「夏の日の1993」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夏の日の1993とは

2019-01-19

anond:20190118223251

反射的に夏の日の1993! と思ったが2桁じゃなかったね

2018-11-06

フェミニスト(笑)には「夏の日の1993」を聴いて元気出して欲しい

まるで別人のプロポーション(笑)

普通の女と思っていたけどLOVE(笑)

チェケラッ!!

2018-10-13

夏の日の1993

地味な女と思ってたら実はええ体してるやん!好きやで!

瞳そらさないで

いつもの時間に家におらんし態度もなんか変わったし男でもできたんか!ワシのこと忘れたとは言わさんで!こっち見ろ!

2018-08-15

タイトル西暦が入っている曲

帰省の車内でそんな話になったんだけど、「夏の日の1993」と「LOVE 2000」と、他に何かあったっけ?

リマスター版とかセルフカバーとかで何かありそうな気がするけど。

2017-09-11

anond:20170911175127

地味な女とプールに行ったら意外とイイ体で俺っちやる気MANMAN!というプールサイドの情景歌い上げた名曲夏の日の1993」があるじゃないか

2017-08-27

https://anond.hatelabo.jp/20170826201309

どんな歌だったっけと思って"夏の日の1993 class"で検索してYouTubeの曲を聴いてみるんだけど

こんな女声じゃなくてもっとおっさんぽい声色だった気がして、なるほどこうやって記憶が美化改竄されていくのかと自己嫌悪に陥った

2017-08-26

夏の日の1993」ってゲスい曲だなと前から思ってたけど

カラオケで歌って、改めて文字歌詞を見たら、

最初から最後まで全フレーズゲスで、途中から笑いが止まらなくなった

2017-03-01

キレ痔問題

私はキレ痔だ。

冬はやばい乾燥するとキレる。俺はキレていないが、奴はキレる。

肛門筋は、基本的に相当丈夫だが、乾燥には弱い。

で、ボラギノールの出番。

ただ、ボラギノールであっても、重症化すると例外案件となので、 そうなった場合は、なるはや肛門科へ。

金の切れ目は縁の切れ目。

ボラギノールダメなら肛門科

・・・

それは、もう規定路線定説

あー 痛い。always 鮮血。冬。

夏の日の1993。恋。

冬の日の鮮血、2017。

痛い。助けて。

繰り返すが、俺はキレていない。奴はすぐキレる。冬。

2015-07-12

恋するおっさんはせつなくてちょっとしたことですぐLINEちゃう

恋するおっさんはせつなくて

ちょっとしたことですぐLINEちゃう

もちろん、返事はない

正確に言うと

彼氏デートの予定があって」

結婚式二次会に行くから

って感じで

明確に断わる理由があるときだけ

返事がある

そうじゃないとき

基本、既読スルー

おっさんには

妻がいて

子どもがいて

彼女には

彼氏がいる

それでも、恋する気持ち

アンストッパブル

恋の暴走特急

止めかた教えてよ

ねえ、デンゼル・ワシントン

鳴らない携帯

やまない自己嫌悪

最近、急に体重が増えたか

ピチピチのワイシャツ

Always 浮いてる乳首

でも新しいワイシャツは買わない

だっておこづかい制だから

もうすぐ夏が来るよ

花火大会、いっしょに行きたい

でも行けない

盆は実家に帰るから

盆は実家に帰るから

まあ

実家に帰ってなくても

一緒に行くことはないけど

Hey, DJ

鳴らしてくれメロウなナンバー

具体的に言うと

夏の日の1993

もしくは

Get Along Together

というか

山根康広なら何でもいい

山根康広なら何でもいい

2014-08-12

夏の日の1993

今年もまたお盆休みをとった。

夏休みなんて関係無く働いている方には申し訳ないが、夏休みと言っても奮発して海外旅行に行くわけでも無く、いつも妻と子供連れて帰省するだけだ。

子供が小さかった頃は新幹線でグズる度にヒヤヒヤしたもんだが、今は田舎に向かって変わりゆく車窓に目もくれず妖怪ウオッチ。

田舎の母も父もどちらかと言うと俺に会いたいのではなく、そんな孫に会いたい。妖怪ウオッチのオモチャかなんか渡して甘やかしてね。

妻は都会育ちなので、海とか川とか山とか…実家の庭でBBQとか、地元の美味いもん食ってれば大満足。母とも父とも仲良いし、息子が夏休みの宿題さえやってれば機嫌が良い。

俺はというと甲子園みながらゴロゴロしてるだけ。

まりにやることなくて早朝、蝉の声で目覚めるので、散歩する。

散歩している時、妙な感覚に陥る。

朝露の田んぼと山からのひんやりした冷気と徐々に陽が登ってじりじりと草や土が陽に焼けてく匂い。狂ったように鳴く蝉の爆音。余りに煩くて空見上げたら緑と言う色の印象を超えた緑に繁る山とでっかい雲に青い空。

俺、ここで産まれたんだよなぁ。それが今は大都会東京ビルしか見えない窓の外眺めながらエアコンがんがんに効かせて働いているんだよなぁ。変な感じ。

ばぁちゃんに会いたい!

そうだ!

麦茶飲もう。

2011-06-13

http://anond.hatelabo.jp/20110613122831

ダイアモンド1989年ロマンスの神様1993年冬だから全然同時期ではないぞ。

後者はもうバブル崩壊も実感されてた頃だし。


1993年と言えば夏の日の1993歌詞何気に酷い。

要約すると、「別に気にしてなかった地味な女が水着になったらいい身体してるんで好きになった」だからな。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん