、検索で一番上に出てくる上位勢とは月とすっぽんだった。それくらい画力に差があった。子どもの頃に観ていた夜ドラマで喩えると、彼らがお空に浮かぶお月様だとしたら、自分味噌汁出汁に使われる煮干し様だった。彼ら彼女らを引き立てるための数多のヘタクソの1人。それが当時の自分だった。

今の自分は、漫画的な儲けであれば、彼ら上位勢のほとんど全員に勝っているだろう。もしかすると、pixiv出身の若手作家という括りでは自分歴代一位かもしれない。いや、多分そうだ。

しかしbut。あいつらの画力には到底及ばない。あれは常人が至れる領域じゃない。努力できる天才けがあそこまでいける。

当時は、気が狂ったようにイラストを描いた。専門学校の授業が終わると、真っ先に家に帰ってイラストを描いた。アルバイトは当初週4でシフトに入っていたけど、週2に減らした。

ここでいったん筆を止めて、pixivマイアカウントを眺めてみる。過去に描いた作品時系列に巡ってみたのだ。すると、端的なある特徴が出てきた。割とすぐに一般からエロ主体に移行しているのだ。もっと遅いと思っていた。

今の自分は、一応プロだ。エロ絵で生きている。絵の初心者だった当時は、そんな未来は全く想定していなかった。自分が描いていて楽しいものを作っていただけだ。自分はおそらく、エロに興味がある人間だったのだろう。

とにかく、たくさん投稿していた。週に2~3つ上げていたこともある。今だと月に1枚が限度だ。暇な時間がなくなってしまって、好きなキャラ絵を描く時間も体力も気力もない。専門学校卒業する頃には、200本以上のイラスト漫画をアップしていた。子ども向け~若者向けのアニメが多い。アイカツ!とか、プリパラとか、ポケモンとか、ラノベ作品とかそんな感じだ。

すっかり絵描きになっていた。マックアルバイトで貯めたお金ペンタブを買ったりした。今でも使っているお気に入りのやつだ。

絵を好きになれたのはよかったが、専門学校卒業しても就職しなかった。シナリオ勉強は存分にさせてもらったけど、別に脚本家になりたいわけでもなし、ゲーム制作の実績があるわけでもなし、就職活動コネ作りなど当然しているはずもなく。文章を書くのは好きだったが、小説書きには興味がない。そんなことより絵が描きたかった。

いや、違う。専門学校に居た時、違う学科同士でグループを作ってゲーム制作したことがある。途中で抜けることになったが。コテコテRPGだった。

ツクール制作を進めていて、魔法名前を考えている時、自分が水属性魔法として「シーコール」を提案したのだ。それで、3人居た仲間の1人が噴き出した。また別の子が、「海をイメージしてるんだね。きれいな名前だね」と言ってくれた。それで、「発展形はどういう名前になるの?」と聞いてきた。

「ゼンイン・シーコールというのはどう?」と自分がいうと、さっき噴き出した奴が机に突っ伏していた。「それは、どういう描写イメージしてるん?」とさっきの女の子が聞いてきた。

「みんなで力を放出して集めたやつを、その聖なるやつをさ、敵に流し込んでやるんだ。思い浮かべてみて」と言ったところで、また別の人が「お前はふざけているのか。帰ってくれ!!」と憤った。

以後は、それなりのペースで開発は進んだ。順調だったように思う。上の女の子が、みんなをうまくリードしてくれた。自分にキレた人も、開発の途中から冗談を言うようになっていた。

増田君、いいシナリオが思い浮かばない? じゃあ、この主人公がトツゼン・シーコールをするのはどう?」

冗談を言ってくれるようになった。

懐かしい記憶だ。ちなみに、シーコールきれいな名前だと言ってくれた子は、卒業後にガンホー入社した。当専門学校では一番の出世株だ。同窓会ではスマホゲームを開発してると言っていた。参考までに、マジメに考えた技や魔法も一応提出した。

グランドアクセラレーション攻撃ではなくて地属性のバフ)

イモータルブル-(水属性のバフ的なやつだったと思う)

・赤薔薇の檻(どくどくみたいな感じ。味方にかけると回復

・無窮動(ペルペトゥーム・モビーレと読む。それ以外は亡失)

規律ある発狂状態(ディシプリナ・インサイアと読む。それ以外は亡失)

・全領域侵食(この名前以外は記憶にない)

夜明けの羽ばたき(〃。たぶんミネルヴァの梟から取ったのだろう)

こうして自分は、絵を描いていたいがあまりフリーターとしての道を選んだ。父や母から馬鹿にされ、軽んじられた。当然、妹からも。

当時の妹は、実家台所自分存在を認める度に、ごみを眺めるような感じで素通りした。なんというか、存在認識していないのだ。あいつも高校を出てすぐに入った会社で嫌なことがあって、1年ちょっとで辞めてしまって辛かったのかもしれないが、とにかく目線が冷たかった。

自分フリーター身分なので、家族内で大したことは言えなかった。母にはよく「役立たず」「プーの分際で」「一生トイレ掃除でもしてなさい」など冷たい言葉を吐かれた。

フリーターだった頃の自分は、何を思っていたのだろう。「見返してやる。世の中で絶対成功してやる」などと思っていたのだろうか……いや、そんなことは思っていない。自分がやりたいように、やりたいことをして生きていきたい。そう思っていた。それだけだった。



マックで週2~3回のアルバイトをして、家に帰ったら小学校に上がる時に買ってもらった児童机に座り、ペンタブを握って作業に没頭した。傍らには、スケッチ帳を破って作った下書きが何十枚も落っこちている。そんな毎日だった。

できた、できた、できた!! 作品を完成させた時のあの感覚自分がまるで神にでもなったかのような、いま過去最高を更新し続けている、今この瞬間の自分過去のどの自分よりも優れている――という、あの頃の高揚感にはもう戻れない。あの日々、俺は俺で満たされていた。我を忘れるほど。自分が決めて進んでいた道のなかで。

成長しすぎてしまった。10ヵ月以上かけて長編作品を完成させたとしても、喜びはあまりない。それよりも、ホッとした、安心したという感情の方が強くて。ある時期を境に、自分は作者として堕ちているのか、このままで大丈夫なのかという疑問が湧いてきた。一方で、FANZADLsiteで多くの人達が楽しんでくれているのを観ると、やはり絵描きをしていてよかったと感じる。

DLsite長編作品投稿しようと思ったのは、ある夏の日のことだ。アルバイトが終わり、家に帰って夕食を食べていた。すると、台所の四角い卓の斜めに座っていた妹が、「ん」と親指を床に向かって指した。そこには、おそらく何日か前のご飯の残りカスみたいなものが落ちていた。妹は、ウザそうな顔で「拾え」というジェスチャーを繰り返した。

しぶしぶ右手を屈めて拾ったのだけど、それから時間か経って、自分が相当馬鹿にされていることに気が付いた。あれはそもそも自分が落とした残りカスだったのだろうか? 違うんじゃないのか。とにかく馬鹿にされていたのは間違いない。怒りが込み上げてきた。許せないという気持ちが何日も続いた。

ある日、ようやく思い立った。自分の思いに決着をつける方法を。解決になるかはわからなかったが、とにかくやってみようと思った。

R18作品を扱っている販売サイトを見て廻った。それで、処女作DLsiteに捧げようと思った。これまで同人作品同人ゲームを購入したことがあるというシンプル理由だ。「此処で作品を売ろう」と思ったら判断は早かった。すぐにpixivマイページを開いて、これまでに投稿した約250作品ひとつひとつクリックしていった。読者の反応を観るためだ。

長編作品と向き合うにあたっては、自分の強みでとにかく突き抜けようと思った。専門学生の頃に、ヒルティという人の『眠られぬ夜のために』を読んだことがある。あまりに感動してしまって、つい何篇かの言葉メモ帳に書きつけていた。

突き抜けよ。この短い言葉は、内的生活の多くの危機に、ほとんど魔術的な効果もつものである

195ページ

あなた義務を行いなさい、できるならば楽しい気分で。できなければ、そうした気分なしでもよい。この方が一層ほむべきことであり、一層大きな実りがある。

211ページ

まこと人生の楽しみを得ようと思うならば、なによりもまず、その楽しみがいったい何にあるかをはっきりさせ、それを妨げるすべてのものを、断然さけなければならない。

237ページ



今でも好きな本のひとつだ。

とにかく、突き抜けてみようと思った。頭に閃いた何かを形にするために、これまで作品お気に入り登録してくれた人達意見を集め、この試練に立ち向かうのだ!

スケッチ帳への下書き(追記 専門用語でいうネームから初めて、セリフを付けて、大まかに色を塗って(追記 色鉛筆でザザッと塗るだけ。難しい場合は✓で表す。自分場合は一度紙で表現しないとデジタル作業に移ることが難しい)、効果音のイメージを書いて……いや、大事なことを忘れていた。基礎設定はできていたのだが、キャラクター同士の人間関係をまるで作っていなかった。これでは駄目だ。というわけで、もう一度スケッチ帳への下書きからやり直した。「うん、これでいい。やっぱりやり直してよかった」と、当時の日記に書いてあった。

今でもそう思う。キャラクター間の繋がりが何よりも大事だ。特にR18コンテンツにおいては。「男性カタログシチュエーション萌え女性物語関係性に萌える」のだから

粉骨砕身の末、三ヶ月以上かけて初めての長編作品ができた。50ページ近くはある。誰に対しても胸を張ることができる妹凌辱ものだった。

精一杯、想いを込めて突き抜けた作品だった。2022年6月現在インターネット掲示板での自分は、近親相姦ジャンル大家として知られている。恋人たちの予感がするほど、そんなラブラブ作品は作らない。ガチ凌辱とかではなくて、『ライト強姦』とか『ソフト凌辱』とか言われるコンテンツになる。



自分場合は七千字ちょっと文字数制限のようです。

以下に続きます

https://anond.hatelabo.jp/20220701210745

2022-06-16

幼い頃、親が共稼ぎ祖母の家に預けられていた

周りに年の近い子もおらず、従兄弟と3人で遊んでいた

その日は従兄弟は伯母の実家に行っており、祖母の家には自分だけだった

テレビも飽きて庭で花を摘んでいたら庭の前で女の子がこっちを見ていた

年の近い女の子を見たのは初めてでテンションが上がってすぐに声をかけた

2人で話していたらその子が「ねぇ、おままごとしよ」って言ってきた

自分ままごとセットは祖母の家じゃなく、自宅にある

おもちゃがないよ」って言ったらその子は葉っぱのお皿に花弁を乗せ、「はい、これでごはんできるよ」

笹の葉を丸く巻いて端を刺して「はい、お湯のみ」

小枝で「お箸よ」

幼いのに次から次へと側にあるものでおままごとの準備をしていく

自分納屋から筵を持ってきた

その上で2人座っておままごと

「私がお母さん役で、Kちゃん赤ちゃんね」

2人で楽しく遊んでいたら12時のサイレンが鳴った

「もうお昼だから帰るね」

「また遊べる?

「ううん、もう来れないんだ」

「おうちどこ?今度は私が遊びに行く」

「あのね、おうちは…」

空を指差し

幼い自分は「お空にもおうちがあるんだ」程度にしか思わなかった

「じゃぁ、お空に遊びに行くね」

の子は怖い顔をして「ダメ、まだ来ちゃダメ絶対に」

と強い口調で言った

仕方なく、「わかった。でも、また来てね」

空に消えていくその子をずっと見送っていた

祖母が「Kちゃん、一人遊びが上手だね。婆ちゃんドラマ見ているみたいだったよ」

「お友達になった子と一緒に遊んでたんだよ」

はいはいw」

の子は2度と現れなかった

月日が経ち、亡くなった妹のお墓参りをした時に急に思い出した

母に連れられて電車に乗って大きな病院に誰かのお見舞いに行った事

両親の友人の娘さんがずっと病院生活で危ないって時に、「お友達が欲しかった。一緒に遊びたかった」

そう言っていると聞いた母が自分を連れてお見舞いに行ったんだ

その時、ベッドに横たわる女の子に「早く元気になってね、一緒におままごとしよう」って言ったんだ

母に言えって言われたわけじゃない

何となく、声を掛けなければならないって思ったんだ

の子は小さく頷いた

の子はこの地区の子から、この墓地のどこかに眠っている

お線香をあげたい、拝みたい

そう思ったらどこからともなく、「こっち」と声がした

その方向に歩いて行くと「こっち、こっち」と嬉しそうな声が近づいてきた

ここだ!

何故か確信めいた予感があり、墓石名前を見た

後に母から聞いたあの子名前だった

お線香をあげ、「ここなら何度も前を通ったよね。遅くなってごめんね」

拝んでいたら「ふふふふふ」

ままごとの時のような楽しそうな彼女の笑い声が聞こえた

これが一番印象に残っている自分体験

かい体験結構あるけど、これだけは怖いというよりも切ない思い出だ

2022-05-09

[]5月9日

ご飯

朝:おはぎ(ぼたもち? どっち?)。昼:サラダ海鮮丼。夜:イワシ缶詰豆腐納豆生卵ふりかけおにぎりトマトチーズキュウリファミチキ。(腹ペコだった

調子

むきゅーはややー。お仕事は、それなりー。

グランブルーファンタジー

FF11コラボプレイ遊んだことないんだけど、それなりに丁寧にしてくれるので面白い

もう一人の自分自分に無いものを持っていて嫉妬してしまプリッシュの行く末が気になる。

ギアスときみたいにお空に在住する可能性もゼロじゃ無い? 後編楽しみ。

2022-04-24

自分記憶を削ってでも”奴ら”に復讐することを誓った私と小鳥クリスタル

私が二刀流をひろげても、お空はちっとも飛べないが

飛翔(と)べるチョコボヒナは私のやうに、地面を光速異名を持ち重力自在に操るが如くは疾走れない。

帝国軍第六遊撃部隊所属の私がからだをゆすっても、きれいなフォニムは出ないけど、

あの終焉旋律を奏でる鈴は私のやうにヴァナ・ディールの星唄は知らないよ。

ドリームベルと、小鳥と、それから貴様如きに敗れたこの私、

みんなちがって、みんないい。

 

https://racing-lagoon.info/nomu/translate.php

2022-03-14

金儲けや資格取得などの現実問題を考えようとすると脳がシャットダウンする。

マジでここ数年は、

「鳥さん虫さんかわいいな」「お花かわいいな」「お空が綺麗だな」「ご飯が美味しいな」「三時のおやつお茶の組み合わせどうしよう」

で無理やり脳を働かせて正気を保っている。

多分死ぬまでこんな感じで生きていくんだと思う。

2022-03-11

anond:20220311130951

♪お池にお船をうかべたら~

お空三日月のぼってた

♪ひ~げをつけたらドラえ~もん~

2021-10-07

[]10月6日

ご飯

朝:なし。昼:海鮮丼サラダ。夜:。

調子

むきゅーはややー。お仕事は、それなりー。

今日も発表会。しかも二回。まだあと二回あるから合計五回もすることになる。

イヤとかじゃないけど、こういうときばかりは自分商流において随分と下流にいることを強く意識して落ち込んでくる。

なんか毎日毎日スマホゲームデイリーを律儀にこなすことが人生の役に立たないことに気付いたような気がする。

そもそもなんで僕はいつのまにかCygamesゲームばかりするようになったんだ?

マジでつの間にかなんだよなあ。

最初デレマスの好きな子に声が付いたから、コラボお空に打ち上がるみたいな時のために一応インストールしただけだったような気がするんだけど。

気付いたらデレマスよりグラブルに熱中してるし、プリコネ、ワーフリ、ドラガリウマ娘デイリーをこなしてるし。シャドバとセブストと神バハはログイン勢だけど何か気になることがあれば遊ぶし……

スマホゲー以外のゲーム全く遊ばないし……

あれ…… なんか…… 僕……

グランブルーファンタジー

ハード! マグナ! ローズクイーン! 直近古戦場マグナ2、六竜! つよバハ! アルバハ! カジノ交換! ヘイローPro!

……決められたことをこなして少しづつ強くなれる。

ゲーム現実と違って努力が報われる楽しい楽しいコンテンツなんだ!

毎月ストーリーも読めるし!

ウマ娘

今日も3回回し。デジタルクレーンゲームイベントを埋めたいのだけど中々難しい。

まずクレーゲームが発生するかしないかがメンドイ。

2021-09-30

「ツイステエアプ二次だけ摂取オタク」全員滅べ

ツイステというゲーム、覚えているだろうか

アニプレ黒執事の作者をメイン絵師に据え、ヴィランに焦点を当てた女性向けアプリゲーム

最初こそ何十億円もの売上を叩きだし、テレビでも取り上げられ、連日学級会が開催されそれはもう盛り上がった。

私のTLでもめちゃくちゃ話題だったし、連日絵も小説バンバン投稿され、pixivランキングがツイステで占拠されていた

その後、数々の不審からお空RPGを越える署名が集まったのも実は一年上前のことだ

マジで一年経ってるのになんの進展もない

で、今や億に届かない売上(Game-iとかいガバガバサイトを参考にして言うことではないが、推定値であってもFGOを超えていたのに…)

まらないキャラ格差(炎上不可避だろうけど、プロセカのユニット格差なんてこれに比べりゃマジで可愛いもんだと思うよ)

停滞しまくるメインシナリオに、初期勢には虚無でしかない長期間の復刻イベント&シナリオほぼゼロの虚無イベント(というか育成イベントとメインシナリオ配信新規シナリオつきイベント配信を同時進行できん理由って何?)

サービス開始から一年半経ったのに、いまだにイベントSSRゼロキャラクターや、恒常SSRすら未実装キャラクターがいる

そんな女性向けゲーム、他にある??あるならぜひコメントに残してほしい(いや本当にマジで)

一年半の現在、TLでこの話をする人はほとんどいない

時々「グッズ整理」と称して引退した人がキャラグッズを売りさばく様子だけが流れてくる

そして、最近見かけるのが「2次創作しかツイステを知らん」ユーザーである

正直彼女らは害悪

(こんな運営なんて滅んでサ終しちまえとは思っているが)課金どころかダウンロード数、アクティブ数にも貢献せず、曲解されたイメージだけのキャラを語る

正直滅んでほしい

ディズニーランドハロウィーンでツイステの仮装OKになったことを喜んだり、騒いだりしてる奴らツイートの締めくくりに「でもゲームはやったことない」が高確率でくっついている

ふざけんな

ついには「ジャミルアイドルオタ」「トレイは腹黒ヤクザ」「セベクはド天然キャラ」とかいう間違えまくったキャラ設定の二次創作も登場していて本気で頭を抱えてしまった

ゲーム問題がある。それは本当にそう。

1ユーザーから見てもありえないクソ運営だと思うし、補填謝罪もしないどころか認めすらしないし、バグやら重大な欠陥も未だに多いし、ゲームのものも虚無過ぎてどの部分をメインに楽しめばいいのかわからない(根本的にUIすらゴミカスなのはよくないと思う)

でも、ミリ知らでキャラを語って楽しいか?

お前が愛してるキャラクターは誰だ?そんなキャラクターは存在しねえんだよ!!!

正直公式許可してるんだし、せめてYouTubeとかで上がってるシナリオやらキャラクターストーリーのまとめ動画見ろ

コミカライズ単行本も発売されたんだから買え

公式に金落とすやつがカッコいいとか、公式吸ってるやつの方がキャラ愛あるとか、そういうことじゃないんだよ

ツイステに関してだけは

ゲームダウンロードすらしなくても

クソみたいな調整で攻略めっちゃ難しいボスキャラ戦やらなくても

実質青天井ガチャをぶん回さなくても

虚無を回し続けてカード育成しなくても

ぶっちゃけ一円も出さずに

公式を吸えるんだよ!!

いや誇張でも比喩でもなく、本当に!!!

お前らがやってんのはキャラクター陵辱だし、キャラクターに対する侮辱行為だぞ…

なんでそんなことができるん?全く理解できないし私の視界に入らなくても存在迷惑なので今すぐ滅ぶか公式を吸え

ブコメありがとう

エロ同人から入って沼る例は理解できる

でもそういうやつはそっから本家情報かき集めるじゃん…

でも「原作問題があるから本家にはお金落とさないし作品内容も推しキャラのことも知る気ないけど愛してるよ!」って姿勢害悪なんだよ…

あとこれは学級会じゃねえわ

ここは増田

これは個人的呪詛だよ

2021-09-12

名も無き家事とやらに私はいいたい

「夫は仕事が忙しくて(家事をろくすっぽしないのです)」と、あなたは言う。

仕事が忙しい」というのは、いったい、どういうことなんであろうか。

夫は朝から晩まで、パソコンに向かってカチカチカチカチなーにしてんのか。

忙しいというのは、つまり、目に見えないほど細かく小さく取るに足らないタスクが、さばききれないほど存在するということ。そして毎時毎秒、増え続けている状況だ。

取るに足らないタスクが1つあるとする。

なんかの集計をエクセルで整える、みたいな。

10分で済まようぜなみたいな。

しかし実際に触ってみると、

微妙に不ぞろいな項目名をちくちく直したり、

直す際に正確な名称をちくちく調べ、ちくちくコピペし、ちくちく再チェックし、ようやく整える作業に入り、

終わったと思ったら後輩に頼んだもう一方のエクセルが、不ぞろいなままだったことに気づく。

非難しているニュアンスを入念に排して後輩にメールで聞いたり、

そしたら「確認しました。問題ございません」と返ってきたり、

いや問題あるから聞いてんだろガッデム。

人を傷つけたいな、誰か傷つけたいな、だけどできない理由は、やっぱりただ自分が恐いだけなんだな…Uh…

といったことが、「エクセル作業」と6文字表現される中に詰まっている。


名もなき仕事

仕事の大半は、名も無き仕事だ。

だれでもできる、取るに足らない、そして誰にも知られないタスクの集積。

それが仕事だ。

そもそも別にやらなくてもいいのかもしれない。

ていうか、頭のいい偉い人が「そもそもこの事業いらないんじゃね」と言う可能性はつねにあるし。うすうすそんなん現場は分かってるし。

話がずれた。

家の外の仕事だろうと、家の中の仕事だろうと、仕事なんてのは担当者しか見えない細かいタスクの集積なんだよ。

違うのは、「私がやっていることが認識されていない、褒めてもらえない」と喚いたら、外の仕事では、じゃああなた要らないって、言われるんだよ。


人生は名も無き仕事の集積よ。


青いお空のそこふかく、

 海の小石のそのように

 夜がくるまでしずんでる、

 昼のお星はめにみえぬ。

    見えぬけれどもあるんだよ、

    見えぬものでもあるんだよ。

 ちってすがれたたんぽぽの、

 かわらのすきに、だァまって、

 春のくるまでかくれてる、

 つよいその根はめにみえぬ。

    見えぬけれどもあるんだよ、

    見えぬものでもあるんだよ。

2021-08-25

anond:20210825130933

お空の~、色は、どんな色っ♪テレレッテーテーテテー

2021-08-06

anond:20210806124745

輸出はしてるやで、パズドラかいくつかある

ただ輸入はもう無理、ここ1週間以内にFGOのソロモン映画公開、6周年で☆5鯖配布と福袋、2部6章完結編公開、派生料理作品ダウンロードコンテンツ アーケードでもじゃんじゃん新規配布やコンテンツ こんなん普通に溺れ死ぬ コラボなんかやってる暇ない

輸出しなくてもなんかこっそりコピられてるな~ってのは思う おなじような設定におなじような声優

お空アテナとかジャンヌとかけっこう当て込まれてる気が

2021-06-07

動物YouTuberが、ペット死んですぐに新しいペットをお迎えするの嫌い

インコ動画なんやけど。

インコ日常を上げてるYouTuberが、長年やってるとお空に旅立ちましたっていう動画を上げる時が来んのよ。

そら生き物やから死ぬ時は来るし、寿命から考えてもおかしくないねん。

それでひと月ぐらい立つと、新しい子をお迎えしましたって動画を上げる神経がわからん

なんかめっちゃ不謹慎な感じする。

2021-02-15

流産手術してからメンタルぐずぐずでしんどい

妊娠3ヶ月目にお空へ旅立ってしまった。

2年ほど不妊治療してやっと授かった子。

1度心拍確認できたものの、その後すぐ止まってしまった様子。

同時期に妊娠した友人は順調に妊婦生活をしている。

おめでたい気持ちはあるけど、SNSでその子妊娠経過を聞くたびに胸が苦しくなる。

からSNSは全部消した。

これ以上私の心がざわつかないように。

でも意味なかった。

消す前の最後に見た「はじめて胎動感じた」というツイートパンチが強すぎて瀕死に近い状態だった心が完全に死んだ。

私のお腹はもう空っぽ

私も胎動感じたかった。

元気な赤ちゃん会いたかった

術後からメンタルぐずぐずだったけど、そこからさらにしんどくなった。

のしんどい波はいつ治るんだろう。

ツライ

2021-02-10

お空キレイすぎてワロタwwwww

夕焼け赤すぎワロタww

夜が始まる前のグラデーション美しすぎワロタwww

暗くなったら星が瞬きだしてワロタwwwwww

労働疲労した心が浄化されててワロタwwwwwwwww

結局どんなにつらい現実もこの空の美しさまでは侵せねえんだよな

孤独疲労もこの空までは黒く塗りつぶせねえんだよな

何十年生きても自然の美しさを理解する心は喪いたくねえ

ジジイになっても空を見て笑いてえ

俺は負けたくねえ 下だけは向かねえ この現実に打ち勝ちてえ

俺は明日からも闘い続ける

2020-12-21

コロナ妖精

遠方に住む部活の先輩の家で、コロナ陽性者が出た流れが、うわぁ…って流れでお空を見上げてる

先輩は30代なんだが、数ヶ月前から今月頭に旅行する予定で予約をしていた。

しかし、旅行先に感染者が増えてきたこと、同居する父親から反対されたこともあり、キャンセルをした。

一方、近くで感染者が増えてきたにも関わらず、当の父親は行きつけのスナックで楽しくカラオケ大会

そして濃厚接触者になり、陽性という流れらしい。

食事会をする政治家といい、人には指図するくせに、自分を棚に上げるやつってどうしてこんなにいるんだろう

2020-11-06

雨が振りそうなのだ

かっぱが泣いてるのだ

パイの実を買いに行きたいからもうちょっとお空さんがんばってほしいのだ

2020-10-24

anond:20201024221402

自由落下なら重力加速度ビルの高さから着地時の速度は求められるよね

お空抵抗無視される模様

2020-10-15

流産した

初期だったけど、もう一週間以上経つけど、死んでしまいたいほど悲しくなる時がある。

妊娠出産奇跡?そんなわけない。

だって大多数は普通に妊娠して普通に出産してる。

どう考えても流産する方が珍しい。

あーあ。

赤ちゃんお空忘れ物を取りに行ったとか気色の悪いスピリチュアルな話は要らない。

みんなが普通にできることが私の体では出来なかったと言う事実、ただそれだけ。

増田結婚式前にさ、義弟夫婦妊娠たからっつって、増田の式の1ヶ月前に自分たち結婚式ねじ込んできたんだよ。

その時も文句わずに黙って我慢してたのにさ、義弟夫婦赤ちゃんは元気に生まれ増田はその三日後に初期流産だとよ。

この間義弟夫婦のために出産祝い贈ったよ。増田流産したのに。

何これ?死にたい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん