「平泉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 平泉とは

2018-08-14

息子とのふたり旅が楽しすぎた

中2の息子と父子ふたり旅。

秋田岩手東京浜松を経由して今名古屋に向かってる。

名古屋で少し遊んだら帰り道となる。

本当に楽しすぎた。

幸せすぎた。こうやって一緒に喜んで旅に出てくれる息子で良かった。

ありがとう、息子。

間違いなく一生の思い出になった。

秋田では旧友に会い、稲庭うどんを食べた。ババヘラアイスというのも初めて食べた。美味しかった。

盛岡ではわんこそばに挑戦した。

2人とも100杯には届かなかったけど楽しかった。盛岡八幡宮も美しかった。

平泉ではレンタサイクル中尊寺金色堂を見てひたすら感動した。

2人で汗かきながら坂道を登ってたどり着いた本堂、なんか妙に美味しく感じた瓶のコーラ

東京では新宿リアル潜入ゲームをやったりVRゾーンマリオカートやったりゾーマをやっつけたりした。夜にはちょっといいお寿司を食べた。初めてカウンターでお寿司を食べて息子はすごく嬉しそうだった。

浜松では晩御飯を食べるところを探してひたすら歩いた。

地元でも食べれるチェーン店禁止ルールの旅だったので、お腹を空かしながらマクドナルドスルーした。

楽器博物館ではチェンバロの仕組みがすごく興味深く面白かった。

移動途中のタクシーに息子がスマホを忘れてきたりのトラブルもあったけどいい思い出。まだ旅は終わってないけどそれぞれの思い出がすごく愛おしく思える。

最後の夜ふたりホテルでくつろぎながら「あー、明日で終わりかぁ。もっと続いたらいいのになぁ」ってぶつぶつ言ってた。

息子には今回の旅行、一緒に来てくれてありがとうと何度も伝えた。息子も連れて来てくれてありがとうと言ってくれたから嬉しかった。

息子にとっても最高の思い出になってくれたら嬉しい。

もう少しだけ旅は続く。最後まで元気に楽しみまくって帰ろう。

あー、楽しかった!いっぱい笑った!

2017-10-15

安倍氏 (奥州)

Nuvola apps important orange.svg

この記事には複数問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典は脚注などを用いて記述と関連付けてください。(2015年8月

脚注による出典の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2015年8月

安倍氏

No image available.svg

本姓 安倍氏

家祖 安倍忠頼

種別 武家

出身地 陸奥国

主な根拠地 陸奥国衣川

凡例 / Category:日本氏族

安倍氏(あべ し)は、平安時代陸奥国(後の陸中国)の豪族

目次 [非表示]

1 出自

1.1 「俘囚長」を巡る議論

1.2 軍事貴族としての安倍氏

2 前九年の役安倍氏の滅亡

3 末裔

4 系譜

5 脚注

6 参考文献

7 外部リンク

出自[編集]

そのルーツは明らかでない。

神武天皇に殺された畿内の王長脛彦の兄安日彦をその始祖とする説。『平泉雑記』が伝える安倍氏自身の家伝によれば、安日彦津軽亡命をもって安倍氏発祥としている。「藤崎系図」にも同様の記述が見られ[1]、真偽は別にして安倍氏の後裔はそのような自己意識を持っていたことは確かである。ただし、長脛彦を出自に関連づけているのは、平将門藤原純友の後裔と称した武家が多数発生したのと同様に、武勇を尊んでの仮冒の結果とも考えられる[2]。

奥州に下った中央豪族である安倍氏のいずれかが任地で子孫を残したとの説。秋田蝦夷の帰順を得た阿倍比羅夫につながる系図もある[3]。これを受けて、明治期に編纂された華族類別録で安倍氏の子孫は、土御門家等阿倍氏と同じ孝元天皇皇子大彦命の後裔である位置づけられている。また、鎮守府将軍安倍比高の後裔とする説がある[4]。

奈良時代陸奥国勢力を広げた阿倍氏から陸奥南部の諸豪族阿倍を冠した複姓(阿倍陸奥臣・阿倍安積臣、ほか)を賜与され支配関係を築かれたが、その子孫との説。ただし復姓下賜が奥州南部にとどまり奥六郡のような北部に及んだ例がないこと、奥州安倍氏にはこのような復姓を称した伝承が全く伝わっていないことをもって否定する見解もある[2]。

朝廷に従った蝦夷俘囚)とする説。後世の研究では、蝦夷アイヌ祖先と同一視する立場からabeapeと読み替えて完全な土着の先住民とみる説もある。

俘囚長」を巡る議論[編集]

安倍氏俘囚長俘囚の中から大和朝廷権力によって選出された有力者)であったとの説が広く流布している。文献上では、康平7年の太政官符に「故俘囚安倍頼時」との記載がある。

軍事貴族としての安倍氏[編集]

従来、安倍氏東北地方の在地の土豪と捉え、前九年の役中央による辺境支配への反乱と見る解釈が主流であった。しかし近年の軍事貴族研究の進展とともに、安倍氏王朝国家特有の「兵(つわもの)」[5]と見る考え方が登場している。

関幸彦は、平氏源氏秀郷流藤原氏のような中央貴族の末流の軍事貴族とは別にして、在地の土豪中央権力に従って軍事貴族化したもの存在したであろうと指摘し、安倍氏もこの中に含まれるのではないかと論じている。その傍証として関は、『陸奥話記』において安倍頼時が「大夫五位官位を持つ者の通称)」と呼ばれていることを指摘している。一方で、安倍忠良が陸奥権守に任命された記録を理由に、中央官人末流とする説もある[4][6]。また、元々は京都から下向した官人出身である安倍氏祖先が現地の有力者(俘囚末裔)の婿となってその勢力を引き継いだのが奥州安倍氏の始まりで、在庁官人であった平永衡藤原経清安倍氏の婿となってその勢力基盤を築いたのもそれと同じ構図であるとする説もある[7]。

前九年の役安倍氏の滅亡[編集]

安倍氏婚姻などによって勢力を拡大し、忠良の子安倍頼時の代に最も勢力を広げた。安倍氏は奥六郡(現在岩手県内陸部)を拠点として糠部(現在青森県東部から亘理・伊具(現在宮城県南部)にいたる地域に影響力を発揮していた。しかし後に頼時が朝廷対立し、源頼義率いる官軍との間で前九年の役が起こる。頼時は途中で戦死し、その後を子の安倍貞任が継いだが、仙北俘囚清原氏が度重なる頼義の要請に応えて参戦すると支えきれず安倍氏は敗れ貞任も戦死して安倍氏勢力を失った。

頼時の三男・安倍宗任、五男・安倍正任はそれぞれ、伊予(のちに筑前宗像)、肥後に配流された。また、亘理宮城県亘理町)の豪族で、安倍氏に加担して没落寸前となった、奥州藤原氏当主藤原経清の妻となっていた頼時の娘(有加一乃末陪)は清原武貞の妻となり、息子(後の藤原清衡)も武貞に引き取られ、養子となった。清原氏安倍氏地位を受け継いだが、後三年の役で滅亡し、清衡がその地位継承して奥州藤原氏興隆することとなる。

末裔[編集]

奥州藤原氏最後当主・泰衡の次男秀安から良衡→信衡→頼衡と続いた後、頼衡嫡男・孝衡から安倍氏を名乗り、現代まで血筋が残っている。

他にも、安倍貞任の子孫を名乗る津軽安東氏安藤氏、その後裔で戦国大名秋田氏、安倍宗任の子孫を名乗る九州松浦党がいる。総理大臣経験者としては米内光政安倍晋三安倍氏末裔自称している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/安倍氏_(奥州)

岩手には安倍姓が結構いるらしく声が安倍普三と似てる安倍がいて殺したくなったことを思い出す

2016-07-31

シン・ゴジラ観たけど

最初に流れる他の映画予告編で真っ先にプリキュアやってて「こういうファン層(大友)向けなんだなあ」って思ったし、

危機感のない関係閣僚会議イライラしたしやっぱり閣僚無能ぽさガンガン出てたし、

ゴジラの幼体みたいのめっちゃ誰?感あって気持ち悪くて怖かったし、

指示が後手後手でどんどん浸食されていくのリアルで笑えたけど笑ってる場合じゃなくて、

そのあと再上陸した時にゴジラ対策マニュアルみたいなのできてて対応速い!すごい!ってなったし、

緊急対策チームみたいなのの曲者モブっぽさ凄くてこれこれ!これを待ってたんだよ!ってなったし、

てか高橋一生とあの女の子(石原さとみでない)めっちゃ萌えたし、

成体になったゴジラ絶望感スゴイし、

鎌倉上陸したって聞いてほっとしてたら()こっちに来てうわわってなるし、

ていうかそういう感覚って、ハリウッドの超大作パニックとか、昔のゴジラでは味わえない、いま日本で見るからこそ感じられるリアルな怖さだと思うし、

閣僚もやるやんけ、ってなったとたん…ってなったし、

石原さとみはまんまヱヴァアスカみたいで実写だこれ!ってなったし、

平泉の狸かんとか、田口動けるデブ感とか、マツダの有能な二世っぽさとかいとおしいし、

攻撃の時はヱヴァのいつもの音楽だし、

「無人在来線爆弾(うろ覚え)」のネーミングのシュールさとプラレール感に笑ったし、

てかそれやりたかたか最後舞台あそこだったのでは?ってなったし、

ゴジラシリーズの正統として、また庵野×樋口両氏の色がしっかり出た、凄く面白い映画だと思います

2015-12-16

http://anond.hatelabo.jp/20151216180814

 適当に一冊何か読んだらそれが連鎖していくと思うよ。

私が歴史好きだから歴史で例えると、テレビ源義経特集してて興味があったら読んでみる。

そこから兄の頼朝の本を読んでみるとか、平泉奥州藤原氏に興味が湧いたら、

奥州藤原氏の本を読んでみて、そこから源義家とか源氏歴史の本から武士誕生に繋がってったり、

逆に平氏に興味が湧いて、清盛から宋の歴史瀬戸内海の水運とかどんどん興味が繋がっていくと思うんだよ。

たとえばラグビー日本代表歴史的勝利みて感動したら、そこからラグビーの本を読む。

するとイギリスがなんで4つの代表なんだろうってなって、そこからイギリス歴史の本を読む。

するとフランス歴史が気になってローマ歴史に繋がってーとか勝手に興味が湧いて来る。

から一冊適当になにかの本を読み始めればいいんじゃないかな?

2015-03-15

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150314-00816605-sspa-soci

この記事コメントダラダラ見てたんだけど、今住んでる盛岡に凄く似てるなあって思った

いや昔から住んでるわけじゃないから新幹線が通って人が減ったかどうかは知らないけど

不便さがソックリ。車ないとなんにもできない。

繁華街は駅から10分は歩いたようなところにしかないし当然その間別にアーケード街になってたりもしない

その繁華街飲み屋とかガストなか卯みたいな全国チェーンばっかり。サイゼリヤは県に一つもないし

買い物しようにも食品スーパーばっかりで、日用品も買えるようなイオンとかは全部郊外から

その都度バスで出かけてバスで帰ってくるしかない。でかい荷物抱えてすげー不便

車がない自分にとっては住みづらくて仕方がないんだよね。遊ぶところはカラオケラウンドワンだけだし

 

観光地だって盛岡自体にはそんなにないし、平泉とかだって一度来たらもう来なくていい場所って感じ

夏はやたら暑く冬はすっごい寒いし雪も深いから気象条件も微妙外国人観光客を誘致して泊まっていってほしいみたいだけど

この街にいわゆるゴールデンルートにない、でもそれに並ぶぐらいの魅力って何もないと思う

記事コメントにもあるけど夜にはさっさと店が閉まってしまうから駅前もすごく閑散としてて泊まったところでやることなんてない

日曜の夜八時半だっていうのに、駅構内駅ビルも人はまばらでなんかもう夜の十時ごろ?って感じ

そりゃ東京だの仙台だのに人が流れるのは当たり前じゃん、っていう…

何人か指摘してるけど、地元民が残りたいと思える街づくりをしないと来る民も定着せず行く民ばかりになるんじゃないかなあ

2015-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20150224233549

うちの県は

イトーハーヴとか白神山地とか奥州藤原家平泉黄金郷とか遠野妖怪村とか幻想郷とか小岩井農場

とかで売り出してるし、そっちの方がブランド価値あるからな。

2013-09-07

僕があまちゃんに冷めた理由と原発について

1.うにが取れねえ

ねえよ

まあこれはいいや。

 

2.アイドル

言わずもがな

ただアイドルについて書きたかっただけだろうと・・・

 

3.震災以後

やっぱり原発について書かないのはおかしい。

私の記憶が確かならこのドラマ東北復興関連のはず。

ググった結果でアレだけど「自粛という名目東北無視してないかフィクションはい震災を“無いこと”にするのは違うんじゃないか」とクドカンも言ってる。

 

何を”無いこと”にしてるんだろう。

私が住んでるのは日本海側だけど、宮城の魚が回ってきてるのはおかしい気がする。

地産地消とか東北を応援って言葉があるのに、なぜ関東スルーしてこっちに魚が回ってきてるのか謎としか言いようがない。

 

あの震災を絡めた話を書く以上、原発は絶対に避けたらいけないテーマだと思う。

あれは福島だけで、他の地域は何ともないですよーって言うなら平泉観光客減の説明すべき。

風評被害かどうかなんてまだ何とも言えない。

 

中途半端にしたのはクドカンNHKかどっちか分かんないけど、カメラに収められたからってしょうもない関東の天気流すくらいなら、ちゃんとニュースで今の福島の状況と、それにどう対応してるか流すべき。

 

東京の人が自分の都合悪いところ隠して書いた理想東北人ってドラマになりさがるのか。。。

好きだったんだけどなー。

2012-12-19

http://anond.hatelabo.jp/20121219141617

そして平和はともかく頽廃の中で芸術が咲くだろうか

つーかそういうことにすると宗教芸術殆ど芸術範疇でないってことになるのでは

宗教芸術には困難も窮乏も必要条件じゃないよ

後世に残るような宗教芸術はだいたい豊かな寄進によってる

奥州藤原氏なんて当時最高の財力で極楽を具現化して平泉文化金色堂が残ってる

お金が無くても物資が乏しくても人間宗教芸術をやるから

高地でも岩山削って寺を作ったりするけど、

基本的に社会に余剰があるほうが発展・爛熟する

2011-06-26

平泉 世界遺産登録

去年発覚した中尊寺僧侶による買春の件は影響したのかな?

よくわからんが相手が高校生児童買春はねぇ~な。児童じゃないだろ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん