「二重投稿」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二重投稿とは

2021-11-24

anond:20211124111055

手が震えて二重投稿しちゃったか・・・(笑

いくらお前の中で否定してもこちらの現実は変わらないから(笑

2021-11-17

anond:20211117234700

お前は上3つの投稿大衆という言葉を出してないだろ

じゃあその言い分は全くの筋違いじゃん

20211116125017で初めて出されたことばに後付で自分勝手解釈入れて何いってんの?

から馬鹿にされるって書かれてるのに

__

二重投稿になったから一つ消しました

2021-06-10

anond:20210610081401

まだ慣れてないんだ。

二重投稿されるとか、「この内容を登録する」ボタンクリックしてもへこまないとか、UIひどすぎでしょ。

2021-03-30

anond:20210329154726

そんな事したら二重投稿がなくなってしまうじゃないですか

何考えてるんですか

2021-01-31

社会学査読

社会学には査読がない」は本当か? https://togetter.com/li/1660476

そりゃ社会学だって査読があるのは当たり前。ただ、日本社会学査読は多くのジャーナル純粋意味で「ピアレビュー」になっていないということに問題がある。社会学ジャーナルで、どのくらい編集委員が自ら投稿論文を書いているか確認してみるといい。投稿論文を書いているのは大学院生PD移籍視野に入れている若手研究者ほとんどで、査読しているのは投稿論文を書かなくなって落ち着いた人々だと思う。査読を若手に対する指導かのようにとらえている人は多い。ブラインド場合だと、無責任な放談のようなコメントを出してくる査読者も少なくない。

この辺のことは、太郎丸先生10年以上前に書かれたこととあまり状況的に変わっていないのではないかと思う。 http://sociology.jugem.jp/?eid=277

国内誌に出してもいい査読が受けられるとは思えないので、日本語で書くのは学内的な事情必要になる紀要原稿書籍だけになっている。ちゃんとした論文英語で書いて国際誌に出すのがベスト選択だと思う。たまに英語で書いて国内学会英文誌に出すとかいうことをやろうとする人がいるけれど、せっかく英語で書いたのになんでそんなことをするのかよくわからない。せっかく書いたならIF付きのジャーナルに出せばいいのに。

わりと困るのは、科研費プロジェクトで共同研究者たちが投稿論文を書くという考えをまるで持ってないとき科研費の成果をすぐに編著本で出してしまおうとするから二重投稿にならないように書き分けるのが結構難しい。言えばいいじゃないかと思うかもしれないが、余計なことを言うと干される恐れがあるから難しい。科研費のとれるグループに誘われておくとなんだかんだでメリットはあるので、諦めて何も言わずにおいている。

そういうことを突いて、相互批判ができていないという批判はあるだろうし、それは確かに反省すべきことではある。ただ、なかなか難しい。

あと変なことを言っている院生とかPDとかがTwitterでいるけど、あれはあれで何か言うと、ハラスメントだのなんだの言われかねない(変なことを言う人は運動系なことが多いのでリスク大!)から、よほど関係のある人でもなければ関わり合いになることを避けたい。

2020-12-11

増田トラバ二重投稿ありがちなのは半分ぐらい運営のせい

増田って重くなると、書き込んで投稿ボタン押したときにたまに502エラーや504エラー吐くじゃん?

書き込めてないか不安になって戻るボタン押して再度投稿すると、二重投稿になってるんだよね。

いつもそうなるわけじゃないから、502か504、どっちかのエラー発生時は本当に投稿されてなかったことになる。

エラーコード素人に見せつけても意味ないんだから、「投稿できませんでした」ぐらい表示する例外処理ぐらい実装するべきなんだよね。

そこが改善されれば二重投稿は劇的に減ると思われる。

2020-11-28

anond:20201128004848

ならない

なぜならお前が必死投稿ボタンを連打した結果二重投稿してしまったという事実の方が恥ずかしいか

2020-11-13

増田二重投稿しがち

もう2020年も終わろうとしているんだから二重投稿ぐらいシステムで防いで欲しい

2020-10-31

anond:20201031180653

たまにいる二重投稿増田はお手てぷるぷるのご老体なのかもしれない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん