「三角関数」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 三角関数とは

2020-05-27

anond:20200527134829

数学が嫌い、とかい人間大学数学が必修になるような学科に来ているのが間違いだろ……。

 

そんな検討高校生までに終わらせておけ。

そしてお前の考えるような対策も、高校生ときにやることだし、だから対策内容ももっと直接的なものになるよ。

例えば数学を好きになってもらう方法として代表的方策は、三角関数微分積分実用性を知るために、実際に用地測量作業を行ってみる、などがあるわな。

2020-05-25

anond:20200525101326

読解力がないのではなくて、特定立場誘導されること(主人公の思いとか筆者の主張)に違和感があるんだよ。

もちろん、主人公の思いとか筆者の主張に同調しかねるが言っていることは理解できるので、こいつはこう言いたいのだなと想像して回答できればいい。

けど、大多数の凡庸な読解力では、主人公気持ちになって考えてみましょうとか、ある意味洗脳ととれる解法を実践することによって回答にたどり着いているのが現状。

そして、教材や問題に取り上げられる「主人公の思い」とか「筆者の主張」は戦後民主主義に沿ったポリコレものがほぼ100%

ポリコレな題材を批判的に読ませるものは見たことがない。

三角関数特定思想感情強制することはない。(オカルト信者はそうでないかもしれない)

anond:20200523091515

根本から理解することは重要だと思われます

しかしながら、どのレベルまで理解を追求すれば腑に落ちるのかは人によるので、よほどダメ勉強法でもない限り、理解にいたる過程個人個人に合った方法でよいと思います

たとえば初学者にとって、三角関数加法定理、点と平面の距離公式、2変数関数の陰関数定理、2次曲線の離心率による分類などの証明は、いきなり読むのは体力が持たないかも知れません。

こういうものは、一旦認めてしまい、具体的な例にあてはめて状況を観察してみたり、それを用いる演習問題を解いてみるのも、大いに結構なことではないかと思います

2020-05-24

三角関数って何の役に立つの

理系大学をまともな成績で卒業した奴なら、こんなん普通に答えられるだろ。

「今役に立たなくても、将来役に立つかも知れない」とか「将来数学を使わなくても、考える力を養うことが重要」とか意味不明なこと言ってるやつは馬鹿だよ。

2020-05-22

中学高校数学ユークリッド幾何学不要である

中学高校数学から、いわゆるユークリッド幾何学廃止してよい。理由単純明快で、何の役にも立たないからだ。

大学に入ったら、どの学部に行っても、「補助線を引いて、相似な三角形を作って〜」などと言ったパズルをやることは絶対にない。メネラウス定理高校卒業以降(高校数学指導以外で)使ったことのある現代はいないだろう。こういうことは、別に高等数学知識の無い高校生でも、常識で考えて分かると思う。たとえば工学で、弧長や面積を測定する機器必要になったとして、補助線パズル適用できるごく一部の多角形などしか測れないのでは話にならない。現代数学および科学技術を支えているのは、三角関数ベクトル微分積分などを基礎とする解析的な手法である

もちろん、たとえば三角比定義するには「三角形内角の和は180°である」とか「2角が等しい三角形は相似である」等のユークリッド幾何学定理必要になる。そういうものを全て廃止せよと言っているわけではない。しかし、余弦定理まで証明してしまえば、原理的にはユークリッド幾何学問題は解ける。また、実用上もそれで問題ない。したがって、余弦定理を初等的な方法で示したら、ユークリッド幾何学手法はお役御免でよい。

高校数学では、以下の分野が特に重要だと思われる。

これらはいずれも、高等数学を学ぶ際に欠かせない基礎となる分野である。仮にユークリッド幾何学が何らかの場面で使われるとしても、いくらなんでも微分積分などと同等以上に重要だと主張する人はいないだろう。

現在、これらの分野は十分に教えられていない。微分方程式と一次変換は現在2020年5月)のカリキュラムでは教えられておらず、ベクトル文系範囲から除かれ、代わりにほとんど内容の無い統計分野が教えられている。また、高校生にもなって、コンパスと定規による作図みたいなくだらないことをやっている。本当に、どうかしているとしか言い様がない。

ユークリッド幾何学を教えるべきとする根拠代表的ものは、証明の考えに触れられるというものだ。つまり代数や解析は計算主体であるが、ユークリッド幾何学証明主体なので、数学的な思考力を鍛えられるというものだ。

しかし、これは明らかに間違っている。別にユークリッド幾何学の分野に限らず、数学のあらゆる命題証明されなければならないからだ。実際、高校数学教科書を読めば、三角関数加法定理や、微分ライプニッツ則など、証明が載っている。そもそも数学問題は全て証明問題である関数極値問題は、単に微分が0になる点を計算するだけではなく、そこが実際に極値であることを定義に基づいて示さねばならない。数学思考力を養うのに、ユークリッド幾何学が他の分野より効果的だという根拠は無い。

2020-05-19

anond:20200519194959

三角関数なんか分からなくてもゲームは作れるぞ。

2Dゲームにはそもそも不要だし、3Dゲームでもライブラリ呼んどけば後はいい感じにやってくれるから意識しなくても問題ないぞ。

anond:20200519193748

ぶっちゃけ大学に通わずプログラミングを身につけるのは常人には不可能

専門学校とかプログラミングスクールがあるじゃないかと言う反論があるが、

あいうとこ通っても、基礎学力が足りないから末端の作業員になるだけなんだよな

三角関数もわからゲームが作れないし、線形代数がわからビッグデータの処理などできない

プログラマの実力とはプログラミング言語の理解×基礎学力から

高校数学もわからPythonだけ覚えてもカスだよ

2020-05-06

anond:20200505233945

オレっちお前のパイセンだけど食うだけなら食っていけるぞ

底辺工業高校卒(卒業者が入学時の半分)

バイトExcelの便利ワークシート作成を経てVBAに触れる

VBAからおなじBASICつながりのVB.netClassを扱う便利さに目覚める

→いまどきはJavaScriptも扱えないとねってなる:最近はWindowsOnlyで業務しているのにブラウザ対応を求められる謎風潮

やっとこ年収400万(ようやく人並み?)を超えられるようになった

三角関数より会社における数字を扱うことの知識(要は金勘定)の方が求められる

よくありがちなチュートリアルより、DBファイル(csvJSON、固定長のテキスト)から自分が取り扱う言語体系で読み込む、加工して永続化するってのをスラスラできるようになるのが大事だと思う

2020-05-05

例えば業務システム三角関数は使わない

しろ会計簿記知識必要なこともある

まり作るソフトの分野次

数学のうちプログラムの基礎として絶対必要なのは

論理、数列、場合の数、確率あたり

この辺は常に使う

anond:20200505233945

可能やが、高校数学ぐらいはマスターしとらんと辛いで

たまにプログラマ数学は要らないって話を真に受けて

三角関数理解してません。みたいなアホがプログラマになろうとするが、

仮にプログラマになったところで一生下っ端の安月給やで

2020-04-26

ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)への違和感

はじめに

anond:20190329034939

この日記が物議を醸してから1年以上経った。

その頃自分M1からM2に上がりたてで、HCI系の研究室所属していたが特別ブラックというわけでもなく(直接指導にあたる教員との相性は悪かったが)、記事を読んでも筆者の境遇に思いを馳せるぐらいの月並みなことしかできなかった。

それでも、HCIは「一見役立たなさそうなおもちゃのようなものに、理屈をこねくり回して正当化させるのが多いように感じ」るという主張に心から共感したことは覚えている。「おもちゃ」という表現がぴったりだと感じたのだ。「ゴミ」とか「クズ」ではなく、「おもちゃ」。自分も含めて学士修士研究は大半がゴミ同然なのだろうけれど、どうしてかHCI研究の一部は「おもちゃであるように思えてならない。当時その理由漠然と考えてみたりもしたが、結局まとまらないうちにほとぼりが冷めてしまった。

今、自分修士課程を修了して労働をしている……が、このご時世なのでここの所はずっと自宅待機で時間を持て余している。だから、今のうちに寝かせたままのもやもやを整理し、言語化しておきたい。そういうわけで、増田に書くことにした。

一応断っておくと、これから書くことは修士卒の人間主観に満ちたお気持ち表明であり、HCI全体のごくごく狭い領域事情を述べているに過ぎない。HCIの学際的な領域は多岐にわたるが、その中でも自分記憶感情コミュニケーションといった人間精神的な活動コンピュータ技術支援しようという趣のことをやっていたから、余計におもちゃ性の強い研究に触れる機会が多かったのかもしれない。そのあたりを踏まえた上で、読んでもらえると幸いだ。

HCIはどのようなおもちゃ

HCIが立派な研究であるかどうかは、HCIおもちゃ問題を考える上で大きな問題にならないと自分は思う。正しく研究フォーマットに則ってさえいればそれは研究と呼ぶ他ないはずだし、研究質的議論は何もHCIという分野に限られたことではない。

HCIにとって真に重要なのは、人の役に立つかどうかだ。

学問有用性は、例えば人文学の軽視だとか、もっと次元を低くすれば三角関数を習う意味だとかで、これまたよく議論対象となる話題である自分としては、一般的学問に関しては直接的な人間への有用性という観点のみで議論されるべきではないと思っている。学問による間接的な恩恵や将来への投資無視するのはあまりに浅慮であるし、根源的な欲求の充足というのにも価値はあるはずだと考えるからだ。

しかし、HCIは例外だ。HCIは、人を対象とし、大半の場合エンジニアリング的なアプローチによる課題解決を目指しているのだから、人の役に立たなければ意味を持たない。しょうもないHCI研究は、道具・ツールとして失格の烙印を押されたガラクタの「おもちゃなのだ

自分は、ワゴンいっぱいのガラクタおもちゃの中にあって気持ちがみるみる冷めていったし、元増田の筆者もきっと同じだったのだろう。

おもちゃHCIの特徴

ここからは、自分おもちゃだなと感じてしまうHCIの特徴について列挙していく。

継続的使用が望めない、一回限りのモノである

おもちゃHCIは往々にして一発芸の様相を呈しがちである

遊ぶように楽しめる何かを作ること自体結構だが、課題解決を目指す工学において繰り返しに耐えないモノを作るのは全くのナンセンスだ。

それこそ、人間にとってのお役立ち度は、縁日の射的の景品やヨーヨーと全く変わらないということになる。

人間理解していない・理想化しすぎている

HCIの研究プロダクトが役に立つ前提として、人間というのは常に明るく元気で前向きで、人と繋がりたくってしょうがない生き物なんだと考えているんじゃないかと思わされることが何度もあった。確かに現在社会においてそのような人々は理想的で偉いのかもしれないが、現実を見ればそのような前提を掲げられるはずもないことは火を見るより明らかだろう。

また、人々に高度な認知能力要求するような例も多いが、そのような人々がいくらかエンハンスされたとしてもそれに対するHCIの貢献度は、はじめからA判定の生徒を受け持つ家庭教師のような疑わしさが持たれて然るべきだ。

他分野の援用に飛躍がある

これは元増田にも指摘のあったことだが、他分野を無理のある形で援用してトンデモ仮説を作るようなことが見受けられた。逆ソーカル事件といえるようなことが、あちこちで起こっているんじゃないかと思う。

射程が短い、もしくは長すぎる

大いなる研究の礎として失敗した研究存在するという考え方があるが、おもちゃHCIは礎たりえない。それは、そこに積み上げられるものが全くないか、あるいは逆にバベルの塔を建てようとしているからだ。つまるところ、未来が両極端なのだ

おわりに

ある程度もやもやを形にすることで、多少スッキリしてきた。

当たり前のことだが、何もHCI全体を否定しているのではない。優れた研究研究者は数多く存在しており、今後も我々の生活を豊かにしてくれるのだろう。

ただ、おもちゃHCIが存在するのも事実で、それに関わると残念ながら莫大なリソース無駄に終わってしまうからちょっと口出ししておきたかったのだ。

2020-04-10

社会人になって5教科の大切さに気づいた

国語

「この時の作者の気持ちを答えよ」「知るか」って思ってたけど会社書類読んだり説明を受けた時に相手をどれだけ理解できるかってかなり重要で役立つスキル

そのスキルを持ってる人はホウレンソウも上手いし仕事できる。あと漢字大事

数字

大人でも論理的物事対処できない人がいて感情的になって失敗してる人は多い。論理的思考を養うには良い教材。

三角関数ってなんだ?将来絶対使わないだろ」とか思ってたけど、世の中まぁまぁ三角関数だらけ。道具を使うときにその道具の仕様を把握しているのと、していなのでは道具の扱い方が全然ちがう。

理科

生物物理、この世界ルールを知るのはかなり大事。しなかったやつがガス爆発起こしちゃったり水素を買ったりする。

英語

日本からでませーんw」とか関係ない。

大人なれば無条件で英語話したくなる。

あと「未来ロボットが全部翻訳するから勉強しない」とかいうやつよくいる

旅行程度ならいいけど、もし言葉の通じない人と仲良くなりたいときロボット経由のやつとは仲良くなりにくいんじゃない?

社会

国の仕組みをしろう。「過去に興味ない」とか言ってるやついるけど、歴史しることで、世界の成り立ちの敬意を学べるので人として知って損はない。

2020-03-13

anond:20200313111123

まあ三角関数微分積分ができればだいたいはまあなんとかなるので…

それ以上の細かい計算の本番は今はもうみんなライブラリがやるし…

2019-11-22

anond:20191122000945

理系立国したいって40年前からとなえてはいるけど政治家自体

三角関数を避けてあるいてそこで食っていくしかないようなやつらばっかりだし

小学生むけ塾みてもベネッセがくもんより偉いから無理ですな~

2019-11-19

anond:20191119121502

学校先生ももちょっと学校と塾の役割分担の重要性を分かって欲しいんだよね。

塾を敵視するんじゃなくてさ、部活もやって過労死寸前の先生方の仕事を塾が一部代わりにやってくれるんだよ。

性教育多様性いのちの大切さ、人権みたいに本当に全員が知っておくべき最優先の学習だけ学校担当して、三角関数英語完了形みたいな専門的な教科の内容は希望者が塾で勉強すればいいと思う。

2019-10-12

anond:20191012225511

作るものによる

業務システムなら三角関数より法律簿記知識必要になる

アルゴリズム計算量とか、データ構造とか、誤差、桁あふれとかは、あらゆるソフト必要知識から、それは習ってるんじゃないか

専門出のプログラマって三角関数理解してないんだけど

いくらプログラム数学いらないと言われていても、

高校数学ぐらいは理解してないと、さすがにダメだろ

2019-05-02

学校教育無駄

学校無駄じゃね?って感じてる人って主に高校で習う学習内容についてそう考えているんじゃないかなって思います

「これからを生きていく上で二度と使わないようなことを教え込まれてもどうせ使わないし、こんなの必死に暗記してどうすんの?どうもしないでしょ?大学受験終わったらみんな忘れるんでしょ?結局無駄じゃん。」と思う人もいると思います

例えば古文漢文 現代を生きている自分古文を使いますか? 使いませんよね?

日常生活で一回でも解の公式を使いましたか

因数分解三角関数なんか知らなくても問題なく生活が送れますよね?

学校でやる内容や科目なんて、受験のためにあるようなものといってもいいんじゃないですか?そこで学んだことって受験以外で本当に役に立つんでしょうか?

学校では他に教えるべきこと大切なことがが山ほどあります本来なら学校で教えられるべきはずで、生きていく上で自分を助けてくれることってもっともっとあるはずです。

例えば法律なんかどうでしょう

逆に言うと僕たちは日本に住んでいるのに日本法律をろくに知らないで生活しているんですよ。

教育現場法律が教えられないことに疑問を感じるのは僕だけでしょうか?

僕たちが知っている法律ってだいたいテレビネットでよく見かける法律くらいで、そんなものたかが知れています

法律以外にも政経を必修にしてもいいかもしれませんね。日本の政治家なんて選挙公約かい大義名分を掲げて、当選したら何やってるかわからないような人ばっかりでしょう。国民の裏で何やってるかわかんないですしね。

日本人の政治的関心の無さからして、権力者にとって都合のいい法案を通すことだって容易いでしょう。

経済ことなんて、自分で稼いで生活するくらいの歳になればかなり有益知識がたくさんあるはずです。

経済の回り方なんかは知ってて損はないし、経理的な知識も役立つでしょう。なんなら知識フルに活かして自分ビジネスを考えたりもできそうです。

それからお金に関する知識必要になりますね。働き始めたら税金のこと、保険ことなど生きていく上で間違いなく必要になる知識がたくさんあります

2019-03-16

[]

詐欺師論理

クレタ人は嘘をついているって話ではないが、騙される・騙されないって科学知識よりは、

論理的な思考大事なような気がしてきた。

三角関数公式がすんなり頭に入る頭の良さと、真偽を吟味する頭の良さは別のスキルのような気がするから

或いは、3.14を覚える頭の良さも必要なのかも知れないが。

3.14を導き出す、或いは円周率πというものは3<π<4であることを導ける思考力の方が大切である

  

社会汎用性知識スキルは、詐欺師に騙されないことだな。

どうやったら騙される無くなるかは、分からないが。

最近増田は、参考になった。

2019-03-01

PC不要(スマホタブレットで十分)論を見てると

三角関数なんて大人になったら使わないよなー!みたいなのと同じ軽薄さを感じる

この人はスマホタブレット程度で済む程度の仕事しかしたことないんだろうなあ、と

2019-02-14

anond:20190206125826

高専卒の方のエントリーが上がっていたので,レア存在である高専について私も語ってみる.何度目の焼き直しになるかわからないが.

お前誰

中堅高専→Bラン大卒リーマン

15年前に卒業化学学科情報としては古い点も多々あるかと思う.ただ学生会長で全国高専につながりを持っていたので、情報ソースは1校のみではない.

メリット

①進学が容易

 後述する.

②早期から専門教育を受けられる

 高校1年次から専門教育を受けられる.全過程専門教育ではなく,高校大学で履修する一般教養とのミックスになっている.年次が低い段階では一般教養比率が高く,年次が上がるにつれ逆転する.まともに単位を取っていれれば5年次は週の半分は研究だった.

デメリット

①進路が固定されやす

 大多数が工業系の道に進む.進まざるを得ないといっても過言ではないだろう.感覚的に同級生の9割はメーカにいる.世界技術系一辺倒なので,その他が見えにくい.入学時点で15歳なので、染まりやす視野を広く持つことも難しい.教員普通研究員なので,理系アカデミアで純粋培養されたような癖が強い人がごろごろコースを変更しようとしても,マイノリティになるため後押しもロールモデルが少なくハードルが高い.

ドロップアウトやす

 専門性が高い故、入学後に技術に興味がないことに気づいてしまった場合モチベーションが下がりついていくのが困難になる.高専受験日が普通高校に比べて早いので,度胸試しで受けてみたら受かってしまった,偏差値が高いのでなんとなく来た,という層の一部がこの状態に陥る.一念発起して3年次にセンター試験を受け大学に進学、文転したものもいた.これはレアなケース.

恋愛チャンスは共学に比べ少ない.15-20歳という多感な時期に恋愛経験はまあ一般的重要だろう.女性が少ないので競争は激しい.勿論立地や当人キャラ次第でもある.化学専攻などは女性比率が高い,それでも半分程度だろうか.

教育課程

授業時間は90分.1年次から週1-2回のペースで半日かかる実習or実験があり,1年次から毎週毎週濃密なレポート提出を課せられる.締め切りや採点も厳しく,図書館での追加調査を含め毎週5-6時間レポートだけで費やしていた.科学文章の書き方の下地はここで醸成されたと感じる.専門科目が入っている分,一般教養が割かれている.歴史はなく,地理も確か1年前期しかなかった.その他普通高校と比べて色々なものが削られていたに違いないが、よく分からない.

また,数学が難しかった.入学後すぐに三角関数確率,2年次に上がる前に微積線形代数.2-3年次で重積分偏微分,常微分・・・.4年次以降で複素関数,曲面,群論ラプラス変換ベクトル場等の応用数学に入っていく.他にも電磁気化学,熱力,固体物理・・・気分が悪くなってきた.

進路

就職

就職率100%.求人倍率10~20倍.県内の有力企業大手現業職現場職長候補)に比較的楽に就職できる.ただ高専生は世の中のことをよくわかってないので,企業業態研究をせずに適当就職してしまい数年後に後悔する同級生はそこそこいた.先生技術バカが多く,経済的リテラシー教育はほぼなかった.私のころはインターネット情報量も多くなく,現在はまた違っていると思われる.

②進学

大きく2つに分かれる.専攻科か大学か.

専攻科:

自校に残り,2年間の延長教育を行う.大卒資格を得られる.ほぼ研究メインの生活を行う.研究8割,授業2割くらいか卒業後は旧帝や技術大学院(奈良先端科技大/豊橋技科大/長岡技科大)などに院進する人が多かった.就職する場合世間的にはレア存在であり,専攻科?そんなのがあるんだ?という反応をされ,研究漬けで辛い生活を送ってきたのにも関わらず就職アピールとしては弱いと友人はボヤいていた.

進学(3年次編入):

ここが最大のうまみであろう.

①いくつも受験可能大学毎に試験日程が統一されていないので,費用と日程確保さえできればいくらでも.自分場合は4大学に出願し,3大学目で決めた.偏差値が低いほど早めに行う傾向があった.

受験科目が少ない.例えば東大数学英語だけだった.(東大のみ2年次編入だったが)問題奇天烈ものでなく,真面目に授業を受けてしっかり対策していれば十分に解ける範囲である

高専によっては提携大学がある.私が卒業した高専では所在県の大学提携私立大学関関同立など)は指定校推薦でほぼ全入していた.高専から私立大学に行く人は少ないので,競争率も低かった.就職したくはないが勉強も好きではない下位層は延命策としてこの選択肢をとっていた.大学編入後は一般教養はほぼ単位認定(=免除),専門教科も高専で齧っていることが多く,比較的楽.実験研究発表においては経験の差が歴然学部レベルでは専門を変えない限り大きな問題はないだろう.彼女が欲しくてテニスサークルに入ってみたが,雰囲気についていけなくてすぐ辞めたというオチ

レベル

ピンキリトップレベル明石高専豊田高専などは偏差値60後半でそこらへんの進学校を超える難易度だが,商船高専などは50前後学科としては電気がいつも大変そうだった.数式だらけで理解するのが大変.材料土木環境,その他新興分野はおぼえればいい科目も多く,比較的楽.

寮生活

全寮制の高専は確かなかったと思うが,大概他県や遠隔地から学生用に寮が用意されている.寮ではゲーム相手に事欠かない,発売日に漫画がすべてそろう,ありとあらゆるジャンルのエ〇本を閲覧できるなどのメリット(?)もあるが,大きなデメリットとして私が通学していた20年前では上級生による「しつけ」という名の体罰が行われていた.木曜日の夜に1年生を呼び出し,暗闇の中で数時間正座をさせて悪事を白状させるというもの.(風呂掃除に数分遅れたとか,寮の敷地内で先輩を発見した際百m離れていても90度おじぎをして挨拶を”叫ぶ”必要があるが,そのお辞儀角度が足らなかったなど)一定数白状しないといつまで経っても終わらないため,どうでもいい些細なことを報告するのが常であった.正座のみならず1時間両手を上げっぱなしにさせるなど.終わった後は体が痛んだ.脚が痺れを通り越して暫く立てないレベル.なぜ木曜の夜かというと,金曜になるとみんな帰省してしまうため.

さすがに今はもうないだろう.今の価値観だとありえない.しかし,中学校を出たばかりの小僧大学1-2年生相当の先輩たちはとても怖い存在で,且つ退寮して親に金銭負担をかけられないため多数は我慢選択する,という構図だった.私の親も鍛えられてこい,という感覚だった.家が比較的近いやつは馬鹿馬鹿しくて通学に切り替えていた.私のころはなかったが,以前は先輩から達しが出るや否や吉野家の牛丼を30分以内で代理購入してくるという「吉野家ダッシュ当番」なるものもあったそう.尚,年次により寮内でのルールは緩くなっていく.年次による権力揶揄した称号があり,1年次から奴隷」,「見習」,「平民」,「貴族」,「神」.1年次においては共有スペースの炊事禁止テレビ閲覧禁止風呂掃除や朝食準備などの各種当番,祭りでの汚れ系出し物など.2年次になると共同場のテレビ閲覧可,3年次から個室があてがわれ、テレビも自室に設置が可能となる.今思い返せば,異常に陰湿日本文化如実に体現しており,乾いた笑いが出る.私は上級生になった際このシステム廃止しようと試みたが、全体的にそれを維持したいという空気が流れており結局叶わなかった.ただ親元を離れて集団生活を送ったことで自身も随分たくましくなったと思う.

今私は何をしてるか

メーカを何社か転職し,現在ITデータ解析職.製造業に興味がないことに気づくのに大分時間がかかり,また気づいてから収入を維持しながらも他業種へ脱するまでが大変だった.現在は34歳で年収950万円.奨学金は500万ほどあったが30歳前に完済することができた.

所管

総合すると高専おすすめ.ついていければ就職には楽にありつける.ただし癖が強いので人を選ぶ.

anond:20180307150402

私は地方公立高校に通っていました。一番難しかったのは1年生の時の数1でした。中学数学とは比較にならないくらい進度が早く、

三角関数指数関数対数など新しい概念世界がいっぱい提示されて本当に大変でした。

それが高2以後の数2、数3は学年が始まる前に自分教科書を読んで自然理解できました。

数1さえしっかり身につければ数2、数3は大丈夫だと思います

主観に満ちた意見かもしれませんが、参考になれば幸いです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん