「害獣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 害獣とは

2017-11-03

anond:20171103163234

野良ネコも可愛くなんてねえよ

害獣害獣を餌付けしてる害獣は死んでくれ

2017-10-25

anond:20171025090259

一応聞いておくけど犬も害獣扱いしてぶち殺して良いよね?

anond:20171024181354

インスタ女やマカロン食う女をさんざんコケにしてる層ですら猫のやることは全部「かわいいからいいじゃぁ~んw」で済ませるのほんと気持ち悪い

犬を外で遊ばせてるほのぼの写真には犬アレルギーの人がー、ばい菌がー、周囲に誰もいなくてもリードを長めに持つのやめろー、とかぶーぶー言うのに

大学講義室に入る猫やコンビニにいる猫はかンわいいいいい~~~~~~ン!!!!で誰もアレルギーや糞尿の話をしない

アニメキャラも未だに野良猫に餌をやるのか萌え要素として描かれてるし

しろ印象悪くなるんだが

野性動物みたいなものから人の庭を荒らすのはしょうがないって言うなら害獣として駆除されるのも許容しろよなと思う

2017-10-12

anond:20171012112232

メロディ評価しない聴衆が悪いっつっても

今のJ-POPに熱心にかじりつくやつはもう、こどもか大人こどもしか残ってないんすよ

ちょっと変則的メロディ投げても食いづらい分からないっつって評価しない

王道進行しかカッコいいと思えない

糞みたいな害獣しか残ってない

インディーズメジャー化して牙がなくなるのも害獣たちようの餌を用意してる内にネタ切れと共に王道化していくから

悲しいけど国内で稼ごうとしたらインディーズ活動するよりも

こどもを相手王道進行量産させた方が成功する

そのせいで大人が興味を失って縮小していくんだけどね!

 

最も、作り手側が王道進行で楽しまくったせいで

まともな感性持ってる大人音楽という趣味(J-POP)に見切りをつけて

こどもしかいなくなったってのが正しいんだけどな

マーケットが縮小したってのは大人コンテンツ的な魅力をJ-POPから感じなくなったってことだから

 

なので今はアイドル使ってドーピングする日々です

2017-10-11

モンスターのいる世界観

ふと思いついた事なんだけど、

FFDQみたいな雑魚モンスターを倒して"レベルを上げていく必要がある"タイプゲーム

RPGに限らず。ただ分かりやすいので今回はRPG主体に語らせてもらう)

において、倒す対象モンスターの成り立ちについて3パターンに大別できる。

1.ラスボスが現れたことでモンスターも現れた

ペルソナ1とかFF10はここかな?

2.ラスボスが現れたことでモンスターが増えた、凶暴化した

おそらく大半のDQがこれにあたる。MMOであるDQ10はたぶんここには該当しない。9はしらん。

FF3,4,5あと9もだっけか? クリスタル関係してくるFFシリーズもここに入る場合殆どだろう。

3.ラスボスとは関係なくモンスターがうろついてる

FF2魔大陸崩壊前のFF6FF7FF12

FF15帝国夜行性魔物を操ってたりするが大半はそこらにいるモンスターは野生の物であるからここに近い

FF4皇帝と見せかけて裏に魔物がいるので別。

要するに、帝国と戦う反乱軍とかそういう場合こうなりやすいのではないかと思われる。

1&2と3の違い

1,2は分かりやすい。

(当初はそうではないかもしれないが最終的に)ラスボスを倒すために旅をしている。

そのためにラスボスのせいではびこっている魔物を倒してレベルアップする。

しかし、3の場合ラスボスを倒すために、ラスボスとは何の関係も無い原生生物を殺しているわけだ。

一応懸賞金付きモンスターを倒すという仕事としてやる場合もあるけど。

ドラクエのコンセプト

魔王というシステム勧善懲悪機能させるために使われているわけなんだろうけど、

それは最終目的以外の部分でも機能しているのだな、と気づかされた。

あの愛らしくユーモラスな鳥山モンスター達は必要かられて倒されているのだ。

善とは悪とは…みたいなテーマデスピサロギリギリラインなのだろう。

(まぁもともとロザリーの件抜きでも人間滅ぼすまではいかなくても支配しようとはしてたしな。)

勿論、勧善懲悪ではない世界観が悪いわけではないし(ブレスオブファイア3とか良かったよね。一種ナウシカ系?)

あくまドラクエ勧善懲悪を貫きますよ、というコンセプトなだけで。

余談 他のモンスターパターン

ブレスオブファイア5なんかは食用に飼ってた生物が逃げ出して野生化した公害型だったような気がする。まぁでも3か。

メガテン3はそもそも世界が生まれ変わったので…なんだろうね。モンスターというか意志通わせれるしね。

モンスターハンターは倒すために倒すみたいな感じだね。まぁあれは害獣駆除的な世界観3かな。

バイオハザードなんかは別にレベルを上げるために倒す必要はないので今回の件には該当しない。

2017-10-07

害獣が食った

害獣が食った

公道に近いところにいたので餌を落としたら

食いつきよった

これは純埠頭米粉に染ませて、最後に魚粉でコートした団子

魚のにおいが、食欲をそそるか?

腹が減っていたのか?

楽しみ( ^ω^)・・・

2017-10-01

https://anond.hatelabo.jp/20171001142454

君の言うバカヤオヨロズであってもたつきであっても同じことだよ

どんな業界の慣習があろうと、大逆転ホームランを打って巨万の富を持ってきた人間をナメてたんだよ

ヤオヨロズ」という「けもの」をよく知らなくてナメてかかったから噛み付かれたのさ

害獣として保健所に送るか、よく理解するか、今後の展開が見ものだな

2017-09-24

anond:20170924205238

生理中のメンヘラとかそんなもんだから害獣か何かだと思って気にしないのが一番

人間扱いしても疲れるだけ

2017-08-30

「どんなことがあっても殺しちゃだめなんだよ」の気持ち悪さ

https://anond.hatelabo.jp/20170830204145

わたしを殺すな」という主張ならばわかりやすい。そこには倫理正義もない。死に抗うあらゆる生物の剥き出しの本能である。これが他者も含め「どんなことがあっても殺しちゃだめなんだよ」と拡大されると途端に気持ち悪くなる。

食用、素材、害獣駆除スポーツハンティング等。人の都合であらゆる動植物の命を奪っておきながら人は殺すなという。それは人間至上主義である。今話題白人至上主義との違いは何か?どこで線を引くかだ。「白人とそれ以外」なのか「人間とそれ以外」なのか。

人間至上主義結構白人至上主義結構エゴ丸出しで生きるのもいいだろう。不利益があっても批難されてもそれが貴方主義であるならば貫き通せばいい。それを絶対的正義正論であるかのように主張するから気持ち悪いのだ。

人は人を殺しても構わない。群れにとって不利益であるから群れの理屈によって処罰されるだけのことである善悪問題ではない、損得の問題なのだ。そこを履き違えて正義を気取るからおかしくなる。

2017-08-17

現代における二台癌 老人と外人

最近やたら外人を目にする

都会とかじゃなくても普通にいる

ブラジル人タイ人中国人アジア系が多い

凄く不愉快だし邪魔

マナーがなってない

うるさい

くさい

街の治安が悪くなる

排斥して欲しい

この不況の折企業にとっては低賃金で雇えて便利なんだろうけど

日本のことを考えたら害でしか無い

少子化が加速する中この外人問題は今後大きな社会問題となっていくのはもう間違いがない

今のうちに手を打たないと手遅れになる

外人は魚や昆虫外来種と同じ

人間生態系破壊する害獣しか無い


それと外人がはびこることでそれに合わせて日本人賃金も下げられていく

雇用もなくなっていく

企業外人を利用し必ずそれをやってくる

フランスアメリカでも大きな問題になっている移民問題

外人最初低姿勢だがそのうちずうずうしく権利ばかり主張してくるようになる

これは間違いがない

日本人は優しくて人がいいので必ず外人に食われる

島国ガラパゴスなのでこういう外来種対応に慣れていない

愛で接すれば必ず愛で返してくれるはず

とか本気で思っているお人好しばかり

そんな理屈はやつらには通用しない

から攘夷排斥運動外人排除しないととんでもないことになる



それともう一つ最近目立つのが老人の害

動きがのろいし要領悪いし邪魔しか無い

特にスーパーとかお店で並んでるととんでもなく邪魔

時間いくらあっても足りない


しかし、これはいずれ自分もそうなるので百歩譲って目をつむったとして

最近多いのが逆ギレする老人

あるいは態度がでかい老人

マナーがなってない老人

これがやたら多い

自分がどれだけ周りに迷惑をかけているかなんか全く考慮せず自分本位

何か注意されると逆ギレ

自分のことは棚において文句だけはいっちょまえ

ありえない

こういうやつに限って身なりが汚いしみすぼらしい

ホームレスかと思うような身だしなみ

この種の癌も今後加速度的に増えていく

何か対策を考えておかないと地域破壊する

2017-07-27

ナマポ

正式には生活保護受給者で、俺もその一人であるが、俺らのような人間を呼ぶのに「生活保護受給者」等とご大層に呼ぶ必要はない。

ナマポゴミ産廃うんこ製造機。そんな呼称こそ俺達にはふさわしい。

実感がわかない人間区役所生活保護窓口を数時間観察すればいい。

「なんでこんなクズ以下のクズが同じホモ・サピエンスとして分類されるのか」と真剣に苦悩できる。

訓練したチンパンの方がまだましだ。ナマポは猿以下の獣程度の知能しかない。

なのに三大権利はしっかり享受しやがる。

教育を受ける権利ナマポからホモ・サピエンスが生まれ確率ゼロではないからやむを得ないと思う。

だが参政権生存権もっと大幅に制限されるべきだ。俺らのようなホモ・サピエンスよりはるかに劣るクソを作るくらいしか機能のない下等生物人間と同じ権利を与えるべきではい

なにせ俺れらは、労働納税教育(これは次世代を産み育てる権利と言い換えられる)の義務を何一つ果たしていない。

法的には義務権利はセットでないらしい。だがそれは頭の賢い法に通じた人間理解できるだけで、大多数の人々がナマポと言う下等生物実態を知ればもっと権利制限すべきと言う議論は起こるだろう。

インフルエンサーナマポと言うどうしようもない下等で下衆で不潔で下品害獣実態もっとよく見て、それを人々に知らしめるべきだ。

2017-07-20

宇宙刑事って誤訳じゃね?

一応比例原則は守ってる感じあるけど、法律の話なんてまったくしないし、「逮捕しようとしたが抵抗が激しく已む無く殺害」というより、最初から殺す気まんまんでやってるよね?

実は「宇宙刑事」じゃなくて「宇宙死刑執行人」とか「宇宙必殺仕置人」とか「宇宙殺人免許保持者」とかなんじゃないか

まあ、怪人の類は害獣扱いなのかもだが。

2017-06-28

アライさん

やめるのだ、アライさんは害獣じゃないのだ…。アライさんたちの住む場所を奪ったのはお前らなのだ…!

2017-06-16

すいすいすいようびとかいゴミクズ死んだ?

最近見ないかちょっと寂しい

たまには害獣見つけてヘイトぶつけたい

2017-05-25

でもキモくて金のないおっさんに対する差別にはだんまりなんですからこういう人は本当にどうでもいいです

不快動物の鳴き声みたいなもの

殺人罪適用されない害獣か何かだったら殺してますよほんと

2017-03-02

股の緩い女は害獣みたいなものから

関わってもロクなことにならない

2016-12-19

家族収入である畑を荒らす害獣を退治した子供イジメネット民

http://www.sankei.com/smp/west/news/161219/wst1612190024-s1.html

ひどいね

ネットリンチきもちいですか?

シコシコシコシコかいきもちいですか?

親の為に、家族の為に、妹、弟のために、

の子は畑を荒らす害獣駆除したんだよ。

そういうバックボーンも知らずに、批判するだけして、

安全から石投げて、

気持ちいいですか?

ほら、しこしこかいて、早く逝っちゃって下さいよ笑

2016-10-25

2chのなろう風毛沢東伝記がおもしろかった

一時期「村上春樹風に○○を書く」が流行ったが、それと同じく「なろう風」伝記が流行ると面白い

小中学生歴史入門書として、学研歴史漫画とかよりも作るコスト安いし、子供の手に取りやすいかもしれない

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/24(月) 16:18:02.52 ID:E610JJPH0.net

土地が痩せて、米の収穫量が奮わず…我々は飢えに飢えております…」

なんと、我が国は未だ食糧不足に悩まされているらしい。

思わぬところで我が国の後進性を目の当たりにし、頭を抱えたくなる。

しかし、人民の窮乏を見逃していては理想社会を作り上げることなど叶わない。私は落ち着いて人民に問う。

「君、自分の口と手の数は数えられるか?」

「ええと…いち…いちに…口は一つで手は二つでございます

「そうだろう、つまり食べる口が一つで、働く手が二つあるうちは我々は飢えることはない」

!!!!」

つの口が物を食べている間に、二つの手で食糧を作り出す。

一つ消費する間に二つ生産することができる。

こうすれば食糧が不足することはない。

「なるほど、つまり人口が増えるたびに食糧生産能力も比例して増えていくということですね!」

「そうだ、そうして作ったもの平等に分配すればこの国、いや、世界悲惨というものはなくなるのだ」

「産めよ、増やせよ、地に満ちよ。一番の解決策は人口を増やすことだ。子を養えるか、などと臆する必要などない」

しかし、子が育つまではどうすればいいのですか」

「うむ、緊急的な解決方法としては、稲を植える感覚を半分にすることだ。同じ種類の植物は互いの成長を阻害しない。

これだけで2倍の収穫量になるだろう」

「後は、稲を食う害獣駆除する。具体的に言えばスズメなどだな」

人民から感嘆の声が上がる。

「さすが同志!」「我々には考えもつかなかったことです!」「こんな革命的発想を思い付くなんて!」

2016-09-02

シン・ゴジラ信者が追い込まれるまで

劇中「ゴジラ破壊のため自衛隊防衛出動させる」

見た人「いや~日本の政治自衛隊限界を細かいとこまでリアル描写していてすっごい映画だったなぁ」

物知り「いや、防衛出動じゃなくても害獣駆除でもいけるっしょ、トド駆除の先例あるし」

信者「劇中で、害獣駆除だと制限あるから防衛出動にするって説明あったでしょ。どこまでもリアルだなぁ」

石破「害獣駆除じゃなく防衛出動なのが気になった」

信者「いや、劇中で説明あったのに聞いてなかったの?リアルは違うでしょ」

枝野害獣駆除災害派遣でなく防衛出動なのが気になった。防衛庁過去シミュレーションしてゴジラ破壊自衛隊出動可能

信者「…いや、だから劇中で説明してたし…超法規的措置って言ってたし…」

石破「外国から攻撃じゃないので防衛出動は無理。害獣駆除災害派遣でも使用できる火力の質・量に制限はない」

信者「うっせえ、映画文句言うな!」

2016-08-31

http://anond.hatelabo.jp/20160831113749

枝野、石破は「害獣駆除でも映画レベル武器使えるよ」って言ってるわけで、普通に真っ向から反論してるわけよね

2016-08-30

http://anond.hatelabo.jp/20160830174632

>・決められない政治構造

いやいや決めまくってますやんwwwwwwww

自衛隊害獣駆除に使うとか現実でやろうとしたら左翼政党や団体が圧力全力でかけに行くに決まってますやんwwwwww

それが「ちょうほうきてきそち」でフリーパス

あほかどこがリアルやねんw

これ書くと3時間じゃ足りんからご都合展開しまくったりスキップでハショりまくったりしとったやんけwwwwww

2016-08-19

猫を見かけるたびにいじめたくなる

すりよってくるかわいさがあればいいけどたいていびびって逃げるだけだからムカツくんだよ

ゴミ袋嵐と糞害がクソ迷惑害獣の分際で

2016-08-07

ネタバレシン・ゴジラのフクイチ批判は表面的でしかなく神話解釈による政治批判が正しいと思う

まえがき

シン・ゴジラ作戦名どっかできいたことあるけどなんだっけとおもって、でもしらべるのめんどうで放置していたら、ちょうど今読んでいる本で、その由来を確認して、もーそっから色々妄想がとまらなくなり、深読みをしたくなりまくってしまったので書きます。途中までは、あんのさんのゴジラ作戦名とかに仕込んだ神話ネタ説明。途中からはちまたにあふれるエヴァの超解読本ぐらい怪しい俺の推測。でもまあこういうの含めて盛り上がるのがあんのさくひんだよなとおもうので様式美としてひさしぶりに長文かきます結論だけかくと、一見くそまらない勧善懲悪みえるのだけど、今回もちゃんとあんのさんてきひねくれた映画だったのだろうということです

 

ゴジラヤマタノオロチ神話比較的わかりやすい関連性について

ヤシオリ作戦アマハバキ

まずシン・ゴジラ構造として、わりと愚直なまでにスサノオヤマタノオロチ退治の神話をなぞっています。誰でも気づくのが、ヤシオリ作戦ヤマタノオロチに眠らせるために飲ませる酒の名前はしご車名前であるアマハバキリはスサノオが使った剣の名前ってとこです。この2つで明確にヤマタノオロチ神話をなぞっていることを示しています

ということはゴジラヤマタノオロチということになるわけですかね。ゴジラ原作では恐竜ミュータント、つまり龍です。龍と蛇は限りなく近く、概ね同じ存在と見なしていいと思うのでヤマタノオロチ=龍=ゴジラってことでもいいのだけど、やはり微妙に異なる。今作では幼体の姿で4つんばいの状態を見せているところからも蛇としてのゴジラというのも意識させている気がします。尻尾が長いのもその象徴かなと。後常に状況に応じて進化するのは蛇の脱皮をイメージさせる。だから今作のゴジラはより蛇であり、ヤマタノオロチに近い存在であるとは思います

スサノヲ=矢口

そうなると、矢口スサノオなのか。スサノオ神話は基本構造貴種流離譚、つまりアマテラスの弟という高貴な血筋もつものが、本人のか何らかの欠損を理由追放され試練を乗り越える。矢口は親が力を持った政治家であることが示唆されている。しかし本人の性格は、権威に頼らず上との衝突を辞さず、どちらかというとうとまれ存在。結果、メインストリームから外された専門家集団責任者になるなどする。まあありがちな設定だが、違和感があるのは親が政治家である設定だ。この流れならはじめからたたき上げの能力戦いがコミュニケーション力低いオタク性格主人公でもよかったはずだが(実際アニメだと死ぬほどよくある)、そうしなかったのはスサノオを重ね合わせるための設定かなと思いました。

カヨコと牧教授は、ヤマタノオロチ被害をうけた、うけつつあるクシナダヒメとその親アシナズチ。

教授の奥さんが、放射能が原因でなくなっているというのは、ヤマタノオロチがこれまですでに八人の乙女を食らってきたという部分に重なる。放射能象徴ゴジラでもあるからだ。そしてまたヤマタノオロチが暴れ狂うのだと、旅先で出会ったアシナズチという老人はスサノオに告げるのだ。アシナズチは牧教授なのでしょう。もう少し妄想を広げるならクシナダ姫は、日本出雲に近い広島)の血を引き、過去親族放射能というヤマタノオロチ被害をうけ、同時に高貴な一族の出(パターソンという名前は、貴族血筋)であるカヨコかなと。クシナダ姫なら、今回のゴジラに殺されそうになだてるのかというと、そうでもないのがこの説の弱いとこですが、アメリカから核爆弾が落ちるときに、ぎりぎりまで日本にいる選択をしたところで、ゴジラではないが同じ放射能存在核爆弾被害をうけ兼ねないという意味ではまあそういってもいいかなと。

後半になればなるほど、若干強引な結びつけにはなってますが、作戦ひとつで、まあヤマタノオロチ退治の物語にかけているというのはある程度明らかなのだろうと思います。それはあんのさんがよくやるゲンガクテキになんとなく、物語に深みがあるようにみせかけるためにやっているのかというと、もしかしたらそうじゃないのかなとか思います。ここからは、さらさらこじつけになっていく部分が大きくなりますがご容赦ください。妄想です。

ゴジラに隠された氏族共同体中央集権の争いのメタファー

原始蛇信仰について

まず、事前説明として日本における蛇信仰について説明。蛇は、最も古い信仰だと1 外形が男根相似 2 脱皮による生命更新 3 一撃にして敵を倒す毒の強さという特徴から世界各地で祖神として崇められていました。時代が移ると、蛇は稲にとって害獣である鼠を食べる特徴から農耕の神という属性が強まったこと、また蛇を邪とし龍を崇める信仰が流れてきたことから祖先神の側面はうすくなり農耕の神の側面がつよくなったのです。

ヤマタノオロチ神話解釈

オロチとは、そのまま蛇という意味もありますが、峰の神、山の神という意味もあり、かなり古い蛇信仰対象といえる名前です。それがまず害をなす存在として描かれる。助けを求め最後に勝つの側のアシナズチという老人はテナズチという配偶者がいます。その足がない、手がない神という名前から彼ら自身も蛇の化身と考えられる。その娘がクシナダ姫。奇稲田の姫と書き、農耕の神を意味し蛇の神の子であるから彼女も蛇の神。善とみなされるのは農耕の蛇の神なのです。農耕は中央集権的定住型の社会象徴、それより古い祖先神は、集権化される前の氏族共同体象徴ともいえます。この国は、かつて様々な小さい国が、自分たち祖先神をもち、乱立し互いに牽制し互酬しあう仕組みでした。稲の神である天皇による大和支配確立日本という形がつくられるようになりました。

まりヤマタノオロチ退治の話は、農耕の神としての現体制の蛇神が高貴な新しい王族の血を引くものといっしょに、出雲を中心とした旧支配者としての蛇を倒す話ともよめます

ゴジラヤマタノオロチ神話になぞって解釈すると

今回のゴジラ投影しているのがヤマタノオロチだとすると、それは眠っていた古い戦いの神、すなわち現体制にとっては無秩序をもたらすものなどのイメージを仮託してるのではないでしょうか。一方、総理を中心とした秩序を維持し続けようとする政府側、そこからうとまれながらも、大きな役割を果たす矢口は、当然そうした、ありとあらゆる秩序を破壊しようとする悪を許さな中央集権社会体制イメージされているのでしょう。そして日本の力を政府結集して、無秩序純粋な力に打ち勝つ。

あんのさんはどっちの味方?

ただ、ヤマタノオロチ神話のように、実際に打ち勝つことはできず酒で眠らせたとここておわっているところ、本来ヤマタノオロチのしっぽから草薙剣がでてくるはずなのに、何かまがまがしい生き物が出てきそうになっている描写、おそらくゴジラの次の進化を、におわせていて、勝負はついていないところを見ると、あんのさんの目線はどちらかというと、ゴジラ側の反体制的、封印された本能の塊のような存在共感をし続けているようにしか思えます

今回も怪獣同士が戦う映画だった。

実際日本においては、かつて天皇による中央集権画家たちの上ではなされたとはいえ、現代に至るまで強力にそれが機能したことはなく、困ったときは旧来のお互いの話し合いで解決するというやり方がずっと続いています氏族共同体のありかたは死せず、この国に眠り続けています。今回の映画でも、体制側の否定されつつ、賛美もされた特徴として徹底した非合理な合議制があります。そしてトップが死んでもすぐに首のすげ替えがなされる。まさに蛇的なありかた。これがゴジラを倒した最大の理由であるとすれば、あんのさんが、最終的に勝たせて賞賛したのも中央集権的な正義ではなく、日本体制側のなかにもある蛇的、ゴジラ的な部分だったのではないでしょうか。

今回、怪獣は一匹しかでてないようにみえましたが、じつは今作も怪獣同士の戦いであったのです。ゴジラ vs 日本人

やっぱりあんのさんの映画だった。エヴァと同じ構造

そう考えると、最初いつものエヴァとかのひねくれた作品とちがって、今回は単なる勧善懲悪映画なのかな、つまんねーなとおもってたりしたのですが、やっぱりそうじゃないひねくれ映画だったのだろうな、いつものあんのさんだっとほっとします。

蛇足ですが(蛇だけに)人間使徒ほひとりで、進化の形が少し違っただけの怪物であるというのはエヴァとまんまおなじな訳ですよ。そう考えるとゴジラは、アダムであり、尻尾から生み出されるのは使徒なのかも。イメージ的には貼り付けにされたリリス下半身からにんげんがぽこぽこくっていていたのとおなじなのかも。

ゴジラはフクイチのイメージ

ゴジラって、いままでSF定番の行き過ぎた現代科学に対する警鐘としてえがかれてきたかとおもうのですが、そして今回も福島原発イメージはわかりやすいほどかぶせているとは思うのですが(こちらでも言及されてますhttp://anond.hatelabo.jp/20160805000418 )、ヤマタノオロチを持ち出してきたことによって、いままでのような科学の力への警鐘ではなく、また311の反省映画でもなくしているのではないかと。単発の事象に対する象徴的な映画なのではないとおもうのです。この国が根本的に抱え、なおかつ封印している体制側の否定をともなう無秩序への回帰願望の力強さとその恐ろしさへの警鐘、それと同時にその力は今でも脈々と体制側の中にもすでにとりまれていてそれを有効に使うこともできるよね、というような話をみせたかったんじゃないかなとかおもいますゴジラは死なないよどこまでも、ってかんじで。

おわり

あーーーー、妄想がとまらない。とりあえずここまで読んでくれた人ありがとうヤマタノオロチ解釈に関しては、たぶん世の中的には主流ではない解釈だと思います一般的には、川の氾濫の象徴とか、そんな感じでしょう。でもまあこういう解釈方向性は、いろんな人が出していて(この本とか https://www.amazon.co.jp/dp/B00PS2FK8C/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1)そこ自分で味付けして解釈してみましたというかんじです。

まあ、最初にも書いたけど、こう言うのを考えるのが楽しいのがあんのさくひんだなとおもいました。

追記

http://anond.hatelabo.jp/20160807101757

読み方は(増田も言っている通り)やや(かなり?)牽強付会くさい点もあるけど、面白い読みだとは思った。

ただ、増田の言うことが正しいとして、何で今の時代に「氏族共同体中央集権の争い」を描いたの?ってのが気になった。「体制側の否定をともなう無秩序への回帰願望」が発現した事件とかって最近あったっけ?ISとか?

ちょっと言及されたので、補足してみる。

前提として、巷で言われるように右翼礼賛、共同体万歳的な側面がこの映画にはある。ただ、共同体主義には2種類あると思っていて (1) 国家型(中央集権的) (2) 地域型(地方分権的) がある。

今回は地域共同体主義共感している映画だとおもっていて、結果的国家型を否定するなぞりがあるんじゃないかと。

地域共同体主義の人にとっては、リベラルのいうような何か理想とする社会を人工的に作るというのはぴんとこない。もっと自然感情で、近しい人で社会をつくりあげたいとおもっている。しかし、国家というのは大きすぎてぴんとこない。そしてそこにひも付きやす全体主義的な思考には拒否反応をしめす。そういう思想です。

これって全く特別イデオロギーではなく、割と普通ネトウヨとかじゃないけど、左翼むかつくとおもっているネットによく人たちの自然思想だとおもっていて、おとなしめのリベラルちっくなオタク親和性たかい。そしてあんのさんもそういう思想意識的無意識的かもっているんだろうなと思うのです。だからこういう対立を描いたと。

無秩序への回帰というのはちょっと「現体制にとって」の無秩序であり、ほおっておいても自然に生まれ家族的情愛による秩序への回帰共感したいというメッセージかもしれないなと思います

2016-08-03

捕獲したディンゴ海洋公園の島の害獣ヤギ退治に

そいつらが繁殖はしないように去勢したうえ、数年後射殺する用意していたり時限毒まで埋め込んであるとかすごい話だ

別に上から目線人類傲慢だとかなんて言えるほど偉い人間になったつもりなわけじゃないけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん