「キンプリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キンプリとは

2017-10-25

★シンくんおじさんについて書きます

○シンくんおじさんとは?

アニメ映画KING OF PRISMに出演している一条シンくん(CV寺島惇太)のキャラに魅入られたおじさんたち

性別は問わないらしい(シンくんおじさんが言ってた)。

○なぜいまシンくんおじさんなのか?

キンプリ初のライブMUSIC READY SPARKINGで赤いバラだけの異様に圧があるフラスタに「シンくんおじさんより」って書いてあって、それを見たみんなが「シンくんおじさん…?」「シンくんおじさんって…?」ってなっていることに驚いたので。

私がよくいく梅田ブルクではものすごいシンくん推しのおじさん(お兄さんならごめんなさい)が知ってるだけでも3人いて、全国区だと思ってたから。

Twitterフォロワーさんもシンくんおじさんの話になると爆笑していたので、もしや梅田以外ではシンくんおじさんっていないのでは…?って思ったので…。普通じゃないのか…。

そもそもシンくんおじさんって梅田以外にはいないんですか? 関東とか、新宿めちゃくちゃ強いのでいそうだなって思うんだけど。

どうでもいいけど、シンくんおじさんの「シンくんは万物の創生主で、我々はその恩恵をうけているにすぎず、ひとりのシンくんおじさんというもの存在しなくて、シンくんおじさんはみんなでひとつのシンくんおじさんなんだ」みたいな発言はなかなかやばいと思って爆笑した。ってことはあのフラスタも誰かじゃなくてシンくんおじさんの集合体なのかな。

○シンくんおじさんって何者なの?

私も最初はシンくんおじさんって聞いて、シンくんに下心を持ったおじさんなのかな~とか思ってたけど、実際に梅田応援とか聞いてると逆にそういう人たちを殺しそうな勢いで応援してるし、実際にツイッターでも「下心を持った輩は殺す(意訳)」って言っててこいつぁやべえなって思ったし、なのに純粋な愛だなって思った。シンくんに彼女ができても、多分泣きながら応援するだろうって思った。

ちなみに、闇にまぎれてるので、シンくんに存在は知られてはいけないらしいです。輩の始末も絶対にシンくんの目には留めたくないらしい。

梅田27日で終わっちゃうけど、シンくんおじさんに会えるので来てください。やばいです。

2017-10-05

anond:20171003201918

男における痛車とかは

女におけるキンプリ発声上映会とかテニプリミュージカルみたいなもんだよ

からすればきゃっきゃっ騒いでやべーなあいつらって感じだもん

2017-09-17

アニメ版アイマスSideMは男が見ても楽しめるのか

イケメンアイドルアニメっていうのか?うたのプリンスさまもキンプリも、その他有象無象男性アイドルアニメ全般全く面白くなかったんだよなぁ。そもそも対象にすらなってないっていうのは分かるんだけど。

2017-09-05

私が応援をやめたら、逆にコンテンツは良くなるのか?

先月末に見た劇場公開OVAがあまりにも衝撃的すぎて言葉にできなかったのだけど、やっと落ち着いてきたので書いておきます

待ちに待ったOVA劇場公開。

「卒業」、「完結編」、そのワード不安を抱えながらも早く見たくてたまらない。

特典のため買った前売り券は10枚。

正直キンプリがめちゃめちゃ面白かったので、「OVA」というものに過度な期待を持ってたのも確かです。

予定を合わせ公開数日後に映画館へ。

ネタバレ防止のため、公開初日以降Twitterは見てませんでした。

いわば楽しむため万全の状態です。

アニメと同じような空気感からまりOP曲は最高。ボルテージがブチ上がったところでいきなりの衝撃。

公 式 M A D キ ャ ラ ソ ン タ イ ム

1人目ではなんだこれwと笑っていたものの、2人目、3人目…あっこれ全員やるの?

テレビサイズキャラソンと共にこれまでのキャラ映像適当に組み合わさったやつを人数分…なんだこの時間

ざっと計算して絶望

(前売り消費のため4回見ましたが、2回目と3回目は気付いたら寝てた)

地獄MADが終わるとやっとストーリーの核心へ繋がりましたが、なんせMAD時間を使ってるので流れ作業のような感じが否めない。

「卒業」テーマなのに(体感)秒で終わった。

卒業式が終わってしまったと思ったら、突然仲間が帰ることになっていた。駅まで追いかけダッシュで見送り「またいつか…!」みたいに空を見上げ、EDへ。

ED曲がこれまためちゃめちゃ良くて、2回目以降はこの歌の歌詞を聴いて泣きました。

なぜ1回目で泣けなかったかと言うと、このアニメテレビ放送最終回はCパートがあり、そこで笑いを回収したりしてたんですよ。

今回もそれだろうと。

ていうか見送りラストじゃ全く腑に落ちてない。だって何も進んでない。卒業式を終えたキャラクターたちの感想も何もない。爆速で当日が過ぎただけ。

最後最後で、帰った仲間が戻ってきた!とか、何かやってくれるんだろうと、疑っていませんでした。

EDがしっとりと終わり、じーんとしたところで、映倫…。

……。

えっ…。

場内が明るく…。

あっ終わった!?!?!?!?

今ので終わり!?!?!?!?

あれで?????は??????

5ヶ月ぐらいこれ見るために生きてきて、これ!?!?!?!?

観覧後パンフレットを読むと、多くのスタッフが「完結とは言ったけど応援次第で戻ってくるかも」的なことを書いてらっしゃいました。

当たり前ですよ、こんなよく分からないOVAで1期2期と積み上げてきた面白いこのアニメを終わりにさせたら後味悪過ぎでしょ。

ていうか応援が欲しいなら、応援したいと思うだけの物を作ってください、お願いします。

(この場合応援とは物理的なものです)

観る前は、チケット代出して友人を誘って布教ちゃおう!と意気込んでましたが、これで布教できる気はしません。

アニメの方が何倍も面白いです。みんなアニメを見てほしい。このOVAを見て、集大成だ、全てだなんて思わないで。

私がこんな感想を持った後も映画館へ行くのはこのコンテンツを続けてほしいから。

先ほど言った通り、「応援」しないとここで終わってしまうだろうと思うからです。

もう義務です。

公式の出したものに不満を持ったら、もう顧客対象ではなくなったということ」という文を見たことがありますが、その言葉リフレインしてだんだんつらい。

ちなみにキャストに悪いところは何もありませんでした。

2017-09-02

https://anond.hatelabo.jp/20170901054809

そのケースは新参勉強不足(というか視野狭窄?)が原因だよなぁ

ってかそもそもキンプリがPRRLからスピンオフものだって理解できない輩が越境とか語るとか超ウケるwwwwwww

2017-09-01

https://anond.hatelabo.jp/20170901051754

プリズムヤクザだけど、こちらでも男女の絡みが問題になってる。元が女児向けという点でアイマスと違うけど、それ以外の境遇はだいたい同じ。

でも、自分らの界隈では、作品間の越境公式から与えられているケースがある。映画での客演もあったし、今度プリパラに旧作キャラも出る。

そもそも、プリリズでは男子女子が同じ世界観存在していて、女子が主役のアニメでは男子恋愛している。

そういう意味ではアイマスとは大きく違うかも。

一方で、公式から与えられない形の作品間の越境はプリリズでも盛ん。プリリズの場合は、同じ技を使うもの同士とか同じ性格役割同士で絡むことが多い。

プリリズから古参で全作品好きな人は、それでよかった。でも、キンプリ(アイマスでいうSideM)から入った人の一部は、公式から与えられたNLですらも否定する。

今、一部の新参の力が大きくなってきて、古参作品を嫌いになろうとしてる。「絡ませないでほしい」も新参わがままであるということはわかってほしい。

2017-08-30

キンプラの菱田監督オタサーの姫に見える

そもそも西さんの提案だろうけど、キンプリ(ツアーズ)で男キャラ使って腐を取り込んで稼ぐ手を使った割りに、

実際お金落としでジャンル大きくした腐が女子キャラアンチになったらそれを叩くって、菱田監督商売を割り切れてなさ過ぎる。

そもそも、腐だって大半は女子キャラアンチじゃないし、一部の声が大きいアンチに振り回されすぎな所も否めない。

信者は府を叩いた監督をヨイショしてるし、こうやって自分の気に食わないファンを振り落とし都合のいい信者に囲まれてるの、オタサーの姫じゃん。

姫したいなら止めないけど、それで興行収入落ちたら「結局腐は175だった」って責任転換するんだろうなぁ。

好きな作品だったから、監督暴走で金回りが悪くなって続編に響くの、がっかりするわ。

ところで西さんも責任大きくない?

腐が女子アンチになることなんて、織姫・桜乃に教えてもらってる世代だろ。教えてやれよ(笑)

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826150849

苦手だよ

自分同人活動してたけど半年でやめた

 

なんというか、コミケはあのお祭り感がすごくむず痒い

スタッフネタ寒い所謂オタクノリというもの自分はあまりきじゃない

アニメ漫画は好きだけど同人はいいやって思ってやめた

 

最近それに近いノリを感じたのはキンプリすすめる人たち

2017-08-16

元気の出るアニメが見たい

この前キンプリを見てめちゃくちゃ楽しかった

勢いがあって細かいはいいんだよ!って感じで全てが理解できないのにとても愉快に話が進み元気が出た

クロスアンジュ

イナズマイレブン

競女などが元気が出る感じがする。

こういう勢いと生命力のあるアニメで何かおすすめは無いだろうか。

2017-08-10

スクフェスに慣れ過ぎて他の音ゲーがつまら

9コボタンがあるあの形に慣れてしまって

正直飽きてるから他の音ゲーがやりたいんだけど

デレマスガルパもボタンが少なくてやりにくい

アイチュウもキンプリダメだった

男性向けでも女性向けでもなんでもいいか

なんかスクフェス以外の奴で遊びたいのにな

2017-07-20

神浜コウジに絶望した話

神浜コウジ夢女の嘆き。

元々自分はRL→キンプリの順番で見ていたので、コウジに彼女が居るのは知ってた。

でも、好きなアイドル私生活で誰と付き合っていようと別に構わない(寂しさは確かにあるが、仕事プライベートは別なのでそこまで求めていない)し、

ただステージの上で夢を見せてくれればそれでいいと思ってた。

それなのに、キンプラアンコール、あれはなんだ?

あそこに居る彼は紛れもなく「アイドル」としてステージに立っているはずなのに、何故彼女名前を呼ぶ?

公開初日最速で観に行ったきり、キンプラは一度も見ていない。好きだったアイドルに裏切られた傷があまりにも深過ぎた。

(以前から雑誌アイドルとしてインタビューを受けているにも関わらず彼女の話をするのも、正直あまり好きではなかった。けれど流せるレベルだった。今回は無理だった。)

コウジが彼女をとても大事に思っていることは知ってる。幸せになって欲しいとも思う。

でも、それと仕事は分けて欲しかった。

正直、神浜コウジを殺したいくらいに大嫌いになってる。でも、やっぱり好きな気持ちもある。どうしていいかからない。

少なくとも、もう神浜コウジをアイドルとしては推せない。絶対に許せない。

2017-07-10

ボールルームへようこそ

主人公キャラクター声優が相乗効果をもたらして何とも言えない気色悪さを醸し出してた

キンプリとき主人公だけ生理的に受け付けなかった

ユーリは気になるほどではなかったけど近い感じはあった

共通項は

2017-06-28

こういうこと言う人って、キンプリみてなくてプリパラだけ見てる女になにかご褒美くれないのかな

https://anond.hatelabo.jp/20170612012916

https://anond.hatelabo.jp/20170508095530

自分そもそもプリパラがプリリズの後継機?だと昨日やっと理解できた

てっきりアイカツみたいな同業他社の同ジャンルゲーかとずっと思ってた

あと最近話題キンプリもプリリズのスピンオフなんだっけ?なんかあの辺派生類似品多すぎてわけわかんね

キンプラ中途半端

自分タイムラインにはプリリズヤクザが沢山いて、愚痴を吐き出せないのでここに書く。

キンプラって誰のための作品なんだろう。

キンプリ見たときは、プリパラしか知らなかったけど、「プリズムの輝きは人生を変える」「プリズムショーってすごい」という力があった。信者にならなくても、惹き付けられた。

キンプラは勢いだけをキンプリに乗せた、醜悪アニメだな、と思った。確かにショーはすごいし惹かれるシーンが全く無かったわけではないけど、中途半端ストーリーがしっかりしているところと、プリリズヤクザ向けに説明をぶっちぎってるところと、勢いだけで進むところが混ざって、とにかく中途半端だな……としか思えなかった。

そして、「じゃあ過去作品見て勉強しよ!」と思えるほどの力もないな、と思った。過去作品では分からない、この作品主人公たちの話が進みすぎてるのだ。

監督熱狂的なプリリズヤクザの内輪受けって、こんなにつまんないんだな……。激しい音楽演出で押しきろうとしてるけど無理だな、って思って劇場を出た。平日なのもあるだろうけどガラガラ劇場だったのもつらい、と思った。ミーハーを乗せられないとこの手の作品はバズらない。作品を支えてくれるのは熱狂的なファンかもしれないけど、「よくわからないけどすごいらしい」というわくわく感は、ミーハーである意味にわか」なふわふわした層が乗ってこないと産み出されない。キンプリときはまだ盛り上がっていたと思うが、キンプラいか新規ミーハー層を取り込むのに失敗したのかを見た気がした。

キンプリシリーズ、次で終わらせるのかな。分からないけど、もう特殊な上映とかに拘らず、何クールかのアニメにするなり、もう少し丁寧に描写するなりしてくれ、と思った。

2017-06-12

キンプラみました (ネタバレしまくってます)

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」を観ました。

わたしキンプリ出会いは去年の1月

なんかヤバイ映画があると、公開初日に偶然見ていた友達に誘われ、卒論を提出したその足で、新宿バルト9の通常上映22時半の回のチケットを取った。

平日の22時過ぎで、終わるころには23時もとっくに過ぎた時間になるのに、劇場フロアには満面にも近い笑顔大人がたくさんいた。

「えっなにこれ? なんでこんなに人いるの?」

キンプリ女児向けアニメプリティリズムの続編だということ、これは友達から聞いていた。それで、プリズムジャンプかいうなんかすごいフィギュアスケートテーマ作品らしいことを教えてもらったりした。

びっくりしたのはそれだけじゃない。今を時めく若手男性声優クレジットされまくる映画なのに、男の人がめちゃくちゃいた。っていうか男の人の方が多かった。なんか黄色バラ持ってて、わたし、これから何を見るんだろう……?って不安とかではなくて、ただただ目の前の不慣れな状況に混乱してた。

で、見たんだけど。もう超意味わかんなかった。

だって意味わかんなかったんだもん。すごい、笑いをこらえるのに必死で、見てるこっちとしても、一瞬たりとも気が抜けなかった。

キャラクターは何事にも全力で、清々しい。すごい、本気ってこういうことなんだなって。

作中でキャラクターが言う「世界が輝いて見える!」って、全力を手に入れた人が見ることのできる世界なんだなって。

映画館を出て、1月初旬の、日付も変わる時間で、その日もすごく寒い日だったはずだけど、そんなの全然関係なくてからだがぽかぽかした。

「2回目はいつ行く!?」次が見たくて仕方がなかった。


から、今回のキンプラもものすごく楽しみだった。

本当に、本当に楽しみにしてた。

あのね、今回のキンプラはね。いうなれば「しんどい

もうこれだった。

監督が「見れば見るほどもやもやが残る」って前もって言ってたけど、1回目で大分かなりやばい

すごい、笑うところ、全然ない。

そしてめちゃくちゃ忙しい。

内容が濃すぎて、覚えてようとおもったところにばんばん情報が投げられてくるから脳みそからはじき出されていく。

速水ヒロくんが大好きなんだけど、最初20分(ちゃんと時計見てないけどそれぐらい)、こんな仕打ちするのかよって開いた口がふさがらなかった。

本当に、口を開けたまま、大型スクリーンに映写されるヒロの挫折を眺めてた。

あとさ、公開前から話題になってた、シンくんとルヰくんのキスシーン寸前みたいなあれ、

いやマジでキスした!???!!!! えっ深!!!???

もうさ、公開前「エヴァじゃん」とか言ってたけどエヴァだよ!!!!!!!!!!!

ルヰくんの愛が深すぎて、もうずっと泣いてた。

ルヰくんの愛にただただ圧倒されて、でもシンくんは自覚もないし、夢か……とかそんなんだし、いやそうでしょうけど! 現実だったらえぐい死に方してたけど……。

問題が片付くどころか、まずいものが発覚して、この二人の行く末を心配していた人は、これを見て、日常に戻れるのかな……と十分にやられた頭でぼんやり心配した。

う~~~~~~~~~~つらいよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同じように、見た友達ED以下以外なにもかもしんどい。考えたくない。って感じで、メンタルはちゃめちゃだよ。

「見た人を土下座させる映画」がキンプラらしいけど、土下座通り越して五体投地してる。

あと、前回のキンプリ応援上映がほとんどトラウマになってるんだけど、今回キスシーンがむちゃくちゃあるから、そこで「ヒュ~~~」みたいな声聞いたらその場でキンブレでもなんでも投げてしまう気がして、怖くて行けない。

応援上映は、感じたまま楽しく、悪口は言わないでねって上映だから、ヒュ~~~ってはやし立てる人がいても全然いいと思うけど、わたしは、自分を守るためにしばらく通常上映で自分のキンプラ解釈を探そうと思う。

こんな気持ちで放り出されて、ユキさまの親との確執とか、ヒロの父親問題とか、冷さんの子供とか、当然シンくんとルヰくんとか、もう全然、何にも解決してないから、続編を見るためにキンプラ通います

あと仁のこと、あんまりだよ……。なにあれ、あんな、さんざんだったじゃん。彼の精神的に満たしてあげてよ……金と地位とか、それで埋められてないじゃんよ……。

なんていうか、生きなきゃ。

ああ、つらい。つらいけど、考えても何が起こっていたか防衛本能なのか、もうほとんど記憶がないから、キンプラ、早く2回目いかなきゃ。

2017-06-10

キンプリおもしろさがぜんぜんわからなかった

感性が死んでるのかもしれない

ひたすら謎だった

2017-01-20

レインボーライブ

レインボーライブを見ろ」

また最近よく見るようになった。

私はキンプリから入った人間で、まだレインボーライブを見ていない。配信サイトに以前から登録してあり、今までいつでも見られる状況ではあったけど、見ていない。

理由は、完結したアニメはなるべく一気に見たい人間なので時間と、なんというか気合いみたいなのがいるから。アニメ見るとき気合いとか覚悟とか、そんななら見るなよって感じもするけど。

それで本題は。キンプリ見てキンプリで初登場したキャラクターが好きになった人間も楽しめるのかな?ってこと。脚本の方も次の映画100倍楽しめますみたいなツイートしてたけど。

オバレが特別好きなわけでもないし、シュワロ頑張れって気持ちで見てた。女性向けアニメの方がよく見るんですけど、楽しめるんですかね?

見た方が楽しめるのなんとなく分かるんだ。けど。見たらもっとはやく見ればよかった〜とか思うんだろうな。

尻叩かれて追われながら見たくないからもうちょっと先になりそうだ。映画前に見られたらいいけど。

2017-01-13

さっき初めてキンプリスケートアニメだと知った

応援上映で話題作としてヒットをしたこの映画は、全盛期にTwitter毎日のように話題を見かけ、すごい衣装でイジートゥダンスを踊り出すだの、デッキブラシだのセロリだのヌードだの無限ハグだの、中毒になったオタク女達がそれはもう楽しそうに語りまくりリツイートを流しまくってきた、広告動画ダンスシーンも見ていたしキャラもある程度把握していた。

それでさっきサイトリニューアルされたってリツイートが流れて来たのだが、フィギュアスケートの靴を履いてる?何で?とクリックしてみたら全員履いている。

まさかフィギュアスケートアニメだった?

何であれだけ見かけて気がつかなかった?と混乱している

てゆーか確かストリートバトルやってたよね

やっぱりフィギュアアニメじゃなかった?何となく流行りに乗ってフィギュアスケートの靴を履いてるだけ?

2017-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20170112105021

キンプリEZ DO DANCE が使われてて結構な人気を博してたはずだけど

キンプリファン層が「今の若者」にあてはまるのかはわからない

2016-12-14

http://anond.hatelabo.jp/20161212094835

んん?

初代主人公最初可愛い服のため、中盤はりずむちゃんのため、終盤は阿世知社長のために跳んでいて、プリズムジャンプ自体への思い入れはさして感じなかったが?

ホモ云々ってことはもしかしてキンプリしか見てない人か

しかボーイズ連中もそこまでアスリートストイックしか持ってないとは思わんなあ

特にコウジなんてほぼ作曲キャラだし

2016-11-17

名作てどう定義されるの的な質問に対し山下達郎時代の淘汰に生き残ったものラジオで言っていたような

小室EZ DO DANCEキンプリでも使われたし名作ということでいいかしら

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん