「N響」を含む日記 RSS

はてなキーワード: N響とは

2019-04-01

NHKから国民を守る党」の存在価値が低すぎる。

駅前でよくこいつらがビラ配りとかしてるけどうざいだけなんだよね。こいつらって争点が狭すぎるだろう。たとえしつこいNHKの集金員に悩まされている人がいようと、ほとんどNHKを見ないのに受信料を払う羽目になっている人がいようと、世の中に解決すべき問題は星の数ほどあるわけで、これだけのために金と手間をかけて選挙活動をしている時点で頭がおかしいとしか言いようがない。

私もそんなにNHKを見るわけではないが、天下のN響を擁し、その演奏を惜しげもなくテレビFM放送で流してくれるだけでも受信料を払う価値があると思う。しかクラシック音楽にとっては邪魔ものしか言いようのないCMが入らないところが素晴らしい。

強いていえばコンテンツが限られているのにNHKの他にEテレだの4Kだの8Kだのに手を出すから、同じ番組を何度も再放送したり過去番組を焼き直して済ませるところがいまいちなのと、NHKオンデマンドの番組を単発で買うと24時間しか楽しめないところが残念だけど。

この受信料が一ヶ月約2000円だぞ。クラシックコンサートを聴きに行ったり、映画館正規料金で映画を見る料金を思えばお得だと思うんだが。生で演奏聴くことに意義を見いだしている人や映画館映画を見ることに喜びを感じる人にとっては「安ければいいってもんじゃない」という話になるかも知れないけど、とりあえずその料金で疑似体験ができるのだ。

クラシックに興味なんかない」という人もどうせ受信料を払っているなら聴いてみても良いと思うだろう。映画館まで行くのが面倒な人も家にそこそこのテレビがあればCMなしで映画が楽しめる。「その一ヶ月2,000円が惜しいんだよ」という人々は受信料を払わなくて済むように戦うのもありだけど、ケータイバカ高い料金を払っているならそこを節約するとか2,000円を浮かせる方法はいろいろあると思う。

NHKに何の恨みがあるのか知らんけど、貧困に苦しむ人を救いたいという大義があってやっているならもっといろいろな選択肢を示せと言いたい。この政党存在価値が全く理解できない。

2017-10-18

音楽以前に人の問題という話

anond:20171016161644

↑の元増田です。

ブコメを読んでいて色々思うことがあったので、補足説明を兼ねて追加エントリ

その前に、まず明るめの話から

果たして打楽器問題ないのか眼中にないのか気になる

自分が長く世話になったオケ打楽器は、今思えば神セクションだった。

「一発が拓く、まさしく一音入魂の素晴らしい瞬間」と「一発を外したときの怖さ」の両方を熟知していて、ストイックな音の追求に余念のない、セミプロ級の職人集団だった。

実際、彼らの奏でるティンパニはきちんと「旋律楽器」をやっていた。

勿論弦からも管からも信頼は厚かったし、思えば彼らの一発に何度も救われていたのだと、今頃になって思い至った。

態度も大人で、合奏中にチューナーで音取りし、それを根拠アンサンブルピッチを指摘されても「私の音は合ってます」と強弁して憚らない管楽器のことも悪く言わなかったし。

気づくのおせーのとプロ管楽器奏者も大概吹奏楽上がりだから主語がでけーのとで御愁傷様としか。なお吹奏楽やってる人ですらちゃんとやってればこの問題意識は持ってる。

であれば、極めつけのプロ管楽器奏者が吹奏楽をやったらどうなるん?ということで見つけたのがこの演奏

リード()」と思って軽い気持ちで聴き始めたけど、あっという間に引き込まれ最後まで一気に聴いてしまった。

こんなに味のある吹奏楽曲演奏は初めてというか、ここまで繊細に表現できるなら、何も言うことない最高の演奏だと思う。

というか、この演奏を聴いて「楽器の鳴り」だの「縦の線」だの、ましてや「コンクール」とかつまんねー事言い出す奴とは、多分楽しく合奏できないと思う(笑)

アルメニアトルコ隣国だけど、その上でトルコ軍楽隊してないのが良い。

勿論、N響管打コンバス+須川展也+外囿祥一郎というドリームチームなのはさておき。

そうなると、やはり問題学校吹奏楽文化か…ちなみに当該曲のWikipedia解説は、件のサイトが以前から玉石混交であることを前提としても頭が悪すぎ(というかボキャブラリに乏しい水槽厨が書いた感が半端ない、「かわいらしく演奏」「元気よく入る」「ドスを入れるように吹き」とか失笑ものだし、まさかと思うけど顧問の指摘の受け売り?)なので、吹奏楽の格が落ちると感じた人は修正すべきだと思う。


さて、前置きが長くなったけど、ここからが本題。

もっともな意見だけど、そのオケコンマス音楽監督はどういう心境でその音を聴き逃してたんだという疑問しかない

まず、そのオケには常任指揮者がいない

運営が人づてに、毎回色んな指揮者を呼ぶんだけど、理由が「変な人に居座られたら面倒だから」。

そして運営だが、実はこのオケ運営もほぼ全員管の人間なのだ

から、呼ばれる指揮者だって当然管楽器奏者目線での人選の結果となる(選曲も然り)。

これは別に弦の人間他力本願からではなく、運営が弦の人間を入れたがらないというのが実情だったり。

曰く

「弦は本番全乗りで運営仕事なんてまともに出来ないだろうから

「管は必ず降り番があるし、学校部活でなにがしかの係を経験していて慣れてるから

ということらしい。

随分と舐められたものである


次にコンマスの件。

自分がそのオケに入る前だから、もうかなり昔の話になるが、当時のコンマス指揮者対立してしまたことがあったそうな。

そして、あろうことか管楽器コントラバス人間指揮者の肩を持ち、コンマスを追い出してしまという結果になった。

それ以後の歴代コンマスは、弦セクションやヴァイオリンパート指導だけを黙々とこなす人ばかりが就くようになってしまったと。

ちなみにコントラバスってメンタル的な観点で、彼らは管楽器奏者だよねというのが個人的な持論。

そもそも他の弦パートの人に「お前そこ弾くな」とか言い放つような奴は仲間じゃねーから

てか吹奏楽部って「そこ吹くな」は勿論、指揮者からバカとか死ねとか普通に言われるんでしょ?

なんかもう、同じ音楽人なのに生きてる世界が違いすぎて引くわー。


結局、仕事でも趣味でも、起きる問題は詰まるところ人の問題なのだと心底痛感する。

そんでもって10年以上もいて、その問題解決どころか、多少なりともマシな状態にすら持っていけなかった自分は、社会性という視点で言ったら間違いなく無能だろう。

一連のエントリは、そんな自分のことを棚に上げて書いたものであることを白状しておく。

から罪滅ぼしというわけではないが、今後関わるオケでは、もっと人間重視で活動できればと思っている。

まあ、トラで行ってるオケはどこも弦と管の仲が良いし、そしてその親密さから来る協調感というのだろうか、温かみのあるサウンドに結構感動しながら弾いていたり(今までが異常に冷たかったんだろうけど)。

いずれ、それらのオケのどこかに落ち着くつもりである

2014-08-20

http://anond.hatelabo.jp/20140820124743

今調べてきた。

NHKからN響への助成金は14億円 N響の収支の約50% 国民一世帯あたり年間20円の負担 月2円弱を私達はN響に支払っている計算

多いかどうかは わからん

http://anond.hatelabo.jp/20140820122551

NHKN響に払ってる金って、NHK予算の0.3%にも満たないんだがどういうからくりを使ったら受信料が半額になるんだ?

N響って必要

まら選曲ばかりの定期公演ばかりして、彼らは受信料生活

解体すれば、国民負担は半分で済むのでは?

西洋文化を維持する必要意義がそもそも薄い。

演奏家作曲家連中もどうせ海外で学んで帰ってくるんだから、そのまま帰ってこないで本場で活躍すればいい。

2012-09-25

http://anond.hatelabo.jp/20120925111936

岩城宏之さんがN響ぺーぺーのときに写譜をやらされたとか、

写譜屋に頼んだとかエッセイに書いてたよ。

2010-08-17

http://anond.hatelabo.jp/20100817155321

岩城宏之NHK交響楽団演奏会にはモグル(無銭入場する)ことに情熱を燃やしていたな~。

他の交響楽団にはキチンとお金払って行ったけど、N響だけは反体制な気持ちでモグルことにしていたって。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん