「個室ビデオ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 個室ビデオとは

2021-10-20

anond:20211020131357

俺の来年の姿かな。。。

職の岩渕達也容疑者(42)は、図書館特別思い入れがあった。

 先月22日の午後8時前、女子中学生本棚の脇に置いてある椅子に座って1人でマンガを読んでいた。中央図書館は区内一の大きさで、日祝以外は夜9時45分まで開館している。

■30分間にわたって繰り返し陵辱

 岩渕容疑者は、女子中学生の左後方からそーっと近寄ると、チャックを下ろしてイチモツペロン露出させ、女子中学生の左腕に押し付け肩にのせた。

 女子中学生は恐怖のあまり声も出せず、その場から逃げることもできなかった。調子に乗った岩渕容疑者は人が通る気配を感じるたびにいったん、イチモツパンツしまい、その場から離れ、人が過ぎ去ると、また戻ってきて女子中学生にイチモツをグイグイ押し付けた。

 およそ30分間にわたって断続的にエロ行為を繰り返し、最後女子中学生の両胸を両手でわしづかみにしてから図書館を後にしている。

 女子中学生は岩渕容疑者が立ち去った後、すぐに交番に駆け込んだ。

 調べに対し、「暇つぶしのため、たまに図書館を訪れていた。性欲を抑えきれずにやってしまった」と供述女子中学生は「怖くて動けず、声も出せなかった」と怯えていたというから卑劣まりない。

 岩渕容疑者岩手県出身2020年12月上京都内個室ビデオ店で寝泊まりをしていた。犯行後、女子中学生から話を聞いた警察防犯カメラ映像をたどっていったが、台東区内で行方が分からなくなった。そこで付近の聞き込みを行い、個室ビデオ店の店員に話を聞いたところ、「うちの店にいますよ」と証言し、居場所を突き止めた。岩渕容疑者は1カ月パックを利用して、ネットカフェを泊まり歩いていた。

 岩渕容疑者公然わいせつなど前科前歴が16あり、19年4月に出所。今年9月まで、品川区内の倉庫新宿区内のコンビニバイトをしていた。

2021-09-19

小官が「個室ビデオ店」の疑問にお答えするため召喚されたであります

敬礼(`・ω・´)ゞ

増田増田支部所属増田一等増士入ります

本日令和3年9月19日マルマルサンサン

下記のような増田投稿されたであります

摩訶不思議な「ビデオ試写室」の世界

上記増田への回答のため、社員寮もしくは兵舎にて居住するもの派遣せよとの命を受け、召喚されたものであります

ただいまより兵舎居住者と個室ビデオ店の関係について解説するであります

敬礼(`・ω・´)ゞ

現在でも官公庁及び各種民間企業に置いては若年構成員独身者及び単身赴任のために寮生活を行っている組織が多くあるであります

中でも自衛隊自動車工場などの組織では新規採用者はほぼ強制的寮生活をすることになるであります

また寮生活でなくともシェアハウスなどで一部屋複数人生活しているものもいるであります

そもそも家庭を持たずにネカフェ渡り歩いている日本国民外国人等も多くいるのが我が国の現状であります

かような状況下に置かれている者たちは「誰にも邪魔されず安心して事故性的欲求を発散させるための自慰行為(以下オナニー呼称)が出来る環境に置かれていない」(以下オナニー弱者呼称)と言えるのであります

個室ビデオ店、ビデオ試写室などの呼称をされるテンポ(以下個室ビデオ店と総称)はそういった「オナニー弱者」の駆け込み寺として非常に強いニーズがあるのであります

ネットカフェでシコシコすればよいという意見は半分正解なのでありますが、やはり本来オナニーのために用意されていない店舗においてオナニーをするのは勇気がいるであります

また、ネットカフェオナニーをする際にはオカズ調達に別途料金をかけるか、無料提供されているオカズ妥協、もしくは監視カメラで見られている状況でXVIDEOSなどの無法地帯に堂々とアクセスなどのハードルが待ち受けているであります

個室ビデオ点であれば、料金の中にオナニー部屋として使用することやオカズを借りるための代金もまれているので伸び伸びとオナニーが出来るのであります

個室ビデオ店最大のメリットは、個室ビデオ店はオナニーをするための場所であるという概念が共有されていることなのであります

なぜ個室ビデオ店に通うオナニー弱者は、個室ビデオ店の代わりに風俗店を利用しないのかについて解説するであります

まずオナニー風俗は別であるということであります

そもそもスケベDVDを見てAV女優で見抜きするのは風俗で見抜きするのとはまた別の行為であります

どうせ金を払うなら風俗にいけと思うかもしれませんが、それは同時にどうせ金を払うならAV女優で見抜きしたいという回答も想定すべきということであります

また、現在のようなコロナ禍のみならず風俗店には不潔なイメージがあり敬遠する人も多いのが実情であります

たとえ個室ビデオ店においても直前にオッサンがシコシコするのに使った部屋であり、エアロゾルの中にオナニー中のオッサンが出したすっぱい汗の成分や空気中に散布された精液のカスが残っているというリスクがあるとしても、直接生身の人間と触れ合うよりかはよっぽどマシと考える人も多いということであります

人間と触れ合うことにストレスを抱えがちな人にとっては、職場や寮で人間相手にして疲れているのに風俗でまた人間相手にしていられないといった考えも広がってきているであります

結論から言えば、結局金がかかるなら風俗に行けばいいという反論個室ビデオ店の存在意義に対して投げかける疑問としては穴だらけということであります

以上で個室ビデオ店がなぜ日本中存在し、そんな店の経営が成り立っているのかの解説を終了するであります

小官、これより個室ビデオ店でシコシコしたのち寮に直帰でありますゆえ質問に答える時間はないであます

あとは他の隊員に任せるであります

増田増田支部所属増田一等増士退室するであります

敬礼(`・ω・´)ゞ

anond:20210919003317

グリーンチャンネル無料なんで競馬民もいたりする。

あと自分学生の頃、東京就活するときに何度か宿泊した。格安だし、完全個室で床がフラットなところで寝れるのとシャワーがあるのが助かった。ネカフェカプセルホテルだと完全個室は無くて他の客のいびきマジでうるさい。最終的には評判のいいカプセルホテルドヤ街にあるような1室3畳の民宿シフトしたけど、個室ビデオ店にも助けられた。

anond:20210919003317

家族持ちの男が、家に自分だけの部屋なんてないから、仕方なしにビデオ試写室を利用するってのは確かにあるとは思うけど、そんな男がここまで多いの?って感じ。

そうだよ。

居酒屋に行くのも個室ビデオ行くのも、全部家に居場所ねえからなんだわ。既婚者って。

落ち着ける一人きりの空間マジで個室ビデオしかねえんだわ。

摩訶不思議な「ビデオ試写室」の世界

自分自身はこれまでビデオ試写室どころかネットカフェですら利用したことがない男である

ネットカフェたまたま利用する機会がなかっただけだとは思うけど、ビデオ試写室というものに対しては全く興味はなかった。

オナニーしたいなら自分ちですればいいのに、なんでわざわざ金払ってまでそんなところを利用するのか?」

くらいにしか思ってなかった。

 

そんな自分が、たまたまそのビデオ試写室でバイトを始めることになった。バイト時給を稼げればなんだっていいだろ、くらいにしか考えずにたまたま選んだだけだ。

ただ、なんとなく「楽そうかも」と思ったというのはあった。そんなに利用者が多いとは思ってなかったからだけど、その予想は完全に覆された。

その店、めちゃくちゃ利用者が多く、土日などになるとひっきりなしに客が入れ替わり立ち替わり入ってきて、個室の回転率が異様なほど高いのだった。

50室ほどあるが、超忙しい時間帯になると数室しか空きがないくらいで、タイミングによっては満室になることもある。

カウンターに数名程度とは言え、入退室で行列ができる事もある。

清掃に至っては、同じ部屋を日に最大で十回近く清掃することさえある。

驚いたのは、予約する人までいる事だった。ホテルでもあるまいに、ビデオ試写室に予約だなんて想像範囲を超えている。

から仕事が楽だなんてとんでもない話で、休み時間はきっちり取れるようにしてあるけど、働いてる時間はずっとほんとに働き詰め。

 

そこまで繁盛する理由の一つは、多分その店、オカズとなるDVDの品揃えが豊富で、大量に新作入荷を常時やっているからだろう。

からリピーターも多いらしいが、それでもなんでそこまでしてオナニーしにくる人がそんなに多いのか理解しきれていない。

だってさ、昼日中どころか朝からずっと客が入ってくるんだよ? フリータイム時間利用が一番多いけど、たったの一時間利用だって多いし、30分利用者までいる。

そこまでして抜きたい気持ち全然からない。

もちろん、自分がそんなに抜きたい男じゃないからかも知れんけど、わざわざビデオ試写室に金払ってまでしたいとは全然思わない。

しかも安いだなんて思わない値段だよ?最低でも千円以上は払うし、一泊くらいになるとビジホと同等の料金まで掛かる。

家族持ちの男が、家に自分だけの部屋なんてないから、仕方なしにビデオ試写室を利用するってのは確かにあるとは思うけど、そんな男がここまで多いの?って感じ。

風俗だったらもっと金掛かるからたかが抜く程度と思えば安いってのはあるのかなぁ・・・

 

でも、その店、不思議な連中がいる、というか半ばその人たちが常駐に近い存在になってたりする。

風俗とでもいうのだろうか、個室ビデオ店に入ってくる男性客を狙って、抜いてあげる人たちである

店の方は単に黙認してるだけで、何の関係もないのだけど、黙認してるのはもちろんその人達から売り上げが得られるからで、毎月相当な金額を落としてくれている。

言っとくけど、女性ではない。

実際に行為を目撃した店員はいないので、噂レベルだけど、ビデオ見て自分でするだけでは射精することが出来ない男達がいて、その男達がありがたがって利用しているのだろうという話である

 

にしても、自分の知らない世界がこんなにも摩訶不思議だったとは完全に予想外だった。

 

2021-08-31

ネットカフェだと思ったら個室ビデオ店だった

ここはナニするところ?

2021-07-06

裏垢ブログを始めたら性的生活が激変した話

中高大と全くモテることはなかった。容姿はもちろんのこと、陰気で卑屈な性格が災いしていた。

恋愛する資格すら与えられないような、集団の中にいても最初から選択肢に入っていないような空気のような存在だった。

当然ながら、経験人数はおろか付き合った人数もゼロだった。

二十歳くらいの頃にはすでに、もう私は一生セックスなんてする機会なんてないんじゃないか、と薄ぼんやりと思っていた。

そんな中、就職後の職場ストレスから勢いでブログを始めた。

今で言う自撮り裏垢のようなものであり、肌色が多かったり体のライン露骨に強調されるような服を着た写真を撮っては投稿するようになった。

今までは毒にも薬にもならないような日記を書いていたことはあったのだが、陰気な内容であり知人以外で見る人もなかった。

それに対して、裏垢のブログはそこそこアクセスされるようになり(一日1500ページビューくらい)、コメントもつくようになった。

人に言えない趣味が増えたな、と私は思った。

しかし、そのブログを起点として、私は他人と肉体を重ね合わせるようになった。

 

一人目

 

ブログコメント欄の常連の人であり、簡素なやりとりからチャットに発展してオフで会うことになった。

仕事出張がてら関東に行き、新宿アルタ前の喫茶店で待ち合わせをした。そのままホテルに行き裸になって体を重ねたが、本番には至らなかった。

相手のよだれの臭いと重なったとき相手の体の重さを覚えている(相手の方が遥かに大柄であった)。

その後1回だけ会うことがあったが、それきりとなった。特に恋愛感情はなかった。

 

二人目

一人目と同じように、ブログコメント欄をきっかけとしてやりとりを行うようになった。

一人目と同じように、出張がてら関東に行き、そのままホテルに行ったが、本番には至らなかった。

そもそもそういったことを目的にしたわけではなく、写真撮影を行いという相手の申し出があったのだ。

当日は年甲斐もなく女子高生制服を着て2時間くらい写真を撮られた。もちろん両者の合意に基づいている。

しかし、相手とはそれきりとなった。

 

三人目

 

この頃、ブログからTwitterに移行していて、そこからメールでやりとりをするようになった。

数回の事務的なやり取りの後、会うことになった。この時は自宅に相手を招き入れたが、本番には至らなかった。

私の部屋で相手全裸になると、私はブーツを履いたまま相手性器を踏みつけた。そういったプレイであり、もちろん両者の合意に基づいている。

このとき部屋では、coldplayのviva la vidaという曲が流れていたのだが、この曲のサビで流れている鐘の音に合わせて相手性器を踏んづけていたら楽しくなった。

今でもこの曲を聴くとそのとき足コキのことを思い出す。

相手とは、新年にはあけおめメールのやりとりを行ったりしている。

 

四人目

街中で偶然声をかけられて、しつこくついてくるので渋々食事を一緒にとった。

その後もずっとついてきて、なぜかその流れで大阪の堂山あたりのホテルに入ることになった。

この時も本番には至らなかったのであるが、相手性器を出してきたので私はそれを口に咥えた。

フェラチオは初めての経験だったが、そのまま相手は私の口の中で射精に至った。

それを飲み込むことはせず、洗面所で全部吐き出して口を濯いでいたら、相手もすっかり興醒めになったようであった。

私は終電で帰り、それきりとなった。

 

五人目

 

Twitterのやりとりから発展して会うことになった。神戸三宮で待ち合わせをして、その後自宅へ招き入れた。

着衣のままお互いに股間を弄りあったが、やはり本番には至らなかった。

そのとき相手はかなりの巨根であり、乳首でも感じることができる素質を有していた。

私が相手の胸を触ると喘ぐ姿を見て、男性でもこんなに乳首で感じるんだな、といった小学生並みの感想を抱いた。

が、その後会うことはなくそれきりとなった。

 

六人目

 

こちらもTwitterのやりとりをきっかけで会うことになった。大阪難波の個室ビデオ屋で待ち合わせをして、そのままの流れで行為に至った。

相手緊縛趣味であり、両腕をアームサックで固定し、口枷をはめられた状態で挿入に至った。もちろん両者の合意に基づいている。

五人目にして初めての挿入であったが、気持ち良いということはなく、相手体重の重さと挿入に伴う鈍痛をいまだに覚えている。

このとき相手ともそれきりとなった。この頃から自分は不感症ではないかと思うようになった。

 

七人目

 

Facebookアカウントを持っており、そちらのやりとりから会うことになった。

会うのは初めてではなく、大阪あたりのアングラ風味のイベントで何度か顔を合わせていた。

神戸高台の方の街で待ち合わせをして、相手の自宅にお邪魔することになった。

相手ラバーフェチだったので、自分ラバーキャットスーツというものを着て胸とかを弄りあった。

ゴムしなの特に気持ち良いということはなかった。

行為としてはそれきりであるが、その後何度かイベントなどで会っている。

 

いずれの相手恋愛感情も湧かず、心から気持ち良いと思えることもなかった。

このような経験を通して、自分はもしかしたらアセクシャルなのではないかと思うようになっていた。

 

しかし、転職した先の職場で見かけた同僚の女性恋愛感情を初めて抱いたのである

ものすごく遅れてきた初恋のようであったし、または私はその感情をずっと抑圧していたようにも思えた。

その経験を通して、私はセクシャルマイノリティではなく普通ヘテロセクシャルであることの確信に至った。

2021-05-20

元嫁が数千万貢いだスピリチュアルっぽい団体代表

サンプル数1だけど。


人心掌握術には凄く長けている

飴と鞭の使い方が上手いというか。あんたが悪いって怒るケースと、あんたは頑張ってる、いずれ報われるって救うケースの選別が上手いなと思った。

信者にならなければ早々に切り捨てる

簡単には説明できないんだけど、子育てママ相談に乗るみたいなことをずっとやってた人で、浅い付き合いの時は結構ためになることを言うので、安い金払うぐらいならメリットはある団体だった。

それが、ボランティア的な作業押し付けたり、何千円かかかるような講習受けさせたりとちょっとずつエスカレートしていく。

信者にならなかった人も何人も知ってるけど、その人達普通の人。ただ子育てに悩みがあって、相談に乗ってもらえたら楽になるぐらいの。

その普通の人たちが一斉に脱落する時期があった。残ったのは酷い悩みを抱えている精鋭というか信者だった。

馬鹿だけど根拠のないことを信じさせるのが上手い

それこそ○○菌とかそういうの。波動とか。心理学っぽいけど心理学じゃないやつとか。

多分その代表を経由してなければ、信じてないようなものも、その代表に勧められると疑いなく信じてしま信者だけだった。というかそういう状況を作るのが上手かった。

未来を大きく語る、実績を誇張する

将来の団体日本中に広がるだとか、なんかしょうもないフリーペーパーに乗ったこととかをあたかも注目されてると誤認させてた。

そこの団体メンバーでにしか書けないような、(要出典)だらけのWikipediaページ作った時には笑えたが、身内がWikipediaにも載ってる! って感動してたかめっちゃしんどかった。

依存させる

ちょっとした悩みでも話を聞いて、しかも、『忙しい中わざわざ時間を取った』みたいな押し付けで、誰でも考え付くようなアドバイス与えて、それを自分の手柄にするのが凄く上手かった。

まさに洗脳の手順なんだと思う。ちょっとした恩をことあるごとに繰り返し、「あの時は私が助けてあげた」みたいなことを刷り込んでいく。

数百万貢げって言われた時に、増田も話し合いの場に居たのだが、「いや、あんたおらんでも解決しとったで」っていうエピソードだらけだったんだが、元嫁は「確かに! あの時はありがとうございました」モードになってたから、わしもちょっとは協力したんやけどのわしの存在が元嫁の記憶から抹消されてたりした。



結局その団体代表がやってたことって、

科学やら情報やらのリテラシー無い人には正誤の判断が付かないようなもののうち、都合の良いものを取り入れて、

{初めはえらい先生いるからって先生(偽科学の人)立ててるんだけど、徐々に自分理論にしてくのも美味かった}

団体から不穏分子(冷静な判断が出来る、常識的な知性の持ち主)を排除して

自分が居なければ今のあなた幸せはなかったって洗脳して

依存させる

タイプの人だった。

科学系の人たちが結構わかってやってる悪い人だったりもしたけど、その代表通すと信者にとっては素晴らしい理論だったり、健康食品になってしまってるのが恐ろしかった。


そんな元嫁との生活は当然破綻する。

家に帰りたくなくなった。居場所がない。増田仕事が忙しくて子育てにそこまで協力できなかったというのも原因ではあるんだけど、元嫁から増田への恩や感謝ゼロになって、その恩師というか代表への感謝だけになっていくのがまざまざと感じられた。

たまに感謝を述べるんだけど、裏で代表が糸引いてるのが見えてしまってた。{パパ(増田)に感謝しましょうねみたいなことを聞いた後とかで}

ちょうど残業減らしていこうみたいな会社都合のイベントと重なって、それまでは帰って飯食って寝るで終わってた生活が、帰って、飯食いながら、代表の思う理想のパパになるため講座を聞いて、モヤモヤして寝るという生活に変わってしまいそうだった。

家に帰るのが嫌になった。とはいえ月小遣い3万円とかの極貧でヤニも吸うから飲みに行くとかでは金が続かない。

結局、会社の近くの一円パチンコ時間をつぶすという日々が続いた。

その時はまだ離婚までは考えてなかった(子供が小さいから悩みが多いが、子供が大きくなったらその代表への依存も弱まるだろうという楽観的希望)のではあるが。

ほんとうに死のうか考えるぐらいの日々が続き。

たまたま1円パチンコながら、数万発を得ることが出来た帰り道。

具体的なワードは忘れてしまったが、「オナニー ○○」みたいなので検索してしまっていた。

風俗に行く勇気はなかったが、当時よく妄想してたのが、個室ビデオ店でヌキヌキのお手伝いをしてくれる人が居たらいいなーみたいなことだったから。

検索すると、帰り道に定期で立ち寄れるエリアに、「オナニークラブ」という店があることを知った。

コース名詳細書くと特定されるからぼかすけど、オナニーを見てもらうようなコースと、オナニー積極的に手伝ってもらえる(tekoki)コースがあった。

見てもらうことには何の価値も見いだせなかったのではあるが、その店にはオプションがあり、俗にいうネタ? になってもらえる、下着姿とか言葉攻めとかがあった。

それだけでは増田の心は一切揺らがなかったとは思うのではあるが、燦然と輝く

_人人人人人人人_

トップレス3000円!! <

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

増田の心は決まった。なぜならおっぱい教徒からだ。

さっそく店に電話して、システムを聞いた。

思っていたよりも丁寧な対応で、多少恐怖心が緩まって、もう行く気満々になっていた。

金も最安では30分だったが45分でも十分安いと思えた。トップレスオプションを付けてさえ。

今まで訪れることのなかった街並みの雑居ビルを見つけ、受け付けへ。

パネル指名が選べるらしい。

みんな若くて可愛い

一番好みのこを選んだ。

ビルの下で待っていたら女の子が来るらしい。

来た。思っていたとおりぐらいには可愛い子だった。その後風俗経験値が爆上がりした増田からしたら、コミュニケーションに難ありではあったが、そつなくホテルへと案内はしてもらえた。

思ってたラブホよりも2等級ほど低い、安くてぼろいホテルだった。

一応はルールだというのでシャワーを促される。

シャワーを終えると、オプションどうしますか? と尋ねられた。

実際のところ、全部真面目に答えたら20分以上はかかるであろうアンケートに、希望するシチュエーションやらなんやらを回答して、希望オプションも明記していたのではあるが、そのこはその紙を読みもしていないようだった。

戸惑いながらも、「トップレスお願いします」という。

「お手伝いのコースでしたっけ」

「いえ、見るだけのほうです」

「あー」

そういうと嬢は、おもむろにロンTをまくり上げて、そのままブラジャーまくり上げた。

「どうぞ」(正確には覚えていないが、そんな感じのことを言われた気がする)

小ぶりながらも整ったおっぱいだった。刺青が入っていたので、

入れ墨入れてるんですね」

ぐらいの言葉をかけながら、

ベッドに腰かけて、下半身露出してセルフでいそしむ我。

恥ずかしがることもなく、ただそれが自分のやるべきことと、おっぱい晒しながらに微動だにしない嬢。

あっという間に果て、その後のことは一切覚えていない。

これが私の風俗初体験

未だにオナクラにこだわるのはやはりこの経験が大きい……わけではない。

2021-04-09

既婚男性の性処理

初めて投稿させてもらう。


世の中の既婚男性は、どのように処理をしているんだ?

下世話な話しだが真剣に悩んでる。

(何なら女性意見も聞きたい)


33歳 男 新婚

自分の両親と妻との4人、ひとつ屋根の下生活している。

職場東京


どれか1つでも教えてもらえないだろうか。


正直、自己処理で良いので、週に3回は安定して行いたい。

もしくは、セックス(orスキンシップ)を月一程度の頻度でコンスタントに行いたい。

結婚前はほぼ毎晩、自己処理していたんだが、結婚してからは週に1回でもできれば良い方になってしまった。

セックスをするには実家ということもあり何かと気を遣うため、新生活が始まって3ヶ月、まだ一度も手合わせしていない。


■周辺状況や頭の中など

金銭的な理由を中心に、諸事情により実家を出るのは難しい。

2人でホテルに行っても良いが、自分仕事の終わりが遅いため、なかなか機会を設けられないでいる。

財布は自分管理しているものの、風俗やメンエスなど、今までそういったプロにお世話になったことが無く、

用法や良い店の探し方が分からないためか、そこに飛び込むためのハードルが高くなってしまっている。

スキンシップという意味で解消法の一つとして検討している。)


個室ビデオ?についても利用したことが無い。

また、自分の処理の仕方が「足で挟んで刺激し、そのままパンツの中で果てる。」という特殊ものになってしまっているので、利用が難しいと思っている。

婚約前にはセフレがおり、月に一回はお泊りがあった。今はもう連絡先を知らない。

プロお金を支払うのは良いが、パパ活のような買春はしたくない。

割り切った関係として、セフレを作るのも選択肢として入れてしまっているが、

マッチングアプリサクラばかりだろうし、インスタなどのSNSで裏垢を作ったところで金を払おうとしない男に需要は無いと感じた。

(実際に裏垢を作り色々と探してみたが、お金の介在しない関係を構築できる気がしなかった。)


妻とは10年以上恋人関係が続き、ようやく結婚した形。

とはいえ別に一途でもなく、セフレが居た時期やワンナイトがそれなりにあった。

結婚からレス気味ではあるがお互いにしたい気持ちはあり、先日も子作りやセックスタイミングについて話しをした。

っとまぁそんな感じ。



今までの処理ペースからギャップに未だに慣れず、モンモンとしながら生活をしている。

素直に今の生活に慣れるしか無いのかね。

何かを得ると何かを捨てないといけないんだろうけど、妥協点も無いのか。


知恵を貸して欲しい。

2021-02-11

アナルにハマった経緯と末路をお話しま

入れるほうじゃなくて、入れられるほうとしてのアナルの話です。

アナニーに興味のある皆さんに是非知っておいていただきたいことです。

はじまりは19歳、当時の彼女から開発されたことです。開発と言ってもアナル舐めからはじまりローションを使って指を挿入されるぐらいですが、いけないことをしている感じがして気持ち良かったことを覚えています。同い年の彼女がどこでそんなテクニックを覚えて来たのかは今思えば興味深いです。

次は21歳の時に出来たひとつ年上のセフレセフレと言ってもセックスよりフェラや手コキで射精させるのが好きな娘で、挿入を伴うことは稀でした。彼女の開発によって、指アナル×乳首舐め×手コキで射精させられることにどハマりしました。

そして22歳になり大学最後の年に有名なM性感にはじめて行ってみることにしました。さすがプロという攻め方で、細めではありますアナルバイブやペニバンを駆使されることで完全に戻れない体になってしまい、何度かお店に通うようになりました。

時を同じくしてこれがターニングポイントとなるのですが、偶然ネットで見かけたニューハーフ動画にハマり、すっかり一人のNH嬢のファンになり、この人の本物ちんぽに犯されたいと日々妄想するようになります

そして就職上京、はじめての一人暮らし解放的オナニーができるようになった私はオナホを買いローションを買い、自分の指でアナニーをするようになります。当時の彼女セフレたちにはこの趣味は言わずセックスで満たされないアナル欲求自分で慰めることになります

社会人1年目が終わろうとする頃あることに気づきます。あのニューハーフ女優普段東京デリヘルで働いていたはず。善は急げ、すぐさまお店に連絡すると憧れの彼女はやってきました。何度もオカズにしてきた憧れの彼女を目の前に興奮押さえきれず、シャワータイムで曝け出された彼女の本物ちんぽにむしゃぶりついてしまいました。その後ベッドに移動し、四つん這いにされ、アナルバイブを挿入されながら口にちんぽを突っ込まれた時には感動と興奮で今でも忘れられません。その後、念願の初本物ちんぽ挿入タイムは正常位で、犯してもらいあまりの興奮に自分のちんぽを触られずにアナル挿入だけで射精(いわゆるトコロテン)させられてしまいました。

その後数回、彼女を呼んでいましたがいつのまにやら辞めてしまい、また自分の指で慰める日々に後戻りです。

26歳になった時、既に妻もいたためおもちゃ類も捨てていたのですが、またネットアナル欲が芽生えた時気付いてしまます。俺、ドライオーガズム(メスイキ)したことない、と。これまた、善は急げアダルトショップでローションとともにエネマグラを買い込んだ僕は個室ビデオに篭り、挿入してみました。メスイキはすぐにはできないと聞いていましたが19歳からアナルの積み重ねなのかその日のうちにドライオーガズムまで達することができました。

ドライオーガズムのすばらしさは先人たちが語り尽くしているのでここでは語りません。

さて、僕は既婚者ですおもちゃを家に持って帰るわけにはいきません。会社ロッカーに保管しておくことにしました。

ここから僕のアナル生活は次のステージに入りました。仕事終わりや合間におもちゃを持ち出して個室ビデオ漫喫に入ってはアナニーでメスイキ。我慢できない時は会社トイレでもするようになりました。おもちゃエネマグラだけでなく、アナルバイブやディルドまで保管するように。さらに、時折M性感やニューハーフデリヘルで攻めてもらったり挿入してもらっていました。

ここで次のステージに移ります。本物の男のちんぽに犯されたい。この欲求にたどり着くまで時間はかかりませんでした。27歳くらいの頃からでしょうか、風俗での女性ニューハーフだけでなく、ネットで知り合ったゲイバイの方に挿入してもらうようになりました。とは言っても男性経験は今まで5人程度ですし、すべてセーフセックスです。

ネットで知り合った男性も僕のような方も多く、結婚もしてるし基本女好きだけど男とのセックスも好きという方が結構多いというのは発見でした。

そんなこんなでもう33歳になりましたが、今ではアナニーで、射精感ないまま気持ちよくダラダラトコロテンで精液を垂れ流し、強く動かすと男の潮吹きまでして、何度もドライオーガズムに達する変態になってしまいました。

めちゃくちゃ気持ちいいし、これを知らない人生は損だと思います

でも、ここまでなっちゃ勇気はありますか?

2020-10-27

anond:20201027133516

大阪個室ビデオ放火事件(2008)

動機 「生きていくのが嫌になった」

戦後日本において起訴された事件で一人の人間が一日で犯した殺人による死者16人は当時過去最多の人数であった。


もすっかり忘れさらたからなぁ・・・

2020-09-04

性欲を解消する方法を教えてほしい

アラフォー既婚の男、子どもはいない。

今までは定期的に妻とセックスしてたんだけど、妻の体調が最近思わしくなく、それどころじゃない。こういう事情なので妻はいつも家にいる。というわけで家でオナニーはできない。

さらに困ったのが田舎なので個室ビデオ店もないし、出会い系検索してもゴミしかいない。風俗もほぼない。というか田舎なので出会い系風俗を利用すると噂でバレそうな気がして怖い。同じ理由愛人も作れない。

以前は出張中に私有PC動画を見て解消してたんだけど、コロナ出張もできない。

仕方なく公衆トイレの個室でオナニーしてるけどたまには違う方法で性欲解消したい。たすけて。

2020-08-19

義父が風俗に通ってるらしく

義父が休日風俗個室ビデオが何かに通ってるらしく

義父が風呂はいったあとに白いものが浮いているんだが

どうしたらいい?

いつもはとりあえず白いのだけ洗面器で掬って捨てて、湯船にはつからシャワー使ってるんだが

いい加減やんわり伝えたい

つか、70近くなっても性欲衰えないって悲しいよなあ

2020-08-10

手コキは手抜きなのか

「いい若いもんなら現実恋人ぐらい作ったらどうだ」

の声に驚いて振り向くと、俺の部屋で高齢男性と、伴侶の女性男性はサッサと立ち去ったけど、女性見合い写真を手に俯いたまま。私は咄嗟に夜の街へ飛び出して、個室ビデオ店へ向かった。2回も抜いた。大丈夫と念じながら。

2020-08-04

anond:20200804120852

女による男のレイプ逆レイプと呼ぶのは頭悪い。AV出演者個室ビデオ花金太郎無料カレーを食べるAVシコ勢くらい頭悪い

男が{女もしくは男を}レイプしに行った所。カウンターレイプされて、{男もしくは女もしくは多数に}不快感たかなく快感の無いレイプされる事が逆レイプ定義であるべき

2020-07-28

anond:20200727184139

個室ビデオって、家でオナニーが出来ない可哀想な人が行くんだろうな。

なんか汚そうな気がしてしまう。

2020-07-27

完全防音完備の個室ビデオ屋あるんだが

AV見てたら隣の客から壁ドンされた

迷惑なのでやめてほしかった

2020-06-26

anond:20200626154510

仕事個室ビデオ店でしたら、賢者タイムを早い段階から迎えることが出来そう。(知らんけど

2020-06-13

成人したので,ソープ童貞を捨ててきた話

先日,吉原に行って童貞を捨ててきた。誰かの参考になればと書く。

はじめに

人間は3大欲求を持っている。食欲,睡眠欲,そして性欲。物心がついた頃から誰しも少なからず持っている。

睡眠欲,食欲,これらはたやすく満たすことができるだろう。しかし,性欲は違う。したいと思っても簡単には満足するまで満たせない。

ラーメン屋のようにパット入ってサクって抜いてもらうこともなければ,毎日家にあるわけでもない。

コミュ障非モテ童貞こじらせオタクな俺は,"本物"を夢見て自分自分を慰めて気休めとするのだ。


ある日,友人らに冗談半分で「金くれたらソープ行ってレポート書いてやるよwwww」と言ったら,本当に誕生日に2000円ずつカンファが来て,計22000円集まってしまった。言ってしまったらあとには引けない。というわけでこのレポートを書いているというわけだ。


ソープ実態

風俗代名詞であるデリヘル基本的に本番(挿入)ができない。これは,法律上問題である

しかし,ソープ風呂屋である店舗側が性的行為管理してないため,本番行為問題ないというわけだ。

そのためか,ソープには"入浴料"と"サービス料"の2つがある。入浴料は店舗側に渡す金,サービス料は個人事業主である嬢に渡す金というわけだ。

HP情報誌には入浴料のみが掲載されている事があるので注意が必要だ。ネットで総額とggればたいてい出てくる。まぁ総額一括支払いの店も多いわけだが...

ソープといえども,種類がある。大衆店,中級点,高級店,超高級店...

大衆店は2万円~時間も60分程度である。もちろんコンドームの着用は必需だ。

中級店は4万円~時間も90分~と少し高くなってくる。このくらいになると非着用が可能な嬢も出てくる。またマットプレイというのも可能らしい。

高級店はピンきりだ。ここぐらいになるとほぼ中出しできるらしい。


今回は2万円もらったため大衆店に行くというわけだ。大衆店だからと言って,嬢のレベルが地に落ちるレベルでひどいというわけでもないので問題ないだろう。


選定と予約

店の選定には苦労した。自宅の近所という縛りもないため店がふんだんにある。ソープメッカ吉原だけでも数十と店がある。

無料クーポン券を発行しているサイトや,予約システムを構築しているサイトなどを見たがさっぱりわからん

友人のすすめもあってか,吉原にあるランキングサイト1位の店にすることにした。1位ならハズレもないだろう。


次は嬢の予約だ。ソープは予約しないとだれがいるかからない。2日前からネット予約できるようだったので,童貞らしく童顔で小柄でかわいくて優しそうな子を狙った。が,お目当ての子は予約バトルに敗れて予約できなかった。まぁほかにかわいい子が空いていたので予約した。よく嬢選びは日記を見ろというが,日記見てもわからんかったので感覚で決めた。


予約は11時。朝のほうが安いし行動もしやすいのでこの時間にした。


入店

風俗と言ったらどういうイメージを持つだろうか。行ったことのない多くの同士は,ホストみたいな見た目をした柄の悪そうな男や,小太りで無愛想な中年男性タバコを吹かしながら受付をしているというイメージだろう。個室ビデオ店の店員風といえばわかりやすいだろうか。そんな想像をしていた。

しか現実は違った。ホテルを思わせるような丁寧な接客とビシッと決まったスーツ。髪も変に固めておらず自然な感じとイメージを覆す丁寧な接客だ。

そんな受付で名前を言い,コロナ対策の検温,爪のチェック(伸びてないか確認)を終わらせる。すると,希望シートというものを受け取る。これは,予め希望するプレイを書き込むシートだ。攻めがいいかけがいか。着衣がいいか脱衣がいいのか。タメ口がいいのか敬語がいいのか...。こじらせた童貞オタクである俺は迷わず,受け,着衣,タメ口を選んだ。ほかにコメント欄があり書き込めるようだったが,"イチャラブどろどろのとろけ合うようなsexがしたい"と書くのも童貞匂がキツすぎるので結局書かずに提出した。そのあと待合室に案内される。待合室はソフトドリンク飲み放題と大画面でテレビが流れていた。喫煙室が設置されており,ここにまで分煙の流れが来ているのかと感じつつ,お茶を飲みながらそよそよしながら待つのであった。


ご対面

"6番様〜"男に番号を呼ばれる。

嬢とのご対面だ。カーテンのかかってる階段に案内される。下に映る足を見ながら期待と不安つのらせてカーテンをめくる。

そこには,"写真通りの超絶美少女がいた"わけではなく,写真とは若干違う少し年上の女がいた。とはいえ顔は整っており,かわいい。中の上といったところだろうか。まぁ風俗ではよくある話で,まぁそのとおりであると感じた。手をつなぎながら階段を登り部屋に入る。そこは,まさにプレイのための部屋であった。


入室

部屋は6畳ほど,手前左にベット,手前右に服を置く棚,奥右に風呂,奥左に洗体場とすべてが詰まっている。部屋は薄暗くそれっぽい雰囲気がある。まさにヤリ部屋。まぁそうなんだけど...。

大学生かとか童貞かとか適当な話をしながら,いわれるがままに服を脱がされる。彼女の服も脱がす。憧れの女体というのになぜかドキドキしない。俺はこの時点でイケるか不安になった。

どうでもいい話を繰り返す。彼女はたわいない話を積極的にしてくれるが正直疲れた

同窓会行った?」と聞かれた。別に嘘つく理由もないのに"行った"と言った。適当に辻褄合わせの会話をする。彼女も俺が嘘をついていることはわかったかもしれない。彼女の頑張ってる感と,素直に会話できない自分に嫌気が差した。


前戯

まずは凹字型の椅子通称スケベイスに座らされる。手で泡を作り,股間を中心に丁寧にあらわれる。そのあと隣の風呂に入る。その間に歯磨きイソジンうがいをする。

するとおまちかね,潜望鏡だ。潜望鏡とは,男性のまたの間に入り湯船から顔だけをだしてフェラすることだ。フェラ気持ちい・よくないの段階に入る前にあっさりと終わってしまった。もう少しやっていただきたかったが,内気な俺は流されるまま次のフェーズへと写った。

ベットに移ったらキス,それもDキスだ。ベットに横になるように言われ横になる。

そしたらなぜかうまいDキス講座になった。別にそんなの求めていないが勝手に始めた。

彼女いわくうまいDキスとは普通キスから,舌を出して舌と舌をチロチロ舐め回すことらしい。AVで見るような口をあんぐりあけてやるものは魅せるためのもの気持ちい物では無いという。こちとら経験がないに等しいためわかるはずもなく,言われるがまま行う。気持ちい・心高ぶるという感情も抱かず素直にDキスをする。あぁこんなもんかと。

そのまま徐々に下に行く,乳首もなめられる。同時にペニスもいじられる。ペニスを弄られるのはやはり気持ちいい。これは本能だろう。カリ首をいじられたときはきたねぇオス声も出てしまった。単純に敏感だからだが...


そして本番へ

そろそろ入れたい?と聞かれたから二つ返事で入れたいという。やってみたい体位をきかれたので,童貞らしく素直に騎乗位を選んだ。腰の振り方なんてわからない。彼女に任せるのが一番だと思ったからだ。事前に責められ俺のペニスはビンビンだ。ペニスコンドームをつけられ,彼女マンコに俺のペニスを当てる。彼女は喘ぎ声をだしながらゆっくりと腰を落としていく。ペニスマンコを切り裂くように入っていくわけでもなく,どちらかというと障害のないゆるふわオナホペニスを突っ込むような感覚だ。自分感覚と,彼女の喘ぎ声が釣りわず,下手な演技にさえ聞こえてくる。人の体温同士なのだから,当然マンコが温かいと感じることもない。何一つ特別感情を抱かなかった。

彼女パンパンッと喘ぎ声を出しながら腰を振り続ける。彼女の裸体には興奮しないどころか,喘ぎ声で萎えすら感じる。「本当にイケるか?」などと考えながらゆるふわオナホのようなマンコの感触を味わう。

ものの数十秒で体位を変えるか聞かれたので正常位をする。彼女の又の前に膝をつき,ヘコヘコと腰をふる。噂に聞く通り正常位は疲れる。

こちらも,ものの数十秒でバックを提案されたのでバックをする。膝立ちになり彼女の尻を持って,おもうがままにペニスを打ち付ける。これこそまさにオナホを扱ってるような気分だ。彼女に対して興奮できないのだから...

もう一度騎乗位をしてもらう,おかずがない中でゆるふわオナホにしごかれているのだから,イケるか不安になってくる。実際ペニスも完全フルボッキから少し萎えてきていた。

相手も察しが付いたのか「緊張し過ぎでしょ~(笑)」とか言ってくる。別に緊張なんてしていない,興奮できていないだけなのだ...。

カリ首を手コキされもう一度立たせる。イきやすそうな体位を聞かれたので,バックと答える。自分の好きなように腰を打ち付けられるからだ。

ついでにコンドームをLサイズに変えて再び腰を打ち付ける。正直さっさと射精して終わらせようかと考えていた。足ピンをしたようにペニスに力をいれ無理やり自分イカせる。彼女ことなど考えずに自分がイクことだけを考え生オナホに腰を打ち付けた。彼女に「イキそう」と伝える。彼女はそのまま「イッていいよ」という。何も考えずに射精をした。べつに気持ち良いわけではない。ある意味作業のような射精だった。


事後

終えたあとはまたもや謎のSEX講座を聞かされ,適当に相槌を打って過ごした。ピピッとタイマーが鳴り体を洗浄する。洗浄はあっさり,泡で体やペニスを洗われ風呂に浸かる。

服を着替え彼女と部屋を出る。最後ソープにはまらないようにと謎の忠告をされた。本当に心配してくれたのかもしれないが,俺には俺への拒絶に聞こえた。

階段下のカーテン手前でお別れをし,待合室で飲み物をがぶ飲みしアンケートを記入する。そして,複雑な心境を抱えながら店を出るのだった。


最後

今回の体験SEXが良いものだったかと聞かれても,二つ返事でyesとは言えないだろう。

しかし,いい経験になったのは確かだ。いいも悪いも小学校高学年から憧れたSEXを味わえたのは幸せである

しか普段オナニーを超える気持ちよさかと言えばそれは偽である

そもそも普段同人音声で抜く,シチュエーション大事にする俺にはSEXのものが向いていないのかもしれない。


とある同人作家が言っていた。

童貞には童貞のみが持っている力,童貞力がある

これは正しいと思う。童貞からこそ女体に強い憧れを抱き,強い妄想を得る。童貞からこそ夢を抱き,思いを馳せることができる。


しかし俺はまだ,心に童貞力を宿している。

強い妄想をし,思いを馳せ続けている。

実際には無いかもしれない"本物"を夢見て...

2020-04-28

anond:20200428085951

伊集院さんはVRAVの話とかはしてたけど、風俗の話をしてないのは多分結婚されて普通に行かないんだと思う。

ハライチの澤部さんとかは深夜ラジオでは澤部=個室ビデオみたいな図式があるけど、奥さんはそれで良いんだろうかと

常々思ってしまう。

2020-04-19

anond:20200419103816

政府VS東京都バトルは小池知事に軍配! パチンコ店ストリップ劇場まで守ろうとした安倍政権トンデモ理由

 https://www.j-cast.com/kaisha/2020/04/10384066.html?p=all

東京都の休業要請事業者選びについて、いか政府が足を引っ張ってきたか毎日新聞4月10日付)はこう報じている。

「都関係者によると、内閣府は都側との協議で、リスト記載されたストリップ劇場個室ビデオ店、ゲームセンターなども休業要請から除外するよう求めていた。ある都幹部は『国は休業要請自体を出させたくないのだろう。要請範囲をどうするかの議論すり替え時間稼ぎをしている』との見解を示す」

朝日新聞4月10日付)も、こう伝える。

「国側は都の案に対していくつかの施設を除外するよう求めてきた。中にはマージャン店やパチンコ店など娯楽施設も含まれていた。焦点となった『居酒屋』にも注文をつけた。国は居酒屋には明確な定義がないことを理由に、『ラーメン店ビールを飲むことまでダメになってしまう』と主張した」

なぜ、政府はことごとく東京都ブレーキをかけようとするのか――。時事通信4月10日オンライン)の説明はこうだ。

政府関係者は『百貨店理髪店まで営業を止めると影響が大き過ぎる。東京都は走り過ぎだ』と指摘。ある自民党議員は、大手パチンコ店から『1カ月営業を止めると億単位の売り上げが消える』と相談を受けたと打ち明けた。休業要請に応じた経営者らが国に損失補填を求める可能性もあり、首相周辺は『一晩で何百万円と稼ぐ銀座の高級クラブにまで補償はできない』と漏らした」

というからパチンコ店はおろかナイトクラブまで反対していたわけだ。要するに、補償問題にタッチしたくないというのがホンネのようだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん