「セクシャリティ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: セクシャリティとは

2018-01-18

どうもセクマイ共の言うことに共感できない理由

ずっとなんでだろうと思っていたが、ようやくわかった気がする

あいつら自分人生問題やらつまずきやらを全部セクシャリティのせいにしようとするから

そんなわけねえんだって

自分が人と違うんじゃないかとか、人に避けられるとか言ってるけど、

そんなんセクマイでもなんでもない自分経験してきたっつーの

大抵の人間は性とかそういうの以前に、悩みなんかいくらでもある

から、それ以外に悩むことなどないかのような言い方は正直贅沢な悩みに思えてしまうし、

差別さえなくなれば自分は受け入れられるはずだ、と信じて疑わない様子は傲慢にも見えてしま

まあ、セクマイという立場では言わないだけで、彼らは他にも悩みを抱えているのだろう

わざわざカミングアウトしてメディアに出てこれるのはコミュニケーションお化け美男美女

(という言い方も適切ではないが)といった強者ばかりだが、現実はそうとも限らない

そこら辺にいるコミュ障ブサイクが、実はそのひとりかもしれない

仮にLGBT差別けがなくなっても、やはり彼らの大半は別の理由で避けられるのではないか

……ということを考えると、どうにもやりきれなさを感じる

2018-01-17

いくつになったらアセクシャル名乗っていいの?

現在大学3年生、身体的にも精神的にも女。

人を好きになったことは、まだない。

2度ほど告白されて、とりあえずでいいから付き合ってみないかと言われ頷いたものの、いずれも所謂男女の関係にはなれずお別れした。

友人や家族とそういう話になった時、何度そう説明しても

「まだ運命の人出会ってないだけだよ」「今は他のことで忙しいからじゃない?」

と言われ、まともに取りあって貰えない。

ネットとかで色々調べてみたら、どうやら自分のような人間一定数いるらしく、"アセクシャル"(無性愛者)と呼ばれていることを知った。

ただ、確証が持てない。

wikiとか見ても自覚時期については「第二次性徴期以降であることが多い。」としか書いてなくて、自分が無性愛者なのか、レズビアンなのか、はたまた友人たちの言う通り単なる奥手なタイプなのか、それは一体いつ判断していいんだろう。

そもそもから執着心や依存感情に縁が無く、広く浅く淡白な人間関係しかいたことがないので、これがセクシャリティ問題であるのかすら定かでない。

ちなみに男女問わず美しい顔が好き&刹那的青春っぽいエモさに弱いのでアイドルとかは好きでよく観に行く。

しかし当然ながら恋愛感情ではないと思う。推し多数だし、認知欲求もないので。

あと子どもも好きだし、いつか自分の子どもが持てたらとは思う。まあ現実的に無理だな。

別にこのままボンヤリと生きていけばいいかなと思ってたのだけども、最近まり上記のやり取りをすることが多く、しかもそれが結構ストレスであることに気付いた。

からこの際ハッキリ決めて宣言してしまおうと思ったものの、これ他のセクシャリティに比べて判断基準ぼんやりしすぎてないか?という印象が拭えず躊躇われる。

から誰か教えて下さい。

私はAセクなのでしょうか?

また、アセクシャルの明確な判断基準はないのでしょうか?

モヤモヤするわ~。

2018-01-13

anond:20180113034454

誤訳の指摘ありがとうございました。

以下、ご指摘の点について修正検討させていただきます

✖そのことがマッチョ侵害行為保証することにはならない。

⇒また、女性に対する慇懃な振る舞いを女性を傷つける男性優位の態度と見なすのは間違いです。

さっそく冒頭で私の訳はダメですね。galanterieをgarantirと完全に読み間違えてます

恋愛のお作法に乗っ取った男性からの誘惑の手順ですね。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Galanterie

agression machisteは痴漢行為と訳すのが良さそうです。

violを指す犯罪crimeは殺人と同じくらいの犯罪なので、そのニュアンスの違いは入れるなら、

強姦殺人と同じくらい重大な犯罪だ。しかししつこかったり不器用だったりするナンパ犯罪ではないし、誘惑のお作法痴漢行為とみなすのも違う。

✖正しく意識されるようになった。

意識されるようになったのは正統なことだ。

プロフェッショナルのせかいにおける性暴力だ。

職業生活の中での性暴力だ。

ここは訂正どおりにさせていただきます

✖いわゆる普遍の名の下で、

⇒誰にとっても善いのはこういうことだと勝手に決めて、

(この下りはかなり皮肉な書き方になっていると思います)

公共利益代表者気取りで

✖実際、報道メディアソーシャルネット上で、#metooが巻き起こしたのは密告と、個人個人に抗弁の余地や弁護の余地を与えることなく、性暴力加害者と同じ俎上糾弾することだった。

事実、#metooを通して、報道メディアソーシャルネット上に密告と公の場での告発キャンペーンが発生した。犠牲になったのは、性暴力加害者たちとまったく同じ俎上に乗せられ、抗弁の余地も弁明の余地も与えられない人びとだった。<<

実際の所、#metoo引き起こしたのは、報道メディアソーシャルネット上での密告と公開の場での糾弾キャンペーンだ。槍玉にあげられた人々は抗弁の余地も弁明の余地も与えられず、性暴力加害者と同じ俎上に乗せられた。

✖「豚野郎」たちを屠殺場へ送り込むこの熱狂だが、女性が自立することを手助けるには程遠かった。 実際には性の自由の敵、宗教的過激主義、最悪の反動主義者に利益をもたらすことになってしまった。この反動主義者は、実質的にはヴィクトリア朝モラルのもとで、女性を「別扱いな」存在とみなし、女性保護することを求めながら大人の顔をした子供とみなすのだ。

⇒「豚野郎」どもを屠殺場へ送り込もうとするこの熱病は、女性自律的になるのをいささかも助けない。それどころか、実際にこの熱病から利益を得るのは、性の自由の敵たち、宗教的過激主義者たち、最悪の反動家たち、そして、実体論的な善概念とそれにともなうヴィクトリア朝風のモラルの名において女性一種「別扱いの」存在と、大人の顔をしていながら子供のように庇護されることを求める存在と見なす人びとなのである

豚野郎」たちを屠殺場に送り込もうとするこの熱狂状態は、女性が自立していくことを手助けするには程遠かった。それどころか実際には、性の自由の敵、宗教的過激主義者、最悪の反動主義者、そして善の本質的概念とそれに伴うヴィクトリア朝的なモラルを掲げ、女性を「別扱い」の存在にし、保護されることを求める大人の顔をした子供と考えるような人々に利益を与えてしまっているのだ。

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性差別」で

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性蔑視」で

mysogineはどちらの訳にもなると思われます

✖「女性として振舞うことのトラウマに苦しんでいる」ことを

⇒「女性登場人物たちが被ったトラウマ」を

✖「スイスで提出されている法案

⇒「スウェーデンで提出されている法案

✖「やりりたいこととやりたくないことに」

⇒「してもいいと思うことと、するのはいやだと思うことに」

ここはご指摘の通りです

中指を立てる自由

⇒人の気分を害する自由

この概念攻撃しようとするのは(神や国家指導者のような)「権力」「権威」とそれをアンタッチャブルものにする空気ですので、「人の気分を害する」は避けたいところでした。

彼女給与男性平等に支払われるように注意しているべきだ。しかし、地下鉄痴漢にあっても、それが犯罪からといって、トラウマを植え付けられたと感じる必要はない。

彼女彼女給与男性平等に支払われるように注意することができる。しかし、地下鉄痴漢にあっても、痴漢行為犯罪と見なされるからといって、一生涯続くトラウマを植え付けられたとは感じないでいることもできる。

彼女給与男性平等に支払われるように注意していることができる。しかし、それは確かに犯罪なのだが、地下鉄痴漢に体を触られたからといって生涯消えないトラウマを植え付けられたと感じなくてもよい。

✖評判だおれだったとさえ考えてもいい。

さらには、大した出来事ではなかったと考えることさえできる。

たいしたことは起こらなかったかのようにさえ考えてもよい

女性としての私たちは、自分たちが、力の乱用を超えて、男性たちとセクシャリティへの憎しみという顔をもったフェミニストになることを認めない。

私たち女性として、権力濫用告発することを超えて男性たちとセクシャリティへの憎しみとして表れるフェミニズムに強い違和感を覚える。

女性としての私たちは、権力の乱用を告発することを越え、男性たちとセクシャリティへの憎しみという様相を呈しつつあるこのフェミニズムを、自分たちのものとして受け入れることはできない。

✖ウザがられる自由無しでは上手く働かないと私たちは考える。

⇒ウザがられる自由が男たちの側にあってこそ意味を持つと私たちは考える。

ここは「ウザがられる自由」が男たちの側にあると解釈するのは無理ではないかと思います

性的提案(これはナンパかもしれませんし既に恋人同士の間で行われるものかもしれません)に対して「ノー」という自由は「ウザがられる自由」が無いと上手くたちゆかないということなので、

誘いを受けた側(これは男性であるとも女性あるとも異性愛者の間のこととも限りませんが)にあると考えるのが自然ではないでしょうか?

子供を持つことを選んだ人々のために、

私たちのうちで子供を持つことを選んだ者について言えば、

✖娘たちが気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなどなく、自分人生を精一杯生きるために十分教育されて自覚を持つことが適切だと考えている。

自分の娘たちが、〔性について〕気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生をのびのびと生きるのに十分なだけの知識を得て意識的になるように育てることこそ適切だと考えている。

私たちの中で子供を持つことを選んだ人達のために、私たちの娘たちは十分に教育され、気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生謳歌できるように十分な知識を与えられ、意識的であるように育てられることが適切だと考えている。

✖たとえそれが辛く、生涯残る傷を残すものだったとしても、身体を傷つけられる事故にあった女性尊厳を傷つけられないし、傷つけられるべきでもない。

女性身体に関与するアクシデントは、必ずしもその女性尊厳を傷つけるわけではなく、ときにきわめて辛いものであっても、そのアクシデント理由に当該女性を終身犠牲者のように考えるのは必ずしも適切なことではない。

女性の体を傷つけるようなアクシデントは必ずしも彼女尊厳を傷つけるものではないし、ときには極めて辛いものであったとしても、彼女を当然の様に永遠犠牲者としてしまうべきではない。

まだまだ検討余地はあるかと思いますが、ご指摘の点については以上のように。

anond:20180111072916

『[翻訳] ドヌーヴ「女性口説く権利」 全訳』を掲載された方が、"la liberté d'importuner"を「ウザがられる自由」とお訳しになったのはなかなかの技だと思うのですが、惜しいことに、この全訳はかなりの数の誤訳を含み、その結果、多くの箇所で、原文の文意を正しく伝えていません。

 以下、大急ぎで、主だった誤訳箇所を列挙し、元記事http://www.lemonde.fr/idees/article/2018/01/09/nous-defendons-une-liberte-d-importuner-indispensable-a-la-liberte-sexuelle_5239134_3232.html)の正確な読み取りに基づく改訳を提案しておきます。「✖」で誤訳箇所を示します。「⇒」でその部分について、正確であろう訳文の例をを示します。ご検討ください。

✖そのことがマッチョ侵害行為保証することにはならない。

⇒また、女性に対する慇懃な振る舞いを女性を傷つける男性優位の態度と見なすのは間違いです。

✖正しく意識されるようになった。

意識されるようになったのは正統なことだ。

プロフェッショナルのせかいにおける性暴力だ。

職業生活の中での性暴力だ。

✖いわゆる普遍の名の下で、

⇒誰にとっても善いのはこういうことだと勝手に決めて、

✖実際、報道メディアソーシャルネット上で、#metooが巻き起こしたのは密告と、個人個人に抗弁の余地や弁護の余地を与えることなく、性暴力加害者と同じ俎上糾弾することだった。

事実、#metooを通して、報道メディアソーシャルネット上に密告と公の場での告発キャンペーンが発生した。犠牲になったのは、性暴力加害者たちとまったく同じ俎上に乗せられ、抗弁の余地も弁明の余地も与えられない人びとだった。

✖「豚野郎」たちを屠殺場へ送り込むこの熱狂だが、女性が自立することを手助けるには程遠かった。 実際には性の自由の敵、宗教的過激主義、最悪の反動主義者に利益をもたらすことになってしまった。この反動主義者は、実質的にはヴィクトリア朝モラルのもとで、女性を「別扱いな」存在とみなし、女性保護することを求めながら大人の顔をした子供とみなすのだ。

⇒「豚野郎」どもを屠殺場へ送り込もうとするこの熱病は、女性自律的になるのをいささかも助けない。それどころか、実際にこの熱病から利益を得るのは、性の自由の敵たち、宗教的過激主義者たち、最悪の反動家たち、そして、実体論的な善概念とそれにともなうヴィクトリア朝風のモラルの名において女性一種「別扱いの」存在と、大人の顔をしていながら子供のように庇護されることを求める存在と見なす人びとなのである

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性差別」で

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性蔑視」で

✖「女性として振舞うことのトラウマに苦しんでいる」ことを

⇒「女性登場人物たちが被ったトラウマ」を

✖「スイスで提出されている法案

⇒「スウェーデンで提出されている法案

✖「やりりたいこととやりたくないことに」

⇒「してもいいと思うことと、するのはいやだと思うことに」

中指を立てる自由

⇒人の気分を害する自由

彼女給与男性平等に支払われるように注意しているべきだ。しかし、地下鉄痴漢にあっても、それが犯罪からといって、トラウマを植え付けられたと感じる必要はない。

彼女彼女給与男性平等に支払われるように注意することができる。しかし、地下鉄痴漢にあっても、痴漢行為犯罪と見なされるからといって、一生涯続くトラウマを植え付けられたとは感じないでいることもできる。

✖評判だおれだったとさえ考えてもいい。

さらには、大した出来事ではなかったと考えることさえできる。

女性としての私たちは、自分たちが、力の乱用を超えて、男性たちとセクシャリティへの憎しみという顔をもったフェミニストになることを認めない。

私たち女性として、権力濫用告発することを超えて男性たちとセクシャリティへの憎しみとして表れるフェミニズムに強い違和感を覚える。

✖ウザがられる自由無しでは上手く働かないと私たちは考える。

⇒ウザがられる自由が男たちの側にあってこそ意味を持つと私たちは考える。

✖そして私たちは、このウザがられる自由にどう応えていくかを知らなければならない。性的な獲物の役割に閉じこもる以外のやり方でだ。

⇒そして私たちは、このウザがられる自由に対して、獲物の役割に閉じこもる以外のやり方で対応する能力を持っていなくてはいけない。

子供を持つことを選んだ人々のために、

私たちのうちで子供を持つことを選んだ者について言えば、

✖娘たちが気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなどなく、自分人生を精一杯生きるために十分教育されて自覚を持つことが適切だと考えている。

自分の娘たちが、〔性について〕気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生をのびのびと生きるのに十分なだけの知識を得て意識的になるように育てることこそ適切だと考えている。

✖たとえそれが辛く、生涯残る傷を残すものだったとしても、身体を傷つけられる事故にあった女性尊厳を傷つけられないし、傷つけられるべきでもない。

女性身体に関与するアクシデントは、必ずしもその女性尊厳を傷つけるわけではなく、ときにきわめて辛いものであっても、そのアクシデント理由に当該女性を終身犠牲者のように考えるのは必ずしも適切なことではない。

以上。

2018-01-02

anond:20180102174260

でもあいつらセクシャリティ以外の格差とかそういうのにはまるで冷淡だし

まれつき以外なら差別してもいいみたいなこと割と平気で言っちゃう

それどころか容姿で選り好みもする(まあ当たり前なんだけどね)

からあいつらが権利を得て上に上がっても、外野人間には関係ないことで

別に今までの抑圧から解放されるとかみたいな感覚は全くない

しろあいつらに新しく何か押し付けられるようになるだけで、なんも生きやすくならんと思うわ

正直これ以上タブーなんか増やしたくない

彼らが運動するのはまあいいんだよ

でもぶっちゃけね、偉そうなこと言うんだったら、今あるものを徹底的にぶち壊してほしい

「今の社会は温存した上で、自分が上に行ければそれでいい」ってヌルい考えした奴らが多すぎる

LGBTに限らず社会運動の顔をした奴はみんなそんな感じだ

2017-12-30

童貞というかそもそも性愛者なのかもしれない

アラサー童貞なんだが最近自分は無性愛者なんでは?と思えてきた

と言っても以前までは自慰普通に行っていたので無性愛者ではない、と思っていたのだが、

どうやら最近調べてみると自慰するか否かはカンケイない、という知見を得た

ただ、マジョリティ男と同様に、女性にあまり魅力を感じない、

女性に対してガツガツ行くような衝動を持てない、

という辺りからだんだん自分は無性愛者ではないかと思えてきたのだが、どうだ。

しかしこう考えると、世の童貞は実は無性愛者というセクシャルマイノリティ一定割合で占めているのではないか、推測してみた。

童貞いじりの風潮でただただ己は劣った存在しか思えず、自らのセクシャリティに向き合う機会を与えられないのだ。

これこそが本邦における童貞の生きづらさなのだと思われる。

2017-12-24

本当の自分常識の外にある(こともある)

中学生ときプリキュア百合にハマり、女性アイドルにハマり百合営業をありがたがり、

高校生の時に知った姉の秘密大手BL同人サークルということだった。

好きな芸能人キャラクターはいつも女性。姉の趣味に付き合い同性愛を扱う作品もたくさん見てた。

同性の友人とイルミネーションを見に行ったとき急に手を握られて

来年も一緒に見ようね」とか「私が男の子だったら告白したのに」なんて言われたこともある。

そこまで経験しても、ある日同性から本気の告白をされるまで「自分同性愛者かも」という発想は1ミリもなかった。

気付いたのは20代半ば。

常識」は怖い。異性を好きにならない自分人間として欠陥品なんだ、とまで思っていたのに。

私の生きてきた日本ではどこまで行っても同性愛フィクションだったのだ。

もっと多様性を身近に感じれる社会だったら、もっと早く自覚できていれば、と思うこともある。

中学生の時、友人に感じていたモヤモヤ恋愛感情だったんだろう。

あのときそれに気付けていれば、もっと色々な経験ができたかもしれない。

みんなにも世間なんて気にしないで自分気持ちに素直になってほしい。

うちの父親めんつゆマヨネーズいれるし、刺し身食いながら牛乳飲みます

私には理解できないけど、本人が美味しく食べてるので何も言いません。そういうことです。

セクシャリティの違い、目玉焼きにかける調味料の違い、そのぐらい当たり前に存在している多様性でいいんだよ。

自分の本当の気持ちに気付くというのはすごく難しいけれど、すごく大事です。

私はレズビアンということに気付けたお陰で、それを受け入れてくれる人たちに囲まれて、自分らしく、楽しく暮らしています

誰もが、特に若い人が、常識にとらわれて無駄時間を過ごしませんように。

2017-12-07

anond:20171207202101

そもそもそれを当事者が言うんならまだしも、だいたい違うじゃないですか

セクシャリティのものシスヘテの腐女子が、反差別かぶれてほざいてるだけでしょう

どんな形であれ同性愛一方的に消費して楽しんでる側がアライ気取りとか笑っちゃうんですけど

2017-11-30

https://anond.hatelabo.jp/20171130115932

そもそも男性中心社会に置いて、男らしさと人間性は完全に切り離し不可能ものだよ。

オタク人間性に欠けてるって言い分自体が、オタクには男らしさが欠けているという証左になっている。

萌えキャラなんてホモソーシャル社会で交換可能女性扱いでは無いから、萌オタは度々、動物だの豚だのに例えられてきたんですね。

これは、女性恋愛映画を見てだらだら涙を流す生物として舐められているのと同じ地平線上にある。女は人間では無いか動物的でも容認されるが、オタクエロゲーに感動して涙をながすと、バカにされるのも男らしさと人間性の結びつきによる問題だ。

 

男らしさから離脱したら、性的ものから自由になるか? そんなわけないだろう、人にはセクシャリティがあるんだから。むしろ性的には野放図でフェティッシュちょっと普通とはズレてる変態かもしれないけどいいよねとなるし、それを認めていかなければ、結局「男らしさ」によって構築された近代的な規範に男も女も絡め取られていくだけになる。

一部のフェミニストオタク対立するのはセクシャリティの野放図な多様性路線オタクという部分で対立軸形成してるからで、クズオタクがとりわけ「自己責任精神や異性への人権意識に著しく欠けた」ように見えるなら、そういう敵対イメージを利用してフェミニストを動員したい向きがあるからだよね。フェミニスト女性って言っても、中身は女性性を内面化した女々しい女性が多いから、性的イメージ問題にした旗振りはよく効くでしょう。

まあ、こういう増田を見る限り、有効だよね。

2017-11-28

人を妙に意識してしまうことについて(脇見恐怖症)

34歳、男性です。統合失調症です。病状は安定しております

人を妙に意識してしまうことについての質問です。

人と接しているときに、変にその近くにいる視界に入っている人を意識してしまます男性女性わず2ちゃんねるで脇見恐怖症というのを見ましたがそれじゃないかと思っています

男女問わず意識してしまい、その場から離れたあともその意識してしまった人に対するドキドキ感が消えず、反芻してしまます。それでバイセクシャルなのではないか自分のことを思うようになりました。もともと女性性が私は強いかもしれません。

それと意識しだすと、気のせいか超能力っぽい感じで相手もそれを感じ取るようなことになり、避けられる気がします。統合失調症と書いたので文章説得力がないような気がしますが。

同じような方いらっしゃいますか?

脇見恐怖症に加えて、セクシャリティというのか、自分は例えばバイセクシャルなんじゃないかと思う人。

そしてその方は普段、どう過ごされてますか?

2017-11-06

なぜLGBTOKロリコンNGなのかガチ説明する

先日BBCの「若い小児性愛者の告白」という記事を読んで、色々と思うところがあった。これまで自分が考えてきた性的少数者人権についての考えを整理するために、今回初めて増田として日記を書いてみようと思う。

「子供に手は出さない」 若い小児性愛者の告白 - BBCニュース

この記事を読んでもらいたい人
僕が主に言いたいこと
前提の整理

本題に入る前に、議論の前提とする事柄を整理する。

前提1: 人権とその運用ルールについて

日本では、あらゆる人間には基本的人権が生まれながらに備わっている、という思想憲法で表明している。今回の議論関係がありそうなのは平等権」「自由権」あたりだ。それぞれが意味するところはWikipediaでも読んでほしい

(なお、人権よりも別の規律が上位に来る国ではこの前提は成立しない。そのような状況は今回の議論範疇ともしない。)

雑に説明すると、人間は誰しも生きる権利(生存権)があり、差別なく平等に扱われる権利(平等権)や、欲しいものを手に入れたり、やりたいことを自由にやってよい権利(自由権)がある。基本的には、これらの権利は最大限尊重されなければならない。

もちろん、この権利運用には例外があって、それはある人の権利他人権利侵害するケースだ。こういった場合は、より重要度が高い権利の方が保護され、重要度の低い権利制限される。あるいは、場合によっては両者がバランスよく制限される場合もある。この権利制限必要最低限度でなければならない。

こういった訳で「人のものを盗んで自分の物にしたい」「他人を意のままに傷つけたり、命を奪いたい」「相手同意なく暴力セックスしたい」といった自由は、他人権利を奪うため制限されるし、その決まりを守らなかった場合罰則もある。当然ながら、こういった自由よりも、その自由によって侵害される他者権利の方が、より保護する優先度が高いと考えられているためだ。

反対に、もし他人権利侵害していないのに、生存権平等権自由権などが制限されていたとしたら、これは是正されなければならない不当な権利侵害と言える。もしそのような立場に置かれている人がいたら、彼らにはその不当さを訴え、本来正しい状態是正してもらうよう主張する権利もある。

ここまでの話を端的に整理すると、次のようになる。……【前提A】

このため、ある権利制限が正当なものか不当かであるかを判断するには、例外規定した「2」の条件にあたるかどうかを検証すれば良いということになる。……【前提B】

前提2: 性指向性自認性的少数者定義範疇

性的少数者について特に問題となる概念として、自分本能的に欲しいと感じる性の対象が何であるかを表す「性指向」と、自分がどういった性別人格であるかを表す「性自認」がある。

性的少数者定義

「性指向」と「性自認」は「肉体的な性別性自認が一致しており、かつ異性愛である」という組み合わせが最も多い。この多数派の性指向性自認の組み合わせから外れたパーソナリティを持っている場合、その人は性的少数者である。……【前提C】

一般的性的少数者と言われている分類(いわゆるLGBTに含まれもの):

この中でも、両性愛者やアセクシャル比較多数派世界に溶け込みやすく、他の性的少数者に比べて存在が表面化しにくいとも言われている。

また、様々な理由からまり性的少数者としては分類されにくい小児性愛動物性愛、対物性愛といった性指向存在する。

一般的ではないが性的少数者定義合致する分類:
性的少数者の「矯正」は不可能

性的少数者の性指向性自認多数派と同じ状態になるように矯正しようとする試みが過去になされてきたが、成功しなかった。(多大なストレスで鬱になったり、自殺する場合もあった。)現在では性的少数者根本的に矯正することは不可能と考えられている。

なお、なぜ性的少数者が生まれるのかについては、先天的後天的両方の仮説がある。しかし、そのどちらかなのか、どちらのケースもありえるのかなども含め、原因は明らかになっていない。

このように、性指向自分意思によって変更できるものではなく、また、どういった原因によって性指向が決まるのかも明らかになっていない。……【前提D】

(ちなみに、性自認に肉体の方を適合させたり、半陰陽の人をどちらかの性別に寄せる、といった物理的なアプローチ可能である。)

指向性癖区別

特定の物・衣装行為に興奮する(フェティシズムSMプレイなど)などといった性癖と性指向言葉の上では区別される。しかし、時代によって何がどこまで正常/異常に分類されるかはとても曖昧になっている。

そこで、今回の議論では、ある人の性的な興味を形づくる根幹的な事柄であれば、その内容を問わず指向として尊重する立場をとる。……【前提E】

例として、異性愛者にとっては相手が異性であることは欠くことができない根幹的な事柄であるため、異性愛は性指向一種であるとする。

また別の例として、ある男性ケモナーで、ある種の動物性愛的とも言えるポルノを好んでいたとしても、実際の恋愛では人間女性交際結婚可能場合、必ずしも動物性愛が根幹をなしていないので、性指向としての動物性愛ではないと見なす。

逆に、もしこの男性にとって動物性愛が根幹を成しており、人間との交際結婚が全く考えられない場合、彼は動物性愛の性指向を持っていると見なす。

正常と異常

指向性癖の内容を問わず、正常/異常、良い/悪いの価値判断は行わない。ただし、その性癖他者他者権利侵害せずには成立しないもの(プレイではなく実際のレイプ行為など)については制限必要という立場をとる。

本題

前提が長くなったが、ここから本題となる。

なぜLGBT権利が認められつつあるのか

現行の社会の仕組みは性的多数派を前提とした仕組みとなっており、本来多数派と同様に保障されていなければならない権利制限されている。これを、多数派と同等のレベルにまで回復してほしいというのが、権利是正を求めるLGBTたちの主張として共通していることである

【前提A・B】に立ち戻ると、LGBTであっても可能な限り性的多数派と同等の権利が認められなければならないが、その権利他者権利侵害する部分については制限しても良いということになる。

では、上記のような事柄を認めることによって、他者権利侵害される場合はとはどういうときだろう?

同性愛者がはびこることによって、異性愛者がレイプされるかもしれない」

という懸念は不適当と言える。現状も異性愛者同士によるレイプ事件は起こっているし、同性愛者の権利回復したとしても、同意なくレイプして良いという特権を認める訳ではない。もしそのような事件があれば適切に処罰されるだろう。

LGBT不快感を持つ人々の権利侵害される」

というのは認められない。単に嫌いだから不快から、見なれないからという理由だけでは権利制限する根拠とはならないからだ。今まで生活していて、体臭が非常にキツかったり、顔立ちが全く気にいらなかったり、もの凄く性格が合わない不快な人と会ったこともあるだろうが、だからといって犯罪をしている訳でもない彼らから権利剥奪して良いかというと、全く関係がないのは明らかだ。

男性に見えるトランスジェンダー女子トイレに入ったり、その逆が起こるのは嫌だ」

というのは議論余地がある。男性から女性へのトランスジェンダーの人がありのままに生きたいという権利と、異性からトイレを見られたくないという権利が衝突しており、何らかの解決がなされるべきだろう。

最後問題のように細かい部分では利害の調整が必要な部分はあるにせよ、大きく見れば、LGBT権利回復することによって、他者権利が大きく侵害される場合というのは想像が難しい。【前提A・B】で説明した運用ルールから考えると、彼らの権利回復しない積極的根拠を挙げるのは難しい。

小児性愛性的少数者

【前提C】の条件によるなら、小児性愛者は性的少数者として考えて差し支えないと思う(ただし、単に小児性愛的な嗜好を好むだけで、その人の性的興味の根幹を成していない場合性癖範疇とする。これも【前提E】のケモナーの例に同じ)。

LGBTの例と揃えると、小児性愛者の権利多数派と同等な状態というのは、以下のようなものになるだろう。

LGBT事情が異なるのは、現代では子どもと成人間恋愛性交渉子ども人権侵害する行為とされている点である

【前提B】を鑑みれば、これは権利制限する十分な正当性があると見なせてしまう。同じ性的少数者でありながら、これほどまでに明暗が分かれてしまうのが悲劇である

という部分が認められることはほぼあり得ないだろう。

小児性愛者は差別されている

それでは、小児性愛者の権利制限されて当然なのであろうか。

しかに、子どもに対する直接の危害や、児童ポルノ製造は明確な犯罪行為であり、被害者の子もの権利侵害する行為である。そのような事件に対する世間の目はとても厳しい。

しかし【前提D】で述べたように、性指向自分選択できるものではなく、また、矯正可能ものでもない。異性愛者や同性愛者がたまたまそう生まれしまったのと同等に、小児性愛者もただそう生まれしまっているだけだ。子どもと実際の恋愛セックスに及ぶことはは制限せざるを得ないが、自身の性指向社会から否定されながら生きたり、その性指向理由にして社会的差別を受けるいわれはない。

なので、この権利可能な限り回復されなければならない。

LGBTと違うのは、ただその性の対象を実際に得る自由がないというだけで、それ以外の部分においては本来同様の権利回復が行われなければならないだろう。下へ、先ほどのLGBTの例と対応させてみる:

小児性愛者がはびこることによって、子どもレイプされるかもしれない」

という懸念は不当である。現状も異性愛者同士によるレイプ事件は起こっているし、小児性愛者の権利回復したとしても、子どもに手を出してよいという特権を認める訳ではない。もしそのような事件があれば適切に処罰されるだろう。

小児性愛者に不快感を持つ人々の権利侵害される」

というのは認められない。単に嫌いだから不快から、見なれないからという理由だけでは権利制限する根拠とはならないからだ。今まで生活していて、体臭が非常にキツかったり、顔立ちが全く気にいらなかったり、もの凄く性格が合わない不快な人と会ったこともあるだろうが、だからといって犯罪をしている訳でもない彼らから権利剥奪して良いかというと、全く関係がないのは明らかだ。

これが詭弁かどうかをよく考えてみてほしい。

小児性愛者への適切な寛容さとは

それでは、理想的小児性愛者と社会関係とはどのようなものになるのだろう。

私は、同性愛者やトランスジェンダーであることが、効き手が左効きであることと同じくらい何でもないことになることが理想だと考えている。小児性愛者についてもそれくらい「ふーん、それは大変だね…。」と言えることになるくらいが良いと思う。

そして、この考え方は小児性愛者以外の理解を得られにくい性指向にも適用されるべきだ。

争点となりそうな事柄

LGBTですら権利回復がままならない状況で、小児性愛者の権利回復までは遠い道のりと言わざるを得ない。また、具体的に小児性愛者と社会の間でどういった適切な関係がありえるかもまだ分からないところがたくさんある。それは、特にポルノの扱いについてだろう。

なぜ小児性愛者へライトがあたらないのか

言うまでもなく、世の中では犯罪と直結したイメージを持たれやすいことだ。このことを危惧してか、本質的に同じ問題があるにも関わらず、私が知る限り小児性愛者の権利回復を主張する団体は見たことがない。

また、この投稿でも前提が長くなっているように、問題を端的に説明できないことから、短絡的に児童への性犯罪容認しているととも捉えられかねない危険があり、公に意見を主張することもまだ難しい。

しかし、LGBT問題が同じである以上、いつかは必ず議論されなければならない。その意味でも、今回のBBC記事はかなり先進的なものである評価したい。

最後

お読みいただきありがとうございます。僕自身バイゲイの間くらいのセクシャリティですが、ほとんど葛藤なく生きてこられてきました。ただ、周囲にはセクシャリティについて大きな自己否定感を経験した友人や知り合いも多いです。BBC記事での独白が、そういった方の抱えていた気持ちほとんど同じような内容に思えたのが、この投稿を書こうと思ったきっかけです。また、もしご自身過去や、身近なところに児童性犯罪被害を受けている方がいらっしゃった場合不快かもしれず申し訳ございません。

2017-10-12

anond:20171012135646

容姿バカにされるのは、嫌だけど、仕方がない。よほど極端でなければ、美醜の差別普通存在だ。不公平承知だが抗えないのも事実

しかセクシャリティを誤認されるいわれはない。ましてやそれがマスメディアによって作り出されたイメージならなおさらだ

プンスカ

anond:20171012132940

それ、例えばオタクホモに置き換えても同じで

セクシャリティとは関係なく、単純にキモい部分があるから避けられてることだってあるんだが

なぜかそれはまとめてLGBT差別ってことにされちゃうんだよなー

保毛尾田保毛男が許せない。

保毛尾田保毛男賛否を呼んでいるそうだが、擁護する余地があるとは思えない。

僕はズバリあの世代だが当時から酷いなと思っていた。まだ小学生だったがある意味、予感があったんだ。

どれだけ嫌な思いをしたことか。

髭の青さで、己のセクシャリティを誤解された人間の苦しさを

あのキャラ以降の一般化されたホモステレオタイプだ。しかし考えて欲しい、ホモ青髭には因果関係はない。

間違ったステレオタイプはたちの悪い差別だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000012-jct-soci

2017-09-30

ゲイが口うるさく抗議するわけ

「なんでゲイだけ目くじら立てて抗議するのか」って意見散見されるので書く。今回の抗議って自分たちのためという以上に、今同性愛で悩んでいる子供達のためって側面が大きいということを知ってほしい。

自分40代ゲイで、正直この歳になったら保毛男に直接傷つくということはない。でも、自分子供の頃はメディアゲイが「ホモ」として堂々とバカにされていて、それですごく悩んだんだよね。自分は異常なんだ。この先この世の中で生きていけるのだろうかって。実際、同性愛者の思春期自殺企図率はヘテロの子供の2倍程あるという調査結果も出ているし(http://www.nhk.or.jp/heart-net/mukiau/shirou4.html)、周りにも子供の頃同性愛で悩んで死ぬことを考えたってゲイもすごく多い。誰かが書いていたけれど、セクシャリティって自分アイデンティティと直結しているので、社会からそれを否定されるのって、特に思春期の子供にとってはかなり辛い。

例えば容姿いじりって、いじっている方も芸能人ばりの容姿なわけではなく、どこかに容姿欠点があったりするわけじゃない。言ってもお前も鼻の形変じゃん、みたいな。でもヘテロ同性愛って1-0で、ヘテロの人は揺るぎない絶対正義立ち位置から批判できるから強いし、批判される側は反論のしようがないんだよね。同性愛かどうかは目に見えないから、同士がどれだけいるのかがわからないってのも辛い。(あ、別に同性愛けが特別辛いんだって言いたい訳じゃないですよ。マイノリティマウンティングしても誰も幸せになれないでしょ。)

特に子供の頃は接する社会が狭いから一人で悩みがちになるので、周りはみんなヘテロなのに自分けが異常なんだと思って自殺を考える子も多いんだと思う。そんな中で同性愛者を「ホモ」とバカにするキャラクターテレビで堂々と流れてたらそれは怖いよ。明日学校で「保毛尾田保毛男」て言われたらどうしようって思うよ。この先ずっと社会からバカにされるんじゃないかって思うよ。だからゲイである僕達は口うるさく抗議の声をあげる。これはおかしことなんだよって。おかしいのは向こうなんだから君が思い悩む必要はないんだよって。死ぬ必要はないんだよって。

口うるさく思われようが、今後もこういうことが起こったら抗議するよ。自分が今の日本で、堂々と、まではいかないにしろ迫害を受けることなゲイとして暮らせるのは、先輩達がしつこく抗議してきてくれたからだと思っているから。そして、同性愛者の思春期自殺企図率が高いってことはもっと世の中の人に知ってもらいたいなと思う。

2017-09-29

まあ当時はセクシャリティに対する知識がまったくないとこにああやってキャラだけぶち込んだから

演じてるキャラ気持ち悪いんだかセクシャリティ気持ち悪いんだかすらごっちゃになってしまっていた

ホモ文化史

日本の歴史男色が真っ当なセクシャリティとして認識されていたかどうかは知らないのだが、

少なくとも現代日本においては脈々と「ホモ/オカマ面白おかしい」風潮がある意味文化として根付いているよな

昨日の保毛尾田保毛男は昔な典型的な例として、その後吉本新喜劇藤井隆レイザーラモンHGなどとゲイネタにする芸人枚挙に暇がないし、

クレヨンしんちゃんにはちょいちょいオカマキャラが出て来るし、

ネットではくそみそテクニックに始まりビリーリントン兄貴野獣先輩ネタにされるゲイが続々と生まれている

まあ海外にそういうホモネタにする文化が無いかと言われたら多分そんなことはないとは思うけども

anond:20170928230532

Aセク+性嫌悪でファイナルアンサー

だが20代だとセクシャリティが変わる可能性もまだまだあり、運命の恋()に落ちてあっさり結婚するのもよくあるのであと20年経ってから考えたほうがいい

2017-09-28

LGBTになりたい

私は20代の女だ。

私は自分セクシャリティが分からないことに不安を感じている。

男でも女でも人に恋愛感情を抱いたことはないので無性愛者かもしれないと考えたことがあるのだが、無性愛者の人はドラマ小説などの恋愛機微理解できないと聞いて、私は無性愛者とは違うなと思った。(NLBLGL問わずラブストーリー大好きなので)

性自認は女だけど人から女として扱われることに軽い嫌悪感はある。

どこのジャンルにも属していない感じが不安なのでどこかしらに属したい。

2017-09-05

わたしセクシャリティ

・男 36才 自覚している性は男性

・男女問わず付き合いたいという感情がない(20歳を過ぎたあたりからずっと)

そもそも友人もそんなにいない。社会から孤立しているが、それを不満に思わない

・性欲は僅かであるがある。たまに二次元女子男の娘自慰をする

人間不信というか人間価値があると思っていない

・とはい人間観察は好き(Twitterとか)

・言い寄られたこともあるが面倒という感情しかなくお断り

結婚子供はあきらめた。あきらめたというより希望がないのかもしれない

まぁ欠陥人間ですかねえ

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170826033104

それは同性愛なりバイを隠してた時期に見るのと彼氏理解された後に見た感想の違いということなセクマイありがちなことだと思う。

自分恋愛する前や自分セクシャリティ自身モテないとき面白かった映画殆どはそれらが達成されたあと見れなくなった。

基本的LGBT映画も困難を乗り越えて恋愛するような映画もその当事者を元気づけるものじゃなくて

24時間テレビみたいにマイノリティーも頑張ってるんだから私もキラキラ頑張ろうって元気を与えるようなもんだからね。

2017-08-12

https://anond.hatelabo.jp/20170812170158

「下手な演技」が面白いってのがそもそもの話だよ。

から本来淫夢ネタはいじめでもなくセクシャリティを笑うものでもないんだよね。

(なので同じく下手な演技だったクッキーが、ホモでもないのにネタにされたのは自然な流れだったりする)

もちろん、そこから逸脱している人たちがいるのも事実なんだけど、

からと言ってまっとうに淫夢ネタを楽しんでいる人たちまで萎縮する必要はないよなあと思った。

2017-07-10

https://anond.hatelabo.jp/20170708180749

ブコメを読んで、たしか男性と2人きりになるのを避けがちな自分に気付いた

レズビアンヘテロセクシャル女性関係ヘテロセクシャルの男女の関係と完全に対称であるとは思わないけど、たしか自分の言っていることは筋が通っていなかったなと思う

元々のコミュニケーション能力の低さをセクシャリティのせいにしているというのは、カミングアウトするまでは恋バナも振られてたし2人でもよく遊んでいたのでセクシャリティを公開したことが1つの大きな要因に違いないけど、コミュニケーション能力が欠如しているというのも普通にあり得る

悲観的になっていただけで3人で仲良く遊んだ恋愛の話もしたので、まぁある程度は仕方ないと受け入れて今日も生きていくよ

2017-07-09

「男女逆なら炎上」とコメントする人がわからない

はてブスターを集める典型的コメントひとつに「男女逆なら炎上」がある。

男女同権らしい一見すると平等主義理想的大人意見に見えるがこのコメント違和感がある。

例をあげると女性から男性へのセクハラ女性男性にたいしてパワハラセクハラをしても男から女にするほど問題にはならない。

ここで男女同権マンが主張するのは男性女性と同じぐらい望まないセクシャリティにたいする権利を主張できるようにすべきだといったもの

あのさ、まずだぞ、まず女性のほうが望まないセクシャリティに晒されやす腕力問題もあって回避しにくい条件がある。さら妊娠リスクPTSDリスクなどを考えれば女性のほうを法的に保護して男性からセクハラをより問題にすべきなのは当たり前じゃないの?ああ、裏読みができない人のために書いておくけど女性セクハラが良いなんて一言も言ってないぞ。

法治理念である暴力排除弱者救済を考えれば男性威力を持って女性を襲うのは男女逆よりも強要度が高く刑罰も重くて当然なのになぜ男女同権マン生物的条件を無視したがるの?

男と女は同じではないぞ

2017-07-08

レズ生きづらい

自分レズビアンだと気付いて早10年、今まで呑気に生きてきたけど最近改めて生きづらさを感じている

普段はまぁマイノリティだし?

謙虚に生きていこうと思うわけよ

カミングアウトしてないのに気を使ってもらおうなんて傲慢だし、カミングアウトたからって話を聞いてもらえるなんて決まりはないし

でもさ

マイノリティからなに?

異性愛者様がそんなに偉いか

今時「子どもを産むから〜」「種の存続が〜」とかアホなこと言うやつがいるならもう人間なんて滅んでしま

見えない同性愛者に気を使えとは言わないよ

でも、普段からホモフォビックな発言で声を上げづらくしたり、カミングアウトしたことをなかったことにしたりするのはやめてよ

同性婚とか、彼女病気の時にお見舞いにいけないとか、友達同士のルームシェア不可の物件同性カップルが住めないとか

そんなんどうでもいい

1番変えなきゃいけないのは制度より意識でしょ

2人で遊ぶ約束してた友達が急に「別の友達も来ることになったから」とか言い出して、共通友達だし別にいいんだけど、もしかして2人きりになるの避けてるのかなとか思っちゃって辛い

みんな私にだけ恋バナ振ってこないし

異性愛者も同性愛者も関係なく人が好きで友達大好きなのに、最近異性愛者の友達と会うのが辛い

同性愛者の友達彼女もいない

こんな時は自分セクシャリティを呪う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん