「チリソース」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チリソースとは

2019-09-10

最近お気に入りつまみ

相模屋の「焼いて美味しい絹厚揚げ」を、ココナッツオイルカリっと焼いて、焼きたて熱々のところに刻みネギスイートチリソースたっぷりかけて食べる。

2019-07-29

冷奴の後で試すまとめ。

anond:20190725220836

調味料



薬味



具材



ネタ未検証

2019-04-11

20%オフなのでpaypayを導入して、毎日仕事帰りに松屋に寄っているんですけど

毎回チーズハンバーグも芸がないのでオススメメニュー教えてください

チリソースチキンは食べました

2019-01-14

ベトナム屋台卵焼き

1.油揚げフライパンで両面焦げ目がつくまで焼く

この料理には薄い厚揚げっぽいやつの方が合う

2.卵を2個割り入れ、適当にほぐし、あればナンプラー、なければ醤油鶏ガラスープの素を少量加える

3.ひっくり返して両面を焼く 風味付けに油を少し入れ、両面がこんがり焼けたら皿に移す

※ここでしっかり火を通すのが現地風に仕上げるコツ

4.黒胡椒マヨネーズスイートチリソースをかける あればパクチーとかネギとかかけると尚よし

5.完成 完全に軽いビールに合う

ちなみにベトナムへは行ったことがない

2018-12-25

anond:20181225173110

分かるわー。そんな時は生春巻きがおすすめ

サラダライスペーパー、あとは好みに合わせて海鮮か肉類。

サラダコンビニでもスーパーでもパックのものを買えばOK

ライスペーパーは品揃えによるけど、スイートチリソース春巻きがセットになったものがあったらそれがおすすめ

ライスペーパーをお湯でふやかして材料を巻くだけ!

見た目鮮やかだから食欲を進めてくれて、食べればあっさり、だけどスイートチリソース淡白じゃない味を提供してくれる。

結構お腹も膨れるし栄養も取れる。なによりもヘルシーよ。

2018-10-09

anond:20181009161852

牛乳パックスイーツシリーズは食いきれなかったなー。

100円のスイートチリソース結構いろいろ使えて便利。

200円5食のトムヤムヌードルスープは素晴らしい、麺は皿うどんみたいでおまけみたいなもんだけど。

2018-06-19

最近ごはん

前みたいに毎日つけられないからまとめて書いとこ

最近リンゴジャムブーム 

 

自分で作っておいしかったもの

たこやきたこじゃない) → たこのかわりに明太子かにかまツナ、全体的にとろけるチーズ

*鳥チャーシュー → タレにこだわった。醤油みりんチューブショウガニンニクに、甘口のソースリンゴジャム

エビマヨネーズ →スイートチリソースマヨで甘めの味付け。これがめっちゃ美味!ブロッコリーも一緒にあえて見た目良し!

  

失敗作

油揚げのひき肉詰め → 野菜を入れすぎて肉種がスカスカになってしまった

 

市販出会ったクソマズ

MATCHミックスベリー味(うろ覚え) → 薬

2018-06-12

anond:20180612114311

スイートチリソース 大さじ3

ケチャップ 大さじ2

・しょうゆ 大さじ1

料理酒(日本酒) 大さじ1/2

・塩コショウ 少々(辛味が足りなければ増やしても可)

美味い

2018-04-05

anond:20180405180205

はい、そうですね😊

ところで、「チリクラブチリソースが好きなファンクラブなのか?と思ってしまったけど

チリソース+クラブカニさんなんですね。

辛いの好きなので美味しそう💝今度探してみる。

2018-03-25

[] 2018香港深圳広州の旅 Day.4

anond:20180324124847





Day.4


上晝


香港最後の夜は、一度夜中に目がさめるという自分にとっては日本でもお馴染みの睡眠だった。

昨日の広州行で程よく疲れたせいなのか、香港に慣れてきたからなのか。

慣れてきたとしても、今日が今回の香港旅行最後の日だ。


チェックアウトまで時間があるのでネイザンロード沿いの便利店でお土産いくつか買う。

レジオクトパスカードを出すと

「唔収◯×・・・

あ、使えないのか。今のはすぐにわかったぞ。

あんまり焦んなくなってきた。


しばらく散策していると、台湾でも見かけた誠品書店広告が。

しめた。本が買える。住所を検索して向かった。


晏晝


海岸沿いにある香港の誠品書店は、台湾と同じく綺麗でセンスのいい内装だった。

複雑な本はわからないので、今回も料理本かな?

いくつか物色していると、グラフと表が描かれた本があった。

多分、ポップミュージック音楽理論に関する本。

当然内容はわからない。でも妙に気になったので、買うことにした。


レジに持っていく。

「◯×◯×・・・

「a,我係日本人」

「oh, do you have shop card?」

「none」

初めてストレート意思疎通できた広東語が「私は日本人です」だとは。

教科書に載っているような表現でも意外に役に立つもんだ。

別のレジではショップバックの要無用についてジェスチャーで聞かれ、料理本も一緒に包んでもらった。


ホテルの部屋に戻ると、あれ、鍵が開かない。

「I can’t open dore at my room.」

「Check out time passed, you over time. check out time 12.」

しまった、2時と勘違いしてた。

そういやチェックインの時にヤケにゆっくりだなと思った。

鍵を開けてもらって、急いで荷物をまとめる。

ベッドにはメモを置いておいた。

「Thank you. I had a great time! 再見

ベットメイクの人とすれ違う。

「I had a great time.」

笑顔

エレベーターに駆け込んだ。


飛行場に向かうまで荷物を預かってもらう。

「Please keep my baggege.」

と言いながらメモを見せる。

「幫我在放我嘅行李到我去機場、可唔可以呀?」

にいちゃんメモをじっと見ている。

あれ、怪しい広東語書いたかな?と思ったが、どうやら彼は広東語がわからないようだった。

そうか、「外国人がやる仕事」ってのも歴然とあるのか。

「When are you coming back?」

「7 O,clock. take care.」


途中、腹が減ると具合が悪くなりそうなので、飲茶する事に。

「一位、唔該」

拭いているテーブルを指さされ

「乜嘢茶?」

「普洱、唔該」

注文シートを書いて

「落單、唔該」

シートを渡す。

想定していた問答なのでスムーズにできた。

高速な香港時間コミニュケーションできると気持ちがいい。


出てきたのは、

1.油で揚げたクレープのようなもの。オイリーでつけダレが美味い。

2.ガチョウが乗ったビーフンスウィートチリソースつき。香港ガチョウは表面を甘いタレでコーティングしてカリッとローストする。

3.ツミレ。貝かなにかのつけダレは少しくさみがあり塩辛い。

それと普洱茶。

ちょっといかな、と思ったけど、スルスルと食べられた。

「理單、唔該」

「ツァッサップツァッ」

「?」

メモを見せられる。

あ、$77か。

ちょっと詰まってしまった。

釣りは投げるように寄越されるが、気にしない。

ここは香港からね。


下晝


飛行場に向かうにはまだ早い。

まだ行っていないところに行こう。MTRで深水埗へ。

香港人による日本紹介動画によれば、日暮里日本の深水埗なのだという。

ということは、日暮里ぽいんだろう。


深水埗につくと、そこはたしかに今まで見ていたきれいなばかりの香港とちがって、露天などが立ち並ぶ下町風情だった。

でも日暮里よりはるかに賑やかだ、

日本人の印象であるカオス看板風景の「古き良き香港」はここじゃないかな。

OK.次は今回一切足を踏み入れなかった香港東側だ。


MTRを乗り継いで北角(ノースポイント)へ到着。

それにしても疲れてきた。

喫茶店で一息つこう。


喫茶店冷房香港っぽく引くほど強い。

「理單、唔該」

しまった、席に着くなり会計をお願いしてしまった。

気にせず注文を聞く先生

「coffe, ice

ドンッ!!しばらく待っていると景気良い音とともにコーヒーが現れた。

甘さが心地い。

でもちょっと寒いホットにすりゃよかった。

寒いしもう出るか。

「理單、唔該」

入店してから2回目の会計

ただし実際に払ったのは1回。

「洗手間邊度㗎?」

店の奥を指差される。

みんな、香港に行く時にはこの言葉は覚えておくんだ、絶対使うし、発音簡単だ。

トイレで用をたし、次の目的地、銅鑼湾コーズウェイベイ)に向かった。


MTRで向かおうと思ったけど、ちょっと街を行き交うトラム、2階建の路面電車に乗ってみる事にした。

オクトパスカードで乗れるらしいし、大丈夫だろう。


トラムに乗り2階に座る。

都合のいい事に、行き先は銅鑼湾らしい。

ここままトラムで向かおう。

しばらくすると、高齢のご婦人が入ってきた。

「座ります?」あんまり考えずに日本語が出た。

婦人は、笑顔で手を振りつつ

「唔該晒」

いいのか。

上げ掛けた腰を下ろす。

と前の若い女性が立ち上がると、ご婦人はそこに座った。

広東語では「おねがいします」も「どうも」も「いいですよ」も「きにしないで」も「すいません」も「唔該」なんで、ちょっとややこしい。


銅鑼湾は新旧の香港が入り混じったような繁華街だ。

白人もよく見かけるし、雰囲気西洋っぽい。

長身イケメン2人組が風船を配っていた。

Guy’s, I’m Foreigner. Can i take your photo?」

「Of course.」

「3,2,1, Shoot!」

「have a goot time ;)」

「Thank you!」

元同僚にみせよう。絶対イケメン好きだ(偏見)。


挨晩


予定より1時間ほど早いが、荷物を回収しよう。

ホテルに戻り「Mr,I want pick up my baggege.」

すぐに出てきた。

あれ、超重い。

これ持ってあの激混みのMTRに乗るのうんざりするなぁ。


というわけでタクシーを使う事にした。

「的士!」

「我想去機場」

通じない。

Hong Kong Airport.」

タクシーは滑り出し、人が歩いている小道を縫って走る。

おい怖いな。

大道に出ると、別の方向性で怖かった。

単純にスピードが速い。

アジアタクシーはこうだよね。


佐敦(ジョーダンから香港国際空港までは$230と少し。

釣りを渡される。

「For you.」

小銭を返した。

多分、香港で渡す最後チップだ。


夜晩


チェックインまで時間があったので、この日誌を書いていると、携帯電池が心もとない。

持ってきたモバイルバッテリーも閉店ガラガラ状態だ。

カウンターで尋ねる。

「I want carge Moba battery.」

「Phone?」

うなづく。

カウンターの裏側を指差された。

香港に来るまでは英語なんて全然ダメだと思っていたが、必要に迫られると喋れるものだ。

そうこうしているうちに帰りの便のチェックインが始まったので、済ませておこう。

チェックインを済ませたが、よくよく考えると、荷物重すぎないか

重量チェックの前でキャッキャウフフしているGirlsに困った顔で「Pleeease ><

やっぱ明らかに重量オーバーだ。

もう一度チェックインカウンターに。

「I want store my baggege.」


香港ドルからの再両替をどうしようかと思っていたが、タクシー結構でかく、手元には$55弱しか残っていなかった。

コーヒーチョコレートブラウニーで小腹を満たして$45。

綺麗に使ったもんだ。

チョコレートブラウニーの甘さで結構喉が渇いたが、オクトパスカードがまだ残っている。

セブンイレブンで水を買う。

カードを見せようとするやいなや、レジの小太りのお兄ちゃんが読み取り機をバンバンと叩いて示した。

どこの国にも手際が良すぎてちょっとコミカルな人というのはいものだ。

香港最速の決済だったかもしれない。


時刻は22:30。

ずいぶん早くチェックインをすませたために、ほとんど列に並ばなかった帰りの便のチェックインカウンターにも、人が集まって列をなしていた。

もう出国検査場に向かおう。


幼い時代の優しさとノスタルジー追体験したような昨年の台湾旅行と違い、今回の香港深圳広州旅行ちょっとした冒険感のある、エキサイティングものだった。

特に南洋華人の明るさと激しさには、自分の中のエネルギーを叩き起こされたような気がした。

この4日でイミグレーションの通過は4度目、もう慣れたものだ。

検査員の男性パスポート出国カードを出し、検査は何のトラブルもなく完了した。

最後にこの広東語だけは伝えたい。

「Ser, i had a great time.我好鐘意香港。」

年配の検査員は一瞬ぽかんとした顔をしたが、まあ付け焼き刃の広東語が通じなかったのは仕方ないか

深く気にせず手荷物検査に向かおうとすると、後ろから明るい声が響いた。

Hey! Also hong kong into come back!」

親指をあげて答える。

再見!」

2017-12-19

今日の昼休みタイ料理屋に行った

キャベツにとても辛いチリソースをかけたもの

具だくさんスープ(←ぐだくまでいれたら予測変換で出てきた、えらい)

パイナップル

ガパオライス

のセットで800円

夜はこのセットにおつまみ一品ついて1000円だそうだ

ガパオライス場合4種の調味料ではなくナンプラーのみが提供されるらしい。

ナンプラーは刻んだ生唐辛子が大量に入っており、どう掬っても唐辛子が大量にスプーンに乗ってくる。

横でトムヤムクンラーメンを食べている人には4種調味料が出されていた。

肉は汁気が多く、大きめに切られた生唐辛子が大量に入っており、米は長粒米で汁気に合わせるためか多少パサパサめだった。そして堅焼きの目玉焼きがのせられている。

味の感想としては、とにかく辛い!しかうまい

肉はジューシー、米との相性も良い。

ビールにもよく合う。

満足度の高い昼ごはんでした。

2017-10-06

anond:20171005021318

嫁の飯 まずい でググってみよう。。

旦那悲鳴をあげる【メシマズ嫁エピソード8選】

●その1:カキの天ぷら

「カキの天ぷらが出てきたぞ……カキはカキでも“果物”の方のな!!

ガンバって食べたが夜中に吐いてしまった`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、」

引用:「2ちゃんねる|【唖然】 嫁のメシがまずい 【あれ ♪ 鈴虫が ♪ 煮えている~ ♪ 】」より)

まるで落語のようなメシマズエピソードです!!

●その2:風邪で寝込んだら、おじや

「嫁が風邪ひいて寝込んでます

俺の作ったおじやを美味しいと食べてます

・・・俺が寝込んだ時は悲惨だったなぁ。

玉子酒おじやを作りやがった。

酒入れて、玉子入れて、ご飯入れて・・・そんなもん食えるか!」

引用:「2ちゃんねる|【・・・きのう】嫁のメシがまずい122皿目【なに・・・食べた?】

」より)

嫁の愛情だけは伝わります……。

●その3:シナモン風味ピラフ弁当

「昨日嫁さんが持たせてくれた弁当を公開。

・干しブドウスライスアーモンドバターシナモン風味ピラフ

・缶詰のいわしの蒲焼にチーズケチャップを乗せて焼いたやつ

カニカマと生のカブ(シャクシャクした歯ざわりが最高)の酢の物

・スペースが妙に空いちゃったからデザート入れておいたね、と最中が1個……

なぜかおかず同士もおかずとご飯の間も仕切りなしで、お昼にはすべての味がミックスされていた。 おまけにご飯はシナモンの風味が強い。

そこにお酢だけで作ったものと思われる酢の物の酢と、カブから微妙に出た汁、いわしの蒲焼とケチャップからの汁の風味がすべてミックス。

蓋を空けた瞬間、隣近所の人が「何のにおい…?」と眉をひそめるパワーだ。

結婚して半年、すでに後悔している自分がいる」

引用:「2ちゃんねる|【隠し切れない】 嫁のメシがまずい その5【隠し味 】」より)

メシマズ嫁に限って張り切ってしまうようです!!

●その4:海老を丁寧に洗う嫁

「皆さんこんばんわ。先週結婚しました。

嫁が海老ブラックタイガーミャンマー産)を一尾ずつ丁寧に洗剤で洗っていました。

これまでの人生の中で1~2位の驚きでした。

まだ数日しかたっていませんが先が思いやられます

引用:「2ちゃんねる|【夕食に】嫁のメシがまずい【招くぞ】」より)

幸せなはずの新婚生活が洗剤のせいでゲンナリ……。

●その5:健康にイイから

「嫁、普通にメシ作れば、まあ普通においしいレベルなんだ。

ただ「健康」という単語過剰反応する。

今は「健康のために一日ワンスプーンのお酢」に反応中。

いちにちに!ワンスプーン!と強調してるにも関わらず、すべての皿に

ワンスプーンの酢が入ってる。

飯は酢飯味噌汁デンジャーな味がする。

麻婆豆腐はかろうじて辛味が勝っていた。

サラダりんご酢?で作ったドレッシング

他、ラーメン焼そば、冷ややっこ等等。飲み物は当然、サワードリンク

俺、胃よくないから勘弁してくれ、というと「消毒になるよ」という」

引用:「2ちゃんねる|【普通を求めて】 嫁のメシがまずい【何が悪い】」より)

さすがに味噌汁はやめてあげてー!!

●その6:創作グリーンカレー

「うちの嫁はメシマズのくせに、料理番組料理本も一切見ない。

色彩感覚だけを頼りに料理を作る。

チリソースは、赤いかケチャップで、茶色のもの醤油ソース

そこまでならまだ、何とか我慢してれば食える範囲なんだが

今日は初めて、グリーンカレーを作るらしい。

タイ料理店で食ったグリーンカレーはたしかに美味しかった。

でも、嫁に作れるとは到底思えない。

緑色の正体は、セロリニラほうれん草ブロッコリーとなったようだ。

ミキサーの中でぐんぐん回ってる」

引用:「2ちゃんねる|【ダイナマイト】 嫁のメシがまずい【カキフライ】」より)

え……それは立派な青汁です!!

2017-08-22

https://anond.hatelabo.jp/20170822224615

お前は醤油ポン酢赤味噌バルサミコ酢ウスターソースオタフクソースも似たようなものから醤油だけ残して捨てたりするのか? ついでにパセリ青海苔とタイムブレンドしてみたらどうだ? 山椒ナツメグはどうだ? ケチャップチリソースタバスコも色は同じだぞ? 粒マスタードとねりからしとイエローマスタードに至っては名前すら被ってるぞ?

2016-10-29

日本人若年層の質の低下が顕著

昨日松屋によったときに、鶏チリソース定食を頼んだんだが、

明らかに糖質制限ダイエットを行っているな私の皮膚を見てもライス普通に盛り付けて出してきた。

とてもじゃないが、毒物の塊みたいなライスを大量に食べることなど出来ないので、

店員を呼びつけて、糖質が如何に危険かを解説し、ライスを極小盛りにしてもらった。

今日、同じ松屋に再び寄り、再び鶏チリソース定食を頼んだら、また同じ様にライス普通に盛り付けてきた

一度は無知無学から仕方ないとしても、二度同じミスをするのは人間としてどうかと思う、

東京プリンスホテルのConciergeなら、このような場合、昨日と同じ極小盛りのライスが黙っていても出てくる。

二度目は恣意的殺意を持って、毒物炭水化物たっぷり盛り付け、食わせようとしている意図は明白

私は流石に店員を許せなくなった。ライスと鶏チリを床に叩きつけ、店をそのまま出た。

である糖質を客に食わせようとする無知、そして一度来た客

特に私のような立派な上客の顔をたった1日で忘れてしまう今の日本の若年層。

これから日本が本当に心配になってしまった。

仏の顔も三度までという、明日もう一度定食を頼む、

今日の事を反省しており、ライス量を私に合わせて出してきたら合格とし、

もし、普通に盛り付けてきたら社会的制裁を咥えるべく動こうと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん