「ルルス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ルルスとは

2016-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20160208191815

スザクが嫌われていることはないんだけど(同人誌ルルスザ・スザルルが主流だし)

単に時間がたって、アンチサイトだけ残ってるとか、掲示板に居残ってるとかそういうことなんじゃない。

リアタイルルーシュが本当に格好良かった。

ルルーシュの魅力が魔法みたいだったんだよね。

いまだにあの声の声優さんは好きだ。

ほんとうに独裁者としての魅力にあふれていて、

から敵方の手先として活動するスザクが嫌われちゃう部分もあったかもしれないね

2014-01-30

小川一水の「あともう一歩」感を考える

刊行中の「天冥の標」、めちゃくちゃスケールデカ人類年代記です。「導きの星」の5倍くらい(感覚)。巻ごとに世紀がかわる仕様ですから壮大。これがねえ、ガワを見るとすげえおもしろそうだし、実際おもしろいっちゃーおもしろいですけど………なんかこう「あともう一歩欲しいなー」感がこびりついて離れない。こんなにも壮大な作品舞台なのに、壮大なスケールで描かれた書割のように見える瞬間があって、この感じはいったいなんだろなーってずっと疑問に思ってました。

連接小惑星に人工重力を発生させてその上に首都がある宇宙国家とか、地球上のあらゆる生物を生きたままサンプル保管している巨大宇宙船とか、宇宙空間でも死なない種族がつくった脅威の軍艦とか……あんまこう、実感として想起されない。へーって思うくらい。イゼルローンの難攻不落な印象であるとか、地球とはあまりにも異質な惑星フェアリィの土壌とか、そういう圧倒的生々しさ、存在感に欠けているのが「天冥の標」における大きな泣き所であるように感じます

いまのところ出色は4巻。SFにおける未踏の地へのアチーブメントが本当にすごい。このテの設定はむしろエロゲーで使い古されたシチュなんですが、そんなエロゲ設定を本家SF作家SFにしてしまったのが面白い。本当に素晴らしい仕事だと感じました。シリーズ全体の印象でもこの巻は群を抜いています。おそらく圧倒的にキャラクター小説しているせいなんだと思いますキャラクターが動くことによって舞台装置が説明され、読者の目線もまたそちらのほうに向かうというのがうまく働いているように見受けられました。

イゼルローンの存在感とは、巧拙さまざまな将官攻略こころみては散ってゆく描写に基づいてますし、惑星フェアリィの不気味さも、謎空間にとらわれ苦悶する深井中尉や、超理不尽に片腕をうしなう従軍記者といったキャラクタの立ちふるまいによりますキャラクタ存在は、キャラクタ小説以上にSFでこそ必要不可欠であると感じます

こうしてみると、「天冥の標」が慢性的に欠いている要素とは、銀英におけるヤンやラインハルト雪風における深井零やブッカー少佐、すなわち「読者が感情移入してくれる魅力的なキャラクタ」ではないかと思うのです。ノルルスカインは味わい深い造形だが脇役すぎる。クロニクルの辛い所でしょうねー……。魅力的なキャラが動きまわって舞台に彩りが添えられることが少ないせいか、どうにも世界観が書割的に見えてしまう。ほぼ名前が出ただけの黒色中国サンタクルスクリオーリョイスラム巡礼艦隊などの勢力に至ってはまず何者なのかもよくわからんし、7巻にてアイン喪失を嘆いているシーン、本来ならものすごいカタルシスが生まれるはずなのに、感情移入がないのでそんなにパッとしなかった。まあ意味は分かるけど…っていう。うーん。

ところで小川一水作品の暫定第一位はまずまちがいなく「時砂の王」だと思います。遠未来弥生時代リンクしてゆく物語で、著者いわく「もともと中編にする予定だったのが長編サイズになった」という話。全体的にすっきりした流れでムダがまるでない。よくある舞台設定なんですけども、Oも卑弥呼ものすごい心に残っていて、俺大好きです。「あと一歩」感なんてまるで無くて、すべてが完璧に見える。次点は「老ヴォールの惑星」かなー。中編。やはり余分な要素をこそぎ落としたシャープさがあります。どうも小川一水もっと面白くなる文章量って、中編くらいじゃね? って気がしてなりません。

2008-07-28

鎧なんてないけど彼女はできません

http://anond.hatelabo.jp/20080726155322

鎧なんてないし、人並みくらいには服装に気を使ってるつもりだし、身体的に致命的な部分なんてないんだけれど、それでも彼女ができません。

MADを作るのが好きです。今日も朝から作ってました。作ってるジャンルは恥ずかしすぎて言えません。

日曜は夕方5時からコードギアスが放映されるので、毎週テレビの前で正座ながら見てます。今週はルルスザのヘタレっぷりに爆笑でした。

その後、気が向いたので買い物にいきましたが、買ったものが「コミケのための『もやしもん』の長谷川っぽい服装」です。あと白衣が足りません。

どうしてですかね、ぼくも「彼女ができないやつ」ですが、鎧なんてありませんし女友達もソコソコいます。なにがいけないんでしょうかねー。

ねー。

ほら、お前ら、鎧なんて脱ぎ捨てても↑のような生まれ持った偏った嗜好があるんだろうから、きっと彼女なんてできないよ。

できないよ。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん