「ヘテロセクシャル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヘテロセクシャルとは

2021-11-10

モヤモヤ

増田です。電子コミックBL部門で大賞となった『僕のおまわりさん』というBLがある。ちょっと覗いてみて疑問が浮かんだ。

 

私はヘテロセクシャル異性愛者)だからか、男同士のイチャイチャや性行為にも、やっぱり嫌悪感がある。嫌悪感とまではいかなくても、変なモヤモヤ感がある。

 

そこで疑問が浮かんだ。

 

ホモセクシャル同性愛者)の方々って、異性愛者のイチャイチャとか性行為のことを、どんなふうに思ってるんだろうか。キモ!とか思うのかな?

2021-10-17

anond:20211017202748

よく質問されるので書いておくと、ヘテロセクシャルです。

くらいだとどうなんだろ。

2021-10-16

すべての男はゲイですべての女はレズビアン

ヘテロセクシャルの人たち、基本的いかれてて傲慢客観視もできない馬鹿じゃん?周りにいる人を当たり前みたいにヘテロセクシャルだと思って「彼女彼氏)は?」「結婚は?」みたいなこと聞くし。

なのでこちらもすべての人間同性愛者だと思うことにした。

異性愛者と同じくらい低レベルになってみようと思う。

2021-10-10

リベラル」は「(オタク向けエロの)表現の自由」を否定する

オタク向けロリエロ漫画BLの「表現の自由」を、弱者・少数派の権利擁護を重視する現代の「リベラル思想は認めない。

ロリエロ漫画BL色情狂のように描かれる女児ゲイは明らかに社会的弱者・少数派であり、それらを楽しんでいる読者の多くは強者多数派に属する男性ヘテロセクシャルストレート女性)だからだ。

弱者・少数派を過度に性的に描いた歪んだ表象強者多数派が娯楽として消費するのを許すリベラルというのはあり得ない。

ロリエロ漫画BLフィクションであっても弱者・少数派を貶め偏見助長するヘイトスピーチと同様に禁止される。ヨーロッパ諸国ナチス賛美が法規制されているように。

成人男性レイプされて喜ぶ女児を描くロリエロ漫画(読者の多くは男性)=白人レイプされて喜ぶ黒人を描く漫画(読者の多くは白人

ゲイ同士の恋愛セックス主題BL作家も読者も多くはヘテロセクシャル女性)=黒人同士の恋愛セックス主題漫画作家も読者も多くは白人

と置き換えると分かりやすい。

そのような黒人差別的な作品米国商業流通できるはずがないというのは簡単想像できるだろう。

たとえ不快に感じる人や未成年の目に触れないように気を遣って会員制のサイトで18歳以上のみに販売するとゾーニングしても潰される。黒人への偏見煽り差別助長すると。

白人の愛好家が、自分たち実在黒人への差別意識は持っておらずあくまで作り話として架空黒人物語を楽しんでいるだけなのだ、と言い訳しても許されない。

リベラル検閲求めない。適切なゾーニングさえすれば現在ロリエロ漫画のような作品商業流通できる」という主張を目にすることがあるが、それは「黒人を虐め殺すことを娯楽として描いている作品ゾーニングさえすればアメリカ商業流通できる。問題ない」と言うのと同じ馬鹿げた考えだ。

リベラルは、強者多数派男性ヘテロセクシャル白人)が弱者・少数派(女性子どもゲイ黒人)を「性的消費」する表現フィクションであってもゾーニングしても許さない。

オタク向けのズリネタ表現の自由」と「リベラル思想」は共存できない。

リベラル全面的弱者・少数派への差別的な表現規制した社会で許されるポルノ表現

女性作家が成人女性肉体美セクシュアリティポジティブに描いた作品

マイノリティ当事者である同性愛者の作家同性愛者の読者向けに描いた作品

といった類のものだけになると予想する。

・18歳未満に見える少女キャラ性的虐待を受けて喜ぶロリエロ漫画

ヘテロ女性作家が描く少女漫画文脈からまれファンタジックゲイ物語であるBL

のような現在多くのオタクが愛好しているポルノ表現は売買を許されなくなる。繰り返すがたとえゾーニングしても許されない。

2021-10-04

anond:20211004192148

レズビアンの私もおヘテロ様の傲慢さに辟易している。

頼んでもないのに妻が嫁が旦那がってわざわざヘテロセクシャルだってカミングアウトしてくる上に金払わせてヘテロセクシャルだからお前らと違って結婚して税制優遇受けられま〜すということをアピールする宴まで開催する始末。

自分傲慢さにも気づくことも出来ないのにLGBTに関する施策の話出ると優遇するなとか言い出す。

腹立つどころかなんか馬鹿すぎて呆れてる。

そんな簡単否定できるもんかな……

なんか作品描写とかの解釈

「この関係恋愛じゃない!」

みたいな主張をまあまあ見るんだけど…

そりゃ、「恋愛だ!」って確定させる描写ではないことは理解できるんだが

恋愛じゃない」ってことも確定してるとは思えない場合結構有ってな……

そういう一言で言えない空気感からこそ作品描写によって表現してるとも言えるわけだし

そもそも恋愛」というものだって人対人の関係なわけだから、組み合わせによって在り方なんて千差万別であって、

本人たちの意識下で「恋愛かどうか」が判断基準になるべきだと思うんだよな

例えば肉体関係が有ったって、本人たちの定義と外れていれば恋愛ではないし、

当人たちがアセクシャルで有った場合(アセクシャルにも色々あるけど)は、ヘテロセクシャルから見て「恋愛しているような記号表現」が無い場合でもしっかり恋愛していることってあると思う

その「本人たちの意識下」、というこちらの主観では測れない物を作品の中の描写から少しずつ拾い上げてやっと、「恋愛なのかそうじゃないのか」が判断できるのに、

恋愛じゃない!」という発言をしている人の主張って大体「自分の考えている(今まで見てきた)恋愛に当てはまらない」というものばかりで何だかモヤモヤしてしま

まあそうじゃない人もいるのかもしれないけど、繰り返しがっかりさせられてきてしまったんだよね

恋愛主題作品でなくても、登場人物たちには出来事対峙する相手への感情ってのは当然にあるわけで。

その感情当人基準で、ストーリーの流れの上で恋愛に当てはまることだってあるんじゃないのか?

だってストーリーの盛り上がりには、強い感情が付き物だろう。

その強い感情恋愛感情とは限らない。友情である場合も、友とは別の仲間意識である場合も、敵にしか抱けない信頼であることもある。それと同量の可能性として、恋愛感情だって存在するわけで。

そうすると、「恋愛感情だけ」を必死可能性として排除しようとしている方が、過敏すぎる気がしてくるんだよな。

お前と恋愛感情の間に何が有ったんだ……?というレベルで。

恋愛じゃない!」の主張で枕詞的に使われてる「安易恋愛表現」ていう文字列も、必要以上の侮蔑を感じてなんだか戸惑う。

安易ってなんなんだ……。そんなに恋愛感情簡単シンプルで解しやすものだと思っているということか?

恋愛だって友情の形だって人それぞれで、その人同士の組み合わせになったら、他のどの関係とも同じように「その関係しか成り立たない形」になるのに……?

恋愛じゃない!」って言う人ほど恋愛を単純なものとして見下してる感じは否めないと思う……。

2021-09-23

せくしゃるまいのりの

トイレ公衆浴場のはなし。

 

 

よく「他の人に迷惑をかけないために、公共の場ではマナーを守りましょう」と言う。

たとえ、大声を出したくても我慢をするし、衝動的に踊りたくなっても我慢する。

個人自由意志を捻じ曲げる必要があるのが、公共だ。

 

からLGBTの人も、多少の我慢はしたほうがいい。

心が女と言われても、見るからヘテロセクシャル身体性男が 銭湯に入ってきたら、ギョッとするどころではない。迷わず通報する。

心が男と言われても、身体性女の人が男子トイレを使ったら…「今だけ男にしてやー」と入る人がいるらしいが、迷惑だろ。

 

じゃあ身体性にあわせて、トイレ公衆浴場を使えというと違う。

それはそれで、その本人に対しての配慮がない。

まあ、その人が 別に良いならいいけどね。

 

結論を言うと、LGBTの人は、性別が分かれた公衆トイレ公衆浴場を使うことは諦めてほしい。

それが、今のところマナーだ。

 

 

個人的に思うのは、個室トイレは男女共用で 男性用小便トイレは別部屋になるのは、いいよね。

2021-09-16

anond:20210914204639

じゃあ、かつて「チンポをしゃぶったことのある」男はどうなったかということを、これから書いていこうと思う。

女性ゲイといった、具体例がわかない人には【大島薫】という人の人生を読んてほしい。俺は彼ではないけど、男なのにチンポをしゃぶって、しゃぶられて、彼女だけをつくって、ちんぽでアクメして、されて、女とだけと結婚して、自分の子供が欲しいし、射精前立腺快楽享受たかった、ということを書く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E8%96%AB

いきなりカミング・アウトすると、俺は「中年童貞で、益田界隈では(KKO)で結婚してはいけない、社会最下層のヘテロセクシャルオッサンである。それでも、かつてはバイ・セクシャルだったし、性の究極点を求めていたのだ。それが、なぜにヘテロセクシャルに落ち着いたのかを、つらつら書いていくことにする。今となっては、増田の「毛の生えたちんぽを舐めたい」なんて反吐が出るし、つまりゲイ野郎も大嫌いだし、エロは「女に当然に中出し漫画に至っては受精シーン」を要求する。それでも「中1までに男と女セックスをして、ついでに男に掘られて前立腺刺激から射精気持ちよくなる」ということができなかった人生は後悔しているのだ。だから、元バイ・セクシャル懺悔を書いていこうと思う。

ところで、俺もちんぽをしゃぶったことある12歳ぐらいのときに、日能研に通っていた同期の男の子ペニスをしゃぶってみたんだよ。理由は思い出せないけど、受験で疲れていたからだと思う。彼はまだ毛が生えてなかった。その時は、包茎ちんぽを剥いて勃起させてハードにジュポジュポしてみて、途中で「ヤバいのがくる」からやめろって言われて、ストップさせられたから彼を精通させられなかったけどね。今となっては、もったいないことをしたと思う。当時はちょっと塩っぽい、カウパー腺の分泌液をもってして、他人のチンポってこんな感じか、と思ったものよ。いまとなっては、そこを超えれば精通させてあげれたし、他人の精液ってこんな味かと知る機会を失った。そして、増田の言うとおりチンポの感触は忘れられないのも、事実だ。

ただ、自分は当時、プラトニック関係彼女がいたのだ。それで、チンポをしゃぶったあとで後ろめたさはあった。ただ、匿名でこんなことを言うのはあれだけど、神に誓っても良い。チンポをしゃぶったことがあるのは、本当にこのときの1回限りだ。

そんで、中学受験の果に、中学に入って、当時はオナニーを知らなかったから、同期(♂)にオナニー方法を「手コキされて」教えてもらって、あまつさえ別の同期(♂)に「フェラされて」抜いてもらったことある。いま思い出すと、キツネ目で女顔の中1男子に「いま、イッタでしょ?」ってニヤニヤしながら「手からドロっと滴るマイ精子をみせつけられたシーン」とか懐かしいし、そいつの無理やりシコシコする手コキは痛かったし、さらに別のヤツに「いきそう!」といった瞬間に激しくなったフェラは下手くそだったけど、おっさんとなったいま思うと、青春だったと思う。当時の「オイラペニスはでかい」っていう噂を聞きつけて、何人かの男子にマイ・チンポを手コキかフェラで「抜いて」もらうイベントが発生した。概ね、施設公園多目的トイレに入って、まずはチンポをフルボッキさせるのね、お互いに。オイラのちんぽは中1で 14cm あって、しかも太くて、長さと太さで負けたことはなかった。なんだったかな、チンポはオナニーすると腹側が伸びるから努力しろってアドバイスもらったけ?そんなこんなで、かぶと合わせしたり、触らせてー、舐めてみても良い?、となって手コキかフェラでシコシコしてもらって、オイラ射精したら、お開きというのがルーティンだったかな。そんなときに限って「あっ///」みたいな、こもった声が出ちゃうのだ。自分でシコるときには声が出ないのにね。そんなこんなで、男に手コキとフェラで抜いてもらう経験を、1年間で 6人に 10回ぐらいやってもらったのだった。

もちろん、抜いてもらった瞬間はすごく気持ちが良かったが、当然にイジメ対象になった。たしか、ちんぽデカ夫、とか言われたっけ? それで辛くて、『性』が嫌いになったよね。チンコがでかくて、ホモが近づいてくる、そんなヤバイやつというのが当時の俺の評判だった。女にも「ちんこかいの?」「誰に抜いてもらったの?」と聞かれたっけ。どいつもこいつも「私(女)とセックスしよう」というやつはいなかったが。そんでもって、未だに童貞であるし、そのことに不満はないが、それでも後悔しているのが、男の同期にちんぽを尻穴に突っ込むか、突っ込んでもらって男色世界を知ろうとするチャンスをロストしたことだと思う。当時は、絶頂の果てに罪悪感がマックスになっていただろうが、性欲マックスのあの頃にしかできないであろう、男のケツで射精するのはこんな感じであるとか、他人のチンポを穴に入れられると気持ちいいとか、あのときに知っておきたかった。当時は性欲でホモになるのが怖かったし、自分の子供ができるのも怖かった。エレクチオン・バトルしたあとに、自分射精を終えたあとで「お礼に」ケツ穴を差し出せば良かったのだろうか。中高を通してヤリ目的彼女はできそうだったが、ヤった後で振る方法がわかんなくて、デートが続かなかった。ヘテロセックス子供ができるのが、どうしても怖かったのだ。それに、小6のときの本当に好きだったあの娘と橋の下キスしたあとに、無理やり押し倒してセックスをやれば脱童貞の果に、子供ができたとしても良かったのだろうか、という気持ちが「女に対する性欲」を打ち消してくれたのは、自覚的だった。俺は、今もあの娘のことが好きだ。消息は知らないし、今の俺に彼女幸せにできる余裕はないが、彼女の笑窪はどうしても忘れられない。

中1までに性欲の向けた先の限界を知れば、のこりの中高5年間を勉強に突っ走り、その後の人生は安泰だったのかもしれなかったが、もはや KKO になってしまったので過去はどうでも良い。童貞ではあるけど、風俗店なんかに絶対に行かないのは、小6・中1のとき自分に戻って「タダで男と女セックスできる」可能性が「自分にはあった」ので満足しているし、オッサンとなった今では「子供がほしいから女とセックスしたい」という気持ちけが残ってしまったので、おそらく『今は』ヘテロセクシャルだろう。だから増田のように「成人男子のチンポをしゃぶりたい」というのはわかんないけど、俺のような「若い頃はちんぽをシャブリシャブられた果に、ヘテロセクシャルオッサンができあがるよ」というのは教えてあげたいと思ったのだ。だから、この駄文を書いている。

これからは、ヘテロセクシャルおっさんが、男色に無関心となっていく理由を書いていこうと思う。今は、男性器が嫌いというか、少なくとも舐めたいとすら思わない。要は、他人のちんぽにそそられる理由が、年齢と比例して低下する根拠を書く。それなのに、相変わらずマンコは舐めたいし、ペニスでワギナに射精はしたいのだ。これはどういうことなのか?はやい話が、オッサンになったのだ、この俺が。

かに、俺は小6のときに「毛の生えていない包茎ちんぽを無理やり剥いてフェラして、あと少しで射精できただろうという経験」は忘れられないが、今は全然に興味が無い。少なくとも、無料で、無罪で、日本アフガンみたいな世界になっても「絶対にしない」と思う。なんというか、「あのときに」新品のチンポを舐めたという記憶が、性体験として自分の中では至高であっても、「ガキのチンポ?、全く興味ないよ」って言える。何故か?

たとえば、覚醒剤中毒者が「至高のエクスタシー」を知っているかもしれない。俺も、若いときには「それを知ってみたかった」のだ。だって、これだけ批判されるのに、彼らは消えないからね。ただし、逮捕は嫌だったか絶対に手を出さなかったが。でも、アナルなら逮捕されないらしいので、試してみることにした。芸能人ホモから追放された人は、少ないからね。

それで、結果として、ゲイの連中も覚醒剤中毒者が主張するような、前立腺という「肛門性交中毒性があって、ノンケであってもハマるし、知ってしまえばマンコはアナルに劣る」という主張が、無理だったことに気がついちゃったのよ。主に2つの理由で。

ひとつめの理由は、ホモになる努力、たとえば前立腺絶頂することに投資してみたけど、巷で言われるほど気持ち良い体験が得られなかったのだ。デイルドーで突いてみたけど、ウンコと血が混じったものが出てきて、そりゃゲイHIV にかかるわー、とすら思った。そして、受け側のゲイでも全員が肛門性交絶頂できていないことが 5-MeO-DIPT という「ホモ御用達」の薬物が違法化された事件で明らかになった。つまり、被挿入されるゲイの連中は、実は全員が絶頂できていないことに、俺は衝撃を受けたのだ。ホモは嘘つき、ってね。

ふたつめの根拠は、俺はどう頑張ってもマンコが大好き人間で、マンコが気持ちいいだけでなく、次世代を生み出す「ゲイには絶対提供できない」偉大さに気がついてしまったのだ。マンコは偉大。なんと言っても、男の俺が持ち得ない子ども提供してくれるからだ。どうしても、ホモ妊娠できないからね。

まぁ、なんだ、自分が「ホモでは無い」ことは死ぬまでわからんと思うよ。俺もわかないし。俺も「ちんぽを舐めたい」と思ったのは、小6から中1までだもん。個人的には、冒頭のように「誰かを射精させて、精子を飲んでみたかった」時期がありました、ってことは事実だし、実際にやった過去はありました。今はヘテロセクシャル自覚してるし、当時はチンポを舐めると「歓んでくれる」人が周りにいただけで、本当は「チンポが好きじゃなかった」ということに今はしている。それに、俺には、もう「チンポを舐めると歓ぶ」人がいないだよ。なぜかというと、俺はオッサンになって、もうチンポを舐める価値があると思える人は、誰かのものになってしまって、奪うと確実に「恨まれちゃう」年齢になってしまったのだ。それで、おっさんになった俺が「こいつのチンポをしゃぶりたい!」ってヤツと、俺に「こいつならチンポをしゃぶらせよう!」ってやつもいなくなったのよ。つまりバイ・セクシャルの「男☓男」「女☓男」は、前者の方が早期にマッチしなくなるのだと気がついたのは、おっさんになってからでした。あ~あ。

というわけで、おっさんからみたら、「マンコ」が好きな男は、若いうちは「チンポ」が好きでも問題ない。そんでもって、おっさんになっても超越した性的経験で「オーバーライドされて、ホモセクシャル化」されることは、すくなくとも俺はなかったし、ネットではみかけないし、大丈夫なんじゃないかと思う。仮にホモになっても、子供がほしけりゃ、精巣に注射して、静止を取りだして顕微鏡受精卵を作って、子宮に戻せば良いだけだ。ただし、産んでくれる相手がいたらな。

... 以上、つらつらとオッサンの後悔を書いてきたわけだが、結語として「もし俺が小6に戻れたとしたら、どう生きるか?」ということを書く。まぁ、そりゃ、小6のときコンドーム薬局自販機で手に入れて、あの日橋の下キスした後に好きだったあの娘を押し倒してセックス漬けの日々を過ごし、それと同時に塾では「浮気して」チンポを貪り食い、中学に入ったら小学校関係を捨て、更にはアナルでイクことを教えてもらって、中高大はマンコするだけの彼女をつくってヤりたい時にマンコしつつ、その一方で発展場でアナルの皆楽を貪り、資格をとって社会的に安定を獲得し、ちょうど『バイ』な性欲が両立できなくなった頃に「子供がほしいから」という理由で『ヘテロセクシャルに転換し、若くて美人貞淑女性を娶る、って人生になったわけだ。それは、それで地獄だな、って書いていて思う。そして、そんなことしてたら愛の無い子供をつくるか、H*V 拡散者になってただろうから、しなくて KKO と言われても全く恥ずかしくない。でも、いま小6に戻れたら「男に与えられた、前立腺の歓び」と「男に与えられた、射精の悦び」と「男に与えられた、孕ませる喜び」の3つを全力で獲得しにいく。絶対にだ。

結論。男においては「男好き」と「女好き」は両立する。それに、「男好き」の対義語は「女好き」ではない。それだけは、理解してほしい。あとは、自分で考えろ。そして、後悔しない行動をとれ。なんと言っても、時間は巻き戻せない。

2021-09-05

anond:20210905025143

増田イライラする気持ちもわかる。でもこの文章には賛同できない。

フェミニストと「ツイフェミ」と分けて非難するのはアンチフェミニストがしばしば行うやり方。「ツイフェミ」の何がいけないか?という増田意見は、①差別発言から(差別をするな)、②内心で留めるべきことを公に発言しているから(口に出すなSNSで書くな)、③乱暴言葉遣いから(丁寧に書け)だと判断したけど、①以外は他人に指図できることではないと思う。特に③は「トーンポリシング」になりやすいから、自分が心がけるのは良いけど他人押し付けはいけない。

(この文章も例文で書いていたような丁寧口調ではないけれども、おそらくはTwitter発言をする人たちも、増田のように「批判承知の上で」書いているのではないか)

・「フェミニスト=厄介な人たち」というイメージは、本当に「ツイフェミ」だけのせいなのか?「バックラッシュ」という現象があるけれども、女性自分達の権利回復するために声をあげること自体を不満に思い、「口うるさい厄介なおばさんたち」と反発する人たちは非常に多い。今はTwitter差別的な思想が混じった発言可視化されやすくなったけれど、それ以上にフェミニストフェミニズムをよく知らずに馬鹿にし、マイナスイメージを植え付ける人たちも可視化されるようになったことも大きいのではないだろうか。

(「あなた批判しているフェミニストって誰?」「そういう風に考えるようになったのは、どういうメディアから情報?」と聞いてみたらどうだろうか。芸能人政治家Youtuberまとめサイトなどが極端な発言だけを取り上げてあげつらっている現状を考えると、そういう人たちとは見聞きする情報に大きく差があると感じる。)

男性権利についても考えるのは意義のあることだと思うけれど、「男性専用車両」は本当に男性権利のためになるものだろうか?そもそも女性専用車両自体が乗車客を選別する、差別的なものだという批判は昔からある。しかし、痴漢トラブル対策有効である監視カメラの設置や車内パトロール要望があっても設置されず、消極的女性専用車両が維持されているのが現状である男性痴漢被害防止も含めて考えるのであれば、上記対策被害者の性別を問わない痴漢厳罰化被害者への偏見をなくす啓蒙活動などが必要なのではないかと考えている。痴漢冤罪については、そもそも元凶である痴漢をなくすことで減っていくものだと思うし(監視カメラ映像証拠にできればリスクは減少する)、痴漢冤罪にばかりフォーカスすることで、多数の被害が出ている・物的証拠(微物検査など)も状況証拠もあるような痴漢被害であっても軽視されてしまうことも問題視されている。どうせ冤罪だろという偏見が強まることで、立場の弱い被害者や支援者が声を上げられなくなる自体はあってはならないと思う。

(実際に、痴漢加害者が罪を逃れるために冤罪を訴えたことで、被害者がバッシングされる事件も少なくない。)

・他の男性権利侵害している事例も、性別区別なくという考えには賛同するが、そもそもが「健常・ヘテロセクシャルシスジェンダー・既婚かつ専業主婦の妻がいる……という男性デフォルト」という社会構造によって一部男性不利益を負っているのだ、という前提は忘れてはいけない。女性権利を不当に奪い男性リソースを与えているという社会構造上、女性権利を向上させるとき男性既得権益が減ってしまうことは避け得ないことである差別的・ミサンドリー的な方向に発言が寄ってしまうことに不満があるのには同意だけれども、こういう考えも否定しないでほしいというのが個人的意見

長々とすまんね!色んなエロも見てるオタクフェミニストの一人より

ホモアウティングについて、いちヘテロセクシャルからレポート

「うん、ゲイなんだ。そうか。そう、じゃあ、俺のアナルとか、興味あったりするのね?」

「はぁ?、お前とヤるぐらいなら、死を選ぶわ!

なんなの、ホモって。女の腐ったようなものじゃないか

2021-08-14

桃尻太郎vsレズヶ島

ヘテロセクシャルインセル桃尻太郎は、女との恋愛資本格差を嘆いていた。

折しも都市部では、レズヶ島のレズ達が女体の自家消費によって女体供給を減らすことに対する弱者男性の怒りが鬱積していた。

これを知った桃尻太郎レズ退治の志を抱き、レズヶ島へと旅立ったが、道中、両親より授かった団子を食べさせイヌ・猿・雉を仲間としてくわえた。

かくして桃尻太郎レズヶ島に着くまでには同性愛への理解を深め、女が悪いのではない、人を人として尊重しない風潮こそが問題であると気付くに至ったのである

桃尻太郎レズヶ島に到達したが、もはや弱者男性の真の敵はレズビアンでは無いことを知っていた。ただ一部のレズノンケ女に無邪気に手を出すのはセクハラに他ならぬ、その点のみ糾弾し、レズ達を改心させた。レズヶ島のレズ達は反省し、手を出すのはレズ又はバイ(潜在的バイセクシャルを含む)に限ることを約束した。

レズヶ島から戻った桃尻太郎に、町の人々はたくさんのご褒美を与えた。

桃尻太郎かつやくの素晴らしさは、後世まで語り継がれている。

2021-08-05

五輪セクハラインタビュー

東京オリンピック2020。

男女ペア選手恋愛関係を匂わせる質問するインタビュアー

人達がそうだと明言してないのに、そういう質問するのはセクハラでしょ。

同性のペア或いはチームの選手達が勝利の瞬間に抱き合ったとしても「あなた達デキてるの?」とは聞かないじゃん。

何の前提もなしに相手ヘテロセクシャルと決め付けて質問してOK、って空気マイノリティを生きづらくさせると気付かないの?

既婚者の私が人を好きでいること。名前の付けられない何か。

最近好きな人がいます。ただ、他の人にそれを言うことができないので、ここに書きます。でも、絶対不倫ではないし、一般的意味での浮気とも少し違う気がする。

ごく簡単に状況を説明すると、私は既婚者で夫と子供がいますヘテロセクシャル寄りのバイセクシャルで、実際に関係を持ったことがあるのは、夫と元彼のみです。

好きになってしまった人は女性です。でも、彼女性自認は多分曖昧な感じ、そしていわゆる「アセクシャル」(他者性的欲求を抱かないセクシャリティ)に近い感じの方。

から、私との間に恋愛感情を介した交際関係は成立しません。

元々はツイッターを介して知り合いました。きっかけは、ざっくり言うと趣味繋がりです。コロナ禍ではありますが、まだましだった去年の秋頃、一度だけ会いました。もちろん、その時点では

私は恋愛感情を持っていませんでした。でも、会ってから、完全に堕ちてしまった。いや、厳密に言うとそれだけではなく、ネット上での会話や音声通話をその後も積み重ねるうちに、ですが。

ものすごく迷った末、音声通話時に私は告白しました。貴女が好きだと。馬鹿ですよね、本当に馬鹿。何を考えているのか、と自分でも思います。私は既婚者、子供もいます

正直、夫との関係問題があり過ぎる感じではありますが、離婚というような予定は無く。でも、詳細は省きますが、もはや隠し続けることができない状態だったので。

彼女の答えは予想通りというか、予想できる中では最高のものでした。「分かりました」と。「気持ちは受け取りました」と。

当たり前です。それ以上、言えるはずがない。恋愛感情を(ほとんど)抱いたことのない彼女にとって、私の言葉迷惑でしょう。彼女独身とはいえ、私は既婚者。

この「好き」の向こうに何かがあるわけではないのです。決して。

その後、私は変わらず彼女音声通話を続けています。週に1回くらいですが。「もう無理です」と言われ、通話拒否されるかもしれないと思って告白したことを思えば、

上出来の結果でしょう。通話に出てもらえること、趣味の話や色々な話題について、本音で話せること―、とても幸せです。

ただ、いつも不安です。

この先に何があるのだろう?

この関係性の発展形はどんな形?

今後、誰かと結婚する可能性が0ではない彼女にとって、私の存在迷惑では?(現状、その予定はないと彼女は言いましたが)

はいつか彼女を「友人」として、落ち着いて見ることができるのだろうか。不安です。

不倫浮気ではない、と思います。少なくとも、一度しか会っていないし、指1本触れたこともありません。今後会えたとしても、いわゆる性的接触をすることはないでしょう。

また、お互いマスク姿で会ったため、顔の認識曖昧です。私は彼女の声に恋しているのかもしれない。

よく分かりません。

ただ、なんとなく書きたかった。ここに記録として残します。

2021-07-22

プリキュアはいだってマジョリティ

プリキュアルッキズムとかその他もろもろなんか思うことがあったりする。

かわいい」っていうのをプリキュアが見た目だけのことを言いたいんじゃないんだろうけどそれを人生経験片手程度の子どもたちに伝わるようにつくっているか?とか、「子どもたち(主に女の子たち)のために」っていうスタンスをどのくらい本気でやってるんだろうってのは前からちょっと考えている。

かわいい」がすべてではないことを大人は知っているけど子どもたちはこれからそれを学んでいく過渡期にいるので、メインターゲットを未就学児~小学生くらい?に据えてる時点でプリキュア制作側は伝えるメッセージやその伝え方に慎重にならないといけない。可愛くないかプリキュアになれない、とか○○だから(たとえばメガネから髪型がこうだから、とか)プリキュアになれないと思ってしまったり他の子にそう言ってしまったりするきっかけを与えてはいけない。

プリキュアやその仲間が「かわいくないかプリキュアになれない」と発言しても大人は「あら、今のプリキュアそんなこと言うんかい」で済ませることができるけど

知識人生経験の少ない子どもたちにはその言葉もっと大きなインパクトをもって伝わる可能性ってのを考えなきゃいけない。

フィクション現実は地続きにあるし、子どもたちにとってはよりその垣根は低い。

ルッキズムに限ったことじゃないんだけどメインターゲット女児先輩は気にしないからあれこれ言うな!そんなもん扱わなくていいんだ!って問題ないじゃないんだよね。

そこをメインターゲットに据えた時点で責任持って作品つくらなきゃいけないんだよって話で。

大人と違って判断できる知識経験が少ないので良いことも悪いこともそのまま吸収してしまう危うさがあって、大人が鬼滅を面白いと思いつつ子どもにはあまり見せたくない(暴力的だったりちょっとグロかったりするから)って親もいるでしょう。クレヨンしんちゃんとか芸人発言バラエティ演出もそうだけど。

テレビでやってるから悪いことじゃない、みたいな感じで面白がって人のこと嘲笑したりとき暴力をふるってしまったり。それを矯正するのも親の義務っていうけど、1回テレビやなんかで見て覚えたものをなぜ良くないのかわかるように言い聞かせて矯正するってすごく、すごく大変でしょ。見て学ぶのは一瞬で、それを言って聞かせ理解させ…ってところにかかる労力、対等ではない…。親の立場からしたらいい加減にしてくれって話だよね。

何度教育したってテレビで人の尊厳を踏みにじって笑い取るようなことやられまくってたら親の教育いたちごっこ連続だし、悲しいことにちゃんとしつけする親ばっかでもないし。大人立場で見てても楽しくないしね暴力とか嘲笑とか。


それからインターゲットが保育園小学生くらいの女児、だとしたらその中にはシスジェンダーでもヘテロセクシャルでもない女児障害をもった女児も当然含まれるんだよ。

過去作品だけどHUGっとプリキュアでは男の子プリキュアになれるとか、アンリと正っていう友情なのかBLなのかみたいな感じで男性二人の関係を出しつつ最終話で生々しい出産描写もやるの先進的とか言われてたけどまったくそんなことはないと思っていて、

しろ女性への出生賛美をうたってほまれヘテロセクシャル要素をゴリゴリに出しておいて性的マイノリティーについてはほのめかすだけにするっていうの、あらゆるセクシャリティを対等に扱ってない。

都合良く使える部分だけいただいて、まぁ、さわりだけやっておけば先進的と思ってもらえるラッキー(笑)みたいな。

あ~男の子プリキュアになれる、お姫様になれるってとこまではできたのに、残念だなぁ、扱うなら正面切ってやれば評価されるのに…って思ってしまった。

こう思ってしまうのはうちの姪っ子がいま同じ保育園女の子のお友達を大好きだとよく話してくれるからで、もちろんママだいすき、プリキュアだいすきと同じ感覚のだいすきなのか、恋愛としてのだいすきなのかわからないけど、もし後者であった場合プリキュアが姪っ子や同性愛当事者のメインターゲットの子を傷つける存在になってほしくない、むしろ勇気づける存在であってほしいと思うから

異性愛者としての描写出産シーンも生々しくないけど同性愛っぽい描写は生々しいの?子供に見せられないものなの?

あらゆるセクシャリティジェンダーについて一体どういう考えで作品をつくっているの?って思うよ。

ターゲットとしている層にもマイノリティに該当する子は含まれているのに。

スタートインクプリキュアでは肌の色が違うことで受け入れてもらえなかった過去のあるキャラクターのことを扱ってた話があって、それは良かったなって思う。(スタプリは全部をきちんと見てないので全体としてどうかはわかんないんだけど)

わざわざ同性愛者だ障害者だ外国籍だってマイノリティを出すならそうだとはっきり分かる描写を出す必要があるのか、と言われたら出さないことで存在しないことにしている。のけものにしているってことなので、その年令の女の子たち(子どもたち)のことを考えて作品作りしているというスタンスを出すなら見て見ぬ振りやおためごかしはもうやめてほしい。

存在させるなら存在すると堂々と言ってほしい。

そんな表現大人自己満足だっていうけど、むしろマイノリティ無視する作品って子どもに一体何のメリットがあるのか…?

自分マイノリティについて気にしなくて済むカテゴリーだ、マジョリティである強者だって指摘されるようで居心地悪いだけなんじゃない?

女性仮面ライダーいたんだし男の子プリキュアレギュラーメンバーで出せば良いし、仮面ライダー赤ちゃん育てたらいいんじゃないの(仮面ライダー全部見てないからもう子育て要素とか取り組んでたらごめん)

売れないとか商業的に…っていうけどそれならもう「子どもたち(女の子たち)のために」つくっているっていうスタンス見直したほうが良いんじゃないかな。

玩具購入資金源の親がそんなもん喜ばないだろ!っていう意見出そうだけどそれもおかしな話で、

それはつまり親が自分の子どもはマイノリティであるはずがないしそんなもの目にもいれさせたくもないし

目に入れさせてマイノリティに目覚めさせたくない、そんなやつらのことは理解させる気もない、ということにもなるんじゃないの。(あえてちょっと強いことばにしてしまったけど)

親としては子どもマイノリティである可能性を思えば(誰しもがその可能性がある)ロールモデルにできる存在勇気をもらえる存在(それこそエンパワメントされるような)を小さい頃から見せてあげて「大丈夫だよ」と伝えてあげたいし、本人がマイノリティでなくても身近にそういうお友達がいる可能性もあるから寄り添える人になってほしいと思う。

もし身近にマイノリティなんていねえよって思う人は、あなたの態度や発言を見聞きしてマイノリティ当事者あなたカミングアウト相談もしたくないと思ってる、だから周りにマイノリティがいない、と考えたほうが良いかもしれない。

いわゆるLGBTQに該当する人が血液型AB型左利きと同じくらい、だいたいクラスに一人くらいの割合でいるそうなので。

まり、そのくらいいるとなると総勢50人を超えてきたプリキュアにもいてもおかしくないって話にもなるわけで。

アニメとはちょっと違うけどセサミストリートだと障害のある子や同性愛者のキャラクターがいるし、ディズニーでも扱ってたよね。

なんかコスメエンパワメントよりも、というか同時に考えたほうがいいんじゃないかとプリキュア…と思ってしまったりする…。

でも自分自身も常に勉強しながら自分の考えと作品の両方に批評の目を持っていないといけないな~って思う。

プリキュアには”すべての”女の子勇気を与える存在でいてほしい。

2021-07-15

フェミニスト原則女性の権利言及していない

「[『フェミニスト原則』は女性の権利言及していない」という意見TwitterやToggeterで見かけた。

全ての人に普遍的権利を主張するばかりでこれでは"feminism"ではなく"humanism"である、と。

フェミニズムは"female"から来ている言葉だろうしそう主張するのも当然だ。

Black Lives MatterがAll Lives Matterに変わっていった時と同じ違和感TwitterTogetter活動するフェミニストの方々も抱いているのだと思う。

ここで私も『共同声明「フェミニスト原則の再確認を呼びかける」』を読んで抱いた考えを書いていく。

日本語翻訳版を上から読んで思ったことを順に書いていくのと体調の不具合言語能力が落ちているので読みにくかったらすみません

~~呼びかけ団体がLGBTQI関連団体ばかりでは?

そりゃそうでしょう。LGBTQIにも女性はいるのだから

まだ社会に広く受け入れられていないセクシャリティを持つ女性自身に向けられた差別や認められていない権利について訴えても何もおかしくはない。

「LGBTQIにはペドフィリアも居る」という意見を見かけたが、どのようなセクシャリティの人であろうと他人を傷つけてまで欲を満たすことを声明肯定していないと思う。

それはホモセクシャルヘテロセクシャルトランスジェンダーシスジェンダーもみんな同じだ。

~~「家父長制の権力と闘い、それを解体しなければならない」とは?

この部分が最も女性の権利について言及しているところだと思う。

宣言の中の「家父長制の権力」や「西洋的な二元的ジェンダー性別構造」はシスジェンダーかつヘテロセクシャル男性中心に作られた社会構造のことを言っているのだと思う。

その社会構造こそ、ずっと昔から今に至るまで女性から権利と身の安全社会参画を奪ってきたものではないか

女性から低賃金仕事を割り当てられたり、結婚出産時に転職退職を迫られたり、男性支配欲求や性欲を受け止めて当然とプレッシャーをかけられたり、ハラスメントや性暴力被害を訴えても自己責任にされたりしてしまうのも、全部全部「家父長制の権力」のせいだ。

~~「ジェンダー性別セクシュアリティ経験には均質性などなく」とは?

序文最後の方に「​私たちフェミニズムは、ジェンダー性別セクシュアリティ経験には均質性などなく、様々な人々がそれぞれのレベル差別や抑圧、特権経験していると認識することからまれる力を確認します。」とある

まり、どんな人もある場面では弱者であり、別の場面では強者にもなるということを言っているのだろう。

例をあげると、母親に比べて父親子ども保護者会やPTAなどの学校行事に参加しにくい、子どもと外で遊んでいると周りに不審者扱いされるというものがあると思う。

男性は他の場所で絶大的な権威を持っているのだから父親育児参加を妨げていると、結果的女性の不利にもなると思う。

母親ばかりが子どものために仕事休み、それを別の低賃金で働く女性が穴埋めするというのはよくある光景のはず。

実際のところジェンダーだけでなく地域人種階級信仰経済状況など色々な要素が複雑にからみ合って「それぞれのレベル差別や抑圧、特権経験」をすることになるのだと思う。

単純化してしまってごめんなさい。

あと「私たちフェミニズムは~」という一文は、同じ属性であっても同じ差別経験するとは限らないということも言っていると思う。

SNS上だと全ての女性痴漢被害経験しているような雰囲気があるが、痴漢被害に遭ったことがない女性だって当然居る。

しかし、同じ経験をしていなくても共通目的を持って「家父長制の権力と闘」うことはできるはずだ。

~~「仕事としてのセックスワーク」を容認して良いのか?

経済的困窮や社会の混乱によって女性セックスワークに就かなければいけないのは私も反対。

ましてやセックスワークをする女性妊娠性病暴力などのリスクさらされるのは論外。

ただ、心身の安全保障された上での職業選択の自由はあるべきだと思う。

それはセックスワークも同じだ。

~~「自分の法的なジェンダー自己決定できる自由」がなぜ必要なのか?

ジェンダー自己決定できる自由」が女性愛者が女湯に入るためや、男性女性アスリートになって無双するために行使されるべきではない。

誰かの自由を認めることで他の誰かの権利安全が脅かされてはならない。

そもそもの話、性自認私利私欲のために簡単に変えられるものではない。

覗きをするためや金メダルを手に入れるためにトランスジェンダーになることなどできない。

自身の持つジェンダーが法やその他の圧力によって歪められるのは誰でも居心地悪いと思う。

~~「特定の人々やグループへの、植民地的で家父長制的な医療化」はフェミニズム無関係なのでは?

宣言の第三項、ここでは主にトランスジェンダーインターセックスの人に対する手術について言及している。

女性の権利向上を目的としたフェミニズムには無関係に見える。

ただ、「特定の人々やグループへの、植民地的で家父長制的な医療化」はシスジェンダー女性にも起こりうる。

女性器切除(FGM)」というものアフリカなどの一部地域で行われている。

女性性器切除(FGM) | 子どもの保護 | ユニセフの主な活動分野 | 日本ユニセフ協会

女性器切除 - Wikipedia

「本当にそんな風習があるのか?」と思った方は上のサイトを見ていただければと思いますWikipediaの方はやや刺激の強い画像がありますが。

日本でも生理不順の治療などで使う低用量ピル承認が遅かったり、今でも一か月分のピルの値段が三千円弱したりと女性が「家父長制的な医療」に支配されている状況にある。

他にも例を挙げればキリが無いが、「誰もを受け入れ、思いやりのあるヘルスケアは、商品特権ではなく人権です。」という文言にはLGBTQIではない女性同意できるはずだ。

~~「フェミニスト権力分析は、バイナリーを超えたもの」にして良いのか?

第八項のこの部分はまるでフェミニスト女性を見捨てたように感じる。

女性女性の権利のために始めたフェミニズム男性セクシャルマイノリティまで相手にし始めるのは裏切り行為にさえ思える。

この項は見方を変えれば「女性という属性だけを見てその人が経験した差別や抑圧を推測することはできない」とも読めると思う。

女性であれば誰しも」「全ての女性は」「女性というものは」といった言葉から始まる意見に反発や孤独感を感じたことがあるかもしれない。

それらの意見女性という存在理解していないのではなく、女性の中にも様々な意見ライフスタイルを持つ人が居るということを理解していないのだ。

からこそフェミニスト一人一派としてそれぞれが受けた差別や抑圧を発信していくのではないだろうか。

その発信が「「男性」対「女性」、若者 対 年配者、世界の南 対 世界の北」の対立になることは避けなければならないが。

~~最後

フェミニズム活動が「家父長制の権力」の解体目標とする限り、シスジェンダー女性以外のLGBTQIも活動恩恵が得られることは必然だ。

目標と得られる恩恵がおなじならば、フェミニストとLGBTQIが協力すればより良い社会は更に近くなるだろう。

それぞれ辛いことはあるかもしれないが、それぞれが思うことを、どこかの誰かをむやみに傷つけない範囲で、ため込まずに発信していきたい。

フェミニスト原則』はその発信をより効果的にするために必要宣言になるはずだ。

最後まで読みにくい長文を読んでいただきありがとうございます

2021-07-06

裏垢ブログを始めたら性的生活が激変した話

中高大と全くモテることはなかった。容姿はもちろんのこと、陰気で卑屈な性格が災いしていた。

恋愛する資格すら与えられないような、集団の中にいても最初から選択肢に入っていないような空気のような存在だった。

当然ながら、経験人数はおろか付き合った人数もゼロだった。

二十歳くらいの頃にはすでに、もう私は一生セックスなんてする機会なんてないんじゃないか、と薄ぼんやりと思っていた。

そんな中、就職後の職場ストレスから勢いでブログを始めた。

今で言う自撮り裏垢のようなものであり、肌色が多かったり体のライン露骨に強調されるような服を着た写真を撮っては投稿するようになった。

今までは毒にも薬にもならないような日記を書いていたことはあったのだが、陰気な内容であり知人以外で見る人もなかった。

それに対して、裏垢のブログはそこそこアクセスされるようになり(一日1500ページビューくらい)、コメントもつくようになった。

人に言えない趣味が増えたな、と私は思った。

しかし、そのブログを起点として、私は他人と肉体を重ね合わせるようになった。

 

一人目

 

ブログコメント欄の常連の人であり、簡素なやりとりからチャットに発展してオフで会うことになった。

仕事出張がてら関東に行き、新宿アルタ前の喫茶店で待ち合わせをした。そのままホテルに行き裸になって体を重ねたが、本番には至らなかった。

相手のよだれの臭いと重なったとき相手の体の重さを覚えている(相手の方が遥かに大柄であった)。

その後1回だけ会うことがあったが、それきりとなった。特に恋愛感情はなかった。

 

二人目

一人目と同じように、ブログコメント欄をきっかけとしてやりとりを行うようになった。

一人目と同じように、出張がてら関東に行き、そのままホテルに行ったが、本番には至らなかった。

そもそもそういったことを目的にしたわけではなく、写真撮影を行いという相手の申し出があったのだ。

当日は年甲斐もなく女子高生制服を着て2時間くらい写真を撮られた。もちろん両者の合意に基づいている。

しかし、相手とはそれきりとなった。

 

三人目

 

この頃、ブログからTwitterに移行していて、そこからメールでやりとりをするようになった。

数回の事務的なやり取りの後、会うことになった。この時は自宅に相手を招き入れたが、本番には至らなかった。

私の部屋で相手全裸になると、私はブーツを履いたまま相手性器を踏みつけた。そういったプレイであり、もちろん両者の合意に基づいている。

このとき部屋では、coldplayのviva la vidaという曲が流れていたのだが、この曲のサビで流れている鐘の音に合わせて相手性器を踏んづけていたら楽しくなった。

今でもこの曲を聴くとそのとき足コキのことを思い出す。

相手とは、新年にはあけおめメールのやりとりを行ったりしている。

 

四人目

街中で偶然声をかけられて、しつこくついてくるので渋々食事を一緒にとった。

その後もずっとついてきて、なぜかその流れで大阪の堂山あたりのホテルに入ることになった。

この時も本番には至らなかったのであるが、相手性器を出してきたので私はそれを口に咥えた。

フェラチオは初めての経験だったが、そのまま相手は私の口の中で射精に至った。

それを飲み込むことはせず、洗面所で全部吐き出して口を濯いでいたら、相手もすっかり興醒めになったようであった。

私は終電で帰り、それきりとなった。

 

五人目

 

Twitterのやりとりから発展して会うことになった。神戸三宮で待ち合わせをして、その後自宅へ招き入れた。

着衣のままお互いに股間を弄りあったが、やはり本番には至らなかった。

そのとき相手はかなりの巨根であり、乳首でも感じることができる素質を有していた。

私が相手の胸を触ると喘ぐ姿を見て、男性でもこんなに乳首で感じるんだな、といった小学生並みの感想を抱いた。

が、その後会うことはなくそれきりとなった。

 

六人目

 

こちらもTwitterのやりとりをきっかけで会うことになった。大阪難波の個室ビデオ屋で待ち合わせをして、そのままの流れで行為に至った。

相手緊縛趣味であり、両腕をアームサックで固定し、口枷をはめられた状態で挿入に至った。もちろん両者の合意に基づいている。

五人目にして初めての挿入であったが、気持ち良いということはなく、相手体重の重さと挿入に伴う鈍痛をいまだに覚えている。

このとき相手ともそれきりとなった。この頃から自分は不感症ではないかと思うようになった。

 

七人目

 

Facebookアカウントを持っており、そちらのやりとりから会うことになった。

会うのは初めてではなく、大阪あたりのアングラ風味のイベントで何度か顔を合わせていた。

神戸高台の方の街で待ち合わせをして、相手の自宅にお邪魔することになった。

相手ラバーフェチだったので、自分ラバーキャットスーツというものを着て胸とかを弄りあった。

ゴムしなの特に気持ち良いということはなかった。

行為としてはそれきりであるが、その後何度かイベントなどで会っている。

 

いずれの相手恋愛感情も湧かず、心から気持ち良いと思えることもなかった。

このような経験を通して、自分はもしかしたらアセクシャルなのではないかと思うようになっていた。

 

しかし、転職した先の職場で見かけた同僚の女性恋愛感情を初めて抱いたのである

ものすごく遅れてきた初恋のようであったし、または私はその感情をずっと抑圧していたようにも思えた。

その経験を通して、私はセクシャルマイノリティではなく普通ヘテロセクシャルであることの確信に至った。

anond:20210706074034

そういう人は不特定多数の異性と関係を持って初めて「ヘテロセクシャル」と認めるんかなw

んなアホな

anond:20210706072143

腐女子に「勝手キャラホモにしてセクシャリティ決めつけるな」と言ったとき腐女子から勝手キャラヘテロセクシャルレズビアンにしてセクシャリティ決めつけるな」と言われる覚悟もないやつは黙ってろ

この言い方からして、公式男女カプが好きな人に対しても

勝手キャラヘテロセクシャルにしてセクシャリティ決めつけるな」といえば反論になる、と思ってる人だと思うけど

原作で男女で付き合ってる描写あろうがヘテロとは限らない、バイかもしれないし本当は好きじゃなくて世間体の為に嫌々付き合ってるのかもしれない!

って言う腐女子って実際いるしな

反「キャラ勝手ホモにするな」思想

キャラ勝手ホモにするな腐女子キモイ」を言った口で「陰キャ腐女子陽キャギャル百合すこ」とか言うのダブスタすぎるだろ

原作で明言されてないキャラセクシャリティ勝手に決めつけるな!クソ腐女子!」とか言わずに、最初から「俺はホモフォビア的思想を持っているのでBL嫌い」と言ってBLアカウント先行ブロックしてろ

わざわざ嫌いな相手の方に近づいてきてクソみたいな言葉吐いてくんなボケ

上で百合を例にあげたけど、BLGLHL(へテロラブ)その他含めすべて自由に楽しんでいいものだと思ってるけど、人の楽しんでるものケチつけといて自分の好きなものだけおキレイなままで済ませられると思ったら大間違いだから

腐女子に「勝手キャラホモにしてセクシャリティ決めつけるな」と言ったとき腐女子から勝手キャラヘテロセクシャルレズビアンにしてセクシャリティ決めつけるな」と言われる覚悟もないやつは黙ってろ

なんで自分にその意見が跳ね返ってこないと思えるのか

あと腐女子=システロ女性しか存在しないし現実同性愛についてなんら考えていない集団だと決めつけてくるのもやめろ

腐女子セクシャルマイノリティ勝手おもちゃにしてる!って言いながら、本心ではセクシャルマイノリティことなんて全く興味なくただただ腐女子という自分の嫌いな相手に対して自由に振り回せる武器にしてる奴が一番ムカつく

(セクシャルマイノリティ現実同性愛についての議論BLクラスタ内でたびたび行われているから、そういうところで真面目に議論してくれるのは歓迎するよ)

2021-06-29

ゆる性的マイノリティから見える世界

自分は、LGBTQとやらに属するらしい、と昨今のマイノリティブーム(と呼ぶのが正しいか別にして)のおかげで気づいてしまった。

バイセクシャルっていうのかな。正確には「パンセクシャル全性愛性別関係なく好きになる)」だけど。

 

しかし、社会的にはヘテロセクシャルですよってことで生きていけている。異性と結婚してるし、特段嫌悪感があることもない。知られても、知られなくても構わない。差別されるなら、それでも構わない(こちから距離をおけばいい話だ)。

 

認めて!でもほっといて!系の人たちはどういう神経なのかと結構まじめに考えたよ。仮説だけど、「セクシャルマイノリティであること」しか社会と接点が持てない人なのではないか。目立つタイプは「セクシャルマイノリティ系〇〇」みたいな肩書がないと埋もれるような文化人もっと底辺だとフリーターとして不安定生活してる中でやっと仲間を見つけられた人とか。

そういう一部の人間とは違って、ふつうに働いて、性別関係なく仲間がいて…みたいなタイプは、マイノリティガー!する暇もないし、何も得しないからね。

と、↓の増田を読んで感じたのでした。

anond:20210629023527

2021-06-22

ジェンダーレス男子を2年やってみたメリットデメリットを書く

からマニッシュ女性ファッションが好きだったのだけど、数年前に会社勤めをやめて独立してから思い切ってがっつりそっちに寄せた。

服装はもちろん、ヘアケアスキンケアも頑張ってレーザー脱毛かにも通った。

その結果、それなりに納得いく見た目になり、いわゆるジェンダーレス男子として生きている(いや世間ジェンダーレス男子としてメディアに出てる人達よりもさら男子感は薄いのだけど)。

2年ぐらい前から性別をよく間違えられるようになったのだけど、そうなったことでメリットデメリット、気づいたことを書いてみる。

 

まず圧倒的なメリット

自己肯定感MAXになった。

好きな見た目を、自分が納得いく形で表出できている。この快感

そして、この見た目がある種の意思表示になるので、ホモソーシャルコミュニケーションに巻き込まれないうえに、女性との距離を詰めやすい。

から男同士の「アイドルで誰が好き?」「あいおっぱいかいよな」みたいな会話が大嫌いだった。今はこの見た目のおかげでそういう会話に参加しなくていい。

そのうえ、女性はすぐに心を開いてくれる。この見た目になる前とは、女性の警戒度がほんとうに段違い。

ああ、見た目が女性的なだけでこんなにも向こうは警戒を解くんだな、と日々実感している。

 

見た目が中性的なことによる生活上の不便

性別によってサービスが変わってくるものはいちいち訂正しなきゃいけないのが面倒。

たとえばホテル女性用の部屋着を用意されたり、スパ女性用のロッカーの鍵を渡されたりする。

受付で「あの……男です……」って言うのが恥ずかしい。

初めて行った病院女性としてカルテを作られるのは当たり前。

だいたいは話しているうちに相手が気づくのだけど、それでも気づかれないことがある。

あとレストランとかで男性用のトイレに入ろうとすると「男性用ですよ!」と店員から親切心で言われたりすることもある。そういうとき苦笑い無視ちゃうけど。

駅とかのトイレから出るときに入ろうとしてきたおじさんが身体をビクッとさせて男性であることを確認することもよくある。

 

LGBTだと思われる

普通にヘテロセクシャルなんだけど、そうじゃないんじゃないかと探りを入れられることが多い。

「○○さんは……彼女……恋人ます?」みたいな感じで聞いてきたりする。

女性に「男に抱かれている方が絵になるよね~」って笑いながら言われたこともあるし、男に「お前なら普通に抱ける」って言われたこともある。

配慮しなくちゃ!」って感じの人に探られるのはほんとうに面倒くさい。

 

とはいえ普通に女性からモテる

じゃあ男性モテるのかというと、普通に女性からのほうがモテる

上で書いたように女性距離を詰めるのが簡単なので、その延長で肉体関係に持ち込める。

下世話な話をすると、以前の見た目のとき経験人数4人だったけど、この見た目になってから30人を超えた。

「見た目は可愛いけど、実は肉食系」なのがギャップ萌えみたいで、がんがんセックスできる。

特に年上の受けがよくて、40代、50代と仲良くなったら100%セックスまで持っていける。

その点に関してもかなり満足している。

 

仕事上でなにか不都合はあるか

これは特にない。服装に関してはほとんど何も言われない業界に属しているので。

しろおしゃれなこと、見た目がいいことが同業者との差別化になっていると思う。

女性と仲良くなりやすいことで、それが仕事にもうまく活きてると思う。

というか、男性仕事したくないんだよなぁ。男性と話していても何も楽しくない。

 

今後もつづけるのかどうか

とりあえずハゲたりするまではつづけると思う。

いま33歳なので、少なくともあと数年は持つかな。

維持するのがめんどくさいなぁ、と感じる時はあるけれど、メリットがそれを上回る。

あと普通にヒゲ脱毛するとめっちゃ楽だから、これはみんなやったほうがいいよ。人生観変わるよマジで

2021-06-13

アセクシャル系の話のイヤさ

アセクシャル恋愛至上主義のこの社会だとなかなか大変だろうなとは思うし、基本的には応援してる(何様?)んだけど、アセクシャルの人が語る人生エピソードとか、アセクシャルを題材にした漫画とか、そういうのを読んで気分が良かったことがない

なぜか?

恋人作ってみたけど、なんか違う」みたいな描写絶対に出てくるから

「男とも女とも付き合ってみたけど、どうしても恋愛感情を持てなかった」「告白されたけど、遠い・気持ち悪いという感じでしかなかった」

あたりまえのように誰かと付き合ったり告白されたりしてんじゃねえよ、カスという率直な気持ちがどうしても出てきてしま

ヘテロセクシャルロマンティックの俺が、誰かに好かれたいなあ〜なんて思いつつ、自分らしく生きてんのに全然モテず、まあモテないのは全然いいとしても、キモがられる境地にまで達し、人と接することそのものに恐怖を覚えてるのに、アセクシャルのみなさんはモテた上にそれをゴミみたいに捨てているのですか

モテるのって受動的だし、恨みごと言われたってマジで知らねえよとしか言いようがないのはわかるんだけど、それでもちょっとモヤ〜っとしてしまうのが人情というもの

顔がキモく、肌が汚く、身長が低く、頭がデカくて本当に5頭身くらいしかない そういう感じに生まれアセクシャルの話も俺は聞きたいんだ

そういう感じだとアセクシャルであることを自覚できないってことなのか?

キモくてモテないけど、恋愛そもそもあんま興味ねえし、興味もったところで絶望的だし、まあいいや! ってなるので、ドラマチックにならず、エピソードとして現れてこないってこと?

モテるけど恋愛に興味が持てない」って状況に陥ってはじめて自らのアセクシャル性を実感するのか、皆

そのセンでいけば、もしかして俺もアセクシャルだったりするのか

そういえば、モテない・モテたいとは言ってるが、それは男友達同士でくだまいてるノリを内面化しただけで、いわば惰性みたいなものな気もする

実際に誰かと付き合ったらどんなものか、っていうのを考えると、ダルそうというのが先に来る

セックス、いろいろ汁とか出て汚いし、臭そうだからやりたくはない

俺はアセクシャルだったのか?

俺はアセクシャルだったってことにしたほうが絶対精神衛生上良いと思う

俺はアセクシャルだ 俺はアセクシャルだ 俺はアセクシャル・アロマンティックだ!!

2021-06-09

anond:20210522165318

ストレートは「素敵な同性に出会ってないかヘテロセクシャルだと思ってるだけだよ! 」なんて言われないぞ

自分でそう思うなら経験の有無に関係くそうなんだろうよ

2021-06-06

同時通訳女性って女性にも妬まれ強者だと思うけど

同時通訳で働いてるなら専業主婦じゃなくフリーランスだろ

アカデミアの国際会議でしたか専門用語だらけですが、事前に資料渡しておいたら、それはそれは見事な同時通訳がなされました。

通訳者はすべて女性だったのですが、これが皆さん、専業主婦だったのです。東大ICU卒業した専業主婦です。

しかしあの高学歴語学力キャリア志向のない妻を迎えることは想像もできなかった。つまり僕は絶対に勝てない。

元のツイートの人は、「ジェンダー格差以上に地方格差がありますよ」って言いたいんだと思うけど、

同時通訳者を専業主婦って言ってたり、同時通訳報酬って結構高いけど「キャリア志向ない」扱いしていたり、

彼女たちを妻に迎えるかどうかをジャッジする目線が入ってて、まあアレなことになってしまっているね…

ジェンダー格差以上に地方格差がありますよ」は事実

アレな部分を除けば、「ジェンダー格差以上に地方格差がありますよ」は事実だと思うんだよ。

というか都市部の、親の金融資産が潤沢な家庭に生まれた、親も割と文化資本があって女子教育積極的だった、

っていうのは、女性の上位1%って感じだと思う。三塁に生まれたってやつね。

彼女たちは「男性の上位1%と比べて、女性の上位1%は不遇な部分が多い」ことを理由に、自分たち被差別者であると言う。

でも彼女たちは女性の中でのトップ層だし、トップ女性貧乏男性よりは環境に恵まれているというのが事実なんだよね。

白人黒人」といえば黒人被差別属性だけど、バラク・オバマホワイトトラッシュ層を比べたらオバマのほうが強い。

属性の話ばかりして、個体ごとの強者性を無視するのはおかしいだろ、という主張には同意できる。

親パワーへの妬みと性的資本への妬みが混ざるとネッチョリする

都市部文化資本金融資本に恵まれ女性に対する、地方貧困層の妬みは、女性論者によって書かれることもあった。

女性の上位1%は、男性の上位1%と比べると不遇」系のフェミニズムに、地方の私は乗れない、という書かれ方が多かった。

これって論点がすっきりしやすい。同じ性別からこそ、生まれ地方、親のスペック、その影響の大きさというところに論点が集約されやすい。

これがヘテロセクシャル下から目線男性が、都市部文化資本金融資本に恵まれ女性に対してあれこれ言うと、

論点拡散して何の話だかわけわからなくなりやすい。

ツイートの人がそうだと言っているわけではないけど、男性より女性のほうが性的資本価値を容易に認められるという、

女性全般に対する雑な妬みのようなものを抱えている男性は多い。

(雑な妬みと言ったのは、妬む男性は「中の下」以上のルックスのそこそこ若い女しか視界に入れずに、すべての女性を妬んでいるからです)

性的資本を持つうえに、社会的地位の高い親にも恵まれていて、非常に優秀に育った女性個体」に対して、

マゾヒズムサディズムが混じったようなネッチョリ執着している男性もいる。

執着している限りずっと不幸なので、適当に諦めて自分の道に戻った方が絶対幸福ですよと思うんだけど、

執着ってしたくてするものではなく病気みたいなものなので、ある種の病人なのだと思う。認知が歪んでいる。

ネッチョリ層は認知の歪みが酷いので、「上位1%女性フェミニズム」への批判地方貧困層女性から向けられるもののほうが論理的

もちろん、元ツイートの人がそうだと言っているわけではない。

まれた人の苦労は恵まれた人同士でしか共有できない

イベント同時通訳って、脳を限界みたいに消耗して交代制でやっていている人たちじゃないですか。

普通にハード仕事だと思うんですよ。セレブバイトっていう言葉の気楽なニュアンス…これは反発されてもしょうがないよね。

でも恵まれている人って、相対的に恵まれていない人からはそういう風にしか見えないのだと思う。

妬みドリブンで攻撃してくる人に対しては、反論・反発・正論で袋叩きするよりも、そういう攻撃してくる下位者存在

ミュートしてあげるのがノブレス・オブリージュってものなのでは、という気がしなくもない。

だって下位者には、上位者なりの苦労に対して共感するゆとりなんて、一生もてないでしょう。妬みで精いっぱいなんだから

2021-06-05

LGBTを許容する理由理解できない

LGBTなどの、ヘテロセクシャルでない人間存在について、権利を認めろって騒ぐ層がマジで理解できない。人間という生き物のバグだと思うんだけど…

 

自然に考えて、オスメス分かれてる生き物は、両性が揃わない限り繁殖できない。虫でも、ウマでも、牛でもなんでも。それと同列で、ヒトもそうじゃん?繁殖しない・できない生き物はなんのためにいるのか?いる必要ないよね…?

恋人がいないヘテロは、ワンチャン恋人ができて繁殖の機会に与れる可能性がある。しかし同性としか行為ができないLやGはなんのために生存してるか?

BやQは異性との交わりが精神衛生上可能なため、性行為可能かどうかの点は除外するが、性が不安定というのはやはり生き物として謎。バグだと思う。

 

人権がどうのって言うけどさ。人をヒトたらしめるのはやはり命がつなげるかどうか…生き物であるかどうかの素地の上で、知能があるかどうかだと思う。

誰かもっと納得する答えを教えてくれないか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん