「関白」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 関白とは

2019-07-04

平安貴族女性名前について補足

まず単純に、名前の二文字目が「子」で固定されると、必然的に読みは三音になりやすい。

男性名だって、「○太」とか「○斗」といった形式だとだいたい三音で、二音や四音は少ないもんな。

このあたりは音韻問題もあるのかもしれん。

これは若干の異論がある。

どうも平安時代には、今では考えられない読み方をしていた例が色々あったらしい。

たとえば、藤原良房皇族以外で初の摂政になったことで有名)の娘で文徳天皇の后、清和天皇の母だった藤原明子という女性は『あきらけいこ』と読み、

関白藤原基経の妹で清和天皇の后、陽成天皇の母だった藤原高子という女性は『たかいこ』と読んだ。(四音の女性名になるね)

そして、地位の高い人の諱はあまり呼ばれない。これは今でもそうで、会社上司に対しては一般には名字役職で呼ぶ。

昔も同じで、諱(そもそも忌み名である)は呼ばれずに地位の高い女性本名ではなく通称で呼ばれることが多かった。清少納言紫式部通称だ。

結果、女性名前は記録にすら残っていなかったり ─蜻蛉日記の作者である藤原道綱母などはその典型だ─ 名前は伝わっていても、読みが分からなかったりする。

彰子、妍子、威子、嬉子(いずれも藤原道長の娘)などが典型で、名前漢字は分かっているが読み方が分からないのでとりあえず音読みで呼んでいる(これを有職読みという)。

上記あきらけいこさんやたかいこさんはたまたま仮名で書いてあった記録があって分かったわけだが…

anond:20190704134948

2018-12-08

関白宣言から約40年

関白失脚から24

 

今じゃ宣言も失脚もできなくなったな

2018-11-24

ここで「関白失脚」の歌詞を見てみましょう

anond:20181124121304

お前を嫁に もらったけれど 言うに言えないことだらけ

かなり淋しい話になるが 俺の本音も聞いとくれ

俺より先に寝てもいいから 夕飯ぐらい残しておいて

いつもポチと二人 昨日のカレー チンして食べる

それじゃあんまり わびしいのよ

忘れていいけど 仕事も出来ない俺だが

精一杯がんばってんだよ 俺なりに それなりに

La la la

父さんみたいに なっちゃ駄目よと

お前こっそり子供に言うが 知ってるぞ

飯を食らっちゃ寝 起きてワイドショー見ちゃ寝

井戸端会議しちゃ寝 よく夜寝られるなぁ

ムダなダイエット ムダな体重

本気でヤセたきゃ あんなに食べなきゃいいのに

それからあれだぞ テレフォンショッピング 買い物ぐらい 体動かせ

それぞれご不満もおありのことと思うが

それでも家族になれて よかったと俺思ってるんだ

そして今日も君たちの笑顔 守る為に 仕事という名の 戦場へ往く

右に定期券 左に生ゴミ 人は私を哀れだと言うけれど

俺には俺の幸せがある

君たちの幸せの為なら 死んでもいいと誓ったんだ

それだけは疑ってくれるな 心は本当なんだよ

世の中思いどおりに 生きられないけれど

下手くそでも一所懸命 俺は生きている

俺が死んだあと いつの日か 何かちょっと困った時にでも

そっと思い出してくれたなら きっと俺はとても幸せだよ

がんばれ がんばれ がんばれ みんな

がんばれ がんばれ がんばれ みんな

がんばれ

がんばれ がんばれ がんばれ みんな

がんばれ がんばれ がんばれ みんな

がんばれ がんばれ がんばれ みんな

がんばれ がんばれ がんばれ みんな

がんばれ

がんばれ がんばれ みんな

がんばれ

2018-10-17

聚楽第歴史改変

オタク戯言です。

刀剣乱舞イベントおめでとうございますー!楽しみです!

聚楽第なら秀次生存ルートかなと嬉しくて舞い上がっていたらフォロワーさんに破却されていない聚楽第という情報だけで秀次天下と捉えるのが分からないと言われたので、徒然なるままに三分を書かせてもらいました。

分かりやすさは放棄しておりますのでお許しください。また、あくま妄想ですので批判等はお控えください。


1.聚楽第とは

聚楽第とは豊臣秀吉天正15年(1587年)9月京都にて完成させた建物であり、文禄4年(1595年)7月秀吉自らの手で破却させている建物である。その期間四年余。その為、建物自体現在に残ってはいないが、聚楽第図(広島市中央図書館所蔵蔵浅野文庫諸国古城図』)を始めとする絵図や京洛の社寺などには移築したと伝わる建物などが存在する。

元より聚楽第という名は楽しみをあつむるやしきと言う意味であり、宣教師ルイス・フロイス聚楽快楽歓喜の集まり意味すると記している。見た目も絢爛豪華で…と語っており派手好きな家康の片鱗を垣間見ることができるだろう。見目を伺うために伝わっている平面絵図がいくつか存在する。例を下記に連ねる。

浅野文庫

尊経閣文庫

三井文庫

国立国会図書館文庫

桜井成広所蔵本

聚楽教育会所蔵

三井家所蔵「聚楽第図屏風」

堺市博物館所蔵「聚楽行幸図屏風」

三井文庫所蔵「豊公築所聚楽城之図」

①〜⑤は周囲の大名屋敷名称バラツキはあれども構造が似通っているものである。⑥は後世の天保14年になり名倉希言が作成明治17年に書写されたものになる。⑦〜⑧は景観を描いた屏風になる。それぞれの内容や絢爛さなどは自らの目でお確かめください。そんな聚楽第の意義とは一体何だったのだろうか。桜井成広氏の『豊臣秀吉居城』及び中井均氏の『聚楽第』にて述べられている①京都に於ける政庁役割であったと考える。しかし、秀吉政治に関して大阪城聚楽邸を行き来していたことがある。中井均氏はこれを聚楽第公家としての居城であり、大阪城武家としての居城であると書いている。

聚楽第が破却になったのは文禄四年の秀次滅亡後の秀吉による破壊である

秀次の死は切腹であったが、それは秀吉によるものである秀次秀吉に謀反を企てているとあらぬ疑いをかけられ、関白の座を追われて高野山追放高野山人質切腹を迫られたためせざる得なかったのである。これは秀頼誕生後に相続問題から疎遠になり秀吉との仲が冷却されたとともに目立つようになった不謹慎な性行なども関係していると考えられるだろう。更に秀吉親族切腹まで命じており、元より秀頼を溺愛していた秀吉秀次の謀反に対しての怒りを感じる。そして、秀吉は譲った聚楽第を破却。縄張り意識を中心に考えると、歴史から秀次を完全に消し去ろうとしたといえる。

2.天正15年(1587年)9月〜文禄4年(1595年)7月迄に起こった歴史重要

今回のイベント於いて歴史修正されたのは豊臣秀次生存であり、ひいては豊臣政権の存続だと考える。

まずこの4年間に起こった大きな歴史的要項を挙げよう。大きな出来事のみの抜粋は天下が歴史修正に置いて影響すべきところを考えたためである

朝鮮出兵

豊臣秀次切腹事件

それでは順に述べていこう。

朝鮮出兵

朝鮮出兵聚楽第存在時にあった秀吉が行った大きな出来事である大陸領土拡大を目指し、進行したものであるが敢え無く敗北している。歴史改変をする事が出来る場所とも考えられますが、否定として「歴史改変された聚楽第」と本家PVで言われていることをあげる。この“された”と言う言葉には「何かしらの作用や影響を受けているさま(weblio)」であり、この場合、影響をうけているのは聚楽第であり、朝鮮出兵は直接関係がないのでこの案は没になる。

(飛ばしてくれても構いません。閑話休題に余談ですが、憶測に過ぎないものであり、またステ本丸出来事のためあくま私的妄想範囲を出ない考察ですが、舞台刀剣乱舞において歴史修正主義者が関わる場面は必ず天下が関わってる気がします。それは、歴史修正主義者は人の強い思いと呼応して呼ばれている(と個人的に考えている)ので、朝鮮出兵関係ないと思います歴史修正主義者も刀も人の思いに応え現れてくれる。代わりに見る人によって善悪が変わる世界です。聚楽第において正史側の審神者と刀は歴史修正主義者になってしまう…。つらい。話を戻しましょう。)

秀次切腹事件がなかった世界。用に謀反の疑いがかけられなかった世界理由としては前項で述べた聚楽第歴史改変を受けていると言うところが大きい。まず聚楽第存在したのは4年間であり、大きな出来事といえば

1587年 京都聚楽第完成

1592年 秀次聚楽第を与える

1595年 秀次切腹と共に破却

しかない。その為、聚楽第が直接影響を受ける可能性があるのは1595年と考えたい。また、聚楽第が影響の象徴となるならば存在がある事が歴史改変であるとも言える。

この事から聚楽第存在するには秀次生存必要であり、切腹事件が起こらない過去改変が行われていると考えられる。

2017-10-26

anond:20171026105014

永田鉄山のあれば下克上じゃないの?

あとキングなっても責任者になったら意味が無いか摂政関白=影の権力者のほうが得だろ

2017-07-07

花戦さ感想メモ

河原生け花

前田利家がかっこよかった

女児毒舌畜生発言聚楽第落書き事件ばりの虐殺されても文句言えなかったが関白こらえた

その後やっぱり処罰されてちょっと驚いたが、親は見逃されてるあたり温情だし処刑も残念でもないし当然

池坊野村萬斎サイコパス

粥をそのまま自分で食べちゃうのは理解不能

佐藤浩市利休のなんだこいつ…顔

生け花の後のアレとその後のアレは予想できなかった

からさまな伏線だったけど二重になってるのは気づかなかった

記憶力が悪い池坊だけど逆に何年も前に一度あっただけの事をあれだけ覚えてる方がおかしいのかもしれない

利休切腹自体描写無しだけど敢えて描写してないんだろうなってシーンも多い

朝顔一輪だけ残して全部摘んだエピソード、数寄人は喜ぶだろうけど普通は不機嫌になるよね

秀吉ヤンデレ

野外利休ドール亀甲縛り

市川猿之助エンケンに見える

絵師ネキかわいい

猿顔がコンプレックスなのにみんな猿猿言って…でも考えれば元凶信長だよな

ちょっと反省したけどこの後秀次事件やら朝鮮侵略でやらかすんだよね…

2017-06-05

鎌倉戦国時代に燦然と輝く北条家は、日本史教科書では分からない

http://anond.hatelabo.jp/20170604204919

日本史教科書いくら見ても本当のところは理解できないんですよ。

なぜ北条家が坂東武士の頂点に立ち、鎌倉幕府頼朝が作ったにも関わらず、北条がその後の支配権を握り続けたのか。そして戦国時代に「後北条家」が、北条家と特に関係がないのに成立し、関東盟主足り得たか源氏とは、北条とは何か。

北条は、坂東平氏の家柄である坂東平氏とは、桓武天皇の血を引く、関東にやってきた平氏総称であり、その五世である平将門新皇自称して、朝廷に対して関東支配権を主張して反乱を起こし、敗れた後に祟りを起こして神となったことで、関東に決定的な影響力を及ぼすようになった。

平将門は神である。そこを間違えてはいけない。平将門怨念とされるものは畏敬の対象として、現代人に対しても深く印象づけられているが、関東ではほぼすべての神社平将門を祀っていたほどに力があった。坂東武士たちにとっては、平将門は実際に神であり、朝廷反旗を翻し関東独立した政権を、坂東平氏が頂点となって打ち立てることは坂東武士の念願であった。平忠常というそのへんの平氏関東で反乱を起こしただけで一大ムーブメントになってしまうぐらい、平氏関東支配朝廷から独立するという夢は坂東武士の間に広がっていた。元記事に書かれている関東の有力豪族千葉氏上総氏は、平忠常の子孫とされている。

そこにやってきたのが源頼朝である源頼朝清和源氏事実上嫡流である清和源氏桓武平氏といった用語を知らない人のために説明すると、天皇家は偉いわけだが、子孫がいつまでも皇族だと皇族が際限なく増えてしまい、現代で言う宮内庁予算が際限なく増えてしまうので、どこかで平民になってもらわなければならない。平民になる時に、皇族には名字がないので、名字を与える必要がある。その時に、源、平の名字が与えられた。天皇の血を引くスゴイ人たち、という意味が源、平という姓には込められている。清和源氏清和天皇の子孫で源姓を名乗った人たち、桓武平氏桓武天皇の子孫で平姓を名乗った人たちである

たとえば足利も、徳川も、本姓は源である。源尊氏源家康が本名だ。なぜ足利とか徳川というかと言えば、源が増えすぎて区別必要が出てきたというのもあるが、源というスゴイ名字を出すのは気が引けたから、という要素が大きいように思う。本当の名字は避け、住んでる所を名字にする、といったことをして、木曽義仲とか、足利尊氏とか、あるいは自分でっち上げ徳川という名字を使った家康のような人もいる。これを説明するには、武士にとって本名いかに大切であったか述べなければならないが、面倒だ。武士の下の名前は諱(忌み名、呼んではいけない名前)とされていたということを考えれば、上の名前もそれなりに大事だということはわかると思う。(そして信長様~とか秀吉様~とか言っている時代劇が全部嘘っぱちだということも分かるだろう)

平忠常の乱を平定しようとした、桓武平氏嫡流平直方は、乱の平定に失敗するが、清和源氏事実上嫡流である源頼義を婿に迎え、領地であった鎌倉を譲り渡す。この時、鎌倉坂東源氏拠点であると同時に、平氏源氏嫡流が交わった聖地という意味が生じた。そこから八幡太郎義家が生まれ源氏の声望が高まり、その嫡流である頼朝権威づけていく。

ここまでくれば、坂東平氏である北条家が頼朝を婿にとり鎌倉本拠地に据えた意味が分かるだろう。平家源氏が交わり、鎌倉拠点とするというのは故実に則った神聖儀式なのだ。ちなみに、北条家が坂東平氏の由緒正しい血筋だというのはおそらく自称であり、フィクションである。だが坂東武士は将門の祟りの方が怖いので、血筋の細かい所は気にしないのだ。

鎌倉に作られた幕府は初めから天皇を中心とする朝廷対立関係にあり、承久の乱勝利することで朝廷の上位に立ち、皇位継承操作するまでになった。それはなぜかといえば、平将門朝廷から独立志向していたかである平将門怨念が実際に実を結んだのが鎌倉幕府である頼朝の下で働いた北条梶原三浦和田千葉熊谷などは、みな坂東平氏である。そして役割を終えた源氏はどこかに消えて、坂東平氏北条家による支配が行われた。

そして戦国時代、後北条家の話になるが、後北条家は伊勢新九郎盛時、北条早雲によって立ち上げられる。伊勢氏室町幕府政所執事の家柄で、ものすごく偉い。ちなみに桓武平氏である

室町幕府というのは北条家に牛耳られた鎌倉幕府を倒して出来た政権である鎌倉幕府内の源氏で最高の血筋だった足利鎌倉幕府を倒し、北条家はほぼ滅亡してしまう。そして源氏である足利京都朝廷とベッタリの幕府を作った。平氏による独立志向関東幕府から180度の転換である

史実ではものすごく偉かった伊勢新九郎盛時であるが、実家室町幕府の偉い家柄で、関東を牛耳りに来たというのは、いかにも坂東武士には都合が悪い。仕方ないので、先祖を辿れば同じ坂東平氏という縁にあやかって、北条の名を名乗ることにした。ちなみに名乗ったのは息子の氏綱の代である。そこで、おそらく後北条家のプロパガンダによって、歴史改変が行われ、謎の素浪人北条早雲が、下克上嚆矢となり関東に覇を唱えたという、我々のよく知るストーリーが現れる。よく調べると、全てデタラメである

これにより、なぜ後北条家が秀吉と争い、滅亡への道を歩んだかも分かるだろう。秀吉関白天皇代理である天皇と対抗する存在である坂東武士にとって、秀吉に降ることは、平将門祟りを招きかねない決断であった。そのため、天下の趨勢が決しても、徳川伊達の援軍が得られなくても、単身で秀吉と抗い、滅びたのである。それだけ将門の祟りへの畏れや、坂東武士の誇り、天皇家という存在に対する対抗心が強かったのだ。

平将門武士の始まりであり、武士スピリット体現する存在である武士は武装し土地を守り、権力に抵抗する存在であると同時に、一族で争い、殺し合う存在である。その構図は徳川家康武士を飼いならすことでご破産になり、そこにあった本質は見えにくくなってしまっているが、武士を知りたければまず平将門を見て欲しい。

2017-04-26

金正恩の次

北朝鮮が狂ったことを言ったりやったりしているけど、アメリカの警告は効いたみたいで、核実験ミサイル発射もできずに軍事演習お茶を濁した。

ところで、ビビリの刈り上げ三男坊がクーデターでいなくなったら次は誰が将軍の座につくと思う?

 

ここでちょっと日本の歴史を見てみたい。

なぜ日本の歴史かというと、日本統治した影響なのか日本の良くない部分が北朝鮮冷凍保存されている面があるから

 

本能寺の変織田信長を討ち取った明智光秀を倒したのは、皆さんご存知豊臣秀吉

でも、手柄はたてたが信長後継者としては認められていなかった。そこで考えたのが織田信長遺児嫡孫三法師後見人となること。

その後、豊臣秀吉関白となり権力を手中に収めたのは御存知のとおり。

 

で、北朝鮮だ。

金正恩子供いるかどうか知らんがいてもおかしくない。

クーデターが起きるかどうかわからんが、アメリカ韓国中国ロシアが水面下で自国に有利となる政権を作ろうと暗闘していることだろう。

可能性が高いのは軍事演習視察中に誤爆を装って暗殺後見人をたてて権力を手中にするという筋書き。

後見人中国ロシア後ろ盾にして、軍事力が強力なアメリカには妥協するだろう。韓国日本には厳しいままだろうが。

第2次朝鮮戦争よりも可能性が高いと思う。

 

北朝鮮三法師はどこだ

 

2015-03-06

http://oimoimomomo.sakura.ne.jp

 ねねは、清正の主たる秀吉の、糟糠の妻だ。

 清正がまだ虎之介と呼ばれた幼い頃から、正則と共に実の子のように可愛がってくれた、所謂母のような存在だった。

 ねねの存在があったからこそ、今この肥後25万石を納める加藤清正があると断言して良い。清正や正則と言った子飼いの将が、他の古参の将兵を差し置いて高禄を食める身分になれたのは、一重にねねによる推挙があったからだ。

 だからこそ清正は、大坂城登城する機会があればねね――いや、北政所となった彼女のご機嫌伺いを欠かさなかった。

 この度の出仕もそうだったはずだ。

 しかし、実はいつもといささか様子が違った。

「清正、今日あなたに紹介したい人がいるのよ」

 簡単な挨拶を済ませた(と言っても、ねね自身が堅苦しい挨拶を好まないので、形式だけのものでさえなかったが)すぐ後に、ねねが言った。

 一体なんだと訝る清正だが、それを面には出さずにただ頷くいた。

 ねねが名を呼ぶ。

 はい、と返事があって、軽い衣擦れの音が耳に入った。「……清正」

 聞いたことのない声が、清正の名を呼ぶ。しかも呼び付けで。

 何事だ、と眉をしかめて声の方向を無遠慮に見た清正は、ますます仏頂面になった。

 現れたのは、年若い娘だった。全くもって見覚えもなければ、呼び捨てにされる筋合いもない。

 とっさにねねの方に視線をやったが、彼女はただにこにこと笑っているだけで何の説明もなされない。

 そうこうしているうちに、娘が清正に駆け寄ってきた。

「清正!?え、本物…」

「おねね様」

 娘の手が清正の身体に触れようとした瞬間、耐えかねて清正は声を上げた。

 清正の拒絶する態度がわかったのか、そう言った瞬間娘は手を引っ込めてぴたりと止まる。

「…あの、説明していただけますか」

 少し不機嫌そうに清正が言うと、ねねはやや困ったような顔をした。ついで苦笑を浮かべて、おいで、と娘に向かって手を差し伸べる。

 すると娘は何の疑問もなくねねの隣に座った。ねねの隣…つまり上座だ。

 いよいよもって清正は訳が分からなくなる。

 恐らくこの天下で二番目に権力を持っているのは彼女関白秀吉の正室、北政所だ。

 余談ながら、秀吉が小身だった頃から夫をよく助けていた彼女に、秀吉は頭が上がらない。また、ねねは豊臣政権の内政や人事も把握し、秀吉によく助言している。秀吉の目に見えないところをねねがカバーしているような格好で、彼女によって取りたてられた者も少なくない。

 雌鳥歌えば家滅ぶという故事もあるが、ねねはそんなものは知らぬとばかりに、秀吉を、国政を支えたのだ。

 ともあれ。

 そんな女性の隣に、図々しくも座れるようなこの小娘とは一体何だ。清正の疑念ますます膨れ、とどまることを知らない。

 さまざまな想像をする清正に、ねねが弾けるように笑い声を上げた。

「やだよ、清正。そんなに怖い顔をしちゃ」

「いえ、…そのようなことは」

「ごめんね、何も説明しないで。紹介したかったっていうのは、この娘のこと。夢子っていうのよ」

 その夢子が一体何なのだと、清正は喉元まででかかった言葉を飲み込んだ。

 無意識視線を動かすと、娘が清正を凝視しているのが目に入る。

 居心地の悪さを覚えて目を逸らすと、清正はねねの次の言葉を待った。

 若干いらいらとする清正に、ねねはどこまでもマイペースかつ笑みすら浮かべて楽しげだ。

「実はね、清正。もの相談なんだけど――」

 紡ぎだされたねねの言葉に、清正は絶句した。

 *** ** ***

 意味が分からない。

 というのが清正の正直な本音だった。納得出来ない。出来るわけがない。

 何故こうなった、と清正は頭を抱え込みながら――隣を歩く娘をちらりと盗み見た。何も考えてなさそうに、少し楽しげに、弾むようにして歩くこの娘。

 着物が変だ。丈が短すぎる。しかし、貧しいから丈を詰めていると言う風でもない。汚れてもいないし擦り切れてもいないし、何より露出した肌には貧困を表すものが何一つとしてなかった。思えば、南蛮人着物の形に近いものがある。

 夢子、というこの娘。

 ねねによると、突如として光の中から現れたという。そこからしてまず、信じることが出来ない。しかし、ねねは清正の大恩人。ここは素直に信じることにした。

 しかし、百歩譲ってこの娘が光の中から現れたとしよう。問題はその次だ。

 この娘が、今から4、500年先の世界からやってきたということ。

 ねねは信じたらしいが、清正には無理だ。第一、4、500年の未来がどうなっているか想像もつかない。

 秀吉やねねは、その人柄と広すぎる懐ゆえか、この怪しすぎる娘を稀なる客人としてもてなしているらしいが、清正には無理だ。

 なのに現状、清正はねねからこの娘を押し付けられてしまった。いや、“押し付けられた”というのは表現が悪い。ねねは無理にとは言わなかった。『出来れば』という表現をした。そして、他ならぬねねの頼みだから断れなかったのは、清正だ。今更この決定を覆していては男が廃るどころか、大恩をあだで返すことにもなりかねない。

 とは言っても、薄気味悪いとは思った。

 なんの変哲もない娘であるが、口を開けばおかしなことしか言わない。

 清正とこの娘が来世では恋人である、とか

 娘は初めから、清正のことを知っていた。

 ねねや秀吉との会話から発展していったらしい。どのような詳細があったかは知らないが、ともかく、娘が“会ってみたい”と言ったそうだ。

 そして今日に至った。

 ねねの言い分としては、『故郷をとても懐かしんでいるから、かりそめとは言え、知った人間の元で過ごすのが一番だろう』とのこと。暗に、その恋人とやらの役をしろと命ぜられているかのようだ。

 何より、本人の希望が強かったらしい。

 今はおとなしいが、先ほどまではうるさいくらいだった。

 清正、清正、と全く見知らぬ人間(それも小娘)から呼び捨てにされるのは、少々我慢がならない。

 しかし、ねねの頼みを断ることは出来ないし、粗略に扱うことも出来ない。お願いよ、なんて手を合わせて頼まれたら断るなんてとんでもない。

 (まったく、人がいい)

 と思わないでもないが、そんなねねが好きだからと思えばそれ以上は何も言えない清正だった。

 ともあれ、“客人の接待”と思えば良い。

 屋敷に戻れば、部屋を確保し、家臣侍女に説明をしなければならないのだが、なんと言ったものか。

 色々と考えをめぐらして、改めて面倒なことになったと思いながら清正は屋敷を目指したのだった。

 ともあれ清正の行動は早く、“北政所から客人をお預かりした。丁重に扱うように”とし、あとは黙殺していようと考えた。

 ねねは、可能ならそばに置いてあげて欲しいと言ったが、機嫌を取れとは言っていない。

 清正には他にも仕事があるし、この娘にばかり構ってはいられないのだ。

 そうやって放置して、半月まりが過ぎたときだった。

 自室にて政務を執る清正は、こっそりと忍び寄ってくる気配を察知した。

 普通なら何者だと人を呼ばうところだが、こんな白昼堂々、しかも気配だだ漏れでやってくる諜者がいるものか。何より、戦時でもないというのに。

 何だ、と思っていると障子戸の向こうから声がかけられた。

 一応返事をすると、控えめに開けられる。暫くぶりに顔を見た、あの娘だった。

 文机に向かう清正を一瞥すると、どこか忍ぶようにして部屋に入ってくる。

政務中だ」

 一言断ると、分かっていると娘はしゃあしゃあと言った。だったら早く出て行けと心の中で思った清正だ。

 娘はそんな清正など構いもせず、部屋の隅にちょこんと腰掛けると、どこから取り出したのか本を膝の上に置いて読む体勢を作った。

邪魔しない、静かにしてるから。いいでしょ?」

「…勝手しろ

 出て行く気配がないところを見ると、清正は嘆息をついてそう答えた。

 初めは娘の視線が清正に寄せられていたが、暫くするとそれもなくなる。

 しかし時折思い出したように娘の瞳が清正を見つめ、逸らされる。

 当然のように会話はなく、わずかな物音さえ許さないそこは沈黙に包まれた。

 それは、次の日も、その次の日も、その次の日もずっと続いた。

 こっそりとやって来ては声をかけ、部屋の隅で本を読む。

 読み終わっても出て行かず、ぼうっとしているか清正の後姿を眺めている。

 そんな日が、続いた。

 (何だ?)

 と清正は訝ったが、その疑問をぶつけるわけでもない。

 別に何かの邪魔になるわけでもなし、放っておくことにした。

 一度など、あまりにも静かで動く気配さえないので振り返ってみると、娘は打掛を布団代わりに部屋の隅で丸まって眠っていた。

 清正は呆れる思いだったが、これを機にと思って気配を忍ばせて近寄ってみた。観察ばかりされているので、観察し返してやろうと。

 よほど寝入っているのか気配に疎いのか、清正が近づいただけでは起きる様子も見せない。

 畳の上に、短い(当代比)髪が散らばっている。

 肌は白く、身体には傷ひとつなく、教養はないくせに読み書きは出来る。行儀作法は全くできていない(どころか常識にも乏しい)が、やはり下層民ということはないらしい。

 小さい顔だと、清正は己の掌と比べて思った。清正のそれで顔面が覆えるのではないかと、興味本位でそろそろと手を伸ばした時。

 折悪しくも娘が目を覚ました。

 慌てて清正が手を引っ込めると、娘はゆっくりと身体を起こして何をしているのかと尋ねる。

 狼狽した清正が正直に答えると、一瞬娘は目を丸くし、ついで笑った。

「同じことしてる」

 誰と、と問えば清正、と娘は答えた。清正が変な顔をして困惑を示すと、娘は手を振って違うと言った。

「私の恋人。来世のあなた?かな」

 それを境に、清正と娘は少しずつ会話をするようになった。

 といっても、大体にして娘がしゃべり清正が相槌を打つという格好。内容も大したことはない世間話から、二人の共通の人物である秀吉やねねのこと。この話題になると、清正も少しばかり言葉を話した。

 だが、一番多いのは“清正”のことだ。――娘の恋人であるという、清正のこと。これは、半ば娘の独り言のようにして語られることが多い。

 回想するように、懐かしむように。

 そして、いとおしそうに。

「……清正、今何してるのかなぁ」

 最後はいつもそれで締めくくられる。

 初めは興味なさそうに聞いていた清正であったが、次第にどんな人間なのか気になりだしてきた。娘の言うことには、清正と同姓同名で背格好人相もそっくり、声まで似ていて性格も類似しているとか。

 そして何より、娘が“清正”を愛していると言う。

 単純に、どんな男なのか気になった。

 しかしある日から、娘が清正の居室に来なくなった。

 最初は放っておいたが、こない日が三日、四日と続くと何かあったのだろうか思うようになった。

 七日連続でそれが続いたとき、とうとう清正は立ち上がった。

 それとなく家臣の者に聞いてみると、屋敷の外に出ているとのこと。供もつけずに。

 放っておこうかとも思ったが、よくよく考えてみると、あの娘は北政所から預かった客人だ。白昼、秀吉のお膝元である大坂武家屋敷で、妙な物がいるわけはないが、万が一ということがある。何より

あんな調子で他の者に話しかけていては、それが事情を知らぬ人間だったら命がいくつあっても足りない。清正は慣れたが。

 考えあぐねた末、清正は娘の部屋を訪れることにした。事情を聞いて、必要があれば供をつけさせるよう、釘をさすつもりだった。

「供もつけずに、屋敷を抜けているらしいな」

 突然の清正の来訪に、娘は驚いたようだったが、開口一番の清正の言葉もっと驚いたようだ。

 しかし驚いたのも一瞬で、はて、と言うように首をかしげてみせた。

「お供ってつけなきゃダメなの?」

 この調子だ。

 清正がため息を吐くと娘は、何よ、と戸惑ったような顔をする。

「だめも何も、普通身分の高い女性は供回りをつけずに出歩いたりしないもんだ」

「でも、私別に身分が高いわけじゃないし」

「それでも、北政所から預かった客人だろうが。お前に何かあっちゃ困るんだ」

 どこまでも暢気そのものといった娘に呆れながら清正が言うが、彼女はまるで聞いてはいない。

 嬉しそうな顔で、

「清正、私のこと心配してくれたの?」

 などと言い出す始末だ。呆れ果てたヤツだ。

 そんな言葉黙殺して、清正は話を先に進めた。

「とにかく、今度から外へ出るときは供をつけろ。世話役侍女がいるだろ」

あやのさんとお絹さん?」

「お前が勝手にふらふら出歩いて、怠慢だと叱責されるのはその二人だからな」

「え?!そんな、怒らないでね!私が勝手に…」

「これからはそうするな言ってるんだ。大体、何しに行ってんだ」

 清正の問いに、娘は、どこかもじもじしてはっきりと答えない。

 答えたくないのなら、と踵を返そうとした清正の裾を捕まえて、娘が、犬!と答えた。

「…散歩してたら、子犬が捨てられてたの。かわいそうだから、餌やりに行ってただけ」

 別に怪しいことしてないよ、と娘は付け加えたが最初から疑ってはいない。

 そうすると、確かに家臣の言葉と一致する。屋敷を出る前に厨によって、弁当を作ってもらっているというから尚更だ。


 俺も焼きが回ったかな、なんて清正は歩きながら考えた。

 供回りはなし、私的な用事で家臣を連れまわすことは出来ない。ごく軽装に身を包んだ清正は(といって、普段から質素であるが)、娘と二人で通りを歩いている。

 どんどんと入り組んだ道に入って行き、しまいには神社のようなところについた。

 こんなところもあったのか、としげしげと周囲を見渡す清正の視界の中で、娘が境内に走っていく。

 清正が娘の後を追うと、太い木の根元に、布に包まれ子犬がいた。生後三月といったくらいか、すでに顔つきは成犬のそれに近づいている。

 娘はそれを撫で、声をかけた。すると子犬の方も懐いているのか、かがんだ娘に飛びつきじゃれ付いた。

 子犬と戯れる姿は、無邪気そのものだ。そしてその笑顔は、今まで見たこともないほど輝いている。本来はこのように笑うのだろうかと清正は思った。

 むっつりと考え込む清正の名を、娘が呼ぶ。

「ねえ、清正も触ってよ。もう、可愛いんだよ、人懐っこくて」

 懐いているのは餌をもらったからだろうと思ったが、清正がアクションを起こすより先に、子犬の方から清正の足元にじゃれ付いてきた。

 今まで特別犬猫に何か思ったことはなかったが、懐かれて悪い気はしない。

 清正が屈んで手をかざすと、子犬は喜んでそれを舐める

「ほら、可愛いでしょ!名前はね、黒いからクロ」

「…まんまだな」

「いいでしょ、別に

 つっこみを入れた清正に、娘は少しばかり頬を膨らませて抗議した。

 暫く無言で犬を眺めていた清正だが、立ち上がって帰るかと娘を促す。

 一瞬、娘がなんとも言えないような瞳で清正を見たが、何も言わなかった。最後にクロをひとつ撫でて、また来るねと呟く。

 清正は腰に手を当てて、そんな様子を見ている。

 名残惜しそうにする娘に、やれやれ嘆息を吐いてから

「飼うんじゃねえのか?」

 と一言尋ねた。

 すると、弾かれたように娘が顔を上げ、清正を凝視する。

 清正がそれ以上何も言わないところを見ると、娘はありがとうと叫んだ。

「クロ、今日は一緒に帰れるんだよ!」

 娘の言葉に、クロは分かっているのかいないのか、一声鳴いた。

 *** ** ***

 ふと、通りがかった清正の目に、縁側に座り込んだ娘の姿が入ってきた。

 わざと足音を立てて近付くが、娘がそれに気づいた様子はない。相変わらず気配に疎いヤツだと清正は思う。

 娘は、縁の下に座っているクロを撫でながらぼんやりと空を見上げている。

 その視線の先、見事な満月があった。

 ――月からやって来たナントヤラ、というわけでもあるまい。

 しかしその横顔には、そこはかとない哀愁があって、望郷の念に駆られているのは明白だ。

 清正はそんなことを思って、羽織を娘の頭からかぶせるように掛けた。

 それでようやく、娘は清正に気づき、こちらを向いた。

「こんなところでぼんやりしてると、風邪引くぞ」

 清正が声を掛けると、娘は羽織を肩から掛けなおしてありがとうと呟いた。

 そして清正を見上げて、微笑む。

「優しいね

「…別に。おねね様から託された客人に何かあったら事だからな」

 嘘は言っていない。清正がむっつりとして言うと、娘は肩をゆらしてクスクスと笑った。

 そんな笑顔にほっとした己に気づいた清正は、誰から指摘されたわけでも、ましてやその安堵を悟られたわけでもないのに、

 (別に

 と心中言い訳をしている。一体誰のための弁明か。

 そんな狼狽を誤魔化すようにして、清正はどうしたんだ、と言葉を紡ぐ。

「月なんか眺めて。ゲンダイ、とやらが恋しくなったのか」

 紛らわすために適当に吐いた言葉であったが、娘は頷いた。

「分かる?さすがは清正、一心同体ね」

 なんでそうなるんだ、と清正は呆れたように口を閉じた。

 一瞬でも心配した自分が損だ。

 むすっとした清正に構わず、娘は言葉を続けた。

「あのね、考えたことがあるのよ。聞いて。…今、目の前に居る清正と、…あなたのことね。あなたと、私の恋人の清正は、やっぱり違うなって」

「当たり前だ。俺は俺以外の何者にもなった覚えはない」

「それは、そうだけどさあ」

 彼女曰く、清正は“来世の恋人”らしい。

 そして彼女の住まうニジュウイッセイキとやらには、清正とそっくりの“清正”が居て。…なんて途方もない話。

「でも、やっぱり似てる」

「…前にも聞いた」

「しゃべり方もね、むっつりした顔もね、全部全部。ご先祖様かな?それとも前世の姿かしら。不思議だわぁ…」

「俺は、俺だ」

 伸ばされた手が、清正の手に触れた。

 控え目な手つきは、清正の手の重さを測るように軽く持ち上げたあとさっと撤退していった。

「やっぱり、ここは戦国時代なのかぁ…。そうよね、あなた戦国武将で、私のことをお世話してくれたおねね様っていうのも、…北政所様ってやつみたいだし」

「だから最初からそう言ってるだろ」

「そうね。あなたは、清正!っていうよりもはや清正様って感じだもの呼び捨てなんて恐れ多いわ」

 と言うものの、娘は清正を呼びつけにする。

 当初それに抵抗があったものの、慣れとは恐ろしいものだ。今の調子で娘が“清正様”なんて言おうものなら、かゆくて仕方がないだろう。

 娘の話は続く。

「私の“清正”は、なんかちょっと尻に敷かれてる感じはあるし、似ててもやっぱり別人ね」

 どこか苦笑気味に娘が言う。

 清正はどこか違和感を覚えた。清正を呼ぶときのそれと、彼女の。。。清正を呼ぶ声音はまるで違うのだ。

 心なしか、清正の顔から表情が消えた。

「…お前の清正とやらは、よほど腑抜けらしいな」

 違和感をかき消すようにそう呟くと、娘がくわっと睨みつけてきた。

「そんなこと言わないでよ!別に腑抜けじゃない」

「女の尻に敷かれる男なんて、腑抜けだろ」

「そんなことない!っていうか、秀吉さまだっておねね様の尻に敷かれてるでしょ」

「愚弄する気か?!」

「愚弄じゃないもん、本人が言ってたの!“わしゃあねねには頭が上がらんでの~”って」

「……」

 想像するだにかたくない。それゆえ、清正は反論言葉を失った。

 黙りこんだ清正に、娘はすこしばかり申し訳なさそうにした。

「まあ、気分を害したのなら謝るけど。…でも、“清正”を他の人からそんな風に言われるのは、いやだなって」

「悪かったな」

「いいよ。そりゃあ、大名あなたから見たら取るに足らないかも知れないけど、それでも“清正”はい旦那様なんだからね。恋愛面ではちょっとヘタレだけど、それ以外だったら男らしいし、指圧うまいし、ノート超きれいに取るんだから!」

「そーかよ」

「そうよ」

 少しばかり意味の分からない言葉もあったが、清正は適当に流した。

 しかしそんな清正に構わず、娘は大いに胸を張る。自分のことのように誇らしげだ。

「まあ、オカルトちょっと苦手でちょっと照れ屋だけど、料理は出来るし、朝も起こしてくれるし、本当に結婚したいくらい最高なのよ。清正の作るモヤシ炒め、食べたいなぁ…」

「清正は、俺だ」

「そーだけど、でもあなた料理できないでしょ」

料理なんて女の仕事だろ」

ジェンダー!“清正”はそんなこと言わないもん。むしろ『お前料理、味薄すぎるんだよ。俺が作る』とか言ってくれるんだから。最高よねえ、ホント

「だから、俺が清正だ!」

 鼓膜をびびりと揺るがすような清正の声に、娘はびくりと肩を揺する。娘どころか、縁の下のクロまでもピンと耳や尻尾を立てて驚いている。

 覚えず大声を出してしまった清正は、彼女の反応でわれに返った。口をつぐみ、たまらず目を逸らした。

「…悪い」

「いや、大丈夫

 (何を馬鹿なことを)

 清正の心中、後悔の大嵐だ。こんな詮無いことで怒鳴っても仕様がないというのに。

 大体何を苛立っているのだと自問しかけて、清正ははっとした。

 一方で娘は、清正の胸中など少しも知らず悩ましげなため息を吐き、帰りたい、とこぼしながらクロを撫でている。

「お前とのお別れはさびしいけどね。きっと清正が責任持って育ててくれるから安心しな。…清正は、何してるんだろうか」

 清正は、その瞬間意識がとんだように錯覚した。

 無意識に繰り出した手が、娘の手を掴んでいる。驚いて清正を振り返る彼女の肩を、もう一方の手ががっちりと掴んで離さない。

 目を丸くした娘が何事か言葉を紡ぐより先に、清正が言った。

「俺は、ここに居る」

 清正の正面の丸い瞳の中に、清正の姿が映りこんでいる。そして、恐らく清正のそれにも彼女の姿が。

 言葉も出せずに固まっていた娘であるが、子犬が膝にもっとと言うようにじゃれ付いてきた拍子に、金縛りが解けたようだ。

 少し恥ずかしそうに目を逸らしてから、苦笑し、娘はかぶりを振った。

「…参ったな。少しドキッとしちゃった」

「清正は、俺だ。俺が清正だ。。。。。」

「でも、…私は、“清正”じゃないとダメだ。だってね、私の好きな清正は、あなたみたいにびしっと決められない。でも、そういう清正が、私は好きだから

夢子、」

 恐らく初めて、名前を呼んだ清正に娘が目を見開いた。

「…名前、知ってたんだ」

 当然だと、清正が答えようとしたまさにその瞬間。

 すっと娘の身体の輪郭がぼやけた。ぎょっとする清正の前で、娘の身体は色を失い、後ろの風景が透けて見えるまでになった。

「あ、来た。タイムリミットだ」

「どういうことだ…?」

「帰れるみたい。清正“様”、これまでお世話になりました。豊臣ご夫妻にもよろしくお伝えくださいませ。…クロ、元気でね」

 もう随分と薄くなった身体で娘はクロの身体に触れる。感触がないのか、クロは不思議そうな顔をするだけで。

 羽織が、ばさりと音を立てて廊下に落ちた。

 清正は思わず捕まえようとして手を伸ばしたが、透き通るだけで掴むことは出来ない。

ありがとう。清正の所に、帰るね」

 その言葉最後に、清正の前から人一人が消えた。「…っオイ!」

 蛍がいっせいに飛び立ったような光の残像だけを残して。

 どこか呆然として、清正は廊下に落ちた己の羽織を拾った。確かに暖かい。――体温はほのかに残っていると言うのに。

 何もなくなった虚空を見つめていると、縁の下からクロが顔を覗かせて鼻を鳴らす。主の不在を嘆いているようにも見えた。

 無意識に手を伸ばしてそんな子犬の頭をなでると、清正はぽつねんと言葉をこぼした。

「…清正って誰だよ…」








 ~fin

2013-07-13

http://anond.hatelabo.jp/20130713113343

昭和によく居た、身勝手関白亭主が弱い立場専業主婦にとる態度みたいだな。w

2013-04-28

1920年代生まれのオジイサンがいるんだけどね。かなり中国好き。子供のころは、満州日本の一部だと思ってたんだって

家庭では、わりと関白異論存在が許せなくて、「イヤなら出てけ」というタイプ

で、このごろの中国反日活動はどうもムカっ腹がたつみたい。

でもさ。中国日本との地理的条件は変わらないんだから、仕方ないよな。ははは。

2013-01-28

実用的なエロサイト作りました

世界的ですもんね          

  乗るしかない

    このビッグウェーブに!(AA略

  

こんにちは

最近エロサイト作ってみた。みたいなエントリがすごい多いですよね。こんなエントリがあるくらい『最近流行の「エロサイト作ってみました」をいったん整理する http://anond.hatelabo.jp/20130124061507 』。

僕が知ってるだけで5個くらいそんなエントリを見た気がします。エロサイト作りのビッグウェーブが来ている!!エロサイトなら僕にも作れそう!そこで、このエロサイトビッグウェーブに乗るために僕も作ってみました!この手のエントリ食傷ぎみの方はすいません。。

http://www.xvideos-av.com/

『xvideos将軍

名前シンプルインパクトのあるものにしようと思い、時代物が好きなので『xvideos大臣』『xvideos関白』『xvideos将軍』の3つで悩んだのですが、この中で1番偉いのは将軍だろうということで、将軍しました(今考えたら関白のほうが偉い気がしてきました)。

まあとにかく、これで僕もアフィリエイト年収150万円を稼いで社畜脱出してイケダハヤト師のように生きれるはずです!やったね!年収150万円で僕らは自由に生きていくんだよ!

コンセプト

サイトのコンセプトはスバリ【実用性】です。

  

上記のまとめに登場するエロサイト技術的に高度なことをやっていたり、かなり綺麗なUIだったりします。それはそれで素晴らしいのですが、はたしてそんなものがこの真冬に下半身裸な状態で見るエロサイト必要でしょうか?

可愛い子・好きなAV女優で抜ける』これがエロサイトに1番大切なことだと僕は思います

xvideos将軍は「エロサイトは好きなAV女優動画で抜ければ良い」という設計思想になっております。なのでデザインはお世辞にも綺麗と言えないですが、AV女優から結構な数の動画を探せるようになっています(例えば僕の大好きな鮎川なおちゃんだと22本の動画が登録されています)。動画毎日50本づつぐらい追加されるようになっていますので、ぜひみなさん好きなAV女優で楽しんで下さい。

xvideos将軍がオシャレエロサイト原理主義警鐘を鳴らせれば、と考えております

技術

技術的には特に大したことをしてないのですが、誰かの参考になるかもと思い一応のせておきます

アプリケーション rails3.2

特筆すべきところもないですが、普通にrailsを使って作りました現在動画数は1万件近く入ってるのですが、サーバーが貧弱なせいかそれぐらい入れると結構クエリによっては重くなるので、New Relicを使って重いところを調べて、キャッシュしたり遅延ロードしたりするようにしています。New Relicは初めて使ったのですがheroku場合本当にすぐ簡単に使い始められて素晴らしかったです。スマホ対応jpmobileをつかってスマホからアクセス場合は別のviewを読み込みようにしていますが、、なんかbootstrapがうまくできなくて今はひどいことになっております

webサーバー heroku

サーバーアダルト大丈夫日本サーバーがよくわからかったので、とりあえず海外のは大丈夫なんだよね?ということでherokuを使いました。もしherokuアダルト駄目だった場合すぐに移転するので教えてください。GMOクラウドアダルト大丈夫らしいのですが、一瞬使ってみて、コンソールとかが非常に使いづらかったので、お試し期間でやめました。

DB mysql Xeround Cloud Database

無料プランですが、これは貧弱すぎてやばいです。お金がなくて上位プランに変更できないですが、xvideos将軍を出した今となってはすぐにアフィリエイトで秒速で1億円稼ぐ予定なので変更できるはずです。

スクレイピング nokogiri

スクレイピングには敬愛するbabyshark http://d.hatena.ne.jp/inouetakuya/20121117/1353145846 でも使われているnokogiriを使っています。とにかく女優名にこだわって動画を保存したかったので、まず始めにAV女優名を全部スクレイピングして保存しました。現在3500人のAV女優が保存されていますAV女優ってたくさんいるんですね。ありがとうございます

その後女優名がのっている動画サイトを定期的にスクレイピングするようにしています。まだまだ動画が保存されていないAV女優もたくさんいるので、その辺は今後の課題です。あとリンク切れをおこしている動画も多少あるので、それを定期的に削除するようなコードも今書き中です。

デザイン twitter bootstrap

デザインはbootstrapのデフォルトなんですが、ずるいデザインテクニック https://speakerdeck.com/ken_c_lo/zurui-design に登場するズルい背景を使いました。背景をちょっと替えるだけで、かなり高級感が出るのでオススメです!背景はこちらのサイトから探せます(http://subtlepatterns.com/)

広告アフィリエイトDMM

広告全然かわからないので、とりあえず一番有名そうでAPIもあるDMMのを貼ってみました。動画の下には同じ女優が出ている作品をAPIを叩いてレコメンドするようにしてますエロサイトは儲からないってなんかで読んだので、結構広告ベタベタ貼ってみて、herokuちょっと課金してる分くらい稼げたらなーと思ってます

今後の課題

ユーザー動画タグ、出演女優名を登録できたりするようにしたら面白いのかなーと思っているのでそういった機能をつけたいです。「みんなで作るエロサイト」みたいな感じです。

・bootstrapがツンデレ過ぎて結構萎えてるスマホ対応をなんとかしたいです。

・あと、スーパーフリーエージェントになって秒速で1億円稼ぐのも最近流行ってるみたいなので、そっちのビッグウェーブにも乗りたいところですがうまくいってません。

最後

宣伝乙とか言われてしまうと思いますが、その通りなので言い返せません。でもせっかく作ったから多くの人に使ってもらえたら嬉しいじゃないですか!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

xvideos将軍をよろしくお願いします。 http://www.xvideos-av.com/

2010-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20100916105318

共働きで、奥さんにご飯を作ってもらいつつ、

その横で洗い物をしたり片付けたり、テーブルの準備をしたりしてる。

(前の奥さん時代)は亭主関白ではないけども、

「オレはお金を稼いでるんだから家事はしなくてもいいだろ」

くらいに考えてたし、そうしてた

男女間で男が公平さを求める器量の狭さと言ったらない。

それでいて、賢いとでも思ってやがったのよ。当時の僕は。ね。

よくわからないけど

共働きなら双方家事もやるのは「公平」でしょ?

その状況で自分だけ家事しなくていいと思ってたなら

それは「公平を求めてた」んじゃなくて「不公平な了見」。


共働き家事分担するのは当ったり前じゃん。

そんなことで「公平さを求める器量の狭さを捨てた」と、

つまりなんか自分が持ち出しで頑張ってると思ってるの?


悪いけどお前はいまだにかなり頭が悪いし了見もおかしいよ。

家事を嫁に任せたいならまずほぼお前一人で家族養うぐらいには稼げ。

男女間で男が公平さを求める器量の狭さと言ったらないわ

日常生活を快適に過ごすってのは、

実はとても大変な労力がいるのだなと最近改めて思う。

朝起きて、ご飯とお弁当を作って食事して、

日によっては洗濯、できれば毎日簡単にでも掃除をしたい。

その後仕事にいって帰宅して、

晩ご飯を作って食事して、お風呂に入って就寝。

更に、ご飯を作るのも、その後の片付けという行為が発生するし、

ゴミ出しとかも出てくる。掃除もちゃんとやりたい日もある。

家事って結構大変なんだ。

今は共働きで、奥さんにご飯を作ってもらいつつ、

その横で洗い物をしたり片付けたり、テーブルの準備をしたりしてる。

掃除洗濯は大体一緒にやる。

仕事で疲れてる時は全然出来てなかったりするけど。

---

昔(前の奥さん時代)は亭主関白ではないけども、

「オレはお金を稼いでるんだから家事はしなくてもいいだろ」

くらいに考えてたし、そうしてたけど、

今考えると、なんて愚かなんだろう。と。

ていうか、女々しい。

男女間で男が公平さを求める器量の狭さと言ったらない。

それでいて、賢いとでも思ってやがったのよ。当時の僕は。ね。

---

仕事もきちんとしなきゃだけど、

それくらい家事もきちんとしなきゃ、

健全さを維持できない。

結構大変だけど、

だから充実しているのだと思う。

そんな日々。

2010-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20100824172553

成年後見人は、昔で言うところの「禁治産者」であります。

私有財産を保持管理するための「権利能力」に欠ける、とみなされるのであります。

昔のヨーロッパでは、そのような人は精神病院隔離されたのであります。

資産家の財産を狙う親戚兄弟は、当人を禁治産者として社会的に抹殺し、精神病院物理的に隔離することによって、財産を奪っていたのであります。

そして名目としては、「いえわたしは奪ったのではなく代理人として摂政関白なのですよウハハ」と言っていたのであります。

2010-08-16

問題は新卒偏重ということではないのだが

最近就職活動に関する報道を見ていると、新卒既卒では企業採用方法が違い、結果として大学卒業するまでに就職が決まらなければその後の就職活動は何かと大変だそうだ。そのため、「卒業後2年は新卒と同じ枠で採用しましょう」などという動きもあるらしい。残念ながら、物事の本質を見ない議論だと言わざるを得ない。

いきなり個人的な話をするが、私は大学院に入ったばかりのときに婚約した。就職が決まったら結婚するつもりだったが(後に実現する)、就職活動は思いのほか大変だった。

理系大学院生だった私は、就職活動では日本メーカーを中心にまわり、うまくいかなかったら公務員試験を受けるつもりだった。企業の人と会うたびに現実の厳しさを思い知った。

学生結婚するの? 前例がないなー。うちに入ってもらうのはちょっとどうかな」(会社と関係なくないですか)

最初の年は地方支店まわりだからきついと思うよ」(ちゃんとがんばりますけどね)

結婚を何年か延ばせないんですか」(会社ってすごく個人的なことに介入してくるんですね)

「うちの初任給知ってる? 実家の援助があるの?」(そんなものはない)

赤ちゃんでもできたんっすか」(そんなことはないが、なんというデリカシーのない言い方)

別にこちらから学生結婚の件を持ち出したわけではないが、それが世間話であっても「家族構成は」のような質問をされるとこの話題は避けて通れない。隠してもよいが、内定後「どうして言わなかった」と怒られることも避けたい。

話には聞いていたが、私が就職活動を通して学んだのは、多くの企業において画一的人材が求められるということだ。

  • 新卒
  • 男(逆に女であることを求める一般職という妙な職種もあるが)
  • 独身
  • 年齢が一定の範囲内(一浪まで、とか)

新卒でないとダメ新卒でも二浪ダメ新卒浪人してなくても結婚するような奴はダメ

あたかも能力は二の次であるかのように。

そんなある日。とある外資系企業採用担当者と会う機会があった。留学した経験もない上にTOEICも受けたことがない私は外資系なんて眼中になかったが、会社説明くらいは聞いてみようと思ったのだ。

採用担当者日本語のできるアメリカ人だった。いろいろと仕事の話を聞いた後、

担当者「他に質問はありマスカ」

私「近々結婚しようと思っているんですが」(会社的にどうなんでしょう)

担当「おおっ! すごいな。おめでとう」

私「(この会社は嫌な顔をしないぞ……)結婚している上で何か留意することはありますか」

担当「奥さん働いてるの?」

私「いえ、できれば働かない方向で」

担当「オー専業主婦だね。きみはもしかすると亭主関白タイプではないか。そういうのもいいねHAHAHA」

担当就職前に結婚する学生さんはあまりいないけれど、関係あるのは税金関係だけじゃないか? 結婚する日にちは確定しているの?」

私「はい、一応」

担当者「一つ質問なんだが」

私「はい」(やや緊張する)

担当者結婚式に行ってもいいかなHAHAHA」

冗談とわかってはいたが、妙にうれしかった。外資系の「実力主義」を嫌悪していた私だが、初めてそういうのもいいかなと思った。

新卒偏重に話を戻そう。企業は本人の実力や潜在能力ポテンシャル)に加え、いろいろなところを見て採用を決める。性別・年齢・国籍、私の場合配偶者の有無。そして新卒かどうか。

企業営利目的に活動する以上、経営判断として新卒学生を優先的に雇用する企業はあってもよいのかもしれない。ただ、これは「規格外」の人を排除する、わかりやすい言葉でいえば就職差別であることに気づいてほしい。

一番大切なこと企業が未経験者の採用過程において本人の実力以外の余計な属性で門前払いをしないこと。新卒だろうが既卒だろうが未経験者のエントリーはまとめて受け付けて、書類審査筆記試験など一緒に行えばよい。志願者が増えて大変? それは企業の人気が高まったと受け取れば良い。面接官の人数が足りなければ書類審査を厳しくすればよい。なによりも、この現状で「既卒の未経験者も歓迎」というのはかなりポジティブ宣伝になると思うのだがどうか。

企業の方に属性にかかわらず「できる」人材採用することが長期的な利益になると認識していただきたい。そして、新卒優遇という悪しき習慣が一日も早くなくなるように、地球の反対側から願っている。

2010-06-20

ママネットワーク怖い

ある奥様から聞いた話。

子供を同じ学校や塾や幼稚園保育園習い事に通わせていることで仲良くなったママのことをママ友というらしい。

さて、あるママ友の旦那があまりにも家庭を省みないモーレツ社員で今時亭主関白の極みだったので、沢山いた子供と旦那をうっちゃって若い男と失踪したそうな。誰が本人と連絡とろうとしても全く応答はなくなった。

ま、不倫なわけだから色々あって離婚である。元々は旦那が悪いにせよしょーがないわな。私だったら遠くで幸せになれよーと考えはしてもそれ以上どうこうしようとはしない。

しかし、ママコミュニティは放っておかないのである。

ママの知人の知人の知人と女性をたどっていって「同時期に若い男と一緒になって地域コミュニティに入ってきた女」を探索する。

そしてその女と直接の知り合いであ女性と気の合う人間を元のコミュニティから見つけて友人にしてしまい、継続的に遊ぶことにより情報をとり続ける。複数の「怪しい女」の情報から徐々に絞り込んで最終的に特定してしまうのである。

直接の知り合いの女性には元のコミュニティが失踪したママを探している事は伏せさせ、情報を流し続けるように依頼する。

その結果得られた成果は「逃げたママは若い男と毎日ラブラブしていて幸せそうにやっている」だけである。それを聞いて元のコミュニティ人間は「あの人幸せになったんだって。良かったね。」と納得したんだそうだ。

成果に見合うと思えない根気と労力を惜しげもなく投入するママネットワーク、怖い。

2010-02-20

勝ち組ってどういう人生なんだろうな

最高学府卒業

外資の有名企業勤務、年収は同級生の倍以上もらってる。

20代で1000万突破した。

女にもめちゃめちゃモテる。

嫁さん美人で、家庭的。料理美味い。

IQは測定不能で国体にも出たことがある。

俺のことなんだけどさ。

小さい頃から頭にタオルを巻いた土方にあこがれてた。

学生時代に酒を奢ってくれたヤクザが好きだった。

男の生き方はああいうもんだと思ってた。

ほんとのこというとゲスな生き方したくて仕方ないんだ。

何人も愛人作って、亭主関白で、成金みたいな格好して、クスリやって

仕事一流企業とかじゃなくてヤクザフロントとかで

タトゥーじゃなくて刺青入れて

刑務所にも入ってみたいし、破天荒な博打をしたい。

ホテルラウンジじゃなくて場末のバーで飲みたいし、底辺の連中と馬鹿騒ぎしたい。

底辺の掃き溜めみたいな生活をしたい。

きっとそういう生き方が出来たはずなんだ。

そういう風に生きても、上手く生きられたはずなんだ。

なんで俺はこんなに誠実に生きなければならないんだ。

なんで俺はこんなに他人に気を使わなければならないんだ。

気取ったオカマみたいなスーツ着て、青白い坊ちゃんみたいな車に乗って、良き夫を演じる。

こんなの全然男の生き方じゃ無い。

何でこんな風になっちゃったんだろう。

2010-02-02

http://anond.hatelabo.jp/20100201110226

そこそこ主体性のある (能動的にデート先決めて、旅行の計画して、役所の手続きとかやってくれて頼り甲斐があるけど、俺様じゃなくて押し付けがましくない)

タバコはしないけど酒は飲めて (タバコは嫌い。あと自分かなり飲むので同じくらい強くて、一緒に酒を飲んで楽しい人で、酒の上での失敗も許してくれて)

人の話をちゃんと聞けて (私の愚痴にいつでも嫌な顔をせずに付き合ってくれて。あと、それなりの教養があって話が面白い人で)

偏食じゃなくて (食の趣味子供っぽい人ってワガママだったりマザコンっぽいから嫌だし、大人の美味しいお店もちゃんと知っててご馳走して欲しいし)

私の代わりに蜘蛛を退治してくれて (蜘蛛以外にも、私が困ってる時にいつでも助けてくれて。例えば街でヤンキーとか絡まれた時にもちゃんと対処してくれて)

怒りっぽくなくて (亭主関白じゃなくて、私に主導権を与えてくれて、もし私が将来出来心浮気したとしても殴ったりせずに、辛かったんだね、って言ってくれて)

仕事をしてるときがカッコイイ (誰に言っても恥ずかしくない有名一流企業に務めていて、もちろん会社の中でも出世頭で仕事が出来て、高収入で安定してる人)

そこらのスイーツよりわがままだと思うが、結局そんな態度だからいい歳して処女なんだよと思う。

処女女性非モテ」と考えても差し支えないだろう。

2010-02-01

婚活女子の「わがまま言わないから誰か!」の本音と、非モテ勘違い

http://anond.hatelabo.jp/20100131173826

 

予想通り、コメントにもブクマにも、非モテはてな連中の

「ぜぜぜ、全然大丈夫だよ! よ、良かったら俺なんか、ど、どう……?」

的なアピールが渦巻いていて笑えた。

 

安心しろ。

仮に、この子が本当に普通に可愛くて、書いてある通りのスペックなら、今まで恋愛相手をしっかり

選んで来た上での処女だから、すぐに交際相手のレベルなんて落とせないから。

 

たぶん、()の中が本音な。

 

そこそこ主体性のある (能動的にデート先決めて、旅行の計画して、役所の手続きとかやってくれて頼り甲斐があるけど、俺様じゃなくて押し付けがましくない)

タバコはしないけど酒は飲めて (タバコは嫌い。あと自分かなり飲むので同じくらい強くて、一緒に酒を飲んで楽しい人で、酒の上での失敗も許してくれて)

人の話をちゃんと聞けて (私の愚痴にいつでも嫌な顔をせずに付き合ってくれて。あと、それなりの教養があって話が面白い人で)

偏食じゃなくて (食の趣味子供っぽい人ってワガママだったりマザコンっぽいから嫌だし、大人の美味しいお店もちゃんと知っててご馳走して欲しいし)

私の代わりに蜘蛛を退治してくれて (蜘蛛以外にも、私が困ってる時にいつでも助けてくれて。例えば街でヤンキーとか絡まれた時にもちゃんと対処してくれて)

怒りっぽくなくて (亭主関白じゃなくて、私に主導権を与えてくれて、もし私が将来出来心浮気したとしても殴ったりせずに、辛かったんだね、って言ってくれて)

仕事をしてるときがカッコイイ (誰に言っても恥ずかしくない有名一流企業に務めていて、もちろん会社の中でも出世頭で仕事が出来て、高収入で安定してる人)

 

ってことなんだよ。 

どう、全部条件に当てはまった?

 

でなければ、メンヘル引きこもりか極度に社会性が低い子なんだろうね。

一番高い可能性は、自分では悪くない顔だと思ってるけど、客観的に見たら顔の偏差値がかなり残念な場合。

親に愛されて、カワイイカワイイって育てられた子に結構多いよ。

 

非モテ男子にとって、そんなうまい話は無いから。

メールアドレスとか貼りつけそうなくらい、いちいち盛り上がるなよ。

見てて辛いから。

2009-10-22

http://anond.hatelabo.jp/20091022150220

妹が納得も何もまだ聞いてすらいない段階だし

増田が亭主関白ぶりを実家に披露したいだけなんだろ

ええかっこしい奴だ

2009-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20091013222011

http://anond.hatelabo.jp/20091017023709

でも、「子供が沢山ほしい」「専業主婦をしたい」というのは妻の強い希望なのです。さらに「土いじりのできる一戸建てにすむ」というのが妻の夢で、今はどれもかなっています。もちろんお金が必要なことですから、私がかなえてあげた・・・とも言える状況になっています。しかも私はもともと子供は二人が希望でしたが、妻の希望で3人を予定しています(ここでも2年ほどの議論がありました)。一戸建てに関しても私は反対でしたが、嫁の希望を私が受け入れる形になりました(ここでも数年の議論がありました)。だから「夢をかなえてもらっているのに文句は言えない」という気持ちも妻にはあると思います。

妻じゃなくて増田が「俺が稼いできた金でお前の希望を叶えてやってるんだから文句言うんじゃねえ」と何の疑問もなく心の底から思っているってだけだろ。かなり亭主関白だね。こんな風に思われてるなら、妻が穏やかな気持ち、対応でいられないのも仕方ないと思う。夫にそんな風に思われてるなんて増田の妻はかなり不幸だもん。

http://anond.hatelabo.jp/20091013222011

育児には相当積極的にかかわっています。育児のために仕事を変えてもらって毎日定時で帰ってます。

仕事よりも何よりも自分人生にとって大事なのは家庭、そのなかでも育児というのは人生の中でももっとも大事な仕事」そういう風に思って日々頑張っています(いるつもりです)。

http://anond.hatelabo.jp/20091018232133

家事はちょっとした手伝いしかしていません。

基本的に休日は必ず仕事を休むようにして、子守は全部私が引き受けています。遊んで、お風呂にいれて、寝かしつけて(ねなくて妻に代わってもらってしまうことはあります)。

育児に相当積極的に関わっている」っていうのと「家事はちょっとした手伝いしかしない」っていうのは両立可能なのか?乳幼児2人を育てている期間の家事は、スーパーへの買出しも食事作りも食後の片付けも洗濯掃除も全て、「育児の下準備や後処理」という意味育児に含まれると思うんだけど。(もちろん、妻や増田のための家事もあるけど、圧倒的に乳幼児2人のためにしている家事の割合が多いと思う。)増田がそういう「育児の下準備や後処理」という地味で美味しくない役割はほとんど担わずに、「育児には相当積極的に関わっている」と何の疑問もなく思っているのは傍から見るとかなりおかしいよ。増田がやってる「遊んで、お風呂にいれて、寝かしつけて」って直接子供と触れ合える一番楽しいところだもん。それ、育児の中で一番楽しいところだもん。でも、「遊んで、お風呂にいれて、寝かしつける」だけでは子供は育ちません。泣き叫んだりする子供を連れてスーパーに行き子供に食べさせる食事の材料を買ってきて、子供の面倒を見ながら料理をして、子供にご飯を食べさせて、自分は立ったままご飯を口にかきこむだけで食事を終えたりして、また子供の面倒を見ながら食事の後片付けをして、子供の面倒を見ながら洗濯物を干して乾いたら畳んでしまって、子供の様子を見ながら部屋の掃除をして風呂掃除をしてトイレ掃除をして洗面所掃除をして・・・育児はそういう地味な作業に支えられてるんだよ。それは育児の一環なんだよ。でも増田はどうやらそれを分かってないよね。育児の目立つ楽しい美味しいところだけほんの少し担って、それで「育児には相当積極的に関わっている」と本気で思っている。それは、やっぱりかなりおかしな認識だと思うよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん