「平成狸合戦ぽんぽこ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 平成狸合戦ぽんぽことは

2022-09-14

anond:20220914181806

でも、平成合戦ちんぽこ は

ジブリ作品内でも不評で

再放送されませんよね

映画平成合戦ぽんぽこ」は、高畑勲監督原作脚本を務めた作品なのですが、ジブリ映画としては、唯一、宮﨑駿監督以外の原作脚本作品であり

2022-06-05

anond:20220604162110

平成狸合戦ぽんぽこを内容もよく知らずに当時好きだった女の子を誘って行ったときの後悔

2022-05-28

バイト日記

 女子フリーターアルバイトさんがパックドリンクの補充に行って戻って来て、

ウォークインの中、めちゃくちゃでしたよ。段ボールがごちゃごちゃになってて、入り口の方までぎっしり詰まっていて、ちょっと手を伸ばしてもドリンクが取れないくらい」

 と言うので、どんだけの惨状なのかと後で見に行ってみたら、別にどってことなかった。一番奥の方に6台の台車に5ケースずつくらい積み上がっているだけだ。ただし、そのなかには半端に開封されたまま放置されたのが5ケースくらいある。積み上がったケース達の一番下のもの開封して5本くらい抜いてあるのもあって、そんな事をすると当然、箱が変形するので上に積んであるものが傾いで危険だ。

 大して在庫があるわけではないが、積み方が悪くて危ないし、片付けを後にシフトに入る人に押し付けた形なのでよくない、という状態女子フリーターアルバイトさんの言いたかったのはそういう事だったようだが、めちゃくちゃとかごちゃごちゃとか、ずいぶん大袈裟な言い方な上にあまり事実を伝えていない。

 そういうのを、Aさんだったら即「コイツは嘘つき」判定をして、以降はまともに話を聞くに値しないとしてしかも本当に無視をするので、女子フリーターアルバイトさんが言う相手を間違えなかったのは良かったかもしれない。


 女子フリーターアルバイトさんが上がって、入れ替りにAさんが出勤してきた。その三十分前までは来客数が多くて忙しかったのだが、急に客足が途絶えて暇になったので、ウォークインの片付けをしたくてうずうずしてきたが、どーせまたAさんは「余計な事しなくていいですよ」と言うんだろうなあ。先日のグリストラップの件だってひとを悪者のようにDさんに吹聴してたしコイツhttps://anond.hatelabo.jp/20220526013826)……と思い、諦めてAさんと無駄話をした。

 よくわからない経緯を経てタヌキの話になった。

「俺は子供の頃から平成狸合戦ぽんぽこ』が好きで何度も観ているんですけど、あれを見てすごくタヌキが欲しくなって……」

 と言うので、

「あれを観てタヌキが欲しくなるって、物語の内容を全く読めてなかったという事では。『あらいぐまラスカル』を観てアライグマを飼いたいと宣う馬鹿と同じですよね」

 と答えた。なんかたまにはジャブを打ちたいという気分だったのだ。

2022-02-09

anond:20220209142606

未来少年クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

ルパン三世 カリオストロクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

風の谷のクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

天空の城クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

となりのクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

火垂るのクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

魔女クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

おもひでぽろぽろクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

紅のクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

平成狸合戦ぽんぽこクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

耳をすませばクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

もののけクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

ホーホケキョ となりの山田くんクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

千と千尋クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

猫のクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

ハウルの動くクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい戦記

崖の上のクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せいのアリエッティ

コクリコ坂からクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

クンニ✋(👁️👅👁️)🤚ぬ

かぐや姫クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

思い出のクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

山賊の娘クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

レッドタートル ある島のクンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい

2022-02-02

狼少年ケンみてるけど

頻繁にある人間対獣というエピソードネタある意味もののけ姫の先駆けである

ケモノ擬人化キャラクターものとしては平成狸合戦ぽんぽこでもあるのだろう

先行作品としては

著名なターザンバンビジャングル大帝という作品などが思い起こされる

2021-11-02

anond:20211026000426

浅すぎる。

平成狸合戦ぽんぽこ』は多摩の開発と自然破壊を題材にしているが、そこに描かれているテーマは「自然vs人間」ではない。

里山vs都会」だ。

なぜ狸が擬人化されているのか?

狸の反抗が左翼活動家集団のように描かれて、居座りやら内ゲバのようなものまで描写されるのはなぜか?

ラストに敗北した狸が「慰み」として作り上げた幻覚は、どうしてただの狸の生息する森や山ではなく、かつての暮らしをする人々のいる人里なのか?

狸たちは都会人としての生活に反抗し、里山的な生活を固持しようとする人間表象だ。

擬人化というよりは、擬狸化と言ってもいいくらいだ。

物語ラストで、敗北した狸たちは、人間に化けられるものは都会の暮らし余儀なくされ、人間ではない狸たちは社会から阻害されて死出の旅へと出る。

その表象現実と照らし合わせたときに、単に自然破壊はよくないという感想になるのだとしたら、あまりに貧しい。

この物語類型は、戦後日本において産業構造の変化に伴い、それまであった田舎といったものや、そこに住む人々たちが変化していかざるを得なくなったという話の仲間だ。

たとえば『フラガール』なんかは第3次産業に移行する時期の地方の村における人々を克明に描写している。

同じジブリでも、近い時期に製作された『耳をすませば』や『もののけ姫』は同じテーマベースにしている。

この時期というのは、宮崎駿漫画風の谷のナウシカ』の方向性を裏返してラストを書き上げた時期でもあるし、寄生獣岩明均が「環境問題への見方が連載当初と変わってきた」と述懐しつつあのラストを描いた時期でもある。

増田が考えるような純朴な「自然環境保護」の思想日本アニメ漫画で力を持っていたのは、藤子・F・不二雄が没するくらいまでだろう。

晩年大長編ドラえもんではかなり純朴な「自然環境保護思想描写される。

顕著なのが『雲の王国』や『アニマル惑星』などだ。

思うに、こうした「自然環境保護」の思想90年代前半にピークを迎えたあと、90年代後半には変質したのではなかろうか。

純朴なほうの「自然環境保護」は「道徳」と親和性が高いので、2000年代くらいまでは学校教育に根強く残っていたような肌感触がある(その後の教育がどのようであるかは寡聞にして知らない)。

この時期的なギャップから、この時代作品についての評価についてはかなり歪みが残っているように感じられる。

2000年代以降は複雑化し単純に善悪で語れなくなった「自然環境保護思想はあまりフィクションで求められることがなくなったというのもあり、当時鑑賞していた人間もこの認識無自覚のまま、見方更新できていないのだろうと思われる。

もし現在の視座から再び『平成狸合戦ぽんぽこ』をみるとしたら、空疎に都会化する郊外についてとか、ゴーストタウン化する商店街とか、高齢化した多摩ニュータウンに残る空き家とか、多摩で育った子供大人になってどこに行ったのかとか、そういったことに思いを馳せることになるだろう。

しかしやはり作品のメインとしては、活動をする集団人間くさい失敗あるあるをみて笑い泣くエンタメという楽しみ方になるだろう。

多摩自然が素晴らしい」という感想はその次に、絵としての美しい描写として出てくるものになるだろう。

そして、「自然を守らなければならない」というのは、この映画テーマとしてではなく、描かれた美しい自然に感動した観客が、自身良心でもって結論づける感想としてしか出てこないだろう。

2021-10-26

令和に平成狸合戦ぽんぽこを見ると、環境問題の何たるかがわかる。

人間自然破壊ヤバいという普遍的テーマが垂れ流されていた時代があった。平成である

平成合戦ぽんぽこ』はまさにその顕著な例だろう。寄生獣もそうかな。とにかくあの時代は、タヌキが自然破壊をする人間を止めるべく戦う姿がキャッチーであった。

そんな平成合戦舞台である多摩ニュータウンは令和を迎え、無事に人口ガンガンと減少し、自然に飲まれつつある。

人間が来たら狸が住むような自然は無くなっちまう!開発やめろ!」とタヌキたちは叫んでいたが、

何のことはない。時が流れれば人間の開発なんて簡単に緑の中に消えていく。しかも、たった十年かそこらで。

今の多摩ニュータウンは、道路から雑草グリグリ生えてきて危ない事この上ないし、害獣たちが闊歩しているので最早人の方が肩身が狭い。

人間から自然環境を守れ」というテーマは、現代多摩ニュータウンには全く響かない。

しろ、「自然環境から人間を守ってくれ」と言いたくなる。人間はか弱い。あまりイジメるな。

環境問題なんて、所詮そんなもの

タヌキはともかく植物マジでヤバい。なんだアイツらの生命力は。植物には、マジでたくましすぎて勝てる気が全くしない。

なんとなく、植物様に勝てると思っていた時代があった。それが平成だ。「俺は父さんを超えてしまったんです…」とかほざいていたトランクスくらい思いあがっていたのだ。

だがようやく、私達も頭が冷えたのではないだろうか。ヤサイの国の王子にはどうあがいても勝てないのだ。地球人は。変身すらできない種族人間に何ができるというのか。

どうあがいても植物様には勝てない。

我々が共感するべきは『平成合戦』ではなく、『地球の長い午後』あたりである

なので環境問題なんて気にするだけ無駄だし、環境配慮とか、SDGsとか、馬鹿じゃねえのと思う多摩ニュータウン民なのでした。

2021-08-02

令和狸合戦ぽんぽこ

ワクチン接種が始まり、光が見えたかと思ったら、自分の順番は一向に回ってこないし、予約開始もまだだし、職域接種も中止になってしまった。

しかも諸外国情報を見た感じ、定期接種しないと意味無いし、接種しててもふつう罹患するっぽい。

わりと人類存亡の局面なのではないか

でもなんかオリンピックやってる。

平成狸合戦ぽんぽこで、神通力を持たぬふつうの狸たちがどんちゃん騒ぎをする場面がある。土地開発ですみかを終われ、食い扶持もない。乗る船が泥舟と知りながら、死出の旅に繰り出すその姿が今の人類と重なる。

哀れたぬき死出の旅。どんちゃんどんちゃん死出の旅。

2020-10-25

サザエさんマスオさんはどのようにセックスしているのか?

昨日とある増田に書き込んだところ、他の増田に「セックスのことばっかり考えてるんじゃないの?」とコメントいただいた。

かに本当にそーで、最近セックスのことばかり考えている。

よく、高度経済成長以降に近代家族制度が変容したことが語られる。

鶴見俊輔だったか見田宗介だったかも書いていたはずだ。

1961年農業基本法趣旨の一つは、大家族による人数をかけた従来の農業経営機械化のメスを入れるものだった。

こうして農村部を中心に最後まで残っていた江戸時代以来の大きな家族というもの解体され、教科書で習うような核家族化が進む。

はてなでよく家族形態婚姻形態の変化や現状の課題俎上となるけど、その淵源の一つにこの法律位置付けられる。

私はよく、こうした大家族から家族への変化を「サザエさんのような家」からクレヨンしんちゃんのような家」への変容と紹介する。

何と無くイメージできると思うが、一つ世帯三世代が住みさらには「オジオバ」「オイメイ」が同居する形態は、近年かなり少なくなったと思う。

サザエさん時代はまだこれが一般イメージやすかったのだろう。

クレヨンしんちゃん時代になると、みさえは熊本ヒロシ秋田からやってきて埼玉家族を作る。

郊外住宅が広がって平成狸合戦ぽんぽこみたいになる世代ニュータウン時代


さてセックスの話であるセックス!!!

大家族の中でのセックスは如何に行われたか

オマセなカツオくんや多感な年頃のワカメちゃんに、サザエさんマスオさんはどう対処するのか。こればっかり考えている。

こうしたとき波平さんやフネさんがいるってことはとっても重要だ。

きっと波平フネは、それぞれの立場子供達に姉のしていることを時に上手く見せないようにしたり、時が来たらしっかり教えたりとかしていたのではないか

少なくとも、大家族形態ではそうした機会を持ちやすいのではないかと考えている。

一方、クレヨンしんちゃんの家庭ではなかなかこういうことは難しい。

初期クレヨンしんちゃんで、みさえとひろしが夕食の時に今晩セックスしたいかどうか子供にバレないように特定サイン符丁を出して確認し合う場面がある。

しんちゃんがこれに気づいて乱入してきてギャグになるのだが、非常に象徴的なシーンと思う。時代は変容していることがここからはわかる。

核家族では、子供への教育や性生活といったものが、夫婦に集中して責任としてのしかかるのだ。

もちろん家父長主義的な家族形態に戻るべきという主張をしたいわけではない。

大家族デメリットを克服しようとして現代がある(とナイーブかもしれないが信じたい)。

ただ、平成狸合戦ぽんぽこに一抹の寂しさを見るように、個人的にはここにはかつてへの憧憬がある。だからサザエさんマスオさんセックスばかり考えてしまう。


今を生きる現代人として、現代にとってより良い、より楽しい、よりポジティブな、より効率的な、より費用対効果のある家庭像あるいは地域社会像というものを常に思索しながら、自分家族と日々を過ごしていきたい。

2019-07-19

anond:20190719180249

そんなん知っとるわ

平成狸合戦ぽんぽこでも可愛くないリアルな狸がいっぱい描かれてたし

2019-04-12

金曜ロードSHOW!・平成狸合戦ぽんぽこ 19/4/05(金) 6.0%

なんか本格的にジブリって過去のものになってきてる

2019-04-05

平成狸合戦ぽんぽこの見かた

背景に注目して見てみてほしい。懐かしみが深い。

2018-11-16

終電間際の電車で不意に座れてしまうと大体寝過ごしてしまう。

目を覚ますと、多摩センター駅あたりまで来てしまっている事が多い。

多摩ニュータウン平成狸合戦ぽんぽこ舞台だな。ニュータウン開発の流れに逆らうことは出来なかったけど、結果、こんなに立派な街が生まれている。

浜田省吾ニュータウン二世の閉塞感を歌ったけれど、今の若者たちはどう感じているのだろう。大学生たちが楽しそうに駅ビルに吸い込まれていく。

2018-10-13

3巻以内完結のおすすめマンガ (2018)

https://anond.hatelabo.jp/20171016202910

の4つ目です。

順不同で、試し読みがあったものリンク貼ってます

・君はゴースト(2巻完結)

https://comic.pixiv.net/viewer/stories/22913

人気絶頂から忽然と消えたアイドル

その芸能会復帰に合わせた手記のゴーストライターとして、本人から指名された売れない小説家主人公

「なんで俺が?」と怪訝に思いながらも、彼女の話を聞く中で距離は縮まっていき……。

と、あらすじだけを読むと平易な内容に見えるものの、描き方が圧倒的。

女優・真咲遥の天真爛漫さと冷たさを上手く絵に落とし込み、密度の高い内容をテンポよく読ませるのは染谷先生の力量あってこそだと思う。

2冊読み終えた後にはい邦画を1本見終わった後のような感覚を得られる素晴らしい作品

みくまりの谷深(2巻完結)

https://viewer-bookstore.yahoo.co.jp/?cid=840990

虫愛づる姫君テーマにした昆虫ホラーエンブリヲ』の小川幸辰の描く、民俗学に着想を得た河童バイオレンスホラーアクションマンガ

作者の地元でもある千葉ニュータウン舞台に、原住民である河童たちと、土地の有力者との軋轢が徐々に広がっていき・・・という、

どこか「平成狸合戦ぽんぽこ」を想起させるようなストーリーライン

まさにこの人にしか描けないであろう内容と、描線の古っぽい手触りが上手くマッチしている。(女の子の描き方は大分変わってましたが。)

本当は5巻くらいで読みたい内容が2巻にまとまっており、2巻のジェットコースター感が凄まじく読後に謎の爽快感が残る。

ハピネスハニー(1巻続刊?)

https://viewer.bookwalker.jp/03/3/viewer.html?cid=2b96f115-5160-44ee-a6bc-9750a0817bb0&cty=1

妹に連れて行かれたライブきっかけに男性アイドルハピネスハニー」にどハマりしてしまった男オタク日常を描いた作品

「好きなものは好きでいいんだ!」ということを全力で肯定してくれて、読むたびに清々しい気持ちになる。

メイン曲が「チュルチュルうっど〜ん」という最高のセンス

こんなに面白いのに2巻が出ておらず作者さんのツイッターも止まってしまっていてとても残念。

・氷上のクラウン(3巻完結)

http://www.moae.jp/comic/hyoujounocrown

クアドラブルアクセル(4回転半ジャンプ)に挑む主人公と、彼に影響を受ける冷静なヒロインを描くフィギュアスケートマンガ

この伸びやかな線でスポーツマンガを描きあげた事自体素晴らしい。

ロマンを追い求める主人公と、ソツなく演技をまとめるヒロインの対比と物語の中でのバランスが良い。

ジャンプ解説もわかりやすくて、フィギュアスケート見方が多少なりわかったのも個人的には良かった。

魔女が下す鉄槌 マレウス・マレフィカルム(1巻続刊?)

https://www.alphapolis.co.jp/manga/official/798000187/1907

おっかない魔女に恋心を持たれてしまった女義賊を描く、中世ヤンデレ百合ダークファンタジー

ヤンデレ側と受け入れる側の心情それぞれに説得力があり、それぞれの正義を貫こうとするほどにボタンの違いで最悪の展開になっていくのが最高。

魔女が狂うほどに絵柄も狂っていく演出も素晴らしい。

売れれば続刊が出るとのことなので、お気に召したら買ってみてください。

カッコウの夢(2巻完結)

https://comic.pixiv.net/viewer/stories/16119

久々に人に薦めたいと思ったBLマンガ

高校の頃から片思いしてきた本命親友と、彼の代わりに抱いている今のセフレが入れ替わったら?という作品なのだけど、

タイトルの通りでそう単純な話ではなく、予想を裏切って展開した後の最終話ストレートに良くて普通に泣くという。

自分の抱いていた愛情は何だったのか?を問う、繊細ながらも重厚作品。あととにかく絵がきれい

・僕らはイタい生き物だ。(3巻完結)

https://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM01000002010001_68

主人公オタク偏見のある元テニス部の誓。

友人が隠れオタクであることを偶然知り、彼が持っていた同人誌馬鹿にしてしまい、

その場にいたオタ仲間の少女ハイジビンタされてしまうところから物語は始まる。

脳筋テニス少年主人公に据えた同人青春マンガといった趣で、誓がオタクの側に歩み寄り、

同人制作に触れる過程の中で描かれる誓の人間関係の再構築と、それぞれの姿勢二次創作というものに向き合うキャラクター達は見るべきものがある。

上で挙げている『ハピネスハニー』にも通じるところはあるのだけれど、好きな作品を好きと言うことを全力で肯定してくれる作品だと思う。

・ぎなた式(1巻完結)

https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550329

語り継ぐべきジャンプGIGAの遺産。1巻、全4回を無駄なく研ぎ澄ませた作品

スポーツならなんでも器用に「こなせて」しま主人公が、男性鬼門とも呼ばれる薙刀出会い、選び取るまでを描く。

ストーリーが濃密でありながらメインキャラ以外の作り込みや台詞にも手抜きなく、とにかくマンガとしての完成度が高い。

マンガってやっぱいいな!と思わせてくれる。

今年はこんな感じで。

2018-09-17

[][] 2018年夏まとめ

※自分が見たやつだけ・見た順

2018-07-10

子供向けアニメ説教臭い感じ

ファインディング・ニモやドリー障害者主人公にしているが普遍的な親子愛の物語として誰でも楽しめる娯楽映画に見事にまとめ上げてるし、ハグプリも女の子達ヘのエールに溢れながら娯楽作品としてもレベルが高い

でも平成狸合戦ぽんぽこ説教臭い感じは苦手だった、子供向けアニメメッセージが込められてるのはいいが、はっきり言い過ぎたり娯楽性を傷つけると萎える?

2018-04-12

平成狸合戦ぽんぽこ』雑論――高畑勲監督訃報を受けて

平成狸合戦ぽんぽこ』の肝は、何と言っても権太(CV:泉谷しげる)というキャラクターにある。

粗暴で乱暴な若手急進派狸のリーダーであり、人間へのテロルを声高に主張し、最期には無謀な特攻により文字通り玉と砕ける玉砕を遂げる。

端的に言って愚かなキャラクターである。なぜそんな権太が肝なのか。

『ぽんぽこ』という映画は、勝者である人間側の作った映画である

何を言おうと人間たちの上から目線にならざるを得ない構造になっている、恐ろしい映画である

勝者である我々は、狸が急進路線を取ろうと穏健路線を取ろうと結局敗北していく運命にあることを知っている。

幻術で人間を誑かすという「欺瞞的」な穏健路線に対し、人間を殺し殺される権太の急進路線は、人間視聴者にとって受け入れがたい。

キンタマ武器にするという冷静に見ればギャグのような玉砕シーンは、人間たちに「権太の愚かな戦略嘲笑う」という逃げ道を与える。

「狸の気持ちになって考えなきゃ」「自然を大切にしなきゃ」「平和大事だよね」そう言いながら人間は権太という狸を嘲笑する。

人間たちが応援する正吉たちも結局は権太同様に敗北し、人間社会への同化を選ぶ。人間たちはそれが賢い選択だと微笑する。

高畑監督は明確な悪意を持って(言い換えれば義憤を抱いて)権太という愚かなキャラクターを配置した。

「権太を嘲笑うてめえらは、結局多摩丘陵住宅街で安穏と『ぽんぽこ』を見ているじゃねえか」

これが高畑監督がこの映画に込めたメッセージであり、権太がこの映画の肝である所以だ。

……なんてことをブログに書こうと思ったが文章力がなさ過ぎて飽きてきたので増田に投げることにする。

2018-04-06

平成狸合戦ぽんぽこ

ガキだった当時はハンバーガーうまそーとかタヌキかわいそーくらいいしか思わなかったが

今見ると学生運動とかのパロディになっててすげーおもろいな

2018-02-28

多摩丘陵へ行った

久しぶりに平成狸合戦ぽんぽこを見て、多摩丘陵って今もあるのか?と思って調べたらあったので行ってきた。

小野路町小山田緑地を歩いた。

「ほえ~東京にもこんな所があるんだ」と思った。

が!

すぐに「いや、田舎に行けばいくらでもこんな景色あるだろ。東京にもってなんだ」と疑問に感じた。

東京なのにこんな所が~なんて思う私はうんこマン

ごめんなさい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん