2015年05月12日の日記

2015-05-12

美少女陰毛

抜いて食べることができる

同性結婚にも養子をもらう事にも抵抗はないが

第三者精子卵子子供を作るのには凄い拒絶反応があるなあ

だってそれって普通に不倫じゃん?

http://anond.hatelabo.jp/20150512233813

真面目だから、こずるくなれないからそうなった?

一つだけわかることはそう思いたい増田がいるということ。

http://anond.hatelabo.jp/20150512231755

オロナミンCか……

調べたら、120mlで79kcalと結構カロリー高い。コカコーラ無印が 45kcal/100ml だそうなので、コーラよりもカロリー高い。

しかカフェインも入ってる。

友達以上恋人未満永遠に恋人に近づけない

もちろん非モテで名をはせたみなさんはそんなこと言われなくったってわかってるって言いそうだけれども、それでもあえて繰り返すと「友達以上恋人未満永遠に恋人に近づけない」

「うん、いい人だと思うよ。でも友達としてしか見れない」とか「すっごく好きだよ。ずっと友達でいてね」とか「アッハッハッハ。キミに告白されるなんてボクも女として見てもらえてるってことかな。アリガトな。戦友」とかとにかく非モテで優しくて性格がよくていいヒトのみなさんは女子たちからそれなりに信頼を得てそれなりに時間を共有しそれなりに友達以上でありながらあらゆる女子恋人ラインに漸近するも永遠に交わらない。

そればかりかこの空間に無数に走るすべての女子人生線に等しく近しいように見えてその実、等しく遠い人生線を歩む。友達以上恋人未満人生線を永遠に歩む。

この人生線に絶望したみなさんは概ね二つの選択肢をとりがちで、ひとつ女子と交わらない人生線に満足する。別に交われなくてもめっちゃ近いならそれでいいって考える。うん。ある意味前向きだ。

もうひとつ3次元世界を呪う。3次元から人生線が交わらないのだ。自分人生線と女子たちの無数の人生線を2次元投影すればめっちゃ交わるじゃん。エウレカ

しかしてまた1人の3次元人が2次元フェーズダウンする。でも恥じる必要なんかない。あくま算数を応用して女子と交わろうとしただけなんだから。私もそうだし。

http://anond.hatelabo.jp/20150512153327

アニメ趣味」に感じる浅さ

なにかなーと考えてたのだけど、まとまったので書き残す

・結局製作費が潤沢な作品が最高

作品においては原画演出重要なのに、監督脚本家しか作品を選ばない

アニメ作品はいくらでもあるが、どれを見てもたいしたストーリーがない

他人趣味を偉そうにご講評しているクソ野郎と同レベル

http://anond.hatelabo.jp/20150512225527

それは人による。

どっちが正しくも間違ってもない。

そもそもそういう雰囲気さないようにしてたわけだろ?

なんで相手を責めるようなことが言えるのかわからん

美少女には鼻毛が生えていない

から吸ったホコリなどは全て分解され、無害化される

文系院生やってて思うこと

学部生のころ、院進学を悩んでいたとき

文系の院入学は”入院”、すなわち後戻りできない病院での長期”入院”と近しい意をもち

引き返せなくなるところまでは決して行ってはならぬ

というお達しをどこかで聞いた。

けれども学部生のころは、きらきらと輝いていて

この道を究めたいという純粋好奇心探究心に溢れていたし

自分勉強が好きなものだと思い込んでいたものから

その意味がよくわからなかった。

実際、大学院に進学して今年で三年。

この三年間で、色々なことに気づくことができたと個人的には思っている。

まず、上にはいくらでも上がいるんだろうなという

当たり前のことを、授業の度に痛感した。

文系院生の肩身の狭さは、まるでそれが社会貢献として役に立つのか立たないのかあやふやなままに

ただひたすらに大量の資料を読み、文章を書き続けなければならないという事実にあるだろう。

これ一体何の役に立つの

と自問したとき、答えが返せないという恐怖と戦うために

せめて語学だけはしっかり磨き箔をつけなければ、と日々勉強

大量の英文献を読み漁るもの

ゼミの度に教授語学力の高さに圧倒され、自分能力絶望ゼミが終わるたびにトイレで泣き暮れる日々が続く。

また何より学部のころと比べて随分、笑いの数が減った。

周りの友人が社会人となって卒業し、大学院での友人もこの春卒業を迎え、残された今

唯一の話し相手は教授と塾の教え子くらいのものである

そして研究室の隣の席には、論文が書けず、ずっと休学したままの先輩がいる。

彼の机には山積みの資料がどっさりと置かれていて、毎日毎日それを読み漁っている。

しか議論の場になると、その人の言っていることは何やらさっぱりわからない用語を繋げた謎々みたいで

挙動からも、精神状態が徐々に崩れているのが明らかにわかり始めた。

そのような姿を横目で見ていると、さていよいよ

自分達がやっていることが、あまりに”他者”のいない閉鎖的な営みであることに気づかされて、ゾッとする。

大学院文系)、恐ろしすぎる。

しかも、それを多額の学費を払って何年も続けているのだ。

普通に就職していれば、その倍以上のお金が、同じ時間で稼げたというのに。

さらに言えば、理系とは異なり、就職口は進学によって減るばかり。

どう考えてもこの選択、常軌を逸した愚か者所業しか言いようがない。

そう確信したのは、去年の秋で

嗚呼疲れた、もう大学出たい、文献読めない、いやだ、十分だ、どうして進学したんだろう、やだ、と

ぐるぐる考えてばかりいた。

でも最近、少しだけ気持ちに変化が表れつつある。

諦めの境地に至ったのかもしれない。

今更、どうにもならない。

どうせ選んだ道ならば、のんびりやろう。

よく考えれば自分のことだから大学院に進学しなければ、これほど社会と繋がることの大切さを意識することもなかった。

今の時間のんびり過ごした分、

今後、誰かのためにという気持ちで働くための動力源に変えていければいい。

そのためにも今できることをやろう。

あれほど苦労していた英文献の講読が、それほど苦にならなくなったことも

大きいかもしれない。

文献が読めると、知識も広がり、やりたいことが増えていく。

もっともっとと欲も出てきて、開き直り最近ではまだ勉強したいなと思うこともある。

そして何よりも

学部時代から世話になっている担当教授存在は大きい。

いつも冗談ばかりを言っているその姿から学部時代想像することもできなかったが

今日もまた、何やら訳のわからない翻訳をしてきた私の発表に

呆れ顔を浮かべながらも

ちょちょいと頭の中で辞書を広げるように、色々な助言を次から次へと加えていく恩師の姿を見て

世の中には本当に、恐ろしいくらい頭の良い人間がいるものなんだな、と思いつつ

あと十年二十年、学び続けることができたのなら

私もいつか

こんな風に楽しそうに、学びを得ることもできるようになるのかしら、と夢を見つつ

gmailに届いたマイナビ2016の企業メッセージ報告をクリックする今日この頃

http://anond.hatelabo.jp/20150512234624

世界が間違ってるとして自分1人だけが正しいと思っていれば果たしてそれでいいのか

無言ブクマ

料理レシピにつくブクマは大半が無言っていう風潮が好き。

使い方ってもんがあるよな、何にでも。

臭いからと切り捨てるのは簡単だが、ニオイを無視すれば使い道があるかもしれん。

まあ、臭いんだけどさ。

人と会話したくない

仕事したくない

ひきこもっていたい

http://anond.hatelabo.jp/20150512215014

元増田です。

そう。自主性に任せるだけでもうまくいかないし、だからと言って指導者の目指す方向に全体を誘導した結果自主性が崩れるのも問題なわけで、おそらく心ある指導者はそこのバランスに一生悩むんだと思うんです(バンド音楽技術指導のみをするプロ指導者は別)。

「生徒の心をケアする」のと「生徒の心をコントロールする」の境界線って想像以上にあやふやなんですよ。

女子高で男性顧問だと生徒との距離感が凄く難しいなんて話も昔聞きましたしね(結構惚れられやすいらしい)。実際女子高生指導セクハラが発覚して捕まった指導者(全国的に名の知られた人)もいました。

生徒を「命令を聞いて懸命に練習することに喜びを覚える兵士」に仕立て上げるのは吹奏楽と言う演奏形態上非常に効率のよい結果の出し方ですが、それが生徒の教育として良いかと言われればノーでしょう(強豪と呼ばれる学校がそうだ、というつもりはありません。そこまで実態は知らない)。

でも、その辺の境目って本当に危うくて、モヤモヤする問題なんですよ。教育洗脳の境目ってどこだろうっていうね。

正直高校生にもなれば、最終的に顧問音楽性に反発するやつくらい出てきていいし、そういう生徒を育てられる指導者が望ましいと個人的には思うし、でも「現実」を考えるとそれだと「効率が悪い」んですよ。だからすげーモヤモヤするの。

実際、県大会銀賞くらいの学校でも、演奏技術評価としては全国大会出るような学校に劣っても、「いい演奏」を聴かせてくれることって結構あるし、それを全国レベル学校出身者が技術的部分だけことさら取り上げて凄くひどい言葉で蔑むのも聞いたことあるし。どいつもこいつも音楽なんか聴いてやいねーじゃねーかよ!って気分になることも多々あったりとかして、こう色々ほんとに難しいんですよ。だから、その難しいところを多少なりとも描いている原作には敬意を覚えます

先生は、「少年漫画(少年漫画にも色々あることは百も承知であえて使いますけど)的な圧倒的に正しい師匠」としては描かれないんですよね。

もちろん確かな力量のある指導者ではあるんだけど、絶対的に正しい存在としては描かれない。そこがいい。

真性引き篭もり

最近執筆が活発化している。正直にうれしい。お前は箱根か! って思う。

舌鋒するどく頑張ってほしい。箱根の山は天下の険って言うし。

いや冗談言ってる場合じゃねえんだが、とにかくああい文章に触れられて嬉しいってことだ。

世界から嫌われているような気がする

もう10年くらい心から笑ってない

まじめに生きてきたつもりだったけど

こんなに普通人生を歩むのが大変だと思わなかった

子供の頃は20代で結婚してローンで家と車を買って

毎日会社に行って子供を育ててると思ってた

けど30も半ばになるのにそのどれも手に入ってない

まぁ会社には勤めてたけど欝で退職して療養中

学校では割と人望あったし勉強もできるほうだったけど

社会に出るとあんまり関係いね

仕事ができればできるほど仕事が増えて休めなかったし

ごますりが下手だから大して出世もできなかった

なんでまじめに生きてきたんだろう

もっとこずるい生き方も学んでおくべきだった

髪を伸ばしたい

自分で言うのもなんだが、自分は短髪が似合わないように思う。

なんだけど、ちょっと髪を伸ばしただけでも目や肩にかかる髪が気になって、結局髪を切って短髪に戻ってしまう。

ちょうどいいなと思える期間は数日くらい。これを保つとなるとお店に行く回数を増やすしかないのかな。

髪長い人羨しいなぁと思いながら、どうやって長い髪のうっとおしさに対処してるんだろうと凄い気になってる。

塾講師してると、小学生四年らへんの子パンツ結構見る。

これ見てまったく立たないんだけど、立つ奴って頭おかしいんじゃないのか。

中三くらいだったら立つかもしれんけど。

http://anond.hatelabo.jp/20150510235040

むかし似たようなことがあったのを思い出したか

少し語らせてほしい。

少人数のグループで、密かに片思いしている人がいたんだけれど

今の仲の良い関係が怖くてうじうじしているうちに

いちばん仲良い友達とつきあいはじめた。

それを知ってからしばらくは、本当にしんどかった。

そしてようやく落ち着いて、恋愛感情も薄れてきた頃

友達彼女は別れてしまった。

彼女グループから疎遠になって、いつの間にか連絡がつかなくなった。

結局、仲の良い関係なんて消えてしまった。

2年がたったころ、別の人を好きになった。

今度こそと思って、デートをして告白

でも振られてしまった。そういう風には見られないと。

それから2ヶ月後、その子と、例の友達がつきあい始めた。

どうやっててつきあい始めたのか、聞いていないし聞く余裕もなかった。

だいぶ気を遣ってもらったけれど、普段からどうしても目に入る。

本気でしんどかった。何で彼なんだと。

結局、ふっ切れるまで3年近くかかってしまった。

それでも、時間がたって、別の人を好きになれば笑い話になるとおもう。

からなんだ、おいしいもの食べて飲んで、ゆっくりしようぜ。

http://anond.hatelabo.jp/20150512231529

文才っていうよりネット受けする設定の上手さじゃないかなー

文章力はある程度読書してればそこまで驚かされることはないように思う

釣りは読んでて気持ち良いというより何かひとこと言いたくなる文章だしね

俺ははてな受けするトピックをわざわざ選んで書きたいとはどうしても思えないタチだから縁のない世界だわ

http://anond.hatelabo.jp/20150512231742

技術的な問題機構が大きくて積めない、とか)がクリアできるなら乗用車もそのほうがいいと思う?

素人考えだけど、完全な電気自動車なら究極的にはトランスミッションいらないわけだし、できないこともないと思うんだけど…

彼氏が怒らんのだろうか

最近彼氏ができた人に、2人での食事や旅行に誘われる現象

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん