2019-05-23

anond:20190523161137

1989年少女小説『星からきたボーイフレンド』(津原やすみ名義)でデビュー。また3年間、代々木アニメーション学院にて特別講師を務めた。

1996年、『ささやきは魔法』を最後少女小説から引退し、翌年、津原泰水名義での長編『妖都』を上梓

1997年津原やすみ名義の作品北京語版・朝鮮語版で発売される。著者名は「津原靖美」と表記されている場合がある。

2003年、『少年トレチア』で第56回日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門候補

2006年高校時代吹奏楽部での体験をもとにした『ブラバン』を発表。ベストセラーとなる。

2010年尾崎翠原案の『瑠璃玉の耳輪』を上梓。翌年には尾崎翠フォーラムにて講演を行う。(講演録は文庫版に収録。)『バレエメカニック』で第41回星雲賞日本長編部門候補

2011年、「五色の舟」「テルミン嬢」(『11 eleven』所収)ともに、第42回星雲賞日本短篇部門候補。『ブラバン』で第1回広島本大賞候補

2012年、『11 eleven』で第2回Twitter文学賞国内部門1位。

2014年近藤ようこにより漫画化された『五色の舟』で第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞。

2016年、『ヒッキーヒッキーシェイク』でSUGOI JAPAN AWARD 2017 エンタメ部門候補、第33織田作之助賞最終候補

これで無名だったら95%以上の作家無名だよ

記事への反応 -
  • 幻冬舎の件でよくわからない事

    どんなに批判されても小学館が『美味しんぼ』を引っ込めないように、無名作家の批判なんて無視して出版し続ければよかっただけなのに。なんで相手から判り易く批判もしやすい、直...

    • anond:20190523161137

      1989年、少女小説『星からきたボーイフレンド』(津原やすみ名義)でデビュー。また3年間、代々木アニメーション学院にて特別講師を務めた。 1996年、『ささやきは魔法』を最後に少...

      • anond:20190523161628

        能力が無いとかそういう事じゃなくて、日本国記の百田と比べれば世間的に名前が知られていないって意味で。無名というより売れないと言った方が正確か。 見落とされがちだけど、早...

    • anond:20190523161137

      ウヨくんは精神が弱いから

      • anond:20190523161311

        ところが見城氏は極左シンパである事を公言していて、左翼の本もいっぱい出していて重信房子の本も出しているし、見城自ら推薦文だか何かを寄せたりしているらしい。

        • anond:20190523163054

          見城はナベツネあたりと一緒で風見鶏なんだよ 転向したといってもいい

      • anond:20190523161311

        散歩とかしたらどうだろう

    • anond:20190523161137

      単に見城の血の気が多いから。

    • anond:20190523161137

      その無名作家の本を話題にしてランクアップを狙うって寸法よ

      • anond:20190523162056

        そうだったら本当の策士だけど、結果的に失った物が多過ぎるんじゃないかな…

      • anond:20190523162056

        マジかよ津原に対する愛が深すぎるだろ

    • anond:20190523161137

      構造改革されないままなんかな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん