「Dm」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Dmとは

2020-02-19

anond:20200219212944

ワシならプリントアウトして職場に貼っちゃうなあ

DM送って様子見るのもいいかもしれん

2020-02-18

Twitter告白されてメンタル削られた

今回のメンヘラアタックがしんどすぎて書き殴り


前提

相手友達の友達

知り合いのバンドマン

会ってからは多分5年くらい

Twitter相互フォロー

対バンも多分してるが特に印象に残ってない

ライブハウスなどで会ったら挨拶するくらい

7歳くらい年上男性


前兆

2019年

Twitterリプライがちょくちょく来るようになった。

いいねされることが増えた。

ハナホジーな感じで当たり障りなくリプ返しはしていた


ことのおこり

2020年1月

DMが来てたことに翌朝気付いた。

「不眠の人に変な絡み方してごめんなさい。反省します。」

何か深夜にリプライがしてたようだが寝てたので見ておらず。

削除した様子だったので内容不明だったが

別に大丈夫だよー」と返信


再びDM

「実はあなたが好きになってしまいました

食事でもいきませんか」

と突然送ってきた

「あらびっくりー」

3月まで時間ないのであれこれと軽く返し逃げておいた。

ライブあるので、良かったらまずそれをー

なんつって逃げて

この時点ではそんなにヤバイとは思っておらず。



しか告白っぽいことが久しぶりすぎて

一応考えるが、いや、そもそも

その人あんま知らないし

なんでいつそうなったのか謎すぎて、ガクガクブルブル(古い)


またDM

LINE交換しませんか

あいいかと教える


LINEがじゃんじゃんくる

ずっと好きでした

調子悪くて最近まで言えなかった

そうなんですか

うううん


iPhone壊れた


睡眠障害のため入院したそうで

そんな人に明らかに傷つくこと言わなきゃいけない試練てなんなんだ

でも言った

応えられません

わかりました


翌朝また謝罪LINE


自分気持ちばかり押し付けてくる 怖い いやだ


望まない絡み方をしてくる

とんだおっさんホイホイだよ

今まで何ともなかった人がどんどん嫌いになる

かなしい

精神的に削られて腹が立つ

自分けが傷付いてると向こうは思っているだろ

こわいこわいこわい

望まないのに気持ちガンガン押し付けてくるのは

もはや暴力をふるうのと同じだと思う


個人的に連絡を取りたくないのでLINEは削除しました。

Twitterはまだブロックしていないが時間問題かもしれない


主催イベントに来た

こわいこわいこわい



Twitterブロック



こわい

もう二度と会いたくない

ごめんなさい

2020-02-17

高校球児を食うのが趣味淫行

性欲を持て余した高校球児セックスするのが私の趣味です。

有名な強豪校の球児は、ファンも多いしモテまくってるからダメ

地方工業高校なんて狙い目。

最近の子TwitterInstagramやってるから甲子園に出てる私好みの球児DM接触

アポ即ハメですよね。

もちろん球児地元まで私が遠征するし、ホテル代も全部私持ち。

高貴な趣味よね?

2020-02-13

ロスジェネ後期世代だけど色々あって今どれだけ幸せか聞いてほしい

簡単自己紹介すると俺はヤンキーだらけのド田舎中流階層出身でF欄卒の氷河期後期世代(もうすぐ40代になる)

例によって就活は全滅で卒業後しばらく工事現場の下っ端警備員をやってた

半年くらいして知り合いのツテで大手の孫受けみたいなとこに運良くアルバイトで滑り込む(基本給12残業代あり)

ここは意外とホワイト企業だったのでベース給料は安かったが研修かに出してもらえたりして1年目から戦力の頭数に入れてもらえたりした

3年くらいいて居心地は良かったんだけど、ちょっとヌルいというか、このままこの会社に骨を埋めるのもなーと思い、転職を夢見て悶々と過ごしていた

転機が訪れたのは自分より格下と思っていた同僚が社員登用されたこ

どう考えてもスキルは俺の方が高かったと思うんだけど、上司の覚えが悪かったのか、社会人になって初めてNOを突きつけられたのが耐えられなかったんだと思う

自分の中で折り合いを付けるためにももっと華々しい世界で働いてみたいと思って転職することにした

転職先は六本木にある業界大手会社で、1社目での経歴をいい感じに評価してもらえたのですんなり入ることができた

まれてはじめて経験するキラキラした世界都心で働く俺スゲーみたいな気分に浸った

しかしここは初めて出会ブラック企業だったのである

要求される技術ハードルも高いが、それ以上に徹夜が当たり前の仕事で、月に4日くらいしか家に帰れないこともザラだった

上司との相性も最悪で、毎日パワハラを受けて徐々に病み始める

ここも3年ほど在籍していたが最後の方は精神状態おかしくなっていて終盤は業務に支障をきたすレベルに病んでしまった

最後らへんはあんまり覚えてないが、総務部かに大声で訴えてやるとか叫んでたような気がする

結局自己都合で退職して1年くらい引きこもっていた(お金を使う暇がなかったのでそこそこ貯金はあったのだ)

このときハローワーク初体験したりしている

1年過ぎたあたりで貯金もなくなってきてバイトを探すことに

前職のトラウマから同業は避けたかったのでファミレスとかで探すが

年齢が20代後半というのもあってか当時は中々引っかからなかった

なんとか滑り込んだのは出版社アシスタント(要は使いっパシリ。基本給12残業代なし)

ここは半年くらい在籍した

会社自体は割とホワイトだったが如何せん給料が安く技術も身につかず将来性の見えない出版業界というのもあって早い時期から転職活動をしていた

4社目はベンチャー(当時は25人くらい)

ベンチャーなので所々に香ばしい感じがあった

社長からの訓示は「経営者目線であれ」とのことでそっち系書籍補助が厚かった(このせいで独立に興味が湧いたのだが)

ここでは2社目のブラック企業で培ったスキル評価されて早々にリーダーポジションにたどり着く

ベンチャーだったので年次ごとに人が増えていき、組織が出来上がっていくのを目の当たりにした

この過程で当然ながら優秀な人材が入ってくるので、段々自分ポジションが危うくなってくる

しばらくはブラック企業で会得した根性でしのいでいたが、あるとき給与の話になって、後から入社した社員より俺の給料が低かった事が発覚する

俺は割と役員と仲良かったと思っていたのだが評価としてはイマイチだったのか…今回人生で2度目のNOを突きつけられたのだ

ここで会社に対する「拾ってくれた恩義」が一気に消えて

会社のためではなく自分のために稼ごうと決めて独立を決心した

社長の「経営者目線であれ」が役に立ったのである

事前に色々と情報収集していたおかげで設立自体は難なくできたが

初年度は営業がうまく行かず大赤字となる

資本金も底を尽きかけていた時に意を決して、なりふり構わない営業を行い毎日10社にDM送ったりしていた

実際に返事をくれるのは1割以下の会社だったし、毎回サラリーマン時代以上にドライ対応を受けるのだけれども

NOを突きつけられる回数が増えると麻痺してくるというか、じゃあ次いこ!みたいに切り替えが早くなるのである

お金をくれる可能性のある上司無限いるかのような錯覚なのかも…

そういう生活を続けていたある日、いい返事をくれたクライアントがいて

そことは今でも永くお付き合いさせてもらっている

まさに捨てる神あれば拾う神ありという事なのか

さらに当時営業に行って軽くあしらわれていた会社からも「人手が足りないので助けてほしい」みたいな話が続々来るようになった

今景気が良いからなのかわからないが、ちゃんと食いつないで行けているし、何だったらちょっと贅沢しても大丈夫

たまたま良いタイミングで時流に乗れただけなのかもしれないが、今人生で初めて余裕のある生活ができている

お金があるから幸せってのは短絡的なんだけど

好きな時に好きなものを食べられるってすごい

何度も死にたいってタイミングはあったが、

今は生きてて良かったと思う

2020-02-03

anond:20200203164428

Twitterごろごろいそう。ヘッタクソな絵のアイコンで「お仕事依頼はDMまで」みたいに書いてる人よく見るよ。それなら10万でおさまりそう

2020-02-02

さらの話

FF14、絶固定のはなし。

面白要素などない。

とある絶固定に入った。

元々知っている人間だったし大丈夫だと思っていたのが間違いだった。

王国が築かれた途端人が変わってしまった。

固定主とその相方が酷かった。

主の独断勝手に変わる処理のしかた、拗ねてHP調整の仕事放棄するその相方、そしてそれを擁護する主。

自分自身も火力は心もとないし頑張ろうと思った。

火力の話をTwitterで他プレイヤーとしていたらDMで「そういう話するのは人としてどうなのか」と納得できないまま怒られる始末。

曰く、攻略のやり方をバカにしているそうで。

全然意味がわからない。

火力の話することの何がバカにしているのか。

VCミスの指摘をされたら「そんな酷いことをいうのか!」

では聞き専をしますと言ったら「バカにしてる!」。

固定の募集要項に聞き専OKと書いていたのに入ってみたらVCしない人間は悪だと言われた。

なんなんだ。

スクリーンショットはあるけど、魚拓もとっておけばよかったな。

挙げ句の果て、主の相方が別件でしばらく休むことになったときに「固定の人間悪口をいわれた!それで病んだ!」と騒いでいた。

半日ずっと通話悪口を浴びせてきたやつが何をいっているんだと不思議に思った。

今思えばあんなに酷いことをされていたのにどうして諦めなかったんだろうと思う。

多分前はちゃん友達だったからだろうけど。

固定って国の王様になってからあの二人は変わってしまった。

エアリプであることないこと、他の人間にたくさん話された。

それが嫌でTwitterが見えないようにブロックした。

固定活動だけはちゃんと出ていたけど。

そしたら「輪を乱す人間はいなくていい」とクビになった。

その対応にそれは独裁政治すぎると抜けていった人が半分ほどいたらしく、そのまま解散したって聞いた。

今はどうしてるか知らないけど未だにどこかの王様をしているらしい。

多分RP系のなにかをしてるんだろうと思う。

自分はとても性根の悪い人間から二人がもとに戻るまでこの出来事を忘れない。

二人の理不尽に巻き込まれ人間がもうでませんように。

もとの二人に戻りますように。

2020-01-25

セクシーアーティストチケットSNSチケット買ったら、相手SM嬢だった

チケットが一枚余ってます、ってことで買った。友達が行けなくなってという話だった。ダンスシーンで、お尻を向けて腰を振ったら、

『うわぁー、キャー○○ー』と絶叫していた。興奮していたんだな。。

  

ライブが終わって、スタバお茶をすることになった。職業を聞いてみるとSM嬢をやっているらしかった。SでもMでも両方出来ますよ、無理にお店に来なくて良いですよって、言われた。その後、DMで連絡を取ったが、引越があるので、忙しいとか、おじさんの葬式があるとかで、結局、会えなくなった。

金に困ってSM嬢をやっているような容姿には見えなかった。

社会人になってからマトモに、会社以外の女性の人と話す機会が少なくて、珍しい経験をした。  

2020-01-24

信者アンチ紙一重

◯年前にやっていたツイッターアカウントが、まぁまぁフォロワー多かった。

何度かバズるツイートしてた頃に、2chアンチが湧いた。

何かと荒れたんだが、同時に信者みたいなのの擁護も湧いた。

アンチクソニートが、うぜえ」

信者「こんな素敵なひとなのにおかしい!この人は神!」みたいな。

正直アンチ無視すればいいし、2chに書かれてたことは何一つ当たってなかったので鼻で笑ってたが

信者の方がなかなか面倒だった。

励ましのDMやらリプやら、長文のDMは完全に無視するわけにもいか

何人かが自らのアカウント擁護ツイしはじめた。

うそこまでいくとどっちもどっちでうざい。

信者が騒げばアンチでっちあげるし、趣味アカウントなんだから放っておいてほしくて結局辞めた。

熱量があると、信者アンチ紙一重だ。

2020-01-23

anond:20200123025202

プロは知っていると思うが、自分はその手の事業所封筒封入とDM送付を頼んだ事がある。

そういうのを利用するのも支援だよね。

ただ、普通に比較すれば事業所以外に頼んだ方が安いんだけれど。

感想を送ったらブロックされた話を見て・個人的に嬉しくない感想

オタ友とこの話題になり、送って嫌がられた側の話ばかりが上がって送られて嫌だった側の話がないよね、という会話になり書いてみようと思った

わたしはそれなりにでかいジャンルの島中でほそぼそと本を出している。

売れる部数はジャンルの勢いに対して多くはない。

でも比較感想を貰っている方だと思う。本を出せば毎回発行部数に対して8%くらいの件数感想を貰う。

いままで貰って嬉しくない感想は正直あった。

感想を送ってくれた手間を思えば感謝気持ちが先に立つ。から表立って嫌だと言ったことはない。

嫌だと言えば感想を送り控える人もでるだろうし。

嫌だった側の話が出ないのはそういう理由だと思う。

でも思う所があったのでちょっと書いてみる

1、話の主旨を読み取れていない感想

わたしはR18ありのシリアスな話を得意としている。主題主人公の苦悩。

その話に主人公君がかわいそうでエッチ♥と感想が来る。

ただただ疲れる。

10感想が来たらこういうのが2件くらい入ってくる。残りの8件はちゃん主題を読み取った感想からわたし技術問題ではないと思う。

わざわざ送ってくれたんだから気に入って褒めてくれてるんだろうな~とは思うんだけれど、こっちはエッチで最高だと思ってかいていないので喜べない 申し訳ないがこういうタイプは気が合わないのでブロックしたいと思ってしまう。

2、言葉遣いに引っかかる

多いのは、蛇足ですが~…といって別の本の感想も添えてくれるパターン蛇足って無駄ものって意味からね。細かいことだけど、マイナスなことばは使わなくていいんじゃないかな。という思いを飲み込む。

○○はあなたが一番好き、という言い回しも引っかかってしまう Aを上げるのにBを下げているようなニュアンスを感じ取ってしまうから あと返事しにくい マシュマロに返事する場合、文面の画像を添付することがほとんどだと思うんだけど、これを見たおなじ○○の書き手はどう思うだろうと思ってしまう 我ながら神経質だとは思う 

3、返事必須感想

これは共感できない人のほうが多いと思う。

DMで来る長文の感想、これは正直ありがたい気持ちもかなりあるので挙げるのは心苦しいのだけれど、おなじボリュームの返事を強要されているようで苦しい。

交流が一切なく、今後も交流する気がない方からくるとかなりしんどい

1を併発していると最悪。(かなり頻度が高い)

人との交流が苦にならないタイプの方ならただただ嬉しいんだろうなと思う。わたしは気の合う少人数としか交流したくないタイプなので気疲れが勝ってしまう。

そもそも知り合いか感想が来たら付き合いのお世辞と思ってしまうので、わざわざ書いてくれた感謝は感じるものの「お世辞でしょ?」という気持ちを隠して素直に喜んだふりをしながら長文の返事を書くのはとてもエネルギーを消費する。消費するエネルギー感謝エネルギーを上回るのでとても疲れてしまう。感想を貰っているのに疲れている自分自己嫌悪する、さらに疲れる、ループ

マシュマロへの返事もおなじ 同じ話への感想だとどうしたって内容が似通ってくるのだけれど、被らないように返信文を考えるのは時間も労力もかかる。疲れる。返信不要と書かれていると気遣いが嬉しくて泣きそうになってしま

ここまで書いて我ながら神経質で笑ってしまう。こんなに神経質なのになんで感想を受け付けてるの?と思う人もいるかなと思うので感想が欲しい理由も書く。

わたしにとって貰った感想は自省材料

自分かいもの意図が正確に伝わったか確認したいか感想ツールを設置している。

からそもそも褒められたい!と思っていないので、そこの温度差はあるんだろうな…と思う 感想で褒めてくれる人には申し訳ないのだけれど

散々悪態をついたので最後にクソの私ですら貰って嬉しい感想の条件を書いておく

1、具体的 〇Pの〇の絵が良かった、○○のプレイがよかった、ここの心情描写がよかった など 良かった点が知れればそこを伸ばせるので

 

2、読了感が書いてある 読んで元気になった 切なくなった など  作品で伝えたいことが伝わったかおおむねわかる

3、支部通販リンクを貼って宣伝してくれる事  正直これが一番うれしい 本が売れるので 

以上。自己肯定感底辺卑屈神経質同人女むきだしで笑ってしまうが、一例として笑って見てもらえれば。

2020-01-21

前澤お年玉があたったかもしれない

正月、今年もやるのかと思ってとりあえずRTだけしておいた。

昨日発表サイトができたというのでアクセスしてアカウントを入れ、動画見ると「おめでとうございます!」となった。

え?ほんとうに?と思ってびっくりした。

しかし、サイト品質というかバグがあり不安定なようなので、信用できない。ぬか喜びはしたくないし。

というわけで、明日15時くらい?DMが来るのをまちます

でもまあ正直、100万円は大金だしもし本当にもらえたら嬉しい。

しかし3,000万くらいなら人生に影響あるけど100万円なんてちょっとした臨時収入レベル人生は変わらない。2週間位楽しめるくらいだろうか。

もう2年以上使っているくたびれたスマホを新しくしようか。iPhone11を自分と妻のぶんを買えばもう残りは70万だ。

あぶく銭だしと高い店で美味しいもの食べて、温泉旅行でもすれば残りは50万だ。

古くなってきている家具生活家電を買ったら終わりだな・・・

あいいや。今年はいい年にしたい。

2020-01-19

事実無根パクリ疑惑という呪いをかけられそのジャンルを今でも恨む話

まず最初にこの話を書いた理由私自身の呪いを少しでも解く為でもあり呪詛撒き行為でもあります

から書くトラブルが元で大好きだったジャンル卒業しました。しかし、元の『好き』という気持ちは『憎しみ』に豹変しました。それ自体私にとってはとても苦しくて辛い呪いです。

呪い分散させる為にこの文を書いています。もしかたらこ呪いは読んでいる貴方にもかかるかもしれません。なのでこの記事最後まで読む読まないは貴方選択です。正直この恨みつらみは根強いので作品名自体は伏せてはいます性格最低なので作品名分かる人には分かるし超村社会ジャンルなので正直傷跡残したい気持ちはあります。それくらい大きいショックを私に刻んだ出来事です。思った事つらつら書いた乱文なので誤字脱字、読みにくかったらすみません

まず最初に私は数年前までとあるジャンルで元気よく活動していました。そのジャンルを「A作品」とします。A作品10年以上前に連載されていた漫画過去アニメ化映画化、今はもう連載は終わっていますがA作品を描いた作者の次作も現在変人気でA作品と共に原画展が開かれる程です。そんなA作品にハマった私は共に同じタイミングでハマったご新規さん達や20応援しているという古参さんたちと共に楽しく二次創作していました。私は初めて同人誌を作りオフ活動を盛んに行ったり、未成年だったこともあって年上のフォロワーさんにR 18本を代理購入してもらい高校卒業と同時に本を送ってもらったりするくらいにはどっぷりでした。

しかし、しばらくした後に村社会的な閉塞感やつながりが強固になればなるほど私は少し息苦しくなりました。そのタイミングで別ジャンルの沼にハマってしまいそのまま私はA作品ジャンルとは疎遠になりました。その後私はまたとあるジャンルに大いにどハマり創作活動に勤しみました。その作品を「B作品」とします。B作品二次創作活動をしている時に私は初めて絵ではなく小説を書きました。それをpixiv投稿したら思わぬ反響をもらいとても嬉しくなりました。

しかし、思わぬことが起きました。

B作品二次創作小説を上げた数日後にツイッターDMに1件メッセージが来ていました。メッセージの送り主はA作品小説を長年書き続けていた古参の1人でした。その方を「Cさん」とします。Cさんとはよく交流をしていて、私の駄目なところがあれば注意してくださったり当時のA作品のことを教えてくださったり、年賀状を交換するくらいに仲は良好でした。Cさんは私が別ジャンルに移動した際にフォローを外していたので私も外していました。なのでメッセージが来た時は驚きで。メッセージ内容は驚きでした。簡潔に書くと

あなたの書いたB作品二次創作小説読みました。しかし、この小説もしかして私を含むA作品の字書きさんの小説を参考にしていませんか」

でした。学校休み時間中にそのメッセージを見た私ですがパニックになり、なんと返信していいかからず私は「確かに過去のA作品二次創作小説を大量に読みました。私が小説を書く際他の作品は一切読まずに書きました。しかしもしかしたらインプットされたA作品小説無意識アウトプットされたかもしれません」と送りました。その後「私がそう思ってもあなたがそう言うならそうかもしれません。勘違いでした」という返信が来ました。Cさんの作品もCさんのことも好きだったので私はどうしても誤解を解きたかったのですが授業が始まり返信はできず。また時間が空いた後返信をしようとしたらCさんからブロックされておりCさんのアカウントには鍵がかかっていました。

私はとにかくパニックでした。でも性格が最低すぎてこのやり取り公開すれば炎上するなという考えがよぎりました。しかし、それはできませんでした。フォロワーにはたくさんのA作品クラスタがいたからです。下手したら私が潰されるんじゃないかと思いました。もしかしたらCさんが既に鍵垢内で私がA作品の字書きさんたちにパクられてるかもよ!と流布されててもおかしくないと思いました。CさんはA作品クラスタだったらおそらく知らない人はいないのではないかくらいの知名度で私がツイッターで繋がっていたAクラスタさんのほとんどはCさんと繋がっていました。

でもどうしてもこの事実無根中傷(と私は捉えてました)を言われたことを誰かに共有したくて、私は最終的にAクラスタさんのほとんどをブロックブロ解をして鍵垢にしました。

その後、Cさんの事は伏せ「DMでこのようなメッセージをもらい大変心がしんどい」という旨のツイをしました。するとB作品で仲良くなったとあるお二人(DさんEさんとします)が慰めに来てくれました。DさんEさんは「あんない小説にそんなことを言う奴はクソですよ!!誰か知らないけど!!」のように面白おかしく励ましてくれました。言ってしまえば彼氏に振られた…と泣いてる友達に「お前振るような男はチンチンちっちぇやつなんだよ気にすんな!!お前の彼氏名前も顔も知らんけど!!」のような「どこの誰かは知らないけど貴方侮辱するような人は軒並みクソなので気にしないでね!!」的な慰めをしてくれました。DさんEさんはこの時点で私がCさんからメッセージを受け取ったこともそもそもCさん自体も知らない状態でした。

そこからまた事件が起きました。なんとCさんはDさんのDM突撃していました。Cさんなんと、私をブロックしていたにも関わらず恐らく私のIDツイッター検索して私のフォロワーさんとのやりとりを観察していたようでした。その後Dさんは場外乱闘を重ね、その中でCさんは「私は彼女の住所を知っていますので」ということを言ったらしいです。それを聞いたときまりの恐ろしさにビックリしました。まさか年賀状交換したときの住所を脅しとして利用しようとしていたらしいです。その後色々ありEさんにまで飛び火しました。が、Eさんはとても大人の方でCさんと話し合いをした結果最終的に全てのことはなんとか収まりました。

色々省略しているところはありますが、最終的にCさんはどうしてあんDMを送ってきたのかの理由ですが「私の小説がパクられてると思って言った」ということらしくもう、怒りで無茶苦茶になりそうでした。DMでは私を含む他の人の作品とかほざいてたわけですよキレそ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

しかしこの事はA作品クラスタの大多数は恐らく知りませんしCさんは今でもぬくぬくA作品クラスタとして楽しくやってると思うと恨みつらみがすごいです。私はこの一件でA作品大好きなのに創作することが今でもめちゃくちゃ怖いです。即売会もCさんもしかしたらいるかもしれないと思うと行くのは怖いです。A作品クラスタにはもちろんCさんにも顔は割れてるので。今やっている原画展も行きたいですがもしCさんがいたらと思うと本当に恐怖です。Cさんは変わらずA作品二次創作を楽しくできているのに私は何もできず、なんでできないんだろう好きでいられないんだろう…といつの間にかA作品自体憎悪を持つようになりました。A作品好きな人がきゃっきゃっしてるの見ると本当に羨ましいなぁ……純粋作品を愛せて…呪…という感じです。

そんなこんなで、私は日々この憎悪と戦いながら生きています。今はとある推し運命的な出会いをしてその人を推しながら元気でやっています。でもCさんに関しての憎悪はなくなることは今でもないです。A作品村社会的なところ(流れとか雰囲気合わないととことん合わない)自体は苦手でしたが作品二次創作考察などを読むことはジャンルを離れてもなお大好きでした。今ではそれもできずCさんの同人誌シュレッダーにかけました。A作品の他の同人誌は好きだった頃のことを忘れられずに捨てられなくて部屋の隅で眠っています。また読んで、書いた作品に何か言われるんじゃないかと思うと怖くて開けないんです。

これが私にかかった呪いです。書きながら楽になってきました。呪詛シマシ乱文でした。もしこの中で誰かに毒入りマシュマロ作品誹謗中傷とかケチつけたことがある人。送られた側は呪いにかかるし、正直こちらも呪い返したい勢いです。私のこの呪い分散させるためのこの文もCさんへ対しての呪い返しでもあります。もしこの文がバズったり炎上たらこちら側的にはやったね!なので。Cさん、私が名前出して直接炎上させてA作品界隈焼け野原にするまではいかずとも周りのクラスタさんたちを微妙空気感にすることにだってできました。それやらなかっただけでもありがたいと思ってほしい。まぁ最初にも書いた通りなんのジャンルかは分かる人には分かるんですけどね!!

それではさようなら炎上しないかな。

2020-01-17

クリックすると1円

楽天からクリックすると1円もらえるバナーが貼ってあるDM毎日何通か届く。

一日百通くらいくるDMの中から楽天のを見つけて開いてクリックしてるけど面倒。

なんとか自動化できないか

はしかちゃんとかツイッターやってて山ほどクソリプとかうんこみたいなDMがくるんだろうけど、よく精神崩壊せず今もずっと相変わらずの可愛さを保ってるな

あれはどういう精神構造してるんだろう

2020-01-13

裏垢飽きたな。

セックスレス愚痴を吐き出したいだけでどこかのだれかの浮気の話を聞きたいわけでも、顔を晒したいわけでもない。男のチンコ写真もらってもどうしようもないし。

セフレは作りたいけど、Twitter出会う人は訳わかんなくて嫌だしな。オフ会も怖い。

鍵垢にして籠ろうかと思うけど、気づけばフォロワーが増えすぎてなんだか自分の垢じゃないみたい。中途半端

追記

Twitterでさえ……というのは酷だけど、DM送りつけといて日本語まともに操れないような異性とセックスしたくないでしょ笑

付き合うことを求めてない以上、最低限さえあればいい頭もないなんてかなりのマイナスだよ。

2020-01-09

Twitterヤバイ裏垢を発見した話

完全に偶然だったんだけれど、そんなことがあったのを思い出した。

しか2012年くらいだったと思う。その頃はそもそも「裏垢」という言葉もまともに知られてなくて、ましてやTwitterでわざわざ裸をさらすなんて信じられない、なんで?という疑問からTweenで「裏垢」という単語検索をかけまくった。

その時調べてみて、裏垢には2種類あるのを知った。セックス相手を探す人と、際どい写真をあげる人。どちらにも無数の男性フォロワーがたくさんいた。

はーすごいなー、と多少の興奮まじりに、彼女らをフォローしてる男性フォローリストを片っ端から覗いてみた。

そしたら出てくるわ出てくるわ、際どい写真をあげまくる女性たち。ひゃー、という気持ちと、全然エッチじゃねーなーという気持ちを同時に抱きつつ酒の入った頭でクリックし続ける。

そしたら一つのアカウントの、あるつぶやきが目に入った。

明日は〇〇に遠足に行く」

「あ、やばいやつ見つけた」とわかった。ざーっとつぶやきを覗いてみたら、局部写真とかが何枚かあった。顔は隠してたけど胸は出してた。少なくとも大人ではない。

〇〇という地名がどこかは覚えていない。瀬戸内のどこかだった気もする。少なくとも、遠足でそこに行ける小学校10個くらいに絞られるだろう。

流石に見かねたので捨て垢を作って「君は今そのつぶやきで△△県に住んでるのがわかった。もし私が△△県に住む暇な人間だったら明日〇〇に行ってきみの学校特定するだろう。君のちょっとしたつぶやきで君の人生は壊れるかもしれないのだから、こういったことはしてはいけないよ」とDM飛ばした…なんて展開で気持ち悪い美談にすることもできたかもしれないけれど、流石にそこまでするのは躊躇われたし、そもそもこんなヤバイ案件認識してしまった事実もなくしたかった。

から、その日は何も考えずにウィンドウを閉じ、数日かけてそのアカウント名前を忘れ、裏垢文化への興味もTwitterに流れてくるエロ同人情報をいくつかみたら薄れていった。

そうして数年経ち、いまこうやってそのことを思い出していると、あの裏垢を作った誰かはその後どうなったんだろう、変な脅しを受けてなかったらいいんだけれど…という、他人に対する他人事としての懸念を抱くのであった。

2020-01-07

ファンアート動画に使ってもらうこととダンピングの話

ちょっと前にVTuberの人からファンアート動画やヘッダーに使っていいですか、使ってもいいなら元のファイルが欲しいです」とDMが来た。

彼女登録者はそれなりに多いし、そこで簡単な謝礼程度の金銭が発生するのかと思っていたけれど、

特にそういうのはなかった

(A5のシンプルイラストカットが1枚5000円くらいなので、3000円くらいのアマゾンギフト券が貰えるのかな?くらいのイメージでいた)


自分イラスト仕事にしているので、趣味で描いたファンアートだが、ここでダンピングするのもなんだかなと思ったので、

動画サムネイル限定した利用でしたら、3000円から承っています。」と返したのだが、それ以降返事はなかった。

VTuberファン文化結構好きだ。だけどそういったお金権利の部分はしっかりとして欲しい。

自分人の力動画を作る事ができないのなら、誰かに頼ることになるのはわかるし、あなたVTuberご飯を食べているのはわかる。

でもやりがい搾取はいけない。そこは理解して欲しいと思う。

自分あなたファンだし、あなたの周辺で問題が起こってもずっとあなたファンアートを描いていたファンだ。

でもイラスト発注するとか、歌ってみた動画のために音源を作ったりマスタリングをしてもらうなら、それは仕事なんだ。

それを理解して欲しい。

2020-01-05

anond:20200104191405

百貨店自分年代にあった服、あと好きなメーカーの。

パルコとかBALとか、109とかのファッションビルで、シーズンに買う、DM貰ってプレセールで買う。

だったような。

2020-01-02

anond:20200102132541

接客が最悪だった美容室DMにそういうことしたことはあるw

おお、すでに勇者でござったか

失礼した、すまぬ

anond:20200102113332

接客が最悪だった美容室DMにそういうことしたことはあるw

とはいえ子ども名前写真入りの年賀状が苦手なだけで、友人自体が嫌いなわけじゃないから滅入るわ…。

2019-12-28

楽天から

バナークリックしたら楽天ポイントがもらえるDM毎日何通もどどく。

それをクリックしまくって確実に月100円以上はもらえてるとおもったけど、楽天ポイントサイト11月履歴を数えたら70円くらいだったわ。

あんがいもらえんもんやな。

2019-12-21

名前を間違えられる

私の場合部首が同じ別の漢字に間違えられるか、同じ漢字でも丶が余分に付いていたり細々間違われる。

全校集会で別の名前を読み上げられ、別の名前が書かれた賞状を受け取ったり何かと悲しい思いをする。

DMも間違えているのが多い。

そこまで変な名前でもないのに、同じ部首の違う名前メジャー過ぎるばかりに。

2019-12-20

名前を間違えられた時の指摘の仕方について

自分名前は「増田 瑞紀」という。

当然仮名だけど、話したいポイントは押さえてあるので今回はこれで行く。

自分名前を間違えられやすい。この酷い不快感と生まれてこの方付き合い続けている。

というのも「瑞紀」という名前が、よりメジャーな同音の「瑞希」に誤植されがちなのだ

また「瑞希」になっている名前の表示を見てはぁまたか……といつも酷く落ち込んでしまう。

「みずき」なんていう名前キラキラネームという訳でもなし、漢字別に当て字ではない。

キラキラで間違えられるのなら両親を恨んでも良いかもしれないが、そういう訳でもない。

そもそも自分の考えとして、人の名前を間違えるなんて最低だという価値観もある。

難読で読めないという事はある程度しょうがないが、書き間違えはただの不注意でしかない。

齋藤の齋の字のような画数が多く普段書く機会のないような難しい漢字を少し間違える事はあるかもしれないが、「紀」に間違える要素はない。

ただ単に、「瑞希」というより知名度や一発変換に恵まれた同音の名前があるだけだ。

要するにただの不注意でしかなく、人の名前ぞんざいに扱われていると感じ、腹立たしくてたまらないのだ

重要度の高い書類や何かの登録において名前が間違っていたら、それは指摘しなければいけない。

そこで指摘を渋ると発行が二度手間になったり、無効になってしまったり、かえってややこしい話になる。

しかし、日常ちょっとした間違いにおいていちいち指摘するのは逆に面倒な人になってしまいそうで、なかなか言い出せない。

一番多いのは郵便物だ。

毎年年賀状宛名を「瑞希」にして送ってくる人がいる。多分もう登録データベースに間違えて登録してしまっているのだろう。

今更なかなか「本当は瑞紀なんだけど」とは言いだせないものだ。

メルカリで物を買った時も「瑞希」宛に届いた。「届いたからいいけど郵送事故可能性あるから気を付けてね」とコメントしようか半日迷った。

ダイレクトメールは一番クソである。くっだらないDM名前を間違えて送ってきやがったと憤慨する。この会社商品は買わない。

でも郵便屋さんは親切なので、ちょっと漢字が違うだけならいつも届いてしまう。しかし受け取る方はいちいち不愉快だ。

そろそろ「瑞希なんて人はこの家に住んでないから届けないで」と申請して一斉にシャットアウトできないものだろうか。

新卒入社した会社歓迎会に呼ばれた時、ネームプレート漢字がやはり間違っていた。

しょっぱな間違えて覚えられたらマズいのでその時は自己紹介をしながら「本当は希望じゃなくて紀元前の紀なんですけど~」と述べる事にしたが。

社会人習い事をしているが、そこで渡されるプリント記載されているのもやはり「瑞希」だ。指摘する機会も無く、毎週瑞希を眺めて過ごしている。

たった一文字間違えられているだけで何故こんなに腹立たしいのだろう。

自分は「瑞紀」であって「瑞希」などという人間ではない。増田瑞希さんなんて日本のどこかにいるだろうし、それは自分ではなく他人を指す単語だ。

文字違いでも、それは自分の事ではないと感じてしまうのだ。

初めて何かしらのコミュニティに属する時、殆ど必ず間違えられてきた。

最初は「こんな事もあるのか」という感じだったが、こうも続くとイライラしてくる。

本当は自分がこんな事でイライラしないように変わるのが最も手っ取り早いのは分かってる。

間違えられやすいっていうのはこの先も変わらないし、この先何度もまた間違えられるはずだからだ。

ただとりあえず今一番知りたいのは、誤植をさり気なく指摘する良い感じの方法である

以前社外に少し滞在する期間があり、そこで登録を行った時「もう既にあらかた済んでるので(ドヤァ)」みたいな顔をされながら見せられたのがやはり「瑞希」だった。

さらにその時はフリガナが「ミズキ」ではなく「ミヅキ」になっている誤植祭りだった。

登録間違えたら何かあったときややこしいので、「名前が間違っているので直してもらえませんか」とその時は頼んだ。

するとその場の空気がとても気まずいものになってしまった。

漢字を直してほしかっただけで、別に必要以上に空気を悪くさせたい訳でも、怒りをぶつけたい訳では無い。

が、漢字を直してくれと言うとこの気まずい空気はほぼ避けられない。

なんとかして空気を保ちながら漢字を直してもらう方法はないか、今それが一番の悩みだ。

それとも不可避なのだろうか。これは。

あと重要度が低く、別に間違えられていても手続き的な支障はない私的もので間違えられた場合も指摘していいものだろうか。

追記

元増田です。気付いたら沢山のトラバブコメがついていて驚きました。

まずは沢山の参考になるご意見ありがとうございます

同様の方の体験ありがとうございます

書き忘れていた事を思い出したので、後出し情報で恐縮なんですが、自分には幼少期から瑞希」という友達がいました。

なので「瑞希」という名前自分のものではないという感情が非常に強く植え付けられていました。

希望の方」と「紀元前の方」と呼び分けられたこともありますし、同じ読み方の友達からこそ、一字の違いが本当にアイデンティティだったのです。

本文の通り「名前を間違えるなんて失礼」というのもあるのですが、それは自分ではない!という反応が極めて強いのは、この辺りにも由来があると思います

本文中に書いた通り、本当は自分が気にしない境地に達するのがもっとも手っ取り早いとは思っていますが、それまではなんとか回避しながら立ち回らなければいけないなと思います

上手な自己紹介方法や、郵便物拒否など、取り入れられるものは取り入れたいと思います

それと指摘は割と遠慮なくしても大丈夫そうな事が分かったので、必要に応じて行いたいと思います

2019-12-18

これはやりがい搾取なのか

愚痴らせて欲しい。

私はオタクだ。

日々推しCP小説を細々と書き、時折イベントに出て細々と本を頒布しているどこにでもいるオタクだ。

文字書きということでお察しの通り、オフ本の表紙やお品書きやポスターは全てPhotoshop自分デザインして作っている。単純に素材をあれやこれやと配置して、写真を加工したりフリーフォントを使ったり、これまたどこにでもいるオフ本の作品だ。

私には、リアルでAちゃんという友達がいる。

彼女オタクとは全く無関係世界にいて、なんならここ数年ハンドメイドアクセサリーを作ってminneやメルカリ販売したり、フリーマーケット?的な、なんたらマルシェなどのイベントに出て販売している。同じようなことをしているが、私とは天と地、陰と陽の趣味だ。

Aちゃんは私がオタクということは知っていても、まさか現実存在しない二次元少年たちの妄想号泣しながら小説を書き、それを本にして東京で売っていることなど知る由もない。それでも私たちは仲が良い。親友だ。

ある時、Aちゃん地元ハンドメイドマルシェなるもの主催することになった。彼女学生の頃からそういった企画が大得意だった。張り切ってAちゃんは準備をしていて、そして気付いた。

フライヤーがクソダサかった。

びっくりした。

インスタのストーリーズで見たアクセサリー写真ゴシック体を重ねた読みにくいものまさか配るために作られたものとは思わなかった。しかもAちゃんはそれを印刷所に入稿すると言っていた。え、待ってAちゃん、それ何枚刷るの?え、それインスタのストーリーズで作ったんだよね?そのまま入稿するの?解像度は?Aちゃん

私はそのまま、自分が作ると言ってしまった。

このマルシェは、Aちゃんの夢の始まりだった。

彼女は将来、雑貨屋を開くことを夢見ている。地元におしゃれなハンドメイド雑貨店を作り、沢山マルシェを開いて辺鄙田舎におしゃれなママさんを増やすことが夢だった。

そんな夢の始まりフライヤーゴシック体で描かれていい筈が無い。

私に出来ることと言っても手持ちの素材集から切り貼りして少し文章を整える程度だが、それでもある程度はマシなものが出来た。私が何故そんなスキルがあるのかとAちゃんは聞いてきたが、こういう仕事に興味があって、とだけ伝えた。

そして出来たものは、マルシェ会場になる施設写真(使用許可済)(ド曇りの天気を晴天に変えて緑色を明るくしてピクニック感を出した)に、マルシェ名のロゴを入れたシンプルものだった。

裏面には出店者情報も載せて、いざ入稿……と思ったが。

入稿すると言っていた日の夕方、Aちゃんから急に連絡がきた。

『出店者さんの一人が、内容修正して欲しいって連絡が来た』

私は入稿日の三日前にはデータを渡していた。その時点で一度確認して貰った筈なのに、何故入稿日に言うのか。

だが、修正くらいなら秒で出来るのでとりあえずすぐに直して再データを送った。入稿締め切りは23時だと言っていたが、その時点で18時。余裕だと思った。

しかし、待てど暮らせど入稿したという連絡が来ない。

Aちゃんにどうなったのか確認すると

『返事がない』

この時点で22時前だった。

小さいお子さんがいる人だから寝てしまたかも。

でもAちゃん、私がデータ送ったの18時じゃなかった?

最悪明日入稿でも良いし。

Aちゃん、私はね、締め切りを守るために予定をキャンセルした日があったよ。

予定では一ヶ月後だったのに、君が突然週明けには入稿したいって言い出したから、慌てて作ったよ。

それから二日後に、入稿したという連絡が来た。

Aちゃんからはお礼に、ハンドメイドアクセサリーを一つ貰った。

そして、そのイベント大成功したAちゃんはまた私にフライヤーを作って欲しいとお願いしてきた。

前回のフライヤーが大好評だったから是非またお願いと言われた。前回は初めてということもあり、私もなぁなぁにしていた部分があったから締め切りのことはかなりしっかり決めた。

今度のイベントクリスマスの夜をテーマにしたいけど、同じ施設でやるから同じようなデザインでやって欲しいと言われた。

前回は秋のピクニックイメージしたので、ならば今回は青っぽい色味でロゴも少し変えようと思って、簡単に作ったデータを送った。

返ってきたのは、前回と同じようにしてという言葉だった。

写真は同じものを使った。色味を変えてクリスマスの夜っぽくしたがダメなのか。

前回のフライヤーが好きだから前回のやつが良い。

でも前回のは明るすぎてクリスマスの夜感は0だよ。

それでも前回のやつが可愛かったからそっちが良

い。

そうだ、この子センスが無いんだった。

とりあえず、他の人に聞いてみてと返事をした翌日に、やっぱり青い方でお願いと返ってきた。そりゃそうだ。

私はこの辺りから少しAちゃんフライヤーを作ることに嫌気が差していた。

この後も三回ほど作ったが、ネットで見た『デザイナーあるある』が本当にあるあるだったと頷いてしまうようなことが山ほど起こってちょっと笑った。

はいよいよ決心してLINEを送った。

仕事が忙しくなるから、次のフライヤー最後にしたい』

これがついこの間のことだ。

私がAちゃんフライヤーを作って一年、作ったデザインは五つ。その全てが打ち合わせ通りに進んだことは無かった(割愛します)

次のフライヤーは、最初マルシェをした施設とまた同じものだ。だが、今回は別のイベントも同時開催でもっと大きなものになるというのは前から聞いていた。

そして一昨日、連絡が来た。

縁のある方にDMを送るから、今週末までにデータが欲しい。

まだ一度も打ち合わせをしていない。

イベント3月で、成人式あたりにフライヤーを配布したいという話だったからだ。

そして今日、また連絡がきた。

私が作ったフライヤーが、新聞の折り込み広告になる。

入れて欲しい文章が増えた。

サイズも変えて欲しい。

何もかも変わっても、締め切りは変わらない。

誤解なきように言うと、私はAちゃんのことは今でも大好きで親友だと思っている。今回の件で距離を置こうなどとは微塵も思っていない。

これが、一般人の認識なんだと勉強になった。

今の時代スマホがあればフライヤーデザインを作ることなんて簡単だ。スマホ写真を撮って、アプリ切り貼りして文字を入れれば完成する。

誰にでも出来るそれを、自らやりたいと申し出た私はきっと『それをやることが好きな人なんだ』。

見易さやターゲット層の視点なんて関係ない、パパパッと作れるものだ。

だって自分からやりたいと言ったのだから

最初に言った通り、私はオタクだ。

アンソロジー個人主催プチオンリーに参加した経験がある。

オタク殆どは、書き手に対して物凄い敬意を示す。それは自分もまた同じように苦戦した戦士からだ。絵描きが字書きを、字書きがグッズサークルを、グッズサークルデザイナー否定するなんてことは、私がいるジャンルではあり得ない。

だが、一般人の認識はそうではない。

自分は作れない。でも、あの人は作れる。じゃあお願いしよう。きっと作ることが上手なんだから、パパッと簡単にやってくれるわと、その程度だ。

今回、はてなダイアリーに書こうと思ったのは、職場でこの話をしたところ『でも貴方は好きでやったんでしょう?』と全会一致の意見を貰ったからだ。なんなら、これだけ愚痴って『ウチの年賀状もお願い(笑)』と言われて、この世界ダメだと絶望した。Twitter日常愚痴はあまり言いたくないため、ここに吐き出させてもらった。

もしもいつか、貴方仕事ではないプライベートの場面で似たような経験をすることになった場合、その時は辞めた方が良い。

私は『これ以上続けたらAちゃんとの友情ダメになる』と思ったから自ら辞めると言った。

やりたい、という気持ちを踏みにじられてしまう前に。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん