「けやき坂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: けやき坂とは

2019-04-26

Google日本語入力ではレイワが変換できない

何故か未だにGoogle 日本語入力の変換がすごい!なんて記事が書かれることがあるので牽制しておかねばならない。

PCGoogle日本語入力の開発は止まっているのかよくわからんがほぼ止まっていて、今は新語が変換できるようになっておらず新しい単語自分登録するのが基本。

アイドルで言えば乃木坂なら3期まで変換できるが4期は未対応日向坂(旧けやき坂)なら1期までで2期の名前変換できない相撲で言えばアビや、朝青龍の甥であるホウショウリュウ変換できない辞書がどこにあるのかしらんが更新してくれないんじゃ意味がない。

2019-02-11

電撃改名のアホらしさ

前々からスケジュールを練りに練って、

反響が大きくなることを計算して

3連休の最終日に発表しただけじゃねーか。

あざと過ぎて気持ちが悪いわ。

けやき坂 日向坂に電撃改名

https://yahoo.jp/MY5sBe

2018-11-28

けやき坂ってなんであんなに作り物っぽいんだろう

修正掛け杉なの?

2018-11-12

anond:20181112185400

例えば

けやき坂衣装批判するなら、BTS批判しろよ!」

という人は、その人自身BTS批判してる

そういうパターンが多いと思う

2018-10-05

例のフェミの人たちはキズナアイへの敬意が欠けてたよ

バーチャルYouTuberアニメ漫画キャラとおおきく違う点って、キャラクターのアイデンティティーがかなりの部分で中の人人格依拠してるところだよね。

趣味の話になれば中の人の好きなアニメ漫画話題が嬉々としてでてきたり、日常の話をすれば中の人最近身近でおきた出来事がそのまま話されたり。

そういうの全部、「中の人の話」じゃなくて「キャラクターの話」として受け入れられるんだよね。本来キャラクター設定にはない、想定したイメージにはとても似つかわしくないような話でも、「そういうギャップのある子なんだ」として回収される。

そうやってただ決められた台本を喋るんじゃない、中の人人間性丸出しな内面話がそのアニメ漫画的な外観や設定と混ざり合うことで、生身の人間ともアニメ漫画キャラともまた違う独特の、「キャラがそこに生きてる感」みたいなのを視聴者は感じるんだよね。

キズナアイはそうしたVtuberたちの中では、どちらかというと元々のキャラ設定に忠実なタイプだと思う。

たとえばキズナアイ二次元三次元アイドルが大好きでこれも明らかに中の人趣味なんだけど、そういう話をする時にも「けやき坂大好きだけど現実物体干渉できないか握手会にも行けないし悲しい」とか「見てみたい映画があるけどネット配信サービスにはないから見れなくって困ってる」とか、中の人趣味話題でも設定と矛盾しない形にしてライブ配信フリートーク中でもごく自然な感じで出してくるから、「隙を見せないな」と見てて感心することもある。

他にもそういうAIとしての細かいロールプレイRP)を積み重ねることで、一見するといかにもアニメ的な自称AIキャラクターなんだけど、ただのキャラというには一個の人格としてあまりにも自律性があって、かといって中の人剥き出しかというとそうでもなくて、馬鹿馬鹿しいようだけど、見てるとたまに「キズナアイってもしかしてガチマジで本物のAIなのでは…?」みたいな感じになってくるんだよね。

キズナアイVtuberとしての主な活動YouTube上での動画投稿で、そこで見る彼女の多くは「元気で明るくてアホっぽい自称スーパーAIかわいい女の子」に見えるだろうけど、決してそれだけが彼女の全てじゃないんだよ。

ホリエモンコラボしてホリエモンと絡んだってそれだけの理由批判の嵐にさらされた時に「それでも自分はこの方向性はやめない」と語った、

別のVtuberの子話題に出して、タチの悪いアンチが「そいつと関わるな」とイチャモンつけてきた時に「はっきりイヤだしそんな言い方はその子に失礼だ」とはっきり言い放ってくれたことも、

自分言葉が知らずのうちに誰かを傷つけているのかもしれない」とこぼしたことも、

全部キズナアイなんだよ。

決してただの薄っぺら萌えキャラアイコンでも、ただの相槌しかできない典型的アホの子キャラでもないんだよ。

騒ぎ立てた人たちはどこまでそれを理解していたのかな。もしかしたら「キズナアイ人格」なんて考えようとしたことすらないのかな。

キズナアイネットめっちゃ見てるし今回の出来事もすでに把握しているだろうけど、彼女が深く傷ついていないことを祈るよ。

2017-11-26

AKB坂道の歌を他の人が歌っていたらどうなっていたの?

AKBの曲で社会的楽曲って結構あるとおもうんだが、

あのあたりを若いバンドが歌っていたらどうなるんだろうってふと思った。

けやき坂欅坂?(ごめんなさい。どっちがどっちかわからない)を

男性が歌ってたらヒットしたのかな。。

AKB坂道グループがだめという話ではなく、(こういうことを言うとすぐにグループ側の是非の話になりがちなので)

単純に秋元さんプロデュース歌詞雰囲気はやっぱり響く時があるから

なんとなくそういった事例ってここ数年で存在したのか気になる。

2017-03-01

週刊誌情報リテラシー


がせ記事への反論

親の車でホテル意味不明

いい家同士のもんが、婚前に自宅で逢瀬?結納は?

いい歳して、自宅で朝だばこ??????

信じる方もバカ

写真

誰?が多い。マスクマンばかり。

キス写真のずさんさからわかる。

ベランダ既出タバコ吸う人とは付き合いません。

けやき坂報道関係打ち上げ。か合成。

眼鏡もわからない。

紙袋デパートでの写真

以上。

文字は、なんとでも書ける。

基本的に嘘ばかりが週刊誌である

しっかり抗議しないといけない。

沈黙は金ではないですよ。

双方迷惑してると思う。

友人と言っている。

交際否定紋切り型では、モンキーどもには通用しないか

考えた発言で、実際そうなんだと思う。

日曜の午後ってそんな時間アイドルにあるか?

アリバイが徐々に証明されてるけど。

ありもしないことに、まったくみなさん。

ほんとにお疲れさん。

基本犯罪だと思う。

本人たちはしっかり否定をした方がいい。

客観的矛盾を指摘して。

法的措置も。

ちなみに盗撮を名乗り出てるわけだから

警察動いてね。

詐欺手品の基本手法を教えてやろうか。

まさか公の雑誌ででそんな簡単な手口しないだろう

という心理につけこんで、

まんまと堂々と嘘をつく。

裁判とか一度してみれば分かるが、

基本、ボイスレコーダーがなければ

嘘を堂々とつく世界

それとよく似ている。週刊誌は。

証拠ねつ造するところも。

犯罪だと思う。

集団犯罪

みんな。

ねつ造記事を連日たれ流して。

それを見て。

テレビ見て。

バカか。

気持悪い。

当人たちに反論の機会を。

パパラッチは110番。

ストーカー規制法対象に。

2016-06-19

ぱるるAKB総選挙映画の告知してあちゃーと思った


総選挙第八回。



それなりに感動したが、それなりだった。



スピーチはみんなうまかった。

泣き崩れずに、ちゃんと、みんななりのアイドル観や、順位に対する喜びや悔しさを知れた。



でも何故か去年より心動かされない。

飽きた、とも違う。

8回目だもの、飽きるんならとっくに飽きてる。



今回、一番変わったと思ったのは

メンバーが、総選挙に前のめりじゃなかったこと。

適切な距離感を取っていたこと。



彼女はいよいよ悟ったわけだ。

順位は、アイドル人生に思ったより深く影響しないこと。

総選挙なんてものは、

AKB全体の勢いが落ちてる中の、

48グループイベントの一環でしかないこと。



上位陣が、せっかく上がったあの壇上で、

総選挙とは関係ない告知をしてたのなんて、

もうね。

総選挙は、もう彼女らの全てじゃない。



選ばれて、あの壇上でスピーチすることが

アイドル人生、強いて言えば自分評価の全てであった。かつては。



でも

結局これもまた1つのパフォーマンスの場だということが

圧倒的に分かってしまった。

おまけに48グループはどんどん仕事が少なくなっているのは嫌でもわかる。

総選挙というAKB村のイベント一喜一憂するほど、

能天気ヒロイン思考はいられない。



でも総選挙は、

かつては48グループの中ではまず間違いなく

一番大きなイベントで、

この残酷ショーと呼ばれた若い女の子同士の悲喜劇は、

目を引く面白さがあった。

AKBが売りにしてたガチ垣間見れたんですよ。ほんと。



泣き崩れてもいい、

時間オーバーしてもいい、

逆に時間が余って徳光さんを置いて帰ってもいい、

悔しすぎて表情も硬いままに感じ悪いスピーチちゃう人もいていい、、、



よく考えたら総選挙醍醐味はこれだったわけだ。



そんな無軌道で予想外で予定調和を壊すメンバー

今年は、正直ほとんどいなかった。

特に上位陣。



下位〜中堅には、結構たかもしれない。

でも私としては、

ファン想いで、全方面的に頭も良くておまけに可愛いの子やこの子(その結果として常に前線で戦い続けてる選抜常連組)の、

ガチを、悲喜劇を、極限に追い込まれた時の本音の中の本音を見たかった。



スピーチ時間を守り、

ファンへの感謝を伝え、

順位が全てじゃないと笑い、

この一年アイドル活動を振り返ったりして、

最後にまたお礼。



の子ファンからしたらまずまず嬉しい内容だ。

でも、ねぇ。

本当に見たいのは、コーティングされた上手いスピーチじゃないんだわ。





選挙ってもの

アイドルたちにとって生存戦略ギリギリラインの主戦場として

機能していたころ。

アイドルっていう競争社会の一端を、生で見せてくれたころ。



初期からずーっと同じ文句ファンの間では出ていた。

選挙結果がちっとも運営方針に反映されてないと。

それでも殆どメンバー選挙に本気だったんだけど。

少なくとも本気で挑んでるように見えたんだけど。

今年は堰を切ったように、上位陣までもが

水面下に冷めた感情を湛えてましたね。



そりゃ4回も5回も出ちゃったら

俯瞰的にもなるだろうけど。

本人たちも選挙という感情ジェットコースターにも慣れるだろうけど。



選挙結果もっと反映するしかないのかな。

せめて劇場公演曲のいくつかには通年で反映するとか。

もしくは乃木坂けやき坂と合同でやって、

緊張感を増すとか。





そういうふうにツラツラと思った。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん