「男のロマン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 男のロマンとは

2019-09-18

連続射精

まあ、言うなれば男のロマンだ。少なくとも、私は憧れている。

去年のちょうどこの季節、大学が始まらない涼しくなり始める折、友人と銭湯に行った。その際彼が彼女との直近の交接の際に三回出したと言うのを聞いて、おおそれはやってみなくてはと思い、そこから一年間一人でシコシコシコシコシコシコ色々なサイトを読んで動画を見て練習した。彼との唯一の接点だったサークルを追い出された。友人にソープに誘われても、断った。ゼミの人とそういう雰囲気になっても、なんか嫌で、突っぱねた。やがて冬が来て、春が去り、夏もようやく終わった。酒は、ずっと一人で飲んだ。

できない。一人ではどれだけの技術行使したところで私の射精に期待する誰かが目の前にいなければ、恐らく、不可能若いのに!けっきょく一回の質を高める以前の路線回帰していったのだった。

しかし、最近気づいたこともある。俺は、ゲイだ。

2019-08-05

DQ5自体いかにも男のロマンな話でノリに全然ついていけないので

ネット見る前は普通に駄作だと思ってたよ、世間じゃDQ最高傑作扱いだとは知らなかった)

映画で俺のDQ5が壊された!ってノリを見てもやはり全然ついていけない

2019-07-19

anond:20190719023150

歯を食いしばりながら荒野を颯爽と歩くのが男のロマンだろ、世に言う。

から花園マイペースに生きたい発達障害を始めとした男たちの人生が詰むんだよね。

2019-07-18

キングとかエンペラーってかっこいいじゃん

キングエンペラーやゴッドやデビル

アルティメットスーパーハイパー

グレートやマスターなんかもかっこいい

強い!!!

最強!!!!!

これこそが男のロマンだろう?

ただの雑魚なんかじゃ嫌だろう!?

からキングとかエンペラーはかっこいいんだよ!!!

2019-06-06

マクロスIIを見た

anond:20180903115144 。3回目。

視聴環境は引き続きバンダイチャンネル(https://www.b-ch.com/titles/1109)。お得パック使用で7日間見放題(約千円)。

NHK の全マクロス投票感想は、カムジン投票したけどあい君に負けてグババに勝ってた、シェリルの人気凄すぎ(好き嫌いが強く分かれるキャラクターだと思っていたけどここまでとは)、星間飛行順位には納得いかん、です。

超時空要塞マクロス II 〜LOVERS AGAIN〜(1992年 26分*6話)

スタジオぬえストーリー監修ではなく、また時系列順で一番未来作品主人公ジャーナリストヒロインの一人がバルキリーエースパイロットなど設定面が異色。感想を三行でまとめると

ストーリー

スペースが余ったので、さわりだけまとめる:

地球人類の殆どが死に絶えた地球外人ゼントラーディー人との衝突から半世紀、地球は SDF-1 マクロスの残骸を仰ぐマクロスティを中心に、地球共存体として復興をとげていた。あの大戦争により完成された、歌を感情作用させる戦術兵器として用いる「ミンメイ・ディフェンスシステム」により、十数年ほどのスパンで散発するはぐれゼントラーディ軍との先頭は全く問題となっていおらず、統合軍は過信を抱き腐敗しつつあった。
そんな時に十年ぶりとなるはぐれゼントラーディ軍が太陽系に現れた。民間人のみならず多くの軍人でさえも勝利確信するなか、ミンメイ・ディフェンスシステムにより敵の動きが鈍る。しかしその瞬間、戦場統合軍のものではない異質な歌が流れ始め、敵の動きが激化し、統合軍戦線を維持できず敗走してしまう。地球人類はついに歌を持つ文明出会ってしまったのである

これまで鑑賞してきたマクロスシリーズでは、主人公軍属バルキリーパイロットであったのに対して、II の主人公ヒビキ民間メディア人間であるし、ダブルヒロインが敵の歌姫と軍のエースパイロットであったりと、違いが新鮮であった。総じて面白かった。

SF 作品としても、デニスの「宇宙は広い。地球宇宙に君臨する最も優れた星などと考えるのは大間違いだ。」、「地球が最も優れた文化を持っているだと、ふざけるな。文化が何なのかも分からなくなっていやがるくせに。偉そうに言うんじゃねえ。」という言葉に仮託されるように、SF批評観をもって異文化コミュニケーションを描き出そうとしていた。人と人が分かり合うことというテーマを、明確に初代から引き継ぎ発展させていたのもよし。初代で確立したミンメイアタック否定から入るストーリーは初代でのボドルザー艦隊との決戦を知らないと歌の価値が分からないし、地球文化に染まったイシュタルミーム汚染として排除するシーンは初代の展開のオマージュだろうし、SDF-1 をシンボルとして活用する終盤の展開は初代の背景がないと成立しない。まさにマクロス II というタイトルにふさわしい作品内容だ。初代の超時空要塞マクロスの発展としてはよくできている。

少々残念な点としては、地球文化側が一方的に与える立場であったこと。これはマルドゥークの一部が地球人語を話していたこから推測できるように、彼らもまたプロトカルチャーを引き継ぐものであり、しか地球人と異なり歌を戦意高揚兵器しか理解していなかったから、だろうが。

から、つくづく内容量に対しての展開の早さと話数の短さがもったいないと感じる。良い短編とは長編小説が書けるネタを惜しみなく使ったものだ、という冗談もあるが、とにかくこの内容ならばもっと初期イシュタルとのコミュニケーション復興したマクロスティの様子、発展した地球圏の風俗をしっかりと描いて欲しい。またのちの作品である 7 や F などで導入された設定(移民船団、フォールドブースター民間軍事会社 SMSマクロスクォーターなど)を考えると、統合軍危機に駆けつけない他船団など不自然さがある。

ということでリメイク希望

バルキリー

初代マクロスではできなかったことをやろうぜ、という感じであった。マニューバもしっかりと描いていたし、変形の意味付けもしっかりあったし、1992年ということを考えたらこんなものではないだろうか(プラス異次元すぎる)。雑多な感想を書くと、基本的孤軍奮闘マクロスにおいて大艦隊戦は珍しい気がする。マルドゥークのメカ普通に格好良いが、ゼントランのブサイクメカの方が丸くてかわいくて印象に残る。民間バルキリーというアイディアはすごくいいので、もっと他の作品にも出そうよ。

今作での一番のお気に入りは、6話にちらっとだけでた超巨大デストロイド・モンスター。大きいのは良いことだ。

腐敗している描写などはあったが、大艦隊戦にエース部隊など、統合軍が一番輝いている作品は本作であろう。

三角関係

主人公ヒビキを中心として、敵の歌姫(イミュレータ)であるイシュタル統合軍エースパイロットであり何かとヒビキと衝突するシルビーダブルヒロインさらイシュタルに執着するマルドゥークのフェフ様とシルビーへの好意を隠さなスマートイケメンエースパイロット(名前忘れた)を揃えており、正直恋のレースの行き先が全然見えなかった(いや最終話になるまで恋の駆け引き殆どなくて、急に大人のシーンになってびっくりしたとかないよ)。

イシュタルは純度100%の美樹本絵美少女の上に、おとなしい性格ブカブカシャツスリットのある下着とかカップを強調したドレスとか男のロマンが詰め込まれたようなキャラクターだ(イミュレータの服装ハレンチすぎない?)。しか増田ソバカスチャーミングなシルビーに一票を投じたい。ツンケンしたところもいいし、SDF-1 に賭けたり遺言ビデオレターをノリで撮るなど思い切りの良さはピカイチだし、何より上層部からは目をつけられ民間人からは苦情をぶつけられると言う板挟みのところがいい。初代でも未沙派だったし、増田には中間管理職系の人が刺さるようである。戦う軍人ヒロインしかもバディものいいよね…

ところで気がついたのだが、マクロスダブルヒロンの時って年上系ヒロイン正義? 初代:未沙(19歳)とミンメイ(15歳)、II:シルビー(同い年くらい?)とイシュタル(年下っぽい)、ゼロ:サラ(16歳)とマオ(11歳)、そしてフロンティシェリル(17歳?)とランカ(15歳)。製作陣の趣味なのだろうか。増田は、妹系か姉系か選べと問われれば姉系と即答するので問題はないが。

ちなみに今作で一番かわいいと思ったのは、5話でちょびっと映ったウェーブのかかった紫髪イミュレータの娘。一番渋カッコいいのはエクセグラン司令。

敵(マルドゥーク)も歌を持っていると言うことで、ポップカルチャーである地球の歌と軍歌であるマルドゥークの歌の対比はよかった。ということで印象に残った歌は「バルキリーで誘って」とイミュレータの歌。前者はアイドルソング時代感がいいし、後者聖歌民族音楽のような異質感がある。ただ全体的に歌が少ない!もっとイミュレータの歌が聞きたかった。

地球側のアイドルであるウェンディさん。二つ結びの髪の毛にコテコテではすっぱ口調など十分に現代でも通じるキャラクターだと思う。

次で(多分)最後デルタ

2019-05-22

anond:20190522140505

人に反感を持って侮辱したくなったらせめて調べればと思う。

ヤリマンJK侮辱ではない。

男のロマンだ。

2019-04-16

ブラチラの季節がもうすぐやってくる

からチラリと覗くブラジャーの紐が男のロマン心をくすぐりたおす

隠された生活感、女の心境、匂い

そういうあれこれがブラヒモに凝縮されている

夏になるとそれだけではない、なんと!

ブラウスTシャツからブラジャーの形がうっすらと判明してしまうのだ!!

ここまでくるともう全裸と言っていい!

ああ、なんということだろう・・・

待ち遠しい限りである

2019-03-23

ライアンの娘観てるけど

デヴィッド・リーン作品のなかでもとりわけ純文芸的傾向の映画だが

この作品デヴィッド・リーン評価を落としたらしいが

しかにそれまでの代表作のように時代や苦境に翻弄される男のロマン的なドラマ感が存在せず

田舎人間性のしけた側面ばかりみせられまさに純文芸的すぎて

やっぱりみ続けるのはちょっと辛い

役者もなんか地味で一般人レベル容姿役者を敢えて集めた感がある

2019-03-12

anond:20190307215624

元増田である

週末に不動産屋に連絡を入れてみた。

件の家賃17000円の物件を下見していたところ、

不動産からネットに乗っていない家賃12000円の別物件を紹介され、そちらにすることにした。

ほんの少しだけ狭いけれども、ほとんど同じ間取りだ。

トラバにある通り、田舎の古い空き家の多い地域ならではのテクニックなのかもしれない。


ちょっと問いに答えます

トランクルームはいけないのか?

始めはトランクルーム検討していたのだが、ブコメなどでご指摘いただいている通り、部屋にして本棚に並べて参照して通覧する必要がある。

たとえばの本を出すと、たとえばの話だが

足柄下郡誌』(伊勢書店、1899)、『北巨摩郡誌』(山梨教育会北巨摩支会, 1915)な感じの古さとレアリティ地域性の共通テーマを持った本が沢山ある。

これらは実際にはそれぞれだいたい国会図書館デジタルコレクション電子化されているのだけれど、それだと項目ごとに通覧しにくいため、原著で持っていた方がいい。

そして、トランクルームだと取り出して参照して……だと手間がかかる。

ということで、テーマごとに本が並んでいると調べるのに都合がいいのです。

部屋を借りた方がトランクルームと同じくらいの値段でずっと広く使うことができる、と今回発見があった。


図書館で借りればいいのかもしれないが、もう一つ持っている本のジャンルサブカル系のあるジャンル(たとえばの話『大技林』とか太田出版みたいな)で、

これはサブカルの亡き先輩から引き継いだもの地域図書館にはないし、コレクションとして保持・増長させたいと思っている。

ということで男のロマン「別荘」を企図することにしたのだった。

2018-12-31

年末最後まで性差別

「涙と汗こそ男のロマン」なんて平然と歌ってる差別曲を垂れ流して終わりか、平成

2018-08-26

石原慎太郎さん

近頃ほとんど出てこないから残念だ。

障子ちんこ男のロマンなのに。

2018-08-14

anond:20180814160934

実際、家庭系創作実話なんかの嫁叩き話は

「それ夫の方が悪いだろ」ってケース多いんだよね

作者がわざと夫の方が叩かれるのを見越して作ってるのか、天然なのか分からんけど

でも夫叩き話はそりゃ夫が100%悪いだろ、って所まで話作り込んでるのが多い

(嫁に落ち度があるとそこ突っつかれるのが作者側も分かってるんだろう)

つーか男が考える「最大のクソ嫁」って浮気嫁なんだよね

かつ、それはそれで「完全無欠の良夫なのに嫁に裏切られた」って話にすればいいのに

わざわざ夫側の欠点を用意している事も多い

となると「夫がクソだから嫁が逃げただけじゃね?」と突っ込まれ余地が出来る

(「ちょっと駄目な所がある俺を絶対に裏切らない嫁」と言う男のロマン故だろうか?)

でも女が考える「最大のクソ夫」ってのはDV借金子供虐待とかのどう頑張っても庇えねーよってのが多い

逆に浮気夫だと「それくらい許したら?」「夫を満足させられなかった嫁が悪い」と言われてしまうから、ってのもあるだろうけど

2018-07-19

anond:20180719000849

お子様のいらっしゃる綺麗なママの皆さん、教えてください。この増田さんの仰るように

子供を産んだら巨乳乳首になるんですか?

貧乳妊娠させて、巨乳乳首にするのが男のロマンだ。


うちのママンはじゃ私を産んでないのかな……。

巨乳でもないし。

乳首ピンクだよ。BBAだけど。

ほんとうのママはどこにいるの。

2018-06-20

男のロマンの1つ

力こぶ欲しい。欲しくない?

2018-05-05

女を追いかける男はかっこ悪い。

知人「俺、女の尻を追いかけるのが好きなんだけど格好いいよな?男のロマンって感じ?」

それが元で離婚したのに何が格好いいんだ。

一人の女を最後まで愛すのが格好いいに決まってるだろ。

2018-04-18

ジブリ女子結婚するなら誰がいいか

※年齢や年齢差等は考えないものとする


ナウシカ:超常的過ぎてついていけない

     老人になった時にじいと姫様プレイならしたい

クシャナ:血塗られた道過ぎてついていけない

     クロトワでも絶対先に死んじゃうので自分じゃ添い遂げは不可能

     大怪我して死ぬ時があったら殿下の腕の下で鼻歌聞きながら死にたい

ドーラ:傑物過ぎてついていけない

    いい女と言うべきなのかもしれないがあれについていくバイタリティ自分には無い

シータ:いい子だと思うけど能動性を感じずつまんない

ちひろ:年齢は考えないといったがちひろやサツキやメイはさすがにちょっとな シータもだけど

キキ:リアルなキツさを感じる あれにアプローチし続けるトンボちょっと自然

   大人でもああいう人に辛抱強くアプローチするの結構辛いのに十代でそれができるトンボは大物過ぎ

ウルスラ個人的アート系はもういい 友人としてはよさそうだが結婚したら一緒に居る意味を見失いそう

マダムジーナ人間味の無い男のロマンって感じ 結婚したらどうなるかとか考えられない

エボシ御前:ジーナと同じくなんか人間味を感じないキャラ 「凄い女リーダー」以外の情報がないっつーか

フィオ:すき

2018-03-16

漫画家性別

以前知り合った男性が、某少年漫画が大好きだと言っていて、熱く語っていた。自分も知ってる漫画だったから楽しく聞いてた。後日、その漫画の作者が女性だと知ったらしく、途端にその漫画ダメ出しを始めた。その漫画家が女性であることは私でも知ってることだったから、当然知ってるものとばかり思ってた。まあ、知らなくても別に構わないんだけども。

何故漫画家の性別女性だと分かった途端にいきなりダメ出しするのかが理解出来なかった。この辺の描き方とか女性っぽいと思ってたんだよ、みたいに言われたけど、前回お話しした時男のロマンだって言ってませんでしたっけ?

少年漫画原作アニメを観た別の男性が、面白かったけど作者絶対女だと思う。女性臭かった。男だったらもっと面白かったはず。と言っていた。

漫画家の性別ってそんなに気になるものなのかね?別に女性作家少年漫画描こうが男性作家少女漫画描こうが面白ければそれでいいのに、って思ってるから、男の人ってそんなに女性作家少年漫画描くの嫌いなのか、って衝撃だった。

少年少女青年レディコミBL百合ジャンルわずそこそこ色んな漫画読むけど、私は作家性別とか気にしたことがなかったから余計に。

少女漫画面白いから苦手意識なく読んでもらえたらいいのにな〜って思ってたけど、とても言い出せなかった。

別に好き嫌いとか合う合わないはあって当然だけど、作者が女性だと分かった途端読むのやめたりダメ出ししたりするのは何なんだろう?

やっぱり自分には異性の作家は合わないから読まないようにしよう、で解決するのでは?

でも不思議なことに、今まで出会った作家性別に拘る男性陣全員が「高橋留美子は別」って言うのは笑った。何でそこだけ特別扱いなんだよ。CLAMPもまあ許すっていう上から目線の人も複数いたけど何様なんだろうか。

好みの問題、で片付けないで批評するのは何でなんだろう……

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん