「男のロマン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 男のロマンとは

2020-09-24

道端で美女に玉を吸ってもらえる確率

道端で美女に声をかけて玉吸って下さいって言って吸ってもらえる確率が0ではない事実

これってすごくないか!!

確率は0じゃないんだよ!!

限りなく0に近いけど0じゃない!!

これこそが男のロマン!!生きる糧!!!

2020-09-23

道端で美女に玉を吸ってもらえる確率

道端で美女に声をかけて玉吸って下さいって言って吸ってもらえる確率が0ではない事実

これってすごくないか!!

確率は0じゃないんだよ!!

限りなく0に近いけど0じゃない!!

これこそが男のロマン!!生きる糧!!!

2020-08-08

anond:20200808103535

コンノトヒロ最初の連載4コマで、

『・・・男のロマンはわかった、ところで女のロマンって何だろうな?』

『・・・ケーキ?』

ケーキケーキ!(半狂乱)

てなるネタをおもいだした

2020-07-26

anond:20200726180257

ルッキズムルックスのいい女を落とし(?)たい、ということか。

それはそれで永遠に男のロマンでは。

2020-07-22

[]2020年7月21日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0011520076174.667
019919302195.066
02699357135.643
03308792293.1101
04354565130.493
0577595377.347
0673722599.039
0788667575.942
081991520376.434
091851838999.449
1025529252114.740
112221827882.342
121971503476.334
131951826393.745
141871475278.938
1511017939163.153.5
161511404493.038
1714021141151.046.5
1813415939118.947
1916421290129.838
2013914299102.941
2116219381119.642.5
2217025294148.844.5
2317928544159.545
1日3375388987115.344

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

Pelcula(35), VERHD(35), Gratis(35), instructure(35), Completa(35), eportfolios(35), Espaol(35), Latino(35), iu(35), EW(5), 3枚(3), y(36), リモートワーク(16), 休職(11), サイン(13), スレ(16), 復讐(12), de(7), 署名(8), 卑屈(8), サンドイッチ(6), 漢字(17), TV(14), 緊急事態宣言(10), カード(25), 用語(14), 配置(8), ペット(10), AKB(8), 部下(15), メンヘラ(15), 社内(16), 伝える(16), メンタル(19), おすすめ(29), 自殺(50), 相談(42), フォロワー(15)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■奇声を上げる日本の子供が増えた /20200719130411(42), ■コロナのせいで家庭内リストラされそう /20200721105946(28), ■人生失敗した /20200721141645(20), ■「実は○○だった」のブルーオーシャン /20200720203520(19), ■彼氏Vtuber推し初めてから苦痛が止まらない /20200721130655(19), ■上司に嫌われていて、毎日辛いけど仕事に行く /20200720181413(18), ■男の人が友達になりたくない同性の特徴 /20200720170955(17), ■ゲーム実況者ってなんであん漢字読めないの /20200721115059(16), ■メンタルが落ちたとき他人相談しても逆にストレスになるタイプっていない? /20200721172708(15), ■クレジットカードサインしない奴は滅びればいい /20200720221143(14), ■なんで可愛いおっさんだけいないの? /20200721093724(12), ■腐女子死ぬほど嫌いな腐女子の話 /20200721100255(12), ■ /20200721160210(10), ■女性風俗飽きたレポ /20200721082031(10), ■汚いものが綺麗になっている様を見たい /20200721135200(10), ■オタクがダシにする「一般人から言わせて貰う /20200720181521(10), ■アラフィフ腐女子もなかなかヤバい /20200721154619(9), ■群馬県もなにもないよなぁ /20200720223126(9), ■古い生活様式キープしている /20200720142437(8), ■休職中の過ごし方について意見を乞いたい /20200721133724(8), ■男のロマンベスト5平成29年国勢調査) /20180213124029(8)

2020-07-21

anond:20180213124029

令和元年の男のロマン

1位 コロナのない世界で平凡に暮らす

2位 結婚して春日部市一戸建てを立てて一男一女に恵まれ

3位 とんかつをいつでも食えるようになる

4位 一年に一度は定時で帰宅する

5位 大学を四年で卒業して無事就職する

2020-07-19

既存作品ジェンダー学的観点から批判する人に思う所がある。

男性ばかりが登場する作品同性愛者が出て来なければ「ホモフォビア

囚われの女性主人公男性が助けに行く話には「ミソジニー」と「マチズモ

言わんとせん事は分かる。そういう内容の作品では「一般的男性優遇されすぎで少数派の男性女性の扱いが悪い」と言いたいのだろう。

男性の間で美しい女性トロフィーとして物扱いされてると言いたいのだろう。男性けが何か女性には分からない素晴らしい物を独占してると言いたいのだろう。

恐らくそうだと思う。男性として生まれ男性として生きてきた人にしかからない事は多い。男には男の世界があり、男のロマンがある。女性には分からないだろう。

同じように、男性にも分からない事は多い。女性は何故お喋りと噂話と美容あんなに好きなのか。女性は何故お姫様の綺麗なドレスに憧れるのか。分からない。

からなくて良いと思う。お互い突っつかなくて良いと思う。分かりたいと思っても良いと思う。恐らく死ぬまで感覚的には理解出来なくても分からない事を分かろうとするのは良い事だと思う。

口を出すのは駄目だ。男性集団の中に同性愛者が居なくて何が悪い。囚われた女性男性が助けに行って何が悪い男性が楽しむための娯楽作品男性が望む話を描いて何が悪い

その事を「良くない」と思って自分達が楽しむための作品を作るのは自由だ。娯楽に幅が広がってむしろ素敵な事だ。男性向けの作品を楽しむ女性も居る。女性向けの作品を楽しむ男性も居る。

男性向けの作品に「女性が見ても楽しめるようにしろ」と口を挟むな。分からない。更衣室やお手洗いが性別で分けられている事には文句を言わないのに、男性向けの作品を楽しめない事に文句を言う女性が居るのか。

2020-07-13

anond:20200712235056

女性で「男のロマン」という言葉を好んで使う人は(下品すみません)「心にち○○が生えている」とか「生物学的には女」など自分男性性をアピールする人が多いような印象がありますね、勿論逆も見た事があります

自分は女だけど女として『男のロマン』を楽しんでいるだけなのに」、「男らしいから~」とか「女のくせに~」と他人に言われたり「性別関係になく楽しめる」と何か元のニュアンスが変わってしまうのが嫌…という感覚は分かる気がしま

元の話題とは正直あまり関係ないんですが自分男性キャラを「おかん気質」「皆のおかん」と呼ぶ事に妙な違和感を覚えるタイプだったりしま

まるでお母さんみたいだ!というそキャラを褒めるニュアンス言葉である筈なのに…何でしょう、女性から母性男性なら「父性」と一概に決めつけてしまうのも何か違うような気もするんですが…

男性キャラを嫁とか姫とか呼ぶのに似た感じ?というか…あー何を言いたいのか分からなくて難しいなあ…「女々しい」が否定的ニュアンスで「男前」が肯定的ニュアンスに使われる風潮が個人的には好きじゃなかった筈なのに…

最近の世の中の流れには反するかもしれませんが「男らしい」「女らしい」という概念はやっぱり残ってほしい物ですね、それが良い事か悪い事かはともかくこういうの良いなあ…と思った事がこれまで何度もあるので

2020-07-12

anond:20200712065032

「男らしさ」「女らしさ」に抵抗はないタイプだが「男のロマン」については「使いたいけど使いにくい」と感じている

それは私が「男のロマン」を男が専有するのが許せないからではなく、「女なのに男のロマンなどということばを使って(女からでも男からでもまたはその他からでも)変な突っ込みを入れられやしないだろうか」と他人の目を気にしてしまってのことだ

男のロマンを楽しんだからといって私の性別を男や女でない性別に変えられたりしたくはないし、女の私が楽しんだからといってその男ロマンを女のロマンに変えられたくはないと思っている

それなのに、揶揄他人思想から望まない変化を強要されることを恐れているわけだ

ここからは余談なので無視してください

冒頭で「男らしさ」「女らしさ」に抵抗はないと書いたが、その実、抵抗がないどころか世の中が変わっても残ってほしいことばだと思っている

現実に即していなくとも「なんとなくそんな感じ」という意味を含んだことばとして残してほしいと思う

ますらをぶり」「たをやめぶり」が近い例だろうか

多少言い方がかわっても、とにかく表現の上では「男らしさ」「女らしさ」という概念が残ってほしいと思っている

ネガティブ意味はまったくなくて、単に観念的な世界の広がりをなくさないでほしいという思いだ

観念的な「男」「女」と現実の男女が切り離されて考えられる世の中であってほしい

追記】ふと気になったけど「男のロマン」という言葉を嫌っている女性結構居るのかな?

最近ジェンダーバイアス」「ジェンダーロール」「ホモソーシャル」「マチズモ」という言葉を知る機会があったんです

切っ掛けは確か「BL好きな人は男同士による対等性が好きだからハマる」と聞いてえ?何で男女は対等じゃないと思うの?と感じた事だったんですが

そこで男らしさ・女らしさという考えを嫌っていたり、男脳・女脳なんて考えは間違っていて育った環境個人差が重要だって考え方を聞きました

これはつまりBLについて調べてる内にいつの間にかジェンダー云々を調べていたって事なのかもしれないけど、要は性別がどうのこうのって考えや認識が嫌いな人達は居るんだろうな、くらいは漠然と思ったんです

最近流行りの作品で言うと鬼滅の刃ジェンダー的に素晴らしいとか、いやバリバリ家父長制描いてるじゃん、長男から~とか男なら~とか少年に対して男らしさを強要してるじゃんとか

知識が無い身が傍から見ると何を言ってるのかよく分からないな~とか、鬼滅の刃ってあのぎゆしのが滅茶苦茶人気の作品ですよね!分かります!くらいの認識しかこっちはなかったんです

まあそれは置いといて…ふと疑問に思ったんですが、「男らしさ」「女らしさ」という考え方や言葉を嫌ってる人ってやっぱり「男のロマン」って言葉も嫌いなんでしょうかね?

主に男性向けの趣味嗜好で男性に非常に好かれたり男性の心を揺さぶる物に使われる言葉だと認識しているんですが…やっぱり「男のロマン」という言葉男性が独占しているように見えますかね?

女性向けの言葉だとシンデレラストーリーなんかがそういう言葉だと思ってたんですが、シンデレラボーイという言葉もありますし正直よく分かりませんね…

追記

やっぱり性別関係なく楽しめる事で「男のロマン」って言葉を使われたら嫌に思う方も居ますよね…

例えば「女子ケーキバイキングスイーツビュッフェなど甘い物が好き!」と言われるといや~男子でも甘い物が好きな人は居るけど…でもまあ正直男性はそういう所に行きづらいよなあ~…とは思います

最近はどんどん「男性向け」「女性向け」という分野の境目が曖昧になっていってるそうなので、将来的にはそういう垣根が完全に無くなる日も来るのかもしれませんね!そうなったら何がどう変わるのか正直楽しみです

2020-05-29

移動したら嬉しいもの(微追記)

移動図書館

地域性ゆえか実際に見たことはないし、なんならどんなものなのかも分かっていないが響きがカッコいい!ショパンの曲とかを流しながら町を移動しているイメージがある 豆腐屋みたいなもんなのか?

移動都市

なんせカッコいい ハウルの動く城くらいのサイズでもいいし、もっとクソデカくてもいい メガフロートみたいな感じの海上漂流都市路線もいいし、ラピュタみたいな飛行都市も捨てがたい

暮らしくそうだが…

移動要塞

男のロマンだ(これセクシス発言?) 移動都市かぶる所も多いけど、やっぱこう黒煙を吐きながらドシンドシン動く鋼の城って良い

たいていすごい威力の主砲みたいなのを積んでるんだけど、期待するほどの威力は発揮できないパターンがメチャ多い印象

 

このあたりがかっこ良すぎて「移動」ついてるだけでロマンを感じるようになってしまった

「移動祝祭日」はサーカスみたいでかっこいい、「移動ド」はテクニカルで強そう、最近じゃ「移動平均」なんてのも見るようになったけどこれも重心をずらして相手予測の裏をかく技みたいで渋いんだよな

 

(追記)

複数言及があったモータエンジン冒頭部見ました いいねえこの…なんだろう…馬鹿馬鹿しさというか勢いというか 移動都市ってこれだよ!!って感じ

増田やっててよかった

2020-03-09

スーパーマリオRPGサントラに付いていた作曲者コメント書き起こし

1996年1月28日大阪にて 下村陽子

 

私とゲームとの出会いは、まさにスーパーマリオ

 

当時学生で、ピアノを専攻していた私は、本業ピアノそっちのけで、徹夜で「マリオ」にハマリまくりしかし、一度たりともクリアできたことはありません……涙)。

当時やりすぎで、肩凝りはヒドイわ、腱鞘炎になるわ、腕は疲れて上がらなくなるわ……。→ピアノが弾けない、→先生に怒られまくり、と、エライ学生生活になってしまいました。

から、今回「マリオRPG」を担当という話になったときは、本当に嬉しかったです。

 

最初から頭にあったのは、従来のマリオシリーズのイメージをこわすことなく、且つ、とらわれることなく、自分自身マリオワールドいかに作るかということでした。

そこで、まずマリオシリーズの音楽を聴いてみることから始めました。コレがやっぱり、何度聴いても、すごくええんですわ。

シンプルで無理がなくって、押さえるツボはちゃんと押さえてあって、何よりも素晴らしいのは、聴いてる人を楽しませてくれることです。

キドキとワクワクがいっぱいつまってる。いやぁー、素晴らしい。

なーんて感心してる場合じゃないぞ。こりゃ大変だー、エライの引き受けちゃったな―、何か蒼くなってきてしまったりして。

そーだな、音楽路線を似せてみるとか、単純にアレンジを多用するとか、似たよーな音色使ってみるとか……。

うーん、そんなんじゃないな。なんか、もっと自然にやりたい。そーそー、理屈じゃないのよね、音楽って。

マリオRPGワールドを楽しんでもらいたい、曲を聴くとなんかちょっぴりシアワセになれるような。

楽しくってドキドキワクワク。あー、そっか、そーなんだー。うんうん。要は私が楽しめればいいんだ。

ハイ、「直情型」の出番です。私が楽しんで作って、私が自分で聴いて、ちょっぴり愉快な気分になれたら、それでいいに違いないっ!(ホンマか?)

普段、横向きしかたことのないマリオは、いったいどんなリアクションをするんだろう。

当然、いろいろ町の人や仲間や、ともすればモンスター達ともお話するんだから性格なんかもわかっちゃうかも。

うん、うー、なんか楽しそ―だぞ。あー、なんか、ワクワクしてきたなー。よし、いっぱい曲作っちゃお

んで、やっぱし、昔のマリオの曲とか出てくると、「おおぉーっ!」とか思っちゃうんだろうな。うんうん。やっぱり懐かしーだろーなー。

そんな経緯で、今回何曲か、従来のマリオシリーズの音楽アレンジして使わせていただきました。

なんでここでこの曲が……?とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、好きな曲で、雰囲気に合うなー、と思うものを、何曲か選んだだけです。

ごめんなさい。なんの計算もないかも……。アレンジは、原曲の持つ雰囲気をこわさないように、心を込めて行ったつもりです。いかがですか?

 

なんだか、今回、久しぶりに、自分音楽の原点に戻ってきたような気がします。

最初作曲を始めたときは、曲を作るのが楽しくって楽しくって、誰にも聴いてもらえなくてもいろいろ作ってました。

そして、画面に合わせて曲を作り、曲に合わせて画面が動き、自分音楽をたくさんの人々に聴いてもらえるステージがあることが嬉しくって嬉しくって、有頂天になってました。

全然書けない曲のジャンルチャレンジして、挫折したり、成功したり……。無謀なまでに、突っ走って、失敗も多かったな(今もかなり無謀かも……)。

そりゃあ、何年も曲作っていると、逃げ出したくなるくらいツライ事とかもあるんです。

あー、もー、ヤメちゃいたいっ、勘弁してーっ、って感じ。

でも、ホント、今まで続けてきて良かったな。これからも、続けていくんだろうな。

いろんな曲を書いて、得意な分野も磨いて、どんな種類の曲を書いても、どこかしら、私の曲だってわかる。そんな音楽屋になりたいな。

そうやって、自分自身を磨いていきたい。これからもずっと、私が曲を書いていたいと思う限り、直情型でいいじゃない、ねっ?

 

Thanks Mom & Dad, my brother, friends, and loved ones

All "SUPER MARIO RPG" Staff,

All "SUPER MARIO RPG Original Sound Version" Staff,

I appreciate all those who provided me a big stage by name of the video-game.

I'm extremely greateful to all of my exciting experiences,

ocean, mountains, the earth, music, MARIO and also you who listen to my sound.

 

=======================================

 

MAKING OF "SUPER MARIO RPG" PLEASURE MUSIC

(COMPOSER YOKO SHIMOMURA)

 

●対 クッパ

この曲は、割と早い時期に作ったのですが、お気に入りの一つです。

原曲は、"SUPER MARIO BROS. 3"のクッパの曲。

今回は何曲か原曲アレンジしてますけど、アレンジを織りまぜても上手くいきそうな自信が持てた曲です。

実はマリオ3の曲は結構使ってます。例えば、「Super Pipe House」(マリオの家)、

メロディはお馴染みの曲だけど、バッキングフレーズマリオ3から頂いちゃったんだな。

 

●森のキノコにご用心

この曲は、とても周りの人たちに好評でした。その理由を、サウンドエンジニア菅原氏が分析してくれました。

「この曲だけ妙に叙情的だから。」 ……そーですか、[妙に]ですか。

だってだって、ここは一番最初は「精霊の森」って名前で、その次は「迷いの森」で、最後には「ハナちゃんの森」だもんなー。

最初結構、このワールドの中では、異質な神秘さを持っている感じだったんですよー。ま、いっか、気に入ってるし。

 

●Docaty Mountain Railroad

ある時、会社近くのお好み焼き屋さんで、夕食をかっ食らっていた私は、そこでBGMとして流れていたカントリーに激しく心を奪われてしまった!

もー絶対、これは、トロッコカントリーしろ、という神様の思し召しなのだわっっっ!

しかし、そこでかかっていた音楽はすごく古いもので、廃盤だそう。

気持ちが冷めてしまわぬうちにと、勢いで書いてしまった曲は、作曲に要した時間は30分でした。ま、そんなモンかも……。

 

●そしてわたしの名はブッキー

これも当初のイメージ全然違ったんで、アワ食ったうちのひとつです。

ブッキーの塔は、遊び好きのブッキーが、塔に来る人と遊ぶため(!?)仕掛けをいっぱいつくった、おもちゃ箱みたいなカンジ」と

聞いていたので、かわいくて賑々しいのを想像してたのですが、開けてビックリ男のロマン」と言われてしまいました。どひゃー。

企画の人と、グラフィックの人の強い要望で、こういうノリになりましたが、濃ゆくてピッタシ。

 

●マルガリマルガリータ

これ、自分で言うのもナンなんですけど、ヘンな曲ですよね。後ろで鳴っているのは、もちろん、マルガリータの笑い声です。

サンプリングヴォイスは、サウンドエフェクツ部隊の「ちーちゃん」。普段全然高飛車ではない彼女に、高飛車になってもらいました。

しかし、ヘンな曲だぁ~。笑い声がなければ、途端に普通になるんだけれど……。

 

●対 変身好きのカジオー戦

最近のご時世、必ず、ラスボスさんは変身してくださいます。(変身しないでくれたほうが曲数が減って助かるのに……)

今回は変身しない予定だったんですが、やっぱり、最後最後に変身なさってしまいました。ガックシ。

もーどんな曲にしよーかとブチ切れてしまったので、こ~んな曲になってしまいました。

ちょっとだけ途中に出てくるレゲエノリのところが気に入っています

 

2020-01-17

建築士は男(がなってはいけないはず)の特権職業

ようやく合点がいきました。

デザイナー物件が済みにくいというのはもう昔から言われてることですが、なぜなのか。

なぜ建築のことを勉強し続けてる人たちが作った家が住みにくいのか。

デザインステータス全振りしたらそりゃ住みにくいだろうというなんとなくふわっとした理由づけにみんな納得してきましたよね。

でもデザイン物件に住みたい。高くておしゃれな家は住んでて気持ちいい。

でもトイレ風呂が妙な位置についてたり、ほかの部屋に行くのにいったん外に出ないといけなかったり、子供部屋が鬼のように狭かったり暑かったり、プライバシーがなかったり、ベランダ洗濯物を干すには狭すぎたり、でかすぎて物置になっていたり…まあとにかく妙なことになっています

テレビ番組で「突撃!隣のスゴイ家」というのがあります

田中卓志遼河はるひ仮装夫婦になって人様の建てたばかりの家を見に行く番組なんですが、私はずっと引っかかっている回がありました。

その回で紹介された美容師夫婦の建てた家は、建築素人の妻が家の設計をして建てた家でした。それに遼河はるひが食いついた。

設計したのが素人と知る前から、家に入った時から彼女はくいついていました。いつもとは違う熱量だったのが印象的でした。気に入ったんだなあと誰もが思ったでしょう。

そして見終わって、遼河はるひが言った言葉は「この家を真似しよう、このままの家が欲しい」でした。

そこまで?私は正直思いました。

おそらくその場に立ってみないと見えないところがあったんだと思いました。

個人的には今まで番組で紹介された家の中にはもっと素敵であこがれる家はたくさん出てきていました。でも彼女が食いついたのはその家だったんです。

その後も毎週、建築にこだわりがあり、趣味にこだわりぬいた家が紹介されていきます

そしてある回で二階にプールのある家を紹介したときのことです。

その夫婦の奥様が中国人だったためでしょうが、どの夫婦も濁してきた「住んでみての失敗点」のコーナーで、彼女は住みにくくて不満ですとはっきり言ってしまいました。

やはりデザイン性を追求すると住みにくくなるのか……、そう思いながらも、あの美容師夫婦の家を思い出していました。

そして、すべてバラバラだった事象が突然ぽんと腑に落ちた。

陳腐言い回しだがパズルピースがはまるように突然わかりました。

それは理由としてはごくごく当たり前のことでした。

普段家事をしない男がデザインした家が住みやすくなるわけないだろう」。

いわんや、「士業の男」をや、です。世の中建築デザイナーの妻が10歳以上年下で専業主婦でなかったためしがありません。そこに見える男のロマンといわれるような傲慢思想ブラジャーを作っている大手企業幹部が全員男だった時と同じ構図です。

主人よりずっと長く家に住む女子供を思いやれる建築士の顔が浮かびません。彼らは良い服、靴、時計自分趣味に興味があるだけで、妻や子供自分の家にも住まわせてやってるという意識が働いているのです。代々木上原にあるような賃貸デザイナー物件などに至っては「俺の設計した賃貸に住まわせてやるよ」という傲慢が見えるようです。

彼らの設計する家は、デザイン性によって生じる利便性の悪さをすべて自分居住区以外に押し付けており、表から見える場所はきれいでも裏方がぞんざいです。

子供部屋は狭く、暑かったり寒かったり、子供が大きくなったら壁を作って狭い部屋をさらに二つに、とリビング二の次、三の次の扱いです。私が子供なら成長につれ狭くなるような子供部屋は嫌です。

そして自分のこだわりのために毎日家で長時間家事をする妻の動線無視されています自分の金をつぎ込みたいところにつぎ込み、自分が使わない場所への節約が顕著にでた家の数々。そんなもの「家族」にとって住みやすいわけないのです。

そしてデザインに大きな権限を持つ建築主はこう言った番組で必ず言うセリフがあります

キッチンは妻の希望に任せてこのようにしました……」

丸投げなのです。そして換気扇が恐ろしく遠い位置だったり、キッチンの規模に対して小さすぎたりするのです。料理をしないからわからないのでしょう。

日中は家におらず家事なんかするわけない、家事がどういう流れで行われるかなんて考えたことも実践したこともない人間が、特に家事労働時間の長い家族の住み心地になんか元より考えられるわけないのです。

彼らが立てているのは実物大玩具プラモデルなのです。

家の建築士には家事労働時間の長い人こそがなるべきだったのではとおもいました。(日本では女性になるでしょう。)

いわゆる男の特権職業。それが家の建築なのだなと諦観とともに腑に落ちたのでした。

2019-09-18

連続射精

まあ、言うなれば男のロマンだ。少なくとも、私は憧れている。

去年のちょうどこの季節、大学が始まらない涼しくなり始める折、友人と銭湯に行った。その際彼が彼女との直近の交接の際に三回出したと言うのを聞いて、おおそれはやってみなくてはと思い、そこから一年間一人でシコシコシコシコシコシコ色々なサイトを読んで動画を見て練習した。彼との唯一の接点だったサークルを追い出された。友人にソープに誘われても、断った。ゼミの人とそういう雰囲気になっても、なんか嫌で、突っぱねた。やがて冬が来て、春が去り、夏もようやく終わった。酒は、ずっと一人で飲んだ。

できない。一人ではどれだけの技術行使したところで私の射精に期待する誰かが目の前にいなければ、恐らく、不可能若いのに!けっきょく一回の質を高める以前の路線回帰していったのだった。

しかし、最近気づいたこともある。俺は、ゲイだ。

2019-08-05

DQ5自体いかにも男のロマンな話でノリに全然ついていけないので

ネット見る前は普通に駄作だと思ってたよ、世間じゃDQ最高傑作扱いだとは知らなかった)

映画で俺のDQ5が壊された!ってノリを見てもやはり全然ついていけない

2019-07-19

anond:20190719023150

歯を食いしばりながら荒野を颯爽と歩くのが男のロマンだろ、世に言う。

から花園マイペースに生きたい発達障害を始めとした男たちの人生が詰むんだよね。

2019-06-06

マクロスIIを見た

anond:20180903115144 。3回目。

視聴環境は引き続きバンダイチャンネル(https://www.b-ch.com/titles/1109)。お得パック使用で7日間見放題(約千円)。

NHK の全マクロス投票感想は、カムジン投票したけどあい君に負けてグババに勝ってた、シェリルの人気凄すぎ(好き嫌いが強く分かれるキャラクターだと思っていたけどここまでとは)、星間飛行順位には納得いかん、です。

超時空要塞マクロス II 〜LOVERS AGAIN〜(1992年 26分*6話)

スタジオぬえストーリー監修ではなく、また時系列順で一番未来作品主人公ジャーナリストヒロインの一人がバルキリーエースパイロットなど設定面が異色。感想を三行でまとめると

ストーリー

スペースが余ったので、さわりだけまとめる:

地球人類の殆どが死に絶えた地球外人ゼントラーディー人との衝突から半世紀、地球は SDF-1 マクロスの残骸を仰ぐマクロスティを中心に、地球共存体として復興をとげていた。あの大戦争により完成された、歌を感情作用させる戦術兵器として用いる「ミンメイ・ディフェンスシステム」により、十数年ほどのスパンで散発するはぐれゼントラーディ軍との先頭は全く問題となっていおらず、統合軍は過信を抱き腐敗しつつあった。
そんな時に十年ぶりとなるはぐれゼントラーディ軍が太陽系に現れた。民間人のみならず多くの軍人でさえも勝利確信するなか、ミンメイ・ディフェンスシステムにより敵の動きが鈍る。しかしその瞬間、戦場統合軍のものではない異質な歌が流れ始め、敵の動きが激化し、統合軍戦線を維持できず敗走してしまう。地球人類はついに歌を持つ文明出会ってしまったのである

これまで鑑賞してきたマクロスシリーズでは、主人公軍属バルキリーパイロットであったのに対して、II の主人公ヒビキ民間メディア人間であるし、ダブルヒロインが敵の歌姫と軍のエースパイロットであったりと、違いが新鮮であった。総じて面白かった。

SF 作品としても、デニスの「宇宙は広い。地球宇宙に君臨する最も優れた星などと考えるのは大間違いだ。」、「地球が最も優れた文化を持っているだと、ふざけるな。文化が何なのかも分からなくなっていやがるくせに。偉そうに言うんじゃねえ。」という言葉に仮託されるように、SF批評観をもって異文化コミュニケーションを描き出そうとしていた。人と人が分かり合うことというテーマを、明確に初代から引き継ぎ発展させていたのもよし。初代で確立したミンメイアタック否定から入るストーリーは初代でのボドルザー艦隊との決戦を知らないと歌の価値が分からないし、地球文化に染まったイシュタルミーム汚染として排除するシーンは初代の展開のオマージュだろうし、SDF-1 をシンボルとして活用する終盤の展開は初代の背景がないと成立しない。まさにマクロス II というタイトルにふさわしい作品内容だ。初代の超時空要塞マクロスの発展としてはよくできている。

少々残念な点としては、地球文化側が一方的に与える立場であったこと。これはマルドゥークの一部が地球人語を話していたこから推測できるように、彼らもまたプロトカルチャーを引き継ぐものであり、しか地球人と異なり歌を戦意高揚兵器しか理解していなかったから、だろうが。

から、つくづく内容量に対しての展開の早さと話数の短さがもったいないと感じる。良い短編とは長編小説が書けるネタを惜しみなく使ったものだ、という冗談もあるが、とにかくこの内容ならばもっと初期イシュタルとのコミュニケーション復興したマクロスティの様子、発展した地球圏の風俗をしっかりと描いて欲しい。またのちの作品である 7 や F などで導入された設定(移民船団、フォールドブースター民間軍事会社 SMSマクロスクォーターなど)を考えると、統合軍危機に駆けつけない他船団など不自然さがある。

ということでリメイク希望

バルキリー

初代マクロスではできなかったことをやろうぜ、という感じであった。マニューバもしっかりと描いていたし、変形の意味付けもしっかりあったし、1992年ということを考えたらこんなものではないだろうか(プラス異次元すぎる)。雑多な感想を書くと、基本的孤軍奮闘マクロスにおいて大艦隊戦は珍しい気がする。マルドゥークのメカ普通に格好良いが、ゼントランのブサイクメカの方が丸くてかわいくて印象に残る。民間バルキリーというアイディアはすごくいいので、もっと他の作品にも出そうよ。

今作での一番のお気に入りは、6話にちらっとだけでた超巨大デストロイド・モンスター。大きいのは良いことだ。

腐敗している描写などはあったが、大艦隊戦にエース部隊など、統合軍が一番輝いている作品は本作であろう。

三角関係

主人公ヒビキを中心として、敵の歌姫(イミュレータ)であるイシュタル統合軍エースパイロットであり何かとヒビキと衝突するシルビーダブルヒロインさらイシュタルに執着するマルドゥークのフェフ様とシルビーへの好意を隠さなスマートイケメンエースパイロット(名前忘れた)を揃えており、正直恋のレースの行き先が全然見えなかった(いや最終話になるまで恋の駆け引き殆どなくて、急に大人のシーンになってびっくりしたとかないよ)。

イシュタルは純度100%の美樹本絵美少女の上に、おとなしい性格ブカブカシャツスリットのある下着とかカップを強調したドレスとか男のロマンが詰め込まれたようなキャラクターだ(イミュレータの服装ハレンチすぎない?)。しか増田ソバカスチャーミングなシルビーに一票を投じたい。ツンケンしたところもいいし、SDF-1 に賭けたり遺言ビデオレターをノリで撮るなど思い切りの良さはピカイチだし、何より上層部からは目をつけられ民間人からは苦情をぶつけられると言う板挟みのところがいい。初代でも未沙派だったし、増田には中間管理職系の人が刺さるようである。戦う軍人ヒロインしかもバディものいいよね…

ところで気がついたのだが、マクロスダブルヒロンの時って年上系ヒロイン正義? 初代:未沙(19歳)とミンメイ(15歳)、II:シルビー(同い年くらい?)とイシュタル(年下っぽい)、ゼロ:サラ(16歳)とマオ(11歳)、そしてフロンティシェリル(17歳?)とランカ(15歳)。製作陣の趣味なのだろうか。増田は、妹系か姉系か選べと問われれば姉系と即答するので問題はないが。

ちなみに今作で一番かわいいと思ったのは、5話でちょびっと映ったウェーブのかかった紫髪イミュレータの娘。一番渋カッコいいのはエクセグラン司令。

敵(マルドゥーク)も歌を持っていると言うことで、ポップカルチャーである地球の歌と軍歌であるマルドゥークの歌の対比はよかった。ということで印象に残った歌は「バルキリーで誘って」とイミュレータの歌。前者はアイドルソング時代感がいいし、後者聖歌民族音楽のような異質感がある。ただ全体的に歌が少ない!もっとイミュレータの歌が聞きたかった。

地球側のアイドルであるウェンディさん。二つ結びの髪の毛にコテコテではすっぱ口調など十分に現代でも通じるキャラクターだと思う。

次で(多分)最後デルタ

2019-05-22

anond:20190522140505

人に反感を持って侮辱したくなったらせめて調べればと思う。

ヤリマンJK侮辱ではない。

男のロマンだ。

2019-04-16

ブラチラの季節がもうすぐやってくる

からチラリと覗くブラジャーの紐が男のロマン心をくすぐりたおす

隠された生活感、女の心境、匂い

そういうあれこれがブラヒモに凝縮されている

夏になるとそれだけではない、なんと!

ブラウスTシャツからブラジャーの形がうっすらと判明してしまうのだ!!

ここまでくるともう全裸と言っていい!

ああ、なんということだろう・・・

待ち遠しい限りである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん