「のうりん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: のうりんとは

2022-06-27

anond:20220627170920

アホかと思うんだよな

人工知能学会

のうりん

キズナアイ

碧志摩メグ

・宇崎ちゃん

・戸定梨香

温泉むすめ

・「君野イマ」と「君野ミライ

地下鉄に乗るっ

駅乃みちか

これらが、「そこにあってはいけないもの」とか、すげぇ感性だな

あいつら、これだけ火を付けといて、ガルパンには何にも言わねぇの、どういう神経なんだろうな

あっちは地元ががっつり後援してるの知ってるから、ゆさぶれない(金にならない)と諦めてんのかね

JRとかでも水着ポスターが貼られてたし、町中が萌え絵で溢れてて、あれが性搾取じゃなくて宇崎ちゃん性搾取とか頭おかしいと思うんだが

面白いように誰も何も言わなかった

心底下らねぇ話だと思ってるよ


単に活動実績とシンパ集めのために、思い出したように炎上騒ぎ起こしておきながら

我々は清廉潔白無辜被害者でございって感じだから

2022-05-31

anond:20220530122415

のうりんポスター性的だと批判されたが

実際はポスターほとんど貼られていないという件が以前あったが

目立てば「性的ものが目立つな」と叩かれ

目立たなければ「地域に貢献していないかフリーライダー」だと叩かれる

となったら言っているのが同一人物でなくても

参っちまいそうだな

2022-05-19

なんで最近エッチ女の子キャラってスタイル悪いの?

ラムちゃんとか不二子ちゃんとか、モデル体系じゃん

けどたとえばフェミ批判された宇崎ちゃんのうりん、たわわなどあまりスタイルが良く書かれてない。

ワイはスタイルの良い巨乳が好きなので最近の風潮は寂しいもんがある。

2022-05-02

anond:20220501034820

id:ruin20である自分IDが出ていたのでいっちょ噛みしておこう。

たわわには巨乳ヒロイン複数登場するが、そのうち、電車の中で会える女子高生アイちゃんをわざわざ表象に選んでいる意図が抜けている。

元増田無知なのか無知を装ってるのかは知らんが、アイちゃんが選ばれたのは『たわわ』のシリーズヒロイン、つまりは『月曜日のたわわ』を象徴するヒロインからだ。

シリーズは、Twitter上で、「月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」と銘打たれて始まった。当初は巨乳少女水着姿が中心だったが、33回目にアイちゃんが登場する。それまでいいねは1万前後だったがアイちゃんは2回目の登場で2万いいねを稼いだ。作者も(アイちゃんを)「ちょっと気に入った」と述べており、アイちゃん連続して描くようになる。2回目、あるいは3回目にはぼかしながらも「相手」が登場し、4回目にはスーツ姿の男性らしき人物アイちゃん視線の先に現れるようになった。

このように、アイちゃんシリーズにおいて始めて連続して登場した少女であり、シリーズ飛躍のきっかけになったキャラクターであり、元々はただの巨乳少女を描くだけだった本作に「たわわな女の子男性」という二者間の関係性を描写するという枠組みを導入したキャラクターなのだ。人気アンケートを取れば当然1位になるだろう。歴史的にもコンテクスト的にも人気的にも『たわわ』の顔であり、だからこそ広告にも登場した。「電車の中で会える女子高生からアイちゃんおすすめ」というまとめ方は本質を外していると言わざるをえない。私はここでハンロンの剃刀ということわざを思い出すべきだろうか? 難しいところである

元増田無知なのか無知を装ってるのか気になるところは他にもある。

40代以降が萌え絵についていけてなくて価値観アップデートされていないとか、

年増が若い子に嫉妬しているだけとか、

40代~の中高年層がやたらと「風紀委員」的になっているとか言ってしまっている人たちに、

いやいやちょっと落ち着こうやというつもりで今回のエントリを書いた。

上記根拠として元増田リスク認知について持ち出している。一定納得するところもあるが、リスク認知文化的影響を受けるというなら麻薬に対する不安レベルアメリカより日本の方が高くなるのは明らかにおかしい(当該論文の図4)。レイプ発生件数や発生率はアメリカイギリスなど先進諸国とくらべて日本が圧倒的に低いと統計的に明らかになっている(※1)が、本邦フェミニスト日本欧米に遅れた性犯罪大国かのように喧伝する。アメリカに比べて麻薬がまったく社会問題化していない日本の方がそのリスクを感じていたり、レイプ統計を合わせて考えれば実態を伴わないイメージだけで過大にリスクを感じているだけではないのか。

また、元増田はまったく無視しているが、歳を経るごとに『たわわ』に対するイメージ悪化していくのは、若い人ほどオタクに対する偏見ネガティブイメージがなくなっていくからだという点を見逃してはならない。オタクはもともと蔑称であり、宮崎勤事件を頂点に変質者・犯罪者予備軍として社会から差別されてきた。この事件は今40歳であればだいたい10歳ごろにそれを経験している。リスク認知文化的影響があるというならオタクに対する偏見社会に満ちていた時代経験した世代かどうかを無視してはならない。

2010年に行われた調査では10女性の50.9%は自分オタクだと回答し、35~39歳の女性17.6%に過ぎなかった。同調査においてオタクに対するネガティブイメージ10代だと29%だったのに対し、35~39歳は40.5%だった(※2)。自身オタクである割合が増えればオタクに対するイメージも良化する傾向にある。別の調査元ではあるが、2020年調査では自分オタクだと回答した10女性86%に増加している(※3)。これらを踏まえれば「40代以降が萌え絵についていけてなくて価値観アップデートされていない」はむしろ正と言える。

このように元増田の持論は無知あるいは誤謬に満ちている。

電車の中の女子高生性的コンテンツとして楽しむこと」と痴漢等の具体的な性的被害への危機感リンクするのは、主に被害実体験を持つ者だからである

これもありふれた理由付けである。誰かの個別的体験配慮して表現規制するのであればあらゆる表現規制されねばならない。表現規制しろとまでは言ってない、と言うのだろう。しかしこれもいじめではなくからかっただけ、と同じで攻撃者が好むご飯論法だ。

誰かの権利抑制しようとするとき、そこにはフェアネス必要だ。オタク萌え絵攻撃する連中にはそれがない。

“周囲の大人痴漢に怒ってくれる、という信頼感を自分にくれた恩人である。” この信頼感の絶対量がもっと多い世の中だったら、たわわも問題にならなかったんじゃないのかな〜と思ったりする“

元増田上記ブコメに感銘を受けたようだが、俺に言わせれば萌えフォビアフェミニストにこそ信頼が置けない。月曜日のたわわ、温泉むすめ、宇崎ちゃん、境ホラ、のうりん人工知能学会表紙エトセトラエトセトラエトセトラ。連中はいくつものコンテンツを燃やしてきたが、それを批判されると反論するのではなく論点を変えてやり過ごそうとする。たわわも最初公共の場にふさわしくないという話だったが、日経新聞というブランドでやったことが問題視され、次は「見たくない表現に触れない権利」などというものが持ち出され、どちらも論破されると「日経新聞UN Womenのアンステレオタイプアライアンスメンバーから守るべき」という話にすりかわってそれも論破されると元増田のように「講談社意図が気になる」みたいのが出てくる。もはやいたちごっこであり、誠実さの欠片もない。広告だったことが問題なのであれば何故たわわ以外のコンテンツを燃やしたのか? 主張の一貫性などどこにもない。たわわのような表現によって性犯罪が増えるという統計的裏付けがあるならまだしも出てきたのがたわわのような表現があると不安になる女性いるから、とか言うんだから話にならない。

萌えフォビアフェミニストにフェアネスがないのは、ananSEX特集駅ナカ広告宮崎県日向市CMスルーしたり擁護したりすることからも指摘できる。これを引き合いに出すと決まって必ず「Whataboutismだ!」などと吹き上がる連中がいるのだが、ここで問題にしているのは社会を背景に表現批判する者が持つべきフェアネス一貫性である萌えフォビアフェミニストオタクコンテンツを燃やすとき決まって必ず社会性をまとう。私が気に食わないからという理由攻撃しても誰もついてこないからだ。だから公共の場所に性的と感じられるコンテンツを置くべきではない」という論調になるが、それであれば渋谷駅駅ナカで展開されたananSEX特集広告など真っ先に批判されるべきだろう。しかしそれをやってるフェミニストは見たことがない。けっきょく「私」が気に入らないか攻撃しているに過ぎず、それであれば「私はそれが嫌いだから私の見えないところにそれをやれ」と言われた方がよほど誠実に感じる。

フェミニストにフェアネス一貫性があってもっと信頼感があれば言うことを聞く人も増えるだろう。だが今はその対極にいる。その事実をまっすぐに受け止めた方が良い。

 

※1:https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/64/nfm/n64_2_1_3_4_0.html

※2:https://www.vlcank.com/mr/report/039/

※3:https://teenslab.mynavi.jp/column/research_otakatsu/

2022-04-26

フェミはまずエロBL18禁からはじめなよ

たわわがゾーニングされてないってのは最もな指摘だと思うが、有害図書にされてるようなエロBL18禁にして隔離しろという声も同時にあるべきだろう。全然言われてない。なんでエロBLゾーニング論が出てないのか。昔、男性声優があえぎ声を出しまくるBLエロCDがめちゃくちゃ出ていた時期があったが、普通に全年齢で買えたよな。全年齢のアニメ雑誌宣伝もしてた。森川智之BL界の帝王かいネタはこういうエロCDから来てる

自分おかしいとずっと言い続けてたけどまあ無視されたよなー。のうりんとか宇崎ちゃんとかの前にやることあるやろ君らってずっとずっと言ってるんだけど

2022-02-14

サイゼリア騒動を見ていて思ったこ

今までフェミは「私達が批判しているのは萌え絵のものではなく、萌え絵税金や公金が使われていること」と言ってきた。

キズナアイ松戸警察署vtuberのうりん、おんせん娘などが炎上させられてきた。

公金の投入への批判という意味であれば、それなりに説得力があったかもしれない。

しかサイゼリア騒動はそうではないでしょ。

あの絵には、役所も関わっていなければ税金も投入されていない。

単なるネット絵師さんが「自分の描きたい絵」を描いて、それをツイッターに投下したに過ぎない。

それをフェミ炎上させたということは、結局「税金の有無」なんて何の関係も無かった事になる。

単に胸が大きく美人に描かれている女性の絵自体が気に入らない、という非常にくだらない理由しかない。

2022-01-28

anond:20220127115426

この人の心配杞憂でないか?と思うので、表現規制炎上する対象は実物を見に行きづらい説を唱えてみる。というか皆が知ってると燃えにくい。

この作品は誰でもネットで見られる作品なので大丈夫

例えば宇崎ちゃんポスター炎上は、ポスター献血センターに貼られていたので誰でも簡単に見られるものじゃなかった。わざわざ出向かないといけない。

逆に燃えなかった対象は?となるとそもそも燃えてないから分かりづらいんだけど、ツイート問題視しようとした形跡があったけどあまり話広がらなかったね っていうもの限定すると

ファッション雑誌POPEYEの「ガールフレンド特集」。その特集なかに10代や20歳くらいの女の子が出てて、主な読者層が20代30代男性だったからこれどうなの?って問題にしてるツイートがあった。

これは本屋立ち読みできるくらいなので誰でも確認できる。

ネット炎上では問題になったものを実際に見に行って確認した という人はかなり少ない。

というか「実際に見てきたよ」という人の登場は問題になってから1週間とか半月とか経ってからじゃないと現れない。

その頃にはあらかた話は終わっていて「今更?」みたいな反応になりがち。

というか自分の印象では炎上してる対象表現の自由戦士側もあまり把握してないことが多いように思う。

Vtuber戸定梨香の動画は削除されたから仕方ないとして、宇崎ちゃんポスターは見てきた人が少なかったしそもそも見てきたって発言が注目されることがなかった。

のうりんポスターラブライブポスター現場で見たというより写メニュース画像を見て発言してる用に感じた。

なので誰もが見慣れてる作品がいきなり炎上材料になるようなことはないんでは?と思ってる。

あるいは炎上しようとしても燃えにくい。

基本的炎上意識から攻撃みたいな感覚ある。

2022-01-26

りゅうおうのおしごとの作者が藤井聡太関連でようやく出しゃばらなくなってきてよかった

白鳥士郎って人

将棋なんて特に経験もなく

前作は農業ラノベのうりん

元々司法試験か何かを12年落ち続けて

ただ金儲けのために小説書き始めたって公言している様な奴なので

さも将棋関係者ですみたいな顔して出しゃばってくるのが不快で仕方なかった。

2021-12-21

anond:20211220122457

女性向けのエロ表現でも公共の場に堂々と貼り出して憚らない状態になればヘイトクライムになり得る。

が、現状、女性向けのエロ表現公共の場に堂々と貼り出されることはほぼなく、あったとしてan・an辺りの雑誌の表紙グラビアくらいのもんで、しかもそれだって男性に対する搾取ヘイトクライムになるとは言い難いものなのだ

のうりんのアレにあたるもの女性向けのコンテンツにはない。

2021-11-20

anond:20211120012601

君に少し助け舟を出そう。

こういうとき過去に似た失敗事例をあげるのが一番だ。


例えば「のうりんアニメ」がある

これは岐阜県美濃加茂市ラノベ原作アニメを用いて町おこし使用した事例。有名だけどあのアニメ1話から女性教師のほぼ全裸が大写しになる場面がある。原作でも結構そのままな描写だけどこれをそのままアニメにして、しか地域のみんなが集まった会場で上映されてしまった。他にも扇情的ポスターなどが外される自体も発生した。

ただ、おれはアニメ原作自体は決して悪いものとは思わない。内容自体は割と面白かった。

問題町おこしには合わなかったこと。


こうやって事実感想はわけなければいけない。君は事実(かもしれないこと)を元によくわからない推測をしている。この時点でなんの価値もない。

運営はそうするだろう」というなら、それは運営意見対応必要だ。運営に信用がないというのは君の感想に過ぎない。

君は君の感想を元にして君の感想を述べている。

からだめなんだ

君は自分意見をもとに意見を言っている。過去の事例から類推することもせず自身体験もない。事実確認すら曖昧だ。

2021-11-19

のうりん炎上したとき

ガルパン水着でもいやらしくないか炎上しない」

オタクドヤ顔で胸を張っていたけど

直後にそのガルパン水着ポスター炎上したんだよな

あれは笑ったな

あの頃はまだオタクも「のうりんがやりすぎただけ」だと思っていた

いま思うと牧歌的時代だった

anond:20211116185320

元増田にならって自分の考えも表明してみる。ちなみにアラフォー女性です。

表現問題については、2010年の都条例の頃からトークイベントなど出向いて自分なりに考えてきたつもり。法規制に比べればネットの言い争いなど問題と思わないのですが(むしろ意見交換はあるべきだと思うのですが)、声が大きくなれば法文になるとも思ってるので油断もできない。

 

最終的にはボカシもなくすべき(※)という、わりとハードな考えのほうかもしれません。

デメリットも考えられるので要議論だけど、現時点で私はそう思っているという話

 

 

コンビニエロ本コミケエロ紙袋

これはねえ、別にあってよかった派ですね。

ああしたものと、女性マイノリティ、その他弱者尊厳が守られる社会は両立すると思う。

 

…以下のすべてに通じるんですが、まあエロ本消費者男性だとして、私は大多数の男性を信頼して(できて)いるし、実際にいろんな場面で助けを申し出る人もたくさん見てきました。コミケエロ紙袋を下げながら、もう一方の手で痴漢の腕をねじ上げる、そういう人がいたっていいし、いると思う。

私が交流してきたオタク男性は皆さんグッドガイです。倫理的にアレな表現を手がけていてもそうです。

ここは強調しておきたい。

 

2013年12月人工知能学会誌表紙騒動

これは私は、「フェミニズム観点から注文が出る」のは分かる気はしました。

ですが、学会さんサイドがどうすべきとも思いません。

…なんでもそうですけど、表現として出した以上、不満を訴える人は一定数あると思います。ただ、慣れない人は批判を受けてギョッとするでしょう。ネットによって皆が声を上げられる時代になったはいいですが、批判される側になったとき、どういう姿勢いるか、誰もが考えなくてはならなくなったのは、ちょっとタフ過ぎるかもな、とは思います

 

2015年8月碧志摩メグ公認撤回騒動

「現地の当事者から抗議が出た」のがすべてです。ローカルなことは現地判断、というのは元増田と同じ考えですかね。私が海女さんだったらと思うと、「舐めんなよ」と思う印象ではありました。

 

2015年10月絵師によるJK観察旅行記騒動

迷惑行為イラッとしました。対象に敬意がないと思います相手男子であっても失礼な行為目線ではなかったでしょうか。

 

2015年11月のうりんポスター騒動

地判断。ギョッとするおじいちゃんおばあちゃんはいるかも。

 

2016年9月格ゲーマーによる「アイヌは○す」発言騒動

知らなかったです。パッと見てヘイトスピーチに見えるのも理解しますが…。私は元ネタがわかるのでそうも思いません。公での発言は気を配るに越したことはないですかね。

 

2016年10月鉄道むすめコラボ駅乃みちか騒動

これも別に…。駅乃みちかが元々ちょっとおもしろデザインですよね。へんな女だと思うw

 

2018年10月NHKキズナアイ騒動

論点がいくつかあった記憶です。番組内での扱いに、これまた「フェミニズム観点批判が出る」のは理解できた記憶ありますが、ただ、それってテレビ全般の話なので、キズナアイに限ったことではないですよね。

 

2019年10月:宇崎ちゃん献血ポスター騒動

本来趣味人だけのものだったのが素材を使い回されたという意味では、確かのうりんもそうでした。「性的な強調」の声に理解しますが、取り下げろとも思いません。

献血ボイコットとか言ってた批判者には馬鹿じゃねえのと思いましたね。天秤にかけたときの重さが全然違うだろ。

 

2019年11月秋葉原トレーダー3号店看板騒動

これも現地判断かな。

自分の最寄り駅の目抜き通りだったら、テメエやんのか!? とは思います

抗議はしないけど、する人が出るのはわかるかも。

風俗街の掲出だったら拳を引っ込めます

 

2020年2月ラブライブみかんパネル騒動

もうちょっと資料見て描いてほしかった。

 

2021年9月:戸定梨香千葉県警コラボ動画削除騒動

議員団体なら、ヘイトスピーチまくしたててる企業かに抗議してほしいですね。

もっと重大な案件があると思います

 

2021年11月温泉むすめ設定騒動

脇の甘い運営だなあと思いつつ、これも温泉地の人たちの判断ですかね。

私は家族皆で楽しめる方向のほうがいいと思います。例えば鬼滅のように、深堀りしたとき実はシビア描写があっても、絵だけみて子どもが「かわいい!」と思えて、親御さんも、まあいいかとグッズを買い与えられるような。

エロ展開なんてそれこそ二次創作に任せておけばいいじゃないですか。

 

・番外:タイツ

ウワーと思いつつも、購買基準を左右するまでは至らないかな。メーカーあんまり見てないし、国内メーカーはどれもモノは良いと思うので。

 

●まとめ

自分が女なので、フェミニズムの言うことにも一部理解は示すタイプです。

ですが、それは例えば先日の「キモオタ描写がひどい」に対しても同じです。女性向けであろうが、「バカ男」を列挙して、ことさら男性を下げるコンテンツも好きになれません。バカだって山ほどいますよ。

 

今回であれば、温泉むすめの「スカート捲り」などに、それはいかんでしょという声が、“男性”や“オタクから、たくさん上がったのも知っています

さらに、そうしたことが周知されたのは、性被害とはこういうものだと、声を上げてくれた女性たちのおかげだと思っています女性ならではの問題は、多くはないかもしれないけど、入試など、まだ残っていると思います

 

どっちの味方なんだよ!と思われるかもしれませんが、大切なのは、【現実社会で】それぞれの尊厳が守られることなのだと考えます

どんな表現を目にしても、「でも実際、そんな扱いは受けないよな」と思えるほどに。

 

私は耳を傾けたいと思います

そういえば、ちょっと前まで増田話題だった「弱者男性」についても、何度クソ長文を返そうと思ったかからない。私は、ああしたエントリの奥にある悲鳴を聞いているつもりです。

そして、同じように思ってる人も少なくないと信じていますネット全体は無理でも、目の前の人には寄り添ってあげてほしい。それこそが、態度を解きほぐすんだと思うんです。

 

表現規制には反対し続けます

世界には細かいかいヒダがあり、法の一文でさばけるものは既に規制があるはずです。

私はこの国で、判断力と善性を、多くの人が持っていると信じています

 

活動家におかれましては、特にTwitterを主戦場としている人たちにはオタクサイドもフェミサイドも言いたいことある

視野狭くないですか。ご自分活動範囲で掬い上げられる人たちが他にいないのか、見直してほしいですね。男性から女性から、というくくりに収まることは少ないと思います

まあ、そうやって煽るのがご商売なのかもしれませんけれど。

2021-11-18

人工知能学会そんなに炎上してたっけ?

わざわざロボに女の皮かぶせなくてもって話を見た記憶はあるんだけど、そんなにでもなかったような

のうりんは覚えてるしアレを作業着着崩しただけはエクストリームすぎ

2021-11-17

anond:20211116144215

バカバカしい話で、こんなん取り合う必要がないんだ

スカートめくり話題になって、「さすがの猿飛」とか出てきたけど

あれもう放映出来ないんだよ

そりゃそうよね、スカートめくりなんか堂々とやってりゃねぇ

で、これについて、オタク側が表現の自由辺りを振りかざして、ガンガン問題にするかって言えばそんなことは無い

さすがの猿飛」に興味がないってのもあるだろうけれど、オタ側だって意識は変わってる

11PMとかバカ殿おっぱいをもろ出ししてた時代に戻るべきなんて思ってる奴は少ない(願望はともかくとしてな)

別にこれはフェミが勝ってるわけじゃない

温泉紹介番組は未だに女性が肌を露出してるし、女は馬鹿な聞き役担当


フェミが住みやすくなってるとは言うが、反面日本萌えが世に溢れていて

そういう意味では、今の時代は「オタク勝利」だ

フェミはさも当然と世の中に出てくる「性差別表現」に後手後手の対応をしてる

それが証拠に、増田が挙げたコンテンツ、すべて「世に出てしまっている」

本来こんなコンテンツ、世に出ちゃいけないというのがフェミスタンス

からガイドラインやらなにやら手を変え品を変え規律を作ろうとしてる

でもダメ

のうりんの媚び媚びポスター普通に貼られるし

温泉むすめは5年も放置された、5年だ

レイプレイ発禁になどなってないし

エロゲエロ漫画は何の障害もなく販売

フェミは未だに二次表現児ポ規制出来ずにいる

戦場を「公共」に絞らなければ、何一つ勝利を拾えない

その程度の存在

で、議員連とか抱き込んで警察への圧力は上手く行ったけど、速攻で反撃されてる

その程度の存在

オタ側(というよりオタコンテンツ創作側)もロビー活動とかちゃんとして、圧力団体になる必要があるとは思うが

宗教による一方的価値観押し付けが出来ないから、欧米先進国と違い日本じゃまだまだ「表現の自由」が幅を利かせるよ

有識者が「道徳表現規制すべき」とかいうの、自殺と同じだから

中世ジャップランド万歳

2021-11-16

オタクコンテンツ批判騒動への感想自分の中の認識の変化

主にオタクコンテンツ性的とかジェンダー的に問題ありとして批判を受けた騒動について

印象に残っているやつをピックアップして当時の感想と、自分の中の印象や立ち位置がどう変化していったかメモする。

自分用なので読まなくていいです。長いので。

○筆者

30代女。子供の頃から家にネット環境がありオタク文化と親和性のあるコミュニティに触れたのと、

何故かニチアサ番組だったギャラクシーエンジェルの影響から美少女コンテンツを中心にしたオタクになる。

2013年以前の自分認識立ち位置

オタク的な表現非オタクの人の目に触れるところに出すことに対して、否定派とはいかないまでも

程度によっては少し居心地が悪くなる感じ。

オタク差別と言える程のものほとんど無かったけれどまだまだオタクは隠すものという価値観の中で育ってきたせいもあり、

あんまおおっぴらにするものでもないよな、という感覚

とはいえ下の世代に急速にオタクコンテンツが浸透してきているのは感じており、

こういうもの忌避される価値観も古いものになっていくんだろうなとは感じていた。

性的表現をそれを好まない人の目に触れる場所に置くことについては明確に否定派。

コンビニエロ本は無くなるべきだと思っていたし、コミケエロ紙袋なんかが問題視されていたのも

同じオタクとして本当に勘弁してくれと思っていた。

R-18指定されるものに限らず、「性」を連想させる表現をそれを求めない人の目に触れさせることは極力控えるべきというスタンス


2013年12月人工知能学会誌表紙騒動

特に問題がある表現には見えないしさすがに難癖付けてる人達おかしいな…という感想

コンビニレジ店員無理筋クレームを付けてる人を見た時と同じ感覚で、

世の中には変な人も居るもんだなという感じ。

言うほどオタク臭のする絵柄でもないしオタク批判の矢面に立たされている感じも受けなかった。

2015年8月碧志摩メグ公認撤回騒動

そこまで過激デザインには見えないが、当の海女さん達から拒否反応が出ているのであれば公認撤回妥当という判断

ネット越しにワイワイ言う人達よりもリアルに関わりのある当事者性の高い人達の声を重視するべきだと思っていて、

この点は今に至るまであまり変わっていない。

2015年10月絵師によるJK観察旅行記騒動

実在人物を扱った表現とそうでないもの場合前者には後者とは違った種類の

(主にモデル人物に対する)配慮が求められるべきであり、本件にはそれが大きく欠けていたなという感想

というか絵師が道行く女子中学生に反応してほしくてクラクションを鳴らすといった迷惑行為をしており、

イラスト製作過程でも不躾にジロジロ見るなどの迷惑行為が行われていたのでは…と懸念されたのが個人的に一番でかい

実在人物に関わる表現は慎重になるべき、というのは2017年5月pixiv小説論文騒動などでも同じ感想

2015年11月のうりんポスター騒動

ぱっと見の印象としてはこれは非オタクの人が見たらぎょっとするんじゃないかという感じで、

批判意見が出るのも致し方なしかなと思った。

まずいなと感じたのは胸を強調するポーズ自分でしているにも

関わらず赤面して嫌がっているっぽい表情(無理矢理やらされている感)、煽り文にハートマークの部分。

ただし実際は小さな紙一枚が特に目立たない場所に貼ってあったのみという証言もあったりして

当の市民から批判の声が上がっているわけじゃないのなら外野がごちゃごちゃ言うことでは無いかもとも。

というかのうりんに関しては全裸(に見える)オイルまみれM字開脚シーンがある

第一話を市民に向けて上映した件の方がだいぶ引く(今も引いてる)

2016年9月格ゲーマーによる「アイヌは○す」発言騒動

性的表現に関わることではないので本題からずれるが、無関係ゲーム会社声優嘆願書を送るなどの

行きすぎたムーブをしていた人がフェミニストとして有名(と私が記憶していた)人だったので関連付けて印象に残っている。

この人こんな人だったんや、オタクのことめちゃくちゃ嫌いなんだな…という感じ。

騒動についてはゲーマー発言はよくないけれど知人間でのリプライだし、

最初に指摘した人の指摘の仕方がまずかった(変な人がなんか突然いちゃもん付けてきたようにしか見えない)し、

大勢スパム報告して凍結させるのはやりすぎだし、ゲーム会社声優マジで無関係だし批判側がやり過ぎという感想

2016年10月鉄道むすめコラボ駅乃みちか騒動

自分の中で明確にコンテンツ批判側への見方が変わった騒動

というのも、最初話題になったツイートに「公共交通機関公式キャラ絵としてのOKライン」との一文があり、

そこから巻き起こった批判も「公共交通機関公式キャラであることを基準にしていたはずだったのだが

公式キャライラストが置き換わるわけではなく、コラボイラストである」と誤解が解かれた後も、批判側の勢いが全く緩まなかったから。

○○であるなら××であるべき、の○○の部分が間違っていたのだから××の部分も変わるべき、もっと基準が緩くなるべきでは…?

ここで、前述のアイヌ騒動の時オタクしからとしか思えない行動を取っていた人を思い返しつつ、

もしかしてこの人達オタクコンテンツ嫌いというのが先にあってそれっぽい理屈をくっつけて叩いてるだけなのでは…という疑念脳裏を過ぎる。

今までの各騒動もそういった観点から少し振り返る。

2018年10月NHKキズナアイ騒動

批判した側に同意できる点が一つもなかった。その割に名だたる研究者の方々とかが次々乗っかってきてすげーな…と思った。

騒ぎの規模が大きくなって多様な意見が出てきたせいか

美少女コンテンツ好き女オタクにも流れ弾がガンガンぶち当たってきて随分酷いことを言われたな、という思い出。

当時は腸を煮えさせながら過ごしていた。

2019年10月:宇崎ちゃん献血ポスター騒動

全く性的でない、とは思わないけれども献血ポスターを取り下げるレベルのものだとは感じない。

とはいえ前述の騒動まででコンテンツ批判側への印象が最悪になっていたので自分の見る目も偏っているかもしれない。

のうりんポスターをまずいと感じた頃の自分が見たらなんて言うか気になる。

献血ボイコット発言なんかもあり批判側への印象は最悪を更新し続けたけどそれも片方の嫌な点ばかり見てしまった結果かもしれない。

2019年11月秋葉原トレーダー3号店看板騒動

マジで駄目だと思いました。

ただ、看板自体R-18では無いわけで(千代田区条例に引っかかるという説もあるが)

宇崎ちゃん献血ポスターとの明確な違いってなんだろうなと少し考え込む。

個人意見としては、社会的合意ラインを決めること自体には反対ではなくて、

賛否両論あるもの自分たちの側が正しいと決めつけて押し通そうとする態度に反発していたんだなと思う。

なるべくあらゆる表現存在していてほしいけど、町行く人の目に否応なく入るレベルのものには

やっぱりある程度の配慮必要で、そのラインについては双方聞く耳を持って穏当に話し合いをしたい、という感じです。

そういう意味では自分達の基準を押し通して表現を取り下げさせようとする人達と同程度に

法に触れなければセーフと言わんばかりの看板掲示側も対話する気が感じられなくて嫌いだなと思いました。

2020年2月ラブライブみかんパネル騒動

趣味で絵を描く人間としては、スカートって普通に描くと情報量が少なくてのっぺりした印象になりがちなので、

動きを付けるためにあの皺を描きたかった側の気持ちは正直わかる。

しかしかつて制服を着て生活していた人間としては

制服スカート生地の厚さだとあんな皺は現実ではできないという指摘も頷ける。

パンツが透けてるように見せようという意図は描いた側には多分なかったと思うけど

見ようと思えばパンツ位置に線あるように見えなくもないし不幸な事故だったね…

2021年9月:戸定梨香千葉県警コラボ動画削除騒動

とにかく批判側、というかフェミ議連のやり方が最悪すぎた。

根拠な「性犯罪を誘発」呼ばわり、自分達は警察へ回答を求める書面を送りつけておきながら

同じやり方で質問されたら回答なし(7万件の署名無視)。

動画自体特に問題があるとは感じない。胸揺れは次のコラボがあるならパージしてもいいかもね、くらい。

「服を着替えればいい」って軽々しく言う人にも腹が立った。Vが着替えるの、生身の人間が着替えるのとはかかるコストが違うんですが…

表現批判する人達の一部(だと思いたい)、表現を見て傷付く側にはめちゃくちゃ配慮を求めるのに

表現する側の事情配慮する気はゼロなのマジで嫌いです。

フェミ議連の同じ方法でやり返されたら無視するところもそうですが、

相手にばかり求めて自分は何もするつもりがない人の言うことは聞きたくない。

2021年11月温泉むすめ設定騒動

スカートめくりは、されて嫌な気持ちになる側の人物が出てきてしまうので

リアル温泉とのコラボを前提とした企画なら避けるべき設定だと思う。

全体的に地域と関わっていくにしては危うい設定が散見されるのは頷ける。

内容はともかく指摘してる人が他人を傷付けておいて向き合わず放置してるので

そんな姿勢の人が他者にだけ背筋を正すことを求めても全く説得力が無いと思いました。


●まとめ・2013年からどのように考えが変わったか

オタクコンテンツ別にそんな大っぴらにさらけ出すようなものでもないじゃないよね…という感じだったのが、

無理筋(に見える)批判意見を見すぎて

オタクコンテンツ別にそこまで言われなきゃいけないもんでもなくない?」っていう感情に変わってきた。

積極的大通りに置きたいわけでもないんだけど。

性的表現については当初から大きく方針転換したわけではないし、見たくない人の目には触れないのが一番だよなと思いつつも

性的」の範囲が私が想定しているラインよりだいぶ広く取られることが多くて

「そこまで(掲示アウトレベルの)性的扱いされるとちょっと…」となる。

ただ、「そこまで…」っていうのはあくまで私個人感覚なわけで、ラインを決めるための議論自体継続してやっていくべきだと思う。

議論建設的にするためには双方相手の話に耳を傾けることが大事で、ここまでこじれるとだいぶ難しそうな気がして頭が痛いけど…

コンビニエロ本については、当初は深く考えずに撤去賛成だったけど

改めて調べるともともとコンビニに置かれるものは色々表現に気を使っていたのもわかって、うーんという感じ。

振り返ってみて、騒動の内容によって批判側に立つことも擁護側に立つこともあったけれど

全体的にコンテンツ批判側に居る人達に対して強い憤りを感じることが多かった。

これは一旦株が下がった相手のことは最初からマイナス評価で見てしまい、

更に嫌な点が目に付く悪循環のせいもあるのかもしれないなと思わなくもない。

温泉むすめの件、指摘した人が直前に酷いムーブしてたのもあって開く前から「うわっまたかよ…」と思ったし。

反対側からすればコンテンツ擁護側に対して同じように低評価悪循環に陥ってるんだと思う。

党派性判断せず一つ一つの内容に向き合っていきたいですね。難しいことだけど。

一方でコンテンツ擁護側も頑なになりすぎて「配慮したら後退・負け」みたいな認識になりかけてる人が居る気がするので危うさを感じる。

配慮できるところでしていくこと、なるべく不快になる人を減らそうとする努力をすること自体は悪ではないはず。

もちろん表現する上で不快になる人をゼロにすることは不可能だし、

誰かを不快にすることを承知でこの表現は譲れないんだ、というものはあって当然だけど。

穏当寄りに倒しても構わない部分はそうする、くらいの意識はあってもいいんじゃないだろうか。

いや、一歩譲歩すると無限に踏み込まれるという危機感はわかるし、それだけのことはされてきたと思うけど…


早く見たいコンテンツ以外は全てシャットアウトできるスマートグラスとかが普及して技術解決できる世の中になるといいですね。

2021-11-09

anond:20211109133550

蘇民袋のポスター懐かしいな

かにあれ駅で見てウゲッとなったの覚えてるわ

あれをお気持ち排除していいなら

のうりんや宇崎ちゃん排除されてもしょうがねぇって気がするな

2021-09-04

anond:20210903201547

エロ表現の自由戦士が生まれるまで】

①昔、表現権力者により検閲されるのが当たり前だった

②中でもポルノは風紀を乱すとし、焚書されることが当然の世であった

時代は移り、民主制が台頭すると、「表現の自由」なる概念が生まれ

 これは、為政者政府批判などを規制したり、投獄するのを防ぐ目的で制定された

本来、「表現の自由」は行政司法により制限されないが、それでは「表現を用いた他人への攻撃」を取り締まることが出来ない

 よって法治国家では「名誉棄損」などに関する法律を定め、権利対立解決できるようにするのが普通

ポルノ規制運動への反発には「表現の自由」が用いられることが多くなる

 ポルノは「世間的にマイナスとみなされる」類の表現であり、規制に対抗する時「有用性」での主張が難しいため

 (二次萌え絵オタクなどが存在しない昔の話)

人権意識が進んでくると、「差別」などの概念も発達し、これを行うことは「正しくない」と規定されるようになる

 昨今では「ヘイト」などの法規制を行う国や地域も出始めた

 これも、権利が衝突するのを解決するため利用される

⑦それらが先鋭化し「ポリティカルコレクトネス」(政治的正しさ)という概念が生まれ

 そこでは、女性差別人種差別などを構成する偏見助長されることすらNGとされた

女性の権利強化が進み、女性性的に扱う表現を「正しくない」と言えるようになる

 この運動は「女性差別」を基底としているため、ポルノ問題が「差別問題」へ変化する

個人的にはここがターニングポイントだと思っている

問題を「差別である」としたことで、玉虫色意見けん制できてしまった

事が差別であれば、「この程度の差別は許容されるべき」という意見構成できない

だって差別なのだから

差別ならば否定されなければならないし

反論しようとしたならば「差別でない」と言わなければならないが、そこで軸が「差別的」にずれる

セクハラ過去を持ち出し、女性性的に扱う表現は、そのような偏見助長すると展開するため

男性性的に消費している事実観測できさえすれば「差別的だ」と主張できてしまう(是々非々あろうが彼らには届かない)

不快感差別の混濁が始まる

 耐えてきたハラスメントなどが「性差別産物なのだ定義されるのだから当然の帰結

人工知能学会誌の表紙がやり玉にあがる(のうりん、宇崎ちゃんと続く)

 「(一部の)女性不快にする」コードで繋がれた家政婦という表象が「性差別である」として炎上した

 最終的には「男性社会偏見の現れ」とかい差別「性」に論がずれ

 「一般社団法人」でしかない人工知能学会に対して、公的機関などの言葉を使って「微細な偏見すら許されない」と攻撃された

 以後、定期的に萌え表現燃える事になるが、「差別」が前面に押し出されるようになる

⑪「お気持ち」返答が始まる

 対する男性側は「差別につながる偏見強化の恐れ」レベルにまで拡大批判してくる相手に対して

 「それ、お気持ちでしょ?」と返すようになる(意訳:差別ではないでしょう?)

 いくつかの事例積み上げの結果、指摘の整合性が取れないからだ

具体的にいけば

少年漫画で「取り柄がないように見える主人公に惚れるヒロイン」がラッキースケベの餌食にあう事は差別的で許されないが

少女漫画で「ヒロインにだけ優しいイケメンだが札付きの悪」が「嫌がるヒロインに強引な壁ドンからキス」するのは許されるのである

そして、それらのイケメンが、性的安全なよう最終ロックがかかった去勢された存在となっていてもオーケーなのである

※それらを享受することすら許さな楠本まきのような人も当然居るが、表象としてはエロセーラームーンなどにも矛先を向ける原理主義者は少ない

そうした不整合を処理するのに生まれ概念が「性的にまなざす」だ

今では忘れられてしまったが、一時「まなざし村」などとして流行った

同じ表象に対しても、女性主体性の結果であればOKで、男の欲望が介在した結果であればアウトという判定

これに「男社会価値観による刷り込みの結果」と「名誉男性」を合わせる事で自由自在批判対象を切断可能となった

ポリコレ集団表現撤去を求めてくるので表現の自由が使われる

 相手の動きが差別を御旗にした「表現規制運動であるため、「表現の自由」が使われることになる

 当然、古の経緯も影響あるだろうが、そも「差別」の解釈を広げすぎて「何でもかんでも差別(の助長)」状態相手と会話など成立しない

エロ表現の自由戦士爆誕

 この動きが一般化すると、それを揶揄する「エロ表現の自由戦士」という言葉が生まれ

 彼らが守っているのはエロコンテンツだけであり、自分が気に入らなければ打ち切りに追い込んだり、削除に追い込んだりする「お気持ち自警団である定義される

ここでバカバカしいと思うのは、そもそも表現戦場は「お気持ち」の戦場

「不人気」だってお気持ちだし、面白い掲載場所が合わず死ぬ作品もある

不快表現」を理由撤去されるポスターや中止されるCMだって普通にある(死霊のはらわたとかサイレン

問題なのは、「お気持ち」だと勝率が悪かったまなざし村村民が、「ポリコレ」という手段を知ってしまった事だ

これまでなら「妻がカレーを作るCM不愉快です」だったのが、「妻がカレーを作るCM性差別」として叩けるようになった

味を占めてしまたから、彼らはもう「自分気持ちを根気強く言葉に変え賛同を集める」事には戻れないだろう

一言言えばいいのだ「SABETSU」と

2021-03-18

anond:20210317171142

元田です

盆栽は思いついたけど(あと将棋とか)おっさん超えてじじいやん! とか、今誰もやってないとかのツッコミ想定して描きませんでした。

あと、自分のTLには盆栽趣味オタク居なかったので。将棋は多い。囲碁は居ない。

で、盆栽を育てる学校の生徒=のうりん的なのの延長でしかアイデア浮かんでなかったですが、

盆栽女体化というセンスに感銘受けました! hentaiですか笑

2020-11-04

CMで女性使うのって大変だな

ananの表紙やぐらんぶる広告みたいにイケメンが裸体さらしてもセーフ※1 だが、

女性だとなら着衣でも茜さや広告の様にアウト判定が飛ぶし

2次元ならもっと厳しくてアツギタイツとかのうりんポスターみたいなちょっと引っかかる点はあったなってレベルでも大炎上するし

京都地下鉄とか絵本イラストのような「何が問題なんだコレ」と思うレベルでも萌え絵が原因で炎上する可能性もある

当然、イラストレータや企画担当者女性であろうと関係ない。問題は「キモオタ性的に見られるか」だし

となると、男性向け広告以外で女性を使うのってリスクだらけなんじゃないの?

男性向けなら業務妨害クラスクレームが来ない限り客層じゃないか関係ないわけだし

批判側は「知識アップデートしろ」っていうけど、批判側のOSが全員違うの使ってるから何がエラーになるかわからんの怖くない?

アップデート前なら安牌だったものがどんどん減ってくるわけだし

かといってロフトポスターとか西武パイ投げとかの新しい広告方向性間違ってたらすぐ炎上するし

広告業って大変そうだな(小並感

※1

新宿HIVポスター取り下げとか、女性向けではないイケメンは判定が厳しい気がする

追記

男性向け広告以外で女性を使うのってリスクだらけなんじゃないの?」←つい先日、男向け広告であるはずのED治療看板フェミの人たちに燃やされてたが?

出演者への攻撃」「広告費が一部無駄」というリスク女性向け・全性別向けと同じだけど

こういう騒動での男性の抗議者は少ない = 男性客の減少・イメージダウンの影響は軽いので、直接的な悪影響は少ない気がする

しろこの炎上宣伝になるのでは? とおもって軽くググったら広告に出ている女性の方はyoutubeチャンネル名がばんばん出てくんのに

肝心のクリニック名はほとんど出てこない。みんなおっぱいしか興味ねえじゃねえか

とするとクリニックの宣伝も失敗してるわ。やっぱりリスクです。すいません

もう全部広告ペンギンにするしかねえわ

猫でよくね?

https://togetter.com/li/901682

特殊例だが、猫や小動物画像拡散する「人」がダメっていうパターンがあるのでダメかもしれない(震え)

2020-10-04

anond:20201004234022

宇崎ちゃんとかラブライブとかのうりんポスターとか色々あった気はするけど。特に公共

そういえばツイフェミネット上のエロ広告に対してはそこまで抗議活動してない気はする

何故なんだろ。胸強調の微エロポスターよりよっぽど実害ありそうなのに

2020-09-20

anond:20200920150521

圧力があったものだけ見ると

人工知能学会

ブレンディCM

志摩市キャラ

のうりんキャラ

うな子

資生堂CM

駅乃みちか

東急電鉄

環境省君野ミライ

ちふれCM

ユニ・チャーム

VOCE記事

宮城県壇蜜

サントリーCM

ゆらぎ荘

岩波書店広辞苑

池袋マルイ写真

キリン午後ティー

ワコール

ヤフー

花王

ワーナー

などなど、「価値観が変わった」ではなく、「圧力をかけた」ケースなので。

枚挙にいとまがない。

この手の圧力をかけて撤回させたケースを認めるのならば、間違いなく右派系も同じことをやりだすし実際やりだしてる。

2020-08-28

anond:20200826132157

ついにゃ、のうりんときに「理想的な書き方」とされた京都地下鉄ポスターさえ叩かれる対象に。

やはり巨乳だの性的だのなんて全部嘘で、「女性イラスト」が叩かれる基準という仮説は正しそうだ。

2020-08-25

anond:20200825224607

ごめん、書き方が悪かった。後で訂正しておく。

のうりんの絵はNGからちゃんと注意していればうまく修正できたんじゃないかなということ。

あれ、公共に出すには明らかにエロ描写がすぎるじゃん。

anond:20200825224058

のうりんがアリならラノベ表紙ぐらい余裕じゃねーか。頭ガバガバすぎんだろお前。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん