「ギャラクシーエンジェル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ギャラクシーエンジェルとは

2020-04-26

アニメ708

2019年

ケムリクサ、鬼滅の刃、まちカドまぞく、私に天使が舞い降りた! 、彼方のアストラかぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~、天気の子、慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~、Dr.STONE劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ

2018年

ゆるキャン△宇宙よりも遠い場所ゾンビランドサガ 、からかい上手の高木さん、SSSS.GRIDMAN

ヒナまつりゴブリンスレイヤー

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風ハイスコアガールウマ娘 プリティーダービー

2017年

けものフレンズメイド イン アビス月がきれい宝石の国賭ケグルイプリンセス・プリンシパル少女終末旅行小林さんちのメイドラゴンアホガールリトルウィッチアカデミア(TV)

2016年

君の名は。この世界の片隅に

僕だけがいない街響け!ユーフォニアム2 、ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 、あんハピ♪この素晴らしい世界に祝福を!ふらいんぐうぃっち競女!!!!!!!!この美術部には問題がある!

2015年

Go!プリンセスプリキュア響け!ユーフォニアムワンパンマン

のんのんびより りぴーとガールズ&パンツァー 劇場版監獄学園アイドルマスター シンデレラガールズ干物妹!うまるちゃんオーバーロードご注文はうさぎですか??(第2期)

2014年

SHIROBAKO月刊少女野崎くんばらかもんジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 、ご注文はうさぎですか?ピンポンシドニアの騎士一週間フレンズ。ソードアート・オンラインIIベイマックス

2013年

進撃の巨人のんのんびよりキルラキルみなみけ ただいま(第4期) 、ラブライブ!(第1期) 、ガンダムビルドファイターズはたらく魔王さま!私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。ちはやふる2

2012年

氷菓ガールズ&パンツァーAnotherジョジョの奇妙な冒険 THE ANIMATION、PSYCHO-PASS

男子高校生の日常坂道のアポロン謎の彼女XTARI TARI新世界より

2011年

魔法少女まどか☆マギカSTEINS;GATEちはやふるうさぎドロップあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。TIGER & BUNNYゆるゆり日常(TV) 、Fate/ZeroTHE IDOLM@STER

2010年

涼宮ハルヒの消失侵略!イカ娘けいおん!!(第2期) 、四畳半神話大系WORKING!!(第1期)、荒川アンダー ザ ブリッジB型H系トイ・ストーリー3おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 、探偵オペラ ミルキィホームズ

2009年

化物語ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破、とある科学の超電磁砲レールガン> 、けいおん!フレッシュプリキュア!続 夏目友人帳鋼の錬金術師 FULLMETAL、ALCHEMISTGA 芸術科アートデザインクラスサマーウォーズ君に届け

2008年

とらドラ!ARIA The ORIGINATION CLANNAD ~AFTER STORY~、夏目友人帳コードギアス反逆のルルーシュ R2喰霊-零-true tearsマクロスF -マクロス フロンティア-、ストライクウィッチーズ狼と香辛料

2007年

天元突破グレンラガンみなみけ瀬戸の花嫁おおきく振りかぶってef -a tale of memories. 、電脳コイルDARKER THAN BLACK -黒の契約者-らき☆すたひぐらしのなく頃に 解 、CLANNAD -クラナド-

2006年

銀魂コードギアス 反逆のルルーシュ涼宮ハルヒの憂鬱時をかける少女桜蘭高校ホスト部DEATH NOTEひぐらしのなく頃にKanon吉永さん家のガーゴイルうたわれるもの

2005年

AIR (TV) 、蟲師交響詩篇エウレカセブンARIA The ANIMATION魔法少女リリカルなのはA's、ガン×ソード (GUN×SWORD)、増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和フルメタル・パニック! - The Second Raid -、かみちゅ!ぱにぽにだっしゅ!

2004年

ローゼンメイデンケロロ軍曹

エルフェンリート魔法少女リリカルなのは舞-HiMEブラック・ジャックサムライチャンプルーメジャー (MAJOR) 、ファンタジックチルドレン蒼穹のファフナー

2003年

カレイドスタープラネテス (ΠΛΑΝΗΤΕΣ) 、フルメタル・パニック? ふもっふ鋼の錬金術師無人惑星サヴァイヴLAST EXILEガングレイヴ魁!!クロマティ高校クロノクルセイド - CHRNO CRUSADE -、キノの旅

2002年

あずまんが大王 THE ANIMATION 、灰羽連盟攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX十二国記ラーゼフォンフルメタル・パニック!クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国合戦、OVERMANキングゲイナーあたしンち最終兵器彼女

2001年

スクライドヒカルの碁フルーツバスケットギャラクシーエンジェルジャングルはいつもハレのちグゥしあわせソウのオコジョさんクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 、ちっちゃな雪使いシュガー星のカービィR.O.D

2000年

学校の怪談はじめの一歩幻想魔伝 最遊記、だぁ!だぁ!だぁ!、ヴァンドレッドフリクリグラビテーションGEAR戦士電童ドラえもん おばあちゃんの思い出、アルジェントソーマ

1999年

デジモンアドベンチャー∀ガンダムハンター×ハンター(1999年版) 、無限のリヴァイアスゾイドサイボーグクロちゃん、The ビッグオーデ・ジ・キャラット、仙界伝・封神演義おジャ魔女どれみ

1998年

カウボーイビバップカードキャプターさくら頭文字Dポケットモンスター ミュウツーの逆襲、ブレンパワードセクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんトライガン星方武侠アウトロースタードラえもん 帰ってきたドラえもんヴァイスクロイツ

1997年

少女革命ウテナ剣風伝奇ベルセルク吸血姫美夕もののけ姫勇者王ガオガイガー、中華一番!サクラ大戦新機動戦記ガンダムW Endless Waltz名探偵コナン 時計じかけの摩天楼ジブリ実験劇場 On Your Mark

1996年

機動新世紀ガンダムXるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-、機動戦艦ナデシコ天空のエスカフローネ機動戦士ガンダム 第08MS小隊クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険地獄先生ぬ~べ~逮捕しちゃうぞ、爆走兄弟レッツ&ゴー!! 、こどものおもちゃ

1995年

新世紀エヴァンゲリオン新機動戦記ガンダムW耳をすませばふしぎ遊戯スレイヤーズロミオの青い空NINKU -忍空-、GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊怪盗セイント・テールぼのぼの(TVシリーズ)

1994年

機動武闘伝Gガンダム魔法陣グルグルマクロスプラス、マクロス7、赤ずきんチャチャママレード・ボーイ覇王大系リューナイト魔法騎士レイアースブルーシード勇者警察ジェイデッカー

1993年

SLAM DUNK機動戦士Vガンダムゴーストスイーパー美神忍たま乱太郎無責任艦長タイラーぼくの地球を守って海がきこえる、蒼き伝説シュートジャングルの王者ターちゃん勇者特急マイトガイン

1992年

幽☆遊☆白書クレヨンしんちゃん美少女戦士セーラームーン紅の豚ママは小学4年生3×3EYES南国少年パプワくん姫ちゃんのリボンジャイアントロボ THE ANIMATION - 地球が静止する日 -、電影少女 (ビデオガール)

1991年

機動戦士ガンダムF91新世紀GPXサイバーフォーミュラドラゴンクエストダイの大冒険絶対無敵ライジンオー機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー 、きんぎょ注意報!、人魚の森太陽の勇者ファイバードドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強、少年アシベ

1990年

ふしぎの海のナディア銀河英雄伝説NG騎士ラムネ&40、ロードス島戦記 (OVA版) 、勇者エクスカイザー 、キャッ党忍伝てやんでえ雲のように風のようにドラゴンボールZ たった一人の最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父~ 、三つ目がとおるまじかる☆タルるートくん

1989年

ドラゴンボールZ機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争魔女の宅急便らんま1/2機動警察パトレイバー(TV) 、YAWARA! - ヤワラ! -、ドラゴンクエスト 勇者伝説悪魔くん機動警察パトレイバー 劇場版ファイブスター物語

1988年

となりのトトロトップをねらえ!機動戦士ガンダム 逆襲のシャアAKIRA -アキラ-、キテレツ大百科火垂るの墓魔神英雄伝ワタルそれいけ!アンパンマン美味しんぼ魁!!男塾

1987年

CITY HUNTERミスター味っ子王立宇宙軍 オネアミスの翼きまぐれオレンジ☆ロードエスパー魔美機甲戦記ドラグナーアニメ三銃士破邪大星ダンガイオードラえもん のび太と竜の騎士愛の若草物語

1986年

天空の城ラピュタめぞん一刻聖闘士星矢ドラゴンボール機動戦士ガンダムZZドラえもん のび太と鉄人兵団、宇宙船サジタリウスウインダリア銀牙 流れ星銀、マシンロボ クロノスの大逆襲

1985年

機動戦士Zガンダムハイスクール!奇面組タッチ蒼き流星SPTレイズナーダーティペア銀河鉄道の夜ドラえもん のび太宇宙戦争メガゾーン 23戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー超獣機神ダンクーガ

1984年

風の谷のナウシカ世紀末救世主伝説 北斗の拳超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか名探偵ホームズドラえもん のび太魔界冒険うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー重戦機エルガイムガラスの仮面巨神ゴーグ魔法の妖精ペルシャ

1983年

装甲騎兵ボトムズ聖戦士ダンバイン魔法の天使クリィミーマミキン肉マンドラえもん のび太の海底鬼岩城 、はだしのゲン銀河漂流バイファム 、CAT'S EYE、スプーンおばさんキャプテン

1982年

超時空要塞マクロス魔法プリンセスミンキーモモドラえもん のび太の大魔境、スペースコブラ戦闘メカ ザブングルパタリロ!逆転イッパツマン太陽の子エステバンセロ弾きのゴーシュさすがの猿飛

1981年

うる星やつらDr.スランプアラレちゃんじゃりン子チエ太陽の牙 ダグラムヤットデタマン戦国魔神ゴーショーグン、おはよう!スパンク、忍者ハットリくん最強ロボ ダイオージャ銀河旋風ブライガー

1980年

伝説巨神イデオン、ドラえもん のび太の恐竜 、ニルスのふしぎな旅トム・ソーヤーの冒険あしたのジョー2、無敵ロボ トライダーG7タイムパトロール隊オタスケマンとんでも戦士ムテキング釣りキチ三平、おじゃまんが山田くん

2020-03-23

ファンを名乗っていいライン

よくわからない。マウンティングされたくないからこういったことを考えるのかもしれないが、やはりよくわからない。

きっかけは「SHOW BY ROCK!!」である

1期も2期も見ていなかったが、ましゅまいれっしゅが面白かったので前のも急遽見た。面白かった。

配信しているアプリはやっているが、前やってたやつはやってないし、ストーリーも曲もいまいちからない。当然、ファンを名乗る気にはなれない。

いつになったらファンを名乗っていいだろうか。

一端のアニオタであるつもりなので、ファンを名乗っていいと思う作品はあると思う。

実例を示す。

ギャラクシーエンジェルシリーズ

ゲームムーンエンジェル隊の三作は全部所持、クリア済み。

アニメエンジェル隊の計4期までは全部視聴済み、ただしディスクは持っていない。

小説はそれなりに持ってる。CDはほぼ全部持っているはず(少なくとも「持ってないCD」に出くわすことはほぼない)

ストライクウィッチーズシリーズ

全話視聴済み、メディアミックススピンオフ小説漫画は全て持っている。ブレイブも当然持ってる。

CDBDも全て所持。

刀使ノ巫女

全話視聴済み、BD所持、CDは全部持ってる。

書籍も全部持ってるし、ソシャゲサービス開始直後からずっとやってる。

どのくらいがファンを名乗って良いラインなんでしょうか。

2020-01-26

GAの好きなカップリング

ギャラクシーエンジェルでも

はてなブックマーカーが出演してる方でもどっちでもいいよ

俺が好きなのはミント×ランファか、キョージュ×レディジョーカー

2020-01-03

本当にいた困った人たち〈実名編〉

社会出会ったおかしな人たちのことを、この際、実名で書こうと思う。

 理由は以下の通り。

 ・この後の人生で、彼らとかかわり合うことはないだろうこと(憎まれても構わない)

 ・自分けが一方的被害を受けて、彼らがぬくぬくと生きながらえているのは不公平なこと

 ・おかし人物行為の知見を広めることで、世の中から同じようなことを減らすべき

 こういうことを書くと名誉毀損になるのではという疑問については、これらは事実で、パワハラ等の事例を共有することは公益を図る目的になるので、当たらない。

〈目次〉

平林久和

赤司俊雄・後藤志乃武

青山敏之

平林久和

 ウィキペディア

 ゲームアナリストと名乗ってゲーム関係記事執筆などをしていた人。

 2006年頃、アルゼ(現ユニバーサルエンターテインメントというパチスロ会社の子会社管理職をしていた。アルゼはその頃ゲーム開発から手を引くことを決め、ゲーム開発部署社員が集められ、赤司(後述)を伴って平林から話があった。この話が無茶苦茶ものだった。

 ・PS3の売り上げが低調だ。ゲーム業界はもう駄目だ。

 ・かといってパチンコ業界もこれから縮小するといわれている。新しいことをしなければならない。

 ・例えばARMだ。これで携帯電話は飛躍的に処理能力が増える。そこに向けてコンテンツを作る。

 つっこみ所がたくさんある。

 まず、WiiニンテンドーDSの売り上げは好調だったのにそれに触れていない。PS3も出たばかりで、失敗と決めつけるには早計だったことは今からすれば明らかだ。

 ARMというのは携帯機向けのCPU設計図なのだが、調べてみるとゲームボーイアドバンスなどにも使われており、別段新しいものではない。しかしその場では誰もARMなんて知らないので、黙って聞くしかない(知ってる人もいたかもしれないが)

 ゲーム開発を止めたアルゼが、ARM向けのコンテンツ(何なのかよくわからないが)を開発するとも考えにくい。

 平林氏の無茶苦茶理屈は昔、雑誌ゲーム批評』で「ノーガード戦法」と書かれていた。あまりおかしいことを平然と言うので、何かの罠なのか? と警戒しているうちに時間が経ち、相手のペースでことが進むということだ。

詭弁

 このように平林氏は詭弁を多用する。それも大してうまくなく、初歩的な詭弁ばかり使う。

 他にこんな詭弁も使った。

◎「私はカプコン岡本吉起と同じくらいのゲーム業界歴だ」

 岡本氏は開発現場の人だが、平林氏はライターで開発に携わったことはない。比較対象にならない。しかしこう言うことで、岡本氏と同等の経歴があると思わせる。

ARMは大したことがないという意見に対して)「他の人にこの話をすると、みんな『凄いですね』と言うんだ。大したことがないと言うのはお前だけだ!」

 これは多数論証という詭弁。「みんな」を持ち出さないと説得できない時点で情けない。また、この「みんな」はおそらくお世辞だ。

■話術

 平林氏の話術は、最初はおとなしく話し始め、「PS3はもう駄目だ」と言うあたりで急に大声になり、割れそうな勢いでモニターバンバン叩くという、緩急をつけたものだった。

 これはヒトラー演説手法に似ている。夕方の薄暗くなる頃におだやかに話し始め、だんだん熱気を帯びさせて人々を暗示状態に持ち込み、クライマックスで手を突き上げ、大声を張り上げ、人々は熱狂する。もっと平林氏の大声では、その場にいた人たちは引いたのだが。

 プレゼン手法勉強したのだろうなという印象だった。それにより、言っている内容が無茶苦茶でも仕事が続けられているのだろう。

性格

 ただし一旦大声を荒げた後は興奮気味だった。その場に元ゲーム会社Tの人がいたのだが、その人に向かって「これからお前のあだ名はTだ!」などと言った。その人は憤然としていた。

 平林氏は水口哲也氏とネットラジオをしていたそうだが、水口氏に「お前のあだ名セガだ!」とは言わないだろう。

 明らかに目下で自分にとって何の利もない人物にはどれだけ酷いことを言ってもいいという、相手によって態度を変える人物だった。

一見したところ、洗練されていて聡明そうに見える。(……)多くの人から賞賛と注目、拍手喝采を集めたいのである

(……)浅くても広い知識他人受け売りではあっても新しい話題を用意している。評判の小説映画にも通じている。実際にそれを読まず、また見にもいかいなくても誰かに聞いた話を自分経験したように話す(……)

 自分をいつでも中心おいて考えようとする。相手を感心させるために、かなり手のこんだうそをつくこともある。(……)

(……)他人を利用することも巧みで、利用できると思ったものはいろいろな理由をつけて接近してもたれかかる。

(……)自分の目の前にいる人が、どういう人かと考える前に、自分に役立つ人かどうかを考えてしまう。相手のためを思うというよりは自分のことを考えるのである

(……)

(……)権力地位財産を持っているものに対しては見苦しいほど迎合する。


引用元:『好きと嫌いの心理学詫摩武俊講談社現代新書 pp. 186-188

 これは「ヒステリー性格」という性格説明文の一部だが、平林氏にかなり合うように思う。

 例えば平林氏のウィキペディアを見るとやたら立派そうな肩書が並んでいるが、具体的に何なのかはわからない。あのように自分を立派に見せる方策(はったり)だけは得意なのだ

■なぜ素直に話さないのか

 その場の話は、ゲーム開発部署人間に、アルゼグループとしてのゲーム開発中止の方針を伝えるものだった筈だ。ではなぜそれをそのまま伝えないのか。なぜゲーム業界はもう駄目だだの、ARMだのといった話をするのだろうか。

 思うに、上層部意向を下に伝えるだけだと、ただの中継点の役割しかいから、それが嫌だったのではないだろうか。自分は上の言いなりではない、自律した中間管理職だと言いたかったのだろう。

会社上下関係

 その場には関連会社課長クラスの人たちもいたのだが、平林氏がいくら無茶苦茶なことを言っても、黙って聞いているばかりだった。会社では上役がいくらおかしなことを言っても、逆らわずに従わないといけないものなんだなと思った。

 まるで軍隊だ。そんな独善的上下関係だったら、全国でパワハラ過労死が起きるのは当然だ。

■口先だけ

 平林氏は2008年頃にアルゼを離れたようで、ARM向けのコンテンツなるものは当然実現していない。「ゲーム業界はもう駄目だ」と言っていたが、今でもゲーム業界にかかわる仕事をしている。

 このように、発言がどれもこれもその場限りで空虚だ。それなのに仕事を続けられている。世の中には、このように口先だけで世の中を渡っていく人がいるんだなあと実感した。

赤司俊雄・後藤志乃武

 PC版『ギャラクシーエンジェル』・Xbox360プロジェクト シルフィード』のプロデューサーディレクター

 この2人に受けたのは完全にパワハラだ。

 以前から自分後藤から企画書を出せと言われていて、いくつか出していた。すると平林氏によるゲーム開発終了宣言の後日、企画書についての話し合いで、後藤が激高した。

 経緯はこんな感じ。

 ・後藤企画の疑問点について質問してくる

 ・自分は、それらはちゃんと考えがあってのことなので回答する

 ・すると後藤が急に「こんな企画は0点だ! いやマイナスだ!」と怒り出す

おかしなことを平然と言う

 聞くと、企画FPS視点ゲームなのだが、ダンジョン状なので上から視点2D(『デビルワールド』みたいな)で十分なのだと言う。

 しかしその理屈だと『DOOM』も2Dで良かったことになる。『DOOM』が2Dだったらあんなに売れたわけがない。

 赤司は「俺は天井のあるゲームは嫌いだ」と意味不明なことを言う。なんでも天井という要素があるなら、そこに敵が張りついているとかでそれを生かさないと意味がないのだと言う。

 それなら天井をぶち抜いて空にすればいいのだろうか。『ダンジョンマスター』や『ウィザードリィ』に天井に張りつくキャラがいないとしたら駄目なのだろうか。

 天井必然としてあるもので、要素としてあるものではない。

■会話が成立しない

 こちらはその点を指摘するのだが、後藤は完全に頭に血が上っていて聞く耳持たない。赤司はニヤニヤしている。赤司は社員たちに部署の閉鎖を告げるときもニヤニヤしており、常識が欠けていた。

 2人による「お前は無能だ」という罵倒が続いた。2人は上司で、数でも2対1とこちらが不利。この状況で言い返せるわけがない。

 自分企画書が優れていたとは思っていない。書く技術は低いし、いきなり書けと言われて書ける性格ではないし、そのとき会社の状況にも合わせないといけなかった。しかし2人の指摘はそれ以前に無茶苦茶だった。

 後藤の頭に血が上っていることを示すエピソードがある。

 自分企画の要素を説明する際に「この部分は過去ゲーム『E』のような~」という言い方をした。すると後藤は側坐に「Eなんてまるで駄目!」と吐き捨てた。

 自分は、Eの要素の一部を引用したと言っただけだ。それはEのゲーム全体の評価とは関係ない。Eは、一部は良いが全体としては駄目なゲームだった。

 しか後藤はそれを理解せず、Eの全体の評価の方に話を移した。頭に血が上っているから、「E? あんクソゲーを参考にしたら駄目に決まってる」と脊髄反射で考えたわけだ。このようにして論点がずれるのは、感情的人間との口論でよくあることだ。

自分の間違いを絶対に認めない

 その後は何を話したか覚えていないが、自分が何かを指摘すると、珍しく2人の耳に入ったようで、2人とも黙り込んだ。

 しばらくして赤司は「それはわかった」と言ったが、後藤はその日は最後まで口を開かなかった。自分の否を絶対に認められない性格

 そして次の日に後藤の放った台詞がまたとんでもない。「昨日はあれだけ話して、あれしかからなかったわけだろ!」。つまり自分後藤)の理解力は棚に上げて、お前の説明が悪いから話が長引いたと言いたいわけだ。ここまで見事な責任転嫁は他に見たことがない。

■威張る口実探し

 その後、解散が決まった部署は、よその会社部署ごと移転させてもらえないか打診することになった。

 すると2人は自分企画能力の低さをことさらに指摘し、企画課題をやるよう言ってきた。これはつまり、言うとおりにしなければ移転先が見つかっても連れて行ってやらないぞ、ということだ。従わざるを得なかった。

 そして1週間で企画10個出せとかいう指示に応じていたのだが、結局移転先は見つからなかった。すると2人は途端に企画課題はなかったかのように触れなくなり、「お前はこれからどうするんだ」と自分の進退に口出ししてきた。部署解散が決定しても管理職としての謝罪は何もなく、「今どきLightWave仕事なんかないぞ」「自営業なら名刺を作っておくものだ」と役に立たない自己満足レベル説教が始まった。

 つまりこの2人は「お前の企画力を上げてやる」とかのお題目は何でもよく、部署解散となって負い目を感じている自分たちが部下に対して頭を下げるのが嫌で、理由を見つけては説教マウンティングしていたのだろう。

 別の会社経営不振リストラされたことがあるが、最後給料を受け取りに行ったとき社長は隠れて出てこなかった。同じリストラでも上司によって態度が分かれるものだ。どちらも素直ではないが。

自分に酔う

 後藤による企画課題なるものはまったく役に立たなかった。提出したものに対してどうでもいいことしか言わなかった。

 例えば、ニンテンドーDS電子書籍を読むという企画を出す。すると後藤は「すでに電子書籍リーダーがあるが?」と言うのだ。当時はスマホタブレットKindleもまだなく、電子書籍リーダーは高価で普及していなかった。だからDSを廉価なリーダーにということなのだが、そんなことから説明しないといけないらしい。もし採用面接でこんな無能晒したら不採用だ。だがこのとき後藤採用する側に座っているから許されてしまう。会社いかバカバカしいものかわかる。

 そういう初歩的な質問をしてその後突っ込んだ質問をするのかと思えばそうではなく、それで話は終わり。

 それでいながら、最後には「教えるべきことは教えられたな」とか言っていた。自分に酔う奴だった。パワハラは「お前のためを思ってしごいてやってるんだ」という考えでされることが多いから、自分に酔う奴が多いのだろう。

発言録と人物

(長いので適当に読んでください)

後藤

 ◎自分を棚上げ

 ・「お前は声が小さいよ! 俺も赤司さんに声が小さいって怒られるけどさあ」……「俺も言われるけど」と断れば許されると思っているらしいが、それは甘えだ。そもそも声が小さくても相手に伝われば問題はない。

 ・「大学学部はどこを出たんだ」……自分大学を出ていない。大学を出ていない人物にこう聞くことがいかに失礼かは説明するまでもない。

 ・説教を受けた後に自分が退勤しようとすると「何か言うことはないか?」……何か反省言葉があるんじゃないか? と言いたかったらしい。陰湿脅迫じみた言い方。

 ・「お前の企画書には矛盾がある」と言って自分企画書を見せてきた。企画書としての体裁は整っているのだが、それにも矛盾がある。それを指摘するとごにょごにょ言い訳をする。他人に厳しく自分に甘い。

 ・企画には3つの新しい要素が必要だと力説するので、直近の後藤ゲームの3つの新しい要素を聞いた。すると嫌そうな顔をして「これは俺が聞いて感銘を受けた言葉なんだが……お前に響くかわからないが……他人のことよりも自分のことをどうにかすればいいんじゃね?」と言う。はあ? 自分のことを棚に上げて他人にどうこう言ってるのは今のあんただろ? 何言ってんのこいつ。ノーガード戦法か。パワハラをする人間思考いか支離滅裂かわかる。

 |

 ◎他人を見下す

 ・雑談では、口を開けば悪口しか出てこない。他社のゲームから外注の人から近所のカレー屋まで、あらゆるもの悪口対象になる。

 ・「人月がさあ……あっ人月ってわかる?」……ニヤつきながら2,3回同じことを聞かれた。相手知識を試すのが失礼なことは、上司取り引き相手に同じことができるか、と考えれば明白だ。

 ・隙あらば他人を見下そうとしている。散らばって欲しい乱数が高確率で同じ値が出るので「ゲーム中の乱数が偏る」と言ったら「乱数は偏るものだ。あっ、作ったことのない奴にはわからいか(笑)」と言われた。その後、同じタイミング乱数は同じ値が出るようプログラマー意図的に設定していたことがわかったが、後藤は謝らない。

 ・こちらを揶揄挑発する口調をするので怒ると、「その程度で怒ってたらディレクターは務まらないよ。下から突き上げは喰らうし」と言う。後藤が下から突き上げられるのは、まともに指標や予定を示さないからだ。挑発と一緒にするな。

 |

 ◎暴言

 ・「パチンコのヒット商品を作るなんて簡単だ」……パチンコの開発をしている人の前で同じことを言ってもらいたい。

 ・「殺すぞ」……重いのでExcelセキュリティを切っていると話したら言われた。Excelセキュリティをオンにしろという通達があったわけでもなく、同僚に「切ると速くなる」と聞いたので切っていたのだが。この発言は赤司も聞いていたが、何も注意しなかった。

 ・「お前は一度大手企画職に入った方がいいよ」……入れるならとっくに入ってる。こう言うことで「お前は大手には入れない程度の人間だよな」と再認識させる陰湿な嫌味。

 ・セガパソナルームの話になったら、理屈は忘れたが「あれは問題ない」と言い出した。本人はその後スタッフを連れて独立したのだが、スタッフの前で同じことが言えるだろうか。こちらの言うことにいちいち反論しないと気が済まないらしい。

 |

 ◎卑怯

 ・ゲーム開発の話で追いつめられると専門用語を使って誤魔化す。

 ・調べればわかる嘘をつく。部署は前の小さい会社から今の会社に吸収されたのだが、それは経営が行き詰まっていたわけではないと言う。しかし後日、今の会社IRに、吸収の際に相手方の負債負担したと書かれていた。

 ・「体験版なんか出しても売り上げに影響はない」と言う。そうなのかと思っていたが、その後『ゴッドイーター』が体験版を丁寧に出すことで売り上げを上げ、口から出まかせと判明。

 ・『プロジェクト シルフィード』は『ステラアサルト』の焼き直しなのだが、開発中は「ステラ~」の「ス」の字にも言及しなかった。代わりに全然似てない「エースコンバット」の話ばかりしていた。つまりステラアサルト』の焼き直しということを隠すためのミスディレクション(注意そらし)だった。

 |

 ◎自尊心が低い

 ・自分の話ばかりする。「俺は企画の立て方で悩んだことないから教えようがないな~」「俺はこうしてディレクターの座を手に入れた」「俺があとディレクションできるゲームは○本くらいかな」など、何でも自分に結びつけて説教をする。自分尊敬されてないと感じており、それが不満だったらしい。自慢話なんかする奴は尊敬されないということがわ Permalink | 記事への反応(9) | 21:12

2019-09-23

今更ながら『ギャラクシーエンジェル』とかいアニメを見たんだが

沢城みゆきってこの頃の適度に初々しい演技の方がよくない?

2019-06-07

綾波系の最強って誰?

ギャラクシーエンジェルヴァニラだと思う。

長門有希一般大衆向け、ファミリー向けって感じ。

綾波レイ自体概念を作ったオリジナルというだけで戦闘力は低い。

そう考えるとやっぱヴァニラだな。声がかないみかだし。

2019-03-05

anond:20190304114332

パッと思いついたのはギャラクシーエンジェルの「数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし」の回。

ギャラクシーエンジェルは割とどれも面白いし、そもそもこういう答えを求められているのかどうかわからんけど…。

配信とかしてくれないかなー。

2019-02-23

けものフレンズ2とケムリクサの関係は、2006年に放映されたギャラク

エンジェる~んと姫様ご用心関係を想起させる。どちらも監督シリーズの続編から外れ、オリジナルアニメ監督になったことが共通している。

 けものフレンズ2の6話で前作主人公かばちゃんが雑に扱われたことが話題となっているが、る~んでも同様のことをやらかしている。る~んはギャラクシーエンジェルの続編としてギャグ面白さを求められていたが、そのギャグがつまらなかったのでおおむね不評だった。それでも、前作主人公達のムーンエンジェル隊が登場すると煽っていたので、それを目当てに多くの人が我慢して視聴を続けていただろう。しかし、ムーンエンジェル隊はアニメ放映半ばにほんの少しゲスト出演しただけで、前作の勢いのあるギャグはまったく無く、その後の回でも特に面白くなることもなく終わっていった。ムーンエンジェル隊声優たちの「もう少し演じていたかった」「暴れたりてない」などの不満そうなコメントはまだネット記事に残っている。

 ちなみに、ギャラクシーエンジェルの主要スタッフによるオリジナルアニメという触れ込みで放映された姫様ご用心はたいして話題にならずに終わっていった。アニメ本編が地上波放送されていなかったのもケムリクサと共通している。しかし、ケムリクサは今後の展開に期待しているので、姫様ご用心とは比較したくない。

2018-10-20

モノクルヒロイン

クジラの子らは砂上に歌う13巻表紙のイティアたんを見て思ったのだけど、

モノクルヒロインって他にいる?

画像検索ではギャラクシーエンジェルフォルテだけ出てきた。

インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング別にモノクルじゃないのね。似合いそうなのに。

関連

白衣の女キャラhttps://anond.hatelabo.jp/20181004191724

2018-04-04

アニメ化に期待が膨らむ

最近一回アニメ化した原作の再アニメ化ブームのようである原作が足りないのであろう。

そうすると、昔アニメ化したけど失敗したあれとかこれ、ちゃんアニメ化したけど原作とは違う形になったあれとかこれ、大団円を迎えたけど物足りないあれとかこれ、原作の途中でアニメ化したのでどうも消化不良なあれとかこれの再アニメ化が大いに期待されるのである

ということでギャラクシーエンジェルゲームストーリーでのアニメ化をしてくださいなんでもしまから。ぼくをこの世界に叩き落としたミント・ブラマンシュちゃんフィギュア化されることだし、期待してもいいよね?

2018-02-09

anond:20180209162341

「心の一話」みたいなのは用意しておきたい感はあるな。

ギャラクシーエンジェルなら三期の「数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし」だ

ファンを名乗っていいライン

よくわからない。マウンティングされたくないからこういったことを考えるのかもしれないが、やはりよくわからない。

きっかけは「この素晴らしい世界に祝福を!である

1期は見ていなかった。2期が去年放送されるにあたって大急ぎで見た。面白かった。

2期も見て、結構好きな作品になったわけだが、友人からBDを借りてみたので、1銭も落としていない。

それどころか原作すら読んでいなかった。当然、ファンを名乗る気にはなれなかった。

しかし一昨日までのブックウォーカーセールで全巻揃えて、一気読みした。面白かった。

そろそろファンを名乗っていいだろうか。


一端のアニオタであるつもりなので、ファンを名乗っていいと思う作品はあると思う。

実例を示す。

ギャラクシーエンジェルシリーズ

ゲームムーンエンジェル隊の三作は全部所持、クリア済み。

アニメエンジェル隊の計4期までは全部視聴済み、ただしディスクは持っていない。

小説はそれなりに持ってる。CDはほぼ全部持っているはず(少なくとも「持ってないCD」に出くわすことはほぼない)


ストライクウィッチーズシリーズ

全話視聴済み、メディアミックススピンオフ小説漫画は全て持っている。

CDBDも全て所持。


ガールズアンドパンツァーシリーズ

全話視聴済み、OVA劇場版BD所持、TVシリーズ未所持。

メディアミックスは持っていないものと持ってるもの両方。

CDのたぐいはそれなり。


どのくらいがファンを名乗って良いラインなんでしょうか。

2018-01-18

生きているのがしんどい

生きているのがしんどいと思い始めて、多分だけど15年とか経っている、ちょっとした消えたがりの散文が、つらつらと下に書いてある。

時間がある人はちょっとだけ読んでほしい。そして何か、少しでも意見が欲しい。いろんな考えが知りたい。でも、かなり怖い。

いや、読むのは時間を持て余した人だけでいい。かなり端折って書くけれど、15年くらいの時間を書いていく。きっと恐ろしく長くなる。なんか流行りだからここに書いたけど、きっと読む人は片手ほどで、その中でコメントを残す人を期待するのも間違っているんだろうけれど。なんてったって散文だし読みにくい。

でも、誰でもいいから話を聞いてほしい。私かうすればよかったか、これからどうすればいいのか。無責任で構わないから教えて欲しい。

初めて消えたいなと思ったのは5歳くらいだったと思う。6歳だったかもしれない。

親の都合で転園してきた先で同じ園の女の子に仲間はずれにされた。

ぼんやりしか覚えてないけど転園する前も、仲良くしていたのは女の子ひとりと男の子ひとりだけだったから、昔からまり好かれるような子じゃなかったんだろう。多分、すごく生意気子供だったから。

みんなが可愛いお姫様ごっこセットをつかって、私はなんか地味な、柄のないスカートだけ渡されて、「それもお姫様から使えばいいじゃん」って。キラキラの、可愛い模様がついたフワフワのスカートを我が物顔でつかいながら、私に言うのだ。

先生が「順番ね」と注意をして、真ん中くらいの順番を手に入れたけど、気づいたら割り込みされて最後になっていた。

私の順番は回ってこなかった。

その時に、私はここにいてはいけないんだなと思った。いる価値がないというか、いる事の方がおかしいと言うか、そんな感じ。転園してきた訳だから、仕方ないけれど。それで、早くここから消えてしまいたいと思った。

その時、唯一できた友達は、多分友達じゃなかった。

あれ持ってきて、これ持ってきて。何かを持ってこないと仲間に入れてあげない。そういうことを言って来る子だった。パシリにされていた。

でも、パシリでもすれば一緒に遊べたから、喜んで従った。あまりいいこととは言えない。けれど、一人で積み木で遊ぶよりずっとマシだった、消えなくてもいいと思った。頼られているのだと錯覚した。

小学校に上がって、ランドセルを買い与えられた。普通赤色じゃなくて、少しくらい、ワインレッドランドセル

母親はなんでピンクとか真っ赤じゃないのって言われたけれど、ワインレッドが可愛かった。ランドセルの蓋の裏が、赤系のチェックでとっても可愛かった。気に入りだった。

パシリはまだ続けていた。というか、パシられることが普通だった。

小学生になって、一緒に登下校をするようになった。

なんで変な赤色なの?って笑われた。

それを「可愛かったから」と言ったけど、それは可愛くない!こっちが可愛い!と言われた。多分、その子達に「センスがない」という判定を受けたんだと思う。

パシリにされてて、さらセンスもない。なんとなく流れで、みんなよりも立場が下だった。

ジャンケンランドセルの持ち合いをした時、他の子が負けたらみんなで持ち合いっこするのに、私が負けた時だけ全部持たされて、持つ距離も長かった。挙句、置いてかれた。前に進んでも誰もいなくて、置いていかれたんだと泣いた。おうちも少しだけ離れた同級生の重いランドセル5つを持って、道の真ん中で泣いた。泣いて数分たったら、なんだか自分のことが惨めになって、どこか誰もいない、遠いところに行きたくなった。結局はその子たちが戻ってきて、どうにかなったけれど。

小学2年生になって、夏休みで転校した。どことも知らないところだった。でも、一番長く住んでいたし、今の友達大学友達を除いて全部小中高で一緒に過ごした子だ。それまでに比べてとても恵まれていて、いい友達だと思う。一人一人が唯一無二の友達だとおもう。

でも、友達がいても、残りの4年半はいじめられて過ごした。

最初は多分「遠いところから変なやつが来た」っていう理由それから訛りが違う。あとは真面目ぶってる。オタク父親の見ていた深夜アニメを一緒に見ていた。デ・ジ・キャラットとか、ギャラクシーエンジェルとか。今でも大好きだ)であること。あと態度が生意気。たぶんこの生意気って言うのは、生意気だという子の都合が悪いことを「誰にも言うな」と言われても担任にチクッたからだと思う。自分あんまりにも理不尽だと思ったことは黙っていられなかった。多分、そういう意味では「いい子」ではなかった。

でも、石を投げられて先生に報告したら睨まれるって、おかしいじゃん。石投げる人の方が酷い。チクった私が悪いのか。

多分悪くは無いんだけど、こどもの世界ではご法度だっただけ。けれど、それがどうしても辛かった。おかしいと言ったら「お前の方がおかしい」と言われてすごく辛かった。ここにいたくないと思った。

親に「ここの学力は低いんだから、90点以上取らないとダメだよ」と言われた。頑張って100点とっても褒められなかった。周りからは「勉強もできるっていう自慢か」と妬まれた。

言っておくけど1番を取れたことは無い。せいぜい10とか20とか。自分ではすごいと思った。100人近くの1020って凄いじゃん。って。でも親にはそれじゃダメときつく言われた。ちょっと点数が下がったらお小遣いを減らされた。

生きているのがしんどかった。でも頑張らないと、価値がないと思った。

中学に入って、小学校の時みたいな勉強をしていたら、順位が真ん中よりも下の、後ろから数えた方が若干早い場所になった。その時に「さすがにやばい」と思って、塾に入りたいと言った。一人でする勉強限界を感じていた。

下がった順位を元に戻したら「当たり前だ」と言われた。

中学では部活に入っていた。周りはみんなキラキラしているのに自分だけ見ずぼらしく感じた。部活に入ってすぐ、どうしてかレギュラーに選ばれた。自分初心者で、周りには小学校の時から続けていた人がいたのに、自分担当に人がいないからという理由レギュラー入りした。初心者なりに練習した。練習中、何度も泣きそうになった。でも自分が頑張ることがこれからに繋がるとおもった。最後までやりきったあとに残ったのは「初心者なのにレギュラーに選ばれた変な人」だとおもう。若干避けられてたし、自分も周りにどう接していいかからなかった。ここで必要とされていないとさえ感じて、練習サボりがちになった。先輩からは、嫌われていたと思う(練習をサボったから当たり前だ)。同級生からもよくは思われていなかったと思う。

部活同級生から「〇〇先輩はあなたと同じように生徒会もやって部活もやって成績もいいのに、なんであなたは同じことが出来ないの」と言われた。生徒会が忙しくて休みがちになっていた。そんなの言い訳だと怒られた。それでも暇を見つけて部活に行っていた。それでも怒られた。今消えてしまえば楽だろうけど、消えたら迷惑をかけるなと思って、最後まで頑張った。意地汚く残り続けた。高校進学は「〇〇高校の□□学科じゃないと、ご飯作らないから」と言われた。当時、高校授業料無償化されていたから、ご飯を作らないになったのだろう。端的にいうと「親の希望に添えなかったらお金は渡さないし育てないから」といわれたのだ。必死になって、どうにか合格した。合格したけれど、自分学力じゃ、高校勉強は厳しいなと感じた。もう一つの学科自分レベルに合っているとおもった。でもそこでは絶対ダメなのだという。辛くなるんだろうなと感じたけれど、それでも合格したのだから通うと決めた。

高校に入って、それなりの地位をもてたと思う。部活は変わって、生徒会には入り続けた。その部活がいわゆるパソコンをいじる様なもので、関連分野で色々頼られた。今度はパシリみたいなのではなく、よく巷で話題になる「絵をかけるならちょちょいっと描いてよ」の類でもない、本当の意味での「頼り」だった。

得意分野を持つということは自分自力で立つことのできる力であると、その時感じた。普段だったら近寄れない、スカートを曲げて薄く化粧をした、クラスの人気者と話せる。そういう立場をその時手に入れた。

多分、高校生の時が一番、生きていて楽しかったと思う。みんなが私のことを知っていた。それに対する恐怖もあったけれど、決してマイナスではない視線は「自分はここにいていいんだ」と思える自信に繋がった。

大学は推薦で入った。センター前に決まって、受かるとは思わなくて、とても喜んだ気がする。

クラスメイト合格を伝え、「あの〇〇か!?」「嘘ついてるわけじゃないよね!?」と言われながらも喜んでくれた。学校先生もとても喜んでくれた。自分の妹も、私よりも喜んで泣いてくれた。

母親合格たことを報告したら、おめでとうよりも先に「お金がかかるなぁ」と言われた。

正直なところ、大学に進むことについては消極的だった。高校に入った直後は専門学校に入りたいと思っていた。でも父親は「進学するより働け。進学するなら国立じゃないとだめだ」と言われた。だから専門学校を諦めた。中学生の予想通り高校勉強はつまづいてしまって、学科では後ろから数えた方が本当に早いくらい、勉強はできなくなっていた。どれだけやっても勉強が伸びなかったから、早い段階で部活シフトチェンジした。そんな経緯があったから、大学は行かないで高卒で働くかなとなんとなく思っていたら、母親が「高卒で働くより大学に行ってほしい。私立じゃ学費は出せないけれど」と言ってきた。これに逆らうとまた何か言われるんだろうなと思って、とりあえずやるだけやってみることにした。でも、勉強はできなくなっていたから、模試はどこも最低判定。ただ、推薦でチャンスがあるところがあったから、一かバチかで受けてみた。これでダメなら学力じゃ到底叶わないから、就職をしようとおもった。部活の成績がよかったから、それで受けた。

そうしたら受かった。奇跡だと思う。なにかの間違いじゃないかと思ったが、それでも受かったら嬉しかったのに、おめでとうもなく「お金がかかるなぁ」しか言われなかった。

誰が国立に行ってほしいと言ったのだと、その時は悲しくて悲しくて仕方がなかった。

こんなの傍から見たら「親の言う事しか聞いていないからそうなる」と思うのだろう。私もそう思う。

けれど、高校受験の時に「お金さないよ」といわれ、大学受験に「国立しか認めない」と言われ、受かったら「お金がかかるなぁ」。反抗するなら自立しろ、親に頼るな。

それでは何をすれば良かったのだろう?

奨学金は申し込まなかった。心のどこかで受からないなと思ったし、親の収入などの関係で、ほんの少しだけ規定より上回っていたから受かるわけもなかった。し、なんとなく大学に入れても、やめてしまうかもしれないなと思ったのもある。とにかく奨学金は取らなかった。だから親に学費を払ってもらうことになる。お金がかかるのは、百も承知だった。

でも、まさか合格おめでとう」よりも先に「お金がかかるなぁ」だなんて。なんだか悲しくなった。受けるのをやめた方が良かったのではないかと後悔した。

何より、ひたすら「お金がかかる」とい割れるのが嫌で、消えてしまいたくなった、なんのために頑張ったのだろうと、ひたすらに悩んだ。

大学に入るまで、そして入ってからお金がかかると言われた。言われ続けた。

大学に入ってしばらく経った頃、仕送り勝手に減らされた。1万円も減った。バイトをやりながらも結構ギリギリで頑張っていたのに、なんの前触れもなく減らされた。

なんで仕送り勝手に減らしたの?せめて減らすなら前もって言ってよと親に言った。そしたら、「元々この金額だったでしょう?」といわれた。頑張って節約しながらも生きていたのに、あたかも「余分にお金をねだっている」風にされたのがひどく苦痛だった。

その年の夏、節約しなきゃとおもい、電気代をとにかく節約した。外に出るようにしたり、電気をつけなかったり冷房をつけなかったりした。

その月の電気代は1,500円もしなかった。

純粋に、自分すごいとおもった。

こんなに節約頑張ったよ!と母親にいったら、「もっと節約できるでしょ」と言われた。

電気をつけず、テレビもつけず、パソコンもつけず、ご飯はまとめて炊いて冷蔵庫に保管して、一瞬だけ電子レンジでチンする。冷蔵庫も止めてしまうと食べ物が保管できないから。そんな最低限だったのに、もっとと言われた。

馬鹿らしくなった以上に、親から私は「ただただお金のかかるダメな長女」だったのだろう。お金がかからなければかからない方がいい。そんな認識だったのだろう。

こんなに頑張っても文句を言われることに、自分が生きている意味とはなんだと問いたくなった。

答えは出なかったから、ただただ消えたくなった。

どう生きていてもお金がかかると言われて、生きているのがしんどくなった。我慢するのがバカバカしくなった。

バイトはしていた。学校に慣れるまで、夏休み前後から始めたいといったら、それでは困ると言われて5月くらいから始めた。バイト先の先輩に厳しくされて、辛いと嘆いたら「みんなそんなもの」と取り合ってくれなかった。辛かった。

そういうことも含めて、たまにTwitter愚痴を呟いていた。愚痴をいうと今まで仲良くしてくれた人が、なんでも話せた人達が「自分の方が辛い」と言い始めた。自分の方が不幸合戦が始まって、私の「つらい」が軽くあしらわれた。次第に愚痴を言えなくなった。私だけ「辛い」が軽くあしらわれるのが辛かった。

頑張って大学に通った。頑張ってレポートを書いても単位が取れなくて、好んでとったパソコン系の授業を始め、授業に出ると頭痛が激しくなったり、気分が悪くなったりした。1年間くらいだったと思う。でも、お金をかけてもらっているから行かないといけないと、頑張った。

しばらく立って新学期になった。自分の妹が私立大学に入った。

母親は、私立入学するのを許したらしい。

どうして?という気持ちがすごかった。父親が許したのかという疑問もあったのだが、早々にほかの選択肢を諦めた私とは違って、妹は頑張って説得したんだなと思ったら、それは認めてあげるべきだと思った。合格たことは喜ばしいことだし入学も喜ばしいから、合格おめでとうと、素直に伝えた。

しばらくして、父親入学を許していないということが分かった。それで父親に「お前も加担したんだろう」と責められた。私は何も知らなかった。

なんで私が責められているんだろうと、つらくてつらくて。消えてしまいたいと思った。私から奪われた仕送り1万が、妹の入学金や学費になるんだなと思うと、なんとも言えない感情が湧き出てきた。

しばらくして両親が離婚すると言うことを伝えられた。どう思うと聞かれて、私が何か言ったところで何か変わるの?と答えた。冷たいなとも思ったが、私は私でそれどころじゃなかった。

学校に行けば嘔吐頭痛を繰り返して、正直もう限界だと思っていた。

しばらくして父親から伝えられた。

離婚とともに破産すると思う。妹の学費や母方の生活費は払えなくなるが、お前の学費生活費だけは出してやるからな」

素直に喜べという方が無理だ。体調不良等でまともに単位も取れなくなっていったのに、どうして喜べるのか。それが決め手になって、学校に行かなくなった。休学届けを出して、今はアルバイトだけやってる。

両親から連絡が来るだけで胃が痛む。学校に行けない自分社会に出てもやっていけるとは思えない。大学友達とは疎遠になっているとおもう。ただたまに道ですれ違って、名前を呼んでくれて、元気?と声をかけられると、いい人と友達になったなと思う。同時に、こんなダメ人間友達でごめんねとも。

高校までの友達は「そのまま社会に出てもやっていけるよ」という。でも、日本会社というのはおおよそブラックだと思っているし、そんな所に行ってしまったら自分は生きながら死んでしまうのだろうと思う。きっといまのオタク趣味もままならない。二次創作をする時間もなくなるだろう。そうやって仕事に謀殺されて、私は私でいられるのだろうか。

そこまで考えて、今までの人生の中で、私が私でいた瞬間とは何なんだろうと思った。

私とはいったい何なんだろうか。

私が生きている意味とは。

なんでこんなに必死になって生きているのか。

辛いという言葉は、私の方が辛いで潰されて、楽しいことなんか二次創作を始めとしたオタク趣味ばかりで、そのオタク趣味すらも、今じゃ疎外感を感じている。自由に慣れていたはずのSNSは、現実と同じように苦しいものになっている。

辛いと思うことも軽んじられ、ひたすら金がかかるといわれ、遊びに行くと贅沢だお母さん達は頑張ってあなた仕送りをしているのにという。

私はなんのために生きているのだろうか。

こんな生活、生きているというのだろうか。

ただ呼吸をして、心臓を動かして。ただそれだけ。

生きているのがただただしんどい。早く死んでしまいたいとすら思う。でも死ぬお金がかかる。親が困る。周りも困る。

ある日母親に言われた、「お父さんはあなたを生んだ時に『なんで生んだ』といったのよ」と。

母親はそれを私に伝えて、何がしたかったんだろう。

必死に育ててくれてありがとうと言って欲しかったのか。

ひたすらお金がかかると言われて育って、なぜ生んだと言われたと言われる。

「なんで私のことを産んだの?」とは言えなかった。「産まなくてよかったのに」とはもっと言えなかった。言ってやりたかったけど、それを言ったら家から追い出されると思ったから。

私は「そう」とだけ返したのを覚えている。いつ、こんなことを言われたのかなんて、細かい年は覚えていないけれど、そういうことを言われたということだけは鮮明に覚えている。

私は

どうすれば良かったんだろう。

何をすればもっと前向きになれたんだろう。

何をすれば「頑張ったね」と言ってもらえるようになるんだろう。

毎日生きているだけでも精一杯なのに、もっともっとと周りはいう。頑張ることが当たり前。

でも、私はまだ頑張ってないんだと思う。恵まれているのだ。奨学金を借りずとも大学に行けたのだから。好きなことをやれているのだから

世界一不幸だと思うな。世の中にはもっと不幸な人が、辛い人が沢山いる。

みんなそう言う。私のつらいという気持ちを無いものとして。みんなそういうのだ。

生きていることの何が楽しいのだろう。

生きるなんて、辛いだけじゃないか

早く誰か、私を殺してほしい。

金だけかかって、だれの期待にも応えられない私を早く殺してくれ。

生きているのがただただしんどいということすら認められない世界なんか、壊れてしまえばいいのに、世界はそれを許さない。それなら。私を早くこの世界から追い出してほしい。

早く私を殺して欲しい。早く殺して。早く。こんなに辛いのに、世界は生きれという。お前はまだマシだと。

何がマシなのかちっとも分からない。生きているのがしんどい

2017-06-17

https://anond.hatelabo.jp/20170616220946

なんとなく好みが似ている気がするので思い浮かぶ範囲で列挙。

ググってみてね。

ミルキィホームズ楽曲

ギャラクシーエンジェル楽曲

・咲シリーズED

ラブライブ!特にBiBi楽曲

ひだまりスケッチOP

あべにゅうぷろじぇくと

IOSYS

ネギま!関連(1000%SPARKING!とからぶ☆センセイションとか)

あと複数人じゃないけど、MOSAIC.WAVとか聴いてみても良いかも。

2017-02-21

田村うかりが世界一可愛いって言ったやつ出てこいよ!!!

ノーベル平和賞とピッツアー賞だわ

ピッツアー賞が何か知らんけど

ギャラクシーエンジェル賞もやるわ

ギャラクシーエンジェル賞があるならブロッコリーはああならんだろ的なツッコミ歓迎

2016-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20160312161131

漫画原作アニメは、メディアミックス展開の一つに過ぎなくて、ようはグッズの一種なんだから中身を期待するほうが間違い。

ちょっと事例とはズレるけど、ギャラクシーエンジェル制作陣がブロッコリー側に予算や期間関係上、絶対原作に沿った作品は作れないと直談判して、1話完結型のギャグアニメとして練りなおした。

結果としてある程度ヒットしてかえって4期も続き原作の売上にも貢献したんだろうと思う。

2015-09-07

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/369/369214/

ど根性ガエルの娘がギャラクシーエンジェルのかなんだって初めて知った・・・

スレ立ててたガモウひろしの息子もいつかなんかの形でデビューすんのかなあ・・

やっぱり遺伝っつーか才能とかそういうもんを感じちゃうNE

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん