「自国通貨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自国通貨とは

2020-09-19

anond:20200919231523

緊縮脳なんでしょ。というか経済の事意識してないか新自由主義の連中に流されるがままになってる。松下政経塾組もだいぶいるしな。

そもそも民主党時代新自由主義の「政府は非効率無駄があるから埋蔵金がある」と言いつつそれがなかったのがトラウマになってるんだろう。

で、れいわとMMTは全く別次元で、自国通貨建て国債では財政破綻しない。だから不景気には国債発行しての財政出動必要という話。

けど経済意識してないし勉強もしてないから緊縮脳のままに動いて、消費税減税を嫌がる。

から、結局緊縮対反緊縮でガラガラポンしないと、反緊縮の政権にはならない。

それか、希望の党で乗っ取られたときに、枝野結果的に勝って政権握ったように、れいわとして議席をとって優勢になるか。

玉木新党岸本前原がくっついてきて、反緊縮でもなさそうだし。

anond:20200919110928

財政破綻自国通貨建て国債ではなく、外貨借金で起きるから、今みたいな経常黒字を出している状態で、政府財政問題なんかないぞ。

ただし、自国産業が弱まってる状態財政出動すると経常赤字に傾いて、外貨借金による財政破綻はおきるがな。

けど防ぐのは政府の緊縮ではなく、政府の基礎萌芽研究投資と、企業設備研究投資をして外貨を稼げる状況を維持すること。

もう一つ、国全体の資金需要資金調達しての支出資金不足)と供給(貯蓄、資金余剰)は一致するという原則がある。

海外を0に固定して、家計の貯蓄分、企業資金調達して支出している時、政府中立になる。

けども、1990年バブル崩壊と、その後の法人税減税で、企業はどんどん資金余剰側に移っている。

これは大規模経済危機を迎えて、金を貯め込んで、設備研究投資をしなくなったことによって起きている。また、不景気を長期化させていることや、貸し剥がし資金調達を嫌がるようになったのもある。

家計企業が貯蓄で、政府中立というのはありえない。むしろそれを狙って緊縮したがゆえにさら不景気に落ち、企業さらに金を溜め込むように動くのもある。

よって、財政緊縮をしないとならず、そのために老人を切り捨てろというのは言えない。

2020-09-14

anond:20200914224814

財政破綻論は、外貨借金の話であって、政府自国通貨建て国債の話ではありません。

から別に財政均衡はいらない。必要なのは財政均衡やら叫んで基礎萌芽研究投資を減らすことや、不景気にして企業設備研究投資をする意欲を失うのを防ぐこと。

企業資金調達しての支出を起こすことなしの財政均衡狙いこそが失われた30年を作った。

2020-09-03

anond:20200903083632

インフレは財サービス需要供給バランスによって決まるんだよ。需要が多く、供給が少ない時にインフレになる。特にべらぼうなインフレというのは、供給が何らかの事情で壊れた状態

例えば戦争生産設備がみんな破壊されたとか、石油が一箇所に依存した状態でその地域戦争が起きたとか、外貨借金が増えすぎて輸入ができない状態だとか。

自国通貨建ての借金ではそこまで加熱しそうなら、国が増税や、新規株式発行を押さえれば抑えられる。

問題となるのは述べたように外貨借金外貨借金が増えすぎることにより輸入という供給がなくなるからインフレになるの。

よって、大事なのは日本産業を強くしておくことで、そうして輸出できるものを作り続ければ外貨借金によるのハイパーインフレも起きない。

しろ緊縮の一つとして、大学等の基礎萌芽研究崩壊させているのと、新自由主義的な民間に何もしないほうが良いと企業が金ををためこんで設備研究投資をしないのを放置している方が、

未来の輸出できるものをなくしての外貨借金とその元のハイパーインフレを引き起こす。

anond:20200903082800

バブル崩壊から続く、企業が保身のために金をためこんで設備研究投資をしないマインドを反転させること。

政府企業リスクを取れない段階の基礎萌芽研究にきちんと金を出すこと。

なお、財政破綻政府自国通貨建ての借金ではなく、国全体での外貨借金の話。

政府が緊縮し、民間の保身マインド放置するほうが、ゆくゆく日本全体を経常赤字に転じさせて、財政破綻を招く。

財政破綻が起きるから無駄遣いを減らせ!選択と集中だ!という方がよっぽど財政破綻を招く。

2020-09-02

anond:20200901093057

技術など先々国家にとってお金を生むようなところに投資することとセットで考えたほうがいい。

このお金が「外貨」であれば要素の一つではあるな。

だって財政破綻外貨問題から。輸入をする以上、売るものは作り続けないとならない。自国通貨必要に応じて増やしたり減らしたりできるが、外貨はそうは行かないから。

けども、他にも労働需要をやや高い状態を維持することも大事インフレ=財サービス需要が強いとき商売を広げようと労働者を雇い労働需要高まる

労働需要が高いと労働者不都合待遇を受けたら転職して逃げることもできるし、転職して逃げられるのが嫌だから賃金を上げたり待遇を良くする。

デフレ真っ盛りのときブラック企業が横行するのも転職して逃げるというのがしづいから。

2020-08-09

anond:20200808173842

増田技術革新によって労働生産性をあげようよって主張なんだろうけれど、現実的には誰もそんなことしてないってことかな。

為替的に自国通貨よりも安い国に工場を置き生産をさせるのが技術力で売っている大会社ですら普通に行われているし。

そうやって価格を下げないと価格競争で負けて買ってもらえないし。

2020-08-06

anond:20200806075609

経済を整えて求人が多い状態に導くのが良いのだけどね。そのうえで消費税は最悪の選択肢。消費という一番の経済エンジンを損なうから

加えて、この30年溜め込む企業富裕層バカバカ溜め込ませて経済を落とす様になってしまたから。使ったら減税、溜め込んだら増税で、溜め込む企業富裕層の金を動かさないとならない。

特に設備研究投資の方向に。

経済の動いた量こそが経済規模なのだから

また財政破綻自国通貨建て国債ではなく外貨借金問題から政府の基礎萌芽研究投資と、企業設備研究投資を活発にすることこそが財政破綻を防ぐ。

2020-07-29

Switchトリレンマ転売ヤー

まず初めに、Switchが足りていないのは、需要にたいして供給が足りていないのであって、転売ヤーに買い占められているからではない。転売ヤーがもたらす混乱で流通に多少の非効率が生じているのは事実としても、抽選に落ちている人や、高額かつ非道徳的な転売ヤーから買うのを控えている人がいるのにかかわらず、今供給されているすべてのSwitchが売れているからだ。(現在価格であるのに、転売ヤー在庫を積み上げるメリットはどこにもない)

さて、国際金融のトリレンマは以下の3つが同時に成り立たないことである

自由資本移動

・固定相場

独立した金融政策

この3つは言い換えるとこうである

自国通貨自由市場での取引

自国通貨価格の固定

自国通貨市場供給量の制御

この3つが同時に実現できないのはなにも通貨に限らない。

Switch自由市場での取引

Switch価格の固定

Switch市場供給量の制御

まず、商品自由市場での取引は、資本主義社会では是認せざるを得ないだろう。つまりメーカー指定した業者以外(フリマ等も含む)による取引罰則を与える政策がとられることはないだろう。特に商品の同質性が高く、買い手の付きやす商品(金銀宝飾品・ハイブランド雑貨ゲーム機)は市場が成立しやすい。

したがって、価格の固定を選ぶか、市場供給量の制御を諦めるかどちらかになる。書籍ソフトウェアは増産が容易なので、市場要求に合わせて商品供給することができる。したがって、価格の固定を選ぶことができる。他にも、市場供給すべき量を予想しやす商品は、価格の固定が比較的容易である

一方で、予想外に需要が増減したり、生産に予想外の支障が生じる商品では、市場が求めるままに商品供給できない。したがって、価格の固定を放棄するより選択肢がない。これを諦めなかった場合、末端の小売店個別判断転売人との取引拒否したり、顧客ロイヤリティーに訴えかけることで「自由市場での取引」を拒絶するという無理な方策を強いられる。

価格の固定は、継続してビジネスを行う企業として、顧客との関係構築に大きなメリットがあるのだろう。しかしながら、金利負担リスクに直結する在庫を削減しながら、先の見えない市場に柔軟に商品供給し続けることはむずかしい。このあたりが真の問題なのである。そういうわけで、転売ヤーが「自由」を行使していることは問題の片隅にすぎない。

2020-07-23

anond:20200723195358

夕張市自国通貨は当然持ってないが、国は自国通貨発行権がありますが。

後、国の財政破綻外貨借金の話な。経常黒字国と基軸通貨国では起きない。

anond:20200723192549

都はともかく、国レベル財政破綻は、外貨借金しか起きないよ。

とすると、経常黒字を出し続けることこそが大事であって、経常黒字である範囲での財政出動自国通貨建て借金である分には問題ない。

なので、国債を大量に発行しまくって、検査容量、医療容量を拡張する必要がある。医療崩壊も医療容量の範囲であれば起きない。無論医療容量は一番整えるのに時間がかかるため、検査で早期のうちに軽症ホテル隔離することが必要

極端なことを言えば感染がフルで広がっても中症重症患者をまかなえるほどの医療容量があれば医療崩壊は起きない。その状態であれば感染者そのものは増えるが、経済は回せる。

また軽症のうちに療養させることにより重篤化を減らす作用もあろう。

ただし大規模経済危機を迎えると企業は保身に入り、金を溜め込んで、設備研究投資をしなくなる。また財政均衡主義大学への支出を減らしたり萌芽基礎研究が増えないような予算の割当をすれば、産業が弱くなる。

産業が弱ることにより貿易赤字、ひいては経常赤字につながる。とするとこちらのルートのほうが財政破綻につながる。

なのでコロナが終われば、企業に対して使ったら減税、溜め込んだら増税で、この保身マインドを反転させないとならない。高い法人税の末で設備研究投資減税を大量に設けるか、使途のない金に追加で税を課す留保課税を全企業に導入するか。

また、国全体で資金需要資金調達しての支出資金不足)と供給(貯蓄、資金余剰)は一致するので、家計の貯蓄分、企業資金調達しての設備研究投資をしていれば、政府財政出動する必要もなく景気が回っていくため財政均衡に近くなる。

2020-07-09

anond:20200709112120

Q:いくら擦っても大丈夫なんですか?

A:日銀黒田総裁インフレ2%までやるってコロナ禍中も明言してるが?


Q:借金じゃん?

A:自国通貨建てなんだが?

2020-07-05

anond:20200704001153

経済学というか、社会の基本原則があるんだけど新自由主義が全体としては誤りなんだよ。

内容としては一度企業が大規模経済危機を迎えて保身に入ったら、金を溜め込んで景気を落とし、設備研究投資をしなくなることにより産業がズルズル弱まっていく。それなのに政府が何もしないほうが良いと景気悪化産業劣化放置する。

本来産業空洞化リストラを防ぐために、財政出動をし、そして企業を低貯蓄・高設備研究投資に導くことをしないとならないのに、むしろ首切りを加速し景気悪化を一層加速させた。痛みに耐えたあとの成長なんてなかった。

成長はどんどん落ちた。氷河期世代小泉竹中時代社会に出た人間たちであり、氷河期世代を生んだ元凶。その象徴があのおっさん

また財政破綻外貨借金によるものであり、自国通貨建ての借金では直接は起きない。それなのに無理に自国通貨建ての財政均衡を狙って不景気を一層深める。

それから経済学新自由主義一つではない。ケインズ社会主義やマルクス社会主義もある。

1990年までの日本が強い時代経済学ケインズ社会主義であって新自由主義ではない。

大きく言うとまず国自身日本の金の流れを調整する必要があるということ。そして民間競争に委ねられず、独占で弊害が起きるものはやっぱり国が制御する必要があるということ。

新自由主義けが経済学と思ってはならない。

水道なんか完全に値段好きに付けられるし、品質も最低限でいいからね。図書館博物館なんか顕著だけど、競争がない民間なんて品質考えずに風俗本や数年前の旅行本を図書館に入れようとしたり社員は超低賃金労働やりがい搾取するだけよ。

売るべき国営財産と言われてるのも果たして本当に売るのが正しいのかということはある。

けど競争がない民間ってのはその事業者になることができれば濡れでに泡の商売なんだわ。社会には害悪なんだけど。そこにとにかく収まって大儲けして害悪なことをしまくるというのがあのおっさん

2020-06-22

anond:20200622011327

いやいや、財政均衡だ―政府借金だ―財政破綻だ―構造改革だーなんて言ってるのがしぶとくいるじゃろ?

そもそも右派左派というのは強者より、弱者寄りぐらいの意味しかない。

現時点では経済右派新自由主義経済左派ケインズ社会主義マルクス社会主義だろう。

1980年以前は自由主義世界中から放逐されていたため、経済右派ケインズ社会主義経済左派マルクス社会主義だったが。

mmtで「自国通貨建て国債自国破綻しない」という命題が投げ込まれ新自由主義は大混乱に陥っているが。実際通貨発行権政府にあるんだから自国通貨建て国債自身では政府破綻しないもの

ただし外貨借金では財政破綻をする。けどもそこで必要なのは経常黒字を維持するために海外に物を売れる力を作ることであり、必要なのは企業設備研究投資と、国の萌芽・基礎研究投資

新自由主義企業はとにかく自由にさせるのが良いため政策誘導はしてはならないし、政府が何もしないのが望ましいから萌芽・基礎研究無駄以外の何物でもないという前提になるがね。

2020-06-16

野党の間の主題争奪戦

東京知事選は実は野党の間の主題争奪戦じゃなかろうか。

コロナ対策維新吉村知事がだいぶ株を上げた。

まあ緊急事態の時は大事政策に注力するというのが正しいし、新自由主義的な余計なものを切る、リーダーが仕切るのが正しいように見える。

1980年代ごろからケインズ主義政府肥大化や、オイルショックのような供給不足によるインフレ対応できないためにケチがついた。そのために1930年代以前に主流だった自由主義が復活した。

といっても大規模経済危機が起きたら、企業は保身に入り金をため込み、設備研究投資をしなくなる。自由主義の元ではできることはない。

1990年バブル崩壊後はそれ以前のケインズ主義政府肥大化規制こそが悪いのだ。構造を変えればよいのだと石を投げたが全く改善する見込みは見えてこない。

そもそも財政破綻というのは自国通貨建て国債問題ではない。外貨借金問題だ。

MMTがうまれ新自由主義はだいぶ批判されている。

たぶんれい山本も本気で小池知事に勝とうと思ってないだろう。しか維新東京知事選候補者を掲げている以上放置しておけば維新新自由主義の「何か構造を変えれば経済が良くなる」が野党主題になる。

N国みたいな「声のでかい暴れ者が良い方向に変える」みたいなのもあるだろう。

国民民主前原もどうも維新に近づいてきな臭いしな。掲げているのは地方分権

地方分権構造を変えて規制をなくして政府の関与をなくせば経済が良くなるという新自由主義の亜種。

国民民主の中の馬淵と前原の間の主導権争いという側面も裏であるだろう。そして新自由主義維新国民民主前原)VSMMTれいわ、国民民主馬淵)という側面もある。

から小池に勝てないまでも、維新に票数で勝てばよいというのではないだろうか。そして国民民主や立憲民主日和見れいMMTの側につくだろうと。

2020-05-30

anond:20200530183927

結局金を出すか出さないかだ

それから財政破綻自国通貨建ての借金では起きない。外貨借金により起きる。外貨借金は経常赤字の時に増え、経常黒字の時には増えない。

よって経常黒字継続している限りは財政破綻も起きない。今は介護と基礎・萌芽研究を両方出せばよい。

まあ企業を低貯蓄・高設備研究投資に導くことを成功できれば、産業も強くなるし、企業自身が徐々に産業化が遠い研究もするようになるし、政府借金して経済底上げする必要もないし、何より海外に売れるものを作れるから経常黒字を維持できる。

大規模経済危機を迎えると企業は高貯蓄・低設備研究投資資金余剰に転ずる。1990年バブル崩壊後の日本も、2008年リーマンショック後の欧米も。そしてコロナでもまず起きる。コロナは大規模経済危機という側面もある。

コロナの間はコロナ対策コロナによる倒産、食い詰め防止が第一だ。コロナを克服したら、次は使ったら減税、溜め込んだら増税で低貯蓄・高設備研究投資に導くことをしないとならない。

2020-05-29

anond:20200529001451

アメリカ自国通貨基軸通貨にできた国ですから通貨政府借金という性質もあるし、アメリカ通貨基軸通貨として世界をめぐっている以上アメリカ自国輪転機を動かすだけで輸入に困ることはない。

基軸通貨立場をほかの通貨に奪われれば一気に詰まるがその懸念はみじんも見えない。

2020-05-13

anond:20200513062821

動いた金の総和こそが経済から

後、どちらかというと問題なのは企業が溜め込む金。企業設備研究投資をしてないか産業がどんどん弱体化して輸出できるものもなくなっているという側面でもな。

自国通貨建て国債では財政破綻しないが、外貨借金では財政破綻する。そして金も時間もかけずに売れるものが作れるわけ無い。

フリーハンド法人税減税はむしろ逆効果。溜め込んでも減税だから。具体的に使うもの以外減税してはならなかった。

だが、それ以上に今コロナ経済がもうめちゃくちゃで多くの国民、多くの企業が食い詰め、倒産瀬戸際にいるので、それをまず救わないとならない。

anond:20200513055622

安倍リフレで景気を良くしたのは間違いない。消費税で景気を墜落させたがな。

最もちょっと景気が良くなれば冷や水を浴びせるってのもわかってるし、MMTかられいわ支持だな。

れいわの勢力ビビって自民自体方向性が変わることも望まれる。

立憲は経済についてはほぼ無策に近いし、民主党の緊縮路線もあろう。れいわの伸長を見ても消費税大事だ!と言ってる。

個々の議員単位ではバラマークネットワークに参加してる議員もいるが、党本部が締め付けてるってのも悪印象。

国民とかゴリゴリの緊縮路線だった。

れいわの勢いで国民馬渕も消費税減税路線に切り替えたこと、ゴリゴリの緊縮消費税増税前原野田がどうも最近影が薄いからひょっとしたらと思う。

共産も令和の影響か無駄遣いをなくせみたいなのは言わなくなったし。

でも選ぶなられいわのほうを選ぶ。

自民安藤西田がいるのはわかってるが間違いなく主流ではないからな。そして安倍は強固に消費税増税推し進めてそして経済を墜落させた。

無論自国通貨建て国債では財政破綻しないが、産業衰退と輸出できるものがなくなっての外貨借金では財政破綻するから注意。

僕の政党現在好意順位は次のようなもの

れいわ>共産>>国民自民公明>立憲

だな。

2020-05-11

anond:20200511105140

だな。だが、その財政破綻が「自国通貨建て国債では財政破綻しない」と自分が信じているご本尊完膚なきまでに破壊されたから大混乱に陥ってるまで。

まあ、外貨借金では財政破綻するし、財政出動しすぎたら経常赤字化を通じて外貨借金も増えるが、経常黒字を維持している分には財政破綻も起きない。

それが故の日本がこれだけ国の借金を増やしているのに財政破綻が起きていないという奇妙な現象を生み出している。

普通の国財政出動外貨借金増大もくっついてくるが、日本では経常黒字維持しているか外貨借金が増えないから。

2020-05-08

anond:20200508083314

アメリカ基軸通貨国ですから

あと、貯蓄が多くて設備投資が少ないと国の産業がどんどん劣化しますよ。国の産業劣化して輸出できるものがなくなると財政破綻すんの。

財政破綻自国通貨建ての借金じゃなくて、経常赤字による外貨借金で起きてるからな。

アルゼンチンだって1930年代以前は経常黒字国で、世界トップ10位に入る一人当たりGDPの国だった。しか世界恐慌とその後の産業構造転換ができずに今では財政破綻懸念常連国になった。

次の世代財政破綻を防ぐには次の産業を作るための投資必要企業長期間がかかったり、必要時間が読めない研究投資はできない。国もやっぱり未来のための科学研究投資をする必要がある。

だが一番は企業がこのネタかると設備研究投資してこそ売るものが作れて経常黒字を維持でき、財政破綻を防止できる。

そのうえで日本企業までの過剰貯蓄はバブル崩壊後の対処失敗、溜め込むにもかかわらずフリーハンド法人税減税をしたからこそ。

国の借金による直接的な財政破綻は起きないが、企業保守化による高貯蓄低設備研究投資と経常赤字化による財政破綻はやはり日本でもある。

2020-04-27

anond:20200427215024

外貨から見た日本円の信用については外貨借金について述べてるはずだが。

MMT論者はみすごしがしがちだが、自国通貨借金ででも財政出動して景気が良くなると、輸入も増える。輸入が増えすぎて経常赤字になれば外貨貯蓄が減り、外貨借金が増える。

外貨借金が増えすぎて、外貨借金が増やせないが、それでも輸入をしたいというときに、自国通貨を用いての外貨の奪い合いが起きる。この時自国通貨が大幅に外貨より低下する現象が起きる。外貨建て国債自国通貨算額が一気に増大する。

この時が財政破綻、かつ、自国通貨から見たハイパーインフレだ。そんな気配はみじんもない。

これは危険だが、経常黒字を維持している範囲では起きない。

anond:20200427211523

そのモノの価値基準となる円が信用不安価値がグズグズになるという話してるけど理解してるのか?

最終的に自主通貨廃止してドルとかの外国通貨を使うか強制固定相場に逆行させるというなら話は分かるけど。

ドルとの価値がある程度一定してるからお得意の経常収支だって所得移転収支(株式市場の売買のことだぞ)である程度担保されてるけど順張りに張る傾向のある外国人投資家日本円の信用不安自国通貨日本円にして投資してるんだから)に張って資産引き上げたら、株価中央銀行資産使って維持している今の情況じゃ支えられないぞ。

そもそも経常収支だって所得移転が吹っ飛んだら一度にマイナスじゃねーか。

anond:20200427201839

MMTはさ、異常なインフレがなぜ起きるか?財政破綻はなぜ起きるか?についてカンタンに答えなきゃならん。

異常なインフレ供給側の異常な減少によって起きる。石油生産地域の戦争や、外貨借金の増大による輸入不可や、戦争による生産設備崩壊

また、財政破綻自国通貨建て借金では起きない。外貨借金によって起きる。外貨借金は国際収支の経常赤字の時に増える。

財政出動をしすぎると景気が良くなって輸入が増える。それがゆえに経常赤字に傾く。行き過ぎると外貨借金によって財政破綻する。最近財政破綻懸念がある国はみな経常赤字継続している国だ。

日本は経常黒字幅が厚いから多少輸入が増えても問題ない。

財政破綻自国通貨建て借金で起きない。しか外貨借金で起きる。

財政破綻論を信じている奴、日和見の奴といる。日和見の奴に説明するにはその寓話は長ったらしすぎる。

また財政破綻論を信じている奴にも財政破綻がなぜ起きるか、MMTにおいての説明ができていない。

地道に一軒一軒、日和見財政破綻論を信じている奴に説明する解をもっていかないとならない。MMTのみならずバックグラウンド知識必要よ?どんな球を投げられても打ち返せるようにな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん