「rails」を含む日記 RSS

はてなキーワード: railsとは

2020-09-18

anond:20200918171043

(処理)早い、(実装)早い、どこでも動く、誰でも書ける(と信じられてる)。これだけでphpのほうが実用性高い

rubyなんて日本の中の一部の人railsありきでしか使ってないからな。ビジネス譲渡するときも買い手が限定的されちゃう

ruby使ってる若者全くいなくなったなあ。まあrailsくらいしかないし仕方ないね。今のrubyphpよりも書きたいと思わないし、過去言語になってしまうのかね。

2020-09-13

未だにSPA作るくせにブラウザバックに対応してないサイトが多々ある。新しい技術を使いたいだけでユーザ体験をなんにも考えてないんだなあ。おとなしくrailsでも使って静的に作ってろ。

2020-08-30

静的型付け狂信者は開発スピードは気にならないの?

開発スピード大事だってのに毎回コンパイルして大丈夫

その数十秒が積み重なったら年間どれだけのロスになるの?

きちんとテストコード書いてきちんとデバッグしてれば安全じゃん?

世の中にRailsで書かれたセキュアなアプリがどれだけあるんだろうね?

静的型付けで書かれたアプリRailsよりセキュアですか?

開発スピードが出せない静的型付け狂信者はまだ生きてるの?

2020-08-27

anond:20200827182402

そんくらいもらえるだろ。

あとはRailsとかFlutterやれば?

2020-08-26

anond:20200826200150

仲間増やすコミュニティ参加するのはおすすめ

イベントサイトで「もくもく会」とか調べると各地でやってる。最近コロナリモート開催が多いので、逆遠い場所コミュニティでも参加しやすくなってる。まあ自習するだけだが、知り合いできると楽しいよ。

https://connpass.com/dashboard/

あとは書籍チュートリアルをコツコツやるか、動く慣性サンプルをチュートリアルとかGitHubからダウンロードして改造しまくるといい。作りたいもの決まってるなら、よく似たサンプル探していじりたおすのが早そう。


何やっていいかからない場合Railsチュートリアルやるのがいいかな。https://railstutorial.jp/

アプリならFlutterとかでいいかなと思ってる。ここは自信ない。

Udemy(https://www.udemy.com/) の中で評判いい講座をやるのもよいと思う。毎月セールやってるのでセールで買うこと。かなり安くなる(普段が高い)。ちなみに明日までセールしてる。ただ、無料チュートリアルやってからでもいいかなと思う。


参考になれば。

2020-08-24

anond:20200824032922

挫折しないならどこから入ろうが構わないと思うんだけど

Railsある程度できるぜって謎の自信つけちゃった人が応用的なことしようとした時に挫折しないだろうか

自分自身いまRailsチュートリアル中なのでRailsで何ができるか正直わかってないけど

DB登録したり読み込みする時にINNER JOINやサブクエリ使うようなちょっとややこしいSQL使ってしないといけないようなものとかできる?)

rails勉強中だけど

DjangoとかRailsとかって、プログラムいろはを知っている人でも理解するのに苦労するような独特な構文が多い

あくまフレームワークで面倒な部分は省いているから仕方ないんだけど。

デコレータが何なのか継承が何なのかとかわかっていてもその意味を読み解くのに一苦労する。

ましてやRailsから勉強しよう!なんて人にとったら「なんかわからんけど動いた」という人が大半になるんじゃないかと思う。

Railsから入った人はたぶんRailsのためだけのやり方しか習得できんし、応用が利かないレベルなっちゃうんじゃないかと思う。

ORMを使わず純粋Javaなりでバックエンド書いてDB設計したりとかリクエストが来たらJSONを返すアプリケーションサイドを作ったりってなんとなく経験した人がRailsなりDjangoなりやるとこういうことか、これは便利だ、でもここは融通が利かなくてつかいにくいなみたいなことがわかるんだろうけど

そういう意味で言うとまず最初RailsDjangoだってフレームワークから入るのは良くないんじゃないかと思う次第。

2020-08-15

SEだが正直noteやらかしを見てほっとしている

https://twitter.com/clockmaker/status/1294213347898843136

これ見たけどやらかしが低レベルすぎやしないかヒューマンエラーレベルじゃないだろ

とりあえずRails触れますって奴ととりあえずNuxt触れますって奴がガチャガチャやった結果にしか見えねえよ

API設計無茶苦茶だし、コードレビューもろくに実施されてねえだろうし、試験観点はどうなってんだよって話だろ

やっぱ優秀なエンジニアなんてどこにもいねえんだな、安心して寝るわ

2020-08-01

プログラマ勉強するな

よく「プログラマ勉強し続けなければいけない」といいますが、嘘です。

それは、レベルの低いプログラマの話です。そういう人たちが想定しているのは、たとえば流行りのフレームワークが出てきたらそれを勉強するとか、仕事特定プラットフォーム知識必要になったのでそれを勉強するとかです。

こういうことを一所懸命勉強している内は、プログラマとしての実質的な成長は見込めません。それらを勉強しても、特定フレームワークなどの使い方が分かる人になるだけです。ほとんどの場合、5年も経てばその知識は役に立たなくなります

実は、ソフトウェア技術などは、コンピュータ黎明期から本質的進歩ほとんどありません。だから本質部分が分かっている人は、流行り廃りのある技術習得に余計な労力を割く必要がありません。

プログラマ勉強すべきはこの本質部分、つまりコンピュータサイエンスの基礎です。フレームワークの使い方は知らなくてもリファレンスを見れば良いのに対し、コンピュータサイエンスの基礎はググっても決して身に付きません。

プログラマが身につけるべきコンピュータサイエンスの基礎は、多くの大学計算機科学情報工学の2〜3年生で学ぶような内容、

などです。逆に、こういう素養がないのにプログラミングスクールRailsとかCakePHPみたいなのを触って、プログラミングできる気になっている人に5年後10年後の市場価値はありません。

2020-07-21

anond:20200721001422

Rails って今もそんなに需要あるんか?

まあ、プログラミングに興味がある人が増えることは基本的に良いことだと思うけど、スクール講師やってる奴なんてほとんどニワカみたいなやつが多いからなぁ・・・

イメージとしてはバイトの塾の講師くらいのレベルかな。

でも、カスみたいなプログラマを量産するのは罪深いな。そもそもカリキュラムも無茶スケジュールが多いらしいし受講する人にとっても良くないな。

プログラミングスクールっていう情弱ビジネスすごい

仕事とは関係ない趣味Twitterやってるんだけど

なぜかフォロワー複数人プログラマに憧れ始めてる

人によってはprogate始めたらしくそれは別にいいと思うんだけど

ただ俺はプログラマ10年以上やっててフォロワーもそれ知ってて

若い頃は激務をネタにしたツイートもしてたからどういう仕事か知ってるはずなんだよね

それなのにここ最近急にプログラマ目指そうと思うみたいなこと書き出して意味わからん

フリーランスになって自由生活を夢見てんのかな?

俺の激務ツイートネタだと思ってたのかな?

ついには「そろそろ課金しようと思うんですけどおすすめプログラミングスクールありますか?」だって

課金!??なんでプログラミング覚えるのに金かけないといけないのか

いや俺も始めた頃は3000円とか4000円する本をやたら買ってたけど数十万はおかしいだろ

とりあえずRailsチュートリアルとかやれば?とか返しておいたけど

progateの次は何か課金しないといけない風潮になってるのがすごい

いろんな業者がいるみたいだけど各社が切磋琢磨した結果なんだろうな

素人に夢を見させて金巻き上げるってビジネスとしては王道なのかな

2020-07-09

anond:20200708194638

今どきRuby on Railsやってるつってもパッとしないんだよ。

手軽に扱えるという触れ込みでブームになったせいで

スクール上がりで側だけ整えたアプリもどきをひっさげて求職してるらような奴がわらわらわいた。

そもそもRubyRailsのものが人気なくなってきてるし。

からでも遅くないかJavaScriptPHPでまたアプリ作ろうよ。

Reactとnode.jsちょっとわかってる奴とか

Laravel使ったことあるPHPerとかのほうが需要あるよ多分。

あと増田読む限り考え的にうちにこもりすぎな気がする。

スクールじゃなくてウェビナーや勉強会に参加して実践的な知識現場の生の意見を聞いたほうがいいんじゃね。

エンジニア自分みたいな初学者交流する機会にもなるし、なんかそこから就職への糸口も掴めそうじゃん。

2020-07-08

anond:20200708210241

Railsやってないからかもしれないけど、チュートリアルを参考にアプリポートフォリオを作るっていう言葉への違和感がすごいんだよねえ、、、

anond:20200707214248

1年間独学でプログラミング勉強した実感

大学卒業後4年ほど会社員をやったあと、ウェブ関係プログラマを目指して1年ほど、バイトしながら独学で勉強しています

ネット上には詐欺師まがいの情報商材屋とイキリマウントゴリラ跋扈し、普通人間向けの情報が少なかったので、参考までに書いてみます

なお、ここ数年のウェブエンジニア転職ブームとは無関係転職を考えていたので、ブームは正直迷惑だと思っています

1) お金時間に余裕があるなら、大学専門学校プログラミングスクールに行ったほうがいいです。

独学にはいくつかの大きな問題点がありますが、もっとも大きいのは「全体のロードマップ存在しない」ことだと思います

学者は具体的に何をどの順番で学べばいいのかわかりませんし、この情報ネット上にはありません(冒頭にも書いた通り、そう思ったからこそ、このエントリを書いています)。

個人的に参考になったものとしては、

などありますが、どちらも普通人間向けというには若干ゴリラ臭と商材屋臭がします。

また、プログラミング初心者向けの教材はおしなべて貧弱で、腹が立つほど不親切です。読んでいて何度もブチ切れそうになります

特に学者場合は、教材の練習問題ひとつ解くにしても、誤字脱字等の初歩的なエラーのために平気で数時間のロスが発生したりします。

当たり前ですが、これは純粋時間無駄なので、すぐに講師相談して解決したほうがいいです。

こういうことを書くとすぐに「自力問題解決できない人間プログラマに向いていない」と言いだすゴリラが現れますが、いまはそういう話はしていません。

そのほか独学だと自分の実力や相場感を測ることもむずかしく、その分詐欺師ゴリラに引っかかりやすくなりますし、基本的おすすめしません。

2) 独学の最初の1歩は「苦しんで覚えるC言語https://9cguide.appspot.com/おすすめです。

いまさらC言語と思うかもしれませんが、勉強するうえで重要なことはプログラミングの仕組みを理解することであって、どの言語から始めるかではありません。

その点、上記「苦C」はとても丁寧に文法説明してくれますし、ポインタ説明を通してメモリの仕組みも教えてくれます

ただし、回答例のコードに誤字脱字があって動かない等の発狂ポイントがいくつかあるので、注意が必要です。

勉強のやり方としては、まずはサイトを読みながらスマホC言語アプリポチポチ書いてみるところから始めると気楽でいいと思います

途中で頭が混乱してきたら、再度冒頭からきっちり丸暗記するつもりで勉強するのがおすすめです。プログラミングに暗記は不要だと言うゴリラもいますが、あれは嘘です。

intはintegerだからintなんだとか、そういうことを調べながらやるだけでも解像度が格段に向上すると思います

実際にC言語バリバリ書けるようになる必要はないので、おおよその仕組みを理解してしまえば、最後のほうは流してしまって大丈夫です。

3) オンライン学習サービスは便利ですが、内容が充実しているとは言いがたいです。

検索するとこの手のサービスが一番上に出てきますが、内容は不十分だと思いますかゆいところに手が届かず、使っていて非常にいらいらします。

とはいえ他に代替となるものもないので、サービスを利用しつつ、必要に応じて入門書を読むのがおすすめです。

私が利用したかぎりでは、Progateは教材の内容が薄く、Paizaは無意味オタク臭くて私は苦手でした。N予備校Udemyの評判がいいみたいですが、使ったことがないのでわかりません。

私はウェブ関係プログラマ志望なので、ProgateとPiazaでHTML/CSS/JavaScript/Git/Ruby/Ruby on Rails勉強しました。

最近初心者Railsエンジニア供給過多の印象があり、DjangoやLaravelのほうが就職には役立ちそうな気がしています

余談ですが、無料の教材として有名な「Railsチュートリアルhttps://railstutorial.jp/ は、あえて劣悪な翻訳放置することで、自社のプログラミング講座に顧客誘導するビジネスモデルのように見えるので、内容はともかく個人的にはあまりいい印象を持っていません。

ちなみに私はこの辺で迷走していたため、いろんな言語ちょっとずつかじっています

スッキリわかるJava入門』はオブジェクト指向理解するのに役立ちましたし、『退屈なことはPythonやらせよう』で覚えたスクレイピング求人情報収集にとても役立っています。ほかには『プログラムはなぜ動くのか』も読んでためになりました。

基本的に本を読んで損することはないので、時間の許すかぎりたくさん読んだほうがいいと思います。私はあまり読めていません。

4) ポートフォリオを作るのはとても時間がかかります

Railsチュートリアルを参考にRailsアプリポートフォリオ作りましたが、完成まで半年くらいかかりました。

上述の劣悪な翻訳のせいもありますが、データベース設計を考えたり、UIを工夫してみたりすると、いくらでも時間が吸い取られていきます

知識ゼロから3ヶ月でポートフォリオ作りました! みたいな若手情報商材屋を見かけると、そんなにすごい能力があるなら普通エンジニアだけやってればいいのに、と思います

完成したアプリDockerコンテナ化したうえで、GithubActionsで自動テストを走らせ、AWSサーバーデプロイしていますが、この辺は言語勉強アプリ製作と比べたら全然むずかしくありません。

まともな日本語で書かれたまともな教材が揃っていますし、ネット記事豊富にあります。ここまでの勉強で、エラーメッセージや多少わかりづらい文章を読み解く能力も身についているはずです。

それぞれ1、2週間集中すれば最低限の実装はできると思います。ただしAWSの設定だけは、適当にやると数万円の請求書が届いたりするので注意が必要です(届いた)。

5) ここまでやっても就職はできません。

上記ポートフォリオを公開し、求人に応募していますが、一向に就職できる気配はありません。

就職活動が不得手なせいもある気がしますが、いいかげんバイトにも飽きてきたので就職したいところです。だれか仕事くれよ。

2020-06-22

今年に入ってから Wantedly で応募してくるのってほとんどがテックキャ

ンプとやらの卒業生らしく

申告するスキルはみんな rails

うちの会社が出してるスキルセットとは全然異なるのに何度も応募してくる。

断っても何度も応募してくるのが何人もいる。

断っても何度も応募してくるのは全員テックキャンプ

どういうこと?

2020-06-11

ITエンジニアという職業について、夜中なのでポエム投下

当方キャリア10年以上のWebエンジニアだけど、自分職業について物申す


そもそも技術力なんていう、大層なもの凡庸な我々にはない

エンジニアはなんか特殊技能がある風でエラソーな顔をしてるけど

他の職業と同じく替えなんて簡単に効く存在である


最初コンピューター作った人とかRubyとかRailsを思いついて作った人は

すごいけど、我々はGoogleと賢い人の巨人の肩の上に乗っかって作ってるだけである

それは自転車を作ったやつはすごいけど、乗ってる人は別にすごくないのと同じである


乗ってる人のことを技術力がある、すごいとは誰も言わない

乗ってる人の中でも競輪とか、ロードレースで優勝した人はすごいけど、

生活のために乗ってる人とか、ウーバーイーツで宅配するために乗ってる人は

大してすごくない


それでも世間的に必要とされてるのは

我々エンジニアはウーバーイーツの宅配の人のようなもので、

誰でもできるのだけど、多少しんどいことを

最後までやりきることにコミットしているかである

そして多少なりとも経験の蓄積による、付加価値も出せるかもしれない

何が言いたいかというと

技術のありなしとかでドヤってはいけないということ、

無意味宗教戦争に巻き込まれ無いこと、そのような本質的でないことにこだわらないことが大切

こだわるべきは

最後まで愚直にやりきる意志を持って、しんどくても真摯に向かい合ってやりきっていくこと

常に情報仕入れて、巨人肩にうまく乗って、工夫していくこと

まあこの職業はこのような特性があるので

若くて、心がまっすぐで、地頭いいやつが強いです(白目)

2020-05-31

プログラミングを独学して、労働組合2.0としてのwebサイト作ってみた

https://www.whitedoor.jp/

自己紹介

今年の1月からプログラミング勉強を始めた無職


動機

https://www.whitedoor.jp/about

ここの動機の部分へ書いたので細かくは書かないが、友人が労働問題自殺して、なんとか違法労働をなくせないかなあと思い、労働組合の代わりになるようなwebサイトを作ってなんとかできないかと思った。

自身ブラック企業で以前働いていて困ったのもある。


目的

この国から違法労働を無くすこと。

このwebサイトコミュニティとして活発になり、人が増えれば、それだけで一つの力になる。

例えば同じ会社で仲間を見つければ上層部交渉することも出来るだろう。職業組合を作ることも出来るはずだ。

今度弁護士既存労働組合とも提携し、訴訟や、ストライキを行う機能なども実装したい。


計画

こうしようと思うのは簡単だったが、いざ始めて見ると学ばなければいけないことが多すぎて呆然とした。そもそも何を学ばなければいけないのかを学ばなければいけなかった。

HTMLCSSSQLJavascriptGitGithub、HerokuRubyRails、Cloud9、VScode、npm、Linux、Terminal、Vim、その他諸々・・・

とりあえずググって記事を読み漁って、プログラミングの学び方から調べた。


言語

Python流行ってるらしいのでPythonを学び、Djangoでやろうかなとおもったが、RubyRailsは使われていた時間が長く、日本語での情報が多いらしかったので、Railsで行うことにした。

途中でVueとFirebaseでやろうかなと浮気もしてみたが、日本語情報が少なく結局Railsに戻った。

Railsではわからないことは調べれば大抵のことは日本語情報があったので、いい選択だったと思う。

今後はVueちゃんと学び、今Jqueryで行っている部分を置き換えたい。


勉強で使ったもの

progate

https://prog-8.com/

非常にわかやすかった。環境設定を行う必要もなく、視覚的に説明してくれるので初歩の理解に非常に役に立った。

ドットインストール

https://dotinstall.com/

progateよりは難しかったが、動画説明してあるし、わからないことはググればそれなりにわかった。

また、progateよりも教材が圧倒的に豊富なので、HTMLCSS,Javascript理解を深めるのにも役立った。Cloud9やSQLドットインストールのおかげで理解できた。

Railsチュートリアル

https://railstutorial.jp/

これをやればとりあえず仕事できるレベルにはなるらしいと聞いてやった。

progateとドットインストールに比べればかなり難しく挫折しかけたが、それらでは学ぶことができなかったプログラミングの基礎の話や、Webサービスを作る上で知っておかなければならないことが書いてありとても役に立った。

あとはとにかくググりまくった。

YouTubeも見た。


デザイン


https://getbootstrap.jp/

Bootstrapに頼りまくった。これもドットインストールのおかげで理解できた。

ロゴイラストレーター作ってみた。楽しかった。

Navbarは本来こういう形で使うのではないのだと思うが、TwiterやInstagramのようなアプリのような使い心地にしてみたくてこのような形にしてみた。いいデザインになったと思う。

あとマテリアルデザインというのが流行ってると聞いて、見様見真似でやってみた。どうですか?


セキュリティ

調べれば調べるほど完璧に行うことは難しいとわかったので、もうユーザーメールアドレスを保存することを止めた。今後技術に自信がついたら実装したい。


完成

とにかくエラーが起きまくって、それがなんでなのかわからないことも多々あって、何度も挫折しかかった。

とりあえずわかることをやって、わからないことは放置してたら、他の部分の理解が進んだことで理解できるようになったりした。

デザインなどもっと気になる部分はあるが、今の自分技術ではどうしようもない部分もあり、とりあえず今の時点でもっとここをこうすればいいとか教えていただけるとありがたいと思い、公開した。

https://twitter.com/takatetomoki

Twitterを貼っておくので、ぜひ教えていただきたい。

あとノートを貼っておくのでサポートから投げ銭をもらえると、サーバー代など助かります

https://note.com/takatetomoki/n/nddb8123abc7a

ぜひ会社登録し、評価投稿し、掲示板を使って、Whidedoorを利用してください。

感想

これで僕がめんどくさいやつだなと思われて就職できなくなったら困るなと思ったが、少しでもこの国の労働環境改善、並びにこの国に貢献できれば嬉しい。

使用した技術など

開発環境 Cloud9 VScode

データベース MYSQL

言語 RubyJavascript

フレームワーク Rails

PaaS Heroku

できたもの

https://www.whitedoor.jp/

2020-05-24

anond:20200524135923

日本に限るとRailsの方が需要が多い

日本PythonWeb案件はない

データサイエンティスト需要はあるが素人付け焼刃では無駄

高卒文系工学部に通いなおさないと

あ、これは就職を売りにしているスクール場合の話

そうじゃない場合は文献の問題じゃないか

素人英語文献を読ませるのはちょっと

2020-05-23

最近プログラミング始める人はクソアプリとか作らないの?

はてなプログラミングスクール関連がバズってて

ぼんやりとおれは最初どうしたかな?って思い出したら

暇つぶし友達Androidでクソアプリ作ってたわ

就職したらスマホアプリ作るのかと思ったら、人が足りないからってRailsやらされたけどww

時期的に8年ちょっと前なんだけどあの頃はニコニコも元気でなんかオタク楽しい感じだったな

今はYoutubeとかプログラミングスクールとかオンラインサロンとかお金儲けに支配されて少し悲しい

嫌儲とかではないけどプログラミングに関して言えば「勉強自己実現!」って息が詰まるよね

2020-05-22

新卒研修プログラミングスクールやってるけど

内容的にここで言われるほど、プログラミングスクールカリキュラム講師が悪いとは思えない

あくま20新卒まとめサイト運営とかAtCoderちょっと触ってた程度の初学者視点で見て)

劣化メルカリを作るみたいな、新卒プログラミング研修あるある課題だし

講師総合職と一緒にやった研修会社IT研修ITパスポートくらいの知識)よりはかなりいい気がする

講座の内容についてRuby on RailsなんかはRailsチュートリアルとそこまで大きな差があるとは思えないし

かいミスだったりは他人に見てもらったほうがすぐ直せたりするし、つまづいた部分を質問できるのはいいのでは・・・

問題入社してからほとんどPerlらしいのに、Rubyをやることくらいだと思う(人事の人に聞くとPerlを扱ってる研修会社ほとんど無いらしい)

自腹でやるならudemyとかだろうけど、新卒でこういう研修を受ける機会がなかった人がやる分にはいいと思うし

採用側が入社後に研修やらせ体制が無いから、スクール研修っぽいことやった人を

経験枠で採用するか・・・みたいなパターンはあると思うので、

自分で金払ってやるかはともかく、まあ実際ここまで槍玉に挙がってるのよくわからん・・・という感じがする

(どっちかというとステマ騒動だったり昔からある嫌儲的な方?)

2020-05-21

初心者向け】プログラミング言語人気TOP20簡易解説

概要

プログラミング経験からプログラミング勉強してみたい、でもどのプログラミング言語をやればいいのかわからない」というような悩みを聞くことがあるので、https://redmonk.com/sogrady/2020/02/28/language-rankings-1-20/ に載っている人気の言語TOP 20について、未経験者が最初に学ぶのはどの言語が良いかという観点簡単解説してみます

対象読者はプログラミング経験者なので、なるべく難しい言葉を使わないようにしたつもりです。また、正確性よりもわかりやすさを重視しているので何かしら間違っているかもしれません。ご留意ください。


ランキング

1位 JavaScript

Webブラウザの上で動くプログラミング言語。元々ただの文書しかなかったインターネット世界に、グリグリ動くページを作りたいという欲求により生まれた。JavaScriptのおかげで今のWebページグリグリ動きまくりである

元々HTMLちょちょっといじる為だけのものだったが、どんどん進化を続けて今は一つの超人プログラミング言語である。今ではブラウザ上でなくても普通に動かせる(Node.jsという)ので様々な用途で使われている。

ブラウザ上で動くプログラミング言語基本的JavaScriptしかないので、JavaScriptはすべてのWebプログラマが学ぶ必要があると言っても過言ではない。

ちょっとしたプログラムを書いてすぐブラウザ上で動かせるので楽しい。そういう点ではプログラミング入門に適していると言えるかもしれない。


2位タイ Python

機械学習を始めとしたデータサイエンスの分野で激烈に人気のある言語理由としてはNumPyとかTensorFlowのようなライブラリが充実しているというのが大きく、資産がたくさんあるのでこれからも使われ続けるであろう。

Webも作れるが、日本ではWeb系の求人は少ない気がする。

言語としては、誰が書いても簡潔で読みやすコードになる傾向にあり、小さいプログラムを書くにはいい感じである米国ではプログラミング教育Pythonがよく使われているという話も聞くし、初心者プログラミングを始めるのにはいいのかもしれない。

将来AIデータサイエンスをやってみたいと思うのであればPythonから始めましょう。


2位タイ Java

ランキングでは常に一位に近い順位をつける言語Javaができた当時は色々と革新的だったらしく、組み込み業界からWebまで流行りまくっていた。今でもその名残か使っているところは多い。過去資産プログラマの数が多いのが一番の理由だと思う。AndroidアプリJavaで書く(もしくはKotlin)。

実行速度が速く、また下位互換性がしっかりしているので過去に書かれたコードが新しいマシン上でも動きやすいのが長所短所としては、歴史ある言語下位互換性を保っているため文法が古い感じがする。タイプ量も多くなるし、学習コストJavaScriptPHP, Ruby, Pythonあたりに比べると高い。

正しく使えば強力な言語だが、日本のクソSEもどきは全員(自称JavaエンジニアであることがJavaが毛嫌いされる理由の一つになっている[要出典]。いわゆるGAFAJavaをかなりヘビーに使っているので要は玉石混交ということである

Androidアプリ作ってみたいというならJavaからはじめるのはアリ。


4位 PHP

Webページを作るためだけに生み出された言語プログラマの数が非常に多い。日本求人が一番多いのはJavaPHPであろう。

初心者でもとっつきやすく、すぐに動くプログラムを作れるので入門に使われることも多い。学習コストの低さはトップレベルであるしか基本的には古くてダメ言語とみなされており、PHPで作られたWebサービス脆弱性が多いという都市伝説もある。真実は闇の中である

近年のバージョンアップ比較的良い方向に向かっている(と個人的には思う)ので、選択肢としては意外と悪くないかもしれない。


5位 C#

Microsoftが生み出した言語で、.NETというプラットフォームを使ってWebサービスを、Unityというゲームエンジンを使ってゲームを作ることができる。

最近有名なのはUnityで、今やほとんどの3Dソーシャルゲーム(の一部分)はUnityで作られている。そう考えるとC#プログラマ結構いそうだし将来もある程度安泰かもしれない。もちろん.NETも広く使われている。

ただし.NETUnityも触らない人にとっては基本的に縁のない言語である

なんかゲーム作ってみたいかもなーと思う人はC#から始めてもいいんじゃないでしょうか。


6位 C++

C言語に色々な機能を足しまくってできた巨大な迷宮のような言語言語仕様は複雑怪奇だが実行速度は全プログラミング言語中でも最速レベルなので、パフォーマンス重要な開発において使われる。アプリサービスというよりは、それらを作るためのライブラリプラットフォームなどを作るときに使われることが多い。Web系の会社でいうとGoogleなどは主にC++を使っている。

基本的には初心者が触る必要はない。競技プログラミングを極めたいとかならC++からはじめてもいいかもしれない。


7位タイ Ruby

このランキングの中で唯一、日本人によって作られた言語。作者のまつもとさんは世界有名人である。ちなみに島根県出身、在住。

プログラミングを楽しくすることがモットーらしく、確かに書き味は良い。また作者が日本人なこともあってか日本情報が多く、情報収集という点ではとてもやりやすい。

Ruby on RailsというWebサービスを作るためのフレームワーク世界的に大ヒットしたため、必然的Ruby知名度も上昇した。少し前まで日本Webスタートアップは猫も杓子もRuby on Railsといった様相であった。今は少し落ち着いたようだが今も人気は根強く、Webプログラミングスクール等ではだいたいRuby on Railsを教えているとかいないとか。

Webに興味があるのならRubyから始めるのが一番無難選択肢と言える…のか?まあ悪くはないと思う。今でも需要は多い。スクールに行きたいのであれば黙ってスクールカリキュラムに従いRailsをやりましょう。


7位タイ CSS

これは他の言語とは毛色の違う言語である。というかCSSプログラミング言語と呼んでいいのだろうか?

CSSHTMLを装飾するためのものである。字に色をつけたり、背景を変えたり、レイアウトサイズを変えたりするのは基本的CSS役割である

すごく大雑把にいうと、HTMLで表示する内容(文章画像)を定義し、CSSでその見た目を整え、JavaScriptで動きをつける。というのがWebサービスの”見た目”を作るやり方である

なので、Webに興味があるのであればある程度はCSS知識必要である。が、これ単独で学ぶようなものではない。Webサービスを作る時についでに調べて少しずつ覚えていけば良い。


9位タイ TypeScript

TypeScript比較的新しい言語で、JavaScriptさら拡張したものであるMicrosoftによって開発されている。

プログラムにはデータの型(Type)というものがある。例えば「1」や「2」は数値型、「あいうえお」は文字列型といった具合である。大まかに言うと、この「型」に対して厳しい言語は型チェックによりバグの混入を防ぎやすいがプログラムを書くのが大変、というかコード量が多くなる。型が緩い言語サクサクかけるし短く書けるがバグを生みやすプログラマの力量が問われる。ランキングの中だとJavaScript, Python, PHP, Ruby, Perlあたりは緩く、Java, C++, C, Swift, Go, Kotlinあたりは厳しい。

そんな中、世で広く使われているJavaScriptの型チェックが緩すぎるのでもっとちゃんと型をつけたい、そんな要望を叶えるのがTypeScriptである基本的JavaScript理解している人間が使うべき上級者向け言語というのが現状なので、初心者が始めるには適していない。

ただしこの先主流になっていく可能性は大いにあるので、どこかのタイミングで勉強してみても損はしないと思う。


9位タイ C

C言語基本的OSを作るための言語であるOSというのはWindowsとかmacOSとかLinuxといったもので、マシンを動かすための基盤となるソフトウェアであるAndroidスマホにはAndroid(という名のOS), iPhoneにはiOSが載っている。コンピュータ基本的OSがあって初めて動かすことができ、OS提供する機能を使ってブラウザスマホアプリなどを動かせるのである

というわけで、初心者が学んで実用的なものではない。ただしC言語というのは世の中の様々なものの基盤になっており、他言語文法C言語から拝借しているものが多い。例えばC言語をある程度勉強していればJavaPHPなどはなんとなく雰囲気で書けてしまったりする。

そういうわけで、コンピュータサイエンスをこれからちゃんと学んでいきたいという人(大学生とか)はC言語から始めるのもいいと思う。ちなみに筆者は初めて書いた言語はCであるが、意味理解できるまでに2年かかった。才能がないとこうなるので注意。


11Swift

SwiftAppleによって作られたAppleのための言語であるiOSアプリiPhoneアプリと言い換えても良い)を作るためだけに存在している。

言語自体は他と比べて新しいため文法機能イケてる雰囲気があるので基本的はいいのだが、iOSアプリ以外で使っている人は多分世界で5人くらいしかいないと思う。なのでiOSアプリに興味がない人はやめておきましょう。iOSアプリを作りたいあなたは他に選択肢はない。Swiftをやりなさい。


12Objective-C

Swiftが生まれる前はiOSアプリを書くためにObjective-C必要だったため、多くの人がこの言語を使っていた。が、今はSwiftがあるので、古くからあるObjective-Cアプリメンテナンスする時以外に使う機会はない。名前すら覚える必要がないので存在を忘れてしまって構わないが、これだけ順位が高いということは多くの企業がいまだにObjective-Cで開発し続けているということであり、ニッチ需要はこれからも残るのかもしれない。


13位タイ Scala

Scala関数型言語と呼ばれる言語の一つ。Javaの親戚みたいなものなのでJavaとの連携が容易であり、上手く使えば性能も出るしコード量も少ないしバグも少なくて最高、な感じらしい。が、その分難易度が非常に高いので初心者が手を出すものでは絶対にない。どんなに早くても他に二つは言語を覚えてから勉強しましょう。Javaを覚えてからやるのがベター


13位タイ R

R言語データ解析用のプログラミング言語である

正直ほとんど書いたことがないのでよくわからないが、ビッグデータというワード流行りだした頃はデータ解析用途でかなり流行っていた。その後機械学習AIブームが来て、今でも現役で使われてはいるがPythonがどんどん勢力を拡大しているので少し目立たなくなってきた、というのが個人的な印象である。まあプログラミング初心者最初にやるようなものではないことだけは確かである


15位タイ Go

Go言語比較的新しいGoogle製のプログラミング言語で、Googleのように巨大なシステムでの使用目的に作られたものであるしかし実際には様々な企業が利用しており今一番勢いのある言語と言ってもかもしれない。

他のプログラミング言語の良い点や悪い点を参考に設計されており、実行速度の速さと生産性プログラムの書きやすさ、読みやすさ)を両立できるような言語になっている。ただし、機能を増やすのではなく本当に重要機能だけに絞るという思想があるようで、他の言語に慣れていると機能の少なさに不便を感じるかもしれない。

学習コストが低いという点では最初に学ぶ言語として適しているかもしれないが、GoだけでWebサービス等をサクッと作れるのかというと微妙なので、アウトプットを出しにくいというのはあるかもしれない。

二番目や三番目に学ぶ言語としてはオススメ


15位タイ Shell

シェルというのはテレビなんかでハッカー的な人間PCを開いて謎の黒い画面に白い文字を打ち込んだりするアレである説明としては正確ではないがまあ大体そんなもんである。何が言いたいかというと初心者最初に学ぶとかそういうものではない。しかし実際に開発の仕事をやるとシェル知識はあったほうがいいし、シェルに多少詳しくなるとPC上でテキスト操作をしたりファイルをいじったりというのが便利にできるようになる。ただし(通常は)極める必要はない。

Shellと言っても実際にはbash, csh, tcsh, zshなど色々あるのだがそれらをひとまとめにしてShellとなっているようだ。


17PowerShell

PowerShellは上のShellの親戚みたいなもので、ShellがMacLinuxで動くのに対しPowerShellWindowsで動く。そんだけである。あと正直あまり知らない。


18位 Perl

ランキングの中ではかなり昔からある言語で、サーバーと呼ばれるマシンには大体Perlが入っている。そのくらい市民権を得た超有名言語で、C言語C++で書くほどでもない小さなプログラムはとりあえずPerlで書く、というくらいには広く使われていた。インターネット初期はほとんどのWebサイトはPerlで書かれていたとかいないとか。PHPなどの登場はその後である

今でも広く使われてはいるが、RubyPythonPerlの後継的な位置付けであるため、初心者が新しくPerlを学ぶメリットというのはあまり思い浮かばない。何か特定目的があるのであればいいと思う。


19位 Kotlin

Kotlin簡単に言えばBetter JavaであるJavaをもうちょっといい感じに書きたいという気持ちで作られた言語で、Scalaと同じくJavaの親戚のようなものである

ランキングの中ではSwiftと並んでかなり新しい部類。AndroidアプリKotlinで書けるようになったことがきっかけで人気が爆発的に上昇、今ではWebの開発にも使われていたりする。

とは言えまだまだ新参者といった感じで、ドキュメントなどの情報も他の言語に比べると物足りないので初心者には厳しいかもしれない。

言語自体はとてもいい感じなので、もう少しコミュニティ成熟してくれば最初に学ぶ言語選択肢として有力になるかもしれない。


20Haskell

HaskellScalaと同じく関数型言語であるScalaJava的な書き方でも動くの対し、Haskellは「純粋関数型言語」と呼ばれ、ランキング中の他の言語とは一線を画した書き方になる。どう考えても初心者にはオススメしない。少なくとも他に二つは言語マスターしてからやりましょう。


総評

なんとなくWebに興味がありそうならJavaScriptRubyもしくはPHPAndroidアプリに興味があればJavaiPhoneアプリに興味があればSwiftAIデータ分析に興味があればPython3Dゲーム開発に興味があればC#。この辺りをやりましょう。

特に目的がないのであればフィーリングで選んで大丈夫ですが、やめておくべき言語というのはあるのでその辺だけ参考にしてもらえれば。

なお筆者はただのヘボプログラマであり、大好きな記事http://www.mwsoft.jp/column/program_top10.html) の現代版かつより初心者向けなものを書いてみたいと思ってこの記事を書きなぐった次第である。あまり真に受けないよーに。

anond:20200521200119

レンタルサーバーなので削除した。いつまでも鯖代払いたくないからね。

Railsで作ったよ。

ActiveRecordUserTweetProfile

belongs_toやhas_many使ってデータベースを関連付けして

ApplicationControllerで@current_userログインしたユーザを格納して、ツイートの削除権限とか、トップでの表示内容管理したりした。

ProfileCSSSass)やプロフィール説明の部分や画像管理できるようにしたよ。

当時はRails4だったから、SprocketsやTurbolinksも使ったよ。

anond:20200520204737

自分はとんでもないバカからプログラミングスクールに何十万も払わないといけないという自覚があるならやればいい。

でも、その前に技術書買ったり、progate(両方、無料で試せる)をやってみてからにしたら?

技術書30冊くらい読んでたんだけど、体系的な知識ってのが手に入らなくて、progateでrubyrails学んでインタラクティブツイッターライクなアプリ組み立てて

ついでにすべての基礎となるコマンドラインPythonとかGoとかReactや、Node.JS(もうあん必要ないけど)とか、学ばせてもらって、一気にレベル上がっちゃったか

自分としては独学してる人にはぜひともProgateおすすめしたい。

Codecademyほどハイレベルじゃないし、一通り触れたあとに技術書に戻る必要はあるけど、やるとやらないでは全体の理解度全然違うよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん