「ブラバン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブラバンとは

2019-05-23

anond:20190523161137

1989年少女小説『星からきたボーイフレンド』(津原やすみ名義)でデビュー。また3年間、代々木アニメーション学院にて特別講師を務めた。

1996年、『ささやきは魔法』を最後少女小説から引退し、翌年、津原泰水名義での長編『妖都』を上梓

1997年津原やすみ名義の作品北京語版・朝鮮語版で発売される。著者名は「津原靖美」と表記されている場合がある。

2003年、『少年トレチア』で第56回日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門候補

2006年高校時代吹奏楽部での体験をもとにした『ブラバン』を発表。ベストセラーとなる。

2010年尾崎翠原案の『瑠璃玉の耳輪』を上梓。翌年には尾崎翠フォーラムにて講演を行う。(講演録は文庫版に収録。)『バレエメカニック』で第41回星雲賞日本長編部門候補

2011年、「五色の舟」「テルミン嬢」(『11 eleven』所収)ともに、第42回星雲賞日本短篇部門候補。『ブラバン』で第1回広島本大賞候補

2012年、『11 eleven』で第2回Twitter文学賞国内部門1位。

2014年近藤ようこにより漫画化された『五色の舟』で第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞。

2016年、『ヒッキーヒッキーシェイク』でSUGOI JAPAN AWARD 2017 エンタメ部門候補、第33織田作之助賞最終候補

これで無名だったら95%以上の作家無名だよ

2018-10-24

2018年アニメ2話までほぼ全部観たか感想書く その2

2018年秋アニメ2話までほぼ全部観たから感想書く その1 からの続き)

となりの吸血鬼さん

 暮らしの知恵を得たDIO様の日常良い最終回だった4コマ漫画原作らしいテンポ感を感じる作品

 吸血鬼ちゃん吸血鬼性は「亜人ちゃんは語りたい」の小鳥ひかり < これ ≦「傷物語」の阿良々木暦 ≦ DIO様 (<「傷物語」のキスショット)くらい吸血鬼吸血鬼ちゃんインタビュイー普通女の子がインタビュワーとなって「吸血鬼ってこんなんやで」を掘り下げていくお話になっている。これを見てDIO様のお気持ちを学ぼう。

 制作は「結城友奈は勇者である」のスタジオ五組。かつキャラデザ酒井孝裕なので、平和日常を観ているとなぜか泣けてくる。そんな日常を彩る劇伴は「スロウスタート」でお馴染み藤澤慶昌。もしかしたら私は同氏のファンなのかもしれない。最近イチオシは「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」の劇中歌アルバム「ラ レヴュー ド マチネ」より「誇りと驕り」(作詞中村彼方作曲編曲藤澤慶昌)、「ラ レヴュー ド ソワレ」より「RE:CREATE」(作詞中村彼方作曲編曲三好啓太オーケストラアレンジ藤澤慶昌)、「スタァライト」(作詞中村彼方作曲編曲加藤達也藤澤慶昌)。

JOJOの奇妙な冒険 黄金の風

 5期。スタッフは続投。イタリアマフィアお話1話早々おっ始めている。現代日本舞台にした世界とは違う力学が働く世界観が面白い。「悪いことをしたら警察に捕まる」→「悪いことをするときは必ず警察賄賂を渡さなければならない」みたいな。

 毎期ごとに絵の雰囲気を変えていくスタイルゆえ、4期と雰囲気が異なっている(4部に登場したキャラクターを見るとわかりやすい)。今期は特に動かしづらそうなキャラデザなので、アクションゴリゴリ動かすようなシナリオではなく会話劇のような作品なのかな。ただ、JOJOの特徴として「トメ絵」でアクションシーンを決める演出が多いので、1話でもそういった趣向のアクションシーンになってる。そういう意味では非常にアクション映えを意識したバトルアニメ特に2話のvsブチャラティ戦は情報量が多すぎて頭がパンクしそう。

 今期も神風動画は絡みなし。残念!でもEDのチョイスがやっぱり良い。

RELEASE THE SPICE

 ガッチャマンになった女の子の成長を描く日常アニメキャッチーOPが印象的な作品原案タカヒロ(「結城友奈は勇者である原案)、キャラデザなもり(「ゆるゆり原作)。めっちゃカレー食べたい。

 なもりさんのキャラめっちゃかわいい特に制服デザインが秀逸。ゆるゆりと比べやや等身が高くなっているのはアクション映えを意識したのかな。日常パートかわいく、アクションパートはかっこよく。

 日常パートがとにかく平和なはずなのに、なぜか背筋がざわざわする感じがタカヒロっぽい。主人公動機づけとかもゆゆゆっぽい。そういう視聴者カンを察してか、2話ではスパイス作用副作用についてちゃん説明がなされている。「安心して、これは満開システムじゃないよ」というメッセージかな?

 音楽の使い方が好き。特に音楽のないシーン。日常、非日常と強い緩急のあるシナリオにうまくマッチしてる。1話なら 日常音楽なし)→不穏(音楽なし)→戦闘(高BPMバリバリEDM)みたいな。

 ゆゆゆはもともと日常半分非日常半分のアニメだけれど、甘さと辛さのバランスがやや辛さ寄りに仕上がっている。対して本作は(今の時点では)日常パートに尺を多くとって甘さ寄りに仕上がっているので、丁度ゆゆゆとゆるゆりの間くらいを目指しているのかな。一握りのスパイス

 スパイx女子高生といえば「プリンセス・プリンシパル」も同じコンセプトを持つ作品だけれど、プリプリは「組織の犬としてがんばったりする話」という諜報員っぽい話なのに対し、本作は「正義の味方として、悪の組織をやっつけるためならエンヤコーラ」という勧善懲悪モノに近い。敵のデザインを見ても、プリプリの敵は憎めないヤツがとても多かったが、本作の敵はなんだか昔見たことのあるようなパリッとした「THE WARUMONO」というデザインになっている。ロボのデザインとか昔なつかし系を意識してるのかな。合体技とかビックリドッキリメカは未登場だけど、科学忍法で戦う姿はまさにガッチャマン1話でも忍法・ヘカートⅡとか忍法ミサイルとか使うし。2話以降の科学忍法が楽しみ。

 ガッチャマンといえば、あの作品は割と主人公たちに厳しい世界だったので本作もまたあれくらい厳しい世界なのかもしれない。昔のヒーロー作品は「悲しみを乗り越え、悪と戦う主人公」というモチーフ作品が多い印象なので、そういう流れをくむ作品だったりして。おのれタカヒロ

ゴブリンスレイヤー

 TRPGリプレイ。「DARK SOULS」並に強烈なハイファンタジー系冒険アニメ元ネタやる夫スレ投稿されていたもの良い最終回だった。きびしいせかい

 物語中世近世舞台に、人々の暮らしとともにあるギルド冒険者の日常を描く…のだが。シナリオは「灰と幻想のグリムガル」をハードにした感じ。本作の監督音楽制作スタジオが作ってるアニメ少女終末旅行」よりずっとハード殺戮アニメオーバーロード」よりもキツイ。「灰と幻想のグリムガル」が描くのは「見てみて、世界ってこんなに美しいんだよ」という世界だけれど、本作にそういう趣向は無く(キャラ世界を語るためのロール、という部分は似ているが)、人とゴブリンの間にある確執、業、罪深さ、わかり会えない存在、といった深い谷を丁寧に描いている。

 基本は毎話ゴブリンスレイヤーゴブリンの戦いを描くのだが、「主人公たちが油断して敵に追い詰められる(敵の見せ場)」→「逆境パワーで敵を蹴散らす(主人公の見せ場)」という定番ではなく「ナメてかかった冒険者たちがゴブリンに惨殺される(敵の見せ場)」→「ゴブリンスレイヤーゴブリンを惨殺する(主人公の見せ場)」という構成になっている。単純に見せ場を作るだけのギミックではなく、ゴブリンゴブリンスレイヤーの対比構造を強調しているのが印象的だった(特に2話)。その残虐性、執念、狡猾さ。結果とんでもなくダークなヒーローになっている。

 そんな戦闘演出について、ゴブリンの殺し方、殺され方がグロい。「灰と幻想のグリムガル」で最初ゴブリンをぶっ殺すシーンも大概エグかったけれど、こっちはもっとエグい。丁寧な流血表現作画末廣健一郎音楽古谷友二の音響効果等も相まってドキドキが止まらない。本作のシリーズ構成倉田英之が関わった「メイドインアビス」では、例のシーンについて放送審査を通すのが大変だったみたいな話を聞いていたのだけれど、本作はどうやって審査を通したのだろう(直接表現が無いか問題なかったのかな)。

 あと「少女終末旅行1話冒頭の白昼夢みたいな演出が好きだったので、あれをまた観ることが出来て嬉しい。

ひもてはうす

 ダテコーアベンジャーズ。てさぐれ!みたいな3DCGショートアニメ。続投スタッフとしては監督脚本のダテコーの他に主題歌劇伴井上純一/Hajime。制作はirodoriからリンクブレインに(ゲームグラフィック開発等の会社で、アニメ制作実績はほとんどなし)。キャラクターアニメーションはirodori版よりも硬め。やっぱりたつき監督は凄い。

 毎話シナリオパートアドリブパートがあり、シナリオパートは本編の配信に先駆けて公式ラジオで(ほぼ全部)放送された。なのに改めて絵がつくと面白く感じるので、散々言われていた「これラジオでいいじゃん」説を真正から検証していくスタイル好き。ちなみに1、2話はアドリブパートが1分程度。BDにロングバージョンが収録されるとのことや、「もともと本作が放送されるのは去年の年末頃だった」のが延期に延期を重ねた事情を顧みるに、ダテコーはやはり罪深い作品を作る人なのだなぁ、としみじみ。

 それぞれのキャラクター中の人パーソナリティが反映されていたりする。そのあたりはダテコーとの関係性が為せるやり方。そもそもこのキャスティングは誰もが思いつきこそすれ、実現できるのは日本でダテコー一人だけな気がする。これだけ人気声優を集めた上で同時にアフレコをするのは困難だろうと思っていたけれど、アドリブパートは必ず全員揃っているわけではない模様。

 そのアドリブパートについて、カメラアングルは固定(てさぐれ!ではカメラワークに相当拘っていることがわかる)。引きのほうがテンポ感が出しやすい(発言かぶってもカメラ切り替えしなくていいし)ので、結果てさぐれ3期最終回のてさぐれグランプリみたいなワチャワチャ感がある。内容は相変わらずシモネタ自重しないスタイル

抱かれたい男1位に脅されています

 略称はだかいち。芸能人日常アニメガチBL。抱かれたい男1位と2位の自給自足アニメ同性愛を描くアニメといえば今年は「citrus」を観たけど、こっちは登場人物が成人ゆえ、もう完全にエロに振り切っている(citrusエロいけど)。

 …と、思ったら監督龍輪直征citrusチーフ演出だった。同氏が監督を務めるアニメニセコイ」「幸腹グラフィティ」はエロいのかな。

 仕事プライベートで力関係が逆転するってド定番だけど面白い。常に厳し目のツッコミを入れ続けているのに、プライベートではそのまま押し切られるくだりが好き。2話ではプライベートでの力関係が逆転する展開になってたり、心の振れ幅というか人間臭さの強い恋愛モノになっている。背景美術の感じとか、全体的にTVドラマっぽいかも。

 そして二人の裸が良い。高人の(リアルに)骨ばった肩や腕、首筋に対し、准太の筋肉質な体躯特に2話シャワーシーンで見える腹部の、外腹斜筋がキレイ。ちなみに、ちょくちょく准太の背中に生えている羽は犬のしっぽみたいな機能

 あと各話ともガッツリSEXシーンを描いている(流石に秘部は隠してるけど)。これでも原作よりソフト表現になってるのかしら。

からくりサーカス

AmazonPrimeVideo独占

 「うしおととら」に続く名作のアニメ化。制作は同作と同じスタジオVOLN。原作は既刊43巻で、アニメは3クールの予定。一般的単行本1冊あたりアニメ2~3話程度のボリュームになることが多いので、本作の圧縮率は3倍くらい?シナリオ再構成には原作者が参加している。

 OPEDめっちゃかっこいい。制作したのは「へー、このアニメPVも作ってるんだ」でおなじみの10Gauge。

 多様な劇伴がすごく好き。何でもできるんじゃねえのこの人(劇伴林ゆうき。今期「ダグ&キリル」「風が強く吹いている」「HUGっと!プリキュア」もこの人が担当している)。

 97年~連載作品だけに、キャラデザリブートをするかどうか気になったのだけれど、90~00年代アニメを思わせる吉松孝博キャラデザはやはり最高。同氏が活躍した本年(よりもい、オバロ、そして本作)に想いを馳せるうち、今が2018年であることを忘れそう。

 本作は人間より大きい人形を戦わせるという作品なのだけれど、操作されている人形アクションシーンが非常に良い。人形ゆえ複雑な四肢を複雑に動かすアクション3DCG作画をうまく使い分けている。アルルカンとか「へーそうやって出し入れするんだ」ってなるやつ。

 メインキャスト3人が強すぎる。林原めぐみ小山力也て。1話の「アルルカン!」で鳥肌が立った。そして主役の上田千尋は大規模なオーディションで選ばれた(公式では2500人って言ってた)そうなので、いかに力を入れているかが分る。

でびどる!

 「gdgd妖精‘s」でおなじみ菅原そうたによるショートアニメ。本作も風刺ネタが多めのギャグちゃんといつものアレもある。今回の被害者三森すずこ井口裕香花澤香菜

 制作がいつもと違うので、作風も変わっている。全体的にカクカク。かつ目がチカチカする。

 本編(10分頃)には回し役としてふかわりょうが参加しているのだが、やっぱりプロ芸人さんはすごい。このシリーズ作品は「散々ネタを出し尽くしたため、いよいよ出がらししか出てこなくなるやつ」がすごい好きなんだけど、ふかわりょうがいるとあらゆるボケを拾って笑いに変える力を感じるし、かつスムーズな流れを作ってくれるので短い時間でも十分面白い。やっぱりプロはすごい。

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

 ヒーローに憧れる男の子主人公の、SF刑事ドラマ。ノリはかなり柔らかめ特に主人公バカ

 キャラデザがかなりゴツい。アメコミヒーロー意識したのかな。またセットやノリがアメリカTVドラマっぽい。舞台ニューヨークっぽいし。

 「TIGER & BUNNYシリーズに続くバディもの。いろんな事件と並行して刑事たちの群像劇を描く。タイバニと比べると「踊る大捜査線」みたいな土臭いシナリオになっている。SFチックな展開は「メン・イン・ブラック」に近い。3DCGで描かれるメカアクションは流石サンライズといった感じ。プロデューサー曰く「多くの刑事モノ作品オマージュを取り入れたシナリオになっている」とのことなので、刑事モノが好きな人は楽しみが多い。

 音楽林ゆうき。どちらかといえば刑事モノのTVドラマでお馴染みの人で、個人的フジテレビ系のTVドラマBOSS」が好き。本作もそういったブラバン劇伴マッチしている。

 人々の暮らし象徴するシーンとして街の遠景+行き交う車+タイムラプス風演出を使っているけど、どうやってるんだろ。めっちゃすごい。

 あとガサツなキャラを演じる早見沙織は貴重。かわいい

ガイコツ書店員本田さん

 制作鷹の爪でおなじみDLE本屋さんの日常を描くFLASHアニメ。「本屋さんってみんなが思っている以上に大変な仕事なんだよ」という強いメッセージを感じる。モデルになっているのは都心にある「とらのあな」みたいな書店。作者の実体験が元ネタとのこと。

 会話劇というより、半分くらい主人公CV.斉藤壮馬)の一人漫談主人公モノローグを中心に展開されていくのだが、表情筋が全く動かないキャラデザとは裏腹のハイテンションな演技が光る。非常にテンポがよく、感情ほとばしっている。特に1話の「ファッ!?!?!?」が好き。2話以降は「イカれたメンバーを紹介するぜ!」という副題どおりの展開なので楽しみが多い作品

宇宙戦艦ティラミス

 ショートアニメ。1期の続き。内容はいつもどおり。知らない人向けにざっくり説明するなら「シリアス王道ロボットアニメ」。1期もそうだけれど、OPEDの「曲」は非常に真面目な作りになっている。

2018-08-12

anond:20180812103315

そもそも同じブラバンでも、コンクール音楽的に上を目指したいやつと、甲子園応援やりたいやつでは思考が別だよね。少なくとも強豪校でブラバン入る奴は、アルプススタンドで「アフリカシンフォニー」とかやりたいんだよ。純粋音楽やりたい奴なんて、そもそもいない。

anond:20180811184839

応援の生徒も、炎天下応援したくない人が応援団だのチアだの入らないだろうし

野球が強い高校ブラバンつったら応援要員ってのも分かり切ってるんだから

それが嫌な人はブラバンも入らないだろとしか

家族も好きで来てるわけだし。

全然関係ない一般人向け応援ツアーなんかも作られてる(勿論、それに参加する人は好きで金出して行ってるわけだ)事実も知らないんだろうか。

2018-07-08

anond:20180708163825

シロクマ動画見てみたけどかっこいいね、同じ智弁和歌山ジョックロックってのも見てみたけどテンション上がる。

はいブラバン用のスコアの準備が難しいなら、完成してる既存曲ばかりになっちゃうのはしょうがないのか。

高校野球みてるとブラバン応援80年代時計止まってるんかって曲ばっかだけど、最近の曲とかバリバリやってる所もやっぱあるの?

2016-08-18

害悪おせっかいネット民

秀岳館ブラバン問題についてもそうだけど

インターネットSNSの拡がりでおせっかいネット民害悪になってる

仮にブラバン部員の誰かが内部告発として「学校側に押しつけられた」とどこかに書込みしてるのならまだしも

新聞記事に載ってるのを見て「これはひどい」と勝手に騒いでるのは本当に異常

騒動になって当の本人達が一番悲しんでいるし迷惑を被っていると思う

美談としてる新聞記者の神経を疑うっていう話は分かるんだけど

一度どこかに火がつくと結局当事者まで炎上するから本当に可哀想

インターネットSNSを使った批判方法って

あくま当事者関係者問題提起するところから始まって

それに対して皆が意見を寄せるっていう形じゃないと正常な議論にならないと思っていて

勝手関係無いネット民が「これはひどい」ってところから問題提起をすると

本当にそれが問題なのかどうかが置き去りにされて勝手議論が進むから

ほとんどの場合正常な議論になってない

SNSのお陰で発言力をみんな持てるようになったからこういうおせっかいネット民が増えたと思う

もっと受動的にネットを使った方がいいんじゃないのかな

当事者じゃ無いなら能動的に情報発信なんてしなくていいよ

センバツは、野球をしてる学生と、その殉じていく様を食い物にする搾取コンテンツだけど

応援だって搾取結晶なのは変わらない。

チアだってブラバンだってやりたくてやってるケースが1割あれば御の字

あれはやっているんじゃなくて、やらせている大人がいる、そういう大人は内心や推薦っていう将来を握る生殺与奪を掌握してる

ところで、センバツというプロ野球大学社会人野球への就活の場について、

高校生のうちから肩を筆頭に肉体を摩耗し疲弊させている事についてなかなか指摘があがらないわけだけれど

これも搾取コンテンツとして解釈すれば、日本野球レベルが上がらないのもわかる話

2016-05-29

[]

クロニクル・アラウンド・ザ・クロック三部作を読んだ。一冊目を読んだ時はふーんって感じだったけど、二作目三作目と一つの事件の見え方が変わっていくのが面白かった。

真犯人オープンDについて作中の人物がいい表しているようにとてつもなく頭が回る怪人なんだろうけど、これみよがしに足跡を残している(ように見える)理由は逃げ切りたかたからなんだろうなと思った。

追い詰められそうになった時に、潜伏に徹するか牽制して相手の息を挫くかの二択を迫られて、オープンDは牽制を選んだわけなんだけど、そういった目に見える形での圧力を取る人物って、根っこの部分で恐怖に囚われているんじゃないかな。オープンDの性格からすると他人を蔑む傾向もあるから無意識の内に現れた自己防衛一種なのかもしれないけど。

さておき、津原泰水小説個人的に合わないのかもしれない。バレエメカニックブラバンとかあんまりぴんと来なかった気がする。前者はなんか難しかった記憶がある。後者はもう大分忘れてしまった。船に乗れ!と混ざって記憶しているかもしれない。楽隊うさぎは楽しかった記憶がある。

まさか人形シリーズは一巻しか読んでないので、またいつか集めたい。

2015-05-12

響け!ユーフォニアム」の滝先生モヤモヤする件

アニメ響け!ユーフォニアム」を通して見る揺れる心

http://seagull.hateblo.jp/entry/2015/05/11/144400

こちらを見てて、滝先生が「生徒に目標を決めさせる場面が誘導尋問である」という指摘に「そう!そうなんだよ!」と思った吹奏楽経験者です。

自分は中高大とアマチュア吹奏楽続けてた(就職時間が取れなくて止めた)んだけども、中高はいわゆる弱小で、大学も中高に比べれば雲泥とはいえ、まあそこまで上手くはなかった感じの人間です(全国大会にはほぼ縁のないレベル)。

でまあ滝先生モヤモヤする点って、それが効果的かつピーキー手法からなんですよね。

そもそも吹奏楽(オーケストラもだけど)同時に演奏する人数がやたらに多い。

ロックバンドですら「音楽性の違い」とか様々な理由で解散するのに、50人からの人数(しかもまだお互いの意思疎通・合議能力に乏しい高校生)をまとめ上げるのは大変。

生徒の自主性を尊重してたら時間がかかってしょうがない。

その上、「部活の外の人たち」は「コンクールの結果」でしか部活価値判断してくれない。

短期間で「コンクールの結果」を出すためにはああいうやり方が効率的ではあるんですよね。

ただねえ、中高の部活って、「迷ったり・失敗したりする」事も大事財産だとも思うのですよね。

特に高校生ともなれば、自主的に色々やってみたくもなる年頃で(高校生だと演奏会で身の丈に合わない曲を選んで轟沈なんてことも結構ある)、それを先生がキリキリ誘導ちゃうのが正しいのかっていうところはすごくモヤモヤするわけです。

もちろん、生徒たちの意思サポートできる知識とか人脈とかはすごく大事なんですけど、結果として路頭に迷ってたからといって、圧倒的な手腕でひとつの方向に導くのが「正解」なのかどうかってのはまあ「答えのない問い」ですよね。だからモヤモヤする(それとは別に先生みたいな「デキる人」の表面だけ見習って、生徒を地獄に叩き落す勘違い指導者が少なからずいる、って問題もあるんだけどそれは別問題なのでおいておく)。


実際問題として、「顧問先生に導かれて結果を叩き出した」生徒たちの少なくない人数は、高校卒業音楽から離れます

まあもちろんそれはある意味当然の事(高校部活吹奏楽に限らずおおむねそんなものではある)なのだけども、「彼ら彼女らが高校自分が今後音楽にどう向き合っていくかを考える機会と知識」をきちんと得られた結果なのだろうか、ってのは色んな吹奏楽経験者を見ていて疑問に思うところなのでした。

結局先生にのせられて部活を続けて、「その先を自分がどう歩くか」を考える機会も材料も得られなかったんじゃないのかって。

ま、回答はありません。でもねえ、全国大会に出る吹奏楽部だった人でも、吹奏楽CD(今はCDに限らんけど)を買ったりする人って少数派だったりとか、吹奏楽プロ音源ってびっくりするほど多種多様にあるのに、売れているCDアマチュアCDばっかりだという現状とか、肝心の全国大会でもトップレベル学校がいまだに非音楽的な曲カットをしていたりする現状だとか考えてると、「結果」ってなんだろうなーと思うわけで。

そもそも音楽客観的定量的に決められるような「結果」なんてないんだから当たり前ではあるんですけどね。

あくま吹奏楽コンクール演奏技術のみを競う場ですから(だから音楽的にひどいカットをしても基本減点されない)。


なんかモヤモヤに引きずられて話がそれました。すいません。


で、原作の誠実なところは「このモヤモヤにはすっきりした回答なんぞない」というところをきちんと描こうとしているところだと思います

同じ音楽を扱った作品でも「BECK」とかだと勝負普通に勝ってしまうわけですけど(あれは基本的には、プロが「客ウケ=動員数」という基準勝負してる話だからそれでいい。作者の「本当にいい音楽は誰にでも伝わるはずだ」という暴力的な音楽観はヒシヒシ感じるけど)、この作品は「結果」ってのがそんなに分かりやすものではない事をきちんと踏まえている。

から先生全面的に作中で肯定されるわけではない(はず、原作一巻を読む限りでは)し、かつ、群像劇として多種多様価値観の人々が「設定された目的のために協力はしても考え方を相容れることはあんまりない」という方向で話が進みます


このモヤモヤについて、見る人が色々考えてくれるといいなあと、私も思う次第です。


他にも作中の曲についてとか原作者楽曲スコア見てなくて事実誤認してる部分とか色々言いたいことはあるんだけど、最後ひとつだけ。

「吹部」っていう略称は、大学の「回生」並に関東東北(多分北海道も)では通用しないから気をつけろ!

ただし、「ブラバン」はブラバンで熱心な吹奏楽部員の神経を逆なでする(brass bandは本義的には金管楽器打楽器の編成を指すので)から気をつけろ!

ちょっとだけ追記しておくと、

そもそも「コンクール全国大会出場」と「コンクールに出場して思い出作り」の二択しかないのがおかしいって指摘はきちんとしておいた方がいいですね。例えば演奏会に力入れたいからとかマーチング力点置いてるからとかでコンクールに出ないって選択をしている学校も少数だが存在するし。ここには滝先生の「吹奏楽部コンクールありきだ」っていう偏狭さがあるともいえるわけです。あえて極端な二択を提示することで、ほかの選択肢考慮する余地を奪うって言う詐欺師常套手段です。

極論、そういう様々な選択があってモヤモヤする音楽活動ってやつを、コンクール一生懸命やって技術的に上手くなるっていう否定しづらい名目で塗りつぶしてるともいえる、んだよね。滝先生は。

2014-07-07

http://anond.hatelabo.jp/20140707131839

独り暮らしが何年続くかによって考え方も変わるだろうが、

ザルはパンチングの方がいいぞ。金網だと、ヘタれるし、水垢がたまって汚い。

主な用途は、どうせパスタだろう? 綺麗に洗えた方が気分がいい。

水切れも、そんなに違うかなぁ。

ボールとの二個セットを買って、穴の空いてるのを少し傾けて

浮かせて置くようにすると具合がいい。

から、パンチングの方がいい。ただし、柳宗理である必要はまったくない。

ブラバンシアは、御説の通り、ペダルがガタガタしてくるから

あんまり勧めない。そもそも、バケツタイプは生ゴミの汁漏れがあると最悪だからダメだ。

ゴミ袋をちょっと引っかけるタイプので十分と思う。

2010-12-26

ロックンロール

ぴきゃっwwwwwwwwwwwwぴきゃっwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これがマイスタイル。ステディマイデイ。

デストライアル。ちゅーとはんぱにポニキャニあやちゃん。

るっくるっくにこんにちわ。ってベイビーそれは間違っているぜ。

ぴくっwwwwwwwwwwwwwぴきゃみんwwwwwwwwwwwwwwwww

なんだかとっても笑えてくるよ。

不思議不思議呪文だよ。呪っちゃうよ。

ぺかっwwwwwwwwwwwwwぺかっwwwwwwwwwwwwwww

ナイスロックなエブリデイ。ユーとミーの最高ダンシング

ぷろぷろっと文字書いてる時間幸せ

ぺがりー伊藤ナイト。しっかし大丈夫かなぁ。大丈夫だろう。きっと大丈夫さ。

It's トワイアルナイト!!新たな称号目指して飛んでいくぜ!

ぎぶみーチョコレートチョコレート工場

ナイスロックデースいつものように。

ろりろりんっとはじけ飛ぶ。ぴかっぴかっにしてあげる。うふふ。

毎日懲りずにダンシング。侍やばいのダンチョング。

何もかもありにしてしまったら、超フリーダム世界へいってしまった。

ペギョパラッチ。だんだん狂っていく人の頭。

ピギョヴァロチッ 何の鳴き声です?それは。

ヴェギャッヴェギャッ マイマシュマロン。ましまろおばけが出てくるぞ。

ヴィギョッヴィギョwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ブラバンシwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ビョギョッwwwwwwwwwボギョwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

スライドアターックwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ヒークライングミー。私は信じている、あなたを。

どうでもいいけどふらっとでね。ふらっとでかけてね。

そんでもってもちっと言葉の泉に投げ掛ける伝説の剣。

連想連想を呼び、頭の中が錯乱する。

そんなご様子を楽しみたいだって

楽しすぎて笑えてくる。

ほーほけきょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

びぎゃすwwwwwwwwwwwwwwwwwびぎゃすwwwwwwwwwwwwwwwwwww

適当こそ我が生命レスポンス伊藤兄弟

デストライアルに挑戦だ!ふぎゃーwwwwwwwwwwwwwwwwふぎゃーwwwwwwwwwwwwwwwwww

ぺぎゃーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ぴぎゃーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

意味不明言葉にも、味があればそれでいいじゃない!カニ味噌じゃない!

ふつくしい・・メロディックラインが目に染みる。

ぽーぽけきょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

レッツダンシングパーティ。いつものようにふざけまくって。

プッチョヘンズアップ!カマンベイベー!!

無変換キーを推しまくるぜ。押しまくれ!!

ひぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

らめなのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

びっくりするほどユートピア!パラダイスのその先は?

ヘモグロビン。ビロリロリン。超コマネチ。こんなことってないっちー!!

ばろしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ひたすらにばろしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ばーろーwwwwwwwwwwwwwww

笑えてくるぜ、全くだ!!びぎょびぎょぼよよんびぎょびぎょ~ん

俺教!!ベホミア~ン 神!スーパーデリシャスルックルックぽよ~ん

デスフライトライアングル

2010-10-13

http://anond.hatelabo.jp/20101013154149

おっさん(30歳以上)

  →36歳

身長(170cm未満)

  →173cm。

低学歴マーチすら出てない)

  →偏差値45の私大

不細工(下の中~下の上)

  →中の上だな。

ネットでは嘘ばかりつく

  →つかない。

部屋が汚い、生活がだらしない

  →汚い。

中学高校は帰宅部

  →中学ブラバン。高校は帰宅部

習い事をやらない、やっても続かない

  →子供の頃は無理矢理やらされてた。いまは興味がない。

理屈っぽい

  →そのとおり。

実績も無いのにプライドだけは高い

  →実績はあるが自尊心がない。

友達がいない

  →学生時代みたいなのはそうはいない。

アニメマンガネットなどインドア趣味しかない

  →インドア楽。

うまくいかないことは親のせい、社会のせい、時代のせい

  →人のせいにしない。

母親に対してだけ強気

  →20年くらい会話してない。

年代の男女の前ではオドオドビクビクする

  →気弱な振りをする。

ロリコン

  →娘ができてなおさらそんな気はない。

どこへ行っても孤立する

  →誰とでも迎合。

人の話を最後まで聞けない、文章を最後まで読めない

  →話を聞き過ぎて喋れない。

男には笑いものにされ、女にはキモがられる喋り方

  →ない。

嫉妬心が強く攻撃的な性格で、中傷が大好き

  →敵には攻撃的で中傷大好き。

若者高校生大学生)が羨ましくてしょうがない

  →結構裕福な立場だけど、何もない若者のと取り替えて欲しい。何でもできるから。

この投稿に「自己紹介乙」とコメントしたくなる

  →自己紹介

2007-08-14

Base Ball Baerのレーベル内ページで「ドラマチック」のブラバンスコアが配布されてるの、気づかれてるのだろうか

2007-05-20

腕相撲

コツってのもあるかも知れないけど、文化部ってなに?物によっては腕力付くかもよ。

中学の時、腕相撲大会の1-2を飾ったのはブラバンコントラバスのお二人でした。

あれを弾き続ける腕力は大した物らしい。

http://anond.hatelabo.jp/20070520101139

2007-05-03

http://anond.hatelabo.jp/20070503173355

いや、君の挙げたものはどれも楽しそうじゃないか。

空回りするだけの部長がいろいろと企画を立ち上げるけどどうも自分のためだけのイベントで他の人は苦労してばかりで何の楽しみもない(彼の実家ペンションスキー旅行など)ことや、空回りするだけの部長が、このサークルの風紀は乱れているのでサークル恋愛禁止宣言違反者退部処分部長以外即時自動退部事件であったり、ボランティアをやろうなどという掛け声とともに全員でボランティア活動し始めるも空回りするだけの部長が一番下手で周りの者の仕事をなじり出し、彼以外は教職課程にあるのでもう一度ボランティアをやることになったり仕方がないのでもともといたオーケストラ部だかブラバンだかに追い返す形でクビにしたらブラバンの方からなぜ返すのか私たちは平和に過ごしていたのにこれは暴力だと抗議されるようなサークルのことであろう。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん