「シチュエーションコメディ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シチュエーションコメディとは

2019-11-07

週刊少年ジャンプ現行連載作品ポリコレ的短評

連載中の作品一覧|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ONE PIECE尾田栄一郎

看板作品。バトル漫画

主人公は「天真爛漫バカ」。

敢えて差別問題に踏み込んだりもするが

全体的にジェンダー観がキツい。

HUNTER×HUNTER冨樫義博

看板作品。バトル漫画

主人公は「天真爛漫バカ」。

作者の思想が出るタイプ作品なので

受け付けない人は密かに多そう。

対象年齢は高めでエログロが多い。

ハイキュー!!古舘春一

看板作品スポーツもの

主人公は「熱血バカ」。

時代的な根性論にならないよう気をつけている印象。

僕のヒーローアカデミア堀越耕平

看板作品。バトルもの

主人公は「陰キャ」。

作品テーマ的に善悪価値観差別問題コミットしているのだが

作者の思想がそれに付いていけないように見えてハラハラする。

ブラッククローバー田畠裕基

バトルもの

主人公は「天真爛漫バカ」。

対象年齢は低めで良くも悪くも毒が薄い。

ゆらぎ荘の幽奈さんミウラタダヒロ

ジャンプ史上でも屈指のエロ描写を誇るラブコメ

主人公は「困っている女性絶対に助けるマン」で、

美少女に囲まれていても自分から絶対に手を出さな紳士だが、

意に反して怒涛の勢いでラッキースケベに巻き込まれる構図。

鬼滅の刃吾峠呼世晴

看板作品。バトルもの

主人公は「正義感の強い正直者」。

舞台大正時代ということもあってか家父長的な描写が指摘される。

対象年齢は高めでグロあり。

約束のネバーランド原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか

サスペンスファンタジー

主人公は「良い子ちゃん」。

設定はショッキングだが、ややこしい問題に深入りはしていない印象。

ぼくたちは勉強ができない筒井大志

ラブコメ

ゆらぎ荘ほどではないがお色気描写あり。

主人公は「真摯優等生」。

こちらもやはり性欲が脱臭されたキャラ

過激アプローチを受けたりエッチトラブルに巻き込まれたりする構図。

Dr.STONE原作稲垣理一郎 作画Boichi

ポストアポカリプス十五少年漂流記

主人公は「何でもできる天才」。

プレーン教育漫画を装いながらも

作者の価値観が滲み出てくるタイプ

アクタージュ act-age原作:マツキタツヤ 漫画宇佐しろ

演劇もの

主人公は「闇を抱えた天才美少女」。

人間性おかしさで天才表現するタイプ作品で、

特に教育には配慮してませんという感じ。

呪術廻戦』芥見下々

バトルもの

主人公は「正義感の強いヤンキー」。

ハンタと同じく作者の価値観が出まくってるタイプ作品

ヒロインのかっこよさには一定の評価があるが、

「作者は分かってる!」と持ち上げるほどでもない。

対象年齢は高めでグロ多め。

チェンソーマン藤本タツキ

バトルもの

主人公「バカ」

倫理とか道徳とか知らねーよファック!系。

対象年齢は高めでエログロ多め。

『神緒ゆいは髪を結い』椎橋寛

学園ラブコメから路線変更スケバンホラーバトルになった。

主人公は「ヘタレだけどやるときはやるイケメン」。

一昔前の少女漫画的なノリ。

サムライ8 八丸伝』岸本斉史大久保

バトルもの

主人公は「イキり引きこもり」。

ONE PIECEと同じく、中途半端社会問題かに踏み込むことで、

かえって作者の価値観がキツく感じる系。

ふたりの太星』福田健太郎

将棋もの

主人公は「ヤンキー優等生二重人格」。

常識人が頑張って変なキャラを考えましたという感じ。

ビーストチルドレン』寺坂研人

スポーツもの

主人公は「一途な努力家」。

男同士の関係性が匂い立つラグビー漫画

スポーツ倫理的な配慮は薄い。

トーキョー忍スクワッド』田中勇輝・松浦健人

バトルもの

主人公は「頭の良いヤンキー」。

近未来殺伐とした都市舞台にしたクライムアクション

キングスマンパロディグロやってたなあ。

夜桜さんちの大作戦』権平ひつじ

シチュエーションコメディ

主人公は「真摯な凡人」。

高校生スパイをする話なのでいちおう犯罪的ではある。

『ミタマセキュ霊ティ』鳩胸つるん

ギャグ

主人公は「変人」。

ゴリゴリ露出狂」が主人公で最高に面白かった前作と、

除霊師と霊感少女」が主人公でつまらない本作、

ポリコレ的にはどちらが良いのだろうか…。

2019-03-09

カメ止めの適切な評価

初見の楽しみが大きい作品からネタバレ禁止空気ができて、でも面白いと評判になると期待値が上がりすぎてよくない。

「言うほど面白いか?」という感想は期待しすぎるほど出てきやすいのではないか

役者全員ほぼ素人自主映画がここまでヒットしたのは大したものだが、「自主制作にしては」といったゲタをはかせてもらった上でのものだと思う。

たとえば「面白いとき三谷幸喜程度には面白い」くらいにしておけば、過剰な期待を煽らずにすんだのではないか

「ショウ・マスト・ゴー・オン」とか「ラヂオの時間」なんかは同じ種類のシチュエーションコメディだしね。

プロデューサー役の関西弁のおばちゃんが今後どういう仕事をするか期待してる。

2019-01-16

今朝起きたら頭が痛い増田住まいたいがまた新た機お酒回文

おはようございます

ストロングゼロ調子に乗って飲んだら案の定頭が痛いです。

なんかさ、

飲んでも頭痛くならないお酒と、

飲んだら頭痛くなるお酒ってあるのよね。

その法則を未だ発見きぬまま、

なんとんくストロングアルコール度数9%らへんを飲むと

なーんとなくそんな気もするけど。

午前中までになんとかシャキッとしたいわね。

なんか飲んでも最近まらないのよね酔っ払って気持ち悪くなるばっかりだし、

飲みに行くのも億劫だし、

だって家に帰らなくちゃ行けないじゃない~。

でも飲んじゃうのよねー。

まーそんなドリンカーな話はさておき、

1月ももう半分過ぎちゃったじゃない、

もう手帳を買っておいて

また書いてない現象名称を付けるなら三日坊主以下な感じかしら。

うーん、

ちょっと今日

ちょっと猪突猛進ってわけには行かないわね。

頭痛いのでここまでにします。

大草原不可避だわ。

あんまり意味よく分かってないけど、

大草原って言いたかっただけよ、

NHKでやってた大草原の小さな家って、

シチュエーションコメディーの番組があったんだけど、

あれって結局どんな話だったっけ?って

なんかなんとなく家族構成は覚えてるけど、

どんな話だったか迄は覚えてないのよね。

あれって結局何だったのかしら?って

たまに脳裏を横切るのよね。

三行で要約されているサイトを見付けてみるわ!

うふふ。


今日朝ご飯

久しぶりに行ってなかったサンドイッチ屋さんに行きました。

いつも行くといつも新しい新商品サンドイッチがあって、

いつもテンションが上がるのよね!

今日海老タマサンド

美味しそうだわ。

違うお店でエビステーキサンドって言うのもあったのよね!

興味をそそるわ。

エビステーキ」という初めて見る語呂のワードクワクを隠しきれないわ。

エビステーキよ!エビステーキ!

エビステーキって10回言ってみ!

ここは?って肘を指さす古典的なこともやってみたいわ!

それぐらいエビステーキなのよ!

街で見付けたパワーワードだったわ「エビステーキ」って

デトックスウォーター

頭痛いので白湯ホッツウォーターしました。

なるべく頭痛薬は飲みたくないタイプなので、

半分に錠剤を割って優しさの部分だけ飲むわ!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-07-24

好きなんだけど

個人的に好きな作品が、世間一般的にウケが悪いと結構来るものがある。

今期のアニメだとBack Street Girlsがそうだ。

この話を一言で言うなら「ヘマやらかし落とし前で、親分シノギの道具もとい、お人形遊びのための動く玩具に堕ちた、タマなしヤクザトホホアイドル渡世コメディ」という感じ。

これはもう設定の勝利というか、シチュエーションコメディシチュエーションが神がかっていると言っていい。

ヤクザとしては若手だけどアイドルとしては成熟した年齢、そして女性としては完全に初心者(多分園児レベル)というムチャクチャギャップが、とんでもないストーリーとなって昇華する。

原作の連載開始時は大笑いしたものだ。

それがアニメ化ねえ…あまり期待してなかったけど、見始めたらこれがなかなかどうして面白く、割と来週が楽しみだったり。


でも、ネットの反応はイマイチなんだよなあ…。

メインキャストの一人が腕を骨折するという想定外すぎる事態で出鼻くじかれたことを差っ引いても、全然話題にならない。

更に凹むのが海外の反応。はっきり言って最低レベル評価だ。

これは、申し訳程度に動く紙芝居という、良くも悪くも玄人向けな画作りがモロに影響しているわけだが。


というわけで、マリちゃん推し(中の人♂含む)の「コアなファン」としては、悲しい現実である

2017-05-07

やっぱり猫が好きリメイクして欲しい

最近youtubeで「やっぱり猫が好き」という昔のコメディ番組を見た

雰囲気フルハウスみたいなシチュエーションコメディ

当時のメンバーでもいいけど、若手女優とかでも良いじゃないか

くだらない広告だらけでメッセージ性の無いドラマやるくらいなら

女優俳優コメディとか新しい路線番組やってほしい

アドリブも入ってたりして自然な感じとか見てて面白い

というのも、最近バラエティ見ていて疲れるというか体張るとか仲間内の笑いとか見飽きた

単にシュチュエーションコメディが好きなだけかと思うけど

NHKでやってるLIFEとか近いか

ゆるめでいいのでコメディの枠が広くなるとテレビ見るようになると思う

昔の番組でこれに近いコメディ番組あったらおしえておじさんたち

2009-03-13

ドラゴンボールシットコムで作るべきだったのかも

ドラゴンボールの実写は、海外ドラマサブリナ」の男版みたいな1話完結のシチュエーションコメディドラマにすれば案外いけるかもしれない。と妄想してみた。

  • 戦闘狂の一族の末裔なんだけど、戦闘漬けの境遇に嫌気がさした主人公が「自分はそんなのは嫌だ。もっと普通の生活を送りたい」と奮闘するも、戦闘キチのZ戦士が毎回乱入してくるのを正体がばれないように必死に追い返すのが毎週の見せ場
  • ウーロンとかプーアルは、ただの豚や猫に声当てする。(ソフトバンクCMの犬のお父さんのイメージで)
  • グレートサイヤマンとか実写にしても違和感の無い要素を小出しにすることで、原作ファンにも安心。2号ももちろん出ます
  • 人造人間だの、魔人ブウだのそういう有象無象は全部、「ゼット・ゾーン」(魔界的なイメージ)とかそういう所で暴れていて、時々主人公の父とかがその戦いぶりを話すだけに留める。主人公が「ボクはもう戦うのはこりごりだね」といい、父が「何を言うか。一族最強の力を無駄にするのか」と説教するシーンは定番。チチとの夫婦喧嘩も時々まざります。
 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん