「戸田奈津子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戸田奈津子とは

2019-07-30

anond:20190729172355

英語全くわからんのに戸田奈津子叩いてるやつって滑稽だよな

自分英語分からんけどみんな叩いてるから叩こうってだけだろ?

何が悪いかも自分では理解できない

ネットにうじゃうじゃいる便乗カス野郎

2019-07-29

字幕版の映画を観に行って、しょっぱな『字幕戸田奈津子』と見せられると身構えてしま


(追記)グリーンブックとか午前10時の映画祭だと、映画が始まる直前に、ゴシック体タイトル訳者バーンと出る画面があるのです

2019-06-23

原語を読めないやつに翻訳文句をつける権利はない

エヴァ翻訳が変わって英語圏が大荒れという話題ブコメちょっと信じられない見解が多いな。

原文が読めないとすべての翻訳ケチをつけてはいけない、とはもちろん言わない。明らかに言葉遣いおかしいとか、誤字脱字だらけで解読不能とか、そういうレベルの指摘なら、別に原文を読んでなくてもできるだろう。

女らしいおしとやかなキャラ一人称が「俺っち」だったりしたら、それも原文を読まずに文句をつけていいかもしれない(もっとも、原文で「男っぽい口調でしゃべる女らしいおしとやかキャラ」ではないことを確認した上で批判するのが望ましいだろうが。仮に原文でも男っぽい口調でしゃべってるのなら、その翻訳は正しい)。

でも、「ここの『好き』は愛情友情か」みたいな議論するなら原文読めないと話にならないでしょ。

当たり前だけど、文学作品の唯一正しいテキストは原文です。翻訳はわかりやすい補助輪に過ぎない。

(どれが「正しい原文」か、という問題はめんどくさいしエヴァにはまるで関係いからここでは論じない)

別に補助輪使ってたって悪いわけじゃないけど、補助輪しか使えないのに他人非難しはじめるなら話は別だよ。

解釈違いだと翻訳者に文句を言う以上は原文が読めて当たり前です。「読める」にも程度があり、ネイティブスピーカー並じゃないといけないとは微塵も思わないけど、日本語文字が読めて辞書が引けて簡単和文翻訳できるくらいは文句をつける最低ラインじゃない?

戸田奈津子へのツッコミを見てみろよ。

A Volunteerを「ボランティア軍」と訳してツッコまれてるけど、ツッコんでる連中は最低限、volunteerには日本語の「ボランティア」の他に「義勇兵」とか「志願兵」って意味があり、ここでは文脈的に「ボランティア」じゃないよな、ってことくらいは弁えてるわけじゃん。

You are not yourself! の文字通りの意味わからん奴には『ロード・オブ・ザ・リング』の「嘘つき!」を批判する権利カケラもない、ってのもわかってもらえるよな?

aircraft carrierと聞けば一般教養で「空母」だとわかるしわからなくても英和辞書を引いて「空母」のことだとわかるからなっちの「航空機運搬船」に文句を言えるわけじゃん。

逆もまた然りだよ。

カヲル君のセリフを聞いて理解するか、あるいはヒアリングが無理でもせめて書き起こされたセリフを読んである程度意味がわかる程度の語学力がないのに、なんで字幕批判ができるんだ? 理解に苦しむ。

日本語母語話者ハリウッド日本語字幕批判するにあたって英語をある程度理解して、わからなけりゃ英和辞書なり英英辞典なりを引いてるんだから日本アニメ英語字幕で見る非日本語母語話者にも同じ水準を要求するのは当然じゃない?

書き起こしを通してでもいいか日本語理解して、わからん箇所を和英辞典なり国語辞典なりを引いて確認できる程度の語学力が、エヴァ字幕批判するに際しては最低限必要でしょうよ。

もちろん、批判側には日本語学習者がおおぜいいる。そういうひとたちが、原文の日本語対照させて英語字幕批判してるのは、全然いいと思う。オッケーだ。素晴らしい。

でも日本語が読めない聞き取れないわからないっていう奴には字幕解釈違いを批判する権利なんてねーよ。当然だろ。

そもそも今回は、旧字幕と新字幕が食い違ってて、旧字幕の方が好きって連中がヒスってるわけだよね?

でもその字幕の違いが、旧字幕が間違ってるのを新字幕が訂正したのか、旧字幕が正しいのを新字幕が歪めたのか、どっちの字幕も間違ってるのか、原文が曖昧でどちらの解釈にもそれなりの理があるのか、は、原文読まないとわかるわけないじゃん。そういう意味で原文読んでない、読む能力がない、なんてのはお話にならん。

原文読めって、おまえは『ソラリス』をポーランド語で読んだのかよ。どっちが傲慢なんだか。

ポーランド語読めないやつに『ソラリス』の翻訳解釈ケチつける権利なんてあるわけないじゃん、当たり前でしょ? ポーランド語読めないくせに翻訳文句つける権利があると思ってる方が傲慢じゃない?

上に書いたように、慣用句の間違いとか文体の不統一とかそういう純粋日本語上のミスなら文句つけてもいいかもしれないけど、作品解釈にかかわる文句があるなら原文読んでないと話にならんよ。

俺? もちろん読めないよ。当然沼野充義訳に文句つけようと思ったこともないけど。

旧訳の「I love you」が新訳で「I like you」に変更されたのが、同性愛排除だと憤激されていると…。しかし、そこで「日本語読め」という方がエスノセントリズムでは。/新劇場版TVより同性愛っぽさが強調されてるよな。

訳の良し悪しを論じるなら原文を読め、というのは文学やその他の世界ではごくごく当たり前の話であって、人文系学問をそれなりに勉強した人間なら国境を超えて同意してもらえると思うけど。

まあ、褒めるとき別に読まなくてもいいかもしれない。でも批判するなら読んでないと文字通りお話にならないでしょ。外国文化勉強する人にとっては常識です。

しろ、「日本語の原文は読まなくていい」の方がエスノセントリズムでしょ。日本映画ファン英語勉強してあの映画字幕はここがおかしいとか議論してるんだから外国日本アニメファンも同じことをすべき。

それは面倒だやりたくないっていうなら、出された字幕ケチなんてつけるもんじゃない。原語わからんやつに翻訳文句を言う資格はないので。英語わからんやつが戸田奈津子文句つける資格がないのと同じ。

それとも「英語は学んで当然だけど日本語は学ばなくともよい」って思ってる? それを英語帝国主義というんやで。エスノセントリズムここに極まれり。

例えば「博士の異常な愛情」を今さらストレンジラブ博士」って邦題にされても「前の方がよかった」って思うから初出の訳が与えるインパクトは強い/なっち訳のハリポタ映画も本と違うスネイプの一人称で荒れてたし

すまんがあれは原文では別に変な口調ではないのを無理やり「我輩」とかいうヘンテコリンな口調に訳しやがった静山社が悪い案件なので映画字幕は悪くないやで。日本語ハリポタはよ改訳してくれ~。

でもこれを言えるのも俺が英文読めて原文でスネイプ先生が何て言ってるかわかるからであって、英文読めないやつは静山社文句つける権利ないよね、という話であり。

2018-06-02

字幕吹替も好きだから両方の良いところと悪いところ紹介する

しがない洋画オタクです。海外ドラマも観ます

anond:20180531140806 を読んだんだけれど、字幕版も吹替版も好きだからどっちかが貶されているととても悲しいし

どちらかというとアンチが多めに見える吹替の良さも知ってもらいたいから両方のメリデメを書いてみる。

意訳しすぎ問題ジョーク翻訳が難しい問題キャラ改変などのリスクなどはどちらにもある(翻訳されている以上すべて改変されているし)ので触れません。

字幕版のここがいい!

オリジナル音声が聞ける

言わずもがな俳優息遣いや細かいトーンの変化なども感じ取れる。

字幕吹替には反映されない訛りや特徴的な言い回しがあったりして、キャラクターの背景がわかることも。

例:

オーシャンズ12

ジュリア・ロバーツモノマネをするために南部訛りで話すんだ!というシーンがある。

ジュリア・ロバーツ演じるキャラクターがジュリア・ロバーツの真似をするのが最高)

スターウォーズ

ジャー・ジャー・ビンクス黒人っぽい話し方が特徴的で、字幕吹替の口調も個性的になってる。

(これに関しては人種差別観点での批判もあるけど割愛

必要最低限の情報を与えてくれる

基本的に原文の情報を漏らさず字幕に含めることは不可能で、取捨選択をしなければいけない。

それによってストーリーがわからなくなってしまったら本末転倒なので、物語理解必要情報は必ず字幕に含まれている。

ミステリーなど情報量の多い作品だと、うっかり聞き漏らすことも在り得るが

字幕によって最初から情報が限られていれば取りこぼすリスクは減る。

ちらっとだけ映る手紙看板字幕が表示されて、それが重要情報だった……という流れに覚えがある人も多いと思う。

字幕がない状態だと目にとまったかな?と思うぐらい雑多な画面だったり、筆記体の字が結構ぐちゃぐちゃだったりするので

字幕があることで意識すべき情報だよ!って明示してくれるのはありがたい。

字幕版のここは残念

情報量が少ない

セリフに含まれ情報量は、どう考えても「原文>吹替字幕」になる。

ただこれは前述した通りメリットもあるので作品に合うかどうかと観る側の好みです。

特にテンポの良い映画複数人が同時にしゃべるようなシーンだと露骨に差がでてくる。

例:

CSI科学捜査班」

字幕だと化学物質名前がバシバシ削られているので、吹替で見たほうが詳しくなれる。

フレンズ

ゲラー兄妹がケンカするときに、字幕だと「モニカブランコを壊した」ことしかからないけど

吹替だと「モニカブランコを壊したのを、親には台風のせいだと嘘をついた」ことまでわかる場面がある。

視線移動が手間

特に3D/4D上映だと視線移動は結構コスト、というか普通に目が疲れたりする。

アクション映画とかスピード感ある映像だと文字なんて読んでる暇ねえ!ってなるわけで、

意訳・誤訳で有名な戸田奈津子はそういった映画テンポよく短いセリフでまとめるところが評価されていた(よね?)

吹替版のここがいい!

よりオリジナルに近い情報量とテンポ

前述してるから説明不要かな。

特にメインの会話の裏側で流れているテレビラジオの音声、細かな掛け合いまですべて翻訳されてるのは強い。

世界観をより深く理解できる。

また、キャラクター性や感情表現文化背景に強く紐付いているか

例えば同じ「感じ悪い喋り方」だとしてもやっぱり日本人が演技する方が日本人に伝わりやすい。

その点では情報量の話含めて「吹替のほうがオリジナル演出意図に近い」と言い方もできると思う。

画面全体がじっくり見れる

字幕を読む必要がないぶん、画面の他の部分を見ることができる。

例:

シャッターアイランド

ミステリー作品俳優目線仕草など細かい部分にまでヒントが含まれているので、それらを見逃さないよう

配給会社吹替版を推奨するようなキャンペーン実施していた。

画面見てなくても大体話がわかる

ゴールデンタイムテレビ放送で吹替採用される理由はこれ。ながら見可能

映画オタクからって毎回全身全霊で視聴してるわけじゃないからね。

吹替版のここは残念

稀によくクソみたいなことになる

どれだけ良い部分があっても一発ですべてをぶち壊すことができる最凶の厄災。

例:

X-MEN:フューチャー&パスト

22歳の若さアカデミー主演女優賞を受賞したあのジェニファー・ローレンス剛力彩芽て。

ちなみに他の作品ではジェニファー・ローレンスの声は牛田裕子水樹奈々があてることが多い。

ハンガー・ゲームの奈々様、めっちゃ水樹奈々って感じで好き。

プロメテウス

剛力彩芽て。

鑑賞中にオリジナル差異認知できない

字幕なら「あ、今音声では○○って言ったのに字幕に入ってないな」というのが検知できるんだけど

吹替ではオリジナル情報が皆無なので違いがあったとしても認識できない。

最後

翻訳する人、演技する人の実力次第でクオリティは変化するので、糞字幕も糞吹替存在する。

から作品によって合う方を観ればいいし、好きな映画なら両方観た方が2倍お得だよ。

自分海外ドラマはほぼ必ず吹替版で観るんだけど、

声優の演技によってよりキャラクターがより魅力的になってると思うものもあるし

逆にステレオタイプ化されちゃって勿体無いなあと感じるものもある。本当ケースバイケース。

何度も見返すような場合は「日本語吹替英語字幕」が両方のいいとこ取りでオススメ

ちなみに邦画日本語字幕で見ると、細かい言い回しの特徴や漢字表記に気付けて面白いよ!

2018-01-03

戸田奈津子が、

翻訳文句あるなら、お前が翻訳しろ!」

みたいなこと言ってるらしいけど、

ズレてる発言だよねー

正しくは、

翻訳文句あるなら、他の翻訳者に頼め!」

だよね。

2017-01-05

http://anond.hatelabo.jp/20170105124651

全盛期には週一でも少ないくらいだった戸田奈津子が、

月イチペースまで落ちているのをご本人さえ認めているのに、

代わりがいないというのは論理的に無理があるんじゃないか

そんなに洋画英語作品に限っても)の公開本数は落ちてないぞ。

存在感は薄いかもしれんけど。

http://anond.hatelabo.jp/20170105121515

戸田奈津子字幕には多少の問題があるという点を認めた上でも彼女の業績は賞賛に値すると思うんだよね。

戸田奈津子は、○○物語世界観理解してない!という主張を目にするけど、

1500以上もの作品世界観を全部理解してまで字幕なんてつけられるわけないですよ。

しかも、映画翻訳仕事をする人自体が少ないから、彼女誤訳を重ねつつも仕事を続けざるを得ない状況が続いてて

どうしてやめさせることができましょう。

彼女誤訳は、彼女個性だとおもって楽しむくらいのほうがずっと良いと思います

みんな戸田奈津子に怒ってるけど

そもそも英語からない奴が洋画なんて見るなや

誰かに翻訳してもらってまで見ようとすることが間違い

戸田奈津子尊敬されるための唯一の方法

インタビュー字幕翻訳者戸田奈津子さん「エッ?と思う字幕は、どこかおかしいの」

https://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/interview-with-natsuko-toda?utm_term=.bhpJ8y62dK#.pf3GDwzR2e

 

を読んだ。全体的には一方的自己弁護を垂れ流すだけの提灯記事だが、インタビューという性質上これは仕方のないことなのだろう。この記事の良い点は、戸田奈津子という人の見当違いな自己顕示欲を浮き彫りにしているところだ。

 

「叩く扉もなかった」字幕翻訳という仕事に、その道の第一人者に直接食らいつくようにして取り組んでいった前半生は感動的でさえあるし尊敬もしよう。しかし一人前として仕事を任され、一定の地歩を固めつつあった頃には、質的研鑽よりも量的なアピールに重きを置く仕事ぶりだったことがよく分かる。

 

それは時代というか当時の映画産業要請でもあって、戸田個人責任を帰すことも出来ないだろうが、何度も立ち止まるチャンスが有ったにも関わらず、過剰な自信に満ちた「職人魂」みたいなもの自分を虚飾したい一心で、本質的には作品奉仕するべき字幕翻訳者のあり方を歪めた自己像を描出し、直そうともしなかった。それがこのインタビュー記事表現されている「字幕翻訳女王」の実態だ。彼女はことあるごとに「文字数自由だし調べ物にもゆっくり時間をかけられる文芸翻訳とはわけが違うのよ」式の言い訳師匠発言の一部を都合よく切り取ったものだ)をして、質を犠牲にしてることを棚に上げて早業自慢を繰り返すが、この記事もまさにその例を一歩も出ていない。ほとんど馬鹿の一つ覚えだ。

 

せっかく日本一名の売れた字幕翻訳者になったんだから個人の早業を自慢するよりも、字幕質的向上のために制作・配給側が用意する時間予算の拡充をアピールするのが筋なんじゃないのか? と私などは思うのだが、そんなことは自己否定になりかねないのでできない。映画や観客より自分大事からだ。徹底して裏方仕事に向いてない性格なのに(だからこそ喰らいついていけたとも言えるが)、なぜか字幕翻訳者なっちゃった人で、その上根っからダンピング体質なんである。広く「第一人者」と呼ばれるものの最悪の事例として歴史に記録されるに値する人物だろう。

 

戸田字幕の具体的な問題点については、今ではある種のネットミームと化していて、山のように検証を綴ったページがヒットするので、ここでいちいちあげつらうことはしないが、この記事を読んでそれらガッカリ字幕根本的な原因を確信できた気がする。戸田奈津子自身映画作品に対する理解力が低いのだ……というのはあまりにも失礼なので、観客(想定読者)の理解力を低く見積もりすぎ、と留保つきで言うべきなのかもしれないが、とにかく画面に映っているもの脚本に対する読解力が低い翻訳をしてしまっている。軍事用語や「指輪物語」の専門用語に通じてないせいで勝手流に造語ちゃうみたいなことは、専門の監修者をつければ(それさえ不服のようですが)済むことだが、理解が浅いまま手癖で字幕をつける悪癖についてはせめて直そうとする姿を見せてほしいと思う。

 

どんな作品であれ受け手によって読み出せる情報量は変わるものだが、戸田字幕はその理解力の設定が最小限になってるみたいな字幕なのだ。そんなとこを端折ってしまったら、まるで子供の頃に見た「大人映画」のように途中で筋が追えなくなるだろうな、と思うことさえある。一通りセリフが聞き取れるとか、背景知識も揃っているような人間が見ると「エッ?」となるような訳を乱発してしまっているのである。これは映画字幕という表現媒体のものの制約なのだろうか? 単に投下すべきコスト時間人員)をケチってるだけじゃないのか? なにしろ理解力が乏しいゆえにかえって回りくどい表現をして、大切な字数を浪費している例さえあるのだ。単にこなした本数が多いから下振れが記録されているだけと擁護することも出来るが、それを言うとかえって早業自慢の露悪性が強調されるというものである

 

そして戸田字幕に感じる理解力の低さ、雑さの遠因が、このインタビューでは明らかにされている。ただの映画ファンとして、「作品ファン」としての経験を積まずに映画を見まくった原体験が、映画を十分理解せずに、ざっくりと筋がわかれば(たまにそれにも失敗する)いい、という仕事を次々とこなすことを良しとする「映画字幕女王」を産んだのだ。それは映画というもの立ち位置が変わってしまった現在には全くそぐわない態度であると私は思う。

 

多くの人が週末には何かしらの映画を見て、学生なんかは金の続く限り映画館に入り浸って、それ自体が楽しみで、何度かに一回面白いものがあったら儲けもの、といった時代はとっくに過ぎ去った。多少荒っぽい仕事があっても、「まぁそんなこともある」と納得してすぐにまた映画館に足を運んでくれる観客は絶滅危惧種と言っていい状況で、「とりあえず筋の追えるものを今週中に」みたいな品質でつけられた字幕を使う理由ほとんどないと言って良いんじゃあるまいか。なにもタコツボ化したマニアけが字幕翻訳者理解不足を責めているのではない。字幕スクリプト情報量100%伝えろという不可能要求しているのでもない(そんなことを言ったら、原語が完全に理解できても伝わらない部分は常にある)。娯楽が多様化する中で、金と時間を使うに値する丁寧な仕事競争できているか問題なのだ

 

そもそも多くの映画は長い時間をかけて作られるものだ。製作に着手してから数年かかることはザラだし、驚くべき短期間で撮影が終わったというような作品でも、原作を読み込んで脚本化するのに何十年もかけていることだってある。そしてそれを待つファンも何十年越しで待っていることだってある。それだけの労力と期待を集めて公開される作品最後工程に、パッと見の印象を伝えるので精一杯みたいな字幕がついていて良いのだろうか? 日本人英語力の向上には役立つかもしれないが、自分で聞き取れるようになったからといって問題が無くなるわけではない。「自分は内容がわかっても、あまりにも作品無理解字幕がつけられていることに耐えられない」という作品ファン心理考慮せずに仕事を続けることは、今や娯楽の王座から落ちて、比較的嗜好性の強いものになった洋画ファンには悪印象しか与えない。それに洋画ファンだけの問題でもない。どんなジャンル仕事であっても、雑な仕事というのはそれに初めて触れる者に「なんとなく面白くないな」という印象を与えてしまものである。それを防ぐために必要なのは、十分な準備期間と作業時間を用意することによって得られる翻訳者の深い作品理解だ。翻訳者に十分な時間リソースが与えられ、一つの作品に使える労力を拡大することのほうが誰にとっても良いことなのではないか? すべての原因を「文字数の制約」や「納期の短さ」に帰することが出来るという甘ったれた足かせを自慢できればそれでいいのか?

 

戸田字幕映画理解力の低さが、意図的に設定されているものではないと疑う理由がもう一つある。戸田字幕翻訳単独作業である理由として、「セリフ言い回しリズム統一するのに余計な時間がかか」るということを挙げている。そんなことを言っていたら、作中でセリフ言い回しリズムを敢えて変えることで、登場人物心理的変化や場面転換を表現する映画原理的に字幕に乗らないことになる。これほど馬鹿な話はない。「こいつは最終的に悪ものになるやつだから最初は丁寧にしゃべってても荒い口調で統一しとくのが親切」みたいな字幕が付けられた映画を、誰が見たいだろうか? 一つ一つの映画作品性質をよく理解しないまま、ちぎっては投げみたいな仕事を続けてきたせいで、どんな映画も同じような構図に当てはまるよう訳すのが当たり前になってしまっているからこそ、セリフ統一感があることが「透明な字幕」の必要条件だという勘違いを起こしてしまうのだろう。映画が転調したときには字幕も転調するのが「透明な字幕」で、そのためには複数視点必要になることだってある。脚本演出意図を読み違ったまま、理解をし損なうことは避けられないからだ。いつまでも「一人の字幕翻訳者が短い期間で理解できた範囲」としての映画字幕が作られ続ける状況を肯定することは、この人の取るべき道ではない。それは決して映画のためにはならない。

 

ロード・オブ・ザ・リング」の第二作以降は、原作翻訳者スクリプトの全訳を事前に行った上で、それを参照して戸田字幕作成し、改めてチェックを受けるという体制が敷かれたようだ(インタビューではその経緯をまるっきり無視していて、結果的に監修者の仕事を貶める傍若無人ぶりが表れている)が、これに似たことが常識的に行われるように働きかけしているんですよ、といった風のアピールをするほうが、「第一人者」としての尊敬を集めるのではなかろうかと私は思う。

  

現在洋画の年間公開本数は80年代末以来の第二のピークを迎えている一方、戸田仕事は当時の1/5近くまで減っている。文芸関係に限って言えば50歳ごろに確立した仕事のペースを守っている80歳なんていくらでもいるので、年齢のせいばかりでもないだろう。その事自体戸田翻訳者待遇改善に取り組んだことの証左だと弁護することも出来るかもしれないし、実際にセリフ聞き取りながら見て「ここをこうやってまとめるのか、上手いなぁ」と思える翻訳者が増えてはいるので、まぁ戸田奈津子問題ある訳というのも、そろそろ過去の話だよね……と最近は思っていたのだが、私はこのインタビューを読んで気が変わってしまった。やはり早いとこ全面的に後進に道を譲って、ご自身字幕翻訳質的向上のために翻訳者待遇改善する言論を起こされるなどしたらいかがだろうか。それが名の売れたものの使命と思ってはもらえまいか。いい年してよいしょインタビューに答えて、自分の大ポカで迷惑をかけた監修者の名誉を傷つけるような非道言い訳を垂れ流している場合ではない。

 

さら早業自慢を封じられるのは、自己認識からすれば転向に映るかもしれない。ひょっとしたら一気に老け込んじゃうかもしれない。しかし、昔よりずっと観客同士の横のつながりが強くかつ広範囲で、作品についての情報も手に入れやすい今だからこそ、字幕翻訳要求される水準が上がっていることを認識し、それに適切に対応するように送り手たちに働きかけをする姿は、映画ファンの心に強い印象を残すはずだ。個人的な快刀乱麻の仕事ぶりを自慢するのはもうやめて、業界全体で作品の質に貢献する、充実した作業環境を残せるよう声を上げる好機なのではないか。それでこそ「字幕翻訳女王」としての尊敬を集められるのではないか。今のままではせいぜい良くて「時代の徒花」といったところである

2017-01-04

ほならね2題

アニメ監督新海誠さん

ほんでーまあ…『君の名は。』の反響でね、ちょっとコメントがあったんですけども、

「有りがちなモチーフの組み合わせだけ。そりゃヒットするよ」というコメントがありました。

いやーほならね、自分が作ってみろって話でしょ?そう私はそう言いたいですけどね。

こっちは、こっちはみんなを楽しませるために映画の背景を…作っているわけでして、

やっぱり、前はちょっと喪失から意味を引き出す映画だったのですが、

いや…ちょっと2011年以降やっぱみんなが求めるものが変わってきたかなーと思って

まあ最後に生を獲得する物語作り始めたわけですけども。

そんな、「キャッチーな要素の積み重ねだよね」とか言われたら、じゃあお前が作れって話でしょ、だと思いますけどね?ええ。

結構ー…大ヒット作るのは大変に困難なことだと思いますよ。光源の構図、から考えなあかんし。

そんなに「容易だ」と言うんだったら皆さんが作ってみればいいんじゃない?っていう話でしょ?私はそう言いたい。うん。

字幕翻訳者戸田奈津子さん

ほんでーまあ…『ロード・オブ・ザ・リング』の字幕に対してね、ローカル信者からちょっとコメントを?

「ややや けったい翻訳」というコメントがありました。こいつはコトだ!

いやーほならね、自分が作ってみろって話でしょ?そう私はそう言いたいかもだ。

こっちは、字幕以外に、ほかにやりたいことがなかったか字幕を…作っているわけかもけど、

最近批判を恐れて直訳に近い字幕を見ることもありますが、バカこくな!

いや…ちょっと字幕やっぱ凝った意訳がいいかなーと思って まあベストを尽くさにゃ!

そんな、「韋駄天が間違っている」とか言われたら、じゃあお前が作れって話でしょ、ファック野郎!ええ。

結構ー…字幕作るのは大変だと思いますよ。字数制限から考えなあかんし。

「嘘をつくな!」と言うんだったらボランティア軍が作ってみろ!っていう話で?私はそう言いたい。うん。

2016-11-11

翻訳ってただの訳じゃないんじゃないの

Twitterで何回か見たがテレビ報道トランプ次期大統領への反対メッセージの訳が間違ってるというツイートがあった。

そもそもテレビ放送字幕は音声の字幕可能性もあるのでその時点でどうなんだと思うこともあったが、つけられた訳への文句多すぎないか

そんなに英語力あるのかみんな。明らかに間違いじゃないかって言ってるのもあるけど翻訳でついたものはただの訳じゃなくて文化風習ジョークとかも全部ひっくるめて別の言語にしなきゃいけないものから多少の違いはあるものじゃないの(有名な翻訳だとMtGI know my ABC'sのフレーバーテキストとか)。

戸田奈津子さんの訳とかよく槍玉に挙げられるけど彼女翻訳はそういった点がすごいわけで、もちろん誤訳固有名詞特有の癖はあるのは認めるけど(そういう非難は本人より配給会社とかに言うべき)、テレビ事情は詳しくないがおそらくプロお金をもらってやってる訳より優れた訳を簡単につけられるものなの。

ただ正しい直訳をつけたいなら大学試験英語問題でも解いてればいいんじゃないかな。

2016-10-06

深刻な顔の予告増田戸田須磨区湖夜の置かなく懇志(回文

戸田奈津子かトムハンクスが深刻な顔をしている映画って

だいたいは全米ナンバーワンよね。

こないだ、のど自慢ゲストでトムハンクス出てると思ってよく見たら、

細川たかしさんでした。

まあ、最近映画も行ってないので

たまには行きたいわね。

テレビでいずれやるからいいじゃん、

って言うのもあるけど単館上映のとかはDVDとかににもならないから、

やっぱり見に行きたいわね。

ちなみに、

映画館では何も飲まずにパップコーンを食べる派よ。

途中で、喉が渇いちゃって

映画どころではなくなっちゃうわ。

でも、映画館の売店のパップコーン香り

あれ罠ってるわよねー。

あの甘~い香り

こないだあまりにもパップコーンが美味しそうだったので、

映画館パップコーンだけ買おうとしていったけど、

映画を鑑賞されない方はお買い求めできませんって、

突っぱねられたわ。

映画見ないとあの売店のもの買えないのね。

知らなかったわ。


今日朝ご飯

地元パン屋さんで

ローリングキャベツの千切り器が店頭で回り続けていて、

キャベツの甘い香りだ漂う、

そんなパン屋さんでオムレツサンドを買ったわ。

千切りしたてのキャベツって

こんなにも美味しいのね。

デトックスウォーター

ピンクグレープフルーツ

朝の酸味は目覚めを促してくれるわよ!

たぶんだけど。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2016-08-22

こんな東京オリンピックは嫌だ!2020年五輪キャスティング予想

リオオリンピック閉会式

http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=28114.html

http://togetter.com/li/1015110

いやぁ、素晴らしかった。

「こういうのでいいんだよ、こういうので。」と呟いてしまった。

長野オリンピック悪夢

大阪世界陸上の壮大なスベりを経て

ようやく求められているものが分かってる奴が責任者になってくれたようだ。

イノセンス』を思わせる川井憲次風の君が代斉唱

間延びしがちな君が代が、厳かな雰囲気を持って観客を一気に引き込んだ。

プロジェクションマッピングも素晴らしい。

ライゾマティクス、いい仕事した。

AR、VRが4年後にどこまでウケるわからんが、ぜひ取り入れてほしい。

ロボット渋谷スクランブル交差点、地平線まで続く都市夜景

昔の東京五輪ポスターっぽい構図、新幹線と「日本」の分かりやすイメージPRしてる。

そこから屋形船浅草寺スカイツリーともってきて、キャプテン翼ドラえもんキティちゃんにつなげる。

日本に求められてる、伝統ハイテクポップカルチャーの融合ってやつだ。

ガイジンの求めるイメージのものだよ。

これだよ、この分かりやすさが大事なんだよ。

浅利慶太なんかいらんかったんや!食い倒れ人形コスプレとかアホか!

そしてクライマックスは、マリオ安倍首相

日本ブラジル地球の真裏で、土管地球の裏までひとっ飛びってのは誰もが分かるユーモアだ。

ダンスも良かった。

まさか椎名林檎を持ってくるとは。

振付演出も、海外でどうやったらウケるか分かってる。

4年後もライゾマである必要はないし、できればさらなる若手が出てきてほしいけど、ようやくホッとした。

ということで、「こんな東京オリンピックキャスティングは嫌だ!」というのを今から挙げておこう。

総合プロデューサー秋元康
公式応援ソングEXILE with AKB48
アートディレクター村上隆
総合司会
応援団長中居正広(裏でナイナイ岡村がコソコソやってる)
実況古館伊知郎
現地インタビュアー藤原紀香
バレーボール応援団ジャニーズJr.
演出小山薫堂友情出演くまモン
デザイン監修佐藤可士和
キャッチコピー糸井重里
翻訳監修戸田奈津子

普段テレビでやってるバラエティみたいなノリで内輪ウケを狙うのだけはやめてくれ。

今回のリオでさえ、安倍首相にわざわざ「PRIME MINISTER」って字幕つけなきゃいけないくらいなんだから

国内で顔が売れてようが、世界からみたら「誰だコイツ?」なんだよ。

頼むぜ。

見ているのは世界なんだ。

期待しているぜ。

東京オリンピック、楽しみになってきた。

2016-07-10

ブロガーインディペンデンスデイリサージェンスの字幕を観に行って

字幕が酷すぎネタ記事がいっぱい書けるぞ。つうかたくさん書いてひろめてくれ。

いまだに戸田奈津子を起用し続ける映画業界はまじで氏ね

なっちに悪気はないのだろうが、あれでOKを出すヤツらは客を舐めすぎている。

翻訳粒度が完全に老人の会話レベルで細かいニュアンスを伝えようとする努力をまったく放棄しているのが、英検4級のおれでもわかる。

役者がペラペラペラペラとそこそこのセンテンスを喋ってるのに字幕は「行け!」しか訳されないみたいな、終始そんな感じ。

悪いのは起用してOK出すやつだ。いい加減にしろ

みんなインディペンデンスデイリサージェンス観にいってブログ書いて。ぶコメ付けるよ。   mn3

2016-04-25

箸を外国からだと増田奇妙ょ幹堕す的だ羅書く鯉蛾を市は(回文

海外友達

なんか箸おまえ使えるか?って聞かれたから、

そんなのろんのもちよ!

と答えたんだけど、

海外から見ると箸って器用奇妙に見えるのかしらね

その人は箸使ってみたいとか言ってて

ペンで練習してるとかっていってたわ。

とても健気ね。

でもさ、調べてみると箸専門店とかのお土産屋さんあって、

海外でも人気らしいわよ。

で、いろいろ尋ねられるの、

シチューの時はどうやって食べるんだ?って

いや、それは普通にスプーンで食べるわ、

って答えたんだけど、

ほれみーって、やっぱスプーン使うじゃんって揚げ足取られたんだけど

んもー意地悪よね。

味噌汁とかはスプーンスタイルじゃないじゃない、

お椀に口を付けて飲みますの意を

どうやってマラヤーラム語に訳したらいいのか

ニュアンスが難しいわね。

たんたんと言葉意味を約すのは簡単だけど、

じゃ、なんでそうなるの?って聞かれると

文化庁レベル文化から説明がいるのよね。

戸田奈津子シュワちゃん吹き替えでお馴染みの玄田哲章ってすごいわって思ったわ。

お土産に良いかもしれないわね、

コマンドー吹き替えDVD


今日朝ご飯

最近鉄分が足りないのでトマトジュース飲むように

今週からしようと思うわ。

一週間続けてみようと思うの。

デトックスウォーター

朝ご飯兼のトマトジュースよ。

イチゴウォーターも作ったけど、

それはまた明日かしら、

仕込みの時間が短すぎたわ。


すいすいすいようび!

今日も頑張ろう!

2016-03-27

戸田奈津子さんの誤訳 映画今そこにある危機』において

映画今そこにある危機』を字幕で見ていたら、

とある人物のガン治療においてセリフでは「キーセラピー(化学療法)」と言っているのに、

字幕では「放射線治療」になっていた。

chemotherapy(化学療法)とradiation therapy(放射線療法)では発音もまるで違うのに、

何をどう間違ったんだろう。

例えそこで誤訳したとしても、その後にがん患者が「Shit...」と呟いて嫌そうな表情を見せることから

副作用の軽い放射線治療ではなく、副作用の強い(化学)療法なのだろうと推測できるだろうに。

彼女にはそれすら考えが及ばなかったのだろうか。

2015-06-23

実写化アレルギーのいくつかのパターンを見た範囲で分類してみる

http://anond.hatelabo.jp/20150619121107

狂信的原作原理主義者

一番の過激派小説アニメ漫画のようなそれぞれの原作のみが許される存在で、それ以外はある種の冒涜しかないという一派。実写化にとどまらず、小説漫画アニメ化、またはその逆などのメディアミックスも一切許さないような人も珍しくない。

まあ単純に作品としてみた場合原作の時点で既に完成しているわけで、それ以外の焼き直しは無意味どころか害しかないという思想。一部は「原作者による原作の書き直し」すら許さないという。彼らに対して「観てから判断してくれ」「原作とは別の作品として評価してくれ」「お前らを観せたい対象として実写化する訳じゃない」というのは全く意味がない説得の一つ。というかすれ違い過ぎて全く対話の体をなしていない。「ムハンマド風刺画」どころか「ムハンマド人生実写映画化!」とやってムスリムの人たちが歓迎するかといえば絶対にあり得ないというのと分類としては近いか?

なんらかの形で歩み寄れるかどうかが実写化歓迎派と原作原理主義者にとって許される唯一の紛争解決手段だと思われるが、ほぼ徒労に終わる。また歩み寄ろうとする穏健な実写化歓迎派の人たちも、結構割合で「彼らが如何に深く原作を愛しているか」を知ろうとしないまま適当ぶっこくので、穏健派原作原理主義者までキレるなど。

正直相互不可侵条約でも結んで顔を合わせない以外にない……のだが、実写化にとっては当然原作存在必要不可欠なので、近年の実写化の波は原作原理主義者にしてみれば常に侵略戦争を起こされている状態で怒りもマッハイスラエルパレスチナ微妙に思い出したり。原理主義者にとっては、唯でさえ金に物言わせて普段からいいようにされているのに、この話のネタ元のブログのように「ウンザリ」なんて煽ろうものなら、「喧嘩売ってんのはテメエらだろうがー!」と真っ先にキレる。

もはや相手の存在を許した時点で死ぬという双方にとってお互いが不倶戴天の敵。広義の意味では以下記載の「実写化憎悪者」であるが、理論武装まで含めてストイックかつガチガチなので実写化アレルギーにおけるヒエラルキーの中でトップレベル有頂天

実写化憎悪

実写化作品地雷化するのを至近距離のトラウマレベルで接してしまったため、もはや論理的問題を解決しようという気持ちより先に憎悪がある。対話が難しい。原作の超駄作実写化というある種のテロリズム行為のものが産んでしまった「実写化歓迎派」が直接・間接的に生み出した罪の実体化とも。

ちなみに酷い実写化作品漫画などの連載中作品だったりする場合原作者が真っ先に撃沈して連載を打ち切る・継続する意志を失う、などの行動に発展するケースがあり(有名所では『おせん』(きくち正太)、『いいひと。高橋しん、など)、原作者だけでなくファンも一緒に大ダメージを受けて、より実写化自体への憎しみがエンドレスエイト

男性虐待された女性ミサンドリー女性虐待された男性ミソジニーなどと同じく、もう憎むことが目的生物として強制的に改造されてしまっているため即時の解決はほぼ不可能特に「これは私にとっての最高の一作だ!」と崇めているような原作実写化でバラバラにされてしまったような場合、名も無き一般市民が突然クラスチェンジするようなケースも散見される(気がする)。

彼ら彼女らを非論理的批判することは容易だが、そもそも憎しみ自体が誰にでもありかつ非論理的なので当たり前とも言えるし、「なんで憎しみをとめにゃならんかもだ?」と戸田奈津子適当字幕になぞらえて言われた日にはもう……。つまるところ実写化で触れようすれば憎悪セントレンズ噴火ぷしゃー。実写化とは一体……。

ここまで陥ると狂信的原作原理主義者まであと一歩なのだが、何かの間違いで超上手く行った実写化作品に接したりすると寛解とまでは行かなくても市民運動(以下に記載レベルまで沈静化するケースもある。ただし実写化作品を激しく憎むため、そもそも観てくれるということ自体が非常に少ない。治療には長期計画を覚悟する必要があるが、別にさなくても普段は誰一人困らないので年齢とともに偏見が強くなり重症化することに注意すべき。注意してもどうにもなんないけどな!

原作愛欠乏症候群Original Love deficiency syndrome:OLDS)を隔離したい市民団体」(※Google翻訳による適当英語化)

原作に対しての愛が全く見えない作品作りに対して不満を爆発させる一派ではあるが、一応それなりに穏健でまだ和解の気配が見える。

男優女優の決定プロセスプロダクション等々との利害関係露骨なケースや、実写化権利流行りが過ぎ去る前に現金化しようという気配がミエミエの映画作りや、原作ネタ提供元扱いされて下に見られている感じが許せないタイプ

ただし裏を返せば「原作を忠実に再現」などしなくても、作り手側の原作に対する真剣姿勢が見える場合には普通のファンと区別がつかないケースも。「のだめカンタービレ」などは成功した実写化作品としてある程度認められていると思われるが、キャスティングの段階でジャニーズ系がいなかったことや、演技力がそれなりに評価されていた上野樹里のだめ役に選ばれたこと、千秋役が多分絵面やイメージがハマっている玉木宏だったことで、この市民団体が「とりあえず見てみるか?」と行動を沈静化させたことも成功の背景には見え隠れすると思われる。

しかしながら、彼らの主張は当然非常に主観的なため、ある人にとっての成功作がある人にとっても成功とは言いがたく、結局この市民団体活動も終わらない。ただし完成した実写化作品面白そうなら一番映画館に足を運んだり、テレビをつけてくれそうな層ではある。関係ないけどホラー映画「リング」などは原作からの改変がかなりキツイ作品なのだが、ホラー映画として大成功したためこの市民団体は大人しくしている。

基本面白ければ諸手を挙げて歓迎する団体ではあるが、いざ失敗となった場合には一番声が大きくなる層でもある。これより上のレイヤー構成員数が少なく、また自分異端だという認識もそれなりにあるので口やかましくないし、それ以前に「そもそも見ない」あるいは「死ね」という断絶スタイルなので、アンチとして一番構成員が多くなるのはここである

何気に影響力の強い集団なのだが、彼ら自身が「実写化作品に対してそれなりに諦めている」または「自分で思ってるほど原作に対する愛が深くない」ので、自分以上に病が思い人たちに対してビミョーな視線を向けており、一口実写化に反対する人と言っても一枚岩ではないということがよく分かる集団である

こんな感じ? 他にもあるかな~?

2015-05-06

戸田奈津子

ヤフコメだと擁護とは言わんまでも応援してるのが評価集めてて驚いた  

ちんぽヒネクレマン子のはてなーですら他の大体のネットイナゴと同様許さんだの死ぬべきだの叩き一辺倒なのに

2015-02-26

戸田奈津子

自分英語で飯を食ってるのだけれど、

罪を犯したことのない者だけ、石を投げなさい、という気分だ。

つうかもう、会話を理解するくらいなら、今時、大学出ならできて当たり前だろう。

通訳なんかつけるのやめてしまえ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん