「日本ユニセフ協会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本ユニセフ協会とは

2019-08-26

anond:20190826192442

NPOというより日本ユニセフ協会への寄付みたいなもんだろ

取り分は自分らが勝手に決めますよという

2018-02-13

ユニセフマンスリーサポートを解約した

日本ユニセフ協会がやっているマンスリーサポートという、銀行口座クレジットカード経由で定額の支援ができるプログラムがある。おれもこれに参加していて、しばらくたったのだが、こないだ解約した。これは別に何千円が惜しい、というわけではない。いや、カネないけど。まあ、それはおいといて、解約した理由としては「自己満足感が薄い」という点が挙げられる。支援目的としては貧困国の人たちの生活ちょっとでも良くなれば、という気持ちもあるのだが、それと同じくらい「良いことしたなー」という自己満足感/自己肯定感を得たい、という部分ある。けど、月々の定額の引き落としだと、なんとなく「寄付したなー」感がめちゃくちゃ薄くなるんだよな。たまに口座の明細をみて思い出す程度。それなら多少手間であっても、銀行に行って現金で振り込み依頼をしたりしたほうが満足感を得られるな、と思ったのだ。もちろん、マンスリーサポートという仕組みはそういう手間を嫌ったり、なんとなく支援しようかなあ、と思っている人には良い仕組みだと思います

2018-01-30

その580億円で

「コインチェックの盗難額=スカイツリーの工費」などと聞いたので、ほかにどんな比較できるかなと調べた。

の、あたりにショックを受けた。富の集中とか資産人口パレート図とかが頭をよぎった。

コインチェックの返金が課税か非課税か、という話題があるようだけれど、課税して再分配してくれてもいいかもと、今日この時ばかりはちょっと思った(被害者の人ごめん)。

(自分勝手な考えであり、税金必要なところに必ず届くとも限らないのだが)

募金してこよ…。

2017-11-01

日本では小児性愛者の権利は割と認められている

が、それを好ましいと思わない人間権利制限を求めている

主にキリスト教圏の小児性愛と獣性愛ギルティ基準日本にも取り入れようという動きは大きい

日本ユニセフ協会の「準児童ポルノ」という造語まで作った「なくそう! 子どもポルノキャンペーン」がその一例である

主に先進国と言われる国々だから将来的にも取り入れられる可能性は高く、非常に不安

小児性愛者の権利を主張するのは、そのような運動に対する行動である

2017-02-05

いまJASRACヘイトが熱い

似た例としては、日本ユニセフ協会一見や、NHK

 

これらがヘイトを集めやすいのは一考の余地あるのではないか

共通点を考えてみる

 

「集金」

 

どの組織も集金活動が大きな組織課題になっている

似たところで言うと税務署

 

使途不明

 

金を集めたあとでどうなったか、彼らが自己申告するしかない

ひょっとしたら適正に運用されているかもしれないが、疑いが晴れるわけもない

それだけ彼らが集めている金はでかいのだ

 

恩恵が薄い

 

JASRAC恩恵を得るのは音楽家

NHK公共放送だが、見てない人は多い

日本ユニセフ協会も、金を受け取った人からフィードバック募金者に届いているかと言えば疑問だ

 

なので支払う側からすれば「なんかお金取られた」でしかなくなる

ちなみにこの構図は税金行政とも通じるところがある

みかじめ料なんて言われたりもするね

 

分配の思想自由度がない

JASRAC 

「私は音楽教室のぶんは無料にしたいです」みたいなアーティスト意向を受けて例外対応したりしない

これは包括契約が悪いと思うが、そこを変えようとしない

最近ライセンスパターンみたいなのもあるが、そういうのを取り入れようとしないので不信感が増す

 

NHK

公共放送だが、どの番組に力を入れてほしいみたいな意志は届かない

民法の方がまだ視聴率というもの意志が届いてしま

 

日本ユニセフ協会

これは日ユニというより募金全般だけど、何に使われるかが割りと包括的不明

実際に抜いている

 

どこも実際に給料報酬は抜いてるわけで、どうあがいても批判は買う 

 

まとめ

 

これらに対するヘイトって何のことはなく、行政に対する不満と同一のものだよね

行政に対してはまだ選挙というものがあるが、彼らには無い

 

彼らがもっと理解されるには

・柔軟性を持つ

・信頼されている人を役員に引き入れる

ガラス張りを心がける

 

を徹底するしかないんじゃないのかな

 

いや、別に理解される気ないんだろうけどね!w

2017-01-21

キングコング西野の「天才的な炎上」について説明する

このところ世間を騒がせているキングコング西野絵本えんとつ町のプペル無償公開事件

これについて自分は本当に西野亮廣という人間天才だと感じた。

と言っても別に例の絵本西野が書いてないのに西野が書いてることになってる件とか、

配布してるページが収益貰えるシステムになってるとかそういう下らないことを指して天才と言いたいのではなく、

彼の行った一連の「ネット印象操作」についてが天才的だと言いたいのだ。それについてちょっと説明してみたいと思う。

  

  

まず、事の発端となった1月19日ブログだ。

http://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html

  

お金奴隷解放宣言」。このセンセーショナルタイトルと以降の文章についてどう思うだろうか。

多くの人は以下の2つの印象を持つだろう。

  

お金のことをよくわかっておらず、格好いいことしようとして周りに迷惑をかける無知

・表ではいい顔をして裏ではしっかり稼ごうとする強かなクズ

  

おおむね、ネットの反応も上の2つで通っていたと思う。

重要なのはこの2つの印象を同時に持ってしまうことだ。つまりお金のことを何も理解してない上に裏できっちり稼ごうとしているバカで賢い人間」。矛盾していると思うだろうか。

いや、そんなことは無いのだ。日本には似たような人、または似たようなイメージを持たれている人が多数存在する。

例えばワタミ渡邉美樹社長社員に対してああだこうだ頭の悪そうな夢を説いているが、実際の所人件費ケチるための方便だろう。

あるいは日本ユニセフ協会アグネス・チャン世界の子供を救うなんて言ってるが、実際の所募金で金を稼ごうとしているだけだろう。

事実はともかく、日本にはこういうイメージを持たれ、日々ネット民サンドバックになり続けている人間が多数存在する。

西野亮廣はそんなサンドバックのイメージピタリとはまったわけだ。

  

から誰もが西野亮廣攻撃した。この人が人を呼ぶ大炎上により無事「えんとつ町のプペル」の人気は再燃。見事amazon絵本売上でランキング1位をかっさらったのだ。

めでたし、めだたし。

  

  

・・・で、終わらなかったのが今回の話のスゴイ所だろう。

この時点で西野は賢いだの商売うまいだの、「上から目線」で評価しようとする人もいたが、個人的にはそりゃねえだろと思っていた。

いくら成功しようと儲けようと、他人に嫌われて成立する商売なんてクソの一言で済ませるべきだ。だから今回も、西野はクソ、で終わるはずだった。

  

  

ところがこの西野亮廣という男、この炎上を鎮火するどころか、同情すら買ってしまったのだ。

  

翌日1/20記事

http://lineblog.me/nishino/archives/9256313.html

  

今度の記事はどうだろうか。そこにはいい格好したいだけのうすっぺらい無知もいない。裏でこっそり稼ごうとするクズもいない。

いるのは堅実な夢を語り、真っ当なビジネスで堂々と稼ぐ西野亮廣ただ一人だ。

  

これが恐ろしいところだ。ネット民は誰もが西野を「叩いても反論できない男」だと確信していた。

渡邉社長が「社員残業を強いているのは経営のためだ」とか、アグネス・チャンが「募金の一部を貰ってるのは社員を食わせるためだ」と言うだろうか?

口が裂けても言えないだろう。それまでの発言否定することになるからだ。

しかし彼は堂々と、堅実で真っ当な話をしてしまった。

前日のすっからかんな内容の記事にはウソも隠し事も無かった。しかし、この日の発言をする余地をしっかりと残していた。

  

これについて文句を言う人は前日より遥かに減った。何しろ、彼の発言は何もかも正しいからだ。

無料で配布しても利益は出る。お金必要じゃない場合もある。むしろこれらの言葉は、旧態依然とした日本大企業政府に言ってやりたい言葉

まりネット民」側の言葉なのだ

  

前日の記事リアルタイムで見ずに、この記事を見た人はどう思うだろうか。

「なんだ、西野ってカッコいいやつじゃん!それに対して文句言ってる連中は頭悪いな!」だろう。

まり西野亮廣が嫌われることにより発生した炎上は、ここで無事鎮火したのである火災発生からたった一日で。

  

  

炎上ビジネス」と言われた案件は数あれど、そのどれもが今も嫌われ続けている。

対してこれほど見事に嫌われの輪廻から外れたのは類を見ない。だから西野亮廣天才だと思う。

いや、これは西野亮廣個人がやっているかはわからない。というか十中八九、裏にブレーンがいるか、あるいは西野本人がブレーンとなって駒を動かしているかだろう。

しろ1/20記事がこなれすぎている。たった1日、いや、炎上した後から計算すれば半日で、これほど見事な文章が書けるだろうか。

おそらくは元からネットの反応を予見していて、それに対する文章を用意し、そこにツイッターの反応を埋め込んでいった。それだけだろう。

からといって蔑むことはない。キングコング西野というコンテンツを、ここまで見事に運営したグループに天晴と言うほかない。

  

  

ただし一つだけ、どうしても気に入らない点がある。

声優明坂聡美さんをはじめ、ネットでは「無料配布は誰も幸せにならない」という文句が巻き起こっていた。それに対して、「えんとつ町のプペルは売れた」という趣旨でこき下ろした点だ。

ネット民文句を言ったのはえんとつ町のプペル無料配布したことではなく、あくまでその後のポエムに出てきた「お金はいらない」という下りだろう。

早い話が彼らは論点のすり替えを行って上手いこと反論したのだ。いや、議論になっていないか一方的暴力だ。これについては流石に弁護できない。

2016-06-27

[]99%嘘記事だらけ「虚構新聞」“1%の真実”の凄味…SNS炎上海外メディアも騙された、その“実像”は

http://www.sankei.com/west/news/140104/wst1401040001-n3.html

記事削除要請

 虚構新聞が“報じた”99%の情報が嘘だが、言い換えれば、1%の事実が含まれていることになる。嘘記事の中にわずかな真実を加えるという手法は「誤解を招く」との批判もある。最近では創刊以来初めて、記事の「削除要請」も受けた。

 問題となったのは、昨年11月18日朝に配信された《日本ユニセフ寄付金の流れ透明化へ》という嘘記事。《日本ユニセフ協会が地上40階建ての全面ガラス張りの新本部ビル建設して『限りなく透明に近い日本ユニセフ』を目指す》といった内容だった。この場合日本ユニセフ協会が「寄付金」を募っているのは周知の事実だが、それ以外は「虚構」の世界だ。

 この嘘記事は同日午後に削除され、虚構新聞社は「協会から『信頼を失墜させかねない』とした抗議文が届いた」と明かした。

 UK氏は「記事もっとシンプルな形でも良かったかもしれない。その意味では書きすぎた」と振り返りつつも、「削除要請は納得できない」と強調する。

 「日本ユニセフから『この部分が誤解を招く恐れがある』と説明があれば、きちんと対応する。まずいと思ったもの記事中で謝罪する気持ちもあった。だが、自分表現に対して何の説明もなく消せというやり方は暴力的だ」と憤る。

 これまで第三者からの抗議はあったものの、記事で取り上げられた当事者団体・個人から抗議はなかったという。

 これに対し、日本ユニセフ削除要請について「『虚構新聞』を知っている人はいいが、(検索サイトの)検索結果などで見出しだけ見て誤解し、ユニセフ本部日本ユニセフ協会に対する信頼を失われる方々が発生する可能性を懸念した」としている。

2016-03-07

キモオタによるフェミニズム概論

フェミニストからキモオタ死ねと言われ、私はもちろんキモオタであるから激昂してクソフェミ死ねと言い返しかけて、そこでふと気がついて困惑した。

フェミニズムとは何だろうか。

私はフェミニズム名前ぐらいしか知らない。しかし知らないものを知らないままにしておくことは、少なくとも私にとってキモオタしからぬ行為である。私は自分に自信をもってキモオタでありたい。クソフェミ死ねと罵られるキモオタであることに誇りを持ちたい。ならばフェミニズムについて知らなければならない。

しかフェミニズムについて知りたかったら何を読めばいいのか。これが意外と分からない。ロールズやセンを読めというのを見つけたので読んでみたが、やはりフェミニズムが分かった気になれない。

そこで手当たり次第に適当にフェミニズム書籍を読んでまとめみることにした結果が本稿である。決して十全ではないが、私同様、フェミニズムをよく知らないオタク諸姉諸兄にとって、フェミニズム理解の取っ掛かりになれば幸いである。

フェミニズムとは

フェミニズムは大きく三種類ある。ラディカル・フェミニズム(以下ラディフェミ)、リベラルフェミニズム(以下リベフェミ)、そしてマルクス主義フェミニズム(以下マルフェミ)であり、それぞれ理論の組み立ては全く異なる。以下順に見ていこう。

ラディカル・フェミニズム

現在のラディフェミ理論的支柱はキャサリン・マッキノンと言っていいだろう。「性の不平等の源はミソジニー(女嫌い)」であり、「ミソジニーの源は性的サディズムにある」(C.マッキノン,"フェミニズム表現の自由",1987,*1)。そして社会に溢れるポルノグラフィ(以下ポルノ)こそが「性差別主義者社会秩序の精髄であり、その本質をなす社会的行為」(*1)に他ならないと喝破する。この諸悪の根源ポルノであるという揺るぎない確信からポルノ法規制を推進する。

ポルノ性犯罪を誘発するという統計的証拠はあるのか。この批判に、しかしマッキノンは自覚的である。誘発するという調査もあり、無いという調査もあると率直に認める。従って彼女が起草した反ポルノ法は「被害をもたらすことが証明されうる物だけが告発できる」(C.マッキノン&A.ドウォーキン,"ポルノグラフィ性差別",1997,*2)。「証明されるべき被害は、強制行為、暴行脅迫、名誉毀損、性にもとづいて従属させる物の取引といった被害でなければなら」(*2)ず、不快に感じた、宗教上の信念を侵しているといった被害は認められない。被害者ではない第三者告発することも認められない。

ポルノには、ホモレズ二次元も、古典文学から芸術作品まで被害をもたらすことが証明される限り全て含まれる。自分が叩きやすゲームマンガだけを槍玉にあげて、自分が叩かれやすい文学や芸術から目を背けるチキンではない。殴るからには全て殴る。それがマッキノである

なお、田嶋陽子はラディフェミを名乗りドウォーキンへの共感を示しているが、ポルノ諸悪の根源とはせず、現実的政策としてはリベフェミに近い内容を述べているため注意されたい("愛という名の支配",1992)。

リベラルフェミニズム

J.ロールズの「公正としての正義」やA.センの「不平等の再検討」をその理論的土台とし、リベフェミは次の点を問題視する。「ジェンダーシステムは、その根を家族における性別役割にもち、事実上わたしたちの生活の隅々まで枝葉をはびこらせた、社会の基礎的構造のひとつ」(S.オーキン,"正義ジェンダー家族",1989,*3)であり、「女性男性重要差異が、家族内で現在おこなわれている性別分業によって作られる」(*3)。

夫婦がともに働いている姿を子供に見せることが教育上望ましいと考え、そして共働きにおいて妻にだけ家事育児押し付けられることは不平等であり、二人で平等に分担するべきであるとする。もし専業主婦なら、夫の稼ぎは夫婦二人で稼いだものとして両者で均等に等分すべきだとオーキンは言う。

このように家庭内賃金労働の不平等の解消によって性差別の無い社会が構築されるとする考えから、リベフェミ女性社会進出を推奨し、出産休暇や託児所の拡充、男性育児休暇取得を推進する。また「子どもたちがなりたい人間になる機会」(*3)を拡大するため――その機会を無知ゆえに狭めないために、性教育重要性を訴える。

なお、「男性を敵視し憎む分派は消滅するだろう」(B.フリーダン,"新しい女性創造",1965)が示すように、フェミニズム男性女性権力闘争化することに否定的立場をとる。

マルクス主義フェミニズム

出産を含む女性の家事育児は明白な労働行為である。にも関わらず男性社会はそれに一切の支払いをしてこなかった。ゆえに女性とは搾取されるプロレタリアートであり、その意味で男性とはブルジョワジーである女性の抑圧は、資本制と家父長制の構造上必然的に生じたものであると喝破し、資本制・家父長制の打倒を訴え、そしてこれが日本の伝統フェミニズムである

女性社会進出に関してはリベフェミの主張とほぼ同一だが、フェミニズムの主要な敵は男性であると断じ、マルフェミでは家事育児という労働に対する賃金の支払いを請求する(上野千鶴子,"家父長制と資本マルクス主義フェミニズムの地平",1990,*4)点で異なる。ただし誰に請求しているのか、また家父長制を崩壊させるために「資本制との新しい調停」を、というが、それが共産制かというとそれも曖昧で判然としない。

日本ではさらにそこに独自思想が入り交ざる。例えば男女混合名簿の推進は「日の丸君が代シンボルとする儀式を撃ちくずす」(河合真由美,"「男が先」を否定することでみえてくるもの――学校の中での性差別男女混合名簿",1991)から良いのだ等、目的が何なのか、いささか混沌としている向きも見受けられる。

その他のフェミニズムと補足

レズビアンフェミニズムブラックフェミニズムエコロジカルフェミニズムポストモダンフェミニズムなど多岐にわたる。マルクス主義フェミニズムの派生であるサイボーグフェミニズム(D.ハラウェイ,"サイボーグ宣言",1985)は読むとつまらないがネタとしては面白い。あとキワモノで言えばスピリチュアルフェミニズムとか。

補足1:クィア理論

同性愛者とフェミニスト関係は、従来男性権力社会に対する「敵の敵は味方」関係に過ぎなかった。そこで登場したのが「フェミニズムと、ジェンダーに関するゲイレズビアンの視点と、ポスト構造主義理論を、政治的ひとつに纏め」(J.バトラー,"ジェンダートラブル",1990)たクィア理論である。これにより統一戦線理論的に張ることが出来るようになった。

補足2:男性差別

リベフェミは広範な男性差別否定するが、アファーマティブ・アクションでの男性差別肯定する。ラディフェミ男性敵視の姿勢を持つが、しかしマッキノンは男性けが徴兵されることは男性差別だとして否定する。「平等とは、ジェンダーの違いではなく、ジェンダーヒエラルキーを問題にし、その根絶をめざすものである」(*1)からである。マルフェミはよくわからなかった。女性兵士に反対しているので、男性差別肯定されるのかもしれない。

フェミニズムが扱う問題

セクハラ家庭内暴力中絶女性兵士等色々あるが、本稿ではオタク、わけてもアニメオタク関係の深い「性の商品化」について取り上げる。

「性の商品化」の法規制

マッキノンは、猥褻として過去に規制された、まさに「性の商品化であるユリシーズ(J.ジョイス,1922)について「ポルノではない」と述べる(*2)。現実の被害が証明されていないからである。「性の商品化」は法規制の理由にならない。

リベフェミであるN.ストロッセンは「子供や妻への虐待強姦日常的な女性への屈辱行為などを正当化する内容が詳細に述べられている」書籍として聖書をあげ、「禁止されない安全思想などほとんど存在しない」("ポルノグラフィ防衛論",2000)とする。そして性教育がかつて猥褻として政府に規制された例を上げ、ポルノ禁止法は政府検閲に利用されると強く批判する。

一方、上野は「性の商品化」だとしてミスコン廃止を訴えるフェミニストについて、彼女らは「法的取り締まりを要求したわけではなく、受け手として「不愉快」だという意思表示権利行使であると言う。そして「性の商品化」は「メディアのなかでも、なんらかの基準がつくられる必要がある("「セクシュアリティ」の近代を超えて",新編日本フェミニズム6,2009)」とする。

ここから見えてくる点として、女性が「不愉快であることが問題なのだということが分かる。「性の商品化」とは何か、それに実害があるかは、おそらく最終的にはどうでもいいのである。さらに求めているのは自主規制であって法規制ではない。自主規制によって発言者は自ら口をつぐむのだから表現の自由は全く関係のない話である

不愉快」による法規制正統性

リベフェミであるマーサヌスバウム嫌悪感を根拠とした法規制を徹底して批判し、ゾーニング妥当性を論じるが("感情と法",2004)、マルフェミである永田えり子は「ポルノ市場が成立すれば、必然的ポルノ市場の外部に流出する。そして流出すると不快に感じる人がいる」("道徳フェミニスト宣言",1997)としてゾーニング効果がないと批判する。

ポルノは「人々に広く不快を甘受させているかもしれない。そして事実不快だという人がいる。ならば、それは公害である」。「性の商品化は多くの人々に対して、確実に何らかの不快や怒りを与えるはず」であるがゆえに規制されるべきだと主張する。

そのような不快感を根拠とした規制は恣意的運用がなされるという批判は当たらない。曖昧な法は他にもあるが、現に警察と司法は正しく運用しているかである。性道徳に根拠が無いという批判も当たらない。「根拠がないということがすなわち不当であるわけではな」く、それは「正しいから正しい」のである

なお、福島瑞穂非実在児童ポルノ規制は法的安定性が保証されないとして反対しており、この永田見解がマルフェミ共通見解でないことは述べておく。が、例えば児童ポルノ法規制に対して日本ユニセフ協会広報室長の中井裕真から司法は正しく運用してくれる旨の見解が述べられており(永山薫昼間たかし,"マンガ論争勃発2",2009)、これがフェミニストの通説でないことは明らかだが、一定存在する見解であるように思われる。

日本草の根フェミニズム

初期の日本フェミニズムには「反主知性主義」があり、「女性であれば(女性としての経験をもってさえいれば)誰でも女性学担い手になれること、専門的なジャーゴンや注の使用を避け」、「プロアマ距離をできるだけ近づけること」が目指されたと上野は述べている("女性学の制度化をめぐって",2001)。

こうした取り組みで女性が声をあげられる空気を作り出すことに成功したが、結果としてフェミニズムは「一人一派」と化した。筆者の私見に過ぎないが、これは同時にフェミニズムと「私」の区別を曖昧なままにしたのではないか。

「私」とフェミニズムが一体化しているとすれば、「私」が不愉快ならフェミニズム上も不公正に決まっている。それが従来のフェミニズム理論と矛盾していたり整合性が取れなくとも関係ない。「「オンナ対オトコ!」なんて言ってるフェミなんて、いないのになぁ」(北原みのり,"フェミの嫌われ方",2000)が示す通り、従来の理論について知識も興味もないフェミニストは珍しくない。知らなければ(当人の中で)矛盾はしない。

理論を欠いた思想は、しばしば信念や信仰へと還元されてしまいがちである」(*4)と上野は言う。そのような啓蒙主義者にとって「真理はつねに単純である。(中略)真理を受け容れることのできない人々は(中略)真理の力で救済することができなければ、力の論理で封じるほかはない」。そうして治安警察国家を招き寄せる人々は「反主知主義の闇の中に閉ざされる」。

これは実は上野によるリベフェミへの批判なのだが、筆者にはリベフェミではないところに突き刺さっているように思えてならない。

おわりに

このようにフェミニズム一言で言い表せるような概念ではもはやない。日本の初期フェミニズムはマルフェミが中心であったが、現代日本フェミニストは必ずしもそうではないだろう(例えば堀田碧は"「男女共同参画」と「日の丸フェミニズムの危うい関係"で一部の若いフェミニスト愛国心に苦言を呈している)。

最後になるが、フェミニズムはクソだという見解に私は全く同意しない。職場上司女性社員の尻を撫でることは強制わいせつ以外の何物でもないし、家庭内暴力夫婦喧嘩ではなく傷害である。どれだけ成果を上げようが性別を理由に賃金を低く抑え、出世コースから排除するといった制度の是正フェミニズムが尽力したことを、私は決してクソだとは思わない。

私がクソだと思うのは、……まぁ、書かなくても察してもらえるかと思う。

いささか長い増田になった。この程度の調査力でキモオタとかw という批判は甘んじて受けるしか無いが、とはいえもし誰かの理解の役に立ったのならそれに勝るものはない。

2016-01-27

24時間テレビの窓口が日本ユニセフ協会だったんですけど

ユニセフ日本支部に募金するにはどうしたら良かったですか?

あと、日本テレビはどうしてずっと日本ユニセフなんですかね。

間違って日本ユニセフ募金しそうになって今も困惑してるんですが。

2013-11-24

http://anond.hatelabo.jp/20131123105933

ただの個人ジョークサイトに目くじら立てて批判するのは気がしれない。

他のデマサイトにしたって、それらの名前にたいそうな信用力があるとは思えない。

大して影響ないでしょ。記事を読んで、自分ものを考えれば、信じるか信じないか判断できる。

叩いて遊びたいだけの人と、叩かれていることについて考えめぐらして遊びたい人がいるように思う。

  

日本ユニセフ協会という題材がものすごくデリケートな話題だったためにこんなことになったんだろうな。

ありそうでないウソ記事を読んで楽しむだけですめばよかったのに。

2013-11-22

「間違っているかどうか」と「嫌われるかどうか」を、未だにごっちゃにして語ってる人居るよね。

たとえ間違っていなくても嫌われるものは嫌われる。それは普通にありふれた事なんだよ。

「○○は間違っていないのだから、嫌われるのはおかしい」というのは、人間感情ってもの全然分かってない人の主張だと思う。




日本ユニセフ協会さん、あんたらの事だよ。

2013-11-19

アグネス・チャンがとりわけ叩かれる理由の一つ

児ポ法規制を推進する団体はいくつもあるのに、

なぜアグネス・チャン大使を務める日本ユニセフ協会が何故とりわけ槍玉に挙げられるのか。

 

ズバリ彼女が「中国人」だからなんだよ。

(もちろん、それだけが理由ではないことは言うまでもないがここでは割愛する)

 

中国人であるアグネス・チャン(英領時代香港生まれなので国籍イギリス(厳密には本国生まれと扱いが異なる))が

児ポ法規制強化の動きの広告塔として登場したことが

ネトウヨ感情を刺激したからこそ、これだけ燃え上がったのだろう。

 

もし広告塔韓国人だったらどうだったのかといえば、似たようなことはあったのかもしれないが、

少なくともチベットウイグルを引き合いに出した非難の声はないだろう。

 

あと、もう一つ。アグネス槍玉に挙げられていることによる影響を上げておく。

 

誰かがはてブで言っていたように、アグネスは弾除けの役割果たしている。

アグネスユニセフ協会に攻撃の矛先が向けられることにより、

他の団体や、警察自民党の中の規制推進派が取り上げられることは少ないし、

ネトウヨ、とりわけ自民信者自民党規制推進寄りの姿勢を取っている現実や、

アグネス安倍総理の交友関係などの不都合な話から目を背けることができるわけだ。

 

それに、その時の記者会見に出ていたECPAT宮本潤子氏や、自民党森山眞弓議員(当時)、

日教組出身民主党の神本美恵子議員ですら、アグネスに比べれば圧倒的に槍玉に挙げられる機会は少ないほどだ。

日本ユニセフに絶対に寄付しないことにした。

例の虚構新聞日本ユニセフ協会の記事削除の件。自分虚構新聞を毎エントリ読んでる。おもしろいと思うネタのほうが多いけれど、つまらんと思うネタもある。 今回のユニセフの記事は、つまらないと思った。

けれど、日本ユニセフ協会対応の早さにびっくりした。8:00に記事が配信されて、14:30前に抗議が入ったということは、記事配信後6時間半以内に削除依頼を出していることになる。これって、早すぎないだろうか。この記事削除に絡んで、日本ユニセフ週刊新潮個人サイトにも抗議を入れていることを知った。

まり日本ユニセフ協会には自らの名誉を毀損すると判断した対象には断固対応する姿勢があり、それもそれが即座に対応できる体制になっている。そのために雇ってる人間人件費がどこから出ているかというと、ひろゆきの指摘したユニセフ本体に回っていない募金である

慈善事業にも運営費がかかるのはわかる。日本ユニセフ協会が自身の名誉を毀損すると判断した媒体に対して抗議をするのも、それが日本ユニセフ協会姿勢ならば、それはそれで認めざるを得ない。けど、こんな虚構新聞のような、インターネットの末端にまで日々調べまわって(まるで中国共産党のように)、抗議をする人間を雇ってるのは、全くの無駄であり、1円でも募金無駄遣いする日本ユニセフ協会には募金はしない。そう決めた。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw843834の反応コピペ

虚構新聞の「日本ユニセフ寄付金の流れ透明化へ」という記事 日本ユニセフ協会から抗議が来て削除

http://news.nicovideo.jp/watch/nw843834

ニコニコニュース内の上記の記事についたコメント(もといTwitterの反応)を上から20個ほどコピペ

----------------------------

@TechnocratsRock

「今後日本ユニセフ協会アグネス・チャンさんを取り上げる場合は、必ず接頭辞に「裏表のない」をつけること」ワロタ

@genpatsuhantaiz

この場合、たちが悪いのは抗議をした日本愈偽腐の方。つまり害悪団体が抗議が厚顔無恥な抗議をした事。

@kyusetsu

流石はユ偽フ、シャレも分からんとは。

@sitenrin

ひろゆききっかけで日本ユニセフユニセフとは直接関係無い団体だと知った、アグネスの豪邸は寄付金で潤ってる。

@P2439tGm4d

間違えて、真実を記事にしちゃったんですねw

@fukoroha

そろそろ本家ユニセフ日本ユニセフを訴えていいと思う

@youdens2

ちなみに日本ユニセフ本家ユニセフ下部組織ではなく、直接の関係は無いそうです。

@hadoron1203

透明化のことなど見聞きするのもイヤなんだろうなw日本マスコミの皆さん。このくらいの仕事しましょうね

@a_systematic_ap

なんだ、本当のことで知られちゃまずいことでも書いてあったのかwww見ればよかった

@x54aaa

ズルズルどつぼへ沈んで行くよ

@i_soua

ネタマジレスwwwwそこは本当に透明化してみて返せよw

@zarastro_jp

タイトルが紛らわしいな。ユニセフ日本ユニセフは明確に区別しないと。アカデミー賞日本アカデミー賞くらい違うし。

@blackdomi

グッジョブすぎるw そして言い訳日本ユニセフをいい感じに馬鹿にしていてさすがとしか

@tougenkyo244

寄付金の流用が%で許されるからって、何十億も抜いて偉そうに権利を主張する団体を信用は出来ないわけで。

@green8horn

狭量だなぁ

@trapfuse

資金の流れが不透明が嘘なのか、資金の流れを透明化頑張るが嘘なのかw

@takama23

協会ちゃんお小遣いあげてないとこから突付かれたから大騒ぎ!w

@siva_tomo

おいしい仕事だもんね、仕方ないね。%だから寄付金が増えるほど利益が増えるよ!やったねユニセフ

@hero_in_brain

まだ透明化してないもん!ってことっすねなるほど

@233413

ここ改正児ポ必死で推進してる団体だろ。守りたいのは児童ではなく自分達の利益だろ?アグネス激おこ

----------------------------

日本ユニセフの倒し方、知らないでしょ?オレらはもう知ってます

なんか気に喰わないあの募金中抜き組織をやっつけよう!

支援を受ける現地の人に募金中抜きを非難させる。 → ☓

支援を受ける側にとっては、より多くの支援を行ってくれる組織正義

金に色はついてないので、2012 年度実績で約 130 億円も送ってくる団体は神様のような存在しか見えんでしょう。

なので、この戦略は無理。

ユニセフ本部へ抗議を行う。 → ☓

本部は、各国のユニセフ協会に一定範囲内の中抜きを認めており、日本ユニセフ協会は半世紀以上に渡って安定的に巨額の金を本部に流し続けてるので無理。

代替組織も無いしね。ずぶずぶですわ。

国や役所に訴える。 → ☓

日本ユニセフ公益財団法人として国の認定と監査を受けている、つまりお墨付きを得ている状態なので無理。

官を抱き込むとは、おのれ卑怯なり日本ユニセフ

ちなみに公益財団法人の認定と監査は厳しい。なぜならば、そこ緩いと、やくざ組織脱税マネロンに利用されるから

税務当局も金の流れはがっちりチェックしてるでしょう。役員報酬の不合理な増額とか、親族企業を使った不正経理とかやったら一発で締め上げられるんじゃないかな。

見えないトイレ建設費は割と無駄だと思うけど、判定アウトを勝ち取る材料としては弱いのよね。

ネットで訴える。 → ☓

日本ユニセフの主なターゲットは、情弱。つまりテレビ新聞しか見ず、インターネットヤフーって思ってるような人たち。

そういった人たちにしつこいぐらいチラシ配ったり葉書を送ったり各種イベントで直接働きかけたりして募金を呼びかけて、掻き集めに集めた金額が 160 億円。

当然、ネットで批判が出ていても、日本ユニセフ現在募金してる人たちがその記事を目にすることは無い。

草の根の募金ネットワークを作って、日本ユニセフ募金しようとする人たちを他に流す。 → ○

家族、親戚、友人、職場ネットワーク

なんでも良いので、なるべく身の回りの多くの人たちに声を掛けて、募金活動への参加と、実際に募金を行うのは日本ユニセフ以外にするように働きかける。

これ。

あとは有言実行、行動あるのみ。

日本ユニセフより多くの募金を集めて、世界各国様々な支援団体に金を流せば、我々の勝ち。

ね? 簡単でしょう?

日本ユニセフ協会の話題が嫌だ

準児童ポルノキャンペーンという創作物規制表現の自由の制限を求める活動のころから日本ユニセフ協会名前アグネス・チャンの顔も見たくない。

最近はてな界隈では話題になっていて嫌だ。

どうして日本ユニセフ協会アグネス・チャンは余計なことをしたり言ったりするのだろうか。

創作物規制を行ったところで人権意識が向上するとも実在児童が守られるとも思えない。

インタビューサブカルチャーに対して意見を述べることが募金活動児童保護に繋がるのか?

貧しい児童、死んでいく子供たちがいますと情に訴えて集金するだけでは駄目なのか?

日本ユニセフ協会国連児童基金の名を逸脱した活動を行っているのが気に食わない。

しかしたらサブカルチャーを批判することでそういう層から多額の募金があるのかもしれない。

そういう層ってお金持ってそうだもんな。

だとすると絶望しかない。

せめてそういう層向けの会合とかでサブカルチャー批判してくれ。

俺の目に触れないところでやってくれ。

2013-11-18

日本ユニセフ協会がどんな善行をしてたとしても

勝手に他人の住所を調べあげてDM送りつけてくる時点で俺にとっては害悪しかないので、

電話会社代理店と一緒に一刻も早く滅亡してほしい。

http://anond.hatelabo.jp/20131118155728

日本ユニセフの資金は既に透明化されているので皮肉になっていない

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_keisan.html

虚構新聞の記事では、「日本ユニセフが、使途が不透明だとして批判されてきた同団体への寄付金について来年から透明化を徹底させると明らかにした」と書いてあるから、ある程度公開しているのは知ってるでしょ

で、その既に「透明化されている物」に対しても批判はされている

では、その大金を何に使っているのか。内訳は募金活動事業費(約14億5000万円)、啓発宣伝事業費(約5億円)、管理費(約3億円)など。職員わずか36名の団体が募金右から左に動かすだけで、30億円近い活動費を使うことには違和感もある。職員の給与は「地方公務員並み」(日ユニ広報室)というから人件費だけでは数億円だろう。

http://www.news-postseven.com/archives/20110405_16645.html

日本ユニセフ協会の収支を見て気になったところを抜粋

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/pdf/syusi_yosan2013.pdf

役員報酬計  18,479,000円

給与手当計 238,555,000円

福利厚生計  58,645,000円

退職給付計  18,280,000円

雑費計     17,883,000円

業務委託費計 1,099,569,000円

職員数は66名らしいので給与総額はこんなもんだろうが

それにしても雑費と福利厚生が多すぎるし

福利厚生は66名のスタッフ数で割ると1人当りおよそ90万円

そもそも役員報酬なんか渡す必要あるか?

あと業務委託費って何?10億円以上も業務を委託するなんてありえる?

これって関連会社に資金を迂回してるんじゃないか邪推してしまわないか

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1780037.html

正しい批判かどうかはともかく。

書いた時点で負けだったな

日本ユニセフ協会は清廉潔白な素晴らしい団体(※虚構です)

と書けば「清廉潔白ではないかのように思われる」と抗議を受けるし、

日本ユニセフ協会募金をピンはねする極悪団体(※虚構です)

と書けば「(虚構と書いてあっても)極悪団体のように思われる」と抗議を受ける。

いつまで虚構新聞なんか信じてんの

日本ユニセフ、寄付金の流れ透明化へ

はてなブックマーク - 日本ユニセフ、寄付金の流れ透明化へ

虚構新聞が「日本ユニセフ寄付金の流れ透明化へ」という記事を書く

日本ユニセフの資金は既に透明化されているので皮肉になっていない

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_keisan.html

日本ユニセフから抗議

削除

という流れなんだが、

まあ削除がなかったとしても全体的に出来の悪いネタで、

ペットボトルの蓋を日本ユニセフが集めている」かのような表現があるなど、

いつもどおり社主無知に基づく「悪質なデマ」でしかなかった。

ところが記事削除後の反応として、

「(抗議したということは)透明化する気がないんだな」

「(抗議によって)透明化していないことを自分から暴露した」

といったもの散見される。

繰り返すが、虚構新聞が書く記事は、

この日本ユニセフの記事に限らず、風刺にもなっていない「悪質なデマ」が多い。

抗議があるのは当然であって、

「痛いところを突かれたので圧力をかけて正義の風刺を削除させた」といったような妄想はあまりにも下劣だ。

補足

エコキャップ運動 - Wikipedia

キャップの売却益をほぼ全額寄付していると主張するエコキャップ推進協会であるが、全収入からみた寄付額は約50%で、残りの半分が運営費となっている。別のキャップリサイクルNPOであるReライフスタイルや、実際にワクチンを購入するNPO世界の子どもにワクチン日本委員会も同様に収入の半額を運営費として計上している。これは、類似の活動を行う日本ユニセフ協会ベルマーク教育助成財団運営費を約20%で賄っていることを考えると高額ではないかとの指摘がある。

寄付から運営費を「中抜き」するのを叩きたい人はこっちにすればいいんじゃね?

2013-11-17

SAPIO日本ユニセフ協会理事の記事(2000/12

http://anond.hatelabo.jp/20131115132145

面白そうな記事があったか国会図書館で書き写してきた。

http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I5588749-00

10年間で拠出金を4倍増させた日本ユニセフ協会大躍進の秘密 日本ユニセフ協会専務理事 東郷良尚

以下は記事の最後の部分。

 これらの活動を支えているもうひとつ大切なことシステム人材に対する投資だ。募金活動にしても、コンピュータシステムへの投資がなければ、日本でもこれほどの発展はしなかったと思う。

 現在NPOを見て感じるのは、一般的投資消極的なのではないかということだ。この点を最初にためらっていると、いつまでも効果的な募金システムが作れなくなる。

 募金に協力してくださる方や募金件数が増えてくれば手作業だけではカバーしきれない部分も多くなってくる。例えば、DMを同じ人に何通も送ってしまうようなミスが続くと、受け取った人は郵送料などの経費が無駄に使われたという印象を持ち、組織全体の信頼性が保てなくなる。しっかりとしたシステム必要とされる所以だ。

 人材への投資大事だ。これからの人道援助の世界には能力のある若い人材もっともっと必要だ。そのためにも、先ほど述べたNPOへの優遇策が必要になってくる。税制優遇することでNPO財政的に潤えば、スタッフ給与を出すことができるようになる。

 そうすることで、人材雇用確保が可能になる。全体の雇用創出で、日本経済にも貢献するはずだ。ある程度給与保証して、いい人材をとることによって全体のレベルもあがることになる。

 日本の多くのNPOから途上国現場でも能力を発揮できる若い人たちがどんどん出てくるようになって欲しいと思う。

なお記事の前半はどうやって募金額を増やしたのかの話。

DM個人情報問題は「子供のため社会正義のためであることを説明して理解してもらった」とのこと。

2013-11-16

http://anond.hatelabo.jp/20131116145015

日本ユニセフ協会って、「フィリピンの子供のために」と託された募金を、平気で「日本アニメゲームの撲滅のために」使ったりするからな。「子供を守る」という同じ目的のためなら別にいいじゃんってのが言い分なのだろうが。

日本ユニセフ生協

組織が大きくなって、扱う金も大きくなるといろいろと利権が生じる。

小野寺まさる?@onoderamasaru

東日本大震災募金では、日本ユニセフ協会生活支援物資の殆どを“生協から調達を

>していた。しかも仕入価格は異常に高く、又「可能な限り被災地に近い業者から物資を

>購入する」との意図は欠片も無かった。

>因みに、日本ユニセフ協会の各地区の支部の事務所はその殆どが全国各地の“生協”内にある。

https://twitter.com/onoderamasaru/status/400778471367901184

日本ユニセフ協会協定地域組織所在地の特徴をまとめてみた

http://togetter.com/li/590632

北海道ユニセフ協会 コープさっぽろ本部2F

宮城県ユニセフ協会 みやぎ生活協同組合

茨城県ユニセフ協会 茨城県生活協同組合連合会

埼玉県ユニセフ協会 コープネット事業連合

千葉県ユニセフ協会 コープネット事業連合

岐阜県ユニセフ協会 生活協同組合コープぎふ1階

石川県ユニセフ協会 石川県生活協同組合連合会

三重県ユニセフ協会 三重県生活協同組合連合会

兵庫県ユニセフ協会 コープこうべ生活文化センター4階

香川県ユニセフ協会 コープかがわコミュニティールーム内

愛媛県ユニセフ協会 コープえひめ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん