「キンプリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キンプリとは

2017-06-12

キンプラみました (ネタバレしまくってます)

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」を観ました。

わたしキンプリ出会いは去年の1月

なんかヤバイ映画があると、公開初日に偶然見ていた友達に誘われ、卒論を提出したその足で、新宿バルト9の通常上映22時半の回のチケットを取った。

平日の22時過ぎで、終わるころには23時もとっくに過ぎた時間になるのに、劇場フロアには満面にも近い笑顔大人がたくさんいた。

「えっなにこれ? なんでこんなに人いるの?」

キンプリ女児向けアニメプリティリズムの続編だということ、これは友達から聞いていた。それで、プリズムジャンプかいうなんかすごいフィギュアスケートテーマ作品らしいことを教えてもらったりした。

びっくりしたのはそれだけじゃない。今を時めく若手男性声優クレジットされまくる映画なのに、男の人がめちゃくちゃいた。っていうか男の人の方が多かった。なんか黄色バラ持ってて、わたし、これから何を見るんだろう……?って不安とかではなくて、ただただ目の前の不慣れな状況に混乱してた。

で、見たんだけど。もう超意味わかんなかった。

だって意味わかんなかったんだもん。すごい、笑いをこらえるのに必死で、見てるこっちとしても、一瞬たりとも気が抜けなかった。

キャラクターは何事にも全力で、清々しい。すごい、本気ってこういうことなんだなって。

作中でキャラクターが言う「世界が輝いて見える!」って、全力を手に入れた人が見ることのできる世界なんだなって。

映画館を出て、1月初旬の、日付も変わる時間で、その日もすごく寒い日だったはずだけど、そんなの全然関係なくてからだがぽかぽかした。

「2回目はいつ行く!?」次が見たくて仕方がなかった。


から、今回のキンプラもものすごく楽しみだった。

本当に、本当に楽しみにしてた。

あのね、今回のキンプラはね。いうなれば「しんどい

もうこれだった。

監督が「見れば見るほどもやもやが残る」って前もって言ってたけど、1回目で大分かなりやばい

すごい、笑うところ、全然ない。

そしてめちゃくちゃ忙しい。

内容が濃すぎて、覚えてようとおもったところにばんばん情報が投げられてくるから脳みそからはじき出されていく。

速水ヒロくんが大好きなんだけど、最初20分(ちゃんと時計見てないけどそれぐらい)、こんな仕打ちするのかよって開いた口がふさがらなかった。

本当に、口を開けたまま、大型スクリーンに映写されるヒロの挫折を眺めてた。

あとさ、公開前から話題になってた、シンくんとルヰくんのキスシーン寸前みたいなあれ、

いやマジでキスした!???!!!! えっ深!!!???

もうさ、公開前「エヴァじゃん」とか言ってたけどエヴァだよ!!!!!!!!!!!

ルヰくんの愛が深すぎて、もうずっと泣いてた。

ルヰくんの愛にただただ圧倒されて、でもシンくんは自覚もないし、夢か……とかそんなんだし、いやそうでしょうけど! 現実だったらえぐい死に方してたけど……。

問題が片付くどころか、まずいものが発覚して、この二人の行く末を心配していた人は、これを見て、日常に戻れるのかな……と十分にやられた頭でぼんやり心配した。

う~~~~~~~~~~つらいよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同じように、見た友達ED以下以外なにもかもしんどい。考えたくない。って感じで、メンタルはちゃめちゃだよ。

「見た人を土下座させる映画」がキンプラらしいけど、土下座通り越して五体投地してる。

あと、前回のキンプリ応援上映がほとんどトラウマになってるんだけど、今回キスシーンがむちゃくちゃあるから、そこで「ヒュ~~~」みたいな声聞いたらその場でキンブレでもなんでも投げてしまう気がして、怖くて行けない。

応援上映は、感じたまま楽しく、悪口は言わないでねって上映だから、ヒュ~~~ってはやし立てる人がいても全然いいと思うけど、わたしは、自分を守るためにしばらく通常上映で自分のキンプラ解釈を探そうと思う。

こんな気持ちで放り出されて、ユキさまの親との確執とか、ヒロの父親問題とか、冷さんの子供とか、当然シンくんとルヰくんとか、もう全然、何にも解決してないから、続編を見るためにキンプラ通います

あと仁のこと、あんまりだよ……。なにあれ、あんな、さんざんだったじゃん。彼の精神的に満たしてあげてよ……金と地位とか、それで埋められてないじゃんよ……。

なんていうか、生きなきゃ。

ああ、つらい。つらいけど、考えても何が起こっていたか防衛本能なのか、もうほとんど記憶がないから、キンプラ、早く2回目いかなきゃ。

2017-06-10

キンプリおもしろさがぜんぜんわからなかった

感性が死んでるのかもしれない

ひたすら謎だった

2017-01-20

レインボーライブ

レインボーライブを見ろ」

また最近よく見るようになった。

私はキンプリから入った人間で、まだレインボーライブを見ていない。配信サイトに以前から登録してあり、今までいつでも見られる状況ではあったけど、見ていない。

理由は、完結したアニメはなるべく一気に見たい人間なので時間と、なんというか気合いみたいなのがいるから。アニメ見るとき気合いとか覚悟とか、そんななら見るなよって感じもするけど。

それで本題は。キンプリ見てキンプリで初登場したキャラクターが好きになった人間も楽しめるのかな?ってこと。脚本の方も次の映画100倍楽しめますみたいなツイートしてたけど。

オバレが特別好きなわけでもないし、シュワロ頑張れって気持ちで見てた。女性向けアニメの方がよく見るんですけど、楽しめるんですかね?

見た方が楽しめるのなんとなく分かるんだ。けど。見たらもっとはやく見ればよかった〜とか思うんだろうな。

尻叩かれて追われながら見たくないからもうちょっと先になりそうだ。映画前に見られたらいいけど。

2017-01-13

さっき初めてキンプリスケートアニメだと知った

応援上映で話題作としてヒットをしたこの映画は、全盛期にTwitter毎日のように話題を見かけ、すごい衣装でイジートゥダンスを踊り出すだの、デッキブラシだのセロリだのヌードだの無限ハグだの、中毒になったオタク女達がそれはもう楽しそうに語りまくりリツイートを流しまくってきた、広告動画ダンスシーンも見ていたしキャラもある程度把握していた。

それでさっきサイトリニューアルされたってリツイートが流れて来たのだが、フィギュアスケートの靴を履いてる?何で?とクリックしてみたら全員履いている。

まさかフィギュアスケートアニメだった?

何であれだけ見かけて気がつかなかった?と混乱している

てゆーか確かストリートバトルやってたよね

やっぱりフィギュアアニメじゃなかった?何となく流行りに乗ってフィギュアスケートの靴を履いてるだけ?

2017-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20170112105021

キンプリEZ DO DANCE が使われてて結構な人気を博してたはずだけど

キンプリファン層が「今の若者」にあてはまるのかはわからない

2016-12-14

http://anond.hatelabo.jp/20161212094835

んん?

初代主人公最初可愛い服のため、中盤はりずむちゃんのため、終盤は阿世知社長のために跳んでいて、プリズムジャンプ自体への思い入れはさして感じなかったが?

ホモ云々ってことはもしかしてキンプリしか見てない人か

しかボーイズ連中もそこまでアスリートストイックしか持ってないとは思わんなあ

特にコウジなんてほぼ作曲キャラだし

2016-11-17

名作てどう定義されるの的な質問に対し山下達郎時代の淘汰に生き残ったものラジオで言っていたような

小室EZ DO DANCEキンプリでも使われたし名作ということでいいかしら

2016-11-16

2016年映画

1月 スターウォーズ新作の興奮冷めやらぬ中で『信長協奏曲』が公開されリア充にヒット。映画オタクは食いつかず。ああ、忘れてた。キンプリな。『KING OF PRISM by PrettyRhythm』。ロングランヒットで「応援上映」の定着にも一役買った。

2月 『オデッセイ』公開でSFクラスタが盛り上がる。

3月 『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』公開。ファンからは「今年は出来が良い」とボジョレーのような評価を受ける。月末に『バットマンvsスーパーマン』公開。総じて酷評されるがマニアからカルト的な支持を得る。

4月 『名探偵コナン 純黒の悪夢』により腐女子あいだでコナンがリバイバルブームディズニー新作『ズートピア』は大絶賛の嵐でSJWもこれにはニッコリ。比べて日本アニメを叩く人も多かったが、まさか下半期にこんなことになるとは…。『テラフォーマーズ』が大コケする中で『アイアムアヒーロー』が地味に好評で「これほどのスプラッタ映画を作れるなんて日本映画も捨てたもんじゃないな」との声。そして月末に『シビル・ウォー』公開でマーヴルDC仁義なきシビルウォー突入

5月 なんかあった? 『64』?

6月 『デッドプール』公開。決して評価が低いわけではないけど公開直前がいちばん盛り上がっていたよな。『貞子vs伽倻子』は期待通りの出来栄えで『コワすぎ!』ファンも大満足。

7月 洋画では『ファインディング・ドリー』邦画では『ONEPIECE FILM GOLD』の二大アニメ映画が公開…と思ったら『シン・ゴジラ』がすべてを持っていってしまった。同じ頃にひっそりと公開された『HiGH&LOW』がまさか公開終了間際にボンクラ映画オタクに飛び火して局地的ブームを巻き起こすとは誰も思わなかったであろう。

8月 引き続き『シン・ゴジラ』が猛威を振るいつつ、『ジャングルブック』『ペット』『ゴーストバスターズ』など洋画の佳作が目白押し映画熱が高まっていく中、彗星のごとく現れた『君の名は。』が歴史的な大ヒット。唖然とする映画オタクを尻目に、あっという間に『シン・ゴジラ』の興行収入を抜き去っていくのだった。

9月 『スーサイド・スクワッド』が期待ほどではなかったせいでDCオタクが煩悶する中、『君の名は。』に続く恋愛アニメ映画聲の形』が公開。イジメ障害者について何かと議論になる。

10月デスノート Light up the NEW world』が「馬鹿しか出てこない」など壮絶な酷評を受ける。

11月この世界の片隅に』公開。文句なしの大傑作と称賛されるも、主演声優問題マスコミが取り上げないだとか取り上げてるだとか面倒くさい議論も。

2016-11-12

まだまだ控えているアニメ映画ラッシュ

毎年ある長寿アニメキッズアニメ劇場版好調

ディズニーをはじめとする海外ファミリー向けのCG映画もヒットを続けている。

半ばOVAの先行上映と化しているような深夜アニメ劇場版もどんどん増加。

新規カットを入れた総集編を劇場放映とか。

TVじゃ難しいか映画で何編かに分けてアニメ化するよ!な漫画原作ものとか。

それに混じって出てくるヒットするのかしないのかわからないオリジナル企画もの

映画会社ポストジブリを期待してるのかな?な一般意識したタイプ

ホントにたくさんあるのよ。

TVアニメも本数やたら多いし、アニメ業界疲弊してるのわかる。

とにかく新しいビジネスモデルを!って劇場放映にすがりついている感じがすごいある。


SAO劇場版はどれくらいヒットするんだろう?

イマイチ盛り上がりに欠けているProject Itohの最後を飾る虐殺器官の出来はどうか?

シリーズ化したキンプリはどこまでいけるか?

神山健治監督のひるね姫は果たして一般層に届くのか?

虚淵脚本ゴジラはどうだろう?

バイオハザードまで3DCG映画化なんて、どういうことだ?

シンエヴァはいつになるんだ?

ヤマトはまだ続けるのか?

Gレコ劇場版ホントに上映できるのか?

Fateホント映画公開するのか?

蒼きウル企画は進んでるのか?

BLAME!シドニアと比べてどうか?

湯浅政明監督が作ってる劇場アニメ情報公開はいつだ?

気になることは多い。

2016-09-23

君の名を貶してキンプリを褒めるオタク思考理解出来ない…勢いだけの同類じゃん

2016-09-12

発声不可上映

キンプリやらシンゴジやらで発声可能上映が増えてきてるけど

ライブビューイングの起立発声不可上映とかもできないかなぁ。

察しの通りデレマスでの話なんだが、現地行ってる人にはリウム振りまくって盛り上がってほしいし

LVでもいろんな理由で現地行けなかった人達が盛り上がる為の受け皿としてあってほしいと思うんだけど、

静かに鑑賞できる場もあってほしいってのは贅沢すぎるだろうか。

3rdの時にLV行ったんだけど、回りみんな立ってるしコール入れまくってるしで全然ちゃんと見れなかったんだよね。

手術直後だったから立ってみるとか敷居高すぎたし、1日目そんな感じだったから2日目はBD待つことにした。

から静かに見たかったらBD待てと言われたらそうですねって感じなんだけど、

生で静かにみたいって需要はけっこうあるんじゃないかなぁ。SSALV見に行きたいけど迷ってる。

2016-08-08

キンプリ4DXを見るのを忘れていた

もう大阪しかやってないらしい。

どうやら俺の人生には縁がなかったようだ。

だけど気にしない。

たとえば大昔の大阪万博に俺は参加できなかったけどそれはその時そこに居なかったのだからしょうがないことだ。

まり最初から俺の人生には無関係だったものだ。

それと同じだ。

釣り逃した魚はそもそも釣り針にかからなかったのと同じだ。

2016-07-02

恋人に振られてからBLに興味が持てない

半年つきあっていた人に1月に振られた。

それまでも交際した人間はいたのだけれど、友達づきあいの延長という感じでおだやかな関係を築いていたので、別れるときもおだやかに自然消滅することが多く、多少さびしくはあるけれど、「失恋!」という感じではなかった。仕事にも生活にも支障は出なかった。

しかし、今回は自分相手にがーっとのめりこんでいる最中に振られてしまい、2,3日会社休み、なんとか働けるようにはなったけれど常に心ここにあらずという状態が続いた。

そこはようやく脱して、とりあえず仕事には集中できるようになったのだけど、彼と付き合う前にはあんなにはまっていたオタク趣味BLへの興味が一切失われてしまった。

彼と付き合っている間も、たしかに彼への感情に振り回されてオタク活動腐女子活動はおろそかになっていたのだけど、もはや「おろそか」というレベルではなく、毎週楽しみにしていた少年ジャンプも、あんなに好きだったCPオンリーイベントも、毎日チェックしていたPixiv作家新刊にも食指が動かず、マンガ同人、グッズに使っていたお金は、つかの間の気を晴らすための日々の飲み会美容代に消えている。気を晴らしたいなら、従来の自分であればそれこそBLを貪り読む方向にいくのが自然な気がするのだけど、まったくそういう気が起きない。なんというか、BLはやはり「恋愛」の話ではあるので、そもそも恋愛自体に近寄ることを本能的に拒否しているのかもしれない。

腐女子卒業できない」という話を折りにふれて聞いていたし、自分は一生男同士に萌えているんだろうな〜と思っていたので、この症状は一時的ものだろうと思っていたのだけど、半年経った現在でもまったくBLに対する欲求は戻らず、おそ松さんキンプリコナンも、私の横を通りすぎていってしまった。

ふたたびBL萌えられるようになる日は来るんでしょうか。同じような経験のある人がいたら教えてほしいです。

2016-06-16

夫とキンプリ応援上映を見に行った

曲がTRFだったので普通に騒いで楽しそうだった。良かった、良かった。

2016-06-13

初めて地下アイドルライブに行った

地下アイドル定義はよくわからないけど、チェキ会があるような"会える"インディーズアイドル

曲は前々から聴いていて、メンバー全員の顔・名前担当色・ざっくりとしたキャラ性は把握済み。ライブ自体はとても楽しかった。アイドルの子と目が合うレベルの近さは感動した。自撮り写真よりも公式動画よりも、ずっとずっと可愛かった。

でもサイリウムの振り方がわからなくて戸惑った。ていうか、ひとり推しの子を決めたら、それ以外の子応援てしちゃいけないのね?たとえばピンクの子ソロなら、絶対に青のサイリウムは振っちゃダメなのね?それはめちゃくちゃメンバーに失礼なことなだって?知らんかったわそんなの。ソロメンバーが変わるたびに色変えなきゃいけないとかすごく忙しくない?一応1本で色変わるの買ったけど、リズムに乗ってる時にいちいち変えるのってすごい水を差される感じ。色を変えないなら、元々の色の子以外はサイリウムを下げて応援自体しないとか、とっても違和感。楽しみに来てるはずなのにこんなに儀式的にやらなきゃなの?めんどくさいから途中からサイリウム消して全部手を振ったわ。好きにさせて欲しい。

あと推しの子の色のグッズを身につけてたら、それ以外のメンバーチェキを頼むのは失礼なの?なにそれめんどくさい。

そのアイドルプロデュースとかパフォーマンスとか曲とかがロックバンドみたいで面白いなって思ったかライブに行ったのに、ファンの間でのローカルルール全然ロックじゃなかった。

こないだ読んだ、キンプリロングラン上映することでどんどん初心者が楽しめなくなってる(作品は変わらないのに)とかと近い気がする。

排他的なのはいやーね。ライブはまた行きたいけどこーゆーめんどくさいルールには関わりたくない。

「すごくいいよ」と勧められるとやりたくなくなる

自分で興味を持ったことはやるけど、「すごくいいよ」と勧められると「じゃあ遠慮しようかな」という気持ちになる。

みんながハマっている時点でそれがつまらなく思える。

最近だと、ガルパンおそ松さんグラブルもキンプリズートピアノータッチだ。

「○○はいいぞ」なんて定型文で推されると更に関わりたくなくなる。

そしてそれにハマっている人たちが個性のないバカに見えてくる。

まだ中二病が治っていないのかもしれない。

キンプリ応援上映とかの話

見たこともないしよく知らないんだけどさ、オタクの人って学校応援合戦とか嫌いでしょ?知らんけど。

でもオタクだけになると応援合戦みたいなことしたくなるんだね。

2016-06-11

キンプリと聞くと、

「時を5秒だけフッ飛ばした!貴様に残るのは5秒後の『結果』だけだッ!」

の方がどうしても頭をよぎってしまうんだが、どうすればいいんだ

新宿バルト9の動線が悪いというのがあるけど、キンプリと終了時間が少しでもかぶるフロアが混雑して困る。コスプレして観に来ている人がそれなりにいるのもあって、狭いフロア撮影会スタート。通路らしい隙間も開けてくれないかエスカレーターまでたどり着けない。興奮して余韻に浸りたいのもわかるけど、他の作品を観ている人も余韻に浸りたいのです。狭いフロアでたむろせずに広い場所へ移動するか、せめて通路は開けておいてほしい。

2016-05-26

同じ映画を何回も繰り返しみるということ

ガルパンキンプリでようやく理解が広まった

ヱヴァQ10回観た俺のことも受け入れてくれるね

2016-05-01

腐女子と女オタク

彼氏自称オタク女友達に、「彼女オタクからさ~、話が合うかも!今度会ってみてよ」と話したらしくて、心にさざ波が立っている。

まず、大前提として私は確かにオタクだけど、「腐女子」だ。所謂腐女子人気の高い」作品しかまらない。うたプリとかキンプリの類。乙女ゲー大好き。そして、少年漫画もそこそこ好きだけど、あくまでも腐女子目線の「好き」であって、一般的な人の抱く行為とはたぶん一線を画すものだと思う。

そのため、オタクとしてのアニメ語りはできないし、第一一般人が好きそうな大人アニメガンダム妖怪ウォッチエヴァンゲリオン 等)を見たことがない。ので、そういう一般的な女オタクとは話が死ぬほどあわない。

しかも、困ったことに女オタクホモフォビアの人たちが結構多い。アニメが好き、と言う話から盛り上がっても、腐女子と分かると一変して腐女子批判を始める人達の多いこと多いこと…。一緒に見られると嫌なのは分かるけど、批判はイクナイ。だから、私は女オタクという存在から距離を置いている。

で、話を元に戻すと彼氏女友達はどうやら女オタクの類だ。ワンピースドラゴンクエストファイナルファンタジーが好きだったら絶対オタクだ…会いたくない…、と思っている。

大体腐女子は日の当たらない場所でこっそり生きるから、頼むからそっとしておいてください。

結論男性諸君は女オタク腐女子を決して一緒にしないように!地雷を踏むぞ!

2016-04-27

キンプリ

成功おめでとう、本当におめでとう

RLと勿論映画も楽しんだ身としてとても嬉しく思います

でも層の違うファンが増えすぎて話に乗ることはできなくなりました

キンプリの話で溢れているのについていけない性質のものばかり

少しだけ寂しいです

とは言え、その人達が俺より何倍も惜しみ無く金を落とすのも知ってます

それならば感想を言い合う楽しみ方だけでは混ざれなくても我慢しま

続編、楽しみにしてます

2016-04-02

KING OF PRISM

初めてだし応援上映ではない映画キンプリを見に行った。

入場前にキンプリ応援上映帰りの人達が滅茶苦茶楽しそうに互いの健闘をたたえ合ってて充実してる感に包まれていてこんなに楽しませてる作品って凄いなと思った。

ちょうどそのちょっと前に東京ドームラブライバー見物に行ったけどそんなに楽しそうではなかった。ビジネス的な、今日ラブライブという仕事があるんでこうしてますって風に映った。

ただその応援上映帰りの人達が男女入り混じりながらホモホモ言いまくっててそんなに断言して言うなよって思いながら聞いてた。

実際に映画見てみたら確かにホモだらけだった。

2016-02-29

キンプリの話はわりと目立つの同級生が埋もれてるのはなんか悔しいと思ってたのだけど、

「同級生」って単語検索しにくいのがネックなのかもしれない。

学校通ってる人たちなら同級生なんてふつうに使う言葉だし、

エロゲ―だのなんだの、同じタイトルの別作品であるし。

題名を他と差別化してわかりやすくするって大事だな。

とりま、草壁とか佐条とかで絞り込めばいいのかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん