「着信履歴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 着信履歴とは

2019-08-26

チェックイン時のワン切り

目の前でワンコールされて

「何かありましたら着信履歴電話番号におかけください」というアレ

050なので、フロントが不在のとき従業員スマホ転送する仕様だと思われるが

これはワンオペテクニックというより、ずばり連絡先が虚偽でないか確認だな

2019-05-30

関西電力なのか、いらいやコミュニケーションなのか?

2019年5月29日(水)19時25分、睡眠薬を飲んで眠っている時にケータイ電話が鳴った。

関西電力(と言った)の中川女氏からで、ガスも契約すれば安くなるとの事。

私は断って、電話を切った。

しかしこのでんわばんごうはどこでしったのだろうか、、、?

私は着信履歴より電話をかけた。(19時32分)

出てきた男性事情説明し、上司に代わってもらった。

「えどスーパーバイザー係長)」が電話に出た。

この電話番号は、関西電力緊急事態などに使われるもので、広告に使われるものではない、と伝えた。

先方は平謝りで、実は「いらいやコミュニケーション」が受注してかけた旨を言ってきた。

では、受注した時におかしいと思わなかったのか、と問うた。

受注部門別になっており、そのあたりの事はわからない、と言ってきた。

では、受注部門電話を替わってくれ、と述べた。が、それは成されなかった。

30秒ほど待たされて、関西電力の方から電話をするので(逃げやがった)、電話しても良い日時を3つ程あげてくれ、と言ってきた。

私は次の土日とその次の土日の午後をあげた。(2019年6月1,2,8,9,15日)

それで今回は終わるので、先方は大変失礼いたしましたを繰り返していたので、睡眠薬を飲んでたのだから「お大事に」にとも言ってくれ、と言うと、そのように言った。

電話を切り、終わったのは20時をまわっていた。

私の睡眠薬の導入剤の効果はすっかり切れていた。

眠れない、眠れない、、、。

私は興奮を抑える薬を通常の2倍量飲んで、このブログに記録する事となった。

2019-05-04

親がICTに疎すぎてイライラする

着信履歴を見ると、遠方に住んでいる父から電話がめちゃくちゃかかってきていた。かけ直すと「LINE変えたから頼む。LINE開いて」という呪文みたいなことを言ってきた。

「ハァ?」と思いながらLINEを開くと、父が「退会しました」という状態になっていた。それで「よくわからんけど、何らかの事情LINEアカウント削除して変えたんだな」と思い、電話番号で父を検索して登録し直し「送ったぞ」みたいなメッセージを送って、その後放置していた。

その後何回も電話がかかってきていたようで、仕方なく電話をかけ直すと「インターネットしてたらLINEができなくなった」みたいなことを言い出した。意味がわからない。

なんとかして「パソコンLINEを使おうとした」という言葉を引き出したので「どうせパソコンで使おうとしてとりあえず押しまくってたら間違えて消したんだろうな」と思って「とりあえずいったんLINEアプリを削除してもう1回インストールし直してよ」と言い、「わかった」と言われたので電話を切った。ちなみに、どういう操作をしたのか聞いても「わからない」と言ってくる。わからないってなんだよ……結局何のヒントも得られなかった。

その後また電話がかかってきていて着信履歴が酷いことになっていたから、ショートメールで「誤ってLINEアカウントを削除したんだろ。とりあえずいったんLINEアプリを削除してもう1回インストールし直してよ」と言った。

すると「やめたわけないの。訳が解らない?」というふうに返事が返ってきた。どこの国の人だよって感じ。

自分の親でさえこんな感じだからサポートセンターの人って神だなと思った。

2019-01-11

UQ mobile端末補償サービス無償補償の条件を満たしても有償になる

UQ mobile端末補償サービス電話したら、規定に書かれた無償補償の条件を満たしていたにも関わらず、有償での交換を迫られ、散々な対応をされた。以下ではその一部始終を記載する。

UQ mobileスマホを利用している。最近スマホは大きいので持ちにくいこともあり、カバーストラップもつけて気をつけており、もちろんや水漏れや端末の落下等もなかった。それにも関わらず利用していたスマホ液晶が浮いてきてしまい、スマホ本体スピーカーイヤホンジャックに繋いだイヤホンからも音が出ず、電話もできない状態になってしまった。そこで、仕方がないので、他人携帯電話を借りて、契約していた端末保証サービスを利用しようと UQ mobile端末補償サービス受付センター電話した。

電話して症状を説明すると

端末補償サービス受付センター担当Hさん「液晶が浮いてきたとの申告のため、有償で5000円にて交換をします」

おかしいな?ホームページで見た説明と違う。

私「1年以内の自然故障無償で交換と説明がありますが?」

担当Hさん「皆さまに同じようにご案内しているので今回のケースの場合有償5000円にて交換となります。」

たかが5000円ならとも思うが、恐らく難癖つけて全てのケースで有償交換を迫るのであろうと思ったら言い返したくなってしまった。

私「どこにもそんな説明書いてありませんけど?」

担当Hさん「サービス規定に基づいて皆々さまに同じサービスを案内しております。」

色々言われるので、よくよくサービス規定を見ると以下のように書いてあった。

「端末補償サービス規定(第2版)
第8条第5項第3号

(3) 補償のお申込みが、本サポート制度対象動機のお買い上げ日から1年以内になされたものであって、補償

請求事由が本条第2項第1号に規定するものである場合は、前二号の規定にかかわらず、無償補償提供しま

す。

第8条第2項第1号

(1) 本サポート制度対象動機自然故障 (取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態のもとで発生

した故障)。

いやいや・・・契約して半年経ってないし、無償補償提供する条件に当てはまっているけど・・・

上記規定説明すると

UQ mobile担当者Hさん「社内で精査するので2、3日後に連絡をします。」

いやいや、電話壊れてて話せないし

私「すぐにでも新しい電話が欲しいのですが?」

担当Hさん「確認するので少々お待ちください。」

サマって書いているが、実はここまで1時間以上話していた。何度も保留音楽を流して待たされ、担当者も同じHイニシャルの別の人に入れ替わっていた。

担当Hさん「やはり規定に基づいて皆さまに同じようにサービスをしているので、今は有償5000円で交換の案内になります。」

いやいや、皆さまに規定とは異なるサービス提供してますって・・・

そして、サービス受付時間の21時を過ぎていたことで、さらに追い打ちをかけてきた。

担当Hさん「サービス受付センター営業時間が過ぎているため、途中で電話が切れてしまうかもしれません。2、3日後にお電話差し上げますのでいかがでしょうか?」

私「自分スマホが壊れていて、今も借りた電話で話しているので、メールで返答をいただけませんか?」

担当Hさん「電話しかできません。」

いやいや、あのさーー。もう訳わからず。

そんな中で電話が切られた。

ええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!

これは流石におかしいでしょう!?

UQmobileで24時間受付の他の電話番号にかけた。

私「さっき端末補償サービスに問い合わせてーー、電話を切られたのですが?電話を繋げていただけませんか?」

担当Oさん「問い合わせたところ、営業時間外のためか補償サービス受付センター電話が繋がりませんでした。」

私「自分スマホが壊れていて、今は借りた電話で話しているので、メールで返答をいただけませんか?」

担当Oさん「わかりました。明日の朝イチで必ずメールするように伝えます。」

と案内されて、翌日の一日が過ぎたが、メールは届いていない。

壊れて音が出ないスマホ電話番号への着信履歴すらない。

2019-01-04

アメリカ人ならマザコンは許されるのか

マジでなんなんだよ???

お前マザコンとかマジ無理って言ってたよなあ???それがアメリカ人なら文化??両親をリスペクト???ふざけんなよマジで

着信履歴に母があるだけで弄ってきたくせにピロートーク中に母の電話に出るアメリカ人はいいのかよ???

くたばれ

2018-12-08

登録のない着信履歴コールバックしたら「誰?」って言われた

まずお前が誰だよ

「どちら様ですか?」って聞いたらガチャ切り

ほんま死ね

2018-07-24

電話こそ至高

そんなコミュニケーションスタイルは苦手。

公私問わず、とりあえずメールくれると嬉しいタイプ

電話は基本スルー。急ぎの用事があったら、メールなりなんなり別の手段も併用してくるはず、と自分勝手ながらも、そういう思いで過ごしている。

「急ぎだから何度も電話しているのに何故出ない!」と怒られても困る。

伝言メモ留守電サービスの類は利用しているのだから、本当に緊急ならメッセージひとつでも残せばいいのに。

前記のような人に限って、ただ何度も着信履歴を残すのみ。

そりゃあ電話の方が早い案件もあるし、記録に残さな炒めに電話のみで済ますこともある。

ただ、何度も電話をかけてくるのみで代替手段を取らない人のことは、自分力不足だが理解できない。

(お手元の携帯電話スマートフォン通話専用もしくはこちらのメールアドレスなどを知らない相手であれば、もちろんそこは考慮する。)

2018-06-21

anond:20180621112510

どっちにしても疑われてるのだから縁を切って無視するのが一番ですよ。

謝らない限り、向こうからしかけられても無視するぐらいのもので。

それからパソコン携帯は全部着信履歴メール絶対に消さないこと。

警察原則証拠主義です。痴漢みたいな一部の犯罪ではともかく、もうすでに連絡を一切とってないストーカーなんて何もしませんしできません。

別れは絶対あるものです。むしろここでどうにかしようと動くことが疑われます

完全に縁を切ってしまって、真のストーカー犯が行動すればそちらが縄になります

あと、A子があまり強く言い出せない子で、B子相談して舞い上がってる可能性もあります。それはあなたがAことの距離をつかめなかったのが敗因ですが結果は同じです。

ガン無視して、縁を切っていれば捕まることはありません。ただ、わずかでも情をかけると、

舞い上がったA子なりB子が「ほらこれがストーカー証拠だ!!」みたいになるので、本当にかかわらないこと。

2018-04-12

anond:20180412121935

ああ…まさにそれだ…

夫は優しいけど、想像力が乏しいし元カノ関連では本当に傷ついたことが今もトラウマになって、たまにフラッシュバックして落ち込むこともあるし、そこに起因してるのかも。

例えば私がオシャレに詳しくなくて、でも彼氏(現旦那)には可愛いなって思ってもらいたくて、周りに自慢できるような彼女になりたくて

どういう服着てほしいとかある?どういう服が自分に似合うのかなあって言ったら、元カノ服のブランドに詳しいから聞いてみる?って言ったり

元カノの作ったカレーが美味しかったって話を聞いたから、どう作った感じなのか聞いたら、また元カノに聞いてみる?とか

私のプレゼント元カノ相談して一緒に買いに行ったりしてたらしいし、

私と付き合ってるとき元カノと2人で遊ぶこともあれば、友達交えた3人で遊んだりしてたこともあった

そんなに元カノと仲良くしたいなら、自分と別れてより戻しなよ、自分は心狭い人間からもう耐えられないし、分かれよって言ったら

着信履歴埋まるくらい連絡してきたから出たら、そういうのじゃない、私のことはなんていうか聖人みたいに思っててとかわけのわからないこといわれたなあ…

自分はそんな聖人みたいな人間じゃなくて、ただの人だよ。聖人でもなんでもない、悲しむし怒るし嫉妬するんだよって伝えた

長くなったけど、普通だったら気を使っていわない、しないことを平然とされてた過去がある。

その時のことは黒歴史って本人も言っててもうそういうことはないけど、全然また別の事で「いまそれ言って私がどう思うか想像しないの?」って発言されるとき

フラッシュバックしたりする…

どうやったら克服できるのかなあ、って思って

それなら自分もそういう風に相手を責められないようなことを持つことなのかなって思って=風俗で他の男とセックス経験するっていう馬鹿みたいな発想が浮かんだ

2018-02-07

鬱を経て見出した5秒で幸せになる方法

10年前くらいに鬱で死にかけました。

原因は働きすぎと家族問題に板挟みになったこと。

そんなわたしが色々なことを経験してみたどり着いた5秒で幸せなる方法

それは、目を閉じて軽く深呼吸して心のなかで「許す」とつぶやくこと。

仕事サービス業中間管理職

慢性的人手不足で月の残業時間は300時間超え。(もちろん手当は雀の涙

20代後半から5年くらいはまともに休みもなく、いつもお店にいました。

家に帰るとわたしと同じ実家住まいの5つ上の兄、冷え切った夫婦仲の両親。

母がけしかけるせいで父と兄の仲は最悪に悪く、父の一挙手一投足に兄が舌打ちやらいらだちを見せ、家の中は常に緊張の糸が張り詰めている状態でした。

仕事では体力も精神力も尽きるまで働き、家に帰ると親兄弟の顔色を見て釣り糸の上を綱渡りするような生活でした。

兄は極度のマザコンで、父が母を苦しめていることが許せなかったのでしょう。

母も、それがわかっていながらわざと兄の前で父から仕打ち(といっても正直しょうもないものばかりでしたが)を、さも不幸な様子で語っていました。

わたしはそれがわかっていたから母の話はほぼ聞き流していました。それがあったからなおさら兄にばかり頼っていたのかもしれませんが)

わたしにも、母から呪詛は送られてきました。

仕事中、いくら忙してく返事ができないといっても5分おきに着信履歴が溜まり留守電にはわたしが助けてくれないから不幸になるといったような呪い言葉が溜まっていました。

(困っているから助けてくれではなくて、わたしが困っているのはあなたが助けれないからだ、というような内容です。母を助けない子供は悪い子。子供に助けてもらえない母は不幸。という呪いです。)

そのままベッドに倒れ込みたい気持ち我慢して、母からの頼み事を聞きました。大半はしょうもないものばかりです。お金払って業者に来てもらえば終わるものです。

もちろんありがとうはありません。

彼女にしてみればわたしが手助けしなかったせいで不便を強いられていたのですから、直したところで普通を取り戻した気分でしかないのでしょう。

こんな毎日が、終わりを見せる様子もなく続きました。

そしてわたし唐突に壊れました。

ある日、いつものようにお店に立っていると入って一ヶ月くらいの新人さんがぎょっとした顔をしてこちらを見ています

「え?○○さん、どうして泣いているんですか?」

【そんなことはない】そう言い返そうとしても言葉がでてきませんでした。

その時はじめて自分が泣いていることに気が付きました。

泣いていることに気づいた途端に、目からは更に涙が溢れ、何か説明しようにも頭のなかで次から次へと湧いてくる言葉が嵐のように渦巻くばかりで一向に口から出てくることはありませんでした。

わけもわからないままに控室に飛び込むと、次のシフトで出勤予定のこれまた入りたての主婦さんが驚いた様子でこちらを見ていました。

やはり何も説明できずに、ただひたすらに涙が流れる目で相手を見ていると、主婦さんは表情を柔らかくして優しく言いました。

大丈夫。あせらないでいいから、ゆっくり息を整えなさい。」

それだけ言うと、わたしの両肩に優しく手を乗せてしょうもない世間話をはじめました。

それは何かに対する愚痴や不満ではなく、毎日ちょっとした発見や何でもない出来事の話でした。

それがどれだけの時間だったのかわたしにはわかりませんでしたが、ようやく嗚咽が止まり状況を説明しようとするとその人はただ「大丈夫よ。わたしに気を使う必要はないから。」とだけ言いました。

途端に新人さんだけをお店に取り残していることを思い出し、お礼もままならずにお店に戻ってしまいました。

次の日、お店の開店準備だけ顔を出すとその日は久しぶりの休みを取ることにしました。

お店に自分がいないことはとにかく不安でしたが、それこそ倒れてでもしまったらどうにもならないと考えたからです。

太陽が明るいうちに街なかを歩くのは本当に久しぶりでした。

ビルの谷間から雲一つない青空を見ていると、自分の心の中も綺麗さっぱりに晴れていくような気がしました。

しかし、母の着信はそれを許そうとはしませんでした。

最初はあえて着信を無視しても、履歴はあっという間にたまり最後留守電が一つ入って止まりました。

それだけですでに久しぶりの休日台無しでした。

わたし留守電も聞かずに家に帰ると、母に怒鳴りつけました。

今まで休むことな自分犠牲にしてきて、罪悪感に苛まされながらもやっと取った休みを奪うほどの用事は一体何だ、と。

それを横で聞いていた聞いた兄が、今度は「親に向かってその口の利き方は何だ!」と怒鳴ってきました。

わたしテーブルをひっくり返しました。目につくもの全てを床にぶちまけて叫びました。

「これでわたしが悪いと言うならわたしには生きている意味がない!xんでやる!」

明らかに二人が動揺したのがわかりました。

それでも兄は強がって「何があった。聞かせてみろ」と言ってきました。

馬鹿か。お前に聞かせてどうなるというのだ。また家族の愛だとか綺麗事を並べてわたしを縛り付けようとしてくるだけではないか

それ以上何も言わぬ二人をおいて、自室に戻りました。兄も母も追ってはきませんでした。

それまで、正直に言うと何度か死んでしまおうと考えたことがありました。

それができればどんだけ楽になれるか。

でも、そんなことをすれば周りが悲しむし、それ以上に迷惑をかけてしまう。

そう思ってはできるだけ忘れようとしました。

しかし、もちろん状況は一向に良くなっていきません。その思いは段々と強くなってきていました。

からこそあんなことを口にしたのだと思うのですが、その瞬間に、こんなやつらのために自分の命を犠牲にしようとしてだなんてことが心の底からバカらしくなってしまいました。

家族は大切にするもの。それが出来ない人間は悪い人間

誰が言い始めたのかもわからない、そんなつまらない思い込み自分が追い込まれていたのだと気づいてしまったのです。

バカバカしい。」

口に出してみると、ここ数年の自分生活全てが本当にバカバカしく感じられました。

今まで一体何をしていたのだろう。


そんなときはるか昔に聞いた言葉をふと思い出しました。

あなたが何かを許せないと思うときあなたは同時にその何かから許されていない。」という言葉でした。

なぜその時その言葉を思い出したのかわかりませんが、わたしは試しに母と兄を形だけでも許してみることにしました。

父をぞんざいに扱う母も、母にいいように操られて父に苛立ちをみせる兄も、そういうものなのだ存在を許すことにしてみたのです。

すると、頭の中だけのことでも、ある意味ではそんな存在がどうでも良くなりました。

どうでも良くなってみると、いままでそんなことに悩んでいた自分バカバカしくなりました。

次に、自分がいないと不安職場を許してみました。

すると、自分職場にい続けていた理由が、売上が悪かったときにせめて自分がいなかったことを悔やみたくないだけだからだということがわかりました。

おかしなことを言っているかもしれませんが、つまりはそういう追い込まれ方をしていたのだと思います。)

考えてみれば、わたしが父を嫌いではないのは、父のそういうところを許しているからに他なりません。

なんだか、それまでの人生が、まるで動いてもいない電車の中でひとりだけ転ばないようにと必死に踏ん張っているだけなように思えました。

そして次に、わたしわたしを許してみることにしました。

お店の売上が思うように上がっていかないのも、両親の仲が悪いのも、兄が母にいいように操られているのも、自分に何かできることがあるかもしれないけど、自分のせいではないんだ。

から自分犠牲になる必要なんてないんだ。

そう思うと、自分という存在を包み込む殻のようなものがすーっと溶けてきて消えていくような気持ちになりました。

あのまま放っておけば、世の中の不幸は全て自分のせいかもしれないと考えていたかもしれません。

言葉が下手で申し訳ないのですが、「いい」「悪い」と、「許す」「許さない」は別のことです。

悪いものでも、それが存在することは許すことが出来ます

逆を返せば、すでに存在しているものは、存在を許すことしかできまないのです。

それならば、存在することに頭を痛めるより、存在を許した上でその中で自分が何をすればいいのかを考えたほうが楽ですよね。

そう思ってからは、世の中の大半のことに心を乱されることはなくなりました。

感情に直接働きかけてくるような出来事も少なくありませんが、そういうときはこうします。

1.目を閉じます

2.ゆっくりから3秒息を吸います

3.口から1秒で息を吐き出しま

4.目を開けて心のなかで「許す」と唱えます

あら不思議

目の前の理不尽なことが、あっという間に他人事になります

どんなに嫌なことがあっても、自分犠牲になってはダメです。

自分ひとりではどうにも出来ないことを許せないと歯を食いしばるより、それを許した上で、自分はどう生きるかを考えたほうが健全現実的からです。

そう思うと、あの主婦さんはあのとき自分ありのままに許してくれていたのかもしれません。

から余計なことを考えずに済んだし、パニックになっていたのにもかかわらず、なんだかとてもホッとする時間を過ごしていたような気がしました。

いまでは家族とも程よく距離を取り、仕事も繁忙期以外の無用残業休日出勤はしなくなりました。

相変わらず残業代雀の涙ですが、あの頃より家族関係仕事の成績も良くなり、何より自分幸せと正面から向き合えるようになりました。

自分を苦しめるものはまずはその存在を許してみる。

その上で、距離を置くなり自分健全でいられる方法を考える。

大丈夫。逃げ道はいくらでもあるし、逃げ道の先にも新しい世界は沢山あります

だらだらとわかりづらいことを書いてしまいましたが、みんなの役に立てるとは思いませんが、誰か一人の役にでも立てたなら本当に幸せです。

2018-01-30

女性DVの多さ

女性DVの多さはもっと知られても良いだろう。

例えば次のような恋人同士のDV研究がある。

CiNii 論文 -  デートDV における暴力構造についてー頻度とダメージとの観点から

https://ci.nii.ac.jp/naid/120005557505

被害・加害経験の男女差については,相手威圧したり否定したりするという暴力において,女性男性よりも被害・加害経験率がともに高いという結果になった。

勘違いされがちだが、DVは「家庭内暴力」ではなく配偶者恋人など「パートナーから暴力」を指す。

また「デートDV」はデート中だけでなくパートナーとの関係内のなかで発生するものすべてを指す。

データ簡単に抜き出してみる。

行為での被害/被害経験したことの有る人/無い人の%

「高ダメ」は被害を受けた時のダメージが大きいと感じたか割合(%)

被害男性被害男性被害女性被害女性加害有男性加害無男性加害有女性加害無女性ダメ男ダメ女性
脅迫身体暴力23.276.816.583.519.780.327.572.5  
物を投げられる14.385.73.896.211.388.7158537.533.3
殴るふりや物を投げるふりをして脅される10.789.36.393.711.588.58.891.35075
顔や身体を殴ったり叩いたりされる14.385.75.194.96.593.523.876.362.525
あなた凶器を見せて脅す8.991.12.597.58.191.91.398.810050
「分かれるなら死んでやる」と言われる16.183.911.488.66.593.51.398.877.850
監視・行動の制限53.646.467.132.962.937.173.826.3  
いつも一緒にいることを要求される28.671.435.464.632.367.742.557.537.548.1
友人との付き合いを制限される23.276.820.379.72179158561.581.3
いつも行き先を告げさせられたり、報告させられたりする37.562.5435735.564.543.856.34550
相手好みの髪形や衣服指定される41.185.951.948.135.564.5604017.432.5
無断で携帯メール着信履歴を見られたり消されたりする19.680.412.787.312.987.18.891.34070
威圧否定505073.126.972.127.987.512.5  
自分が怒るのはあなたが怒るようなことを言ったからだと責め、あなたが悪いといわせる17.982.130.869.2297158.841.39083.3
意に沿わないと無視される23.276.822.877.235.564.5554569.288.9
あなた否定したり、あなた意見を認めない44.655.4623862.937.1802062.572.9
腹を立てたとき、大声で怒鳴られる19.680.412.787.319.780.326.373.854.590
あなたを人前で馬鹿にしたり、笑い者にする30.469.627.872.237.162.953.846.331.342.9
性的暴力10.989.135.464.630.669.410.890  
セックスを無理強いされる9.190.915.284.811.388.701004091.7
無理やりキスされたり体を触られたりする10.989.130.469.622.677.48.891.35079.2
コンドーム使用する避妊に協力してくれない7.392.713.986.117.782.32.597.57581.8

一般的DVというと物理的な暴力イメージする人が多いが、実際にはその種類は多岐にわたる。

ドメスティックバイオレンス - Wikipedia

身体暴力以外が軽視されがちな現状は好ましいとは言えないだろう。

暴力の種類別検討においては,精神暴力身体暴力性的暴力より行使されていることが明らかとなった。「好きだから恋人はいつも一緒にいたい」,「恋人には,自分の言うことをいつも受け入れてもらいたい」など,精神暴力愛という名のもとに相手支配していく側面がある。伊田(2010)は,被害者が束縛を愛だと考えてしまうことにより,DV 行為批判的に見られなくなり,被害を受容してしまうという構造があることを指摘している。

しかし,精神暴力身体暴力に先行することが示唆されている(O’Leary, 1999)。つまり精神暴力を軽んじることは,暴力エスカレートさせていく危険性も孕んでいる。


女性の加害率、被害率とも高いというのは女性はまんべんなくDVを行うが、男性側は恒常的にDVを行うものほとんど行わないものに分かれるということなのだろうか。

anond:20180130122438

2017-09-11

営業車で自殺未遂した

だけど、死ねなかった。先週の話。

まり鮮明な記憶は無い、ただ気がついたら首にバッグの紐が巻きついていた。

紐は運転席の手すりにくくりつけられていた。

車内の時計を見たら、朝6時を回っていた。会社駐車場にいて、付けっぱなしのカーラジオが流れていた。

首に紐で絞めた跡と喉に残る圧迫感、それから「私、死のうとして死ねなかったんだ」と気付いた。

しばらく呆然として、車を降りて自転車帰宅した。

衝動的に死にたくなることは度々あったが、実行に移してしまった自分にショックを受けて、

今週いっぱい会社を休ませて欲しいと上司に連絡した。

まさか自殺に失敗してショックなので休みたいですとは言えなかったので、休むことは認められず何事も無かったかのように出社するように言われた。

死のうとする前に泣きじゃくったのと、首を絞めたせいかからないけれど、目も顔もパンパンに腫れ上がってそれはそれは酷い顔だった。

瞼に擦り傷と、首にしっかりと赤い線も作ってしまっていた。

前日最後に会って話した社長にギョッとされ、その際のやりとりについてたしなめられ、とりあえず顔洗ってメイク直して営業出ろと指示をされた。

首の傷を指摘されたが、社長と話した時点で泣いていたのでその時に擦っちゃったかもしれないです〜とヘラヘラ笑ってごまかした。

その後普通に1日外回りをして、翌朝も普通に出社して、いつも通りの日常が流れている。

人が死のうとしようがしまいが、思ったより世界は動くことがない。

死ねなくても車で首を吊ってグッタリしているところを会社人間に見つかっていればもっと大騒ぎになっていたかもしれないし、

強制入院になっていたかもしれないけれど。

私が働く会社の体質は、誰か死にでもしない限り変わらないと思っていたけど、何人同じような理由で逃げ出しても変わらないからきっと下っ端の私が死んだところでなにも変わらないんだろうな。

このところ1日17~18時間働くのが日常になっており、自分の不始末で起こした事故から何度も警察に行ったり仕事で車を使うことを禁じられたり業務後深夜の繁華街運転練習したり、自分の至らなさから起こったことで気力も体力も消耗し尽くしていた。

その中でも少しだけ持ち合わせていたプライドで、どうしようもない状況下でも明るく振る舞い、逆に以前より仕事ぶりを社内外で評価されるくらいには前向きに仕事に打ち込んだ。

そんな中で、このチェックをクリアしたら再び車が使える、という場で、疲労から来る注意散漫さから失敗を繰り返してしまった。

午前3時は確実に過ぎていた、運転は認められないと言い渡され、自分の中で耐え忍び続けて繋ぎとめていた糸がぷつりと切れた気がした。

そこからは、一人で泣き喚いたことくらいしか覚えていないが、他の上司に手当たり次第電話をかけまくっていたこと(着信履歴を見て確認)、

社長無言電話をかけていたこと、ツイッター更新していたことはログから確認できたが、どうやって首を吊るという発想に至ったかはわからない。

幸か不幸か、死にたくなるときはあっても実行したことがなかったおかげで、車で首を吊るときは車高が高い車の手すりに紐をかけないと失敗しやすいという情報を知らなかったため、今回は未遂に終わった。

不思議なことに、今は非常に前向きに仕事に取り組めている。この気分の振り幅は自分コントロールできない。

そして自殺未遂から少しして、自分仕事が辛い、わかってほしいという気持ちが私より強かった後輩が会社を飛んだ。

後輩は強く非難され、無責任さに関して私も同調していたが、逃げることに関しては手段価値観が少しだけ違っただけで私だって人のことなんて言えない。

後輩にとっての逃げ道は退社すること、私にとっての逃げ道は死ぬことだからだ。

また今日仕事プランを考え、秋服に合わせて買った新色のリップをどうやって明日からメイクに取り入れるかちょっとだけ悩んで、

そしてどうしても死にたくなったときにいつでも死ねるように紐をバッグに忍ばせて寝る。

2017-08-20

信用金庫から間違い電話が来た。若い男性の声が受話器越しに聞こえた。

「御随身様ですか?」

違うけど、気になる。はいと言っていたらどうなっていたのか考えながら着信履歴を見ている

2017-08-09

彼の誕生日

高校生のころ

同級生から同じアーティストファンとして紹介された人と遠距離恋愛をしていた。

私は受験がうまくいき、不器用嫉妬深い彼は怒り狂い、受験に失敗した。

夜中に数十回の着信履歴があるようなことが続き、お互い大嫌いになった。

大学生になり、同じファンとして仲良くしてた人の結婚式で再会。

お互い少し成長もしていて、普通に会話したのを覚えてる。

これから友達としてまた逢おうね、と。

それから半年して、バイク事故で亡くなった。

19歳。もうすぐ誕生日がくる夏だった。

アドレス帳から連絡をもらえて参列はできたもの

地域も遠く、恥ずかしさもあり

付き合っていたことを知ってる人は一人もいなかった。

20歳になっていた自分

あの式の中でどんな感情を抱いていたのか

数年も経てば忘れられていると思っていたし

気持ちの整理がつくと思っていた。

お線香をあげにいきたいけど

一方的に泣かれても困るだろうし

さら高校時代彼女がいたなんて

親御さん的には別の彼女がいた可能だって無きにしも非ずだし

遠距離なのにこっそりこっちまで来てくれてたとか

彼が生きていた証だとしても

私の妄想でも語れそうな事を伝えるのはどうかとか

時が経っていない彼を見て受け入れたくないことから

いろんな理由つけて逃げてるうちに10年が経っていた。

2017-07-13

バニラエア相手ちょっと本気を出して見た話(3)

バニラエア相手ちょっと本気を出して見た話(1)https://anond.hatelabo.jp/20170713011805

バニラエア相手ちょっと本気を出して見た話(2)https://anond.hatelabo.jp/20170713013049

○時に折り電をもらうことになったおれは、その時間まで適当に過ごしていた。

そして○時。

番号を伝えておいた携帯電話がかかってきた。

携帯はずっと手元にあったので、2コール目ぐらいで取ろうとすると・・・

切れた。

断っておくが、おれの家は電波バリバリに入るし、今まで通話が切れたことなどただの1度もない。

通話ボタンを押す前に切れたので、操作ミスでもない。

あいい。

普通に常識を持ち合わせた人ならもう1回かけてくるでしょ。

・・・待つこと20分。

かかってこない。

流石に頭にきて、リダイヤルした。

着信履歴に出ているのはコールセンターの番号だった。

当然、また20分待たされる。

オペレーター:以下オ)「大変お待たせしました」

(おれ:以下俺)「(実名)と申します。○時に連絡いただける事になっていだんですが」

(オ)「少々お待ちください」

(オ)「お待たせしました。○時にお客様にご連絡させていただいております

(俺)「いや、出る前に切れたんだけど」

(オ)「間違いなく、○時にご連絡させていただいております

(俺)「そうじゃなくて、通話できていないんだから対応したことにはなりませんよね?」

(オ)「その通りでございます

(俺)「普通、2〜3コールで切れたら、もう一回かけなおしますよね?」

(オ)「仰る通りでございます

(俺)「じゃあなぜかけ直さなかったんですか?私は20分待ちましたけど?」

(オ)「私には分かりかねます

そりゃそうだ。電話かけてきたのはこのオペレーターじゃなくてSVなんだから

(俺)「ではそのSVに代わってもらえますか」

(オ)「只今他の電話対応をしておりまして・・・

たかよ。このコールセンターブラック度は相当深刻だな。

(俺)「私は○時におたくSVアポを取っているんですよ。これわかります?」

(オ)「承知しております

(俺)「SVが今対応している電話はそれ以降に掛かってきたものですよね?」

(オ)「仰る通りでございます

(俺)「じゃあ、優先権は私にあるわけですよね?これ間違ってます?」

(オ)「いいえ、間違いはございません」

(俺)「では今対応している電話をすぐ打ち切って、私に代わるようSVに伝えて貰えます?」

(オ)「かしこまりました」

(オ)「お待たせしました。確認したところ、やはり今対応しているお客様へご迷惑になりますので・・・

ここでおれは確信した。

このコールセンターブラックな上に、スタッフバカしか揃っていないんだ、と。

(俺)「そのお客さんに迷惑が掛かるのは当然でしょ?でもそれはあなた方が引き起こしたことですよね?」

(オ)「仰る通りでございます

(俺)「だったらそのお客さんに事情説明して、お詫びをして、その上で私に代わるのが筋じゃないんですか?」

(オ)「その通りでございます

(俺)「だったらその旨SVに伝えてください」

(オ)「かしこまりました」

(オ)「お待たせしました。確認したところ、やはり今対応しているお客様へご迷惑になりますので・・・

おれの中で何かがブチッと切れる音がした。

(俺)「もし、あなたが今私と逆の立場だったとしたら、あなたならどうします?」

(オ)「私は個人的意見を言える立場にはございません」

(俺)「じゃあ聞くけど、私が言っていることは理不尽要求だと思います?」

(オ)「いえ、思いません」

なんだよ。個人的意見を述べてるじゃん。

(俺)「私が何でおたく電話しているか、知ってます?」

(オ)「存じ上げております

(俺)「失礼ですけど、あなたバイトさん?」

(オ)「いえ、私は正社員です」

ほう、正社員か。

バイトあんまり怒るのは大人げないけど、相手正社員なら話が違ってくるな。

(俺)「私が御社に不信感を持っているのはご存知ですよね?その上でこの対応なわけ?」

(オ)「申し訳ございません」

(俺)「謝ってもらってもしょうがないでしょ?あなたが今すべきことは伝えたでしょ?」

(オ)「はい

(俺)「ではあなた正社員責任において、それをしなさいよ」

(オ)「私にはその権限がございませんので・・・

(俺)「じゃあ言うけどさ、例の車椅子の件もそうだけどさ、問い合わせメール出したら返答が5営業日後とか、コールセンター電話したら毎回20分待たされるとか、いつ電話してもSVが全員話し中とか、普通企業だったらありえないでしょ?」

(オ)「お客様から当社にそういった厳しい意見を頂いていることは重々承知しております

(俺)「お前さあ、そんな会社にいて恥ずかしいと思わないの?」

(オ)「・・・

(俺)「お前もその会社の一員だろ?おかしいことは変えていこうと思わない?」

(オ)「思います!」

(俺)「だったら変えていこうぜ。誰かがじゃなくて、お前がだ!お前が今すぐ行動を起こせ!」

(オ)「はい!」

(俺)「じゃあもう1回SVのところに行ってこい!」

(オ)「わかりました!」

(オ)「お待たせしました。×時△分に必ず、ご連絡させて頂くとのことでした」

(俺)「本当だろうな?」

(オ)「本当です」

(俺)「必ず、おれが出るまでコールするんだぞ?出るまで何百回でも鳴らせ!」

(オ)「はい、必ず伝えます

(俺)「わかった。じゃあお前を信じる。色々言って悪かったな。お前も大変だろうが、がんばれよ」

(オ)「はい、がんばります!」ガチャ

一体おれは何の話をしているのだろう・・・

つづく↓

https://anond.hatelabo.jp/20170713123253

【補足】

今回対応したオペレーターは「男性正社員」です。

本題とは外れた無用議論はしたくないので、敢えて強調させていただきます

意見クレームその他ツイッター(@be_n_te_n)まで

2017-04-24

連絡網携帯の番号にしてください

新学期子供クラス連絡網が来たのだけれど、固定電話を書くの、やめてほしいんだよね。

次の人が携帯の番号だととてもうれしい。

携帯だとほぼ確実に出てもらえるし、出てもらえなくても着信履歴が残るし、SMSで内容を確実に伝えられる。飛ばして次の人に連絡済だということも伝えられる。

それに対して固定電話だったときはほんとに困る。一年、これで苦労すると覚悟する。

昼間の緊急の連絡で電話にでない家が多いし、留守電になってもメッセージ残した上で確認のために掛け直しせざるを得ない。

留守番の人が出てもよくわからなかったりで結局、掛け直しになる。

学校の方からできるだけ携帯の番号を書くように指導してもらえないかと思う。

というか、固定電話なんてもうやめようよ。

2016-12-01

雨が降ったら

土砂降りの冬の日。

いつもより早く学校が終わり、電車に乗って帰宅している途中、父に迎えの連絡をしていないことに気がついた。

雨の日のお迎えは父に連絡というのが我が家の決まりごとだったが、普段メールをしない父には電話連絡という手段しかなく最寄り駅に着いたら連絡しようと少し憂鬱になった。

田舎の駅の待合室はとても寒く、出来ることなら待たずに帰りたかった。

改札口を抜け、人が少ない場所に寄り携帯で連絡しようとすると父の姿が見え、慌ててかけよった。

「えっ、何で?」

驚く私に父は、「何でって、お前のお迎えだよ」と呆れながら告げる。さも同然にそう言うが、私は連絡をしていないのにと頭を捻るばかりであった。

「昨日、早く学校が終わるって言ってたろ」

「えっ、うん。ありがとう、でも」

終わる時間は告げていなかったし、雨だって急なことだった。携帯着信履歴を見ても父からの連絡はなかった。

結構、待った? 何で、携帯電話しなかったの?」

「少し待ったよ。でも、来るのがわかってたし」

もう少し遅かったら連絡したよ、と言う父に今度は私が呆れた。

車に乗ると車内は暖かく、私が寒い思いをしないようにという父の配慮が感じられた。

「おかえり」

そう告げる父に、緩んだ顔がバレないように引き締める。迎えに来てくれたことが、凄く嬉しかったと気づかれたくはなかった。

しかし、私とは打って変わって父はどこか嬉しそうな顔をしているのできっとバレているのだろう。

「ただいま」

しかたがないので、私も笑った。

2016-06-29

親の喧嘩が怖いアラサー

小さい頃から喧嘩ばかりしている親だった。

大学に進学し、ようやく解放されると晴れやかな気持ち地元を離れたのも束の間、喧嘩の度に両親から着信が入る。

電話があるのは決まって夫婦喧嘩ときだ。電話に出られない時には「もう死にたいガチャン!」という音がいつも留守電に残されており、何があったかの察しがつく。

私は仕送りを貰っていた。養ってもらっている身であるのだから愚痴を聞くのは当然だと思い最初電話に出ていた。しかし両親双方の愚痴・言い分を聞いてなだめ、折衝役をこなすことにトータルで毎回十時間以上の時間的拘束を受けていることを度重なる喧嘩の中で把握し始めた。また真逆価値観を持つ両親の気持ちを、それぞれに理解する体を取り機嫌を損ねないよう振る舞うことに精神的にも疲れ果て、私は色々と理由を付けては徐々に電話に出なくなっていった。

父、母双方から鬼のよう着信履歴愚痴を聞かないことに対する親不孝者のレッテル。出ないことへの罪悪感。死にたい連呼する留守電。何をするのが人として正しいことなのかが分からない。

大学卒業地元から遠く離れた土地就職をして、27歳になる。問題なのは、私がこの年になっても未だに親の電話に怯えていることだ。

何度も繰り返しあったことなのに、ずっと慣れない。着信が入ると心臓が止まりそうになるし、胃が痛む。いい歳して情けない。私も大概おかしいのだろう。

まーた始まったよ(笑)と思えるようになる日が来るのだろうか。

2016-05-13

留守電

志望先からの連絡待ってたんだけどいつの間にか電源切っちゃってて

着信履歴みたら5分前に掛かってきてて

すぐに電話し直したら留守番電話になってて

何言ったらいいかわかんなくて

「え~っと電話貰ったんですけど電源切っちゃってまして……(何を言えばいいのかわからない)………すいませんまたお願いします」

つって切ったんだけど多分名前名乗るのわすれたかもしれん留守電とは思わんし

まぁ月曜にはかけなおしてくるだろうし大丈夫だろ

2016-02-11

知らない電話番号着信履歴に残っていて、固定電話だったのでググったら実家近くの郵便局だった。

慌てて電話をかけて、何があったのか咳き込む自分に、まぁまぁと電話番号の下四桁を教えてくださいと郵便局の人はいう。

本日再配達の依頼を承ったのですが、局内に荷物がございませんでした、、、という連絡だった。

そのあたりで自分は気づいた。そういや、今朝再配達の伝票を握りしめたまま目が覚めたな、と。

昨晩べろんべろんに酔った帰りしな、ポストから取り出したまま眠ったのだろう。

そして今朝、寝ぼけた頭でそこにある通り携帯ぽちぽち入力を済ませたのだった。郵便番号を間違えたまま。

一度取り消して、ちゃんと予約しなおした。

面白くも何もない話だけど、なんかそういうことってあるんだなぁ。迷惑かけてしまった。

2015-08-13

週刊朝日8月21日号の記事を知った樋渡啓祐武雄市長の反応

本文も強がり満載ですが、ともかくはFacebook (魚拓 : https://archive.is/1glsC ) でのコメント欄

樋渡啓祐しかし、この牧野記者さん。会ったことも無い人なのに、僕の携帯に、夜中電話掛けてくるし、時間が無いと言っているのに、しつこく、メールやら電話やら、鬱になりそうでした。朝日新聞社記者人権意識を疑います発行部数が激減してるのも分かるわ。

このコメントを読んで思い出すのは3年前のとあるブログ魚拓 : http://archive.is/2iuO )で書かれていたこと。

武雄市役所職員が自殺した事件は、まだ記憶に新しい。
彼の携帯には、休日深夜問わず、樋渡啓介武雄市から
着信が鳴り響いた。
武雄市長は、アイディアが浮かぶと、時間お構いなしに
彼を叩き起こし、呼び出し、用事を言いつけた。
周りの人間は、彼が律儀に市長の言いつけに従うのを心配した。
彼は、度々周りの人間に、武雄市を良くしたいと夢を語っていた。
市長となら、それができると。
彼にはやる気があった。
市長電話で、眠れない日が続いた。
ずっと、ずっと続いた。
彼は、自殺した。

残された彼の携帯には、武雄市から着信履歴
ずらりと並んでいた。

彼の葬式に、樋渡啓介武雄市長は、
「がばいばあちゃん」のTシャツ姿でやってきた。

「がばいばあちゃん」の宣伝をして帰って行った。

潰せるなら恫喝行為で相手を黙らせる彼も、さすがに情報が広がりすぎると開き直るしかないらしい。ちなみに聞いた限りでは、武雄市図書館蔦屋書店に今週発売の週刊朝日は置いていないようだ。まだ入荷していないだけかもしれないのだけどね。

2015-07-22

明日には気分が晴れているといいんだけど

気に入らない!気に入らない!!気に入らない!!!

着信履歴を見て、10分後にかけなおしたら、話し中だった。

それから、30分後、1時間後とかけたけど、未だ話し中。

これなんなの?

こんな時間仕事電話しないよね~。

だいたい、前に時間外には仕事メールも見ないって言ってたもんね~。

どーせ明日、前の職場友達と~とか言ってくるんだろ!!!

嘘くさいんだよ。

男同士で1時間以上電話するもんか?

えっ、まさかホモなの?ホモなんですか??

それなら大歓迎。

ウソ、君では萌えないわ。

彼氏とその友達妄想かい腐女子あるあるみたいなの見るけど、わたしに限ってはほんとそれはないわ。

明日仕事だ。早く寝なきゃ。

明日は、雨降るみたいだし、うっとおしいな。

2015-05-27

これって毒親ですか?

結婚して実家を出てからもしかして私の親は毒親だったんではないか?と思い始めたのでここで話させてください

三十路、既婚、子無しです。

実家にいた頃はとにかく親の言うことをよく聞いていました。

24結婚したのですが、それまで実家にいました。

実家では大学生社会人になっても、

土日両方遊びに行くと怒られる(家で休みなさいと言われる)

一度学校とかから帰宅したら徒歩5分のコンビニとかに行くのも許されない

家の中にあるタオルなどのルールが決まっていて、間違えると怒鳴られる

から帰ってきた時一度でも外で床においたものをを床に置くと汚いと怒られる

海外旅行(特に東南アジア)から帰ってくると汚物扱い。荷物は新聞紙の上にしか置けない。服は玄関で全てぬがされ、新聞紙の上しか歩けず、風呂場に直行させられる

こんな感じで息苦しかったです。

あんまりにも息苦しいので結婚してさっさと家を出ました。

家を出てからは束縛されることもなく自由暮らしているのですが、

たまに土日に実家にモノをとりに来なさいと言われたりします。

仕方がないので予定を合わせたりするのですが、

土日はほとんど旦那と遊びに出掛けているので予定が合いません。

それがバレると前記の理由罵倒されます

土日両方遊ぶなんて許されない、とか。

それが嫌なので実家から連絡が来ても無視したり、と疎遠にしています

実家の超近くに住んでいますが、年に一度正月しか合わなくなりました。

年に二回は海外旅行10回は国内旅行に行きますが、

行ったことがバレると遊びすぎたと怒鳴られます

遊ぶために共働きして頑張っているのに、なぜ怒られなくてはいけないのか。

そんな感じなので、旅行に行っても親にはおみやげは買わないし、そもそも旅行に行くことすら伝えなくなりました。

その結果旅行中に気がついたら祖母が死んでいたこともあり、通夜葬式も出ませんでした(帰国したら山のような着信履歴)

これって、親は毒親なんですかね。過干渉なんですかね。

めんどくさいので交流してないのですが、実際こんな親いたらどうなんでしょう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん