「リーマス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リーマスとは

2019-06-24

[]anond:20190623235725

ヤっちまった

あーーーーーーやっちまった

半年ぶりにやってしまった

やっちまった反省。本当に反省。酒癖悪すぎるでしょ。本当嫌。どうしたら酒癖が良くなるのか。

やっぱり高田馬場は駄目だよ。途中に新宿があっちゃ駄目だよ。

昨日ね、友達とその友達と3人で高田馬場で飲んだんですけど、2人で話すこともあるかなと思って私は先に退散したんですけど、気を使って飲んだのもあってまあ飲み足りなくてさ。しかも2駅先は新宿じゃん?

最初はやられるつもりはなかったんだよ。居酒屋とか付き合ってもらってさ、それで解散すればいっかなーって本気で思っていたんだ。

それで新宿東口のガードレールにぽけっと座ってさ、とりあえず友達ライン返そうと思っていた訳。そしたらまだ返信もしきらないうちに2分で釣れまして。

ちなみにナンパ待ちのコツは周りを見渡して積極的に目を合わすことだと思っていますがまだまだ経験が浅いのでよくわかりません。

結論から言うと結構やり手のプロナンパ師でしたね。地味っぽい見た目に騙されたわ。

最初タピオカ飲まない?って誘われて。酒がいいんだけどなーと思いつつ、タピオカも飲みたかったのでほいほい着いて行って、まあこの時点であまり判断力が無いよね。

そしたら着いたのは思いっきネカフェでさ、タピオカ無いじゃないかとか思ったけどさ、この時点で帰る方法が分からなくてほいほい着いて行くじゃん。店員の前で帰る帰らないとかの押し問答するのも恥ずかしいじゃん。でまあそのままヤられるよね。セックスしたよね。

ネカフェでは初めてだったけど意外と広いし音も気にならないしできるなーと思いました。場所代も安いし相手への罪悪感が低いですね。

セックス自体描写は省略します。

清楚系だねと言われた。そうなのかな。自称していいかな。清楚というよりは地味だとは思うんだけど。

地味だけど本当はどすけべなのが需要あるかなと思ってはいる。

またケツは褒められた。自分じゃわからないが割といいらしい。胸が無いからケツを褒めるのかな。

あーーーーーーやっちまったなーーーーーー酒癖悪すぎるでしょーーーー

でもやった後あからさまに目の前で後悔したのは向こうに誠実じゃなかったな。乗ったのはこっちのくせにという話だよね。それは反省である

あーーーーーーでもやっちまったなーーーー

酒癖直したいな――――――どうしたらいいんだろうなーーーーーリーマス飲んだら効くかなーーー意味ないんだろうなーーー

本気で彼氏を作ったら直るかな?作っても治らないのが一番困るんだよな――――

忘れよ。また人生の汚点を増やしてしまった。明日から仕事頑張って忘れよう。

2019-06-23

ヤっちまった

あーーーーーーやっちまった

半年ぶりにやってしまった

やっちまった反省。本当に反省。酒癖悪すぎるでしょ。本当嫌。どうしたら酒癖が良くなるのか。

やっぱり高田馬場は駄目だよ。途中に新宿があっちゃ駄目だよ。

昨日ね、友達とその友達と3人で高田馬場で飲んだんですけど、2人で話すこともあるかなと思って私は先に退散したんですけど、気を使って飲んだのもあってまあ飲み足りなくてさ。しかも2駅先は新宿じゃん?

最初はやられるつもりはなかったんだよ。居酒屋とか付き合ってもらってさ、それで解散すればいっかなーって本気で思っていたんだ。

それで新宿東口のガードレールにぽけっと座ってさ、とりあえず友達ライン返そうと思っていた訳。そしたらまだ返信もしきらないうちに2分で釣れまして。

ちなみにナンパ待ちのコツは周りを見渡して積極的に目を合わすことだと思っていますがまだまだ経験が浅いのでよくわかりません。

結論から言うと結構やり手のプロナンパ師でしたね。地味っぽい見た目に騙されたわ。

最初タピオカ飲まない?って誘われて。酒がいいんだけどなーと思いつつ、タピオカも飲みたかったのでほいほい着いて行って、まあこの時点であまり判断力が無いよね。

そしたら着いたのは思いっきネカフェでさ、タピオカ無いじゃないかとか思ったけどさ、この時点で帰る方法が分からなくてほいほい着いて行くじゃん。店員の前で帰る帰らないとかの押し問答するのも恥ずかしいじゃん。でまあそのままヤられるよね。セックスしたよね。

ネカフェでは初めてだったけど意外と広いし音も気にならないしできるなーと思いました。場所代も安いし相手への罪悪感が低いですね。

セックス自体描写は省略します。

清楚系だねと言われた。そうなのかな。自称していいかな。清楚というよりは地味だとは思うんだけど。

地味だけど本当はどすけべなのが需要あるかなと思ってはいる。

またケツは褒められた。自分じゃわからないが割といいらしい。胸が無いからケツを褒めるのかな。

あーーーーーーやっちまったなーーーーーー酒癖悪すぎるでしょーーーー

でもやった後あからさまに目の前で後悔したのは向こうに誠実じゃなかったな。乗ったのはこっちのくせにという話だよね。それは反省である

あーーーーーーでもやっちまったなーーーー

酒癖直したいな――――――どうしたらいいんだろうなーーーーーリーマス飲んだら効くかなーーー意味ないんだろうなーーー

本気で彼氏を作ったら直るかな?作っても治らないのが一番困るんだよな――――

忘れよ。また人生の汚点を増やしてしまった。明日から仕事頑張って忘れよう。

2018-11-13

anond:20181113115653

元増田です。

ケツ叩いて頂きありがとうございます

あのまま職場に「下にいるので5分以内に行きます」と電話して駆け込みました。

無断欠勤を繰り返しご迷惑をおかけして申し訳ありません、いやー起きられなくて…体は健康ですーご迷惑かけて誠に申し訳ありませんー」と早口でへらへらしていたら意外と怒られずむしろ心配された。

同期はお昼どこで食べたん?と笑ってくれた。いい同期である。好き。

最近体調不良遅刻とか欠勤とかちょいちょいあってぐずぐずだなーと思っていたのだが、とうとう無断欠勤という結構ヤバめのことをやってしまったので、ここから気を引き締めて、あのころは弱ってたな(笑)と言えるようにしたいと思います

というか実害出てきたし心療内科精神科にでも行くべきか……半年から渋ってるんだよねぇ…

職種的に低め安定が望ましいしリーマスとか貰った方がいいのだろうか…

最後の方ぐだぐだ語りましたが、重ね重ねケツ叩いて頂いて本当にありがとうございました。おかげでクビにならずに済みそうです。信頼の失墜も一人で悩むよりは落ちなかったと思います本当にありがとうございました

2018-06-19

anond:20180619185836

心療内科には罹ってないのかな

自分の知り合いは鬱だと思っていたら双極性障害だったのが判明して

リーマス飲み始めてかなり改善してるけど

2016-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20161018031926

遺伝だけど、遺伝ベースにありつつ、強いストレストリガーになって発病に至ると考えられている。

でもこの場では正確な診断はできないし、リーマスという薬自体が色々副作用が強い薬だからとりあえず医者変えてみるのオススメ

妹がリーマスという薬を飲んでるが効いてない

離婚して病んでいる妹がもう4ヶ月くらい抗うつ剤っぽいの飲んでいるが効いてる気がしない

相変わらず頭おかし

検索したら躁鬱の薬らしい、でも妹ずっと落ち込んでるから躁鬱では無く単なる鬱では?

2016-07-18

ハリポタ放送されるたびに思うこと。

ハリポタ地上波放送されるたびにスネイプ聖人ジェームズ畜生扱いする人がよくいる。

個人的見解だけどハリーポッターには聖人畜生もいなくて、ただどんな登場人物も結局のところ一人の人間であった、という話だと思う。

中心的な人物には皆美点と欠点があってだからこそ根強いファンの多い作品だと思うのに、単純なラベル分けで終わってしまうのではあまりもったいないと思う。

主人公最大の庇護者でまるで神のようだったダンブルドア過去のあやまちに苦しみ結果的に死を招く(直接的にそれで死んだわけではないけど)人間であったし、最大の敵として立ちはだかるヴォルデモートもまた人間だったと思う。

原作ではハリーとの短い問答の末、たった一度の呪文でごく普通人間と同じように死んでいる。正直映画肉弾戦ありのやたら長い戦闘シーンと塵になって消えるところはやり過ぎだと思った。

同じようにジェームズも十代の頃は自分の才能に酔ったどうしようもない馬鹿だったころもあるけど、ヴォルデモートと戦うために不死鳥騎士団に入り、実際に四度彼と戦っている。

少なくともジェームズマグルまれ差別することはなかったし、リーマスが狼人間と分かった後も差別しないどころか彼のためにアニメーガスにまでなった。

マグルまれも狼人間自分自身ではどうしようもできないことで、しか後者には危険が伴うにも関わらず受け入れたジェームズは本当に良くも悪くもグリフィンドール生だったと思う。

一方スネイプは命がけで二重スパイの重責に耐え、逃げることも投げ出すこともしなかった勇敢な人だ。

ただその一方でマグルまれに対する扱いは酷いものであったし、リリーには何もせずとも、自分の友人がリリーの友人であるマグルまれの生徒に呪いをかけることを止めもしなかった。リリーに頼まれたとしても。

ジェームズたちにスネイプから自作呪いをかけることもあった(騎士団リーマス発言から)。

教師になってからスリリンへの依怙贔屓はまあひどいものだったし、ハリーなんて何もしてないのに最初の授業からいびられるという……。

それでもスネイプは愛した人のために命を懸けたし、その人が死んだ後も彼女の忘れ形見を守るためには手段を選ばなかった。

あんまり言われてないけど死の間際でもただそのために行動したところってものすごいことだと思う。普通助けてくれとか恨み言のひとつも言ってしまいそうにならないかな。

ダンブルドアには組み分けは早急過ぎたんじゃ、とも言われてたけど、手段を選ばないところもドラコを庇うとこや依怙贔屓なんかの身内意識の強さもまさに良くも悪くもスリリン生らしいと思う。

映画ではサクッとスルーされたけど超やなやつだったハリーのいとこのダドリーは7巻冒頭で和解してるし、ペチュニアおばさんはなんともいえないほんの一瞬の別れがあるし、ルーナは最高なので映画もいいけどみんな原作もいいとこいっぱいあるからみんな読もうぜ

2016-04-05

そもそも論をぶつけるようで申し訳ないんだけど、医学的に病んでるとか、極端に自己肯定欲が低すぎて会話が噛み合わないとか「病んでる人の特徴」をちゃんと理解してる人ってどんだけいるのさ?そこからしてまず謎 / “「俺メンヘラホイホイ

メンヘラとかうつ病懸念する割には本当に病んでる人に会ったことがないか、定義がわかってないまま怖がる人が多すぎます

この人医学的に…とか、そういう薬を飲んでるんだとかそういうレベルまで病んでる人じゃなくて、単なる依存癖をメンヘラって呼んでないっすか?

ちなみに、僕の場合ですが…躁うつ病でかつ、発達障害からコンテクストが合う人と実際にお会いすると男女問わず病んでるか、いまにも病みそうな生活してたりする。

メンヘラ女ホイホイなんじゃなくて、「発達障害的な言語の方がやりやすい人」と一緒にいると自分も含めて「闇(病み)」というね

あーオレ、恋愛の話とかするのやめようと割とまじめに思った。なんか、使ってる言語というか、自分達の立場がどこにあるのか聞けば聞くほどわからなくなっていくんだよなぁ…恋愛自体が全方向煽りになっていくんよ / “健康女子さえも苦し

いや、メンヘラホイホイってフレーズにカチンと来てるんじゃなくて、もう「メンヘラ」ってフレーズ自体にカチンと来てるんだよね。

定義何?自立支援医療制度を利用したことある

発達障害IQテストやった?

抗鬱剤が体に合わなくて丸一日寝込んだ経験は?

…って思うわけ。定義曖昧すぎ

いや、本音を言うと、軽々しく、定義不明確に他人メンヘラ呼ばわりできる人にはうちに余ってるリーマスを手に握れるだけ入れて、口に入れて強制的ODさせてやりたい。

「お前の味わってるそれがメンヘラだ」

と。幾つかの睡眠導入剤を併用して飲ませて1日まるごと消える体験でもいいが

こいつブラック企業でつとめてボロボロにならなかったやつ以外会社で鬱になった奴は甘えとか書いてたけどほんとに酷いな。女だったら、子供をウンだこと無い人間には母親のつらさはわからないんだって言い出しそう

2016-04-04

もうやめて!青二才さんの手首のライフはもうゼロよ!

そもそも論をぶつけるようで申し訳ないんだけど、医学的に病んでるとか、極端に自己肯定欲が低すぎて会話が噛み合わないとか「病んでる人の特徴」をちゃんと理解してる人ってどんだけいるのさ?そこからしてまず謎 / “「俺メンヘラホイホイな…

メンヘラとかうつ病懸念する割には本当に病んでる人に会ったことがないか、定義がわかってないまま怖がる人が多すぎます

この人医学的に…とか、そういう薬を飲んでるんだとかそういうレベルまで病んでる人じゃなくて、単なる依存癖をメンヘラって呼んでないっすか?

ちなみに、僕の場合ですが…躁うつ病でかつ、発達障害からコンテクストが合う人と実際にお会いすると男女問わず病んでるか、いまにも病みそうな生活してたりする。

メンヘラ女ホイホイなんじゃなくて、「発達障害的な言語の方がやりやすい人」と一緒にいると自分も含めて「闇(病み)」というね

いや、メンヘラホイホイってフレーズにカチンと来てるんじゃなくて、もう「メンヘラ」ってフレーズ自体にカチンと来てるんだよね。

定義何?自立支援医療制度を利用したことある

発達障害IQテストやった?

抗鬱剤が体に合わなくて丸一日寝込んだ経験は?

…って思うわけ。定義曖昧すぎ

いや、本音を言うと、軽々しく、定義不明確に他人メンヘラ呼ばわりできる人にはうちに余ってるリーマスを手に握れるだけ入れて、口に入れて強制的ODさせてやりたい。

「お前の味わってるそれがメンヘラだ」

と。幾つかの睡眠導入剤を併用して飲ませて1日まるごと消える体験でもいいが





5年位前にメンヘラ女の子に優しくして勘違いさせるの好きって得意顔で言った青二才がなんか言ってる。あの時は自分メンヘラじゃないと思ってたから見下してたんだろうね。でいざメンヘラになるとメンヘラ見下すんじゃねえよって言い出す。

これ生活保護も一緒。大学生の時に、生活保護初任給と同じくらいもらえるなんて納得行かねえって言ってたのに自分生活保護をもらいかねない立場になると手のひらクルーして生活保護をばかにする奴はバカとか言い出す始末。

自分フジテレビデモに参加するくらい馬鹿だったのにシールズについては左翼からってりゆうじゃなくて大学生からって馬鹿すぎるだろと言い出す。

失うものがない人間って、信頼性必要としないから手のひらドリルやり放題で楽しそうだ。 今の自分の状況に都合のいいことしか考えてない。彼女ができたら絶対DVしそうだね。今は権力ゼロから底辺の無害な男だけどそのまま一生終えて欲しい。





金融経験がなくデマ独自理論をばらまく自分では政治経済に詳しいつもりのFラン大卒芸人

ゲス男を標榜し、女の悪口をいう以外に中身の無い恋愛論でも、アイコンかわいいだけのニート

話題記事にのっかって大げさに騒ぐことしかセず、知識が足りないキョロ充なくせにキョロ充自覚がないアニメアイコン

気をつけましょうね♪

2016-01-18

向精神薬もぐもぐ。発達障害と診断されてからというもの向精神薬毎日。まずは眠れないので標準睡眠薬ベンザリン。それでも眠れないので強力睡眠薬ロドピンロドピンだと死にそうになるので新型睡眠薬ベルソムラ鞍替え。眠れるようになった! 鬱が激しくて毎日死ぬことばっかり考えてたかアナフラニールを処方されたら毎日ハッピーハッピー。向精神薬すげーと思いつつ、ついでにムラのある気分を安定させるためにリーマスを処方される。ここに来るまでに10年かかった。10年間で50種類ぐらいの向精神薬飲んだ。集中力欠如でいまだに無職だけどだいぶ綺麗な処方になったと思います。薬もぐもぐおいしいです!

2013-07-31

http://anond.hatelabo.jp/20130731212909

それどこ情報よ…だいたいボダじゃねぇし。境界例人格障害ひとつなうえに行動療法寛解してたら薬は不要場合もある。

ちょっと背が低かったり目が悪かったりするみたいに、精神安定に欠けてるところがあるなら薬で補うこともあるが、なくても生活できるように訓練することは低年齢で気づけば可能なのにな。

自分合併症?で気分障害が出てきたのでこの三年くらいはリーマス飲んでるが。

どんだけボダに恨みがあるのか知らないけれど、もしあなた人格障害でないのなら単に嫌なやつだし、人格障害なら治療してひとさまに迷惑をかけないようにしなさい。

苦しむだけ苦しんで死ねとおもわれるような人間になりたくないなら、薬に一時的に頼ってあとは行動を改善していくしかない。

ま、障害者タヒねと素で思ってる人なら、あぁそうですか、だけどさ。

http://anond.hatelabo.jp/20130731211504

残念な子だな。投入してるのはリーマスだけだよ。初っ端からちまちまとうんざりするようなことばっかり書いてるが、自己紹介はいい加減にしてくれないか

2013-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20130728151347

興奮してるんでよくわからん

うつって何?

躁転してるんなら働けるんじゃないの?

躁が出るなら双極性だろうしそれは薬のみ続けてるはずだし

リーマス増やしてもらえば良いんじゃないの?

2013-03-27

父が癌になって思ったこと

http://1024.hatenablog.com/entry/2013/03/26/195249

うちの親父も癌になった。発覚時ステージ3で、手術からそろそろ五年経つがいまのところ再発はなし。まぁとりあえず一安心というところか。

最初に見つかったのは歯肉癌。本人気づいていなくてなんか痒いな、腫れてるなということで歯医者に行き、歯医者も炎症起こしてる程度だと思って大きめな病院を紹介しただけだった。その後ふた月くらいは全く危機感がなかったのでほったらかしてた。昔親知らずで異様に腫れたことがあったのでそんなもんだろうと思っていたらしい。で、気づいたときステージ3。リンパにも転移していた。会社の定期診断では大腸への転移の疑いありとも出ていたが、それはシロだった。

この時親父は59歳、3月生まれなので翌年に定年退職の予定だった。

癌だっつーことで速やかに休職。すぐ手術するのかとおもいきや、意外に検査時間がかかるのね。保険ガンガンきいたのと、でかい企業だたので病気での休職などの制度もしっかりしてて、子どもはまだみんな学生だったけどとりあえず困らなかった。

別に嫌な親父だったわけではないが、自分と一番下の妹以外は何故か見舞いに行かず、いろいろ日頃の関係が出るなぁと思ったりしていた。自分はこの時躁うつ治療中&大学院生だったので割と暇ではあった、というのもあるが、手術の立ち会いも自分がいった。母はなぜか切れていてろくに見舞いに行かなかった。病気になるのは本人が悪いらしい…基地外である

手術と治療東京歯科大でやった。総合病院じゃないのに手術とか(リンパの切除もあったし)大丈夫なんだろうかと個人的にはちょっと思っていたが、口腔がんセンターになっているだけに治療スムーズで、特に不安に感じることもなかった。病床少ないので静かでいいし、がん患者が少なく、入院患者もだいたい元気に退院していく(親知らずとかだからね)ので、逆に本人にとってはよかったようだ。病院としてもアレルギーなし、他の病気もなし(昔胃にポリープが出来たくらい)、なんでも食べるしとくに落ち込むこともない親父は割と扱い易かったもよう。

こちらとしては切除した顎やリンパを見せられるのは勘弁していただきたかった。医療系じゃないんだから免疫ないんです。ここが患部だとか言われてもハイそうですか、としか

なお家族の絆とやらはうまれなかった。なのでそんなに感動的な話はない。

一ついい事といえば悲劇のヒロインになったつもりの母親が、親父が最初にかかった歯医者女医さんに「きっとうつなっちゃったのよ!」などと言われ、病院に連れて行かれて今もなおうつ病だとおもっていることだ。もともとボーダーなんだが、薬を飲んでるとみんなちやほやしてくれるのを学習したようで時々貧血が…とか動けないの…などと病弱なふりをしつつもちゃんと薬を飲んでくれている。出ている薬にリーマスが混じっているので、医者はたぶんボーダーであることを把握していると思われる。薬が効いてるおかげか昔より性格が穏やかになった。相変わらず人の悪口は多いが、まぁいじわるばあさん程度だ。

癌は不治の病というイメージがあったが、どちらかと言えば母親のほうが不治の病にかかっているような気がしてならない。

ま、母親は置いといて、当人はそんなに深刻な感じではなかったが、同時期にやはり癌(ただ部位は異なる)になった同僚がいて、その人が焼身自殺した直後だったので、どちらかというと現実逃避をしていたっぽい。えんぴつでなぞる徒然日記とかイラストロジック差し入れを喜んでいた。なんにも考えたくなかったんじゃないかなーと今になると思う。病院暇だしね。

手術直後は気力がなくなったのか、気にしない振りをしていてもやっぱり怖いのか、ボケっぽい症状があらわれて鉛筆でろくになぞれなくなっていたりした。あと算数どころか一から百まで数えるのができなくなった。

会社休職後には元の業務に戻さず新人教育とか、後方支援とかなんとか名目を付けてあまり重要な業務はさせなかったようだ。それでも置いてくれているだけましだと思うくらい、ぼけた。幸い今はボランティアにいける程度には回復している。

あのボケ方をしていたにもかかわらず、定年まで退職勧告をしなかった会社には感謝をしている。ずっと夜勤のある仕事だったが配置転換夜勤をなしにしてその代わり日勤と早朝勤+出勤をタクシーにしてくれたのもありがたい(事故があると困るからだろうが)。退職金も一割減だったけど出たのでその後の治療心配せずにすんだ。でかい企業だったので労組から見舞金もかなり出た。親父が退職したその次の年の年度末に会社更生法を申請しているのでかなり余裕が無い時期だったに違いないが、そういう対応をしていただいたことには本当に感謝している。あの会社のおかげで自分病気持ちだが大学院まで出ることができたし。色々悪く言われているし、問題もあったことは知っているが、でもやっぱり職を奪わず金を払ってくれる存在があるというのはありがたいことだ。

癌は不治の病というイメージがあるし、昔はそれこそ家を潰して治療費にあてなければならないほど治療にはお金がかかったらしいが、実際にすぎてみると「あれ、そんなもんか」という程度ですんだような気がする。しかしこれはうちの親父がでかい企業に勤めてて、その企業が先回りして色々と保険をかけてくれてたりとかしたからだ。これはたぶん幸運なことだったのだろう。幸運ではないかもしれない俺やあるいは俺と同じ世代の人々は、癌になったらまず経済的なところで問題がないかをおさえるべきだと思った。

あと思ってたよりずっと医療は進んでて、患者にはそれほど負担がかからないように医者も日夜研究をしてくれてるんだなぁと思った。一番ネックになるのはたぶん本人の恐怖心だと思う。これは個人の資質にもよるので本当にどうすりゃよいかわからん。恐死の恐怖は肩代わりできないしね。

しかすると恐ろしさのあまりボケるかもしれない。変な宗教にハマるかもしれない。騙されて医療を拒むかもしれない。そういうところに点け言ってくる奴はたぶん必ずいて、それに利用されることは大いに有り得る。出来る限り完治後も継続して安定した生活が送れるように変な情報シャットアウトして、本人の逃避の方向を問題ない方向性に向けてやるしか、周りで見てる人間にはできないんだろうなぁ、なんてことを思った。そゆう意味でも親父は手のかからないひとだった。ありがたい。

2010-07-09

ほんとに躁鬱だったのかな

ほってんとりに林先生のかっこいい一行ぶった斬りレスを見かけたので久しぶりに精神病について考えたりした。自分のことを考えるのは疲れる。

二年前の今ぐらい、毎日何かしらどこかが痛くて苦しんでいた。胃痛、腹痛、頭痛耳鳴りめまい貧血、ふらつき、そして生理不順。あまりにも胃腸調子が悪くてしょっちゅうはいたり下痢をしたりするので内科にまずかかった。とりあえず点滴されてざっと検査しても異常はなし。ストレスじゃないかと聞かれたけど本人はよくわからなかったのでとりあえず耳鳴りの件で耳鼻科を紹介されていったら、精密検査MRI写真見た医者はため息つきながら「健康そのものです」と残念そうに言った。ちょwwwおまwwwなんで残念そうwwwと思いつつも原因が分からないので不安もあり、とりあえず偏頭痛ですかねお薬だしますねストレスためないようにねと言われて放流。

ついでにさすがに半年周期の生理不順もやばいだろうとおもって婦人科も紹介してもらって検査したけど機能的な問題なし、ホルモンバランスも問題なし。やっぱりストレスためないようにと言われてほぼそのまま精神科へ丸投げされる。

当時、睡眠時間が10時間以上になってて、学生だったんだけどこりゃやばいとは思ってた。内定は出てたから卒業さえできればよかったけど、朝になっても目が明かないし夜になると勝手に閉じちゃう。かとおもえば目を閉じてても寝れない日もあるってんで医者相談したら、抗うつ剤睡眠薬出されたけど睡眠薬が効きすぎてやばいやばい。二時間起きてられない。これが3分だったらウルトラマンレベルとか思いながら医者相談したら抗うつ剤ふやされてきちんと飲んでたら躁転。とはいってもそこまでひどくはなくて夜通し研究するのが一週間とか続いちゃっただけなんだけど、あとで見返したら実験手順がひどいことになっててそりゃー結果出ないわなーみたいなね。あと簡単な会話ならいいんだけど、人の話がよくわからなくなっちゃって、医者に何度説明されても薬のことがよくわからなくてこりゃやばいってんでリーマスが出てくる。それでもしばらくは上がりっぱなしで、日本語認識できなくなっちゃったりとかしてたみたいなんだけど(当時の日記からすると)、日本語は一応かけてて、でも支離滅裂。これはひどい。しかも睡眠薬は寝る前に飲めばいいから覚えてられるけど、食前とか食後とかに飲む薬って忘れるのよな。そもそも食事取ってなかったりしたからあんまり真面目に薬も飲んでなくて、今でも手元にリーマスが200錠くらいある。これはやばい。躁から鬱に移行する時に全部飲んじゃったらどーすんだ先生よ。でも大丈夫ですちょっと眠れるようになってきましたとか眠ってもないのに言っちゃうんだよなぁ。という感じだった。

いろいろあって一応診断は躁うつ病最初にかかった時は強い抑うつ状態にあったってことらしい。驚いたことに医師には十代前半で発症したと思われますとか言われてしまって、マジで?なんで?まぁそうかというか思った。

病院では全部しゃべってないというか聞かれなかったから言わなかっただけなんだけど、ほかにもいろいろとあって、

  • とにかく人の話していることが分からない。単語意味は分かるけどそのつながりが分からなくなる。ひどい時は日本語であることが認識できない。
  • 言葉がほとんどしゃべれなくなる。しゃべろうとすると言葉が逃げていく感じ。もともと声が小さいけどほとんど聞き取れないくらいの声になってしまっていたと思う(多分
  • すーっとトラックタイヤとか電車とかに吸い込まれそうになる。ホームの端っことかだと転落するイメージしか浮かばなくて壁際ぎりぎりとかを歩いてしまう
  • なんか知らんがてくてくと遠くまで歩いて行ってしまって疲れて動けなくなる。つうてもほとんど食べてなくて体力がないので、一般的にはそんなに遠くでもなかった
  • とにかく食べない。食べれない。胃が弱っていたのもあって少しでも食べると胃が痛くなったりはいたりする。卒業後今の会社入って検診受けたら栄養失調ですっていわれた。でも見た目は普通にデブなので今や「栄養失調のデブ」を自称している。貧乏で食うや食わずだったんですって一応断りいれてるけど、でもコデブなことに変わりはないしなぁ。
  • 同居人が壁に向かってブツブツつぶやき続けたり壁と対話していたりとかしたのでそれでストレスがたまっていた。声を聞くだけで吐き気がするレベル就職して独り暮らしになったら途端によくなったのであいつのせいだと思う。絶対。
  • 母親境界性人格障害で、まぁいろいろと。簡単にいっちゃうと毒親ですね。自分もその気はあると思う。どうでもいいところで逆上したりとか見捨てられ不安とか。
  • 軽度の妄想というか男性不信?とにかく男性が悪意をもって見ているとしか思えなくなる。職業柄周りは男ばっかなんだけど、今でもこの妄想調子が悪い時には出てきてしまってなんか知らんがすごい勢いで拒絶してしまうので正直すまんかったおれのことは嫌ってくれと思っている。原因は母親が男しかいないようなとこばっかいってくそビッチめしね氏ねじゃなくて死ね今すぐ行って来いとかいったり実際何度も殺されかけたのと、セクハラっつーか恋愛感情がこじれちゃった人に全く気付かないで普通にセクハラくらったのと、あとは昔からおとなしくて声あげなさそうにみえるせいで痴漢に狙われまくったせいなのかなー。とかずっと思ってたんだけど最近父親のせいかもなと思うようになった。どんなに母親から暴力受けててもニヤニヤしてるだけで自分ターゲットじゃなきゃいいやって人だったんだよね。まぁファザコンおつ!ってかんじだけどぉー。まじおやじ洗濯もの一緒にしないでって感じぃー。医者も男だったので最初はものすごく警戒して診察後半日くらい手の震えが止まらないわ汗が止まらないわで大変だった覚えがある。父親のせいかもと気付き始めたくらいからは普通に男の人としゃべれるようになってきたので、ちったあ改善してるみたいですけど、やっぱり苦手なんだよなぁ。
  • 醜形恐怖があってブスに非常に手厳しいコデブスだった。特に太ることにすごい恐怖を抱いていたんだけど、でも全然食ってないのにコデブのままで死にたかったです。今は食いまくってるけど体重変わりません。どういうこと。
  • 増田でひたすらほてんとり入りするような煽り記事を書きまくる。

まぁその他もろもろ。

んでこれらの症状が、特にタイヤに吸い込まれそうになるとか偏頭痛、腹痛とかあたりは確かに10代かそれより前からずっとあったんだけど、就職して独り暮らし始めた途端ほとんどきれいさっぱり消えたんですよ(男性恐怖と生理不順と醜形恐怖のぞく)!薬も飲んでないのに!本当に自分躁うつ病だったのか?と非常に不思議でしょうがないです。単にストレスの原因が消えただけちゃうんかと。おもに母親同居人。でもまぁ相変わらず境界性人格障害ぽいところはあるし、男性恐怖とかは増田煽り記事書くのとかはその辺から来てると思うので、そういう意味ではいつ自殺してもおかしくないんだよなー。リーマスこんなに手元にあっていいのか。でも致死量ではないか。ならやめておこう。

実際のところどれくらい正確に診断ってできるんだろうね。自分がそうだから思うんだけど、特に人格障害根本にあってそこに鬱とかが乗っかってきちゃう人とか、絶対正しい情報医者に伝えてないと思うんだよね。こういえばちょっと良くなったって見せかけられるそうすればよかったですねって言ってもらえるとか思ったらいっちゃうもの。これ言ったら難しい顔されるし、本気でやばい病名をつけられるかもしれないから言わない、だけどこれくらいなら病気だって診断してくれるだろうからちょっと過大気味にいっちゃおうとか。それで躁鬱って判断されたんちゃうかなと今では思う。

最近会社人間関係が非常に良好なせいか人格障害の兆候が多分ほとんど出てないみたいで周りにあまり波風が立ったりしてはいない。もともと自分はあまりしゃべるのは好きじゃないし、自分自身が割とひとに迷惑掛けるタイプだとわかっているので、一人でいるのが好きだったりとかしてあまり深い付き合いをしてはいないんだけどとりあえず嫌いすぎて殺してやりたいとか思う人がいないから大丈夫なんじゃないかなー。とか。嫌いすぎて殺してやりたい人がいる時も別にその人だけを攻撃したりとかしないで全体的に一人で嫌な奴になって悪意を振りまくだけなので、一人嫌われていくだけなんだけどね。

おちはありません。スマソ。

2009-06-29

たまった錠剤を全部皿に盛ってみた

鼻歌歌いながら作業はしていた

なんでこんなにミスタピングが多いんだろうかうまくかけない

全部同じ薬

不真面目だから、もらっても数日で飽きて飲まなくなる

鬱の時はしっかり飲むんだけど

だからいつも同じ薬ばかりたまる

睡眠薬は一番最初になくなるし医者もあまりくれない

効きすぎて眠り続けるから出してくれなくなった

リーマス200mgが400錠

飲んだらたぶん死ねる。

すぴーんだしてミルクも用意して

ミルクそのまま飲んだらおなか壊しちゃうなとか思いながら、ざくって錠剤の山にスプーン突き立てたら

なんか知らないけど涙がぼたぼた出てきてやめてしまった

しばらく泣いてた

帰ってきた同居人があわてて薬片付けてた

別に死にたいわけじゃないし毎日楽しいのに

なんなんだろ

2009-06-21

http://anond.hatelabo.jp/20090620234519

躁鬱というよりはカフェイン中毒の禁断症状っぽいけど。それでめまい頭痛があったら完璧カフェイン中毒なんだけど。

薬は何飲んでるの?リーマス

自分も躁鬱だけど躁の時は自分が躁に吹っ飛んでることがわからないけどなぁ。

あとカフェイン中毒もやってるけど、躁とカフェインきらした時の状態は全然世界の見え方が違うからなぁ。

2009-01-07

毒親というやつ

前からわかってはいた。母親の仕掛けてくるあれこれに翻弄されて心を病みながらもそれを認められずに生きてきて、去年の夏やっと病名がついた。ほっとしたというよりも恐怖だった。

医者がずいぶん前からかかっていたようだと言った時正直やっぱりなと思うのと同時に安堵した。よく頑張って普通の生活を送ってきましたね、ともいわれた。考えてみれば心を病みながらも大学入試を乗り越え、大学卒業しようとしているのだから心の病にかかってるとは言い難いのかもしれない。自分ではよくわからない。ただ、母親存在自分の毒になっているということがはっきりしたことだけが嬉しかった。

考えてみれば、母親とはまともな会話をしたことがない。いつも物の置き方や歩き方、扉の締め方で機嫌を伺っていた。突然スイッチが入るのだ。それは例えば、あのころはまだ小さかった妹が粗相をしたとか、皿を割ったとか、あるいは父親がへまをしたとかそういう負の原因の矛先が自分に向いていることもあった。たとえば運動会で一番になれなかったとか、マラソン大会で後ろの方を走ってたとか、勉強しているとかそういう自分に原因のある場合もあった。あるいは表情が変わらないとか、びくびくして隠れてばかりいるとかそういう環境による原因から来た自分の状態を責められることもあった。時には鍋が焦げ付いたからとか買ってきたものを間違えたからとか庭の植木剪定がうまくいかなかったからとかそういう母親ミスが原因でスイッチが入ることもあった。いつどこでどういう風にスイッチが入るかはわからなかった。とにかく機嫌が悪ければ、自分に矛先が向いた。うまくことが収まらなければ、ちまちまとためているお小遣いを没収されたり、教科書などの学用品を捨てられたり、あるいは着の身着のままで追い出されたりもした。折檻も受けた。いまだに残っている傷跡もある。でも一番きつかったのは給食費修学旅行費などの学費を出さないと言われることだった。それが一番弱った。

スイッチが入っていなければ普通の、ごく普通の家庭だったと思う。大学にまで行ってるのだから、と人は言うからおそらくは幸せだと考えなければならないんだろう。感謝しなければならないんだろう。そうずっと思ってきた。

学費のことはよく言われた。困らせようとしているのはある程度大きくなったらわかっていたが、しかし実際困った。中学卒業してしまえば、金を出さない働けと言われてしまうとそうするほかなかった。そうしなければならないんだろうと何度か学校をやめようとしたこともあるが、そのたびに誰かに止められた。先生だったり友達だったり、恋人だったり。お金を出してあげるからと言ってもらったこともある。金を出さないという脅し文句は一番卑怯で最も子供に言ってはいけないことなんだから自分が悪いと思う必要はないと諭してくれた人もいた。その中で毒親という言葉を知り自分母親がそうであるということも理解した。

よく考えてみれば、何を言っても言い訳になるようになっている。うまいこところころと人の発言を自分の思う通りに解釈してそれを掲げて人を糾弾するのが得意な人だ。自分が悪いような気がしてしまう。誰かを責めるためなら直前にいったことと180度逆のことも恥ずかしげなく言える人だ。しかしそれはうまくコーティングされて、それが正しいような気がしてしまう。そういう能力に関しては長けている人だ。生きてきた年数分うまいのだろう。

去年の夏ごろ、父親が病気になった。体に多少不自由が残っているが、自分身の回りのことはできる。思うように動けないせいかややひがみっぽいことを言うことが増えたが、命に別条はない。父親も被害者のようなものだった。昔はそうでもなかったような気がするのだが、最近は呆けたような顔をすることが増えた。長年人格を否定され罵声を浴びせられ続けるとあんな空虚な顔になるのだろうと思う。その父親を母親は親の敵のように嫌っている。いや、母親が親に恩など感じているわけがないし自分でもそう言っているのだから、犬猿の仲とでも言えばよいのか。物心ついた時には母親が父親をいつものやり方で責め立てているのが日常風景だった。

正月、正直実家に戻る気にはなれなかった。卒論もあるし、家に帰ったらそれどころではなくなるのはわかっていたのだ。でも帰らなければまたうるさいということもわかっていた。最大限の妥協をして年末の数日実家に帰り年が明けてすぐ下宿先に戻ろうと思っていた。でもやっぱりそうは問屋がおろさなかった。

愚痴を聞くだけなら、かまわなかったのだ。病人を抱えていればそれなりにたまってくるものはあるだろうということは簡単に予想できるから、それを聞くのはやぶさかではないと思っていた。忙しくてあまり帰らず申し訳ないとも思っていた。夏はちょうど私自身も心を病んでいてどん底にいたのであまり父親の病気には関わらなかった。関われなかった。それでもできる限りのことはしようといろいろしたのだ。しかし、それが足りなかったらしい。まずその不満からだった。母親自分のしゃべっていることでどんどん興奮していくたちなのでなだめながら聞いていたが、でもやっぱり駄目だった。父親に向けられなくなった分こちらに向かってくるエネルギーがすさまじかった。私は疲弊した。そんな私を好きなように攻め立て、あらゆる事実を捻じ曲げ、母親は私を糾弾した。薬をいつもより多めに飲んでもそれでも駄目だった。気分が落ち込んでいくのは止められなかった。そんな私に母親はあんたの性格が悪いから病気になるんだといった。薬を飲むのをやめろと言った。医者なんか信用するなと言った。そして、その医者はあんたの好みなのかと聞いて嗤った。それでもおさまらなかったらしく、離婚してやると喚いた。離婚して父親の面倒を押しつけてやるといった。離婚したら結婚も難しくなるあんたはみかけもたいしてよくないし、と言った。父親の面倒をみたら仕事にも支障がでるだろうねと笑った。親が離婚していてさらにその親の介護をしているあんたは嫁にいけないよと言った。仕事にも集中できないから貧しい暮らしになるに違いないと言った。そういいながら笑った。ずっと私は正座し黙っていた。10時間。ひどい正月だった。卒論は進まなかった。たぶん留年すればいいとでも思っているのだろう。そういう人だ。留年したら就職は難しくなるから、これからも矛先を向け続けることができるし、そして逃げ出せなくなるとわかってやっているのだ。わかっていた。だから黙っていた。もう何度死んでくれたらいいのにと思ったかわからない。頭の中でぐるぐるとどうやって殺してやろうかと考えていた。そう考えるだけでずいぶん楽だった。どうやって苦しめてやろうかと考えていた。静かな気持ちになれた。

母親は私を捨ててやるとよく言った。母親は私を不幸にできることを信じて疑わなかった。子供のころはそうだった。しかし、いつまでもそうではないのだ。私は卒業し、就職したら母親を捨てるだろう。徐々に不自然でないくらいゆっくりと捨てるだろう。性急になってはいけない、勘付いて何もかも元の木阿弥になってしまう。母親は困らせればすがりついてくると思っている。またいつもの手を使って絡め取ろうとしてくるに違いない。だが、私は捨てるのだ。なにもかも。親もきょうだいも何もかも捨てて過去は断ち切るのだ。まともな生活を普通人間関係を、得てもいいといろんな人が言った。幸せになっていいんだとたくさんの人が言った。母親が私を評したのとまるで逆のことをいつも他人から言われる。居場所を奪わない人がいる。失敗したら許してくれる人がいる。泣き言を言っても聞いて慰めてくれる人がいる。怒りを向けてもそれを受け止めてくれる人がいる。私のことを思い、傷つかないように言葉を選んで忠告をしてくれる人がいる。世の中にはそういう人がいてそういう人たちにたくさん助けられてきた。普通の、ごく当たり前のこと、そういう幸せを私に与え、私が差し出すものを受け入れてくれる人がいることを私は知っている。ふつうになりたい。いつも切望している。

追記:

わわわ、ありがとうございます。がんばって逃げます。

icloud 幸せになってほしい。あまり大きな声でいえないけど、計画がうまくいくといいな・・ ・・・・・ところでうちの母もこのような感じ(ここまでではない)のだけど・・・病院につれていってみるかな・・

残念ですが毒親本人はおそらく病院に連れて行ってもせいぜい境界線人格障害と診断?される程度じゃないかと思います。それだったら距離を置いてしまうのがよいのでは。程度によりますが少し距離を置いた方がうまくいったり環境を変えることで寛解することもあるらしいです。

お母様が毒親に苦しめられているということだとしても病院病気になってる人しか助けられないので病名はつけてくれるかもしれませんが原因が取り除かれないことには…。穏やかな日々が来るといいですね。がんばりましょう。

私が飲んでるのはデパスじゃなくてリーマスなんですよね…正真正銘メンヘラです。はぁ。でもたぶんきっと本当に必要なのは、薬じゃなくて簡単になくならない信頼関係なんじゃないかと思うのです。たとえば私は無自覚に誰かを傷つけたり怒らせたりすることはあるわけだけれども、そういう状況になった時にあぁ生活すべてがめちゃくちゃになるこれで何もかも終わりだっていう絶望感にとらわれなくてもよい、という思えることが本当は必要なんです。そういう信頼関係が築ける相手がいることが必要なんです。対立しても怒らせても、ちゃんといいたいことは言って嫌だと思うことは伝えて、そういうことができる関係というのが。

母親自分存在を確かめるために、自分が必要な人間だと思われているということを確認したいがために私を使ってきたわけで、私はあくまでも母親自尊心を確保するための道具だった。必要な道具だったからそこにおいていただけなんですよ。私じゃなくてもよかった。ただちょうどよかっただけで、そのために手入れもしたんだろうし金もかけたから手放すのは嫌なんでしょう。でももし代わりになる道具がでてきて私が必要なくなれば簡単に捨てるだろうってことを私は知ってる。

道具が持ち主を愛さなきゃいけないんでしょうか。しなくてもいいですよね。理解すらしなくていいと思う。泣かせてもエグいとすら最近は思わないです。やりこめることはできる(そのあと包丁が出てきたりとか面倒なことになるので避けることが多いですが)。だって私は道具だし。都合のよいように使えなかったから泣いてるだけでただの子供なんです。あの人は私にとって脅威ではない。ただの面倒な子供で、縁を切ってしまいたい。でもあの面倒な子供は生きてきた年数分だけ聡く狡賢いやり方を知って、攻撃力は半端ないし、私も痛いのは嫌だし職や住まい恋人を奪われるのは嫌なので空気のように消えていくしかないんだと思います。中途半端はよくない。やるなら徹底的に消息を絶たないと、たぶんいろんな意味で殺されるから。

2008-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20081128221645

薬で死ぬのはつらいからやめときな。ドグマチールはなかなか死ねないし。

もう少し中毒性の高い薬で定期的に血液検査が必要になるような薬でも苦しいよ。自分は今リーマス200を200錠以上持ってるしある程度血中リチウム濃度が上がってきてるから死ねるとは思うけど。でも死なないよ。

ゆっくり治ろうよ。一緒に。

2008-11-14

また気分が沈んでて、夜に泣きたくてしょうがなくなったので理由を考えたらリーマス錠を飲み忘れていた。

ちゃんと飲んでいるときにはわからないのに、飲まないとすぐに出てくるのはなぜなんだろうね。

リーマス錠は劇薬なのでそんなにたくさん処方されないんだけどちょこちょこと躁になったときに飲むのをやめてみたりなどしてため込んでいる。今たまっているの全部飲めばたぶん自殺できるんだろうなぁ、と頭の中で誰かが言ってる。

馬鹿だよな。なく人の顔が思い浮かぶよ。たぶん声を殺して泣くんだろう。

ごめんね。ちゃんと治すから。もう少し待って。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん