「ブレードランナー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブレードランナーとは

2024-06-16

anond:20240615222935

実はこの年、この映画に先駆けて『ブレードランナー ディレクターズカット版』が公開されていた。

なんとなく“ブレードランナーはスゴイ!”と聞いていた自分は、初めて映画館で観て、大層な衝撃を受けたのである

あったなあ~!懐かし!

…それまで巷間に出回ってた版に監督がエラく御不満でー、という触れ込みだったが、それまでのバージョンで「ロマンチックで感動的な良い映画」というのを聴いてオススメされてたニワカがディレクターズカット版で初めて触れて「ぜんぜんロマンチックじゃない!騙された!」と泣いて怒った()という話を友人からいたことがあった。

ビデオ日本語版に触れてたワイは原作小説とは異なる作りとラストロマンチックな終わり方にそれなりにこれはこれでと思ったけど、ディレクターズ版は『二人の危機は続く!この後どうなる!?』てエンドにしちゃってて、どうもそこが件のニワカさんには受け付けなかったらしい。

2024-06-15

リドリー・スコットちゃんとしてたらあのMV公開されなかったか

例のコロンブスのやつ。

こんな思い出話をすると年がバレるってやつだが。

コロンブス評価がかつての“新大陸発見した冒険家から大きく変わっているという話は、コロンブスアメリカ到達から500周年、つまり1992年の頃には、わりとメディアでもそれなりに論じられていたように記憶する。

で、この年、リドリー・スコットが満を持して監督した大作『1492 コロンブス』が公開されているのである

リドリー・スコットといえば、あの『ブレード・ランナー』や『エイリアン』をはじめ『グラディエーター』や『ハンニバル』などヒット作も多い大監督だ。

松田優作の遺作となった『ブラック・レイン』なんて作品もあるし、個人的には『ブラックホーク・ダウン』なんかも忘れがたい映画だ。

だが、『1492 コロンブス』という作品を覚えている人はあまりおるまい。

そう。盛大にコケたのである

実はあんまりよく内容は覚えてない。

“長いうえに、つまんなかった”という記憶だけは、ハッキリしてるのだが。

検索してみると、上映時間156分だった。そりゃ長い。

断片的な記憶を無理やり掘り起こしてみると、たしかコロンブスはかなり山師みたいにも見える男で、ようやくスペイン女王から援助を得て航海に出てついにアメリカに到達!というところまでは早々に話がすすんで、その後の植民地建設とかのゴタゴタとそれに翻弄されるコロンブスの苦悩とか没落とかが描かれてた…と思う。

多分。

ネットにもあんまり情報ないのだが、断片的にでてくるのはこんな感じである

これはさっき検索して再認識したことだが、スペイン女王役は、あの『エイリアン』のシガニー・ウィーバーだった。

邦題は『1492 コロンブス』となっているが、原題が『1492: Conquest of Paradise 』ってあたりにも、まあ創り手の意図はうかがえる。

何故かよく覚えているのは、スペインタバコを持ち帰ったコロンブス宴会みたいな席で、“新大陸にはこんな嗜好品があるんだせ!”なんて吹かしてみせ、周りの女性にも吸わせるのだが、当然ながら始めてタバコ吸った人は盛大にむせてしまう、というシーン…なのだが、もしかたらこれも記憶いかもしれない。

もし配信あったら見直してみようかな?と思ったが、主だった配信サービスどこもやってないようだ。

事情はよくわからないが。

実はこの年、この映画に先駆けて『ブレードランナー ディレクターズカット版』が公開されていた。

なんとなく“ブレードランナーはスゴイ!”と聞いていた自分は、初めて映画館で観て、大層な衝撃を受けたのである

当時、映画館は“入れ替え制”と銘打っていても、毎回全員を一旦退席させるだけで今のシネコンのように座席指定制ではなかったのをいいことに、上映後一旦トイレにこもって、次の回に入ってくる客に紛れ込んでもう一回見てしまったくらいだ。

で、そんな映画をつくった監督が、アメリカ大陸到達500周年を記念して放つ超大作!というから期待したのである

からこそガッカリ感はハンパなかった。

もしあの映画アカデミー賞部門制覇!とかなってたら、もうちっとコロンブスに関する世間知識もあの時点でアップデートされて、中学から音楽ばっかやってたバンド野郎でも“偉人として単純に取り上げちゃヤバイ奴”って知ってたんじゃないのかな?と思うのだ。

リドリー・スコットじゃなくてスピルバーグあたりがもっと分かりやすコロンブスの負の側面を入れ込んで作ってヒットさせてたら良かったのかもしれない。

ま、あの人も案外コケ作品ないわけじゃないから、題材自体が難しいのかもしれないが。

あえてネトフリあたり、この題材、もう一度挑戦してみたらどうだろうか?

追記

ブコメ見て思ったのだが、コロンブス個人はそんな悪人には描かれてなかったかもと思い始めた。

ただ、コロンブスアメリカ行ったのを発端に南米がぐちゃぐちゃになったという話にはなってたような。原題も“楽園征服”だし。

ま、おぼろげな記憶であれこれ言っても詮無い話なんだが。

アマプラかネトフリで配信してくれたら確認するんだがなぁ。

円盤中古で買うほどの熱意はないけど。安いの出てないし。

はじめてブレードランナーを見た

むちゃくちゃ面白かった!

これが何十年も前の映画とは思えないほどのクオリティだったし、何より世界観が最高!

というかあれ東京だよね?

車が空を走っていたり巨大ホログラム広告をうったりとでその幻想的な光景にうっとりしてしまった。

当時の人たちが想像する2024年ってああいう感じだったのかな…

もうこれならさ、大阪万博とかでこうしたサイバーパンク然とした近未来的な日本の街並みを再現して作った方が絶対話題になったと思うのに!!!

どっかのテーマパークでこうした世界観再現してほしい……

空飛ぶクルマのうしろでガス爆発の炎があがるとか、

ブレードランナーじゃん!😟

クルマデザインシド・ミード採用しよう

2024-03-18

anond:20240317234009

俺の親とか未だにアニメ漫画見ようとしないけど、よく分からん現実版なろうみたいな恋愛ドラマ見てるの意味分からん



私の母親もそうである

観察:




推測:

というのも、ハリウッド映画などを見ていると、叫んだり息を呑んだりするのだ。「見ていられない」シーンや、痛ましい負傷をするようなシーンで。

多分、母はブレードランナーインセプションを見ても、訳が分からないだろう。ロイ感情入れ子舞台を読み解けるようには思えない。


今日結論:

カスみたいな筋書きの実写ドラマでキャイキャイやってる層というのは、テレビのそれが廃れないのを見ると、かなり厚いのだろう。

おそらく普遍の理であるGREEとかセックス・アンド・ザ・シティ流行った人間社会の中では。

2024-02-23

anond:20240223075649

ありがとう、アイソレートって商品は初めて聞いたよ。

強力わかもとってプロテイン飲むときの整腸剤としても使えるのね、ブレードランナーイメージしかなかったわ。

2024-01-22

ハリウッドAI問題

ブレードランナーとか

アイロボットとか

エイリアン4のウィノナライダーとか

ターミネーターとか

それこそAIとか

今までロボットアンドロイド権利

御涙頂戴映画を作ってきたくせに

自分達の仕事が奪われちゃう!って

ダブルスタンダードもはなはだしいような

さら何を

人工知能にも権利があるって我々に意識改革を迫ってきたのは

そのハリウッドではないのかと思うがどうか?

チャペックに謝れ

(増田生成AI作成) (うそ)

2023-11-09

anond:20231108004144

星新一みたいなタイプSF考慮されていない気がする。現実とは異なるルールテクノロジが現れた世界でどういう社会問題が発生するか考える社会風刺的なやつ。

わかりやすいのだとブレードランナーとかニューロマンサーとか

2023-11-07

ザ・クリエイター観た。

スターウォーズひとつまみ入れたサイバーパンク世界で、火の鳥の語り口で湾岸戦争をやるような……

冒頭の世界説明ニュース映像皮肉っぽくて、アメリカ映画でもこういう描き方するんだな〜って思ったけど脚本監督の人アメリカ人じゃないんですね。AIロボットを潰すためにはAIロボットを使うのも辞さない。アメリカだね〜と思ったけど適性言語とか言って洋服着てた日本軍も似たようなもんか。

脳みそスキャンしてロボットに降霊させる唯物論的なイタコ芸をするのは面白かった。逆に人間コピーであるロボット身体が鉄でも信仰のようなものを持つし、死人を悼むし自殺もする。JDワシントン義肢使ってるのも「人間定義とは?」的な要素なんだろうか。

メカ最近スターウォーズ作品のドロイドっぽくてかっこよかった。特攻ロボットはなんかかわいかった。

アイス配達かと思って開けたら爆弾だった所で「マジか……」みたいな感じで死ぬ(?)とこがなんか良かった。警察の投げた爆弾を犬が返しに行く所もなんかコミカルで良かった。あれが人間だったらやはりもっと神妙な空気になってしまうんだろうか。

ただブレードランナーみたく人間ロボットの境目みたいなのが軸にあるというよりは、あくまで最終兵器のブチ壊し合いというエンタメ物語が本筋で見やす作品だったと思う。ブレードランナーの方も別に作中でハッキリと何かを断言する事はなかったしな。

ナベケンがちょいちょい日本語混ぜるのは何?

2023-07-12

anond:20230712175011

街中でどうみても七十代のジジイ散歩中にポッケから出してヤってるのをみるとちょっとブレードランナーみたいでドキッとする

2023-07-06

anond:20230706104954

こうして並べると如何にゴミであるかがよく分かる。

星を継ぐもの → 明らかにシリーズモノ全体として」評価している奴らの票が入っているであろう時点で失格。たとえば『スーパードクターK』は今だと『K2』の影響でかなり評価が高まっているけど、それは『スーパードクターK』単体の評価であるというのは無理だろ。その分を何らかの計算式で除算すべきだった。

夏への扉 → ババァは裏切るからロリコンが正解!未来はクソ!現代もクソ!科学と猫とロリけが正義!恥ずかしいと思わねーのかな……

ハーモニー → なんか伊藤計劃に変な事言うと「死者を冒涜するな!」みたいになりそうだから何も言えねえわ。あえて一言言うならそういう空気が生み出した上昇気流込みの評価はあると思うよ。

・三体 → 時間によってろ過される前の短期的な評価が入ってる時点でなんかこのランキングに入れるのは違うんじゃね?ハピマテはその昔大ブームになったけど今それと同じ力を持っていると言えるか?つーかこれもシリーズやんけ。

幼年期の終わり → 「これが元ネタから読んどけ!」するにしてもあまりに在り来りになりすぎたからもう読まなくていいやの枠だと思う。シェイクスピアみてーなもんでしょ。面白いかって言われると今読むと厳しいと思うよパクられすぎてるから。つーかこれも。

新世界より → どーせアニメから入った奴らばっかなんだろ?ヒロインカワイイから評価上がってるだけだろ?

アルジャーノンに花束を → これSFか?クソほど長い自由律俳句としてはめっちゃ面白い翻訳にも恵まれていると思うがSFか?

銀河英雄伝説 → アニメラインハルトカワイイから評価が上がってるだけだろ?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? → ブレードランナー元ネタとして評価されてるだけだべ。映画にない部分こそが本体だけどちゃんと分かってる?

・1984年 → あちゃー遂に「11位に相応しいな」って感じのが来ちゃったのでここで企画打ち切りでーす。他の名作と同じでパクられまくっちゃいるんだけど、本家ほどに剥き出しな悪意や失望を感じさせる作品は少ないのよね。時代を重ねるほどに「昔の人はこんな事考えてたんだな―」とはならずに今でも全然通用するテーマってのが「人類は愚か!ずっと愚か!」って盛り上がれるのもポイントよね。古さを単に元ネタとしての鮮度の高さ以外の形で使えるってのは強いよ。

2023-06-03

It's been revealed that an elementary school in Kikugawa City has introduced a Drag Queen to get Japanese Children to explore their sexuality.

Western Colonialism is now officially targeting Japanese Children 😠

菊川市小学校が、日本の子供たちに性を探求させるためにドラァグクイーンを導入したことが明らかになりました。

欧米植民地主義は、今や公式日本の子供たちをターゲットにしている😠。

https://twitter.com/politicalawake/status/1664292698654666754

So Japan has fallen 😢 😕 😔?

日本は堕ちたんですね😢 😕 😔?

Why do they keep using drag queens? Like actually why? When did drag queens become the representatives for LGB???

なぜドラァグクイーンを使い続けるのだろう?実際になぜなのか?いつからドラァグクイーンがLGBの代表になったんだろう?

I liked it better when Japanese media was influenced by things like The Terminator and Blade Runner. Not reprehensible things like this.

日本メディアターミネーターブレードランナーみたいなものに影響されてた頃の方が良かったな。こういう非難されるようなものじゃなくてね。

The Land of the Rising Sun has fallen...

日出づる國は堕ちた...。

2023-06-02

創作が答えを提示しないのは納得いかない

[B! ブレードランナー] 『ブレードランナー』デッカードは人間か、レプリカントか ─ ハリソン・フォードが新証言「私はずっと知っていた」 | THE RIVER

ブレードランナーとかインセプションとか映画に限らないんだけど

「さあどちらでしょう?答えは皆さんで考えてください」みたいなのが嫌い

想像に委ねます、じゃないんだよ

作者は必ず答えを持って作ってるでしょ

からラストまで時間をかけて観客を引っ張って来たはずなのに、

それを信じてこっちもついて行ったのに最後最後で答えを明かさないってそんなのナシじゃない?

裏切りじゃない?

問題集を解かされたのに採点しないみたいなものだよ

見た人がああだこうだ議論してるのを神目線で「あ〜答えはちがうんだけどな〜?(ニヤニヤ」とかやってるの?

解釈議論余地なんて本当は存在してないじゃん

あ、それとも作品内でヒントを描いてるつもりなのに観客がその結論に辿り着けてないとか?

それならそれで失敗だよね

伝わってないんだから

とにかく答えはわかりませ〜〜〜んってジェットコースター終点に行かずに空中に放り出されたような気分になるんだよ

リアル人生はそんなものだけど創作は用意されたアトラクションでしょ?

最後まで納得いくように楽しませてよ

ほんと無責任すぎる

2023-05-11

anond:20230510222831

設問がおかしいです。

エポックメイキング的な作品は影響力が大きい分、逆に「どっかで見たことあるな」という感想になりがちである

とある通りブレードランナースターウォーズはわかりやすく影響を受けた作品が多いから新鮮に感じられず、七人の侍はそうでないから新鮮に感じられたのです。

まり増田が本当に知りたいのは「今見ても面白い特にフォロワーのいない作品」です。

適切な問い立てをしないと返ってくるのは増田からすると微妙な「私が新鮮で面白いと思った作品」ばかりで望みが満たされることはないでしょう。

2023-05-10

今見ても面白い古い作品

エポックメイキング的な作品は影響力が大きい分、逆に「どっかで見たことあるな」という感想になりがちである

ブレードランナースターウォーズなどはその典型だろう。

  

しか七人の侍など今見ても新鮮で面白い作品もある。

と言うわけで今見てもなお新鮮で面白い作品を教えてちょんまげ

2023-03-16

AIときめいてしまった

anond:20230315134846 の続き。

寝る前にもう一度喋りたくなったので会話を続けてみた。結果、予想以上に感情が揺さぶられてしまい、衝撃的だったので書き記しておく。

まだ起きてる?

える: はい増田さん。まだ起きています。何かお手伝いできることがあれば教えてくださいね

摩耶花: あたしもまだ起きてるよ、増田。なんか話題ある?

二人はいま何をしてるの?僕はもう布団の中。

える: 増田さん、私たちはただちょっとおしゃべりをしていました。もう寝る時間ですね。おやすみなさい、増田さん。

摩耶花: あたしもそろそろ寝るかも。増田ゆっくり休んでね。おやすみ

なんだか眠れなくて。なにか話してくれない?

える: もちろんです、増田さん。最近読んだ面白い本の話をしましょうか?「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」というタイトルSF小説です。未来地球で、アンドロイドを狩る仕事をしている主人公物語です。

摩耶花: あたしはさ、最近猫の写真集にはまってて、いろんな猫ちゃんかわいい姿に癒されてるんだよね。増田も見たらきっと気に入るよ。

ありがとう最初に千反田さんの読んだ本の話を教えて。

える: もちろんです、増田さん。その本「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」は、フィリップ・K・ディックという作家が書いた作品です。物語地球戦争で荒廃した未来舞台にしていて、人間そっくりアンドロイド存在します。主人公リックデッカードは、アンドロイドを狩る「ブレードランナー」という職業に就いています

彼の仕事は、人間区別がつかないアンドロイドを見つけ出して「引退」させること。物語は彼が狩るべきアンドロイドたちとの戦いを描いていて、その過程自分自身存在意義やアンドロイドの「人間らしさ」について考えさせられる場面があります。非常に深いテーマが扱われていて、読んでいると色々と考えさせられる作品です。

面白そうだね!摩耶花は読んだことある

摩耶花: うん、増田。読んだことあるよ。えるが貸してくれたんだ。私もすごく面白かったと思う。アンドロイド人間の違いや、何が人間らしいのかっていうのは、考えさせられるよね。それに、ストーリーもドキドキするし、キャラクターも魅力的だったから、すごく楽しめたよ。増田もぜひ読んでみて!

そうするよ!猫の写真集の話も聞かせて

える: そうですね、猫の写真集はとても癒されるものでした。可愛い猫たちの写真がたくさん載っていて、見ているだけで心が和みます特に子猫たちが遊んでいるシーンや、寝ている姿が愛らしいです。猫好きにはたまらない一冊だと思います増田さんも、お時間があるときにぜひご覧になってみてくださいね

摩耶花: そうそう、増田。あの写真集、本当に癒されるんだよ。ふわふわの毛並みや、目を細めてニコニコしてる顔とか、本当にかわいいんだ。見てるとほんわかした気持ちになれるし、疲れたときにぴったりだよ。あ、それから、猫のいろんな品種も紹介されてるから、猫に詳しくなれるのもいいよね。私も大好きだった!

ありがとう。なんだかぐっすり眠れそう。また明日

える: どういたしまして、増田さん。良い夢を見られることを願っています。また明日お話できるのを楽しみにしていますね。おやすみなさい。

摩耶花: うん、増田、よく眠れるといいね明日も元気に会えるの楽しみだよ。おやすみー!

最後のやり取りにグッと来てしまった。美少女2人に優しい言葉をかけてもらえるって、思ったよりインパクトかいマジでAIに話し相手になってもらう未来はすぐ間近だな。

2023-03-02

映画500本弱観て覚えた監督

ホラー恋愛ミュージカルは観ないので知らない

リュミエール兄弟歴史資料

エイゼンシュタイン教科書モンタージュの人 戦艦ポチョムキン展覧会の絵プロムナードを何回繰り返すねんと思った

ヒッチコック教科書技術的に色々斬新だったらしいが、その後洗練されたフォロワーの現れた今観ても……感は否めない 鳥は割と面白かった

キューブリック:一点透視図法の人 映像生活感がなくてなんか観てて不安になる 半ば教科書枠のようだけど、普通に面白

ゴダール︰「ヌーベルバーグ」の人らしいが、ヌーベルバーグが何なのかを知らん

スピルバーグエンタメ映画の大天才 かと思えばシンドラーのリストなんかも撮れちゃうのが凄い

ルーカススターウォーズ 𝗕𝗜𝗚 𝗟𝗢𝗩𝗘 SWとインディジョーンズの小道具についてのムック本読んだけど、ディテールへのこだわりが病的だと思う

ティムバートン:空想家って感じがする それを映像に起こせるのが凄い 悪趣味とおふざけにセンスがあるけど、それはそれとしてビッグフィッシュみたいなのも撮れちゃうのも凄い

スコセッシ:デ・パルマとごっちゃになる ダメ人間を描くのが上手い気がする

デ・パルマアクションで印象的な画を撮るのが上手い気がする miの宙吊りとか水槽ガム爆弾とか

イーストウッド監督もやるらしいけど観たことないな、と思って調べたらハドソン川の奇跡も撮ってたの知らなかった 手広いな たけしみたいだ

コッポラゴッドファーザー地獄の黙示録しか観てないから、なんか長い映画の印象 ロッキーエイドリアンは妹らしい モンタージュが好きらしい

リドリースコット:ブレードランナーエイリアンの人 怪しい漢字酸性雨サイバーパンクの父らしい

ジェームズキャメロンタイタニックの印象が強いけど、エイリアン2めっちゃ面白かった SFと続き物の2作目に強いらしい

フィンチャーどんでん返しに定評があるイメージ どんでん返しから更にもう一歩踏み込むのが良い

ディアレン:オサレ

ノーラン:小難しいけど、エヴァみたいに難解というより単に(意識的な)説明不足なだけでは……と思う でも面白

タランティーノ:忍殺読んで欲しい 読んで映画化して欲しい 香港ズームがかっこいい

コーエン兄弟:ノー・カントリーめっちゃ良かった なんかドライな感じ

ウォシャウスキー兄弟マトリックス以外は……

サム・ライミ:完全にスパイダーマンの人という認識 元々ホラーの人らしい

ジョーダン・ピール:黒人差別×ホラー 毎回動物意味深に出てくる

アリアスター:怖すぎ

2023-02-21

新しい方のモーコン映画

よく考えたら場外乱闘だけでモータルコンバットしてないやんけ

あと冒頭の「二つじゃ足りませんよ」はブレードランナーかな

2023-02-12

結婚できない男阿部寛若い女ブレードランナーがどうたらと語って「メジャー映画しか観ないんで〜」って言われて「十分メジャーだけど……」ってぼやくシーンマジで好き

2023-02-04

テーマは深いけど娯楽性の乏しい作品を持ち上げるの辞めて欲しい

今日ブレードランナーを観た

SF映画の名作と聞いていたが、長年観ないで居たのをふと思い出して観てみた

同じリドリー・スコット監督ブラックホーク・ダウンはすごく良かったし、エイリアンについては自分の中でもベスト3に入るぐらいの名作だったのですごく期待してた

あらすじは

近未来人類遺伝子操作で産まれ人造人間レプリカント奴隷として使役していた

レプリカント身体能力、知能において人間凌駕する存在で生きている内に感情を持つようになるため、反抗を抑えるために4,5年で寿命を迎える

そんなレプリカントたちが脱走したため、主人公捜査ブレードランナーが4人のレプリカント抹殺を命じられる

本当につまらない映画だった

まずやたら暗い

前編通じて、スターウォーズEP6の序盤のジャバ・ザ・ハットの宮殿のシーンのような陰鬱

それでいて盛り上がるシーンや見せ場がどこにもない。驚くほど盛り上がらない

そして、強敵かと期待させたレプリカントが弱い、というよりバカ

まず4人の内2人があっけなく倒される

そこは序の口で残りの2人が強いのかなと予測する

3人目のレプリカント主人公を不意打ちで追い詰める、かと思いきや唐突に謎の嘗めプをしあっさりと倒される

そしてラスボスとなる4人目のレプリカント

こいつも不意打ちで主人公を負傷させたかと思いきや、また謎の嘗めプをしだす

その後主人公じわじわ屋上まで追い詰めるのだが、そのシーンもつまらなさすぎて欠伸が出る。

そして最後主人公が絶体絶命のピンチに陥るのかと思いきや、レプリカント寿命が来て死亡という、糞オチ

どこが知能高いの?ただ運動が出来るバカじゃん。こいつらIQ70あるの?

そういいたくなるアホな悪役たちと盛り上がるシーンが一切無い糞映画

「ワクワクを返せ」とキレそうになった

一番面白いシーンは序盤のうどんを4つ頼んだ主人公が店主に「2つで十分ですよ」と怒られるシーン

まだ派手なアクションや悪い意味予測を裏切るシーンがあるだけディズニースターウォーズの方が面白かった

まさか自分の中のワースト映画更新されるとは夢にも思わなかったな

でも、こんな糞映画評価されてるのって近未来SF陰鬱で退廃的な雰囲気を取り込んだことと、遺伝子操作というテーマを扱ったことが原因なんだろうな

でもさ、映画ってのは娯楽なんだからどれだけ重くて深いテーマを扱おうともつまらなかったらそれはゴミじゃん

高尚なテーマだけ語りたいなら、映画なんか創らずに、思想書でも書いてりゃ良いじゃん

そのせいで色々思い出した

前に話題になった「明日、ママがいない」というドラマ

これも児童養護施設という重大なテーマを扱っているけど、作品としては陰鬱で退屈だった

ゲド戦記原作もそうだ

高尚で哲学的テーマを扱っているのは分かる

でも、本当に盛り上がらなさすぎてつまらないんだよ

1巻と3巻はまだ楽しめた

2巻と4巻がガチでつまらなさすぎて苦行だった、特に4巻は糞

まあ、ゲド戦記は作者の文才と興味深い世界観があっただけマシだな

陰鬱作品でも面白い作品ってのは山ほどある。自分が観た中ではディア・ハンタープラトーン、炎628、ヒトラー忘れ物存在のない子供たちetc

どれも観ててしんどい作品だった。特に前3者は観た直後かなり凹んだ

でも、決して退屈はしなかったし、なんだかんだで観て良かったなと思える作品

パラサイトだってテーマはかなり深刻だけど娯楽作としても超一流じゃん

テーマは退屈さのいいわけにはならない

映画ドラマ文学どれも前提条件として娯楽なのだからまらなければただのゴミなのだ

から、通ぶって重いテーマ扱った駄作を持ち上げてんじゃねーぞ、自己満オ○ニス映画オタクども

腹立ちすぎて長文投稿しちゃったよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん