「セクシャリティ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: セクシャリティとは

2019-05-16

anond:20190516174736

その感情はわかるわたし恋人性別がかわっても養いたいと思う

でもそんなこと言ったら頭わいてると思われそうだからいわない

でもどう考えても自分性別がかわって恋人セクシャリティへの訴求力を失ったら恋人としては愛してもらえない自信がある

anond:20190516034956

「誰にでも不快ものはあるから我慢しろ」という意見が多いけど、それも的外れだと思う。個人の快・不快では収まらない、社会全体の問題としての側面はあるでしょ。そうじゃなくて、何でもかんでも「社会全体の問題としての側面」こそが重要だという全体主義を改めてくれという話でしょ。

ある特定人種犯罪率が高いという統計事実があったとして、それを根拠特定人種排除することが許されていいわけじゃない。そこに生きている人間に目を向けて欲しいよね。「セクハラ描写」と一口に言ったって、様々なセクシャリティ、様々な背景を持った人が、銘々の思惑でそれを描いてる。さらに鑑賞する側は、もはや作者の意図とは離れたところで勝手妄想をする楽しみ方も知ってる。そうしたドロドロした人間の営みを全部無視して一元化するような言説は、それ自体暴力的だよね。

2019-05-15

anond:20190515112225

横田

そうやって誰かの反応に対してなら↓こういうことをまくしたてることが出来るのに、

"友人"たちに悪ふざけで股間を掴まれてもヘラヘラしなきゃいけなかったり、電車痴漢に遭っても笑い話としてしか吐き出せなかったり、必死で隠していたセクシャリティ集団で暴きたてられて「キモい/キモくない」とジャッジされた経験なんてないんだろう。

一番言いたいことを隠してただの天邪鬼みたいな元増田を書いて、

想定通りの、思う通りの反応がもらえなかった状態になってから俺のことを分かってくれない想像してくれないと被害者意識つのらせてたった1人に辛かった経験をぶつけるのはやめろ。

お前のそれは八つ当たりしかねえんだよ。

最初からその内容を書いて俺は辛かったと書けばいいだろうが。それで同情されたくないだの変な意地を張って八つ当たりしてるほうがよっぽど迷惑でクソだせえんだよ。

anond:20190515101002

何も起きなきゃ自意識過剰で済むけど、それで済まない人が一定数いるわけだ。

から思ってたけど、やっぱり「何も起きない」人が一定数いるんですね。

こういう人、男性性犯罪被害者ことなんて想像したことないんだろう。"友人"たちに悪ふざけで股間を掴まれてもヘラヘラしなきゃいけなかったり、電車痴漢に遭っても笑い話としてしか吐き出せなかったり、必死で隠していたセクシャリティ集団で暴きたてられて「キモい/キモくない」とジャッジされた経験なんてないんだろう。

2019-05-14

anond:20190513180124

レズです。温泉大好きでよく行くよ、ごめん。

私がレズであることを知ってるストレートの友人とラクーアとかも行ったりする。今のところ友人たちからは嫌がられたことはないし向こうから誘ってくることもあるから気にしたことなかった。

裸に関して、そもそも私がセクシャリティ関係なく同性だろうと他人に裸見られたくない派なので他人のもあまり見てないよ。

女子ありがちな下着トークとかも苦手だし。

それでも行くのは温泉に浸かって気持ちよくなってる時にわざわざ他人の裸なんて誰も気にしてないだろうな〜と思ってるからなんだけど、みんな見るもんなんかね。

2019-05-11

anond:20190511123645

セクシャリティ多様性が生まれる仕組みが解明されて、

胎児の○○の時に適切にフォルホンが分泌されなかったのが原因・・・みたいに分かってくると、

なんだやっぱり病気じゃんって思うし、

ラグビー選手事故に遭って意識を取り戻したらゲイになってた事例を聞くと、なんだ怪我みたいなもんじゃんって思うし、

乙武ちゃんが手足が無いのは個性と言いつつも、ロボット義足にワクワクしてる様子をみると、

なんだやっぱり足欲しいのかよw

って思うおっちゃんは、こころや体を自分の望むカタチに変える技術ってもっと発達したらいいのに・・とは思う

GB支援多数派に戻る治療ないのか」について

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201905/CK2019051002000128.html

 

私はMTFでTに該当する当事者

この記事とその1つ前の記事への反応だけど、みんなが訳知り顔であの発言を叩いていることに疑問を感じる。

LGBT当事者自分セクシャリティーを受け入れられないという場合もある。

そして、界隈にいればわかるけど、セクシャリティーが変わることなんてザラ。

活動家でない当事者からすればそんなに叩くほどのことでもないと思っている当事者も少なくないと思う。

 

おそらくここまで叩かれている理由は「戻る」という言葉をつかった点についてなのだろう。

だけど、当事者から言わせてもらうと、もしマジョリティーに戻る方法があったのなら、私はその選択をしたかった。

今の自分を今のままで受け入れる(正確に言えばまだ受け入れきれていない)のにはすごい消耗する。

普通の人が文化的活動をする時間を何千時間堂々巡り希死念慮に苛まれて、貴重なリソースを浪費してきた。

周囲の人から向けられる好奇心の目、社会での扱いの明らかな変化、海外にいけばその落差はより顕著になる。

悩みのタネに気づいたあの頃に、そういった方法論があったらどれだけ救われたことかと今でも思う。

から言葉選びのような瑣末な問題でそういう選択自体を潰すことに恐怖を覚える。

否定的意味を若干含んでいた言葉だったかもしれないが、あの方法方法を探求する姿勢全否定して欲しくない。

ちょっと前には、「マイノリティ理解がある自分・世の中を変える自分」を目指す人が自己肯定を強化したいがために

同性愛者ならばオープンにするべきだと決めつけで正義を振りかざしてきた人が散見された。

そんな話をゲイの友人とも話題したことがあったが、今回のバッシングも似たようなものを感じる。

 

セクシャリティーの多様性否定しない。

だけど、セクシャリティーを変化させる方法を考えることも否定してほしくない。

現場からは以上です。

anond:20190510234705

棲み分け賛成」じゃなくて、「プライバシー踏み込むな」って話なんだよね。

規制に反対」じゃなくて、「アイデンティティ侮辱するな」って話なんだよね。

みんなそろそろ真面目に議論しようよ。党派性固執するのやめよう。

ファッションセクシャリティは(たとえ公然表現されていても)プライバシー領域である理解できる人が、他の表現になると途端に「表現した時点で環境セクハラ!」とか言い出すのどうかしてるよね。「我々のプライバシーに踏み込んでくるな」という話をしてるのにね。

例えば同性愛差別に反対する時、婚姻制度のような法整備の話とは別に、「公然侮辱すること」はただそれだけで批判されるべき事柄だよね。何でもかんでも法制度と人権の話にしたがるのは賢い戦略とは言えないのにね。人権というのは世界中を敵に回す極悪テロリストにも適用されるもの。「ともかく表現の自由は守られるべき」と言うのは、「凶悪犯罪者にも生存権はあるから死刑反対」と言うようなものそもそも犯罪者予備軍扱いそのもの批判しないといけないのにね。

2019-05-02

anond:20190501110405

カミングアウトできるのは、幸せ人生を送ってきて心理的安全性が確保された場にいる一部の人特権に過ぎないのかもしれない。

まあ悲しいけどその通りだよね

安心してオープンにできる環境すら整ってないのが現状だけど、仮にそれが達成されたら達成されたで、セクシャリティとは関係ない他の要素でジャッジされて「受け入れられる人」と「そうでない人」に分かれるのだろう

魅力のない弱者は相変わらず排除され続けるし、そして誰もそれを差別と思うこともない

なぜならそれが「普通の」人の扱いだから

弱者にとっては「セクマイから疎外されてるんだ」と思い込める方が、あるいは幸せかもしれない

異性の片親だとセクシャリティ歪まない?

異性に対する愛とか執着がわからん

1対1の関係ってのがよくわからない

2019-05-01

anond:20190501094311

一方で、「私は小児性愛者です」と公言することは許されるべきだろう。この言葉あくま自分自身セクシャリティ問題として語っており、誰かのプライバシー領域侵犯したと言うのは無理がある。

「私は小児性愛者なので」が言えるのは現状ネットにかぎられているが、これが現実で発話された場合は、自動的にその先が生じる。

世間にどうしてほしいかだ

「私の眼の前に小児を差しさないでください」(建前)なんて言うように矯正するのは「治療」だろうし

「私のために性交してもいい小児を差し出してください」(本音)なんて相手人権上叩かれるしかないよね

anond:20190501100315

だよなあ、そもそもセクシャリティ関係なく、友達彼氏彼女ってのはお互い会いたい時に会うだけの関係で、

そんな相手が困った時にケツ拭いてくれると期待する方が筋違いなんだから

性の相手でもない、一緒に子供を育ててるわけでもない相手になんでそこまでしなきゃいけないんだって言われると、正直説得のしようがない

小児性愛差別に関するメモ(自分用)

小児性愛LGBTは同列に語れるか?

同列に語れる部分もあれば、同列に語れない部分もある。

「語れるか?」という質問には「語れる(余地がある)」と答えるべきだが、「同列に語るべきか?」という質問の答えは文脈による。一般には同列に語るべき場面と、語るべきでない場面があるから

小児性愛者と児童虐待

小児性愛者と児童虐待者は区別すべきだ」という言説はよく聞くようになった。それ自体は「議論が進んだな」と感じるし、歓迎すべき。ただしそれともう一つ「性交渉年齢制限撤廃論者」を合わせて三属性区別すべきだと思う。現実ネットを見ると、「小児性愛者」ではない「性交渉年齢制限撤廃論者」が大勢いて、彼らがトラブルの中心になっていることが多いように見える。

また、私も含めて「性交渉年齢制限撤廃」には反対の人は多いだろうが、とは言え「児童虐待者」ともやはり区別して批判しなければならない。「弱い子供を思い通りにしたいだけだろう」というのは低俗レッテル貼りだし、彼らもそんな理由年齢制限撤廃したいわけじゃないことはみんな本当は分かっているだろう。「そんなつもりがなくても、相手を傷つけることはある」という現実問題を論じなければならない。

治療について

治療強制的に受けさせることは深刻な人権侵害になり得るので、例え犯罪者であったとしても慎重にならなければならない。本人が望んだ時に治療が受けられる環境が整うことは良いことだと思う。ただし、「小児性愛」を病名として治療を受けるのではなく、一般的な「性依存症」の文脈で、「小児性愛者の場合はどう治療すべきか?」という方法論で語るべきだと思う。これなら「異性愛者の場合は?同性愛者の場合は?」と平等な扱いだと言えるだろう。

性的に「見る」こと、それを「公言する」こと

内心の自由踏み込むことがあったらこの国は終わりだろう。そんなところに主題はなくて、児童性的に見ていることを「公言する」ことは、どこまで許されるのか?

「私はあなた性的に見ています」と直接告げることは、性別も年齢も関係なくセクハラだろう。なぜなら、それは自分問題相手強制的に巻き込み、プライバシー領域侵犯しているから。

セクハラ批判する時にセクシャリティ関係ない。セクシャルマイノリティーだろうがなんだろうが批判されるべきだろう。それと同時に、批判の中で相手セクシャリティ侮辱するようなことがあってはならない。これらはすべて小児性愛にも適用される。

一方で、「私は小児性愛者です」と公言することは許されるべきだろう。この言葉あくま自分自身のセクシャリティ問題として語っており、誰かのプライバシー領域侵犯したと言うのは無理がある。

2019-04-28

LGBT疲れ

この10連休は、LGBTプライドウィークになっていて、今日代々木公園プライドパレードもあるらしい。

何年か前までは、自分(もしくは誰か)の環境を変える一助になればと思ってパレードも歩いたし、募金とかもしてたんだけど、ある時から急に行かなくなってしまった。

1番の原因は、LGBTムーブメントに近い場所にいると心底疲れる、ってことだったと思う。

同性愛者やトランスの人、結婚したい人、過激派の人、活動家の人、ゲイやオネエなどのコンテンツとして捉えてる人、真剣セクシャリティについて悩んでる人、ファッションセクマイの人、性に奔放な人、アライの人、新宿二丁目(などのゲイタウン)で飲むのが好きな人...。

いろんな人がいて、そんな、いろんな人たちを理解したり、存在を認めたり、場合によってはスルーしたりする事でより良く共存しようね、みたいな感じがあったかくて嬉しかった時期もあったけど、気が付いたら全方位に過剰な気遣いが強いられていて、コミュニティでパワーを持ってる人にペコペコして、繊細すぎてすぐに暴れちゃうような人にヒヤヒヤしていた。

より良く共存するためには、ヒステリックに怒り散らす人に過剰に気遣いしないと輪に入れない雰囲気になっていて息苦しかった。

自分カテゴリを示すために、パワーのある人や発言力のある人、顔の広い人気のある人、人脈のある人に嫌われないかヒヤヒヤしながらコミュニケーションを取り続けなければならなかった。

LGBTコミュニティに顔を出していた時期もあったから、生きにくさを感じている人も沢山見てきたし、そんな友人達にとって生きやす世界をつくる活動(署名とか、募金とか、居るということを拒絶しない姿勢を示すとか)をやってきたけど、その「変えたい気持ち」を、LGBTコミュニティ内での"生きづらさ"が上回ってしまった。

差別発言をした人に対する激しい暴言とか、バイセクシャルストレートに戻る論とか、いつ何時も色恋に目をギラつかせている人とかにも晒され過ぎて疲れちゃった。

状況がより良くなったり、選択肢が増えることは望んでいるし、セクシャルマイノリティに限らないマイノリティ(障害者とか)も少数派だからと虐げられることのないようになればいいとは思っているけど、そう思う気持ちがこれ以上削がれるような不快な場面に直面したくなくて、離れることを選択した。

今日はよく晴れていて、暑すぎず、いいパレード日和だと思う。

私みたいに疲れてしまって、気持ちよくハッピープライド!と言えなくなってしまう人が増えないといいな、と思う。

2019-04-18

二次元三次元、両方を愛するセクシャリティ尊重すること

私自身のセクシャリティ二次元のみを愛する方。それ故に、時には政治的戦略として、時にはマイノリティとしてのルサンチマンを晴らすために、三次元を愛するセクシャリティ攻撃してしまうことがよくある。でもその度に笹井一個さんの言葉を思い出す。「二次元三次元も両方好きな人はどうすればいいの?」と。

一世代前の同性愛コミュニティでは両性愛者が迫害を受けた、みたいな、そういう現象が今ここで起きている。私もそこに加担している。

いやでもさ、結局三次元こそが本命で、二次元は「代替物」「劣化版」「いつか卒業するもの」程度にしか認識していない人と分かり合える気がしないじゃん!?

という言い訳

二次元三次元も、平等に両方好き」って人、きっとたくさんいるよね。

それでも私は、この戦略がまだ手放せない。色んな人の心を踏みにじって生きている。

でも本当に言いたいことはそうじゃないんだよ。ただ平等であって欲しいだけ。

ミラーリングって麻薬だね。一度ハマるとやめられない。

anond:20190417205433

「すべてのオタクを一括りにしているわけではない。全体としての傾向を語っているだけ」そういうエクスキューズ散見されるけど、

十年以上時が流れて現在は、KKOオタクニアイコールになり、現実社会で救われるべきと、オタクの主張の方が変わってしまった。

「知るか」で終わり。

私は生まれた時から私であり、「オタク」だとか「男性」だとかは私を構成する要素の一つに過ぎない。

勝手ニアイコールにするな。

勝手に主張が変わったことにするな。

セクシャリティ指向と自認だけで測るな。

現実女性とのセックス恋愛は本当に必要ない、三次惨事二次元こそ至高!」と言っていた当時のその人物本人が、現代では「現実社会で救われるべき」と鞍替えしたんだという統計的エビデンスでもあるのか?

というかね、今も昔も二次専が多数派になったことなどないよ。「オタクコミュニティ限定してもね。ちょうど手元にある小麦ちゃん漫画(2003年発行)に、二次専の脇役が出演してるけど。「奇特な人」という扱い以上の描写はない。(それなりの敬意がある描写で私は好きなキャラだけどね。)

最近LGBTが「流行り」だけれども、LGBTがいつマジョリティになった?

単眼娘とかも「流行り」だけど、そこら辺の男女に見せたら大概は「キモい」と一蹴されるだろうよ。

黒人音楽流行って何十年経つ?それから黒人差別はなくなった?

マイノリティから流行る」し、「流行として消費されてきた」ことそれ自体が「搾取であるという側面もある。

もちろん恩恵も多いから、マジョリティとは上手く付き合っていきたいとは思うがね。

まあ言いたいことはわかるよ。でもさ、そういう全体的な空気感嫌悪を覚える人間の前で、「君たちって全体的にこうだよねぇ」という「事実」を突きつけることがどれだけ暴力的理解してくれ。

あんたは犯罪率が高いという特定人種の前で「君たちは犯罪者が多いみたいだねぇ」なんて言うのか?

2019-04-16

anond:20190416104713

これは余計なお世話しかないんだけど、君もこんなところで匿名で書いてる時点でこういうクソ反応が来ることは想定しているだろうと思うので書くけど。

男か女かわからない美少年(?)にドキっとしたい

そういった嗜好もまたセクシャリティとして尊重されたいなら、LGBT云々を「ややこしい」と切り捨てるのは賢い態度ではないよね。

とは言っても、みんながみんな意識高く生きるべきだとは思わないから、「甘え」だとかは敢えて言わないけど。

フィクションが見たいのであって、現実のややこしい話が見たいわけじゃない」と言うなら心の底から同意します。

2019-04-05

anond:20190405144815

セックスという形でしかセクシャリティ表現できない人もいる。社会にとって必要じゃなくても、私にとっては必要不可欠なんだ。有益でも無益でも有害でも無害でも関係ない。これはアイデンティティ問題なんだ」と言われたら、配慮する必要はあると思うけどね。

生殖優位の特権に胡座をかいて「セックス人類にとって必要!」と主張し、言外にオナニー同性愛やその他あらゆる「生殖から切り離された性のあり方」を侮辱する連中の声に耳を傾ける余裕はない。申し訳ないが。

2019-03-20

anond:20190320075036

よくわからないけど

http://kotomonashi.isapon.net/?eid=899

Enigmatic / エニグマティック(「自分ではどんな感じかわかっているがうまく説明できない」自認)

Genderqueer / ジェンダークィア既存性別の枠組みにあてはまらない自認。ノンバイナリー、ノンコンフォーミング、ヴァリアントなど呼びかたは様々)

Implasexual / インプセクシャル規則的に続く自己疑問やアイデンティティ問題が原因で、自身の性指向に満足していない)

Novosexual / ノヴォセクシャル自分セクシャリティ確信することが出来ない)

Objunctumsexual / オブジャンクタムセクシャル恋愛感情や性欲求が無生物に向く)

Pomosexual / ポモセクシャル(「そもそもセクシュアリティの分類は意味をなさない」という考えかた。ポストモダニズムセクシャルの略)

Queer / クィア既存の枠組みにあてはまらないセクシャリティ。また、セクシャルマイノリティを表す言葉。元は侮蔑語

Questioning / クエスチョニング(自分セクシャリティについて悩んだり迷ったりしている)

Quoiromantic / クォイロマンティック(恋愛感情とは何か、友情とどう違うか、がわからない。WTFロマンティックと同義

Quoisexual / クォイセクシャル性的魅力を他のタイプの魅力と区別できない)

Xgender / エックスジェンダー(男女の枠に囚われない自認)

Zoosexual / ズーセクシャル恋愛感情や性欲求人間以外の動物に向く)

のどれかには当てはまるんじゃないですか?

私自身はクォイ・ロマンティックのオブジャンクタム・セクシャルが一番近いかなぁ。二次専なので。

でもア・ロマンティック、オート・セクシャルっぽさもあるかなぁ。まあセクシャリティは流動的なものなので。考え方はポストモダンセクシャルが一番近い。

"ロリコン"の傾向もある("ロリコン"の定義はともかく)けど、成人男性なのでロリータではないです。でもロリータ服には興味があるので、ロリータさんデビューはいずれあるかもしれない。

2019-03-11

anond:20190311115339

性的」という曖昧言葉は避けた方がいい。「強い情欲喚起する」という意味で使っているんだろうけど。

何らかの意味セクシャリティ表現している以上、その例が「性的」でない、というのは語義矛盾に近い。

2019-02-27

anond:20190227113732

私はこのゲームをやっていないのですが、レビューを読んだだけでもいくつかの違和感がありました。少し長いですが、せっかくなので私もここに書かせてもらおうと思います

今調べたところ、リンというキャラクタートランス女性で、ヴィンセントというキャラクターシス男性なのですよね?でしたら、リン同性愛者ではなく異性愛者なのでは?

しかトランスジェンダーの中には、「セクシャルマイノリティーとしての自分」にアイデンティティ見出し自己実現を図る方も少なくありません。一方で、「自分は本当は(すなわち、心は)男性/女性なのに、なぜ身体女性/男性なんだ。男/女らしい身体に産まれたかった」と悔しい思いを抱えながら生きる当事者もまた少なくありません。「LGBT」と一括りにされてしまうことで混乱が多いですが、「LGB」の抱える悩み・直面する差別問題と、「T」の抱える悩み・直面する差別問題は全く異なりますあなたはどうやら、その辺りを混同しているように見受けられました。

次に、

同性愛者は自分セクシャリティを隠して異性愛者に近づくものだという偏見ですよね。そんな同性愛者は今時いないと思うんだけど

とのことですが、つい最近セクシャリティアウティングによって一人の学生自死選択した痛ましい事件がありましたよね。この国(に限らないですが)はまだまだ偏見は強く、排除を恐れてセクシャリティを隠して生きる当事者も少なくないのが現実だと思います

もちろん、あなた方のような当事者が増えてきたこともまた現実だと思いますし、それはとても幸福なことで、歓迎すべきで、そして目を向けるべき現実でもあるとは思いますしかし、その裏でやはり「残念ながら変わり切れない」部分も残っていると思います。そのような両面性を抱えた過渡期である現代において、そのリアルを余すことなく描ききることは不可能に近いと思いますしかし、複数作品群の傾向を語る中で「そろそろこういう作品が増えてもよくないかな?」と提案することには大いに意味があると思いますし、私も応援します。

以上です。長文失礼しました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん