「池田晶子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 池田晶子とは

2016-03-05

http://anond.hatelabo.jp/20160303234714

そもそもの話、池田晶子だったら、「女性差別はいけない。むきーっ」なんて言わないんじゃないの?

彼女人権や思いやりとかの良識については、大衆がこだわるくだらない常識だと見下していて、自分けが真実を分かっていると言いたげに罵倒するのがわりと好きな人だった。

 

その意味池田晶子は、曽野綾子に似ている。右翼的じゃないという違いはあるが芸風は同じだ。

凡庸意見のくせに勘違いして偉そうに説教するというか、いい年して常識に反発する天邪鬼あまのじゃく)というか、そんな感じである

これはどこで読んだか忘れたが、ああい説教本の読者は「他人所詮馬鹿ばっかりだ。自分は賢いから世間常識を疑うことができる」という尊大意識を著者と共有しているらしい。だから説教本を読むとき自分説教される側じゃなくて説教する側に共感し、気持ちよくなれるのだという。なるほどと思った。

 

しかし、そういう中二病みたいな考えは誰もが心の中で思ったことぐらいあるはずだし、あえて現代社会への批判著述するならばそれこそニーチェのように深い哲学的洞察必要となるだろう。

また、そうやって人権とか思いやりをあざわらうのが行き着く先は、つまるところ現実社会における差別貧困放置するシニシズムじゃないかとも思う。「建前や綺麗事を疑うことができる自分はすごい」みたいな人、よくいますよね?たぶん本人は賢いつもりなんだろうけど、じつは言っていることが極めて軽薄。私の中で池田晶子はそういう位置付けでした。

 

まり熱心に読んだことないので、こう断定して間違いだったらすみません

ただね、人権や思いやりをふくめて社会常識をトコトン馬鹿にしてみせる芸風で人気になった作家さんを讃えるための賞なんだから、その式に参加した元増田が「女性差別はよくない。セクハラをやめよう」という優等生のような意見をふりかざすのはカッコ悪いです。

 

追記。そういえば池田晶子って、元モデルらしいし、美人女性ということも売りにしていたな。

もしも彼女キモいオッサンだったら、たぶん絶対作家にはなれなかったはず。

まさしく女性という「華」をプッシュする出版業界戦略があってこそ、あそこまで祭り上げられたキャラだったというわけだ。

2016-03-03

女は誰かのための「華」や「飾り」じゃないんだよ!

今日、「わたくし、つまりNobody賞」(←第1回の受賞者は川上未映子)の

受賞式に行ってきた。

今年の受賞者の武田砂鉄の『紋切り型社会』という本が好きで、彼の講演を

聞きたかたから。

池田晶子旦那さんの開会の言葉は感動的だったし、武田砂鉄の

記念講演会ユーモアに溢れていてすごく良かった。

ひたすら考え続けることや、言葉の大切さを改めて感じたし、

「わたくし、つまりNobody賞」の理念言葉に対する姿勢と志を認めて、

その表現者独自性と可能性を応援してゆこうという目的)にも好感を持った。



それなのにさ、最後最後ですごく腹たつことがあったんだよね。

懇親会が終わって、最後、会場にいる30人くらいで記念撮影を撮ることになった時。

1列目に椅子がバーって並べられて、そしたら主催者側の人が、

「は〜い!女性は前の椅子に座ってください〜!」

って言ったの。

は?って思った。なんで女性を前に座らせようとするの?

「足腰が弱い人は前に座ってください」とか「ご高齢の方は前に座ってください」

とかだったらわかる。でも「女性から」という理由で前に座ってくださいという

意味がわからない。

いや、わかってるよ。女性が前に座っていた方が、「華」があって、

写真の見栄えがよいからだよね。

よく、テレビバラエティ番組とかで見る、前列に若くて美人女性が座って

後列にはおっさん芸人が座っていると同じ構図だよね。

でもさ、女は誰かのための「華」として存在しているわけじゃないんだよ〜!

「わたくし、つまりNobody賞」は、自分の頭でものを考えることを良しとする

賞なんだからさ、主催者側がここで、それこそ「紋切り型」に「女性は前に座って

ください!」なんて言っちゃダメでしょう。



もし、この日記関係者が読んでいたら、来年はどうか「女性から

という理由女性に何かをさせないでください。

2008-12-23

http://anond.hatelabo.jp/20081223100819

どうでもいいけど、信夫関連の記事でさっきから、池田晶子のアフィがでてきてなんともいえないきぶん。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん