「日の丸弁当」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日の丸弁当とは

2019-09-15

田端3分弁当を叩いてコウケンテツを持ち上げるのはダブルスタンダード

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/tabbata/status/1172640070722940931

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/gendai.ismedia.jp/articles/-/67071

冷凍食品を詰めるだけの3分でできる弁当を叩く人が多すぎる。「3分は話を盛りすぎ、詰めるだけでも5分はかかる」とかなら分かるけど、3分の手間でできるレベル弁当否定すべきではない。日の丸弁当でもパン1個でも良いでしょ。

コウケンテツ記事で「日本家庭料理ハイスペックすぎる」「毎日きっちり作るにはちょっとハードルが高すぎやしないかもっとハードルを下げても良いのでは?」って書いてあって、はてぶでも評価されているけど、弁当だって家庭料理ひとつでしょ。「朝はパンジャムで済ませる朝食で十分」という考えは「弁当は米と梅干し冷凍食品で十分」という考え方と同じじゃないの?

2018-06-13

anond:20180613181818

老人にも分かるように作ると、結局日の丸弁当みたいに全部盛り込みになっちゃうんだよ。

そこを切り捨てられれば、日本も良いのが作れると思われ。

2016-03-02

マルゲリータ

マルゲリータイタリア国旗の色を表しているらしい

チーズが白、バジルが緑、トマトが赤

一方そのころ日本では

日の丸弁当

イタリアには一生勝てない気がする

2014-08-24

はてなブックマーク - 横浜Mサポーターがバナナ振る=無期限の入場禁止処分―Jリーグ (時事通信) - Yahoo!ニュース

レナトに向けてバナナで挑発するマリノス #frontale


レナトさんはレナト・リベイロ・カリスト - Wikipedia

ブラジル人で、ブラジルバナナ生産量第5位。外務省: バナナの生産量の多い国

彼に対してバナナ突き上げてなにか表現をしていたっぽい人がいたらしいけど、

突き上げた人は対戦相手(横浜F・マリノス)のファンだったから、(レナトさんは川崎フロンターレ

バナナ行為挑発行為として扱われた、と。

2-0で横浜Mが勝ったらしいけど。

バナナ食って元気だせとかエール?(好意的解釈

特定選手へ向けたものではなく挑発行為だったと説明したという。

まあ箸文化の浸透してない国での試合で、客席で日の丸弁当食ってて箸でフィールド指して「そこそこーッ」ってやったら特定選手に向けたものではない挑発行為かもしらん。


今後は応援グッズ以外振らないようにするのが無難か。

ピリピリしてる時期だから当然って考えもあるし、

それを内に向けてうちらピリピリしてるから過剰反応しないように疑心暗鬼にならないようにって方向もあるにはあるかも。




サッカーに馴染みはないので

横浜のFてなんやねんとかふんふんフリューゲルス合併したんかそうなんかとか

横浜 バナナ」で動画検索したときに出てきた

https://www.youtube.com/watch?v=AHz7TnKV5zA

とか見て、ふんふん、これが?問題の?とか1ミリ秒くらい思ったりもした。

ちなみにグリエルさんはキューバの人でキューババナナ生産トップ10には入っていないけど、

バナナはポピュラー食べ物らしい。

キューバ料理 - Wikipedia

まあ熱帯地方だもんね。

2011-09-18

女性を脱がせたときの下着の跡って、日の丸弁当で梅干に接して赤くなったご飯の魅力に通じるものがあるよね。

2008-03-01

はじめて自分でおべんとうを作った。後編

これの続き。

1時。いつもなら、昼飯の時間だ。でも、今日はお弁当時間だ。

すこしドキドキしながらしばらくぶりにすっかり冷めたお弁当の蓋をあける。

本当にいつ以来だろうか。中学校以来じゃなかろうか?

その上今回は自作だ。不安と期待で胸が高鳴る腹が減る。

べジ・ハンバーグをかじる。

ああ、この感触。冷めているけれど、冷たくはない、ゴムのような、それでいて甘美な食感。

まさしく、これぞお弁当ハンバーグの味だ。

惨めなような姿でいて、なのにこんなジューシーな肉の味を保て・・・肉?

おかしい。

ベジタリアンハンバーグってのは肉入ってない代物のハズだ。それなのに・・・肉の味?

パッケージ間違えたか?いや、でも、あの時確かに・・・

きっと匠の技を持つミートホープ製の食品だったのだろうということにして、無理矢理納得させる。次だ。

次。

卵。

卵の味がした。以上。

そして、米だ。ご飯だ。お弁当といえばこれははずせない。

たとえ貧しくても日の丸弁当にはお米が入ってる。

江戸時代の地方人は米を食いに江戸に集って100万都市にしたのだ。

米がなくては弁当でなく、弁当でなくては米ではない。

というか、弁当は米そのものだ。米=弁当なのだ。

さっそく、ありあまる大量のふりかけをかけ・・・と、その前にレタスバーガーをのけなくては。

何の感慨も抱かずにレタスを口に放り込む。弁当におけるブロッコリー的な位置にあるこのレタス

本来なら口に入れてやるだけでも感謝してもらいたいくらいだ。

甘い。

なんだ、この甘さは?

昨日、やきそばといっしょに焼いた時はあんなに苦かったじゃないか?

それなのに、何で?生なのに?

雑魚だと侮ったのがいけなかった。

気づくべきだったのだ。

彼だって、長年世界中の食卓で一線をはってきた歴戦の「たべもの」だったのだ。

敗北感に打ちひしがれながら、米にふりかけをかける。

食らう。そして、肉を食う。もう肉で良いや。

米、肉、米、肉、米、とローテーションで食う。

そうだよな。

弁当っていうのはさ、そうなんだよな。

ただ、美味しけりゃいいんだ。

そうだろう、レタス

からっぽになった弁当箱をゆっくり閉じる。

箸を戻す。

そして、ありったけの情熱の込めて、言う。

「ごちそうさま」と。

夜はシーフードカレーだ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん